• 関連の記事

「和解」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「和解」に関する情報が集まったページです。

「テレワークの経費」をどう考える?【第2回】
Amazonに「テレワークの通信費を払って」と従業員が訴え 訴訟の行方は?
Amazon.comの従業員は同社に対し、コロナ禍のテレワークで発生した通信費や電気料金を払い戻すよう訴訟を起こした。識者が予想する、この訴訟を取り巻く今後の動きとは。(2022/8/9)

ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
FC2高橋氏から持ちかけられたという「和解」の内容についても言及が。(2022/8/8)

オリラジ藤森、買ったばかりの「ポルシェのオープン」もう売却 「俺にはスポーツカー無理でした……」無念顔でしんみり告白
えぇぇ、もう売っちゃったのか……!(2022/8/8)

坂口杏里、夫との金銭トラブル暴露「約40万貸してるのに払う意思ない」 夫がスツールけりながら暴れる動画も公開
約1カ月前にも離婚危機を迎えていた坂口さんたち。(2022/8/8)

リンガーハット参戦! 8月10日“ハットの日”にイエローハットやピザハットの社長ら集結して「ハット首脳会談」を実施
まさかの3社コラボへ。(2022/8/4)

餃子の王将「大阪王将の運営元とは別会社」 “ナメクジ事件”でレビュー荒らしの被害に
中華料理チェーン店「大阪王将 仙台中田店」(仙台市)で「ナメクジが発生している」とSNS上に書き込まれたことを巡り、王将フードサービスが運営する「餃子の王将」の店舗でもGoogle上のレビューが荒らされた。餃子の王将側は「運営元が異なる」と強調。同社広報は「目立った風評被害は出ていない」としつつ「餃子の王将と大阪王将は、資本関係も業務提携関係もない全く無関係の類似会社」と説明している。(2022/7/29)

坂口杏里さん、「子どもほしー!」の告白に夫も賛同 「育児がしたい。ママがやりたい」
離婚危機を脱してラブラブな状態に戻った2人。(2022/7/20)

坂口杏里、「我慢の限界」投稿から1週間で“夫婦YouTube”スタート アンチにくぎ刺しも「誹謗中傷したら開示請求」
夫の手料理をベタ褒め。(2022/7/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(101):
入館拒否や帰宅命令までしないと安全配慮義務違反になるんですね
個別面談し、業務も軽減し、医者との面談も行い、実家を訪問して治療方針の進言もしてきました。でも、従業員は病気になってしまいました。これ以上、どうすればよかったのでしょうか……。(2022/7/11)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
LGBTの社員への対応 会社が責任を問われるリスクがあるのはどんなケース?
LGBTなどの言葉が比較的広まってはきたものの、性的少数者の従業員への対応に、万全を期しているという企業はいまだ少ないでしょう。対応によっては、企業側が安全配慮義務違反などに問われることもあり得ます。(2022/6/30)

Twitterがユーザーの個人情報を不正利用【後編】
多要素認証(MFA)に不信感 Twitter“認証データを広告転用”問題のインパクト
多要素認証(MFA)のために集めたユーザーの個人情報を広告に利用したTwitter。専門家はこうした行為がMFAへの信頼を損なう可能性があると指摘する。(2022/6/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説 連載100回記念スペシャル:
江里口美咲&細川義洋対談「ここがダメだよ、IT業界!」
はーい、読者のみんな。アタシ、江里口美咲。他の連載の登場人物だけど、IT訴訟解説が連載100回を迎えたって聞いて、お祝いに駆け付けたわよ。(2022/6/27)

18年越しで和解だフォイ! トム・フェルトン、バックビークとの2ショットに「やっとお辞儀を」「“殺された!”なんて喚かずに済むね」
大人になったなぁ。(2022/6/23)

UberとGoogle系列の自動運転Waymoがトラック輸送で長期提携
Alphabet傘下の自動運転企業WaymoとUberが戦略的提携を結んだ。両社の自動運転技術とUberのネットワークを結び、自動運転トラック輸送を促進する。「ハイブリッド貨物輸送はサプライチェーン合理化の鍵」とUber。(2022/6/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(99):
業務をパッケージに合わせると言ったけど、めんどくさいからやっぱりやめた
既製品でいいと思ったけど、やっぱりあれも付け足して、これも変更して。いや、いっそ根本からまるっとこちらの希望に合わせてよ。(2022/6/6)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「雑用ばかりさせるのはパワハラ」 裁判所の“意外”な判断、その理由とは
日常的に部下を指導する立場にある者にとって、「適切な指導」と「違法なハラスメント」の境界は気になるところでしょう。特に、パワーハラスメントは区別がつきにくいので問題です。今回は、「パワハラらしくない」と受け止められがちな、“意外なパワハラ”の2つのパターンについて解説します。(2022/5/31)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

