「オンラインショッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック
「オンラインショッピング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

d払い(ネットショッピング)、抽選で最大2万ポイント還元 他に10%や30%の還元キャンペーンも
NTTドコモは、抽選で最大2万ポイントが還元される「d払い(ネットショッピング)Wチャンス最大全額還元キャンペーン」を開催。10%還元など順次3つのキャンペーンも実施する。(2024/7/18)

消えゆく地方のデパート、多数の地方店を抱える近鉄百貨店の生存戦略
地方百貨店の閉店ラッシュに歯止めがかからない。平成3年の9兆円超をピークに業界の売上高は半減。インターネット通販の普及や大型量販店の進出などが影響し、かつて「小売りの王様」と呼ばれた百貨店が地方では毎年のように姿を消している。(2024/6/5)

今日のリサーチ:
世代を超えて「推しグッズ」購入が広がっているのはどの都市?
トランスコスモス「世界8都市オンラインショッピング利用調査2024」の結果です。(2024/4/6)

“お試し”のつもりで買ったら定期購入だった 国民生活センター、ネット通販トラブルで注意喚起
SNS広告などを見て「お試し」のつもりで注文したところ、購入回数の条件があるコースになっていた──このような相談が寄せられているとして、国民生活センターが定期購入に関する注意喚起を行った。(2024/3/14)

「きのこの山 ワイヤレスイヤホンはまだ売ってません」──明治が注意喚起 商標を無断使用した模倣品が複数の通販サイトで売られていた
明治は「きのこの山 ワイヤレスイヤホン」と称する製品が国内外のネット通販サイトで販売されているとして、誤って購入しないように注意喚起した。(2024/3/4)

関東から九州に翌日配送 全日空が航空便効率利用でトラック不足を解決、費用も同等以下に
インターネット通販需要の高まりなどを受け、成長が見込まれる航空貨物を新たな事業の柱に育成し、収益の多様化を図る。(2024/2/28)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

Amazonも予想を上回る増収増益 AWSと主力のネット通販が好調
Amazonの10月〜12月期決算は、売上高は14%増、純利益は372%増と好調だった。AWSの売上高は13%増。広告が27%増だった。(2024/2/2)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第2回】
返品問題は環境問題? 技術で問題解決に挑む英国ファッション協会の提言とは
コロナ禍を経てオンラインショッピングの利用件数が急増した。その便利さの裏側で、アパレル企業は返品件数の増加に頭を悩ませている。英国ファッション協会の調査レポートから返品問題の解決策を探る。(2024/1/30)

今日のリサーチ:
Z世代のECデビュー年齢は?――eBay Japan調査
eBay JapanはECでの買い物経験がある男女500人を対象に、Z世代とY世代のネットショッピングの利用傾向の違いを調査しました。(2023/11/10)

ジョイフルで「キングダム」とのコラボキャンペーン 1品注文でもらえる「オリジナルクリアファイル」、ネット通販限定グッズなど登場
10月31日から。(2023/10/19)

「払い戻しは○○ペイで行います」に要注意 ネットショッピングに新手の詐欺
国民生活センターは、ネットショッピングで決済アプリを使った新手の詐欺について注意喚起する声明を発表した。返金手続きを行う際、販売業者から「払い戻しは○○ペイで行います」と誘導され、返金ではなく送金をさせるという。(2023/9/27)

AmazonをFTCと州政府が独禁法違反で提訴 「失われた自由で公正な競争を回復する」とリナ・カーン委員長
米連邦取引委員会と17の米州政府は、Amazonをネット通販事業での独禁法違反の疑いで提訴した。「われわれの訴状は、Amazonが独占を不法に維持するために一連の懲罰的かつ強制的な戦術をどのように使用したかを明らかにしている」とカーン委員長。(2023/9/27)

