「顧客満足」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

製造業DX:
PR:進化を続けるサブスクビジネス、導入成功には経営陣の長期視点も必要
製造業にも求められるDXを推進する上で重要な要素になっているのがサブスクリプションビジネスの導入である。モノ売りからコト売りへの移行の実現に役立つだけでなく、顧客のサービス利用状況などを分析し、顧客満足を高めることにも貢献できるからだ。このサブスクリプションビジネスの導入の有力なソリューションとなるのが、タレス(Thales)のソフトウェア収益化ソリューション「Sentinel」である。(2021/10/25)

労働力減少で岐路に:
日本企業の成長を支えるIT活用、2つのキーワードは――ガートナー
ガートナーの新たな調査から、世界で共通していビジネスに成長や技術関連の変化が求められる一方、日本企業の経営者は競争により厳しさを感じていることが分かった。ガートナーが挙げた、日本企業が激化する競争をIT活用で乗り切るためのキーワードを2つとは。(2021/10/21)

一方で「5年後は今と同じか、今より成長している」が約7割:
自社と他社の競合関係は「5年前より厳しい」 ガートナー ジャパンがビジネス変革に関する見解を発表
ガートナー ジャパンは「2021年CEOサーベイ」と2021年8月に実施した調査の結果を基に、デジタル技術を活用したビジネス変革に関する見解を発表した。(2021/10/20)

スピン経済の歩き方:
魅力度ランキングに群馬県知事が激怒! 「ランキング商法」の背景に、何があるのか
ブランド総合研究所が発表している都道府県魅力度ランキングが「炎上」した。群馬県の山本一太知事が「信頼度が低く、ずさん」と批判し、法的措置も検討するとぶちまけたからだ。それにしても、なぜ日本人はランキングが好きなのか。背景に何があるのかというと……。(2021/10/19)

「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」の満足度調査 1位を獲得したのは?
「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」それぞれについて、実際の利用者からの回答を聴取した。(2021/10/18)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第3回】
コールセンタースタッフ研修の「KPI」の決め方
コンタクトセンタースタッフ向けの効果的な研修を実施するためには、KPIの策定や、成長段階に合わせた研修の実施が重要だ。どのように対処すべきかを解説する。(2021/10/12)

共通ポイント満足度調査、楽天ポイントが1位 その理由は?
顧客満足度の国際専門機関であるJ.D.パワーは、初となる共通ポイントの顧客満足度調査を実施した。その結果、dポイント、Pontaポイント、楽天ポイント、Tポイントの4つの共通ポイントサービスのうち、総合満足度トップは楽天ポイントだった。(2021/10/8)

J.D.パワーの共通ポイント満足度調査、1位は「楽天ポイント」
J.D.パワーは、10月8日に「2021年共通ポイントサービス満足度調査」の結果を発表。1位は「楽天ポイント」で「ポイントのためやすさ」をはじめとした全4ファクターで最高評価となった。(2021/10/8)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ユニファイドコマースで結局何ができるのか? 成功企業に学ぶ“顧客体験の劇的な改善”
小売りのEC化が進む中、あらゆる情報を一元化し、顧客体験を高める「ユニファイドコマース」が注目されている。ユニファイドコマースは、どのような成功事例があるのか? 結局何ができるのか? 解説する。(2021/10/8)

車買取会社の満足度調査 3位「カーセブン」、2位「アップル」、1位は?
調査対象は、過去5年以内に自身の車を中古車買取会社に売却した20〜84歳、6990人。(2021/10/6)

リテール&ロジスティクス:
神奈川県相模原市で延べ約33万m2の多機能物流施設が竣工、日本GLP
日本GLPは、神奈川県相模原市で開発を進めていた物流施設「GLP ALFALINK 相模原1」と共用棟「リング」が竣工したことを公表した。共用棟を含むGLP ALFALINK 相模原1の延べ床面積は33万1348平方メートルで、施設内には人材派遣会社や物流機器のレンタル会社が入居している他、配送会社のターミナルも設置されるなど、従来の物流施設とは一線を画す企業が入居している。(2021/10/6)

製造マネジメントニュース:
ホンダが新車のインターネット販売、オンラインで済ませたい「4.3%」を取り込む
ホンダは2021年10月4日、新車を取り扱うオンラインストア「Honda ON」を開設したと発表した。来店せず、オンラインと郵送で新車購入の契約まで完了できる。(2021/10/5)

