• 関連の記事

「患者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「患者」に関する情報が集まったページです。

杏林大学、職員が詐欺サイトにアクセスして個人情報漏えい
杏林大学は、職員のPCが不正アクセスを受け、患者77人分の個人情報などが漏えいした可能性があると発表した。(2024/6/13)

医療技術ニュース:
プロバイオティクスによる菌血症の発症を確認
大阪大学は、大阪大学医学部附属病院で発生した菌血症患者を後方視的に調査し、入院患者5例にプロバイオティクス由来のClostridium butyricumという細菌が存在していることを確認した。(2024/6/10)

職員がインスタに患者のカルテ写真を投稿、約1カ月間外部から閲覧可能な状態に 仙台市立病院
仙台市立病院は、職員がInstagramに担当患者1人のカルテの写真を掲載し、個人情報の漏えいが発生したと発表した。全職員に対して改めて周知徹底するなど、再発防止を図るとしている。(2024/5/29)

医療機器ニュース:
自然な動きが可能になるリハビリ用ロボットの基盤技術を開発
電気通信大学は、リハビリテーションロボットのアシスト中の機械的な透明性を高める革新的な手法を開発した。患者はリハビリ中にロボットの機械的特性に制約されることなく、自然な動作ができる。(2024/5/28)

医療技術ニュース:
嗅覚センサーとMLを組み合わせ、肺がんの有無を呼気で予測する技術を開発
物質・材料研究機構は、嗅覚センサーとMLを組み合わせ、肺がん患者の術前と術後の呼気を高精度に識別する可能性を実証した。正解率80%以上の高い精度で、肺がんの有無を予測できる可能性が示された。(2024/5/27)

群馬大学の附属病院で個人情報漏えいか YouTube動画に電子カルテ画面が映り込む
群馬大学は22日、同学医学部附属病院の入院患者42人の個人情報が一時公開状態になっていたと発表した。YouTubeに掲載された動画に電子カルテの入院患者一覧画面が映り込んでいた。(2024/5/22)

医療機器ニュース:
周術期のパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置を発売
テルモは、周術期の患者の管理に重要なパラメーターを測定できる、医療用ポータブル体成分分析装置「ラチェッタ」を発売した。本体重量は310gと小型かつ軽量で、15秒という短時間で測定できる。(2024/5/22)

芸能ニュースからサポート詐欺ひっかかり──患者情報2003人分漏えいの疑い 近大病院医師、私物PCに無断保存
近畿大学病院(大阪府大阪狭山市)は5月13日、産婦人科を受診した患者2003人分の氏名や診察情報などの個人情報が漏えいした可能性があると発表した。非常勤医師だった40代男性が無断で私物PCに保存し、ウイルス感染を装う「サポート詐欺」の被害に遭ったという。(2024/5/13)

医療技術 インタビュー:
オリンパスの新CMOが担う「MSA」の役割とは、内向きではなく患者と向き合う
オリンパスは、同社 CMO(Chief Medical Officer)のジョン・デ・チェペル氏の合同取材に応じた。チェペル氏は「オリンパスに何が求められているかを把握し、日本の優秀な技術開発部門や製造部門に伝えることで、その力をグローバルに広げていくことに貢献したい」と語る。(2024/4/17)

豪在住の日本人看護師が驚愕!! 日本ではありえない外来患者、自ずと退院していく前の光景に「ちょっと衝撃」「かなしいような、すごいような…」
元気になって良かったね!(2024/4/11)

デジタル変革の旗手たち:
AI活用で世界の内視鏡医療の向上に貢献したい――AIメディカルサービス 多田智裕CEO
内視鏡の画像診断を支援するAIが世界を変えようとしている。日本でこそ内視鏡で早期発見が可能な消化管がんだが、世界では多くの患者が命を落としているのが実情だ。内視鏡AI検査でがんの見逃しゼロを目指す医療ベンチャー、AIメディカルサービスの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/4/9)

「ご安心ください」 “紅麹ショック”でDHCとファンケルが声明…… サプリ販売は継続中 小林製薬では死亡患者がサプリ摂取
競合他社は安全性を伝えています。(2024/3/26)

ミュージカル『カム フロム アウェイ』、観客に「麻しん」感染の注意喚起 患者が国内で相次ぐ
ホリプロステージと日生劇場が報告している。(2024/3/14)

iPS心筋球移植 1年で心不全に顕著な効果 来年にも実用化 慶大発ベンチャー
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉(心筋)の細胞を球状に加工した「心筋球」を、重い心不全患者の心臓に移植する世界初の治験で、移植後1年間の経過観察により長期間の顕著な症状改善効果が確認されたことが3月8日、分かった。実施した慶応大発の医療ベンチャー、ハートシード(東京都新宿区)は「来年にも実用化したい」としている。(2024/3/8)

肥満症治療薬「ウゴービ」2月22日発売 増えるオンライン診療、適正使用は守られるか
国内では約30年ぶりとなる医療用肥満症治療薬が2月22日、発売される。デンマーク製薬大手ノボノルディスクファーマが開発した「ウゴービ」だ。一方、2023年から同様の成分を持つ糖尿病治療薬が美容目的で使われる例が増加。「必要な患者に届いていない」として日本医師会は警鐘を鳴らし、専門家はウゴービでも適切な利用を呼びかける。(2024/2/21)

