• 関連の記事

「安全対策」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全対策」に関する情報が集まったページです。

人間とAIの紛争を加速させる?:
「Tesla Bot」に対する米国の反応は
ヒューマノイドロボット(人間型ロボット)の支持率は、人気のない米大統領とほぼ同じくらいだ。(2021/9/24)

組み込み開発ニュース:
「Cortex-M4」を搭載した32ビットマイコンの新製品、複合機やAV機器など向け
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4を用いた32ビットマイクロコントローラー「TXZ+ファミリー アドバンスクラス」の新製品として、「M4G」グループ20製品の量産を開始した。(2021/9/17)

相談130件超:
絶叫売りの富士急ハイランド「ド・ドドンパ」事故 問われる安全対策
絶叫マシンで知られる山梨県富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」が、安全問題で大きく揺れている。ジェットコースター「ド・ドドンパ」で、昨年12月から頸椎(けいつい)圧迫骨折などの人身事故が相次いでいたことが分かったからだ。(2021/9/12)

32ビットマイコンで新たに20製品:
TXZ+ファミリ アドバンスクラスにM4Gグループ
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4搭載32ビットマイコン「TXZ+ファミリ アドバンスクラス」として、新たに「M4Gグループ」20製品の量産を始めた。高速データ処理が求められるオフィス機器やFA機器、IoT(モノのインターネット)家電などの用途に向ける。(2021/9/13)

黒部ダムと欅平を結ぶ「黒部ルート(通称)」、2024年度にいよいよ一般開放!! 名称公募開始
みんな大好き、黒部ダムですよぉぉぉ!(2021/9/6)

ドローンで「深層崩壊」リスクを予測 土砂災害対策で国交省が新手法 予防工事に活路
国土交通省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)が、斜面の岩盤ごと崩れ、大規模な土砂災害を起こす「深層崩壊」のリスクを予測する新手法を開発したことが3日、分かった。深層崩壊で多くの犠牲者を出した2011年9月の紀伊半島豪雨から10年。事前に危険箇所を把握できれば、効率的な予防工事や住民の避難体制構築につながると期待される。(2021/9/6)

BYODの次は「BYOI」【前編】
「BYOI」とは? 端末だけじゃなくIDも「私物を職場で活用」の波
インターネットサービスへのアクセスを簡素化する「ソーシャルログイン」の動きが今、消費者から企業へと拡大し始めている。その中核要素となり得るのが、個人IDを職場で使う「BYOI」だ。どのようなものなのか。(2021/9/2)

街中を「駅前化」 電動マイクロモビリティで変わる社会 「Luup」社長 岡井大輝さん(28)
法規制や安全面の問題に直面しながらも、国や自治体と連携し、電動キックボードのシェア事業を展開している。(2021/9/1)

医療機器ニュース:
安全対策が必要な医薬品の報告事例を抽出するAIを開発
エクサウィザーズと京都大学は、医薬品の安全性に関するテキスト報告データを評価するAIを開発した。過去にPMDAが評価した結果を基に、薬局で発生したヒヤリハット事例のうち安全対策が必要な事例を抽出する。(2021/8/26)

事例も紹介:
プライバシーリスクを回避しながらDXを推進 参考になる国際規格まとめ
企業や組織がプライバシーリスクを適切に管理し、パーソナルデータを活用してDXを進めるためには、どのような体制や取り組みが求められるのか。参考になると思われる国際規格やフレームワーク、その事例を紹介する。(2021/8/26)

DXやグリーンエネルギーなど:
パンデミックの教訓をイノベーションに、台湾科学大臣インタビュー
米国EE Timesが、台湾の科学大臣Tsung-Tsong Wu氏にインタビュー。Wu氏は、デジタルトランスフォーメーションやエネルギーといった技術の重要な側面を強調した他、複数の台湾系スタートアップ企業が最近主催した「VivaTech 2021 Virtual Conference」の最新情報を提供してくれた。(2021/8/25)

身代金型サイバー攻撃、再び活発に 標的は企業
企業から金銭を奪い取る目的のサイバー攻撃が激化していると、専門家が警鐘を鳴らしている。(2021/8/23)

