• 関連の記事

「プロジェクションマッピング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロジェクションマッピング」に関する情報が集まったページです。

ゴジラ、“実物大”で都庁壁面に出現 27日からプロジェクションマッピング
東京都は19日、新宿にある都庁第一本庁舎のプロジェクションマッピングで「ゴジラ都庁襲撃 〜GODZILLA: ATTACK ON TOKYO〜」を上映すると発表した。(2024/4/19)

Innovative Tech:
明るい場所と“異常にくっきり投影”を両立するプロジェクションマッピング その仕組みは? 東工大が開発
東京工業大学 渡辺研究室に所属する研究者らは、明るい環境と対象物を明るくフルカラーで投影できるプロジェクションマッピングを両立した研究報告を発表した。(2024/4/3)

Archi Future 2023:
情報学の視点から建築を再構成する「建築情報学」の新しい地平 次世代設計者を育成するアカデミズム最前線
建築情報学とは、情報技術の発達と浸透による根源的な影響を踏まえ、「建築」という概念を情報学的視点から再構成することを目指す新たな建築領域の学問。コロナ禍の2021年度に学会を設立し、次世代の設計者を育成する「そだてる」、学術論文の査読と公表などの「ふかめる」、学会内外との交流を図る「つなげる」の3本柱で展開している。(2024/3/19)

「イオンモール下田」30店舗を刷新 フードコートやレストラン街が新しく
イオンモールは、青森県おいらせ町の「イオンモール下田」を今春から夏にかけてリニューアルする。(2024/3/19)

ルミネ、JR新宿駅のエキナカ施設を4月17日オープン 東京初出店を含め28店舗
ルミネ(東京都渋谷区)は、JR新宿駅改札内の新たなエキナカ商業施設「EATo LUMINE(イイトルミネ)」を4月17日にオープンする。タイパの高い食体験の提供を目指し、トレンドのグルメや同施設限定の商品などを提供する。(2024/3/19)

今、プロジェクションマッピングが熱い! パナソニック コネクトが「イマーシブ」に入れ込むワケ
最近、リアル体験をウリとするスポットにおいて、「プロジェクションマッピング」の導入が進んでいる。しかし、その技術の進展によって、コンテンツを「作る側」「運用する側」の双方で課題が生じているという。パナソニック コネクトは、これにどう立ち向かうのだろうか……?(2024/3/12)

PR:“省スペース×外部GPUパワー”の新世代スタンダード、エプソンダイレクトの「Endeavor SG150」を徹底検証する
ビジネス用途のデスクトップPCでニーズが高まる省スペース、省エネと高性能の両軸を追求した最新モデル「Endeavor SG150」を徹底検証する。過去モデルから何が進化した?(2024/3/12)

プロジェクト:
コーエテクモの光優が運営する「ゲームミュージアム」や29階建てオフィスを含む、MM21街づくりに大和ハウスが着工
大和ハウス工業と光優は、神奈川県横浜市西区のみなとみらい21中央地区で、世界初を謳うゲームアートミュージアムや地域熱供給プラント、29階建てオフィスから成る街づくりに、2027年7月の開業を目標に着工した。(2024/3/11)

材料技術:
1.6万個のマイクロLEDを備えた照明器具を開発、1台で複数の対象物を照らす
パナソニック エレクトリックワークス社と日亜化学工業は、東京都内で記者会見を開き、1台で複数の対象物を照らせる、マイクロLED搭載の照明器具を開発したと発表した。(2024/3/8)

2023国際ロボット展レポート:
川重の2足歩行ロボットが“魔改造”、サンドイッチマンロボも大インパクト――iREX2023サービスロボットレポート
コロナ禍明けで以前の賑わいが戻ってきた「2023国際ロボット展(iREX2023)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。近年の目玉になっている川崎重工業の2足歩行ロボット「Kaleido」はさらに進化を遂げ、人機一体による“魔改造版”も登場。サンドイッチマンならぬ「サンドイッチロボ」も注目を集めた。(2024/3/6)

Marketing Dive:
アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュしたグローバルキャンペーンを展開する。(2024/2/26)