韓国俳優、ドラマ「私の夫と結婚して」で37キロ減量した激やせショット公開 末期ガン患者役作りで
19日に最終回を迎えました。(2024/2/21)

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

ZOZOSUITで“むくみ”測定 がん術後の「リンパ浮腫」評価システムを検証
「ZOZOSUIT」と、専用に開発したスマートフォンアプリを使い、がん術後の二次性リンパ浮腫患者の手足の周囲を測定する検証。(2024/1/29)

FM:
行動認識AIで患者見守りの実証実験を開始 戸田建設とアジラ
戸田建設とアジラは、行動認識AIを搭載した「asilla」を精神科病院に導入し、患者見守りなどの実証実験を行う。(2024/1/25)

「常識考えろ!」 デビュー直後の有名俳優、病室で怒鳴られ平身低頭の過去 い合わせた“患者”「この男前は違うんです」
まさかの人物にびっくり。(2023/12/12)

医療のデジタルサービス普及が進む英国
かかりつけ医の8割が医療アプリで患者に情報提供 その英国で起きていること
英国では、NHSの医療アプリケーション「NHS App」を利用して、患者に医療記録を提供しているかかりつけ医は8割以上に及ぶ。NHSがNHS Appの普及目標を掲げる背景にある課題と、患者のニーズとは。(2023/12/28)

モビリティサービス:
1台で患者の移送からオンライン診療まで、マルチタスクな医療MaaS車
MONET Technologiesは三重県鳥羽市での医療MaaSの実証事業に協力する。(2023/12/7)

医療機器ニュース:
患者の体位を長時間、固定できる手術用マットを発売
三洋は、国立がん研究センター東病院と共同開発した医療機器「陰圧式体位固定具(仰臥位用)」を発売した。長時間、仰臥位で手術する際に用いる体位固定マットで、患者の姿勢に合わせて手術時の体位を整えることができる。(2023/12/4)

埼玉医大公式SNSの“患者CT写真”公開が物議 「包括的同意得ている」と説明も…… 投稿削除される
年代や性別、負傷原因を記載していました。(2023/11/29)

「もう一度体が動くならDJをやりたい」:
デジタル世界でもう一度、ALS患者の体を動かせる仕組みを開発
もう一度体が動くならDJ(ディスクジョッキー)をやりたい――。1人のALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の願いをかなえるべく、Dentsu Lab Tokyo、NTT、WITH ALSは、筋肉を動かそうとする脳からの電気信号「筋電」を使って、デジタル世界で身体性を取り戻す仕組みを開発した。(2023/11/16)

医療現場の「生成AI」活用例と注視すべき点【前編】
“激務の医療現場”ほど「生成AI」が役立つ? 使えそうな活用例3選
生成AIの活用は、医療分野においても広がる可能性がある。患者とのコミュニケーションをはじめ、医療分野で広がると考えられる生成AIの活用例を3つ紹介する。(2023/11/16)

先輩のパワハラに苦しむ看護師が患者に救われた―― シビアな実話描く漫画に反響 作者に実情を聞いた
患者さんに余計な気苦労をさせないで……。(2023/11/12)

食中毒発生の駅弁メーカー「吉田屋」、営業禁止の行政処分解除 患者は554人
吉田屋は9月に発生した食中毒事故により、9月23日に八戸保健所から営業禁止処分を受けていました。(2023/11/4)

医療機器ニュース:
採尿せずに排尿量を測定できるシステムの一括管理型を発売
島津製作所は、ナースステーションから患者の排尿量情報を一括管理できる排尿量測定システム「Urina」一括管理型を発売した。排尿前後の体重差から排尿量を精密に測定し、自動的に記録、集計する。(2023/11/1)

スピン経済の歩き方:
33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか 吉田屋食中毒の元凶
食中毒患者を出した駅弁メーカーの「吉田屋」が謝罪会見を開いた。筆者の窪田氏は、会見の内容は「成功」したように感じるが、一つ気になることが残ったと指摘する。それは「33都道府県に流通する弁当は“駅弁”なのか」問題だ。(2023/10/24)

患者「この病院で天国に一番近いところに連れて行って」 → 連れて行った先が間違ってはないけど強烈な場所だった話
ご老人から出る寿命ジョークに近いのかも。(2023/10/14)

東京で毒キノコの食中毒 画像検索で食用と判断→実はテングタケだった 都「ネットで鑑定しないで」
「画像検索でキノコを鑑定しないで」──東京都内で毒キノコによる食中毒が発生し、都はこのような声明を発表した。患者たちは、インターネットの画像検索を使って毒キノコの鑑定を行っていた。(2023/9/28)

医療機器ニュース:
患部画像と患者情報をひも付けし、病院内システムと自動で連携
キヤノンとキヤノンITSメディカルは、臨床現場で撮影される患部画像と患者や撮影者の情報をカメラ内でひも付けし、病院内システムと自動連携する「カメラ画像支援ソリューション」を発売した。(2023/9/25)

