• 関連の記事

「打ち上げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「打ち上げ」に関する情報が集まったページです。

宇宙開発:
アクセルスペースが小型衛星量産化へ、宇宙開発を地上のモノづくりに近づける
アクセルスペースは2022年4月26日、小型衛星の製造、運用、廃棄などに必要なプロセスをパッケージ化した「AxelLiner」を開始すると発表した。従来より、安価かつ高速な小型衛星の製造、サービスインを実現する。2023年後半に同サービスで製造した衛星の実証機を打ち上げる予定。(2022/4/27)

ホリエモン×夏野剛(2):
ホリエモンが訴える国内サプライチェーンの重要性 脱ロシア化で起こる宇宙ビジネスの課題
今や米国では、民間企業しかロケットを打ち上げられない可能性もある。一方の日本では比較的、国内でのサプライチェーンの機能が保たれている。インターステラテクノロジズでも他国の部品に依存しない形で、ロケットの打ち上げに何度も成功している。(2022/4/26)

SpaceX、ロシアRoscosmosが拒否した英OneWebの衛星打ち上げを請け負い
低軌道衛星通信も手掛けるSpaceXが、競合する英OneWebの衛星を年内に打ち上げる。OneWebはこれまで、ロシアRoscosmosのロケットで衛星を打ち上げてきたが、Roscosmosが新たな打ち上げを拒否したため。(2022/3/22)

名物の2階建てバスも 1940年代の英ロンドンで撮影されたモノクロ映像をカラー化 当時の日常が鮮明に
戦時下らしく、航空機の侵入を防ぐ気球も打ち上げています。(2022/3/12)

エンジニアが舞台裏語る:
ホリエモン自ら会社説明 宇宙ベンチャーISTが求める人材と新時代の働き方
北海道大樹町に本社を置く宇宙開発ベンチャー、インターステラテクノロジズは、人材を集めるべく、三大都市圏で会社説明会を開いた。稲川貴大社長や、ファウンダーの堀江貴文氏をはじめ、同社の主要開発スタッフ5人が登壇。2021年7月の2回連続ロケット打ち上げ成功の舞台裏が明かされた。(2022/3/8)

Inspiration4のリーダー、初の商用船外活動を含むミッション「Polaris Dawn」を年内実施へ
SpaceXは、初の民間人だけによる宇宙旅行「Inspiration4」を成功させたジャレド・アイザックマン氏の新たな宇宙旅行「Polaris Program」を発表。まず年内の打ち上げで地球の軌道に5日滞在し、船外活動も行う計画だ。(2022/2/15)

3年でメンバーは4倍に:
宇宙ベンチャーISTが直面した組織における「50人の壁」 ロケット打ち上げ2回連続成功を支えたマネジメントとは?
ロケットの開発から打ち上げまでを一貫して自社で担い、大樹町のまちづくりにも関わるインターステラテクノロジズは22年も大きく成長しようとしている。稲川社長にISTのロケット打ち上げ成功の背後にあった「50人の壁」と、それをどんなマネジメントによって乗り越えているか、そして今後の展望を聞いた。(2022/2/4)

NASAの宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」、目的地のラグランジュ点に無事到達
NASAが昨年クリスマスに打ち上げた「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」が目的地の軌道に無事到達した。地球から約161万Km離れたラグランジュ点L2でこれから3カ月かけて機材を調整する。(2022/1/25)

NASA、巨大宇宙望遠鏡「ジェームズ・ウェッブ」打ち上げ成功 最初の画像はうまくいけば半年後に
米航空宇宙局(NASA)はクリスマスにジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(James Webb Space Telescope)を打ち上げた。1カ月後には地球から約161Km離れた目標地点に到達する見込み。最初の画像が送られてくるのは半年後になる。(2021/12/26)

前澤友作、宇宙旅行を実現! ロケット打ち上げの瞬間を生中継「一生忘れないと思う」「感動しました」と絶賛
12日間滞在。(2021/12/9)

真空もゆがむのか? ブラックホールの謎に迫る新衛星、NASAや理研などが打ち上げへ
 理化学研究所などの研究チームが参加する、米国主導の国際共同プロジェクトは12月9日に、新たな観測衛星「X線偏光観測衛星IXPE」を打ち上げた。IXPE衛星は、天体X線の偏光を高感度で観測できる世界初の衛星で、宇宙での多くの謎の解明を期待できる。(2021/12/9)