アニメでよく見る架空のバーガー店「ワクドナルド」が現実に? 米マクドナルドが漫画やアニメ制作
限定パッケージや漫画、「スタジオぴえろ」によるアニメも。(2024/2/24)

タイムアウト東京のオススメ:
東京で最も美しいデザイナーズ銭湯3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2024/2/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
きっかけはパソナ 話題の店と有名シェフが淡路島に集結 「美食観光」ニーズが追い風に
淡路島が「美食の島」として盛り上がりを見せている。きっかけはパソナグループが地元小学校をリノベした複合施設を2012年にオープンしたことだった。(2024/2/3)

イノベーションのレシピ:
リコーの共創活動拠点「RICOH BIL TOKYO」が20倍に拡張、最新AIで課題解決を加速
リコーが、品川エリアにリニューアルオープンする顧客との価値共創活動拠点「RICOH BUSINESS INNOVATION LOUNGE TOKYO(RICOH BIL TOKYO)」を報道陣に公開。最新のAI技術を活用した同所の特徴やリニューアルオープンの狙いについて説明した。(2024/1/29)

マツケンサンバと仙台うみの杜水族館がコラボ! きらびやかなパフォーマンスやサンバな世界をお届け
名前だけで面白いのずるい。(2023/12/29)

FA 年間ランキング2023:
半導体製造装置関連や生成AI活用、自動化事例、工場閉鎖...2023年の人気記事
2023年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式(2023年1月1日~12月24日のPC閲覧数)で振り返ります。(2023/12/26)

照明演出:
ロウソクと蛍の“ゆらぐ”明かりを提案 パナソニックEW社が調光器内蔵のLEDランプを2024年2月発売
パナソニック エレクトリックワークス社は、心地よい雰囲気の空間づくりに役立つ、“ゆらぐ光”のLEDランプ「LEDフラットランプ ゆらぎ点灯タイプ」を発表した。特別な工事が要らず、そのままホルダーに取り付けられるため、店舗や宿泊施設などの夜を楽しめるスポット演出が手軽に実現する。(2023/12/22)

富士通と理研が共同開発:
超伝導量子コンピュータ国産2号機、企業と連携で用途開拓へ
富士通と理化学研究所は、新しい64量子ビット超伝導量子コンピュータを発表し、実機を公開した。同機はアプリケーション開拓に向けた利用を想定している。(2023/12/5)

2025年度に実用化後は外販も視野に:
大成建設がリコーのプロジェクターで300インチ墨出し投影に成功 共同開発はBUILTがきっかけ?
大成建設は、プロジェクションマッピングを利用した独自の墨出し技術「T-iDigital MARKING」をリコーとの共同で、投映面積を300インチに拡大させるなどの高度化を図った。プロジェクター技術を有するリコーが協力した契機となったのは、驚くことにBUILTのメールマガジンだったという。(2023/10/31)

東京スカイツリーがディズニー作品をテーマにライトアップ 最新作「ウィッシュ」カラーも
4〜7月に好評を博した、ミッキーやミニーのカラーと併せて、8種類のライティングが10月16日夜に行われます。(2023/10/14)

量子コンピュータ:
超伝導量子コンピュータ国産2号機が誕生、量子シミュレーターと連携可能
富士通と理化学研究所は2023年10月5日、埼玉県内で会見を開き、共同で設立した理研RQC-富士通連携センターで、国産2号機となる64量子ビット超伝導量子コンピュータを開発した。(2023/10/6)

日本IBMが虎ノ門に本社移転 360度スクリーンにプロジェクションマッピングも
日本IBMが本社移転を発表。東京都港区虎ノ門に新しい拠点を新設し、2024年1月に移転する。現在使っている東京都中央区のオフィスもリノベーションし、拠点の一つとして引き続き活用する。(2023/10/3)

角野栄子作品の魅力がぎっしり「魔法の文学館」が江戸川区にオープン 10月3日からチケット予約スタート
「魔女の宅急便」の「コリコの町」をイメージしたいちご色の世界(2023/10/3)

ZEH:
2025年度のエコキュート生産30万台達成 パナソニック 空質空調社の3つの戦略
カーボンニュートラル実現など、地球環境への関心の高まりを追い風に、堅調な市場成長を続ける再生可能エネルギーを活用した給湯機「エコキュート」。2025年度には30万台の生産体制も視野に入れるパナソニック 空質空調社のエコキュート事業の事業戦略とは。(2023/9/11)

