• 関連の記事

「意識調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

全年代でトップ:
コロナ禍入社世代の6割「忘年会に参加したい」 理由は「人とのつながりを得たい」
oViceは、会社員の男女を対象に「忘年会に対する意識調査」を行った。2020〜21年に新卒入社した「コロナ禍入社世代」は、約6割が忘年会参加を希望し、全年代でトップだった。(2021/11/26)

501人に聞いた:
「あったらうれしい福利厚生」ランキング 3位「旅行・レジャーの優待」、2位「特別休暇」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女501人を対象に「あったらうれしい福利厚生に関する意識調査」を実施した。1位になったのは?(2021/11/26)

キャリアニュース:
50代の社員本人よりも、20〜40代社員は50代を評価
フォー・ノーツが、「50代社員に関する意識調査」の結果を発表した。20〜40代の社員は、50代社員の会社への貢献度や期待する能力について、50代自身よりも評価していることが分かった。一方で、課題と感じている点には世代間でギャップがあった。(2021/11/25)

500人に聞いた:
出張時にあるといいもの 2位は「ネックピロー」、1位は?
ビズヒッツは、出張経験のある男女を対象に「出張時のおすすめグッズに関する意識調査」を行った。出張時のおすすめグッズの1位は「アイマスク」(53人)だった。(2021/11/24)

56.8%の夫婦が「マイホーム購入時に意見が合わなかった」 最も食い違いが発生したのはどこ?
AlbaLinkは、マイホームの購入経験がある既婚者に「家を購入する際の意見の相違に関する意識調査」を実施した。家の購入で意見の相違があったと答えた人は56.8%と、過半数を占める結果に。最も意見が合わなかった点は?(2021/11/23)

今日のリサーチ:
2021年のMA導入率は微増 クラウドサーカス「マーケティングオートメーション意識調査」
企業活動における新型コロナウイルスの影響が心配される中、2021年のMA導入率は17%。2020年の15%から微増となりました。(2021/11/22)

「中途入社はつらいと思うとき」 2位は「期待が大きい」、1位は?
ビズヒッツは、中途入社の経験がある男女に「中途採用はつらいと思うとき」に関する意識調査を実施した。3位は「先輩・上司が年下」、2位は「期待が大きい」となった。1位は?(2021/11/22)

男性育休「義務化すべき」が42.6% 取得してよかった・困ったことは?
転職サービス「doda」を提供するパーソルキャリアが、学生以外の20〜55歳の男性を対象に「男性育休に関する意識調査」を実施した。(2021/11/22)

就職面接での逆質問、7割以上が「したことがある」と回答 何を聞いた?
ビズヒッツは、就職・転職時に面接を受けたことがある人に「面接での逆質問に関する意識調査」を実施した。73.6%が、面接で逆質問をしたことがあることが分かった。何を聞いたのだろうか? また、逆質問をしなかった人にもその理由を尋ねた。(2021/11/19)

購入なし派は何が原因?:
75%が「中古住宅の購入はあり」と回答 なし派の意見は?
「中古住宅の購入に関する意識調査」を実施した。75%が「中古住宅の購入はあり」と回答。新築にこだわっていない、リフォーム・リノベすればいいを抑えた理由1位は?(2021/11/19)

500人に聞いた:
年収が1000万円あったらお金をかけたいこと 2位は「旅行/レジャー」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「年収1000万円あったらお金をかけたいことに関する意識調査」を実施した。年収が1000万円あったらお金をかけたいこと1位は「家の購入・リフォーム・ローン返済」だった。(2021/11/18)

LINE WORKS調べ:
返信がない! 在宅勤務をする若手社員、57.4%が「上司とのやりとり」にストレス 
「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパンが、ビジネスチャットツールを導入している企業に勤め、週に1回以上在宅勤務を実施している20〜30代の会社員561人を対象に、「在宅勤務時のコミュニケーション」に関する意識調査を実施した。(2021/11/18)

いい夫婦の日:
夫婦仲の良さが経営状況に影響? 男性経営者と妻の意識調査で見えた「相関関係」
エヌエヌ生命保険が、男性の中小企業経営者と妻それぞれ515人を対象に「いい夫婦の日(11月22日)」に関する意識調査を実施した。(2021/11/17)