身代金型サイバー攻撃、再び活発に 標的は企業
 企業から金銭を奪い取る目的のサイバー攻撃が激化していると、専門家が警鐘を鳴らしている。いったんは沈静化していたが、東京五輪前後でハッカーたちが再び活動を活発化させているからだ。パスワードの使いまわしをしないよう社員に徹底するなど、企業の安全対策の強化が急務だ。(2021/8/23)

モビリティサービス:
「○○まで所要時間××分」を一般道にも自由に設置、ホンダが渋滞解消を提案
ホンダは2021年8月19日、渋滞路や迂回(うかい)路の通過にかかる時間を路上で表示する「旅行時間表示サービス」の有償提供を開始したと発表した。(2021/8/20)

「医薬品の安全利用を促進できる」:
エクサウィザーズと京都大学が「対策が必要な『ヒヤリ・ハット事例』を素早く判定する」AIを開発
エクサウィザーズは京都大学と共同で、医薬品の安全性に関するテキスト報告データを評価するAIを開発した。対策が必要な事例の抽出プロセスを効率化することで、PMDAの安全管理対策業務を効率化できるという。(2021/8/13)

ヒュンとくる衝撃のラスト エミレーツ航空の“CGじゃない”CM動画に震えて涼しくなった人が続出
ひぇぇぇぇ!(2021/8/12)

金融機関の勘定系とSaaS、DevOpsツールが連携 FISC安全対策基準もクリア:
5行共同利用システムの運用にServiceNowを適用、作業時間を83%削減も NTTデータ
次期リリースでオープン系への刷新が予定されているNTTデータの地銀共同利用システムで、SaaSと連携したオペレーションの自動化効率化が進む。セキュリティ要件を維持しながらSaaSをつなぐ点が特徴だ。今後、勘定系のオペレーションなどにも広く適用する計画だという。(2021/8/11)

組み込み開発ニュース:
Cortex-M4を搭載するモーター制御用32ビットマイコンの新製品を量産開始
東芝デバイス&ストレージは、Arm Cortex-M4を搭載した32ビットマイコン製品群「TXZ+ファミリーアドバンスクラス」の第1弾として、モーター制御用マイコン「M4Kグループ」12製品の量産を開始した。(2021/8/11)

東芝 M4K、M4Mグループ:
Arm Cortex-M4搭載のモーター制御用マイコン
東芝デバイス&ストレージは、モーター制御用マイクロコントローラー「M4K」「M4M」グループを発表した。MPU、FPU機能付きの40nmプロセスを用いた「Arm Cortex-M4」や、モーター制御回路、汎用通信機能を搭載する。(2021/8/10)

富士山頂5G化やライブ配信を実施! 「コロナ禍」の登山問題に取り組む御殿場市とKDDI
静岡県御殿場市とKDDIが、共同で富士登山に関する取り組みを実施することになった。その舞台となる「Mt.FUJI TRAIL STATION(トレステ)」において、両者が取り組みの狙いを説明した。(2021/7/15)

ペット用「カプセルホテル」をサンコーが発売 冷温機能付きハウスでうっとり快適空間
夏&冬に大活躍。(2021/7/8)

Wired, Weird:
プレヒーターを自作! もっと簡単に表面実装部品を外す方法
以前、300Wヒートガンを使用して表面実装部品を取り外す方法を紹介した。ただ、ヒートガンは連続使用するといろいろ不具合が生じる欠点があった。そこで、プレヒーターを自作して、ヒートガンの使用時間を短縮するように試みた。今回は、その様子を報告していこう。(2021/7/7)

顧客体験を向上させるホテルの切り札
ホテルが「Wi-Fi 6」無線LANで実現した“宿泊客もIT担当も喜ぶ仕組み”とは?
歴史的建造物を利用するホテルHard Rock Hotel Amsterdam Americanは、「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品と管理ツールを導入し、宿泊者の利便性向上とITチームの負荷軽減を両立したという。どういうことなのか。(2021/7/7)

現場管理:
IoT機器のセンサーで情報取得、作業員の安全管理を支援するサービス
日立ソリューションズは、IoT機器を活用してさまざまな情報を取得・分析し、安全管理を支援する「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を2021年6月10日から販売開始した。生体情報や気象情報、位置情報を統合管理し、属性分析による労働災害の防止を支援する。(2021/7/2)