Twitter買収保留宣言のイーロン・マスク氏、「SECはユーザー数を調査すべし」
Twitter買収を保留するとツイートしたイーロン・マスク氏。「Twitterがスパムアカウントが5%以下だと言う根拠を示すまで取引を進めない」「SECはTwitterを調査すべきだ」などとツイートした。(2022/5/18)

Clearview AI、顔認識技術の米国での販売停止へ ACLUなどとの訴訟和解で
米人権団体のACLUは、顔認識技術を手掛ける米Clearview AIを提訴した2020年の訴訟で和解したと発表した。Clearviewは米国の民間企業や個人への顔認識データベースの販売を永久に停止する。(2022/5/10)

Amazonで購入の中国製バッテリー出火 責任の所在は
Amazonで購入した中国製バッテリーから出火し自宅が火事になった男性が、消費者保護を怠ったとしてAmazonに損害賠償を求めた。東京地裁は請求を退けたが男性は控訴。同種訴訟では米国で消費者側の勝訴が相次いでおり、議論を求める声も上がる。(2022/5/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(98):
取った資格は俺のもの、もらったお金も俺のもの
会社から資格取得支援金をもらって、CCNPとOracle Masterを取得したエンジニア。退職時に支援金の返却を求められたが、応じるべきなのだろうか――。(2022/5/9)

Vtuberのローレン・イロアスさんが活動再開を発表 違法ダウンロード問題で3月2日から自粛
ファイルの著作権者に直接謝罪し、和解したそうです。(2022/4/20)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(97):
パワハラされてリストラされたので、転職サイトに書き込んでやりました
毎日のように怒鳴られ、発言を禁止され、最後はコスト削減のためにリストラされた。この恨み、晴らさでおくべきか!(2022/4/18)

コンプライアンス違反の通報と職場の変化【前編】
コンプライアンス違反の通報が多い企業ほど働きやすい“なるほどの理由”
コンプライアンス違反の内部告発が多い――。これは一見、危険な兆候のように思えるが「実態はそう深刻ではない」と専門家は話す。内部告発の増加が企業にメリットをもたらす理由とは。(2022/4/18)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(終):
世界で進むAI規制、開発者に求められる競争力とは
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する本連載。第4回は、AI倫理に関する世界の主要なAI法規制やガイドラインと、AI開発者に求められることについて。(2022/3/30)

Payments Dive:
AmazonとVisaの騒動で「果実」を得るのはPayPal? カード手数料を巡る対立に終止符か
Amazonが英国でのVisaクレジットカードの利用を停止するという予告を撤回した。クレジットカードの手数料を巡る問題は両社の頭を悩ませるが、PayPalという第三者の有利になる可能性が浮上した。(2022/3/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(96):
同僚を引き連れて起業するなんて、この恩知らず!
わが子同然にかわいがってきた社員を奪われて、夜も眠れません。まあ、近いうちに事業譲渡するつもりだったんですけどね。(2022/3/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(95):
基本設計書は納品前ですが、システム作っちゃいました
基本設計がFIXしない状態のまま完成したシステム。基本契約と個別契約、どこまでが支払い対象と認められるのか――?(2022/3/7)

カスペルスキーCEO、ロシアのウクライナ侵攻に「戦争は良いものではない」と反応
露カスペルスキーのユージン・カスペルスキーCEO(@e_kaspersky)は、ロシアのウクライナ侵攻について「戦争は良いものではない」とTwitter上で表明した。(2022/3/2)

イーロン・マスクと弟にインサイダー取引の疑い Wall Street Journalなどが報道
米Wall Street JournalとCNBCは、米証券取引委員会がイーロン・マスク氏と弟のキンバル・マスク氏を、インサイダー取引の疑いで調査していると報道した。キンバル・マスク氏は、イーロン・マスク氏の米Tesla株売却の直前に同社株を売却している。(2022/2/25)

Netflixがフランス映画業界に年間最低39億円出資する「歴史的協定」 映画館生き残りに希望
「Netflix問題」で対立していたカンヌ国際映画祭とも和解できるのかも?(2022/2/24)

集英社など出版4社、米Cloudflare提訴を正式発表 「通信インフラを担う企業としてふさわしいのか」問う──海賊版サイト問題で
集英社、小学館、講談社、KADOKAWAの出版4社がCDN大手の米Cloudflareを提訴。海賊版9サイトで同社のサービスが使われており、再三の対応を求めたのにもかかわらず、適切な措置が実行されなかったとしている。(2022/2/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(94):
技術的に不可能でも、セキュリティ対策は万全にしろ!
業者がイーサリアムの売買を停止したから3500万円損をした。「NEMが流出したから」だなんて言い訳は許さん!(2022/1/26)

PR:2022年からApp Store外からの決済が可能に コンテンツビジネスに及ぼす影響は?
2022年初頭から、電子書籍や音楽などのコンテンツは、App Store以外からの決済ができるようになる。コンテンツ提供者が自社サイトで決済可能にすることで、どのようなメリットがあるのか。また、どんな決済手段を導入すべきなのか。(2022/1/25)