NFT意識調査 約6割がNFTを認識、一方で「買いたいNFTがない」など課題も
 コインチェック(東京都渋谷区)は提供するNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」において、NFTに関する意識調査を実施した。その結果、約6割がNFTを既に知っていると回答、約2割が実際に保有していることが分かった。(2021/11/17)

500人に聞いた:
自分の会社の好きなところ 2位は「休日のとりやすさ」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女に「自分の会社の好きなところに関する意識調査」を行った。自分の会社の好きなところで1位だったのは「人間関係・雰囲気がいい」(194人)だった。(2021/11/17)

電通総研調べ:
男性の約半数「女性よりも生きづらい」 男らしさに関する調査、専門家の見解は?
電通グループの社内組織である電通総研が「男らしさに関する意識調査」を実施した。(2021/11/17)

50代社員の約4割は、給料が「低い」と回答 20〜40代からは「もらいすぎ」の意見も
フォー・ノーツは、全国の会社員に「50代社員に関する意識調査」を実施した。50代の社員の38.0%が、自身の給料は仕事の成果と比べて「低いと思う」と回答。一方20〜40代からは「もらいすぎ」という意見も見られた。(2021/11/16)

4000人に聞いた:
賞味期限を気にする食べ物 3位「ヨーグルト」、トップ2は?
プラネットは、「エシカル消費(賞味・消費期限)に関する意識調査」を行った。賞味期限・消費期限が切れる前に食べ切る工夫をしている人は47.2%だった。(2021/11/15)

1054人に聞く:
初詣「元旦に行く」は17% 年末年始の過ごし方に変化は?
旅行検索サービスを展開するatta(アッタ、東京都港区)が、年末年始の行動に関する意識調査を実施した。(2021/11/13)

2068人に調査:
コロナ禍の新入社員は組織への適応が課題? 「リモートで1人仕事」の増加が要因か
日本能率協会マネジメントセンター、「イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表。20年と比較して、新入社員が組織に適応していくプロセスがうまく進んでいない実態が明らかとなった。(2021/11/12)

コロナ禍でも「名刺が必要」過半数 理由は「正確な情報の入手や提供」
 法人向けクラウド名刺管理サービスを提供するSansanは、ビジネスパーソン1050人を対象に「コロナ禍における名刺文化に関する意識調査」を実施した。その結果、名刺を必要とするビジネスパーソンは過半数おり、対面での名刺交換が激減しても名刺の必要性についての意識は若干の減少にとどまっていることが分かった。(2021/11/11)

大人になって始めた習い事 「英会話」や「料理」を抑えて1位となったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは、働く男女500人を対象に「大人になってから始めた習い事に関する意識調査」を実施した。(2021/11/11)

500人に聞いた:
仕事の悩みを相談する相手 2位は「同期・同僚」、1位は?
ビズヒッツは、働く男女を対象に「仕事の悩みを相談する相手に関する意識調査」を行った。仕事の悩みを誰に相談するか聞いたところ、1位は家族だった。理由を聞いた。(2021/11/11)

「ジョブ型」「メンバーシップ型」どちらを選ぶ? 20代と30代以上で差
マイナビは「ジョブ型雇用と働き方への意識調査」を実施した。全体では32.1%がメンバーシップ型を、24.6%がジョブ型を支持する結果となった。一方、20代と30代以上では、選択に違いが見られた。(2021/11/10)

「会社と私の本音調査」:
経営層・管理職の7割超が「主力事業に危機感」 一般社員は4割以上が「何とかなる」で温度差
博報堂クロスコンサルティングは、ニューノーマル時代の働き方や組織の在り方を探る意識調査「会社と私の本音調査」の第2回を実施した。自社における新規事業の創出について調査したところ、経営層・管理職の7割超が「主力事業に危機感」を覚えているのに対し、一般社員は4割以上が「何とかなる」と回答しており、温度差が見られた。経営層・管理職層・一般社員の本音とは?(2021/11/10)

孤独を感じるもののキャリア開発に前向き:
「コロナ禍で自分にとっての成功の意味が変わった」 日本オラクルがキャリアに関する意識調査の結果を発表
日本オラクルは、コロナ禍でのキャリアに対する意識の変化やAIの活用に関する調査「AI@Work」の結果を発表した。多くの人が仕事と私生活の両面でさまざまな不安を抱いているが、一方で自身のキャリア開発に前向きな人がいることも分かった。(2021/11/8)

