• 関連の記事

「メンテナンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メンテナンス」に関する情報が集まったページです。

自分で育てたAIとLINEで話せる「エアフレンド」が緊急メンテ ユーザー急増でAPIのリクエスト上限に到達か
メッセージアプリ「LINE」で使えるAIチャットbotサービス「エアフレンド」が緊急メンテナンスに突入。9月17日午後5時ごろから利用できない状態になっている。ユーザーの急増により、APIの秒間リクエスト数の上限を超えている可能性があるという。(2021/9/17)

組み込み開発ニュース:
色素増感太陽電池を用いたIoT機器向けメンテナンスフリー電源を開発
フジクラは、日本ガイシ、e-peasと共同開発した、IoT機器向けメンテナンスフリー電源の評価サンプルの提供を開始した。周辺環境の微小な光エネルギーを電気に変換する色素増感太陽電池を用いており、安定的にDC3Vを出力できる。(2021/9/13)

組み込み採用事例:
無人通信施設の漏水監視に採用された、バッテリー不要の漏水センサー
エイブリックの「バッテリーレス漏水センサー」が、東日本電信電話の無人通信施設に採用された。漏水した設備や場所を遠隔地から監視、制御でき、敷設工事やメンテナンスが不要なため、保守作業員の負担低減に貢献する。(2021/9/6)

山口県主催のクラウドファンディング、委託先サイトで個人情報誤表示 他人の氏名などマイページに
山口県が、県主催のクラウドファンディング事業を委託していたWebサイト「KAIKA」で他人の氏名やメールアドレスなどが誤表示される事象が起きたと発表。同サイトは運営を中止し、緊急メンテナンスを行っている。(2021/9/1)

電子ブックレット(BUILT):
「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」注目ブースまとめVol.1
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、メンテナンスと国土強靭化(ナショナル・レジリエンス)をテーマに掲げる建設総合展「メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020」の会期中に、注目を集めたブースのまとめです。(2021/8/24)

太陽光:
8月の大雨で被災した太陽光発電、エネテクが無償診断サービスを提供
太陽光発電のO&Mサービス「ソラパト」を展開するエネテクが、今年8月の大雨で被災した太陽光発電所の無償診断を実施すると発表。同社とメンテナンス契約を結んでいない設備であっても、被害を受けた太陽光発電設備が安全に再稼働できるようサポートするとしている。(2021/8/20)

人工知能ニュース:
超軽量メモリで実装可能な異常検知アルゴリズムの提供開始
エイシングは、KBオーダーのメモリ量で実装可能な超軽量異常検知アルゴリズム「MSAT」の顧客企業への提供を開始した。工場の製造装置や生産ラインへの異常検知導入を支援し、生産性とメンテナンス効率の向上に貢献する。(2021/8/12)

製品動向:
キャタピラージャパンが新型油圧ショベルを開発、従来機比で燃料消費量を最大10%削減
キャタピラージャパンは、従来機「349」と比べて、燃料消費量を最大10%削減し、メンテナンスコストを最大35%減らした油圧ショベル「Cat 345 GC」を開発した。(2021/7/16)

「ウマ娘」「グラブル」などで約5時間のアクセス障害 現在は復旧 原因は「データセンターの設備障害」
サイバーエージェント傘下のCygamesが提供するスマートフォンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」(ウマ娘)などで7月8日午後10時41分ごろから相次いでアクセス障害が発生したが、緊急メンテナンスを行い、9日午前5時ごろまでに復旧した。(2021/7/9)

製造IT導入事例:
製造業向けIoTパッケージをプラスチックサプライヤーの現地法人が導入
ビジネスエンジニアリングの製造業向けIoTパッケージ「mcframe SIGNAL CHAIN」を、天馬のインドネシア現地法人が導入した。稼働モニタリングと設備メンテナンスの2つの機能により、全設備の稼働状況を効率的に把握可能になった。(2021/6/29)

太陽光発電の電力推定に気象解析データのAPIを提供 ウェザーニューズ
ウェザーニューズは5月17日、太陽光発電量などを推定できる、30分間隔・1kmメッシュの実況解析データを電力会社に提供すると発表した。気象データから日射量を把握し、発電量の推定精度を上げることで、機器のメンテナンスなどに生かせるという。(2021/5/19)

スマホゲーム「ブルーアーカイブ」、半日以上の臨時メンテ DDoS攻撃か
Yostarが、スマホゲーム「ブルーアーカイブ」が臨時メンテナンスを実施。半日以上続いており、ゲームがプレイできない状態になっている。公式SNSアカウントによれば「不特定多数のIPアドレスがサーバに負担をかけている」という。(2021/5/14)

