• 関連の記事

「三菱鉛筆」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「三菱鉛筆」に関する情報が集まったページです。

「こねこ色」「ひつじ雲色」ってどんな色? “記憶の中の夏”がよみがえる「ゆるマトペ文具」がエモかわいい
全色そろえたくなるエモさ。(2024/7/22)

見てるほうも緊張するわ! コクヨ、三菱鉛筆、ゼブラ……有名文具メーカー社長が知育玩具で“ガチ対決” 令和の名勝負に「全てがおもしろい」
仲良しな社長たち。(2024/6/19)

イラストレーター直伝「オシャレなカードを描く方法」 自慢したくなる簡単アレンジへ「センスの良さが隠しきれてない」「まねして書いてみま〜す!」
すぐ文房具屋さんに行かなきゃ。(2024/6/5)

「消せるボールペン」は全世界44億本販売 海外で爆発的な人気を誇る日本製文具の品質
日本製文具の人気が海外で高まっている。ペーパーレス化や少子高齢化で長期的な国内市場は縮小が避けられない見通しだが、海外ではボールペンなどの筆記具を中心に、上質な日本製文具の支持が高く、アート制作用やギフト向けも強い。(2024/5/26)

サンスター文具のデコット:
70年代に流行った「色変わりペン」が人気 51万本も売れた秘密を聞いた
サンスター文具の色変わりペン「DECOT (デコット)」シリーズが売れている。2024年1月末時点でシリーズ累計出荷数が約51万本とヒット商品に。開発の背景と発売後の反響を聞いた。(2024/2/19)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
5500円もするシャーペン、なぜ即完売? 三菱鉛筆「クルトガダイブ」の画期性
三菱鉛筆のシャープペンシル「クルトガダイブ」が人気だ。店頭に並んだ瞬間、すぐに売り切れるという。ただ、価格は5500円と強気だ。シャープペンシルにしては高価だが、なぜこんなに売れているのか?(2023/12/27)

勉強中に特定の“音”を聞くと集中力が向上する可能性を発見 芝浦工業大学などの研究チーム
芝浦工業大学、三菱鉛筆、ストーリアの研究チームは、学習の際に特定の音で聴覚を刺激することで、集中力を向上させる可能性を発見した。(2023/12/22)

IT企業デスクツアー:
法人向け「NURO」など支えるみんなのデスク環境 エンジニアから営業まで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、法人向けのネットワークサービス「NURO Biz」やデータ分析ツール「Prediction One」などを手掛けるソニービズネットワークスに注目。(2023/11/6)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
4400円もするインクペンがクラファンで大人気──滑らかな書き味の秘密、コクヨに聞いた
コクヨが、あえて高級筆記具に乗り出した製品が「WP」シリーズ。この価格4400円のペンが、クラウドファンディングで大ヒットしたのは、とてもうれしいニュースだ。(2023/9/29)

筆記具の動きから集中力を予測できるようになる? 東大など共同研究により明らかに
近未来感。(2023/6/14)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
ぺんてるの新しい“シャー芯”、ぬるっとした書き味を生み出した非常識なアイデアとは?
ぺんてるが13年ぶりに発表した「Pentel Ain」は、書き味の滑らかさに磨きをかけた新しいシャープペンシル芯。若手スタッフが発した非常識なアイデアが誕生のきっかけになったという。(2023/2/21)

これまでに1億本を販売:
三菱鉛筆、「クルトガ」をさらに改良した新モデルを発売 新学期需要を取り込む狙い
三菱鉛筆は2月20日、「クルトガ 新スタンダードモデル」全8種を発売する。機能面とデザイン面を改良した。新学期準備の需要を取り込む狙いだ。(2023/2/2)

ピュアモルト ジェットストリームインサイド:
ウイスキーの樽材を使った多機能ペンに新色 ドライフラワーをイメージ
三菱鉛筆(東京都品川区)が、9月27日、ドライフラワーをイメージしたナチュラルな軸色の多機能ペン「ピュアモルト ジェットストリームインサイド 4&1 5機能ペン」(2200円)を数量限定で発売する。(2022/9/5)

文章を書くことと「ポメラ」という道具の奇妙な関係 その誕生から14年で「文房具」に到達するまで
初代DM10からずっとポメラを使い続けてきた納富廉邦さんが、最新モデル「DM250」に至るまでのコンセプトの変遷を振り返ります。(2022/7/31)

リサイクルショップのすてきな出会い ぼろぼろの外箱を開けたらピカピカだった色鉛筆セット!
すてきな掘り出し物。(2022/7/27)