キユーピーが調査:
普段「介護食」を準備している人でも、2割弱が「誤嚥」とは何かを知らない
キユーピーは、全国の男女を対象に「介護にまつわる意識調査」を実施した。「誤嚥」を知っているか聞いたところ、普段「介護食」を準備して飲み物にもとろみをつけている人の81.7%は「知っていて、意味も理解している」と答えた。(2021/11/5)

キャリアニュース:
ニューノーマル新入社員の働く価値観を分析
日本能率協会マネジメントセンターが「イマドキ新入社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表した。「新人研修はオンラインが主流だった」と約65%が回答し、「報告、連絡、相談」については、70%が「対面」が効果的と考えていた。(2021/11/4)

緊急事態宣言解除後:
旅行の意識はどう変わった? 予定している国内旅行の行き先
JTB総合研究所は、「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行に関する意識調査」を実施。その結果、外出・旅行への意識は、緊急事態宣言解除後も大きく変わらないことが分かった。(2021/11/1)

電子帳簿保存法改正の意識調査 PDF請求書の印刷保管できなくなる「詳細知らない」7割超
 クラウド型経費精算システム「楽楽精算」などを開発提供するラクス(東京都渋谷区)は、2022年1月の改正電子帳簿保存法の施行を前に、全国の経理担当者を対象とした電子帳簿保存法に関する意識調査を実施した。(2021/10/27)

貯蓄と投資の割合は:
30〜40代の約9割が「老後のお金に不安がある」 必要だと思う対策は
シュアーイノベーションが行った「老後のお金に関する意識調査」によると、30〜40代既婚者の約9割が老後のお金に不安を抱えていた。必要だと感じている対策は……?(2021/10/27)

昨年は8割が「開催なし」:
2021年の忘年会、「参加未定」が4割 参加しても良いと思う条件は?
日本フードデリバリーが、運営する「くるめし弁当」の会員を対象に2020年と21年の忘年会に対する意識調査を実施した。(2021/10/27)

株式購入経験有無問わず、お金に関する困りごとは「老後資金」が1位に
 オンライン商談システム「bellFace」の開発販売事業を行うベルフェイス(東京都渋谷区)は、株式購入に関する消費者の意識調査を実施した。(2021/10/26)

情報の取り扱い方も調査:
4割が「フェイクニュースに騙された経験あり」 信頼できる情報源は?
「フェイクニュースと情報に対する意識調査」を実施。40.5%が「フェイクニュースに騙されたことがある」と回答。その中の2割が「他の人にその情報を伝えた経験がある」と回答した。人々はニュースを読むとき、どのようなことに意識しているのか。また、信頼できる情報源ランキングも発表。(2021/10/22)

人事の95%がオンラインOJTの難しさを実感 約7割が「対面時より研修効果が出づらい」
 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。(2021/10/15)

9割が「週休3日制」に魅力的に感じる 一方、期待することは?
都市部に在住している会社員に「正社員の働き方と転職」の意識調査を実施。転職先を探す時、「週休3日」の選択肢は魅力的か聞いたところ、54.3%が「とてもそう思う」、39.9%「少しそう思う」と答えた。一方、週休3日が導入される場合に、期待していることも尋ねた。(2021/10/15)

再開は:
Go To トラベルで行きたいところは? 交通手段・行きたい時期
トラベルテック事業を展開するattaは、Go To トラベルに対する意識調査を2021年10月6日に実施した。「Go To トラベルの再開はいつ頃が良いと思うか?」と聞いたところ……。(2021/10/9)

ヘアケアの市場規模は4527億円超え:
薄毛が気になりだした年齢、男性は38.4歳 薄毛対策にかける金額は?
ホットペッパービューティーアカデミーは「薄毛に関する意識調査」を実施した。男性の薄毛が気になりだした平均年齢は38.4歳だったことが分かった。薄毛対策にかける金額は? どのような部位が気になっているのだろうか? 女性にも同様に尋ねた。(2021/10/8)

