「プライバシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プライバシー」に関する情報が集まったページです。

YouTube、自分に似た生成AIコンテンツの削除要請が可能に
GoogleはYouTubeのプライバシーガイドラインを更新し、自分に似た生成AIコンテンツを削除要請できるようにした。対象コンテンツを投稿したユーザーには対処に48時間の猶予が与えられる。(2024/7/2)

え、バレるの……? “画像のぼかしを復元”する動画が話題 最強で簡単なプライバシー保護の方法は?
最強のプライバシー隠しの方法はかなり原点。(2024/6/21)

Signal社長、EUのアップロードモデレーション計画はプライバシーを脅かすと批判
E2EEメッセージングアプリ「Signal」を運営するSignal Messengerのプレジデント、メレディス・ウィテカー氏は、EUで提案されている児童性的虐待コンテンツ(CSAM)対策法案について、E2EEを弱体化するものだと批判した。(2024/6/19)

Marketing Dive:
オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。しかし、山積するプライバシーの問題は事業の継続を困難にしたようだ。(2024/6/17)

SNSでは情報が“だだ漏れ”【前編】
なぜそんな情報まで? SNSで企業だけではなく犯罪者も狙う“個人データ”
日常生活や趣味といった個人的な情報を気軽に投稿できるSNSでは、個人データの扱いに注意が必要だ。第三者による個人データの活用やプライバシーに関するリスクを紹介する。(2024/6/17)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Microsoftが「Recall」機能に関する追加情報を公開 プライバシーに配慮/iOS版「フォートナイト」が2025年後半に復活
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、6月9日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/6/16)

Xが「いいね!」を非公開化へ 「プライバシー保護」のため
X(旧Twitter)は6月12日(米国時間)に「いいね!」を非公開にすると発表した。ユーザーのプライバシーを保護するのが目的だとしている。いいね!の非公開化は今週中を予定し、全てのユーザーが対象となる。(2024/6/12)

CIO Dive:
「顧客データアクセス疑惑」のSlackがAIポリシーを微修正 AIの学習における顧客データの扱いは?
AIが日常的に使われるようになり、ユーザーは自身のデータがどのように取り扱われるのかますます敏感になっている。Slackはこうしたユーザーからの懸念を受け、プライバシーポリシーを更新した。(2024/6/17)

Microsoft、Copilot+ PCの「Recall」(回顧)をオプトインに プライバシー懸念受け
MicrosoftはAI搭載「Copilot+ PC」の目玉機能「Recall」(日本では「回顧」)のいくつかの設定を変更する。この機能発表後、プライバシー懸念が高まったことを受けたものだ。PC設定時に回顧を有効にするかどうか選択できるようになり、Windows Hello必須になる。(2024/6/8)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがMicrosoftを痛烈批判 Google Workspaceの優位性を主張
Googleは新しいホワイトペーパーでMicrosoftのセキュリティ問題を指摘し、Google Workspaceのセキュリティとプライバシー基準の優位性を強調した。これにはCSRBの報告も引用されており、サイバー安全性を推進する内容となっている。(2024/5/23)

海外医療技術トレンド(107):
欧州AI法やEHDSが進化を促すプライバシー強化技術の有力ディープテック
本連載第93回で、一般データ保護規則(GDPR)を起点とする欧州のプライバシー保護技術(PET)の標準化と産業創出支援活動を取り上げたが、AI法や欧州保健データスペース(EHDS)の本格施行を控えて、PETを担うディープテックの活動が加速している。(2024/5/17)

クラウドベースのAI支援機能の懸念点をカバー:
「JetBrains」の各種IDE、AIコード補完機能をローカルで使用可能に
クラウドベースのAIアシスタントを利用して著作権やデータプライバシーの問題を回避するというトレンドがますます広がっている。そうした中、「JetBrains」が「GitHub Copilot」に先んじてローカルでのAIコード支援機能を実装した。本記事ではそのメリットを解説する。(2024/5/16)

