「オンラインショッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック
「オンラインショッピング」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

10日から「デジタルの日」 ECセールやオンラインイベント開催
9月1日にデジタル庁が発足し、10月10、11日は初めての「デジタルの日」となる。デジタル関連サービスや機器の便利さを実感できる日として、多くの企業が協賛しており、特設サイトを設けたり、ネット通販サイトなどでキャンペーンを実施したりする。このほかにも政府や自治体などがオンラインイベントを開き、デジタル化の普及を促進する。(2021/10/10)

テレワークにネット通販、SNS…… 家の中へ向かい海外へ広がる
新型コロナウイルス禍の長期化で人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。ITの活用で自宅にいながら海外とつながることもできる。今後はネットとリアルのメリットを捉えたビジネス展開が重要になる。(2021/10/8)

新「日常」の先 巣ごもり消費 広がる世界
新型コロナウイルス禍の長期化で、人はひたすら家に向かった。「巣ごもり消費」が定着し、ネット通販やテークアウトの利用は急増。変容した消費の姿はコロナ禍が去ったとき、どうなるのか。(2021/10/5)

60歳以上の通販トラブルが過去最多に コロナ禍で利用増
国民生活センターは、2020年度に全国の消費者センターなどに寄せられた60歳以上からの通信販売の相談件数が10万7796件で、過去最多だったと発表。ネット通販の相談が増えているという。(2021/9/3)

家計簿サービスZaim、オンラインショッピング支援アプリ「Yoica」提供開始
 個人向け家計簿サービスを運営するZaimは8月26日、オンラインショッピングをサポートするアプリ「Yoica」の提供開始を発表した。(2021/8/27)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天、ネット通販と金融は堅調も携帯電話事業が足を引っ張る――KDDIとの「1GB500円」ローミング契約がドツボ
楽天グループが2021年第2四半期決算を発表した。楽天モバイルが主管する携帯電話事業は大幅な赤字で、グループ全体の業績に影響を与えてしまっている。基地局建設の前倒しだけではなく、KDDIへのローミングによる支払いも減益に大きな影響を与えているという。(2021/8/20)

中国、ネット業界を「半年間」集中取り締まり
【北京=三塚聖平】中国政府は26日、インターネット業界の集中的な取り締まりに着手したと発表した。「安全で秩序ある市場環境を整備する」のが目的だと説明しており、半年間かけて問題行為を調べる。中国当局は、ネット通販最大手のアリババ集団など国内IT大手への統制を強めており、業界への逆風がさらに増すとみられる。(2021/7/27)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

Kyash、はじめての決済で20%還元キャンペーン開始 ネット決済限定
フィンテック企業のKyash(東京都港区)は、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催する。ネットショッピングやオンライン課金でこれまでKyash Visaカード決済を利用したことがない人を対象に、初回決済金額の20%(最大1000ポイント)がキャッシュバックとなる。(2021/6/21)

MGM買収で娯楽にまつわる総アマゾン化が始まる
米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが5月26日、「007」シリーズなどの製作で知られる米ハリウッドの老舗映画会社「メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)」を84億5000万ドル(約9200億円)で買収すると発表しました(同日付米CNN電子版など)。(2021/6/14)

今日のリサーチ:
日本のオンラインショッピングはスマホ中心、Webサイト滞在時間は短い――アドビ調査
「Adobe Digital Economy Index」の日本市場分析結果から見た日本のEコマースの傾向と対策について。(2021/6/1)

【Amazonタイムセール祭り】飲料が3日限定でお買い得 ウィルキンソンのジンジャーエールが1本74円の破格に
箱買いはネット通販が楽。(2021/5/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年5月)
オンラインショッピング市場がますます重要になっている中、ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーション エンジン」が人気です。今月は「Sprocket」と「Silver Eggアイジェント・レコメンダー」が顧客を増やしました。(2021/5/18)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインショッピング市場はさらに拡大し、ECプラットフォーム製品を導入する企業も増加しています。「EC-Cube」と「Shopify」が堅調に顧客を増やしています。(2021/5/11)

中国人民銀、ネット企業13社を一斉指導 金融事業で改善求める
 【北京=三塚聖平】中国人民銀行(中央銀行)は29日、騰訊控股(テンセント)など中国の大手インターネット企業13社に行政指導を行ったと発表した。ネット企業が許可を得ずに金融事業を行っていることなどを問題視し、改善を求めた。中国ネット通販最大手のアリババ集団などネット業界に対する統制を強めており、その一環となる。(2021/4/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年4月)
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエンジン」はコロナ禍のEC市場拡大によりますます好調です。(2021/4/20)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年4月)
コロナ禍によりオンラインショッピングが拡大する中、Eコマース構築プラットフォームが好調です。主に国産ブランドが上位を争っています。(2021/4/13)