日本能率協会調べ:
「雑談はプラスになる」と8割が回答 2021年「ビジネスパーソン1000人調査」で見えた雑談の効果
  一般社団法人日本能率協会(東京都港区)は、ビジネスパーソン1000人を対象とした「テレワークの実施状況」と「職場メンバーとの雑談機会と効果」に関する意識調査の結果を発表した。「週3日以上テレワークを行っている」と回答した人が15.7%、「雑談があることは、自身にとってプラスだと感じる」と回答した人が8割となった。(2021/10/7)

「毎日」はわずか8.1%:
テレワークしたい頻度、23年卒「週に1〜2回」が最多 その理由は?
新卒向けの就職情報サイトを手掛ける学情が実施したテレワークへの意識調査で、2023年卒業・修了予定の大学生・大学院生が希望するテレワーク頻度は「週に1〜2回」が28.5%で、最多という結果が出た。(2021/10/6)

仕事がはかどる理由とは:
仕事の効率が上がる時間帯、圧倒的1位は「午前」 働く人の意見は?
ビズヒッツは、「仕事の効率が上がる時間帯に関する意識調査」を実施し、ランキングを発表した。どの時間帯に仕事がはかどるのか。(2021/10/5)

そもそも正社員になりたい?:
フリーターが考える正社員就職の不安 2位は「転職活動そのもの」、1位は?
フリーターの男女を対象に「フリーターから正社員への就職で不安なことに関する意識調査」を実施。正社員になりたいと思うかどうかも聞いた。(2021/10/4)

連続何日取得したい?:
「有給休暇でやりたいこと」ランキング 2位「ダラダラ過ごす」を大きく上回った1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、働く男女500人を対象に実施した「有給休暇に関する意識調査」の結果を発表した。(2021/10/2)

仕事の休憩時間にしていること 3位は「昼寝・仮眠」、2位と1位は?
ビズヒッツは、働く男女を対象に「仕事の休憩時間に関する意識調査」を行った。休憩時間に行っていることや、休憩時間を有意義に過ごせているか聞いた。(2021/10/1)

今日のリサーチ:
ESGに積極的な業界 トップは「飲料」――電通PRコンサルティング企業広報戦略研究所調査
生活者1万人を対象とした「2021年度 ESG/SDGsに関する意識調査」の結果、「ESGレピュテーション」を最も獲得しているのは飲料業界であることが分かりました。(2021/9/29)

起業・独立志向は26%:
45年後、終身雇用はどうなっていると思うか 工学部の学生に聞く
テックオーシャンは、工学部の学生に終身雇用制度やキャリアプランに関する意識調査を実施した。就職や院進学、社会に出て自分がどう働いていると思っているのか聞いた。(2021/9/29)

「iPhone 13」、iPhoneユーザーの33.7%に購入意向 一番人気のモデルは?
15歳〜69歳の男女6517人を対象に「iPhone 13シリーズに関する購入意向調査」を実施。iPhone 13シリーズの購入を検討している人は、「購入する予定」(7.9%)と「購入を検討している」(14.7%)を合わせ22.6%で、「購入する気はない」は77.5%だった。(2021/9/28)

産業動向:
大規模修繕会社の顧客満足度を調査、建装工業が総合1位を獲得
oricon MEは、20〜84歳の男女1944人を対象に、100社のマンション大規模修繕会社に関する意識調査を行い、結果をランキング形式で発表した。リサーチの結果によれば、総合的に満足度が最も高かったのは建装工業だった。評価項目別でも、施工会社の対応、現場管理者の対応、仕上がり、保証・アフターサービスの4項目で満足度が1位になった他、地域別の関東と近畿や規模別の小規模と大規模でも満足度1位を獲得した。(2021/9/28)

iPhoneユーザーの3割がiPhone 13シリーズを購入検討 一番人気は「iPhone 13(128GB)」――MMD研究所調べ
MMD研究所が「iPhone 13シリーズに関する購入意向調査」の結果を公表した。iPhoneユーザーの33.7%、Androidユーザーの10.2%が購入意向を示し、購入検討機種のトップは「iPhone 13(128GB)」となったという。(2021/9/27)

スキルアップのためにしたことは?:
経験者に聞いた、転職で役立ったスキル 2位はコミュニケーションスキル、1位は?
ビズヒッツは、転職経験者を対象に「転職で役立ったスキルに関する意識調査」を実施。最も多かった回答は「OAスキル」だった。(2021/9/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.