• 関連の記事

「MacBook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Mac/iPad - ITmedia PC USER
MacBook - ITmedia PC USER
質問!Macintosh→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でMacintosh関連の質問をチェック
Apple Online Store × ITmedia PC USER

関連キーワード

ただM2チップに変わっただけ? 新MacBook ProはM1版と全く同じではない
M2チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) 」をチェックした。(2022/6/24)

Apple Store、M2搭載MacBook ProのUltimateモデルを販売開始
24GBメモリ、1TBストレージの「究極モデル」。(2022/6/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新しい「13インチMacBook Pro」は誰のための製品か? 理想的な進化を遂げた「Apple M2チップ」の魅力
Appleの新SoC「Apple M2チップ」を搭載する13インチMacBook Airは、外観上はM1チップを搭載モデルと変わりない。しかし、実際に使い比べてみると、特に動画編集でパフォーマンスの差を体感できる。発売に先駆けて使ってみた感想をお伝えしよう。(2022/6/22)

「Apple M2」搭載で進化した最新「13インチMacBook Pro」の実力は?
新SoCの「Apple M2」を搭載した、新型「13インチMacBook Pro」がいよいよ発売される。見た目は従来モデルを継承しているが、どこが変わって新しくなったのか、林信行氏がチェックした。(2022/6/22)

M2搭載の初号機、MacBook Pro 13インチは買いなのか?【先行レビュー】
M2世代になったApple Silicon、初の実機レビューは、13インチMacBook Pro。村上タクタ氏がその存在意義に切り込む。(2022/6/22)

M2搭載13インチMacBook Pro、GPUは先代M1の4割増し ベンチマークデータ公開
「Geekbench 5」を使用した「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022)」のベンチマークデータが公開された。(2022/6/16)

Apple Silicon MacのM2チップ仕様公開 クロック速度判明
MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) Geekbenchデータが投稿された。(2022/6/16)

M2搭載Mac、最速で手に入るのは13インチMacBook Pro 6月17日注文受付開始
Appleは、M2チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M2, 2022) 」の注文受付を6月17日(金)より開始する。(2022/6/15)

シリコンバレーから見た風景:
WWDC22の目玉製品はもう1つあった 密かにリリースされたApple Park期間限定Tシャツが素晴らしい理由
WWDC22で発表された新製品で注目を浴びたのはM2搭載MacBook Air。しかし、すぐに買える新製品としては、限定Tシャツがあった。(2022/6/14)

写真と動画で決める、M2 MacBook Airの色選び 新色のミッドナイトとスターライトはどんな感触?
巨大な円盤型Apple本社、Apple ParkでM2プロセッサを搭載した新デザインMacBook Airを試した大石結花さんによるファーストインプレッション。(2022/6/14)

小寺信良のIT大作戦:
日本のメディアはWWDCをどう報じたか Apple報道のエコシステム、その実態を探る
WWDC22ではM2搭載MacBook Airをはじめとする多数の製品発表が行われ、それらを報じた記事の数も膨大なものとなった。その内訳から、報道の実態がどのようになっているのかを探ってみた。(2022/6/11)

M2搭載の新型「MacBook Air」にApple円盤本社で触れた 電源ケーブルの色までチェック
MACお宝鑑定団流の細かすぎるハンズオンレビュー。(2022/6/9)

Apple、Macのバッテリー修理交換サービス料金を値上げ 本体値上げに続き、円安打撃
M2 MacBookの発表と同時に、日本ではMac本体が値上げされた。実は一部で修理サービスの価格も上がっている。(2022/6/9)

新「MacBook Air」は隙のない作り 大胆に進化した外観をハンズオンレビュー
米Appleは最新の自社製SoC「M2」の発表と同時に刷新した「MacBook Air」。「WWDC22」のハンズオン会場で実機に触れた印象は?(2022/6/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」や「M2チップ」だけじゃない Appleが3年ぶりに世界中の開発者を集めて語った未来
抽選制ながらも約3年ぶり本社に開発者を招待して行われたAppleの「Worldwide Developer Conference 2022(WWDC22)」。今回は「Apple M2チップ」と、同チップを搭載する新しい「MacBook Air」「MacBook Pro(13インチ)」といったハードウェアの新製品も発表された。発表内容を見てみると、おぼろげながらもAppleが描く未来図が浮かんでくる。(2022/6/8)

「WWDC22」まとめ M2搭載MacBook Air/Pro、iPhoneがMac用Webカメラ化、Mac値上げショック
米Appleが6月6日から(現地時間)開催している開発者会議「WWDC22」。新型「Macbook Air」やiOSの新バージョンなど、ハード・ソフト問わずさまざまな発表があった。ITmedia NEWSで公開した記事を基に、WWDC22の発表内容をまとめる。(2022/6/7)

macOSとの機能統一が進む「iOS 16」「iPadOS 16」 Appleの狙いとは
米Appleの開発者会議「WWDC22」が開幕した。基調講演では、新しいプロセッサ「M2」やそれを搭載した「MacBook Air」など、ハード面での新たな発表も注目されたが、大きな関心を呼んだのはやはり、アップルの各デバイスに向けたOSの新機能であろう。(2022/6/7)