今日のリサーチ:
「ライブコマース」認知度・利用経験とも東京が最下位――トランスコスモスがアジア10都市で調査
トランスコスモス「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2021」で明らかになったアジア諸国と日本の違い。(2021/3/25)

羽田空港運営会社、「世界の機内食」をネット通販 12日から数量限定
コンセプトは「空の旅をオウチで楽しむ」。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、海外旅行に制限がかかっている状況ならではの試み。(2021/3/11)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ECモール全盛でも「家電量販店が売る製品ならハズレなし」といわれる理由
ネット通販で製品を購入するにあたり、ハズレを引かない方法として、リアル店舗で扱われている製品を選ぶのがよいといわれている。リアル店舗のお墨付きがあれば安心というわけだが、この方法は必ずしも万能というわけではない。(2021/3/1)

今日のリサーチ:
「オンラインショッピング途中で離脱」 日本の回答者は過去1年で約6割が経験――LivePerson調査
日本を含む4カ国の企業における顧客対話レポート。コロナ禍の購買行動においてメッセージングサービス利用が急増しており、それに伴いAI活用が進んでいるようです。(2021/2/9)

「玄関前」をプラットフォームに:
置き配バッグ「OKIPPA」 顧客と社会の課題解決、そして新たな価値創造へサブスクリプションという選択
ネット通販利用の拡大と共に注目されるようになったのが宅配便の再配達による社会的損失という課題。解決策の一つである「置き配」に注目して事業を営む物流系ITスタートアップ企業の市場創造戦略を探った。(2020/12/24)

シニアのネット通販は60代男性がより多く利用――ドコモ「モバイル社会研究所」が調査
NTTドコモの社内研究所「モバイル社会研究所」が、2020年1月に実施した「一般向けモバイル動向調査」の結果を公表した。シニアのネット通販は60代男性がより多く利用しており、PC/タブレット所有者はネット通販の利用率が高い。(2020/12/21)

最短5分で開始できるスマホ向け決済サービス「SAISON CARD Digital」 番号レスのカードも
クレディセゾンは、11月24日にスマートフォン完結型の決済サービス「SAISON CARD Digital」を提供開始。クレジットカードの申込完了から最短5分でアプリ上にデジタルカードを発行し、オンラインショッピングや実店舗での非接触決済を利用できるようになる。(2020/11/24)

統合的な体験からエンゲージメントを最大化:
資生堂「ワタシプラス」が目指すニューノーマル時代のCRM 「ECがゴールではない」の真意
コロナ禍でオンラインショッピングの習慣は一気に定着した感があるが、化粧品カテゴリーはその商品特性から全面的なECシフトが難しいところもある。ECがゴールでないならば、資生堂が「ワタシプラス」で目指していることとは何なのか。(2020/10/26)

モバイル決済の裏側を聞く:
コロナ禍でリアルからデジタルへ劇的に加速 「PayPal」好調の理由を聞く
新型コロナウイルスの影響で伸びているのがオンラインショッピングだ。オンラインを中心に決済サービスを提供しているPayPalは、2020年第2四半期の新規アカウント数が前年比で約140%増加した。「ニューノーマル」の時代におけるPayPalの戦略を、インターナショナルマーケット担当シニアバイスプレジデントのCameron McLean氏に聞いた。(2020/10/7)

ネット通販売上が130%増:
老舗の製薬会社が頼った、月10万円で雇える“オンライン副業人材”
長野県木曽地方で、江戸時代から受け継がれてきた「百草」を胃腸薬として製造・販売する日野製薬。2020年3月からネット通販(EC)の売り上げを伸ばすため、“オンライン副業人材”を採用している。その成果は。(2020/9/3)

DMMなど対象サイトは100以上! PayPayがオンラインショッピングサイトの10%還元キャンペーンを開催中
100サイト以上が対象に!(2020/9/2)

ヤマト運輸、「置き配」ヤフオクにも コロナ対策で非対面配送強化
新型コロナウイルスの感染防止のため、人同士の接触を減らそうとヤマト運輸は今秋から「置き配」サービス「EAZY」(イージー)を「ヤフオク!」と「PayPayフリマ」に導入する。コロナ禍でネット通販の利用が増加していることなどが背景。6月には「ZOZOTOWN」に先行的に導入していた。(2020/8/25)

アイリスオーヤマが新卒採用を過去最多の640人に拡大 マスク生産やネット通販事業の好調を受け
アイリスオーヤマは2021年度の新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人に拡大すると発表した。(2020/8/11)

アイリスオーヤマが新卒採用を過去最多に コロナ禍でAIサーマルカメラやEC好調
アイリスオーヤマは、2021年度新卒採用枠を当初の計画から240人増やし、過去最多の640人にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、非接触で発熱を検出する「AIサーマルカメラ」やネット通販事業が拡大したことから、人材強化を図る。(2020/8/5)