山市良のうぃんどうず日記(206):
1年ぶりのWindows 10 PCのメンテナンス、注意すべきポイントはどこ?
コロナ禍の中、1人暮らしの大学生の子どもはもう1年以上帰省していませんでしたが、春休みに数日間帰ってきました。ちょっと気になっていたのは、筆者が購入し、セットアップして渡したノートPCの状況です。結論から言うと、Windows 10、ブラウザ、Microsoft Officeアプリ、セキュリティソフトなどの更新状態は期待通り、最新状態が維持されていて問題なしでした。でも、ディスクの空き容量が……。(2021/5/12)

ServiceMax導入事例
ServiceMaxによるフィールドサービスの最適化で見えてきた可能性
客先に出向いて機器のメンテナンスなどを行うフィールドサービスにおいて、派遣するエンジニアの手配やエンジニアの事務処理の最適化は収益に直結する。ServiceMaxによってこれに成功した事例を紹介する。(2021/5/12)

筑波大1年生が爆速開発した“オレオレ授業DB”が大学公認に 有志で運用を継続する方針
履修登録期間中にメンテナンスに入った筑波大学の授業データベース「KdB」。1年生がわずか3時間半程で開発した代替ツールである「KdBもどき」が“大学公認”になった。(2021/5/1)

エンジニアとしての業務経験を「お金で買える」サービスに賛否 公式サイトはメンテナンス状態に
「お金を払えば、誰もが企業の開発現場でエンジニアとして業務経験を積める」サービスが話題に。Twitterでは「お金を払って働くのか」「そもそも業務経験と呼べるのか」など疑問の声が相次いだ。公式サイトはメンテナンス状態になっている。(2021/4/27)

LINEの不具合、原因はメンテナンスの人的ミス 誤って機器をシャットダウン
LINEは12日午後3時15分ごろから発生しているコミュニケーションアプリ「LINE」の不具合が、メンテナンス作業の不備によるものと明らかにした。(2021/4/13)

筑波大の授業DBがメンテ、困った新入生が代替ツールを“爆速開発” その背景を本人に聞いた
メンテナンスに入った大学公式サービスの代替ツールを3時間半で開発したという筑波大学の1年生が注目を集めている。本人に話を聞いてみた。(2021/4/13)

電子ブックレット(BUILT):
Sigfoxが変える建設現場の維持管理
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、低消費電力かつ広範囲なエリアでの通信が可能なLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの1つ「Sigfox」の利点やインフラメンテナンスでの活用事例について解説した連載記事のまとめです。(2021/4/2)

ドコモ「ahamo」で臨時メンテナンス 4月6日21時半から
NTTドコモは、4月6日21時30分〜4月7日9時に「ahamo」のWebサイトで臨時メンテナンスを実施。メンテナンス中は新規契約/MNP、プラン変更といった手続きができなくなる。(2021/4/6)

快晴なのに通知は大雨? 板橋区の防災メールが誤作動、原因はメンテナンス中の不具合か
東京都板橋区は雨量情報に関するメールの誤送信があったと発表した。メンテナンス中のシステムの誤作動が原因とみられる。区民には1時間で最大97mmの大雨を観測したと通知したが、実際に板橋区内で雨は降っていなかった。(2021/3/31)

リニューアルした「モバイルSuica」は何が変わった?
長時間に渡るメンテナンスを経て、3月21日に「モバイルSuica」のアプリとサービスがリニューアルされた。その特徴を簡単に紹介する。【更新】(2021/3/22)

モバイルSuica、リニューアル後に不具合 定期券登録などでエラー、原因はアクセス集中
JR東日本のスマホアプリ「モバイルSuica」で、3月21日午前7時半〜午後10時半に不具合が発生。定期券の登録や機種変更の手続きといった各種操作が完了できない状態だった。原因はメンテナンス終了に伴うアクセス集中という。(2021/3/22)

人手不足は機械学習を活用した“自動化”“効率化”で解決を:
PR:「2025年の崖」を超えるためのファーストステップはツールによる開発効率の向上――テスト業務効率化の秘策とは
DXに取り組まなければ今後の企業成長は困難。しかし、人手不足も相まって現行システムのメンテナンスで手がいっぱい――そんな課題に直面している企業は少なくないはずです。解決の鍵は、AI/機械学習を活用した支援ツールを取り入れることで、“人手”を減らすことにあります。(2021/3/16)

リテールテックJAPAN 2021:
セラミックス二次電池で電子棚札をメンテナンスフリー化、日本ガイシが披露
日本ガイシは、「リテールテックJAPAN 2021」において、チップ型セラミックス二次電池「EneCera(エナセラ)」の活用事例をイメージした展示を披露した。(2021/3/12)