「iPadOS 16」は仮想メモリと外部モニターをサポートし、iPadはMacBookに近づく
iPadとMacの連携がさらに強化され、デスクトップクラスのアプリが動かせるようになった。あとはデベロッパーの対応次第。(2022/6/7)

Appleの新チップ「M2」 M1比でCPU18%、GPU35%高速化 8KやProRes専用ビデオエンジンも
米Appleは6月6日(現地時間)、同社の開発者カンファレンス「WWDC22」にて、自社開発の新型チップ「Apple M2」を発表した。搭載製品として、MacBook AirとMacBook Pro 13インチを同時発表している。(2022/6/7)

M2チップ搭載の新型「13インチMacBook Pro」は7月発売 17万8800円から
MacBook Proシリーズに、最新のM2チップを搭載した「13インチMacBook Pro」が登場する。発売は7月で、税込み17万8800円〜となる。(2022/6/7)

「円安こわい」Macの価格が軒並み値上げ Appleファンに動揺広がる
米Appleが6月6日(現地時間)に開催した開発者会議「WWDC 2022」にて、新型MacBook Airと新型MacBook Proを発表したが、販売価格に大きな変化があった。昨今の円安を反映してか、Apple Storeの価格が新旧含め全体的に値上げされている。(2022/6/7)

新SoC「Apple M2」が登場! 新型MacBook Air/Proに搭載
Appleが独自の「Apple M2」チップを発表した。同Socを採用した製品として、13インチMacBook ProとMacBook Airが発売される。(2022/6/7)

M2チップ搭載でファンレス駆動 新型「MacBook Air」は7月発売 16万4800円から
Appleの薄型ノートPC「MacBook Air」がモデルチェンジされる。新型のApple M2チップを搭載して処理パフォーマンスを向上しつつも、ファンレス設計は堅持している。店頭販売の上位構成には、新しいACアダプターも付属する。(2022/6/7)

「MacBook Pro」13インチも“M2”に デザインそのまま「Touch Bar」も継続 17万8800円から
米Appleは6月6日(現地時間)、ノートPC「MacBook Pro」の新モデルを発表した。価格は1299ドルからだが国内価格は17万8800円。7月に発売予定だ。(2022/6/7)

新型「MacBook Air」登場 新デザインで“M2”搭載 4色展開で液晶は“ノッチ”付き 16万4800円から
米Appleは6月6日(現地時間)、自社チップ「Apple M2」を搭載した新型「MacBook Air」を発表した。7月発売予定。米国は1199ドルからなのに対し、国内価格は円安を反映してか16万4800円からとなる。(2022/6/7)

AppleはWWDC22で新型MacBook Airを発表するかも AR/VRヘッドセットは出ないけどヒントはあり?
AR/VRヘッドセットを発表しないが、それに関する多くのヒントは残す可能性があるという。一方、MacBook Airの新モデルは可能性があるようだ。(2022/6/6)

MacBook Pro製造工場で暴動発生 Quantaの上海工場で従業員が警備員と衝突
ロックダウン中の上海で、工場の従業員が仕事を終えて外出しようとして警備員と衝突したという。(2022/5/9)

GeForce NOWがアップデート。Apple M1にネイティブ対応
NVIDIAは、GeForce NOWのバージョンが2.0.40にアップデートされ、M1ベースのMacBook、iMac、Mac Miniにネイティブ対応したと発表した(2022/5/2)

Lenovoから「MacBook Air」の対抗馬
Arm搭載「ThinkPad X13s」が欲しくなる、「MacBook Airより軽い」以外の特徴は?
LenovoはArmアーキテクチャベースのビジネス向けノートPC「ThinkPad X13s」を投入する。ハイブリッドワークを想定して設計したというThinkPad X13sの特徴とは。(2022/4/2)

Apple、3月9日午前3時に発表会「Peek performance.」 新iPhone SE、M2搭載MacBook Proなど登場か
Apple、スペシャルオンラインイベント「Peek performance.」を開催すると発表(日本時間3月9日午前3時)した。(2022/3/3)

Googleさん:
10年落ちMacBook AirをChrome OS Flexで現役Chromebookにしてみた
サポート対象外になり、休眠していた10年前の「MacBook Air」をChromebookにしてみました。Googleが発表した「Chrome OS Flex」の早期アクセス版で、簡単にできます。(2022/2/19)

Apple、M2チップ搭載MacBook Proを3月上旬に発売? 5nm+プロセスに移行か
旧正月休暇中も生産ラインを稼働させていたという。(2022/2/9)

時と場所を選ばない空間オーディオ制作は可能か? M1 MacとLogic ProでDolby Atmos作品を作ってみた
レーベルを運営する筆者が、M1 MacBook ProとLogic Proを使って自社の作品をDolby Atmos空間オーディオに対応させる過程をお見せする。(2022/1/31)

ギーク向けプレゼント選定ガイド【前編】
技術オタクへの贈り物に「16インチMacBook Pro」は高過ぎる? 賢い代替案は
ギーク向けプレゼントを選ぶなら、テレワークの効率向上に役立つアイテムを選んでみてはいかがだろうか。値の張るアイテムを贈るのが難しい場合でも、代替策は豊富にある。(2021/12/31)