環境にやさしいボールペン:
三菱鉛筆、海洋プラごみでつくった「ジェットストリーム」開発
三菱鉛筆が、海洋プラスチックごみと、使い捨てコンタクトレンズの空ケースをリサイクルした油性ボールペンを新開発した。(2022/7/11)

ナチュラルな色合いに:
ジェットストリームに、新しい3色ボールペンが登場
油性ボールペン「ジェットストリーム」のシリーズから、新しい3色ボールペンが数量限定で登場する。ナチュラルな色合いにしたそうだが……。(2022/7/9)

中高生に訴求:
三菱鉛筆、トレンドカラーの「ユニ アルファゲル スイッチ」替え芯と同時発売  細書きニーズにも対応
三菱鉛筆は5月18日、ブラックとトレンドカラーを取り入れたシャープペン「ユニ アルファゲル スイッチ」と替え芯「uni(ユニ)」を数量限定で同時発売する。(2022/5/12)

20〜30代のビジネスパーソンに訴求:
三菱鉛筆が「ジェットストリーム」の高価格帯シリーズに“多機能ペン” 「オフィスカジュアルのアクセントに」
三菱鉛筆が油性ボールペン高価格帯シリーズのジェットストリームプライムから「多機能ペン2&1」を発売する。(2022/1/13)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
鉛筆に万年筆のふりをさせる補助具が長く愛される理由 登場から14年が経過した「ミミック」
ミミックがあらわれてから10数年。さらなる進化は自己否定的なところまできた。(2021/11/30)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
大人のボールペンは300円台で 低重心・スタビライザー機構を備えた三菱鉛筆「ユニボールワンF」の凄さ
100円のボールペンに飽き足りない、高機能な使い心地を求めるユーザーが増えているという。そんな中投入された330円の製品がすごいのだ。(2021/10/30)

数量限定:
三菱鉛筆、ウイスキーの樽材をペン軸に再利用した「ピュアモルト」 今回は「オークの森」をイメージ
三菱鉛筆は5月25日、ウイスキーを熟成した樽材をペン軸に再利用した「ピュアモルト」の限定軸色シリーズを発売する。価格は2200円。(2021/5/20)

「ぶっちゃけAmazonで買った方が安くない?」 大手書店チェーン・有隣堂のYouTubeチャンネルが正直すぎて面白い
フクロウのツッコミに震えろ。(2021/2/8)

三菱鉛筆、アニメ業界定番の「硬質色鉛筆」を生産終了 6月末までに
2015年にも生産終了が発表されていましたが、その際は関係者の働きかけで一旦生産継続となっていました。(2021/2/1)

難局への適応力:
ウィズコロナの時代に経営者が身につけるべき3つのビジネススキル
ウィズコロナ時代、ビジネスはどのように変わるのか。グロービス経営大学院の教員が解説する。経営者が身につけるべき3つのビジネススキルとは?(2021/1/16)

サードウェーブ、8型液晶ペンタブ「raytrektab」新モデルを発表 予約販売ページを公開
サードウェーブは、同社製の8型液晶ペンタブレット「raytrektab」シリーズの新モデルを発表した。(2020/12/4)

ワコムが三菱鉛筆とコラボしたデジタル鉛筆を発売 クリスタのHi-uniブラシも一部利用者に無償提供
液タブなくても欲しくなる。(2020/8/7)

ワコム、三菱鉛筆「Hi-uni」とコラボしたデジタルペン 同じ木材ボディーで再現
ワコムが、三菱鉛筆の「Hi-uni」を再現したデジタルペン「Hi-uni DIGITAL for Wacom」を発売する。Hi-uniと同じ木材を使い、軸の部分はHi-uniと同じ木材、同じ生産方法で製造した。価格は3960円(税込)。(2020/8/6)

FAニュース:
植物由来のセルロースナノファイバー利用促進を目的に原料評価書を公開
新エネルギー・産業技術総合開発機構が「セルロースナノファイバー利用促進のための原料評価書」を公開した。植物由来の新材料が工業用原料としても広く活用されるよう、性質や製品に利用した場合の適性などをまとめた。(2020/4/25)

サードウェーブ、筆圧感知ペン対応Windowsタブレット「raytrektab」にPentium搭載の新構成モデル
サードウェーブは、同社製WindowsタブレットPC「raytrektab」にPentium Silver搭載の新構成モデル「DG-D10IWP2」を追加した。(2019/6/28)

電話やメールが届くと震える:
スマホに届いた通知や着信を確認できる「スマートボールペン」、キングジムが6月発売
キングジムがスマートフォンと連携して使うスマートボールペン「インフォ」を6月14日に発売する。スマホに届いた電話やメール、SNSなどの通知を、バイブレーション、LEDライト、小型ディスプレイで確認できる。(2019/5/15)