オリコン調べ:
満足度の高いWeb会議ツール、2年連続で「Zoom」が1位 理由は?
oricon MEが実施した顧客満足度調査によると、Web会議ツールで最も満足度が高いのはZoomで、ビジネスチャットツールではGoogle Chatがトップだった。(2021/10/4)

採算より「ビジョン」を優先:
家具・家電のサブスク「CLAS」の売り上げが、3倍ペースで伸びているワケ
家具・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」(クラス)は、9月に総額約21億円の資金調達を発表した。毎年3倍ペースで成長している同社は、この資金調達でさらなる事業規模の拡大を狙う。どのような暮らしの未来を描き、どのような戦略で事業成長を遂げてきたのか。(2021/10/8)

ahamoやpovoなど「オンライン専用ブランド/プラン」が満足度で大手キャリアを上回る
 顧客満足度に関する調査やコンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は、2021年携帯電話サービス顧客満足度調査を実施した。その結果、総合満足度スコア平均では「オンライン専用ブランド/プラン」部門が1位を獲得した。(2021/9/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コンビニ弁当の価格が“三極化” セブンは「270円」を投入、ミニストップは「599円」が好調
500円前後がボリュームゾーンだったコンビニ弁当の価格帯が広がっている。大手は200円台や300円台のミニ弁当を相次いで発売。一方、ミニストップは599円という高額の弁当が売れている。(2021/9/29)

J.D.パワーが4部門で満足度調査 ドコモ、UQ mobile、IIJmio、LINEMOが1位に
J.D.パワーが携帯電話サービスの顧客満足度を調査し、その結果を公開した。サービス提供事業者を大きく4つの部門に分けて集計し、それぞれの改善を求めている点もランキングしている。(2021/9/29)

産業動向:
大規模修繕会社の顧客満足度を調査、建装工業が総合1位を獲得
oricon MEは、20〜84歳の男女1944人を対象に、100社のマンション大規模修繕会社に関する意識調査を行い、結果をランキング形式で発表した。リサーチの結果によれば、総合的に満足度が最も高かったのは建装工業だった。評価項目別でも、施工会社の対応、現場管理者の対応、仕上がり、保証・アフターサービスの4項目で満足度が1位になった他、地域別の関東と近畿や規模別の小規模と大規模でも満足度1位を獲得した。(2021/9/28)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第1回】
コールセンタースタッフへの「オンライン研修」3大メリット 離職防止にも有効
コロナ禍でテレワークを導入する企業が拡大し、コールセンタースタッフの役割が変わりつつある。コールセンタースタッフ向けにオンライン研修を実施するメリットを紹介する。(2021/9/28)

かっぱ寿司が全皿半額での過剰な混雑でおわび 「想定を大きく上回る反響」
キャンペーンがうまくいき過ぎたようです。(2021/9/27)

企業のノベルティ、75%が「迷惑」 理由1位は「実用性の低さ」
 ノベルティ事業「ブラノベ!」を運営するtetote(神奈川県横浜市)は、社会人240人を対象に「ノベルティに関する意識調査」を実施した。その結果、企業からもらったノベルティを「迷惑」と感じた人は75%いることが分かった。(2021/9/21)

テレワークにも使える?:
なぜ? ANAがヤフオクにファーストクラスのシートを出品した理由
ANAグループの全日空商事が、ヤフオクに実際に使用していた部品やエアライングッズを出品した。(2021/9/21)

経営権取得をかけた争い:
関西スーパー争奪 話題の激安オーケーの選択
関西が地盤の中堅スーパー、関西スーパーマーケットの経営権取得をかけた争いが激化している。(2021/9/19)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル1室のアメニティー、清掃費用は一体いくら?  ホテルの気になる“原価”あれこれ
コロナ禍で価格が下がっているホテル利用料金。そもそも原価はどのくらいなのだろうか。運営会社に取材を試みた。(2021/9/17)

スマートリテール:
リテールテック導入で経営者と従業員に温度差、小売業界のグローバル調査で判明
小売業界や流通業界を中心にデバイスやソリューションを展開するゼブラ・テクノロジーズは2021年9月7日、顧客の購買行動に影響を与え得る店舗やテクノロジーの動向に関するグローバル調査結果を発表した。Eコマースと実店舗の融合が進む中での新たな課題や、テクノロジーによる解決への可能性などが示されている。(2021/9/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうなる「関西スーパー」争奪戦 勝負に出た「オーケー」に“危うさ”を感じてしまう理由
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが関西スーパーを買収すると宣言。オーケーも同スーパーの買収をすると表明した。オーケーにはどんな事情があるのだろうか?(2021/9/14)