SMK 環境発電や無線給電のハイブリッド技術:
2系統電力を併用して製品を電池レス化する技術
SMKは、エナジーハーベスティングとワイヤレス給電の2系統電力を独自方式で組み合わせたハイブリッド技術を開発した。センサーやリモコンなどの電池レス化が可能となり、製品の薄型軽量化、メンテナンスフリー化に寄与する。(2021/3/11)

レファレンスデザインを開発:
日本ガイシとルネサス、二次電池+マイコンで協業
日本ガイシとルネサス エレクトロニクスは、メンテナンスフリーIoTデバイスのさらなる普及を目指して協業を行う。第一弾として、日本ガイシ製リチウムイオン二次電池と、ルネサス製マイコンを組み合わせた、ワイヤレス空気質センシングシステムのレファレンスデザインを開発した。(2021/3/4)

M1 MacとmacOS Big Surフル対応のMacメンテナンスソフト「BuhoCleaner」を試す
容量の少ないモデルでは便利な、無駄ファイルを効率的に削除する機能がある。(2021/3/1)

リコージャパン株式会社提供ホワイトペーパー:
HCIで拡張性/運用性/コストはどう変わる? 札幌中央信用組合の事例で考察
情報系システムや仮想デスクトップ環境を仮想化基盤で自社運用していた札幌中央信用組合。拡張性の不足や管理/メンテナンスの複雑化、コストの増大といった課題を抱える中、解決策として選ばれたのがHCIだった。その理由と導入効果とは?(2021/2/15)

ヴイエムウェア株式会社提供Webキャスト
脱Dockerfileで実現する、セキュアなコンテナ利用とビルド・管理の自動化
現在、多くの開発環境で利用されるコンテナだが、Dockerfileベースのビルドは、大規模かつセキュアな運用に向いているとは言いにくい。開発・運用の効率化とセキュリティ確保を両立するには、ビルドやメンテナンスの自動化が必要だ。(2021/1/27)

製造IT導入事例:
メンテナンス作業者向けに、ARを活用した体感型トレーニングシステムを構築
電通国際情報サービスは、明電舎が新たに開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya」に、メンテナンス作業者向けARトレーニングツール「バーチャルアセット」を納入した。(2021/1/21)

電池交換不要を目指したボードを開発:
日本ガイシとローム協業、半固体電池+電源を提案へ
日本ガイシとロームは2021年1月20日、電池交換不要のメンテナンスフリー機器実現に向けて協業すると発表した。(2021/1/20)

整形男子アレン、落差激しい歯抜け写真を公開 「歯が無い姿見ると、ホント精神参ってくる」
メンテナンス大変そう。(2021/1/19)

第4回インフラメンテナンス大賞:
時速100kmで覆工コンクリートの変状を検出するシステムが国交大臣賞
国土交通省らは、第4回インフラメンテナンス大賞の表彰式を開催し、応募総数288件の中から、計35件の受賞事例を発表した。今回は、時速100キロでも覆工コンクリートの変状を高解像度で検出するシステムが国土交通大臣賞を受賞し、AIを活用した「送電鉄塔の腐食劣化度診断システム」が経済産業大臣賞に入賞するなど、受賞事例は多岐に及んだ。(2021/1/13)

製品動向:
共同エンジニアリングが工場向けに配管設計・図面納品サービスを提供開始
共同エンジニアリングは、高度経済成長期に建設されたプラントと工場で、設備のメンテナンスを行うための正確な現地寸法と情報の取得に関するニーズが高まっていることを踏まえて、3Dレーザー計測データCAD化ソフト「Galaxy-Eye」を活用した配管設計・図面納品サービスを開発した。(2021/1/13)

住宅ビジネスフェア2020:
住宅の長寿命化に役立つCjK部材とは?長住協
長期使用住宅部材 標準化推進協議会は、住宅の長寿命化と建物のメンテナンスを容易にするために、住宅部材の標準化を推進している。(2021/1/12)

KONAMI、PC版「ボンバーガール」オープンβテストを一時中止に 開始初日からトラブル続く
開始早々の長期メンテナンス……KONAMI……うっ。(2021/1/7)

製造ITニュース:
プラントなどのバルブの健全性を診断するクラウドサービスを提供開始
アズビルは、プラントや工場で稼働するバルブの健全性の診断結果を可視化するクラウドサービス「Dx Valve Cloud Service」の提供を開始した。ユーザーは状態基準保全を考慮したメンテナンス計画を容易に立案できるようになる。(2020/12/9)

シャープの「マスク定期便」が申込受付を停止 アクセス集中で
シャープの「マスク定期便」が2日正午現在、メンテナンスのため申込受付を停止している。サービスを開始後からアクセスが集中、「エラーメッセージが出る」などの不具合が発生した。(2020/12/2)