あべのハルカスを抜き日本一の超高層ビルが誕生:
「麻布台ヒルズ」の全貌を徹底解剖 高さ日本一330mの“森JPタワー”を含む、延べ86.1万m2の街が11月開業
日本一の超高層ビル「森JPタワー」を含む「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日にグランドオープンする。街全体の総延べ床面積は約86.1万平方メートルを誇り、オフィス総貸室面積は約21.4万平方メートルで数約2万人が働き、居住者数も約3500人と、いずれも六本木ヒルズの規模に匹敵し、これまでに森ビルが手掛けてきた都市再生事業の中でも最大のプロジェクトとなる。(2023/8/17)

“短焦点で大画面”がポイント ベンキューが「ゴルフシミュレーター用プロジェクター」に取り組むワケ
ベンキュージャパンが4月に国内で発売した「ゴルフシミュレーター用プロジェクター」が、米国において累計8000台(日本円で30億円相当)の売上を達成した。そもそも、なぜ台湾BenQ(親会社)は、ゴルフシミュレーターに特化したプロジェクターを作ろうと考えたのだろうか?(2023/8/7)

完全屋内イベント「たべっ子どうぶつLAND」が横浜で開催中 グリーティングや新グッズ、かわいいカフェメニューがたまらない
夏休みに遊びに行きたい。(2023/7/23)

次世代型テーマパークを導入:
イズミ、福岡県飯塚市に商業施設「ゆめタウン飯塚」を開業 特徴は?
イズミは7月29日、福岡県飯塚市に商業施設「ゆめタウン飯塚」をグランドオープンする。飯塚市初のシネコンや次世代型テーマパークを導入する。(2023/7/21)

日本最古の遊園地「浅草花やしき」のお化け屋敷が復活! 新エリアにはネイキッドと初コラボした幻想的な空間も
江戸四大怪談をモチーフにした「お化け屋敷〜江戸の肝試し〜」が登場。(2023/6/27)

「うんこミュージアム」で「大うんこ花火大会」 「たまや〜!」ならぬ「うんこ〜!」と叫ぼう
同ミュージアムの巨大うんこに、プロジェクションマッピングによる花火が投射されます。(2023/6/25)

ポケモンのドローンショー、横浜で開催 みなとみらいの夜空にピカチュウ登場?
みなとみらいでポケモンのイベント開催。パレードやドローンによる演出を含むショー、ゲーム楽曲の演奏イベントなど複数の催し物を行うという。(2023/6/22)

「Mac Studio」の製品アイデンティティーは2世代目にして確立された
新たに登場したプロ向けデスクトップPC「Mac Studio」。上位モデルの「Mac Pro」がApple Silicon化したことにより、製品としての立ち位置が明確になった格好だ。まさにプロ向けの標準機と言える第2世代Mac Studioをチェックしよう。(2023/6/13)

観光DX:
岡崎城をデジタルアートで彩る「家康公夏まつり」 大河ドラマ効果追い風に誘客図る
岡崎市と岡崎市ナイトタイムエコノミー推進協議会は「岡崎城下家康公夏まつり 岡崎城天守閣 プロジェクションマッピング 2023」を開催する。愛知県岡崎市の文化や歴史などをモチーフにしたプロジェクションマッピング映像を上映。観光誘客と地域振興を図る。(2023/5/31)

水族館で水槽を掃除中に地震が発生したら…… 来館者のとっさの行動が「立派」「素晴らしい」と話題 水族館と来館者に話を聞いた
石川県にある「のとじま水族館」らに当時の状況をインタビュー。(2023/5/17)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
工場内プロジェクションマッピングがさらに広がりそうな理由
プロジェクター×カメラ×AIが工場の課題解決に大きく貢献しそうだと感じています。(2023/3/20)