ビジュアルデザインスタジオ「WOW」が検証! 新次元の性能を持つMacBook Proの破壊力
Appleが新たに投入した、Apple M1 ProおよびM1 Max搭載MacBook Pro。その圧倒的なパフォーマンスを、普段はWindows PCを使っているビジュアルデザインスタジオ「WOW」で試してもらった。(2021/12/20)

M2チップ搭載の次期MacBook Airにはノッチがない?
M1、M1 Pro、M1 Maxに続く次世代プロセッサM2を搭載するMacBook Airとされる筐体のCADファイルが公開された。(2021/11/30)

ユーザーの「ほしい」「要らない」を反映
Appleが「MacBook Pro」で復活させた“待望のあれ”と、見限った“不評のあれ”
「MacBook Pro」の新製品でAppleは、かつてユーザーに愛用されていた機能を復活させ、不評だった機能を廃止した。何が加わり、何が去ったのか。同社はユーザーの心をどうつかもうとしているのか。(2021/11/20)

14インチMacBook Pro、16インチ用140W電源アダプタの高速充電には対応せず
MacBook Pro (14-inch, 2021) にApple 140W USB-C電源アダプタを接続しても最大94Wまでの充電であることが分かった。(2021/11/19)

新型14/16インチMacBook ProにフィットするUSBハブ登場 USB-A、イーサも使えるSatechi「PRO HUB MINI」
SDカードスロットやMagSafeなど、MacBook Proで復活したポート類。それでも足りないものを提供するUSBハブが登場した。(2021/11/11)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Pro」を使って分かった超高性能と緻密なこだわり M1 Pro・Maxでパソコンの作り方まで変えたApple
AppleのM1 Pro・Maxを搭載した新型「MacBook Pro」が発売された。その性能に注目が集まっているが、実際の製品に触れて感じるのは単にベンチマークテストの結果だけでは評価できないディテールへのこだわりだった。(2021/10/29)

M1 Max搭載14インチMacBook Pro究極モデルを細かくチェック 消えたもの、復活したもの、変わったもの
MacBook Pro (14-inch, 2021) のUltimateモデル「MacBook Pro (14-inch, 2021)/M1 Max 10Core CPU/32Core GPU/64GB/2TB」を仔細にチェックして分かったこと。(2021/10/26)

M1 Max搭載MacBook Pro「究極」モデル、Apple Storeが販売開始
「MacBook Pro (14-inch, 2021) 」と「MacBook Pro (16-inch, 2021) 」のUltimateモデルが発売された。(2021/10/26)

M1 Max/M1 Pro搭載MacBook Pro、歴代Macからどのくらいパワーアップした? 公開されたベンチマークから分かること
M1 Max/M1 Proを搭載したMacのGeekbench 5ベンチマークデータがGPUを含めて公開された。歴代マシンとその数値を比較してみた。(2021/10/21)

新たなる表現者の出番を待つ:
ノートとしてMaxな性能を持つ新型MacBook Pro その速さの秘密に迫る
Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)に行ったスペシャルイベントでは、今後のPCに大きな影響を与えるであろう発表が行われた。その内容を林信行氏が読み解いた。(2021/10/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「M1 Pro」「M1 Max」は結局どこが違って何が進化したのか 極めて合理的なAppleの選択
MacBook Proのモデルチェンジとともに登場したAppleの新チップ「M1 Pro」「M1 Max」。飛躍的に性能が向上したというが、その内部構造から秘密に迫る。(2021/10/20)

「Macのノッチ」をどう回避すべきか Apple、デベロッパー向けに情報公開
Appleは、デベロッパー向けにMacBook Pro (2021) のFaceTime HDカメラののアクティブエリアについて説明した。(2021/10/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Pro」で一層際立つApple独自チップの価値 M1 Pro・Maxだけではない全面アップデートも注目
Apple独自の新チップ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載した14インチと16インチの新しい「MacBook Pro」が登場。発表内容から、見た目も中身も大きく変わった新モデルを掘り下げていく。(2021/10/19)

M1 Max MacBook Proのベンチマークスコア、早くも公開か Mac ProのXeon W 3.3GHzに匹敵
M1 Max搭載マシンはMac Pro並みの性能をたたき出したようだ。(2021/10/19)

おかえり「MagSafe」「SDカードスロット」――新型MacBook Proで復活したものと消えたもの
米Apple初のプロ向けプロセッサ「M1 Pro」「M1 Max」を引っ提げて登場したMacBook Pro。14インチと16インチの2モデル構成になり、2016年から続いたデザインも刷新された。それに併せて、USB Type-Cだけだった端子類がいくつか復活した。(2021/10/19)

M1 MaxとM1 Pro搭載:
16インチと14インチのMacBook Proが10月26日に発売 革新と復活を両立
Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)、スペシャルイベントを開催し新型MacBook Proを発表、10月26日から販売を開始する。価格は14インチモデルが税込み23万9800円から、16インチモデルが29万9800円からだ。(2021/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.