産業用ロボット:
1時間当たり1200個のピッキングが可能に、性能20%向上のロボットシステム
オカムラは、ロボットピースピッキングシステム「RightPick」の新モデルを発売した。プロセッサの処理速度を従来モデル比で6倍以上高速化することで、ピック能力が最大20%向上。1時間あたり1200個のピッキングが可能になった。(2021/6/25)

Intelの半導体生産を支える日本 しかし「デジタル後進国」に?
半導体で出遅れていると言われる日本。しかし、半導体生産に日本企業は欠かせない。でも、デジタル分野の競争力は低下の一途をたどっている。インテルは、この課題にどう立ち向かうのだろうか。(2021/6/25)

PR:AIで“自然な見守り”ができる トーンモバイル「Oneメッセンジャー」を使って分かったこと
SNSを利用したコミュニケーションは便利だが、子どもが使うと炎上したり犯罪に巻き込まれたりするリスクが付きまとう。そこで注目したいのが、トーンモバイルが提供している家族専用の「Oneメッセンジャー」だ。単にメッセージをやりとりできるだけでなく、AIが子どもの状態を見守り、「子どもが車に乗りました」「子どもが学校を出ました」など、AIからリアルタイムでメッセージが届き、新しい形の親子のコミュニケーションを実現している。(2021/6/24)

中国が飛行士3人打ち上げ 独自宇宙ステーション建設加速へ
中国は17日午前9時22分(現地時間)、北西部にある酒泉衛星発射センターで、国産運搬ロケット「長征2号F遥12」を使用して有人宇宙船「神舟12号」を打ち上げた。搭乗した宇宙飛行士3人は、中国が建設を進めている独自の宇宙ステーションに3カ月間滞在する。(2021/6/18)

働き方の「今」を知る:
技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える
夕張メロンの減産がニュースになり、その理由が「技能実習生不足」ということから大きな話題を呼んだ。「低賃金・重労働」を押し付けられ、過酷な事情を耳にすることも多い同制度だが、実情はどうなっているのか。(2021/6/10)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル、コベルコ建機
コベルコ建機は、チルトローテータのマシンコントロールも可能なICT油圧ショベル「SK135SR-7」を開発し、2021年5月1日に発売した。(2021/6/4)

プロジェクト:
大阪・矢田南部地域の未利用地5.6万m2で物流施設2棟など複合開発、日本GLPが事業者に選定
大阪・矢田南部地域にある大阪市が保有する未利用地は、日本GLPの再開発により、先進的な物流施設や商業施設、公園に生まれ変わる。(2021/6/2)

導入事例:
戸田建設の人物検知システムに日立「画像認識エッジソリューション」採用
日立ソリューションズ・テクノロジーの「画像認識エッジソリューション」が、戸田建設の「遠赤外線カメラを用いた人物検知システム」に採用された。夜間や薄暗い環境下、通信環境が整わない現場で、リアルタイム、高精度に作業員を検出し、警報を通知、建設機械と作業員の接触災害を防止する。(2021/5/31)

自動車業界の1週間を振り返る:
「人テク展」がオンラインで開幕、バーチャルだからこその発見もあるかも
5月が終わります! 1週間、お疲れさまでした。(2021/5/29)

USJ、6月1日より平日営業再開 6月26日より土日も営業へ ※追記あり
入場者数キャパシティを大幅に抑えて営業再開。(2021/5/28)

モビリティサービス:
国交省が“グリスロ”の手引きを公開、ゆっくり走る小さな移動サービスの普及目指す
国土交通省は2021年5月25日、地方公共団体や事業者向けに「グローンスローモビリティの導入と活用のための手引き」を公開した。(2021/5/28)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】
「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”
RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。(2021/4/27)

プロジェクト:
愛知県愛西市で延べ6.3万m2の物流施設「愛西DC」が竣工、ESR
ESRは、愛知県愛西市南河田町で開発を進めていた物流施設「ESR 愛西ディストリビューションセンター」が竣工したことを明かした。ESR 愛西ディストリビューションセンターは、物流施設の空室率が低い影響で物流拠点のニーズが高い名古屋市近郊にあり、荷主の物流業務を受託するサードパーティーロジスティクスによる利用や小売業界における商品物流拠点としての活用が期待される。(2021/4/26)