東海道新幹線に「完全個室」が登場 1編成に2室導入し、26年度から運行予定
JR東海は4月17日、東海道新幹線の「N700S」車両の一部に、完全個室タイプの座席を順次導入すると発表した。1編成につき2室導入し、オンラインでの打ち合わせを行いたいビジネスパーソンや、プライバシーを気にせずくつろぎたい利用客など、さまざまな利用シーンを想定する。(2024/4/18)

Tech TIPS:
Wi-Fi利用時のプライバシー保護「MACアドレスのランダム化」を有効化する【Windows 11】
Windows 11では、無線LANのMACアドレスがランダムに割り当てられる機能「ランダムなハードウェアアドレス」をサポートしている。外出先など、MACアドレスが追跡されないようにこの機能を有効にしておいた方がよい。ただ、「ランダムなハードウェアアドレス」を有効にする場合は注意すべき点もある。「ランダムなハードウェアアドレス」の設定方法や注意点などをまとめた。(2024/4/15)

ポストCookie総まとめ:
あらためて知りたい「プライバシーサンドボックス」とは? 配信事例を交えて解説
GoogleがサードパーティーCookieの代替ソリューションとして提唱する「プライバシーサンドボックス」。具体的な機能や配信事例を踏まえながら、マーケターや広告主はどう対応すべきか解説する。(2024/4/10)

Marketing Dive:
「プライバシーファースト」と「シグナルロス」が広告費の内訳を変える
CTV、リテールメディア、ソーシャルメディアなど、ファーストパーティーデータを活用するチャネルは、データ環境の進化とともに利益を得ている。(2024/4/8)

拡張機能「Password Checkup」iOS版もアップデート:
Chromeのセキュリティ機能がアップデート リアルタイムでプライバシーを保護しフィッシング試行をブロック
Googleは、Google ChromeのGoogleセーフブラウジング機能に、リアルタイムでプライバシーを保護する機能を実装したと発表した。さらに、iOS版Chromeに新しいパスワード保護機能を導入した。(2024/4/6)

Marketing Dive:
Googleがプライバシー重視の測定ツール「Meridian」を提供 マーケターにとってのメリットは?
GoogleによるサードパーティCookieの廃止が長年の戦術を覆し、MMMが注目を集めている。そして今、満を持して「Meridian」が登場する。(2024/3/27)

規制が進む「Cookie」問題【後編】
Chrome「サードパーティーCookie」廃止後に使える“2大代替手段”はこれだ
プライバシーの観点から、“脱サードパーティーCookie”の流れが加速する見込みだ。GoogleはChromeにおけるサードパーティーCookie廃止に乗り出した。代替手段はあるのか。(2024/3/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

千葉の自治体職員の名札表記に「脱フルネーム」の動き SNSでの「身バレ」懸念回避
千葉県内の自治体で、職員が身に付ける名札の表記をフルネームから名字だけに変更する動きが出てきた。フルネームから個人情報を特定され、嫌がらせ目的でSNS上に無断で書き込まれるなど、プライバシーを侵害される懸念があるためだ。県庁もフルネーム表記を早期に見直す方針だ。(2024/3/14)

Airbnb、宿の屋内監視カメラ設置を全面禁止に 4月30日から
民泊大手のAirbnbは、プライバシー保護対策の一環として、宿泊施設の屋内の監視カメラ設置を全面的に禁止する。これまでは共用スペースに限り、開示すれば認められていた。(2024/3/12)

規制が進む「Cookie」問題【前編】
Googleの「サードパーティーCookie廃止」がWeb市場を“激震”させる予感
Googleはプライバシーの懸念に対処するため、ChromeのサードパーティーCookie廃止に踏み切る。これによってどのような影響があるのか。今後の同社の計画とは。(2024/3/11)

キヤノン、減音デバイス「プライバシートーク」発売日を1カ月以上前倒し 4月下旬→3月14日に
キヤノンマーケティングジャパンは7日、マスクのような減音デバイス「Privacy Talk(プライバシートーク)」の発売日を3月14日に変更すると発表した。(2024/3/7)