前澤さん搭乗の宇宙船、打ち上げ成功 ISS到着は午後11時ごろ予定
実業家の前澤友作さんが乗るロシアの宇宙船「ソユーズ」の打ち上げが成功した。日本の民間人がISSに滞在するのはこれが初。前澤さんは満面の笑みで宇宙に旅立った。(2021/12/8)

前澤友作氏のISSへの打ち上げは12月8日 NASAがライブ配信
前澤友作氏他3人のソユーズでの打ち上げは、日本時間の12月8日午後4時38分の予定だ。ISSとのドッキングも含め、NASAがその様子をライブ配信する。日本の民間人がISSに滞在するのはこれが初になる。(2021/12/6)

脇知弘、19年前の「ごくせん」打ち上げ写真に思わず「わっかー」 「写真たくさんとってたな〜」としみじみ回顧
石垣佑磨さんとの2ショット。(2021/11/20)

遠心力でロケットを飛ばす宇宙ベンチャー現る 音速の数倍で回転 エンジンなしで高さ数万フィートに到達
遠心力を使って軌道上にロケットを飛ばそうとしている宇宙ベンチャーが存在する。米SpinLaunchは米ニューメキシコ州に設置した飛行試験施設で打ち上げテストを実施。ロケットの射出に成功した。(2021/11/11)

Amazon、衛星ネットサービスの小型衛星を2022年に2基打ち上げへ
Amazonは小型衛星によるインターネット接続構想「Project Kuiper」の初の衛星を2022年第4四半期に打ち上げると発表した。打ち上げには新興企業ABLのロケット「RS1」を使う。向こう10年間で最大3236基の小型衛星を打ち上げる計画だ。(2021/11/2)

ビーチに打ち上げられたイルカを発見 女性の懸命な救助で海へ返すことに成功
良かったです。(2021/10/15)

エイブリックと東工大がカメラ開発:
オーロラ観測用紫外線カメラ搭載の衛星を打ち上げ
エイブリックと東京工業大学は、共同開発したオーロラ観測用紫外線カメラ「UVCAM」が、可変形状実証衛星「ひばり」に搭載され、イプシロンロケット5号機で、10月1日に打ち上げられると発表した。(2021/10/1)

SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還
民間人だけでは初の宇宙旅行「Inpiration4」の4人が無事に地球に帰還した。9月15日に打ち上げられた宇宙船「Crew Dragon」は3日間の軌道周回後、18日午後7時6分にケネディスペースセンター沖に着水した。(2021/9/19)

SpaceX、初の「民間人だけの宇宙旅行」打ち上げ成功 地球を3日間周回予定
SpaceXが、民間人4人を乗せた宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功した。世界初の民間人だけの宇宙旅行ミッションで、3日間地球を周回する予定。(2021/9/16)

宇宙開発:
乾坤一擲の賭けに勝った観測ロケット「MOMO」、2年ぶり打ち上げ成功にみる実力
ロケットベンチャーのインターステラテクノロジズは2021年7月、観測ロケット「MOMO」の打ち上げを約1年ぶりに実施した。7月3日の7号機、同月31日の6号機と2機連続での打ち上げ成功という成果は、同社にとって乾坤一擲の賭けともいえる機体の全面改良という決断によるところが大きい。(2021/8/24)

「賞あげたい演技力w」「行き倒れ感すごい!」 “川に打ち上げられた”みたいなハスキーが面白かわいい
休んでるだけでした。(2021/8/13)

テレ朝社員ら10人、五輪後“打ち上げ”で宴会、1人が転落し重傷 テレ朝は「著しく自覚を欠く行動あった」と謝罪
打ち上げ後に2階から転落し緊急搬送されたとのこと。【追記】(2021/8/10)

ペイロード放出と回収成功は国内初:
堀江貴文氏「積み重ねが結果に結びついた」 インターステラテクノロジズ「TENGAロケット」が宇宙空間に到達
ホリエモンこと堀江貴文氏が出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズは7月31日午後5時、観測ロケット「MOMO(モモ)」6号機である「TENGAロケット」を打ち上げた。同機は高度92キロに到達。ISTにとって今月3日のロケット打ち上げと合わせて、2回連続での宇宙空間到達となった。(2021/8/1)

「宇宙で使えるTENGA」既に開発に着手 「TENGAロケット」打ち上げ会見で松本光一社長が明らかに
宇宙で1人になっても寂しくない。(2021/7/31)