今日のリサーチ:
自粛期間中に利用増 1位「Amazonプライムビデオ」、2位「クックパッド」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に「withコロナにおける日本人の消費意識とメディア行動の変化」を調査。「オンラインショッピング」「動画配信サービス」「料理系アプリ」の需要が増加しています。(2020/7/30)

テレワークで使う「家庭用ルーター」が危ない! セキュリティ対策をあなどってはいけない理由
新型コロナ対策として、企業がテレワークを導入してから数カ月。家電量販店やネット通販で買った家庭用ルーターを使って仕事をしている人は少なくないだろう。だが、セキュリティ対策を行わずに使い続けると、サイバー攻撃などの被害につながるかもしれない。(2020/7/15)

NHK「クローズアップ現代+」で「ネット通販の闇」特集 怪しい商品の物流拠点に潜入取材も
「不良品マスク」が届くといったネット通販の問題に迫ります。(2020/7/10)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
2時間配送を実現した「Walmart」他、米国のオンラインショッピングアプリが熱い
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大による外出自粛は世界的なトレンド。これに伴いオンラインショッピングの市場が急拡大しています。(2020/5/29)

PR:ネットショッピングとコンビニ利用が多いなら、どのクレジットカードがいい? 「クレカ使い分け」徹底指南
利用金額に応じてポイントがたまるクレジットカード。ネットやコンビニで買い物をする人はどのカードを選ぶとお得?(2020/5/15)

Googleショッピング検索、無料リスティング開始 新型コロナ対策の一環で
Googleショッピング検索結果には現在、有料で登録された商品しか表示されないが、無料登録商品も表示されるようになる。新型コロナによるオンラインショッピング需要の高まりを受けての改善としている。(2020/4/22)

ネットショッピングで人気のチークのキーワードは「ツヤ感」! Qoo10コスメランキング(4月13日〜19日)
4月13日〜19日のベスト3は?(2020/4/21)

ネットショッピングで買えるトレンドのアイシャドウは? Qoo10コスメランキング(4月6日〜12日)
4月6日〜12日のベスト3は?(2020/4/14)

ネットショッピングで買えるいま人気のリップ・アイシャドウ・チークは? Qoo10コスメランキング(3月30日〜4月5日)
3月30日〜4月5日のベスト3は?(2020/4/8)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

Mobile Weekly Top10:
新型コロナウイルスの影響はどこまで広がる?/各社の5Gサービスがスタート
新型コロナウイルスの影響が徐々に広がりを見せています。中でも、感染症を拡散することを抑制する上で役に立つ「マスク」の品不足は深刻で、ネット通販のマスク情報をまとめるWebサービスまで登場しました。(2020/3/30)

Amazon.com、新型コロナ対策で物流拠点での配送に優先順位付け 生活必需品を優先
Amazon.comが、新型コロナウイルスの影響でオンラインショッピング急増し、生活必需品が不足していることを受け、物流拠点での配送に優先順位を付け、対象商品以外の配送を一時停止する。まずは米国とEU圏で実施する。(2020/3/18)

試着なしで足に合う靴を――靴専門のECサイト「ZOZOSHOES」誕生 「ZOZOMAT」と連携、3Dデータをミリ単位で活用
ZOZOが靴専門のECサイト「ZOZOSHOES」をオープン。「ZOZOMAT」と連携し、客の足型に合う靴を試着なしでレコメンドする機能を持つ。ネット通販での靴選びに不安を抱えるユーザーの課題を解消し、靴カテゴリーの商品取扱高を拡大する狙い。(2020/3/4)

アマゾンを超越し続ける「ザッポス」という存在
今から10年ほど前に『ザッポスの奇跡』という本を書いた。当時、アメリカのビジネス界に旋風を巻き起こしていた「ザッポス」という靴のネット通販会社の「企業文化戦略」についての本だ。ザッポスはどのようにして、あのアマゾンに「負け」を認めさせるに至ったのか。(2020/2/19)

コストコが日本でネット通販をスタート 「1350万円の指輪」も販売
コストコホールセールジャパンは、日本国内向けのネット通販を始めた。日用雑貨や家電、アウトドア用品、ジュエリーなどを販売する。(2019/12/10)

今日のリサーチ:
シニアの8割以上は5年以上前からネットショッピングを利用していた――アスマーク調べ
高齢者のIT利用率が増加し、ネットは若者のものというイメージは過去のものとなっているようです。(2019/12/2)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

会員登録せずに手軽に買い物 Amazonが「Web接客型Amazon Pay」をEC向けに提供
Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」でオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」を開始。Amazonアカウントを使い、より少ない情報入力で買い物ができることを提案する。(2019/10/8)

カスタマーエクスペリエンス(CX)の観点で比較
ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える
小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。(2019/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.