• 関連の記事

「メンタルヘルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メンタルヘルス」に関する情報が集まったページです。

思春期の「ネット不適切使用」は抑うつリスクを高める 東京都医学総合研究所
思春期におけるインターネットの“不適切使用”は、メンタルヘルス不調のリスクを高める――東京都医学総合研究所がこんな研究結果を発表した。(2024/6/11)

20代前半の女性、「メンタルヘルスの不調」を感じているのは7割弱
BIGLOBEは、全国の18〜69歳の男女を対象に「メンタルヘルスに関する意識調査」を実施した。最近メンタルヘルスの不調を感じるか聞いたところ、不調を「とても感じる」「やや感じる」と答えた割合は20〜24歳の女性で約7割にのぼることが分かった。(2024/5/8)

YouTube、若者への動画推奨に制限 メンタルヘルス保護で
Google傘下のYouTubeは、十代のユーザーが繰り返し視聴すると問題となる可能性のある動画の推奨頻度を制限すると発表した。(2023/11/4)

Series 4以降に対応:
Apple Watchで「メンタルヘルス」も管理! 「watchOS 10」が2023年秋にリリース パブリックβは7月から配信予定
Appleが「Apple Watch」向けの新OSを2023年秋にリリースする。OSバージョンが2桁に達することを受けて、UI(ユーザーインタフェース)を刷新する他、メンタルヘルスの管理機能など、新しい機能も複数追加される。(2023/6/6)

キャリアニュース:
メンタルヘルスに関する調査、最も気分が落ち込むのは「23時」
ゼネラルリサーチが、「メンタルヘルス」に関する調査結果を発表した。気分が落ち込む時間帯、曜日、月を尋ねたところ、「23時」「月曜日」「12月」が最も多かった。(2022/9/22)

解決できないよ:
「落ち込んでいても、上司に相談しない」5割、その理由は?
健康支援プログラムなどを提供するリンケージは、「経営者と従業員のメンタルヘルスに関する認識ギャップ調査」を実施した。経営者と従業員の考える「求めている(求められている)ストレス耐性の高さ」には、16.8ポイントの相違があった。(2022/9/17)

海外医療技術トレンド(87):
オーストラリアのデジタルメンタルヘルスを支えるゲーミフィケーション
本連載第31回で、オーストラリアのデジタルヘルス施策を取り上げたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)緊急対応期を経て、メンタルヘルス領域のデジタルイノベーションが活発化している。(2022/9/16)

気分が最も落ち込みやすい時間は「午後11時」 そのワケは?
ゼネラルリサーチは、全国の20〜50代の男女にメンタルヘルスに関する調査を実施した。気分が落ち込む時間帯で最も多かったのは「午後11時」だった。(2022/9/15)

“よかれと思って”に要注意:
「誰とも話さない日も」テレワークで滅入る若手 メンタルヘルス不調はどう防ぐ?
コロナ禍の中、テレワークによるコミュニケーション不足のため、メンタルヘルスに不調を抱える若手社員が増えているようです。不調に早く気付き、対処するにはどうすればよいのか、対策を解説します。(2022/9/5)

「Z世代は昨年よりストレスを感じている」──Spotify調査 日本ではメンタルヘルス分野のポッドキャスト再生数が5倍に
Spotifyは16日、世界のZ世代が最も聞いているポッドキャストのジャンルは「メンタルヘルス」だという調査結果を発表した。(2022/8/16)

「『ながら見』を控える」「繰り返し見ない」 ショックな報道でメンタルヘルスを悪化させない4つの方法
子どもは「視聴時間を親が制限する」ことなどが重要です。(2022/7/8)

東京五輪銅メダリスト、禁止薬物の特例申請が間に合わずレース欠場決意 「クリーンスポーツとメンタルヘルスに必要なものを守る」
どちらも大切。(2022/6/13)