この頃、セキュリティ界隈で:
米国では「Log4j」脆弱性の放置に法的措置も 攻撃に引き続き警戒を呼び掛け
「Log4j」の脆弱性の問題は、年が明けても深刻な状況が続いている。米Microsoftは企業に対し、引き続き警戒するように注意を呼び掛けている他、米連邦取引委員会(FTC)は対策を怠った企業に対し、法的措置を講じる考えを示した。(2022/1/17)

解決! OSSコンプライアンス(1):
「OSSはただの無料ソフト」「うちの会社に関係ない」? 企業におけるオープンソースの戦略的活用と法的リスク
「OSSなんて、うちの会社に関係ない」「無料なんだから、使い倒せばいいだけでしょ?」。まだ、こうした考えを持っている企業も多い。だが、ソフトウェアをビジネスの武器にしようとしている企業は、OSSの利用を避けることはできない。利用を適切に管理しないと、思わぬ法的トラブルを引き起こす可能性がある。 この連載ではOSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する。(2022/1/13)

【漫画】猫兄妹が飼い主の布団でポジション争いした結果 悲鳴をあげつつ許してしまう飼い主に愛を感じる
でも猫ちゃんが幸せならOKです。(2022/1/9)

ユニクロのセルフレジ特許侵害訴訟、和解へ 互いに訴訟・請求を取り下げ
アスタリスクとNIPがファーストリテイリングに対して提起していた、ユニクロなどで採用されているセルフレジを巡る特許侵害訴訟について和解が成立した。(2021/12/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(93):
業績の悪い社員を解雇して何が悪いんですか?
昭和の経営者は、社員のことを一生面倒見るつもりで雇用してきたじゃないか。それなのに、たった数年評価が低いだけで解雇だなんて……!(2021/12/20)

「謝罪しないと芸能界から消す」 木下優樹菜、「タピオカ事件」での“嫌がらせ”を初告白 事務所への押しかけに「命の危険でしかなく」
タピオカ店経営者との仲直りは「難しいよね」。(2021/12/17)

顔認識技術の行く末【中編】
ザッカーバーグ氏の「素早く行動し破壊せよ」は顔認識には当てはまらない?
Facebookは、過去に複数の問題を引き起こしてきた顔認識機能の廃止を決定した。顔認識技術はさまざまなメリットだけでなくリスクももたらす。専門家が懸念する顔認識技術の問題点とは。(2021/12/16)

今日書きたいことはこれくらい:
Switch移植が決定した「十三機兵防衛圏」について今から全人類にお薦めします
やきそばパンが食べたくなるゲーム。(2021/12/4)

夫婦げんかは終結かな 川崎希、家出騒動起こした夫・アレクサンダー39歳の誕生日を家族でお祝い
アレクさんは「はいはい のんちゃんのおかげね」とツンデレな反応。(2021/12/3)

知財窃盗など一連の訴訟問題に幕:
MicronとUMCが特許係争で和解
台湾のファウンドリーであるUMC(United Microelectronics Corporation)とMicron Technology(以下、Micron)は2022年11月25日(米国時間)、数年にわたり繰り広げられてきた特許関連の訴訟に対し、和解協定を締結したことを発表した。(2021/12/3)

音楽機器のズームが米Zoomを提訴 商標権侵害で日本代理店に続き
音楽機器の販売を手掛けるズームが、米Zoom Video CommunicationsのWeb会議システム「Zoom」が同社の登録商標を侵害しているとして提訴した。(2021/11/30)

UMCとMicron Technology、長年の特許係争で和解
台湾の半導体ファウンダリUMCと米半導体大手Micron Technologyは特許侵害などで互いを提訴していたが、和解した。和解内容は公表していない。UMCがMicronに金額非公開の和解金を1度支払う。(2021/11/28)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(後):
仕組みは作った、人はまだか
民間人材の登用、標準ガイドラインや工程レビュー。政府は健全なベンダーマネジメントを行うためにさまざまな施策を行ってきた。だがしかし、1番大きな問題がまだ残っている。(2021/11/19)

朝倉未来、1000万円企画オーディションで“ガチげんか”した男性に神対応 名誉回復のアフターフォローに称賛集まる
視聴者「世間的な影響も考えた上でのフォロー素晴らしい!」(2021/11/18)

政府の失敗に学ぶ、ベンダーマネジメントの勘所(前):
あるお役所がCOBOLで書かれた古いパッケージソフトを使い続けている理由
マイナポータルの不具合、1円入札、COCOAのゴタゴタ──失敗の宝庫ともいえる政府ITの失敗と改善の歴史から、ベンダーマネジメントの勘所を学ぼう。(2021/11/18)

Meta(旧Facebook)、クリエイター向け“Apple税”回避ツール提供開始
Meta(旧Facebook)は、Facebookページのクリエイター向けに「サブスクリプション」の購読料徴収で“Apple税”を回避するツールの提供を開始した。「Appleの30%手数料はクリエイターの収益化を困難にしてる」とザッカーバーグCEO。(2021/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.