なぜシャープペンに初期装備されている芯の固さは「HB」なのか?
他の硬さを使う人にはかなり不便だよね。(2018/10/27)

あのスケッチブックが60周年 マルマン「図案スケッチブック」トートバッグ発売
文具ファン注目のグッズです。(2018/8/28)

【マンガ】使い方を考えると分かる「鉛筆が六角形で、色鉛筆が丸い理由」
どちらの形状にもちゃんと理由がある。(2018/8/1)

三菱鉛筆のカラーシャープ芯「消せるミントブルー」製造終了のツイートに反響 「うそだろ…」「これ無いとマンガ描けない」
後継商品が以前から発売されています。(2018/5/26)

【マンガ】幻の「新ラジオ体操」を知っていますか?
ごく短期間だけ存在した。(2018/5/25)

なぜ? 日本に存在する「絶対に入れない温泉」
「変な場所にあるから」……とか「熱すぎるから」とかではなくて。(2018/4/11)

文房具を超リアルにミニチュア化した「文具ガチャ」が誕生 よく使ってたあのアイテムたちに心がワクワク
子どものころに使ってた鉛筆削器が懐かしい。(2018/4/6)

【マンガ】鉛筆は六角形なのに、色鉛筆は丸い理由
反対に「鉛筆が丸、色鉛筆が六角形」だったら意外と不便かも。(2018/3/3)

【マンガ】色鉛筆には「ブラック」しかない
カラフルなのに「黒い芯」だけ?(2017/11/13)

これが本当の「肌色」 世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットがステキ
みんな違ってみんな良い。(2017/4/23)

水曜インタビュー劇場(とじる公演):
ホッチキスの「マックス」が手を広げた秘密
ホッチキスメーカーの「マックス」をご存じだろうか。「毎日のように使っているけれど、メーカー名なんていちいち確認しないよ」という人がいるかもしれないが、この会社……とじて、とじて、とじまくって売り上げを伸ばしてきたのだ。どいうことかというと……。(2017/1/18)

「売れる商品」の原動力:
あなた「らしさ」とは? このように聞かれてどう答えますか
「自分らしく」「うちの会社らしく」など、しばしば私たちは「らしさ」という言葉を、使います。ところが「では、あなたらしさとは?」と問われると、案外、答えはスラスラと出てこないものです。(2016/8/15)

CES 2016:
パナソニック、フルスペック8K信号を1本で伝送可能なコネクタ付きケーブルを開発――100Gbps超を実現
パナソニックはケーブル1本で、8K(7680×4320ピクセル)、120fpsの映像伝送に対応した「コネクタ付きケーブル」を開発した。プラスチック光ファイバーケーブルを採用。(2016/1/6)

プラスチック光ファイバーケーブルを採用:
パナソニック、8K映像を1本のケーブルで伝送
パナソニックは、8Kのフルスペック映像を1本で伝送することが可能なコネクタ付ケーブルを開発した。広帯域信号の多値化伝送技術と組み合わせることで、100Gビット/秒を超える伝送速度を実現することができる。(2016/1/6)

学校で「モデ1GP」を! 生徒自ら企画:
広尾学園、3次元CADと3Dプリンタを活用した体験型モノづくりイベント開催
広尾学園 中学校 高等学校は、1970年代に小学生の間で大流行した「スーパーカー消しゴム」を題材に、小さなクルマを無償3次元CADでモデリングし、それを3Dプリンタで出力してノック式ボールペンで弾いて遊ぶイベント「モデ1GP」を開催した。(2015/12/21)

アニメ業界に愛用者が多い三菱の硬筆色鉛筆、赤色のほか「橙色、黄緑、水色」の3色も生産継続へ
アニメ業界の動きに答えた? ただし他の色は生産終了変わらず。(2015/12/1)

三菱の硬質色鉛筆、アニメーターが使う「橙色、黄緑、水色」も生産継続へ
三菱鉛筆は、硬質色鉛筆について「赤」以外の生産を年内に終了する予定を変更し、アニメーターによく使われている「橙色、黄緑、水色」についても当面の間生産を継続することを決めた。(2015/12/1)

「日本のアニメ業界に非常に大きな問題」――三菱の硬質色鉛筆生産終了、業界団体が対応へ
「日本の商業アニメーション業界にとって非常に大きな問題」――三菱鉛筆が硬質色鉛筆の生産終了を発表したことを受け、業界団体が対応に乗り出した。(2015/11/30)

アニメ業界で愛用者の多い三菱の硬筆色鉛筆が生産終了へ 日本アニメーター・演出協会が対応に動く
アニメ業界関係者に向けて、硬質色鉛筆の保有状況などの緊急アンケートを実施しています。(2015/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.