ステイホーム花火大会、さいたま市が実施へ 日時や場所は非公開
さいたま市は29日、市の誕生20周年を記念して無観客の「♯StayHome花火大会」を実施すると発表した。打ち上げの日時や場所は非公開。(2021/7/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
花火商戦に“異変” 遊べる場所が減り続けていた「家庭用」が息を吹き返したワケ
コロナ禍で打ち上げ花火が苦戦している。一方、家庭用の手持ち花火などは好調だ。「SNS映えする」「近所迷惑にならない」といった現代風の工夫が支持されている。(2021/7/28)

NASA、エウロパ探査はSpaceXの「Falcon Heavy」で
NASAが木星の衛星エウロパ探索ミッションでイーロン・マスク氏率いるSpaceXを選定した。同社のロケットFalcon Heavyを2024年10月に木星に向けて打ち上げる計画。契約金は約200億円だ。(2021/7/26)

宇宙開発:
環境試験をクリア、ispaceの月面着陸ミッションはフライトモデルの組立段階へ
ispaceは2021年7月14日、実現すれば国内初となる民間企業による月面探査プログラム「HAKUTO-R」の進捗状況について報告した。月面着陸ミッションに向けたロケット打ち上げは2022年末を予定する。(2021/7/16)

MOMOシリーズ量産化に弾み:
堀江貴文氏「正直、機体の動作はパーフェクト」 インターステラテクノロジズ「ねじのロケット」が同社2度目となる宇宙空間の到達に成功
インターステラテクノロジズは7月3日、観測ロケットMOMO7号機である「ねじのロケット」を打ち上げた。同機は午後5時45分ころに打ち上げられ、高度約100キロの宇宙空間に到達した。(2021/7/3)

高校生が人工衛星の開発と打ち上げに挑戦 通信制高校が「宇宙探求部」創設 2022年度に発射
クラーク記念国際高等学校は7月1日、高校生による人工衛星の開発・打ち上げプロジェクトを開始することを発表した。1?のキューブ型の人工衛星の2022年度中の打ち上げを目指す。(2021/7/1)

「TENGAロケット」真っ赤な機体が初公開 「宇宙用TENGA」開発のデータ収集に活用 ホリエモンも協力
TENGA社と堀江貴文氏が立ち上げた宇宙ベンチャー・ISTが「TENGAロケット」の機体を初公開。「宇宙用TENGA」開発に向けてデータを集める。打ち上げは今夏を予定。(2021/6/30)

TENGAロケット、無観客の打ち上げ決定に「さすが感染対策は万全」の声
TENGAとインターステラテクノロジズが「TENGAロケット」の機体を公表。同時に「大樹町内からロケットの打ち上げを直接観覧できる場所はない」と明らかにした。(2021/6/30)

宇宙開発:
エンジンシステムなど全面アップデートしたMOMO7号機、2021年夏打ち上げへ
インターステラテクノロジズは2021年6月1日、観測ロケット「MOMO7号機(「ねじのロケット」)」の機体が完成し、同年夏の打ち上げを目指すと発表した。既存のMOMOシリーズの打ち上げ実績を踏まえて、エンジンシステムなどを全面的にアップデートした。(2021/6/2)

宇宙開発:
小型人工衛星打ち上げロケットの推進剤タンクを実機サイズで試作
インターステラテクノロジズは、小型人工衛星打ち上げロケット「ZERO」のタンクを対象に、実際の使用環境条件に合わせた実機サイズの推進剤タンクを試作した。ZEROは、2023年度の打ち上げを目標としている。(2021/5/27)

SpaceX、Dogecoin資本の小型人工衛星を来年打ち上げ
イーロン・マスク氏のSNLでの発言で急落したDogecoin。マスク氏は翌日、同氏のSpaceXがDogecoinで支払われたペイロードを来年Falcon 9で月に打ち上げるとツイートした。(2021/5/10)

組み込み採用事例:
ギガビットスイッチングHUBによる衛星軌道上でのIPネットワーク通信に成功
OA研究所は、スイッチングハブ「超小型ギガビットスイッチングHUB」が、QPS研究所の小型SAR衛星2号機「イザナミ」の通信ユニットに採用され、打ち上げ後に衛星軌道上でのIPネットワーク通信に成功したと発表した。(2021/5/7)

希少な深海魚「サケガシラ」が沼津の海岸に打ち上げられ話題に
大きくてびっくり。(2021/4/20)