デジタルメンタルヘルス講座を設置:
東大、働く人の「心の健康」向上へ研究開始 富士通など15社参加、何をするのか?
職場のメンタルヘルス問題をデジタル技術で解決へ――。東京大学は、富士通Japanなどと共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」を設置したと発表した。AI(人工知能)などの技術を応用し、働く人の「心の健康」の向上に役立つ研究を進めていくという。(2022/6/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
「薄気味悪い」心の健康ケアアプリにMozillaが警鐘 貪欲な個人情報収集、プライバシーはないがしろ?
人にはなかなか相談できない問題も、メンタルヘルスアプリなら心の健康を支える助けになってくれそうに思えるかもしれない。しかしそうしたアプリについて独自の調査を行ったMozillaは、32個のアプリのうち28個に「プライバシー保護に問題あり」と判定した。(2022/5/12)

医療機器ニュース:
メタバースを活用した医療サービスの研究開発のため、産学共同講座を開設
順天堂大学と日本アイ・ビー・エムは、メタバース技術を活用した医療サービスの研究開発に向け、「メディカル・メタバース共同研究講座」を設置した。メタバース空間の構築や、メンタルヘルスなどの疾患改善への効果検証などに取り組む。(2022/5/9)

心の病で寝込んでいた娘が、ポケモンに力をもらい…… 「お出かけができ笑顔になった」母の感謝ツイートに反響
好きなものが心の支えになる。(2022/1/28)

結末は予想通り……
悪化する男性のメンタルヘルス――彼を追い詰めるあの固定観念
英国男性の多くがコロナ禍によってメンタルヘルスの悪化に苦しんでいるという。彼らを追い詰めているプレッシャーや固定観念は、日本人にも共通するものだった。(2022/1/21)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
パワハラ被害者からの「労災請求」に協力しない会社側は不利になる? 会社が取るべき対応を解説
ハラスメントなど、会社の業務によってメンタルヘルスに不調をきたした場合、従業員が労災保険給付の手続きをすることや、会社に対して安全配慮義務違反や不法行為に基づく損害賠償請求をすることが考えられます。(2022/1/19)

「単発の仕事を複数こなしている」が43.5%:
約半数が「自分は健康だと思わない」と回答 Lboseがフリーランスの健康に関する調査結果を発表
Lboseは、「フリーランスの健康に関する調査」の結果を発表した。単発の仕事を請け負っているフリーランスが多く、日々の仕事の中で孤独感やメンタルヘルス不調といった課題を抱えていることが分かった。(2021/12/15)

日本生産性本部調べ:
「心の病」が多い世代は30代 人事担当者に聞く「メンタルヘルスの取り組み」
日本生産性本部(東京都千代田区)のメンタル・ヘルス研究所は12月2日、企業の人事担当者を対象に実施した「メンタルヘルスの取り組み」に関するアンケート結果を発表した。(2021/12/3)

テレワークで従業員の“メンタル不調”が増加 人事の約6割が「実感する」と回答
SENが企業の人事担当者315人を対象に、テレワーク実施後の従業員のメンタルヘルスに関する調査をした。(2021/11/24)

Facebook幹部、“WSJ砲”関連公聴会でほとんど回答せず 10月5日には内部告発者召喚の公聴会
米上院の小委員会はFacebookとInstagramが若者のメンタルヘルスに与える害についての公聴会を開いた。召喚されたFacebook幹部は「害よりも益が多い」と主張し、議員らの要請を受け流した。(2021/10/1)

AIモデルが精神科医の精度を約5%上回る:
「精神科医よりも高精度で判定」 筑波大学の道喜将太郎氏がメンタルヘルスを判定するAIを開発
筑波大学医学医療系の助教を務める道喜将太郎氏は、高い精度で労働者のメンタルヘルスを判定できるAIを開発した。7251人のメンタルヘルスと生活環境に関する客観的データを用いてAIモデルを構築した。(2021/7/1)

大坂なおみ、開幕直前の全仏では取材拒否を宣言 「テニス選手の仕事はテニス」「プロとしてファンサは義務」と賛否
5月はメンタルヘルス啓発月間。(2021/5/27)

「メンタルヘルスケア」5つの方法【後編】
心を守るメンタルヘルス支援策「あるのに使われない」問題 解消する方法とは?
企業がどれだけ素晴らしいメンタルヘルス支援策を用意しても、従業員に知られず、使われなければ意味がない。従業員に利用してもらうには何をすればよいのか。(2021/5/6)