Microsoftがデータセンターのバーチャルツアー公開 セキュリティや設備の様子は
Microsoftは、「バーチャルデータセンターエクスペリエンス」を公開した。Microsoftの典型的なデータセンターをWebブラウザ上に再現したもの。通常は見ることがないクラウド基盤のリソースがどう運用されているかを疑似的に見学できる。(2021/4/22)

マッチングアプリのプロフ写真は本物? AIで照合 「Tinder」新機能
大手マッチングアプリ「Tinder」日本版に、登録したプロフィール写真が本人のものだと証明するためのAIを使った新機能「なりすまし防止機能」が4月から順次導入される。(2021/4/21)

モノづくり最前線レポート:
食の安全を守る認証規格、国際連携強化で輸出促進へ
食の安全と安心に関する展示会「食品安全対策展」(2021年3月9〜12日、千葉県・幕張メッセ)が開催された。その中で「食品安全マネジメント認証『JFS規格』の最新情報」をテーマに、食品安全マネジメント協会(JFSM)事務局長の小谷雅紀氏が、食品安全マネジメント認証「JFS規格」のHACCP制度対応など、最新情報を紹介した。(2021/4/13)

CAEニュース:
ダッソーが仏病院で流体シミュレーションを活用、新型コロナ感染リスクの低減へ
ダッソー・システムズは、世界中が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に直面する中、パリ公立病院連合(AP-HP)に加盟するピティエ=サルペトリエール病院に対して、流体シミュレーション技術を活用した感染リスクの検証と安全対策の検討を行っていることを発表した。(2021/4/13)

ロボット×DXの最前線(3):
カオスな倉庫も独自技術で柔軟に走行、Rapyuta Roboticsの自律移動ロボット
「ロボット×DX×工場」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する本連載。第3回は、独自の群制御技術を搭載したクラウドロボティクスプラットフォームと、対応する自律移動ロボットを開発するRapyuta Roboticsを取り上げる。(2021/4/15)

GIS:
“座礁事故”を事前に防ぐ、ウェザーニーズの世界初を謳う海難事故のアラート通知サービス
スエズ運河での大型コンテナ船「Ever Given」が座礁し、1週間に及ぶ通行停止に陥ったような座礁事故を防ぐため、リアルタイムに海難事故のリスクを船舶や運航管理者へアラート通知するサービスをウェザーニューズが2021年5月から提供する。(2021/4/6)

Weekly Memo:
AWSで地銀が連携 金融ビジネス向け新戦略を支える「3つの柱」とは
高信頼なITが求められる金融分野でもクラウドサービスが数多く使われるようになってきた。AWSの動きから、その最新事情を探ってみたい。(2021/3/29)

セキュリティ担当者の独り言:
突然の規定準拠要求、費用はポケットマネー? システム開発現場は自衛せよ
世間を騒がすようなインシデントが発生した後、システム開発の現場でしばしば起きがちな問題が、規定やガイドライン、政府統一基準などへの準拠対応だ。一筋縄ではいかないこの問題における開発現場の自衛策を紹介しよう。(2021/3/26)

JSOLら、ゼロトラストネットワークの導入支援サービスを開始 コンサルから運用までトータルで支援
JSOLとBBSecは、ゼロトラストセキュリティの構築・運用を支援する「次世代ネットワーク・セキュリティソリューション」の提供を開始。課題の分析から製品選定、ネットワーク設計・構築、運用支援までワンストップで提供する。(2021/3/19)

長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)〜京王百貨店新宿店・第56回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会2
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは長岡駅「越後ニャがおかあふれ海鮮かんぴょう巻き寿司」(1180円)です。(2021/3/19)

シンプルな操作が特長:
PR:オンライン接客で顧客体験を高める スマホが顧客対応窓口になるビデオ通話サービス「ビデオトーク」の威力とは
対面でのコミュニケーションが難しい中、リモートでどう顧客とコミュニケーションをとり、顧客体験を向上させるかがこれからのビジネスにとって重要な視点となっている。そんな「非接触」「非対面」がキーワードとなるニューノーマル時代に大きな武器となるのが、シンプルな操作でオンライン接客を実現し、企業と顧客のコミュニケーションを飛躍させる「ビデオトーク」だ。(2021/3/10)

今日のリサーチ:
「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。(2021/3/4)

今日のリサーチ:
「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発表。日本の回答者の55%が、パンデミックへの対応から信頼を失った組織や機関として「政府や政治家」を挙げました。(2021/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.