ネット広告にだまされやすいのは20代男性──消費者庁調べ
消費者庁は19日、ネット通販やSNS広告で見られる「大幅値下げ」や「期間限定」といった宣伝文句にどのような人が影響を受けやすいか調査した結果を発表した。(2023/9/20)

凶暴ヒグマ「OSO18」の熊肉、ネット通販で大人気 売り切れ続出 再販の予定は?
凶暴グマ「OSO18」の熊肉がネット通販で販売され、人気を博している。販売元はジビエや魚介、野菜など北海道産の食材を提供するECサイト「釧路丹頂商店」。売り切れが続出しているが、今後再販の予定などはあるのだろうか。(2023/8/25)

選んだ理由は:
所有しているクレジットカード 1位は「楽天」、2位以下は?
ネット通販の広がりもあり、生活に欠かせないものとなっているクレジットカード。クレカの使用経験者に所有するカードを聞くと……。(2023/7/3)

ネットでものを買うのはどんなとき? 2位「たまったポイントで買える」、1位は?
インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)は、「オンラインショッピングの利用」に関する調査を実施した。(2023/5/23)

パンデミック後の実店舗に必要なもの【前編】
“パンデミック前”に逆戻りする小売業者が大成功できないのはなぜ?
消費者のショッピングに対する考え方はパンデミックを経て変わった。小売業者は、オンラインショッピングを経験した消費者を店舗に呼び戻すことができるのか。(2023/5/18)

偽物買わせるネット通販、「代引き」悪用急増 “返金不可”狙う
ネット通販で偽物を購入したトラブルに関する相談のうち半数以上を、代金引き利用によるものが占めていると、国民生活センターが注意喚起。(2023/4/28)

その「¥」表示、本当に日本円? ネット通販で価格が20倍になるトラブル 国民生活センターが注意喚起
国民生活センターは、ネット通販サイトにおける「¥」表記について注意喚起する声明を発表した。(2023/4/19)

「カレー戦争始まってた」 人気VTuberのカレー発売で通販サイトつながりにくく セブン&アイが謝罪
「♯星街家のカレー」予約開始でイトーヨーカドーネット通販がつながりにくくなった。運営はTwitterで謝罪したが予約受付は続いており、午後になると「買えた」という報告も。(2023/4/10)

今日のリサーチ:
インフレ率が高い国で越境EC利用が加速――トランスコスモス「世界8都市オンラインショッピング利用調査2023」
ロンドンやニューヨーク、ムンバイなどインフレ率の高い都市では多くの商品で価格上昇が実感され、オンラインショッピングでの買物行動を積極的に変える傾向があるようです。(2023/3/30)

バレンタイン、4割が贈る予定あり 「ネット通販」を上回った購入先は?
お取り寄せの情報サイト「おとりよせネット」を運営するアイランド(東京都渋谷区)は、「2023年のバレンタインに関するアンケート調査」を実施した。(2023/2/9)

偽サイト被害の相談が前年度の約2倍に 国民生活センターが注意喚起 「価格だけに目を奪われないで」
国民生活センターは30日、ネット通販サイトを装った偽サイトについて全国の消費者センターに寄せられた相談が22年度は前年の約2倍に増えているとして注意喚起した。(2023/1/31)

シリコンバレーから見た風景:
返品・交換がビジネスチャンスに? アメリカで体験した「Happy Returns」のUXがナイスアイデア
シリコンバレーのIT企業に勤務する五島正浩さんが見た現地のテック動向を紹介する連載「シリコンバレーから見た風景」。第21回は、デメリットが大きそうなネットショッピングの返品・交換をビジネスチャンスにした企業を紹介します。(2022/12/8)

スマホでの買い物やゲームでお金を使いすぎた経験、最も多い年代は? ドコモが調査
NTTドコモのモバイル社会研究所は、スマホ利用時の散財経験について調査。7割超が「ネットショッピング」、3割超が「ゲームやアプリ」でお金を使いすぎたことがあると回答した。(2022/10/11)