「メンタルヘルスケア」5つの方法【前編】
社員の「心の健康」を守る方法とは? まずは「今どんな気持ちか」を理解しよう
企業が従業員のメンタルヘルスを健全に保つためには、まずは従業員の現状を正しく認識することが大切だ。具体的にはどうすればよいのか。(2021/4/29)

ベビーシッターで“心の病”を抱えたお母さんの家へ…… 「ワンオペ育児の負のループ」を描いた漫画に考えさせられる
どうしても避けられない育児にどう立ち向かうか。(2021/2/14)

調査で判明:
「パワハラ防止法」施行から半年 「リモハラ」や「テレハラ」が出現?
メンタルヘルス関連事業を手掛けるメンタルヘルステクノロジーズ(東京都港区)は、「パワハラ防止法」の施行からから約半年が経過したことを機に「企業のハラスメント」に関する調査を実施。その結果を発表した。(2021/2/6)

世界の回答者の8割が、メンタルヘルスのサポートをAIに頼みたいワケ
コロナ禍の働き方と職場におけるAIの導入について調査した「AI@Work」の2020年度版が発表された。世界11カ国の約12000人の従業員やマネージャー、人事部門リーダー、経営幹部を調査対象とする。(2020/11/20)

頼りたいのは、人ではなく「ロボットやAI」:
61%が「2020年は最もストレスを感じる」と回答 日本オラクルがコロナ禍の働き方とAI利用に関する調査
日本オラクルは、コロナ禍の日本における働き方とAI(人工知能)利用実態に関する調査の結果を発表した。2020年は最もストレスを感じる年だと回答した割合は61%。メンタルヘルス支援として、人よりもロボットを望む割合が高かった。(2020/11/5)

「笑顔測定器」をオフィスに設置 メンタルヘルス向上に パーソルHDが新施策
パーソルホールディングス(HD)が、オフィスに社員の笑顔を測定する「笑顔測定器」を設置。測定をきっかけに社員の笑顔を増やし、メンタルヘルスの向上につなげる。(2020/10/12)

今日のリサーチ:
「メンタルヘルスのサポートを人よりもロボットに頼りたい」 回答者の82%――Oracle調査
コロナ禍が世界の従業員のメンタルヘルスに悪影響を与えています。問題解決に(上司より)ロボットに助けてほしい人も多いようです。(2020/10/12)

「仕事上のストレスや不安は上司よりもロボットに話したい」が68% 企業のメンタルヘルス対策が課題に
オラクル・コーポレーションと、Workplace Intelligenceは11カ国1万2347人(うち日本は1000人)を対象に、職場でのメンタルヘルスについて経営層と従業員の行動を調査。その結果、2020年は史上最もストレスが多い年となっていて、人々がロボットに支援を求める傾向が明らかになった。(2020/10/9)

Amazon、フィットネスバンド「Halo」発売 声による対人関係解析や体脂肪計搭載
Amazonが、メンタルヘルスも重視するフィットネスバンド「Amazon Halo」を発表した。ユーザーの声から対人関係を解析したり、ボディスキャンから体脂肪率を測る機能を搭載。価格は本体は99.99ドルで、連携するサブスクサービスが月額3.99ドル。(2020/8/28)

「おはようございます」「やったー」「わーい」の声から“心の健康”を計測 横浜市など実験
「おはようございます」「やったー」など人の声を計測し、メンタルヘルスの不調を早期に発見する技術の実証実験を横浜市などが行う。(2020/7/27)

勤怠管理でメンタルヘルスケア対策 打刻時の顔写真でモチベーションを“見える化”――中日本コミュニケーション
中日本コミュニケーションは、顔写真からモチベーションを可視化するメンタルヘルスケア機能を搭載した勤怠管理システム「ZooMe Checker」を発売。メンタルヘルスケアと勤怠管理を一元化でき、従業員のモチベーション向上や組織の活性化を支援し、長時間労働の防止や人件費の削減に貢献するという。(2020/6/4)

「心の病」を患っているビジネスパーソン、増えているのは?
会社で「心の病」を患っている人は、どのくらいいるのだろうか。日本生産性本部メンタル・ヘルス研究所が調査したところ、10〜20代で増えていることが明らかに。(2019/11/23)