製品動向:
“バリアフリートイレ”でミリ波センサー見守り技術を実証 TOTOと富士通が2024年度末までにサービス化
TOTOと富士通は、ミリ波センサーを用い、プライバシーに配慮した空間での見守り技術のサービス化を見据え、バリアフリートイレで長時間の在室や転倒などを検知する実証実験を2024年末まで行っている。(2024/3/6)

β版リリースは2024年4月頃を予定:
Android 15 開発者向けプレビュー版、プライバシーとセキュリティに焦点
Googleは、Android 15の最初の開発者プレビュー版をリリースした。開発者プレビューではAndroid 15の機能を試したり、アプリをテストしたり、フィードバックを提供したりすることができる。(2024/3/5)

Marketing Dive:
GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確さが見られる」と反論している。その詳細について、追加説明があった。(2024/2/29)

マスクみたいな減音デバイス、キヤノン「プライバシートーク」 使って分かった“普通に使えるすごさ”
キヤノンの「Privacy Talk(プライバシートーク)」を実際に試してみました。仕事でビデオを会議をする人たちの利用シーンを徹底的に考え抜いていることが分かってきました。(2024/2/28)

「Protected Audience API」入門:
テストして分かった「Protected Audience API(旧FLEDGE)」 Cookieよりも期待できそうなこととは?
プライバシー保護を前提としつつ、Web上の行動追跡手段をどう確保するか。GoogleがサードパーティーCookie代替技術として提唱する「プライバシーサンドボックス」の一つである「Protected Audience API」について、詳しく解説する。(2024/2/28)

「Protected Audience API」入門:
Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを終了する。その代替案としてGoogleが取り組む「プライバシーサンドボックス」の現況について、あらためて解説する。(2024/2/21)

海外医療技術トレンド(104):
カナダが目指す持続可能な生成AIイノベーションの枠組みづくり
本連載第46回でカナダのケベック州のAIハブ都市であるモントリオールを取り上げ、第94回ではカナダ当局の生成AI法規制動向を取り上げた。今回は、カナダにおける生成AIイノベーションを巡るデータセキュリティ、プライバシー、サステナビリティなどのガバナンス動向に焦点を当てる。(2024/2/16)

マスク型の音漏れ抑制ヘッドセット、キヤノンが発売 外出先でのビデオ会議などに
キヤノンマーケティングジャパンは13日、装着した人が発した声の音量を下げるウェアラブルデバイス「Privacy Talk(プライバシートーク)」を発表した。(2024/2/13)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
「Apple TV」や「Apple Music」がMicrosoft Storeで提供開始/MicrosoftがAIの正確さとプライバシー問題を解消するAIコントローラー発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、2月4日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/2/11)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

セキュリティソリューション:
デジタル身分証明の新時代 Microsoft Entraに「Face Check」機能が登場
Microsoftは「Microsoft Entra Verified ID」に顔認証機能「Face Check」を追加したと発表した。この新機能はプライバシーを尊重しつつ高度な身分証明の検証を可能にする。現在プレビュー版で利用可能。(2024/2/9)

医療機器ニュース:
ミリ波センサーでバリアフリートイレを見守る技術の実証実験を開始
TOTOと富士通は、ミリ波センサーを用いて、カメラを使わずに公共のバリアフリートイレ内を見守る技術の実証実験を開始した。検証後、同技術の改善を進め、プライバシーに配慮した見守り技術をサービス化する。(2024/2/6)

ベルキン、iPhone15向けプライバシー保護フィルムとクリアケース発売
ベルキンは、iPhone15シリーズに対応した強化ガラス使用のプライバシー保護フィルムとMagSafe対応の抗菌コーティングを施した保護ケースを発売。Amazon.co.jpで数量限定の5%オフクーポンを配布する。(2024/2/2)

製造ITニュース:
2024年、企業がセキュリティ対応で押さえるべき10の重要論点とは
ガートナージャパンは、セキュリティに関して2024年に日本企業が押さえておくべき10の重要論点を発表した。セキュリティ/リスクマネジメントのリーダーは、セキュリティとプライバシーの領域を俯瞰し、自社の取り組みを見つめ直す機会を持つべきだとしている。(2024/1/23)