VRニュース:
MRで製造業のテレワークをサポートする、現場支援サービスを開始
情報技術開発は、MRで製造業のテレワークをサポートする「Mixed Reality現場支援」サービスを開始した。教育や遠隔作業などを支援するとともに、複合現実空間を創り出してメンテナンス業務の効率向上につなげる。(2020/12/1)

21年春から:
京王電鉄、終電を最大30分繰り上げ 深夜の利用は5割減
京王電鉄は、2021年春のダイヤ改正で、京王線と井の頭線の終電時刻を繰り上げる。新型コロナウイルスの影響によって深夜時間帯の需要が縮小。生活様式の変化に合わせた運行や夜間のメンテナンス時間の確保を目的にダイヤを変更する。(2020/11/18)

クラウドやAIとの連携も
エッジゲートウェイで“止まらない監視カメラシステム”を実現する方法
セキュリティや生産管理の高度化には多数の監視カメラによる映像データの収集が必要だ。一方で監視カメラをはじめとしたIoTデバイスの稼働監視やメンテナンスは簡単ではなく、担当者を悩ませる。どうすればいいのか。(2020/11/20)

伊藤かずえ、30年ともにした初代シーマで疾走 メンテナンス行き届いた美ボディーに「これが真の愛車」
他の車と並んでもそん色ない……。(2020/11/11)

産業用ロボット:
190〜800kg可搬のパレタイジング用途ロボット4機種、異常時の警告機能など採用
安川電機は、新型パレタイジング用途ロボット「MOTOMAN-PL」シリーズ4機種を発売した。ロボットコントローラー「YRC1000」に対応するとともに、省エネ性能やメンテナンス性を向上している。(2020/10/29)

製造マネジメントニュース:
お手本はマツダ、“現場の使いやすさ”を追求したOKIのLEDプリンタ
OKIデータは2020年10月22日、医療や流通、小売り、工場など印刷が欠かせない現場向けに特化したカラーLEDプリンタ「COREFIDO(コアフィード)C650dnw」を発売したと発表した。現場向けでのニーズを徹底して調査し、同等機種で最小クラスの本体サイズを実現した他、設置やメンテナンスの省スペース化、高い生産性を両立させた点が特徴である。(2020/10/23)

湯之上隆のナノフォーカス(31):
Lam Researchが打ち立てた金字塔、“1年間メンテナンスフリー”のドライエッチング装置
Lam Researchが「365日メンテナンスフリー」と銘打ったドライエッチング装置「Sense.i」を開発した。Sense.iは何がすごいのか。その特長と、Sense.iがもたらすであろう製造装置分野への影響、さらになぜLam Researchがこのような装置を開発できるに至ったかを解説する。【訂正あり】(2020/10/14)

船も「CASE」:
日本郵船の避航操船AIが学ぶ、「ベテラン船長の技」とは
日本郵船は日本の大手“海運”会社の1つだ。そのグループ企業には船舶関連技術の研究開発に取り組む日本海洋技術とMTIがある。彼ら日本郵船グループが手掛ける研究開発案件は、自動運航関連からリモートメンテナンス、環境負荷低減、高効率舶用ハードウェア、船舶IoT、航海情報統合管理システム、操船支援システム、船陸情報共有プラットフォームなど多岐にわたる。(2020/10/12)

船も「CASE」:
“超アナログ”のタンカー配船計画、出光はどうやってデジタルツイン化したのか
海運業界で進む「ICT活用」は操船や運航に関連した分野だけではない。メンテナンスや配船といった広い業務に広がりつつある。2020年6月30日に出光興産とグリッドから発表があった「石油製品を運ぶ内航船の海上輸送計画(配船計画)を最適化する実証実験」も、海運業界におけるICT導入の試みだ。(2020/9/28)

省エネ機器:
温泉水の熱交換を低コスト化する新装置、未利用熱の活用促進にも期待
NEDO、東北大学、馬渕工業所、小浜温泉エネルギーは、固形物が析出しやすい温泉水でも安定した熱交換が可能な熱交換器の開発に成功したと発表。温泉水の熱交換器のメンテナンスコストの低減が見込める他、温泉以外の分野にも適用でき、未利用熱や再生可能エネルギーの活用促進への貢献も期待できるという。(2020/9/24)

FAニュース:
メンテナンスが不要なバッテリーレス表示機能付きRFIDタグ提供開始
凸版印刷は、バッテリーレス表示機能付きRFIDタグ「Near cross D 2.9」を開発し、製造業や流通、小売業に向けて提供を開始した。電子ペーパーの活用により、電池交換や充電などのメンテナンスの必要がない。(2020/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.