Facebook、世界メンタルヘルスデーに「心を癒やす」スタンプとフィルターを公開
Facebookが10月10日の国際メンタルヘルスデーにちなみ、WHOと共同で開発したという「Let's Talk」スタンプとストリー用フィルターを無料公開した。ユーザーが使うたびにメンタルヘルス団体にFacebookが寄付する。(2019/10/11)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(55):
働き方改革では、心の病は防げない
「心の病による労災申請過去最多」なのだそうです。ストレスチェックや働き方改革をしているのに、なぜなのでしょう?――大切なのは「労働者の心の強さ」ではなく「職場の心理的な安全」なのかもしれません。(2019/7/17)

メンタルヘルス不調者は増加傾向:
なぜ「ストレスチェック制度」は浸透しないのか?
2015年に導入されたストレスチェック制度。しかしその活用は、まだあまり進んでいないようだ。企業におけるメンタルヘルス不調者数の状況とストレスチェック制度の実施状況を確認し、今後の制度活用について検討する。(2018/10/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
全力で駆け抜けた川崎宗則から、学ぶべきこと
福岡ソフトバンクホークスが川崎宗則内野手の退団を発表した。なぜ川崎は多くのファンから愛されたのか、なぜ心の病を患うことになったのか。彼の素顔は……?(2018/3/29)

最も多い世代は40代:
「心の病」10〜20代で増加傾向 理由は?
うつ病などの「心の病」が10〜20代で増加傾向に。その理由は? 日本生産性本部調べ。(2017/12/20)

「Pokemon GO」は働く人のメンタルヘルスを改善する――東大の研究
「Pokemon GO」が働く人のメンタルヘルスを改善する――東京大学がこのほど、こんな研究結果を発表した。(2017/9/8)

「ポケモンGO」は働く人のメンタルヘルスに好影響――東大調査
「Pokemon GO」が労働者の心の健康の保持と増進に有効であると東京大学の研究グループが発表した。(2017/9/7)

メンタルヘルス対策のポイント:
後悔から生まれた“こころの天気予報”
研修や情報提供などのメンタルヘルス対策を実施しても、効果が見えづらいと感じることも多いだろう。従業員の気分の変化を“見える化”してメンタル不調を予防するシステムを開発したIT企業の事例から、メンタルヘルス対策のポイントを探る。(2017/5/24)

上司との良質な対話がストレスをなくす? ヤフーが本気で取り組む1on1プロジェクトとは
企業にとって重要な課題である離職率の抑制、メンタルヘルス対策、そして従業員の生産性の問題。これらの問題を解決するヒントがどうやらヤフーの人事施策にありそうだ。一体どんな人事施策なのか……。(2016/1/27)

メンタルヘルスサポート先進企業に学ぶ:
従業員を“うつ”から守る 富士フイルムのメンタル疾患予防法とは?
福利厚生といった観点だけでなく、経営の観点からも「メンタルヘルス対策」が重要視されるようになった。今回は、3年前からデータを活用したメンタル疾患の予防を行い、堅実に成果を上げている富士フイルムの取り組みを紹介する。(2015/12/16)

民間大手や自治体などが相次ぎ参入:
うつ病増加に労働人口減 日本の社会問題を「健康経営」は救えるか?
ストレスチェックの義務化が始まるなど、社員のメンタルヘルス対策は日本企業にとって喫緊かつ重要な課題になっている。そうした中、社員の健康促進こそが経営力アップに繋がるという考え方がここへきて強まってきているという。(2015/12/1)

ベンチャーニュース:
自動車、農業、メンタルヘルスもIoTで、日本IBMがベンチャー5社を支援
日本IBMは同社が2014年9月から展開している国内スタートアップ企業の支援プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」で、第2期プログラムにて支援する企業を発表。IoT(モノのインターネット)に関連する事業に取り組む5社が選定された。(2015/9/11)

12月施行の「ストレスチェック義務化法」、NECソリューションが対策サービス提供へ
NECソリューションイノベータは、企業のメンタルヘルス対策を支援する「メンタルヘルスケアサービス」の提供を開始する。(2015/3/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.