世界4位だが……:
日本で本当にECは拡大しているのか? EC化率が8%台でとどまる
「Eコマースの時代」「コロナでネットショッピングが顕著に」「買い物はネットで」など、いまやインターネットでの取引なくしてビジネスは成立しないとでも言うような勢いだが、本当にそうなのだろうか。(2022/10/5)

新ビジネスモデルは定着するか:
大丸東京店の“売らない店舗”「明日見世」がオープン1周年 つかんだ手応えは?
近年、百貨店を中心に「売ることを主目的としない」新たなビジネスモデルが広がる。「売らない店舗」といった愛称で知られ、実際の店舗に商品の見本だけ置き、利用者には体験の機会を提供。その後、QRコードを読み込んでECサイトから購入してもらうという流れだ。リアル店舗とネット通販の融合――。関係者に話を聞いてみると、百貨店と出店者の双方にメリットが生まれているという。(2022/9/24)

Amazonで「SPY×FAMILY」の海賊版BDが販売されていると話題 東宝「侵害行為に対し断固とした対応を行う」
アニメ「SPY×FAMILY」の海賊版Blu-ray Discと思われる商品がネット通販サイト「Amazon.co.jp」で販売されているとTwitterで話題になっている。正規版を販売している東宝ではない別の業者が商品ページを設置している(2022/7/26)

3COINS、オンラインショッピングのシステムトラブルで謝罪 ディズニープリンセスコラボ商品をオンライン限定で受注生産
受注期間は6月3日から6月12日まで。(2022/6/1)

カスハラにつながる恐れ:
“消毒液をまいておけ”―「送料無料」が招くドライバー軽視の風潮
近年、ネット通販サイトなどで頻繁に見られる「送料無料」の文字。手頃な印象を消費者に与える一方で、弊害を被る人々がいる。荷物の配送を担うトラックドライバーたちだ。「無料」という言葉が、宅配サービスの価値は低いという印象を与え、トラック輸送に従事する人々の社会的地位を低下させている――。足元では荷物の再配達が増えているといい、運輸業界は「送料無料」表示の見直しを訴えている。(2022/5/26)

マイボイスコム調べ:
オンラインショッピング スマホからの利用者が増加中
マイボイスコム(東京都千代区)は、「オンラインショッピングの利用」に関する調査を実施し、直近1年間にPCから申し込んだ人は81.0%、スマートフォンから申し込んだ人は42.6%だった。(2022/5/21)

Amazon決算は増収減益 数年ぶりの赤字に
Amazonの1〜3月期決算は売り上げは7%増だったが38億ドル以上の純損失となった。投資先のRivianの株価下落の影響もあるが、主力のネット通販の売上高が3%減になった。AWSは2桁台の増収だ。(2022/4/29)

明日から使えるITトリビア:
Amazonの商品画像に「あ」 原因はMicrosoft IME?
「Amazonさん、プリントスクリーンでやらかす」──そんなツイートが記者のタイムライン上に流れてきた。投稿をみると、ネット通販サイト「Amazon.co.jp」のある商品画像に、「あ」の文字が写りこんでいるという。(2022/3/29)

今日のリサーチ:
「サステナブル消費」に関する意識で日本と世界に大きなギャップ――トランスコスモス調査
世界のオンラインショッピング利用動向はどうなっているのでしょうか。「サステナブル消費」や「越境EC」「ライブコマース」などについて8都市の消費者に聞いています。(2022/3/8)

敦賀「越前かにすし)」(1300円):
敦賀の老舗駅弁店が20年以上前から「働き方改革とネット通販」を始めた理由
コロナ禍で移動・旅行需要が激減。そこで全国の駅弁店が力を入れた取り組みの1つが「ネット通販」です。それを20年以上前から取り組んでいた駅弁店があります。「塩荘」トップに話を聞きました。(2022/3/6)