スマートファクトリー:
工場内プロジェクションマッピングがモノづくりを変える 山形カシオの実践事例
カシオ計算機はプロジェクター技術を生かした新規事業として組込プロジェクション事業を展開し、工場向けでの用途提案を強化している。その実践の場として、同社のマザー工場である山形カシオで、モノづくりの改善にプロジェクターを活用し、徐々に成果を生み出しつつある。その内容を紹介する。(2023/3/16)

施工:
プロジェクションマッピングで掘削箇所を可視化「切羽版SP-MAPS」
清水建設は、山岳トンネル工事の発破掘削後、設計断面に対する掘削の過不足情報をプロジェクションマッピングで可視化するシステム「切羽版SP-MAPS」を開発した。(2023/3/14)

「たべっ子どうぶつ」史上最大の屋内イベントがやってくる 限定グッズやカフェメニュー、VRアトラクションも
「たべっ子どうぶつ」は生誕45周年!(2023/3/2)

水曜日に「へえ」な話:
「さようなら」津田沼パルコ 跡地に“公園”は残るのか
JR津田沼駅前にあった「津田沼パルコ」が2月28日、45年の歴史に幕を閉じた。売り上げを見ると、ピーク時から4割ほど減少していたようで。駅前の好立地にもかかわらず、なぜ売り上げ低迷に歯止めがかからなかったのだろうか。(2023/3/1)

4年ぶりに開催されたカメラの大規模展示会「CP+2023」に行ってきた
2月26日まで、神奈川県にあるパシフィコ横浜で「CP+2023」が開催中だ。気になる展示製品を紹介しよう。(2023/2/25)

スマートファクトリー:
PR:製造業の未来を支える、止まらない工場「スマートファクトリー」とは
労働人口減少が進む中で製造業の現場業務の抜本的な効率化を実現するスマートファクトリー化が加速している。その中で、「Smart10x」をベースにスマートファクトリー化の支援を進める西日本電信電話(NTT西日本)と、中小企業のIT活用を支援し製造現場のサポートも行っているエムアイティエスが、工場業務のリモート化について対談を行った。(2023/2/6)

「さっぽろ雪まつり」3年ぶりのリアル開催 雪ミクさんや大雪像、ユニークな雪像が目撃され話題に
市民雪像のクオリティーが高すぎる。(2023/2/5)

VR商店街がオープン:
大阪の商店街「道具屋筋」は人流を分析して、どう変わったのか
外国人観光客にも人気の大阪市・千日前道具屋筋商店街では、活性化や安全性の向上を目的にDXに着手している。人流解析や案内ロボットなどを導入し、運営はどう変わったのか。(2023/2/6)

Innovative Tech:
プロジェクター付きの椅子ってどう? カナダの研究者らが開発 背もたれに寄り掛かって天井に星空投影など
カナダのウォータールー大学に所属する研究者らは、プロジェクターを取り付けた椅子を提案した研究報告を発表した。(2023/1/27)

宇宙ミュージアム「TenQ」閉館 東京ドーム
東京ドームシティ内の宇宙ミュージアム「TenQ」が3月31日に閉館。開館から約9年で、累計120万人以上が来館したという。(2023/1/26)

リサイクルニュース:
DJ気分で三菱電機のリサイクル技術を学べる展示、ゲームで廃プラ選別技術を体験可能
三菱電機は、都内のイベントスペースで、ゲームなどの体験型アトラクションを通して、同社のリサイクル技術を学べる企画展示を開催している。(2023/1/26)

製品動向:
パナソニック EW社が都内で展示場を開業、2種のプロジェクターで空間を彩る方法を紹介
パナソニック エレクトリックワークス社は、東京・東品川のショールーム「Space Player LAB」をリニューアルし、「BSP-LAB」と名称変更して2022年11月22日にオープンした。BSP-LABは、ダウンライト型プロジェクター「Bio SHADOW」やスポットライト型プロジェクター「Space Player」のさまざまな活用事例を紹介する事業者向けの展示場で、来場は予約制となっている。予約は、パナソニック EW社の社員を介して行える他、専用サイトでも対応している。(2022/12/27)

ド迫力〜! 2023年就航の新造大型フェリー「さんふらわあ むらさき」、建造中の貴重すぎる船内を披露
それにしてもデカいぞ〜! 就航も楽しみ!(2022/12/17)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、クリスマスツリー3選
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.