セキュリティニュースアラート:
AirDropのセキュリティを巡る懸念 中国当局の動きで活発化
AppleがAirDropの脆弱性を2019年から認識していた可能性があることが分かった。最近、中国当局がAirDropを利用して地下鉄利用者を特定したとされる事案がプライバシーの懸念を引き起こしている。(2024/1/17)

製造ITニュース:
生成AI利用時のプライバシー保護を強化 マイナンバーや住所にも対応
マクニカは、Private AIと販売代理店契約を締結し、生成AIや大規模言語モデルを利用する際のプライバシー保護を強化するサービス「Private AI」の取り扱いを開始した。(2024/1/10)

あちらこちらに:
「箱型の授乳室」が600台を超えた 利用者データから分かってきたこと
哺乳瓶のイラストが書かれた木製のベビーケアルーム「mamaro」(ママロ)が増えてきた。特徴は、プライバシーが保たれた鍵付きの個室で授乳やオムツ替えができること。利用データの取得も可能なのだが、それによって何がわかってきたのか。(2023/12/30)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

Beeper、“Appleとのいたちごっこ”からの降板宣言 FTCは「精査する予定」
Androidから青いフキダシで「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」の開発元が、“Appleとのいたちごっこ”から抜けると宣言した。米連邦取引委員会はこの発表直後、「プライバシーやセキュリティを反競争的行為の口実にすることは拒否する」と語った。(2023/12/24)

ユーザー自身に選択権を:
「Tポイント」のパーソナルデータ取り扱いに関する「プライバシーセンター」開設
CCCMKホールディングスは2023年12月18日、パーソナルデータの取り扱いを分かりやすく説明して透明性を向上させることを目的に「プライバシーセンター」を開設したと発表した。(2023/12/19)

引き続きターゲティングと効果測定を可能にするために:
動き出すサードパーティーCookie廃止、GoogleがGroupMと立ち上げた準備プログラムの中身とは?
GroupMは、GoogleのWebブラウザ「Chrome」において2024年下半期に予定されているサードパーティーCookie廃止を見据え、Googleと共同で、プライバシーサンドボックスAPIを使用した業界初の準備プログラムを開始すると発表した。(2023/12/13)

人工知能ニュース:
企業のカメラ画像利活用で問われる倫理観、パナソニック コネクトの取り組みとは
パナソニック コネクトがカメラ画像の利活用における企業のプライバシーガバナンスについて説明。同社はカメラ画像を含めた個人情報/パーソナルデータの利活用案件に対応するための専門組織を立ち上げ、データ利活用とプライバシーの両立に向けた取り組みを進めている。(2023/12/6)

Teams使用状況レポート利用のTIPS
Microsoft Teams管理者はユーザーの何を見られるのか 「ユーザーアクティビティー」の正体
プライバシーを侵害せずに、企業がテレワーク中の従業員の生産性を把握したい場合、「Microsoft Teams」のアクティビティーレポートを利用するという手段がある。Teamsはどのような行動を計測しているのか。(2023/11/28)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第4回】
「iPhone」と「Android」端末、仕事用なら結局どっちがいい?
業務でモバイルデバイスを利用する場合、エンドユーザーのプライバシー保護は重要となる。「iOS」と「Android」が持つプライバシー機能の違いを見極め、どちらがより要件に沿っているのかを判断するポイントとは。(2023/11/26)

避けては通れない「BYOD」【後編】
iPhoneやAndroid端末を「BYOD」で仕事に使う プライバシーを守るには?
BYODを実践するときに避けて通れないのは、セキュリティに関するさまざまな懸念だ。モバイルOSのベンダーが提供する“ある機能”を参考にしつつ、その対策を考える。(2023/11/21)

iPhone/iPadとAndroidのプライバシー比較【第3回】
Android端末の「仕事用プロファイル」などプライバシーの便利機能
業務で「Android」搭載デバイスを利用する上では、さまざまな機能や仕組みをエンドユーザーのプライバシー保護に活用できる。プライバシー保護という観点から見た、Androidの役立つ機能とデメリットとは。(2023/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.