TwitterがGWに“史上最大規模”の花火イベントを開催 ツイートを花火玉に貼って全国100カ所で打ち上げ
おうちで楽しめるイベントです。(2021/4/7)

アクセルスペースが超小型衛星4機の打ち上げに成功 23年までに10機体制実現へ
超小型人工衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペースは、自社で開発した衛星「GRUS」4機の打ち上げに成功した。2018年12月に初号機を打ち上げていて、今回5機体制にすることで高い頻度の観測が可能になる。同社の本格的なビジネス展開が期待できそうだ。(2021/3/25)

地球観測サービス「AxelGlobe」の勝算【後編】:
超小型衛星4機を打ち上げ アクセルスペース中村友哉CEOが語る「民間宇宙ビジネスの未来」
超小型人工衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペースが、自社で開発した衛星「GRUS」4機を、3月20日に打ち上げる。複数の同型衛星を一度に打ち上げるのは、日本の企業では初めてだ。アクセルスペースの中村友哉氏、経産省、JAXA、NASAなどに民間による宇宙ビジネスの未来を聞いた。(2021/3/18)

地球観測サービス「AxelGlobe」の勝算【前編】:
超小型衛星4機を打ち上げ アクセルスペース中村友哉CEOが語る「衛星画像が変える5年後の世界」
超小型人工衛星を活用した宇宙ビジネスを展開するアクセルスペース(東京・中央)が、自社で開発した衛星「GRUS」4機を、3月20日に打ち上げる。複数の同型衛星を一度に打ち上げるのは、日本の企業では初めてだ。同社の中村友哉CEOに、サービスを本格化させる「AxelGlobe」の狙いを聞いた。(2021/3/17)

宇宙開発:
アストロスケールが宇宙ごみ除去に向け開いた3つの扉、宇宙の持続利用を実現へ
宇宙空間に存在するごみ「スペースデブリ」の除去サービス開発に取り組むアストロスケールは2021年3月20日に打ち上げを予定しているスペースデブリ除去実証衛星「ELSA-d」をはじめとする同社の事業と、スペースデブリの除去によって宇宙における人類の活動を持続可能にするためのプロジェクト「#SpaceSustainability」について説明した。(2021/2/19)

住友林業と京都大学、宇宙木材プロジェクトで木造人工衛星打ち上げへ
京都大学と住友林業は、宇宙における樹木育成・木材利用の共同研究契約を締結し、宇宙木材プロジェクトの開始を発表した。木造人工衛星の開発・運用を通して、宇宙空間での木材利用を検証する。(2021/2/17)

寺を人工衛星で打ち上げる「宇宙寺院」が2023年実施予定 「寺(テラ)へ……」「テラワロスwww」
宇宙からのありがたみ。(2021/2/2)

「宇宙寺院」23年打ち上げへ 醍醐寺とテラスペースが合意 ご本尊や曼荼羅を搭載
世界遺産の醍醐寺と京都大学発の宇宙ベンチャー・テラスペースが業務提携。地球の衛星軌道上に「宇宙寺院」を“建立”する。(2021/2/2)

宇宙開発:
「TENGAロケット」が国内民間企業初のペイロード放出・回収ミッションに挑む
インターステラテクノロジズは2021年1月26日、TENGAと共同で「TENGAロケット」の開発、打ち上げ計画を推進中だと発表。TENGAロケットは宇宙空間に到達後、「TENGAロボット」を放出する。成功すれば、国内民間企業では初となる宇宙空間でのペイロードの放出、回収事例となる。(2021/1/29)

「TENGAロケット」今夏打ち上げ 「宇宙から、愛と自由を叫びたい」
TENGAはロケット開発のインターステラテクノロジズと協力して「TENGAロケット」を夏に打ち上げる。ISTの観測ロケット「MOMO」に「TENGAロボ」を搭載。(2021/1/26)

TENGA、ついに宇宙へ―― ホリエモンらと共同で「TENGAロケット」計画発表、2021年夏の打ち上げ目指す
すごく大がかりな発射実験。(2021/1/26)

インターステラの採用戦略(後編):
インターステラテクノロジズが「ホリエモンのロケット採用」に踏み切った理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社が今後事業を拡大していくためには、人材を呼び込むことも大きな課題だ。後編ではISTの今後の計画と、採用戦略について明らかにする。(2021/1/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.