「ファンくる」調べ:
ネットショッピングで最も重視するポイント1位は「価格」 2位は?
「ファンくる」を運営するROI(東京都千代田区)が、コロナ禍におけるネットショッピング利用についての意識調査を実施した。(2022/1/22)

Retail Dive:
Amazonマーケットプレイスは中小の“味方”か? 「180万人の雇用」宣伝が議論呼ぶ
オンラインショッピング市場が急拡大する中、Amazonが「マーケットプレイスの売り上げ拡大で社外に180万人の雇用を生んだ」とする発表が議論を呼んでいる。あまりに巨大な市場を築き上げた一方で、同社にはコンプライアンス違反の疑いもかかっているためだ。(2021/12/8)

ブラックフライデー消費、初の前年割れ──Adobe調べ
Adobeは、毎年オンラインショッピングの支出が突出するホリデーシーズンに関する調査結果を発表した。ブラックフライデーの支出は89億ドル。同社が調査を開始して初めて前年を下回った。(2021/11/30)

子どもへのクリスマスプレゼント、ネット購入率は8割 平均予算はいくら?
3歳からの「まなぶ・ 運動・食べる」を育むメディア「おやこのくふう」を運営する「くらしにくふう」が、「クリスマス・年末年始の過ごし方」に関する意識調査を実施した。子どもへのクリスマスプレゼントを「ネット通販で購入する」人は8割だった。(2021/11/29)

東京ディズニーリゾートに新キャラ「リルリンリン」が初登場 ホリデー気分たっぷりのクリスマススペシャルグッズを紹介します
オンラインショッピングでも購入可能!(2021/11/9)

「Amazonで買ったCPUの中身が抜かれていた」――被害に遭ったユーザーが相次ぎ投稿【修正あり】
ネット通販サイト「Amazon.co.jp」で商品を買ったユーザーから、「届いた荷物の中身がない」という投稿がTwitterで相次いでいる。いずれも、販売元がAmazon.co.jpになっている「Ryzen 5 3600」というCPUを購入したところ、CPU本体が入っていなかったという。(2021/11/8)

利用頻度も増加:
オンラインショッピング、コロナ前後で最も増えた買い物は?
コロナ前後でのオンラインショッピングの利用意向や買い物について調査した。オンラインショッピングで最も増えた買い物は?(2021/10/26)

60歳以上の通販トラブルが過去最多に コロナ禍で利用増
国民生活センターは、2020年度に全国の消費者センターなどに寄せられた60歳以上からの通信販売の相談件数が10万7796件で、過去最多だったと発表。ネット通販の相談が増えているという。(2021/9/3)

家計簿サービスZaim、オンラインショッピング支援アプリ「Yoica」提供開始
 個人向け家計簿サービスを運営するZaimは8月26日、オンラインショッピングをサポートするアプリ「Yoica」の提供開始を発表した。(2021/8/27)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天、ネット通販と金融は堅調も携帯電話事業が足を引っ張る――KDDIとの「1GB500円」ローミング契約がドツボ
楽天グループが2021年第2四半期決算を発表した。楽天モバイルが主管する携帯電話事業は大幅な赤字で、グループ全体の業績に影響を与えてしまっている。基地局建設の前倒しだけではなく、KDDIへのローミングによる支払いも減益に大きな影響を与えているという。(2021/8/20)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

Kyash、はじめての決済で20%還元キャンペーン開始 ネット決済限定
フィンテック企業のKyash(東京都港区)は、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催する。ネットショッピングやオンライン課金でこれまでKyash Visaカード決済を利用したことがない人を対象に、初回決済金額の20%(最大1000ポイント)がキャッシュバックとなる。(2021/6/21)

今日のリサーチ:
日本のオンラインショッピングはスマホ中心、Webサイト滞在時間は短い――アドビ調査
「Adobe Digital Economy Index」の日本市場分析結果から見た日本のEコマースの傾向と対策について。(2021/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.