FAニュース:
働き方の多様化に合わせる、レノボが見据えるPCサポートサービスの在り方
レノボ・ジャパンは2021年8月31日、同社製品の保守サポートなどを担うNECパーソナルコンピュータの群馬事業場に関する説明会を開催した。同事業所では働き方の多様化に合わせて、今後カスタマーフルフィルメントサービスの強化を進める方針だ。(2021/9/9)

人工知能ニュース:
Pepperに新AIエンジンを搭載、少しの追加学習で会話機能が向上
rinnaの法人向けAIチャットbot開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」の最新版が、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」に採用された。少量の追加学習でPepperの会話機能が向上する。(2021/9/8)

データ活用で生まれ変わるイプスウィッチ港
輸出港がAI×IoTで「スマート港」へ“船出” クレーン停止時に狙い撃ち保守
英国最大級の穀物輸出港、イプスウィッチ港はBT GroupのIoT技術を駆使し、データ分析に基づいた港湾運営に乗り出す。大手ITベンダーと手を組んでどう生まれ変わるのか。「進化」に精を出す同港の取り組みを追った。(2021/9/8)

オリコン調べ:
満足度の高い不動産仲介 「住友林業ホームサービス」が3部門で1位 理由は?
oricon ME(東京都港区)は、「不動産仲介 売却/購入」についての満足度調査を実施した。(2021/9/6)

コスト面で最高評価:
法人向け携帯キャリアの「顧客満足度ランキング」 6年連続の1位は?
J.D.パワージャパンは、「法人向け携帯電話サービス顧客満足度調査」を実施した。大企業・中堅企業、中小企業それぞれで1位を獲得したのは?(2021/9/3)

3日でデータ活用人材を育成 浜銀総研とSASが金融機関向けトレーニングを開始
浜銀総研とSASは、金融機関に向けたデータ利活用人材育成トレーニングを共同開発し、2021年10月25日から1回目のトレーニングを開講する。MCIFデータを駆使するデータ活用人材の育成を支援する。(2021/9/1)

食品ロス削減、多業種に拡大 閉店後に従業員へ販売、果物皮由来のシロップも
 本来は食べられる食品にもかかわらず捨てられてしまう「フードロス(食品廃棄)」を削減する取り組みが盛んになってきた。国連の持続可能な開発目標「SDGs」への社会的関心が高まる中、フードロス削減は企業にとっても顧客満足度や自社の企業価値を向上させる効果が期待できる。食品関連企業だけでなく、ホテルや鉄道会社にも削減の輪が広がっている。(2021/8/26)

クレカ満足度調査 2年連続のトップは? J.D.パワー調査
J.D.パワーは8月24日、「2021年クレジットカード顧客満足度調査」結果を発表した。それによると、年会費無料部門においては2年連続で楽天カードがトップとなった。また、年会1万円未満部門ではエポスカードが4年連続のトップ、1万〜2万円未満部門では楽天カードが4年連続でトップだった。年会費2万円以上のハイクラスカードでは、エポスカードがトップだった。(2021/8/24)

見落とされがちなDX時代の時刻合わせ:
PR:これからのビジネス基盤に求められるセキュアで高精度な時刻同期とは
多数のITシステムや電子機器を組み合わせて利用する上で不可欠なのが、時刻情報の正確な同期だ。だがその導入に予想以上に苦労したという企業も少なくない。これからのビジネスの創出に避けて通れない時刻同期環境を整備するための最適解とは?(2021/8/25)

NXP×Moterがプラットフォーム開発:
エッジ処理がクルマのデータと保険のギャップを埋める
コネクテッドカーのデータがますます豊富になっている一方で、自動車メーカーはいまだそうしたデータを効果的に収益化できるようにはなっていない。その理由として、既存のインフラ内でそうしたデータを使用する方法や、十分なROI(投資利益率)でデータを処理する方法に関する専門知識が不十分であることが挙げられる。(2021/8/23)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(12):
これから製造業のコト売りはどう進化していくのか
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。最終回となる第12回は、海外などの動向や示唆を基に、これからの製造業のソフトウェアビジネスについて、どのような方向へ進化していくべきなのかを考える。(2021/8/19)