創業130年老舗駅弁メーカー、食中毒事故で営業禁止に 全国で被害拡大……患者数は270人
被害は270人に。(2023/9/23)

イーロン・マスク氏のBMI企業Neuralink、初の人体治験参加者募集開始
イーロン・マスク氏が創業した脳マシンインタフェースを手掛けるNeuralinkは、初の人体治験に参加する患者募集を開始した。頸髄損傷またはALSによる四肢麻痺のある人が対象。治験は6年間だ。(2023/9/20)

ファミマ、小児がん患者支援「みんなのレモネード」が売り切れ続出 誕生のきっかけはある絵本
絵本の中から飛び出たレモネード。(2023/8/25)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供
DMM.make 3Dプリントは、Dental Predictionと業務提携し、3Dプリント技術を用いた歯科模型造形サービスを提供する。患者の口腔内3Dデータを基に3Dプリンタで歯科模型を造形するサービスで、歯科医療従事者の教育や技術の向上に寄与する。(2023/8/16)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【後編】
医療でこそ「NFT」(非代替性トークン)が大きな期待になる理由
NFT(非代替性トークン)化した医療情報は、医学研究と臨床医療に大きな変化をもたらす可能性がある。研究者が特に重視するのは「患者が自身のデータをNFTで管理すること」が患者に行動変容を促す点だ。その理由は。(2023/8/8)

メタバースで入院患者と「ぬくもりある」面会を 順天堂医院で小児患者向け臨床研究
順天堂大学と日本IBMが、メタバース上で入院患者と面会できる専用アプリを共同開発。順天堂医院の小児患者向けに、運用・臨床研究を行う。(2023/7/26)

医療情報管理にNFTを利用するメリット【前編】
NFT(非代替性トークン)化が医療分野にも そもそも患者の利点は?
厳格な管理が必要な医療情報を、代替できないデジタルデータである「NFT」(非代替性トークン)にすることの価値を探る研究が進んでいる。患者にはどのようなメリットがあるのか。(2023/7/24)

医療技術ニュース:
患者の歩行リズムに合わせた経頭蓋電気刺激による歩行リハを開発
名古屋市立大学は、頭皮を介して、患者の歩行リズムに合わせて脳に電気刺激を与えることで、パーキンソン病患者の歩行機能を改善する新たなリハビリテーション手法を開発した。(2023/7/11)

医療機器ニュース:
医療用装着型サイボーグの小型モデル、医療機器承認を申請
CYBERDYNEは、小柄な患者が使用できる小型の医療用HAL下肢タイプについて、日本における医療機器承認を申請した。適用疾患は、既承認の医療用HALと同様の、神経筋難病8疾患および脊髄疾患2疾患だ。(2023/7/3)

患者から詰められまくった医学部生が話題に 理不尽ながらも“とある理由から”「和んだ」「爆笑しちゃった」
きっと何よりの楽しみだったのでしょうね。(2023/6/24)

「無効」「読み取れない」……「マイナ保険証」トラブル頻発、導入医療機関の65%が経験 患者から苦情も
(2023/6/22)

医療機器ニュース:
AIによる自動音声対応で医療用酸素ボンベを注文できるサービスを開始
NTTコミュニケーションズと帝人ヘルスケアは、在宅酸素療法の治療を受ける患者向けに、AI自動音声対応による医療用酸素ボンベの注文受付サービスを開始する。24時間365日対応可能だ。(2023/6/19)

医療機器ニュース:
迅速な救急診療を支援する急性期医療情報ビュワーを発売
キヤノンメディカルシステムズは、急性期医療情報統合ビュワー「Abierto Cockpit for ER」を発売した。初療室に運ばれた救急患者についての情報を画面表示や音声で通知し、初療現場での迅速な処置を支援する。(2023/6/12)

医療機器ニュース:
睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療法で3社協業、遠隔モニタリングも可能に
村田製作所、チェスト、アイ・エム・アイは、睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法に関する協業を開始する。CPAP装置とクラウドサービスを連携させ、患者のデータの遠隔モニタリングに対応する。(2023/5/29)

Neuralinkの脳埋め込みチップにFDAがゴーサイン 被験者募集開始へ
イーロン・マスク氏率いるNeuralinkは、同社の脳埋め込みチップの人間による臨床試験をFDAが承認したと発表した。既に豚やサルでの実験は実施中だ。「臨床試験への予備的適格性を判断する」ための“患者登録”を募集している。(2023/5/26)

米モデルナ、新型コロナとインフルエンザの情報サイト開設 患者数など可視化
米モデルナの日本法人モデルナ・ジャパンが新型コロナとインフルエンザの情報サイトを開設した。各地域の患者数や陽性者数に関するデータを発信する。(2023/5/16)

医療機器ニュース:
運転復帰をサポート、医療機関向けのドライビングシミュレーター発売
ホンダは、医療機関向けの本格ドライビングシミュレーター「DB型Model-A」を発売した。医療機関のリハビリテーションプログラムなどでの活用を想定しており、運転復帰を目指す患者の運転能力の評価をサポートする。(2023/5/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.