目的別「Web会議」ツール選びのポイント【第4回】
「対面会議」ではなくあえて「Web会議」を選ぶべき4つの用途
Web会議ツールは実地での会議と違い、どこからでも会議に参加できるメリットがある。Web会議ツールを生かせる4つの用途を説明する。(2021/8/18)

ことごとく空振り:
人事責任者が見落としている、重要な視点とは?
人事施策が、なぜことごとく空振りに終わるのか。それは、重要な見落としがあるからだ。(2021/8/11)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【後編】
家具EC企業がコロナ禍で売り上げを倍増させた「CX」戦略とは?
都市封鎖で自宅のリフォームが人気を集めた。これを商機として捉えたのが、家具・日用品のEコマース事業を展開するOverstock.comだ。売り上げの大幅な増加をもたらした同社の取り組みとは。(2021/8/9)

本田雅一の時事想々:
ネットフリックスは「伸び悩んでいる」は本当か? ゲーム参入でも踏襲する“必勝パターン”
加入者数のペースが鈍化、ゲーム事業への参入が明らかになり、「伸び悩み」が懸念されているネットフリックス。そもそも同社は、伸び悩んでいるのだろうか?(2021/8/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(90):
お任せしたのですから、契約の範囲外でも対応してください
ユーザーが持ち込んだソフトウェアにセキュリティの不備があった。「知らんがな」と言いたいところだが、訴えられてしまったら仕方がない。戦いましょう!(2021/8/5)

カナダのAIチップ新興企業:
Untether AI、Intel Capitalら主導の投資ラウンドで1億2500万ドル調達
データセンター向けAIチップを手掛けるカナダの新興企業Untether AI が、Tracker Capital ManagementとIntel Capitalが共同で主導した投資ラウンドにおいて、1億2500万米ドルの資金を調達した。(2021/8/4)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【中編】
オンライン注文を1カ月半で実現 小売チェーンがコロナ禍で進めた大改革とは
2020年にオンライン注文と店舗受け取りのシステムを急きょ立ち上げた小売チェーンのGiant Eagle。同社はどのようにシステムの構築を進めたのか。2021年における同社の課題とは。(2021/8/2)

PR:OPPO Reno5 Aが1万円台に! IIJmioの「ギガプラン端末割引キャンペーン」を見逃すな
2GBの音声SIMが月額858円(税込み)からという新料金プラン「ギガプラン」を提供している「IIJmio」。さらに見逃せないのが、セットで購入できるスマートフォンをキャンペーンで大幅に値引きしていること。今回は割引対象機種の中から、5Gスマートフォンの「OPPO Reno5 A」「OPPO A54 5G」「AQUOS sense5G」をピックアップして紹介する。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/10/19)

社会人になってから学ぶって、難しい:
日本マイクロソフトだって悩んでいた 一筋縄ではいかぬデジタル人材育成をパーソルと協業で乗り切る!
今は、デジタルシフトに対応できる人材が不足していることもあり、「リスキリングでデジタル人材を育成したい」と考える企業は少なくない。デジタライゼーションが急務とされる中で、企業はどのように社員のリスキリングに対するモチベーションを高め、デジタル人材を育成すればいいのだろうか。日本マイクロソフトとパーソルイノベーションの協業から、リスキリングの課題と解決策を探る。(2021/8/2)

品質不正問題:
不適切検査受け国際規格認証に一時停止措置、三菱電機の長崎製作所
三菱電機は2021年7月29日、同社の長崎製作所(長崎県西彼杵郡)による鉄道車両用空調装置などの不適切検査が判明したことを受けて、「ISO 9001認証」および「IRIS(国際鉄道産業標準)認証」が一時停止されると発表した。(2021/7/30)

製造業DXが生む3つの価値(1):
いま一度確認しておきたい、製造業DXで「結局何ができるのか」?
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/7/27)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【前編】
生花販売大手が「CX」向上のために“大手ベンダー依存”をやめた理由
新型コロナウイルス感染症の影響でEコマースの需要が高まる中、生花販売大手のFTDは商機を生かすべく、CXのためのシステムを刷新した。そこで同社が選んだ方針が、大手ベンダー製品からの脱却だった。その意図とは。(2021/7/26)

「セルフサービスツール」を改善する方法【後編】
“使えないセルフサービスツール”を生む落とし穴とは? 対処法は
顧客が自ら製品関連情報を得られる「セルフサービスツール」の導入時に、企業が陥りがちな落とし穴は幾つかある。それは何か。どう対処すればよいのか。(2021/7/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.