• 関連の記事

「給油」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「給油」に関する情報が集まったページです。

「170円突破の可能性」ガソリン当面値上がりか
レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約7年ぶりの高値圏に突入した。ガソリンの原料となる原油の価格が高騰を続けているためだ。ガソリン価格は当面、値上がり傾向が続くとの見方が多く、車を使う家計や物流業者などの負担が膨らみかねない。(2021/10/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
ダイハツがシリーズハイブリッド、コンパクトカーの電動化で選択肢広がる
電動化の話題に事欠かない自動車業界ですが、電動車の情報を扱うelectrekによるとここ最近、英国でEV(電気自動車)の中古車を調べる人が増加しているようです。原因はガソリン不足にあります。(2021/10/2)

ソニー損保調べ:
ガソリン代節約のためにやっていること 「空気圧の点検」「エンジンオイルの交換」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ガソリン代や燃料代を節約するためにやっていることを聞いたところ……(2021/10/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリンには、なぜハイオクとレギュラーがある?
どうしてガソリンにはハイオクとレギュラーが用意されているのか、ご存知だろうか? 当初は輸入車のためだったハイオクガソリンが、クルマ好きに支持されて国産車にも使われるようになり、やがて無鉛ハイオクガソリンが全国に普及したことから、今度は自動車メーカーがその環境を利用したのである。(2021/9/27)

製造IT導入事例:
国内大手石油用機器製造販売企業が基幹システムにSaaSを採用
日本オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を、タツノが基幹システムに採用した。製品ライフサイクル情報など、経営情報をリアルタイムに確認可能になった。(2021/8/16)

「何もかもキマりすぎ」 矢沢永吉、「1992年のバイクツーリング」激レアプライベート映像に「永ちゃん若すぎ」の声あふれる
愛車・GSX1100Gも超渋い……!(2021/8/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
マンションで充電は難しいのに、「EV」は普及するのか
EUがガソリン車の新車販売を2035年までに禁止する方針を打ち出したことで、各社はEVシフトの前倒しを進めている。充電設備の不足が懸念されている日本で、EVは普及するのだろうか。マンションで充電することは難しいのに……。(2021/8/3)

Japan Drone2021:
ドローンは災害対応にどう役立つか?台風19号と福島県沖地震で見えてきた課題と可能性
2019年の令和元年台風第19号と2021年2月の福島県沖地震時に、福島県南相馬市とテラ・ラボがどのように連携し、災害対応にあたったのかを、南相馬市 市長の門馬和夫氏と、中部大学発ドローンベンチャー企業テラ・ラボ 代表取締役の松浦孝英氏(テラ・ラボ代表取締役)が「Japan Drone2021」のシンポジウムで報告した。両者の説明では、ヘリコプターの弱点を補い、非常時にこそ活躍の場が広がるドローンの災害対応での有効性を提言した。(2021/7/14)

「フェリーさんふらわあ」乗車でツーリング旗配布、九州ツーリングライダーに 7月21日から
差して九州走りましょう〜。(2021/7/12)

猫「お前の愛はハイオクか?」 毎年ラベルが怪文で人気の群馬地ビールが今年も意味不明だった
アナザースカイでアル中の猫が愛を説く。(2021/7/3)

計量機を吹き飛ばして炎上 子ども2人を乗せたクルマがガソリンスタンドに突っ込む、運転していた女性(23)逮捕
危うく大惨事になるところでした。(2021/7/2)

高根英幸 「クルマのミライ」:
シリーズハイブリッド、LCAを考えると現時点でベストな選択
ハイブリッドの駆動方式は3種類に大別される。その中で、日本で主流にすべきはシリーズハイブリッドだと断言できる。トヨタのTHSは素晴らしいシステムだが、制御が複雑でノウハウの塊ともいえるだけに、トヨタ1社でスケールメリットがあるからビジネスモデルが成り立つ(といってもトヨタも利益を出すまでは相当な年月が掛かっているが)ものだからだ。(2021/5/24)

油送管攻撃のハッカー集団「DarkSide」が活動停止表明 「情報インフラ遮断された」
複数の米情報セキュリティー会社が、石油パイプラインの米Colonial Pipelineに攻撃したハッカー集団「ダークサイド」が活動停止を表明したとの分析結果を示した。ダークサイドは、正体不明の司法当局によって情報インフラが遮断され、活動できなくなったと訴えているという。(2021/5/18)

じんわり人気:
沖縄の「焼き芋自販機」 人通り多くない場所で月250缶も売れるヒミツ
沖縄県にある「焼き芋自販機」が人気だ。全国で25台を設置し、1カ月で5000缶を販売しているという。(2021/5/6)

製品動向:
世界2ケタ成長の「ミルウォーキーツール」、“建設工具のコードレス化”で日本上陸
建設業界全体で、工具の電動化が進んでいるなか、2020年度のアジア市場で35%の売上成長率を見込むミルウォーキーツールは、建設工具のコードレス化を強みに、日本の建設現場に向けてブランド展開を本格化させる。(2021/4/7)

【身の回りの数字】知って得する 日本でのマクドナルドの店舗数は?
けっこう増えたり減ったりしてます(2021/4/7)

【身の回りの数字】知って得する アリVS猪木戦のファイトマネーは?
とんでもない金額です。(2021/4/6)

【身の回りの数字】知って得する シャーマン戦車の生産台数は?
ものすごい数を作りました(2021/4/5)

【身の回りの数字】1999年じゃないのはどれ?→「ミッション:インポッシブル2」「マトリックス」「トイ・ストーリー2」
微妙に懐かしい映画たち。(2021/4/4)

【身の回りの数字】コミックに登場したのが一番新しいのは?→「アイアンマン」「マイティ・ソー」「キャプテン・アメリカ」
ビッグ3の初登場はいつ?(2021/4/3)

【身の回りの数字】知って得する アメリカ軍のM1エイブラムス戦車の燃費は?
猛烈な燃費の悪さ。(2021/4/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
バッテリーEV以外の選択肢
バッテリーEV(BEV)やプラグインハイブリッド(PHV)などの「リチャージ系」は、自宅に充電設備がないともの凄く使いにくい。だから内燃機関はしぶとく残るし、ハイブリッド(HV)も然りだ。ただし、カーボンニュートラルにも目を配る必要はある。だから、それらを補う別のエネルギーを開発しようという機運はずっと前から盛り上がっている。(2021/3/22)

東日本大震災から10年、KDDIが災害対策訓練を公開 ドローンの活用やヘリコプター基地局も
KDDIが、宮城県の夢メッセみやぎ(みやぎ産業交流センター)にて災害対策訓練の実施と最新の設備内容を公開した。東日本大震災から10年たったが、その間にKDDIの通信ネットワークの災害対策や復旧体制も大きく拡大。ヘリコプターと小型基地局を活用した、人命救助の実験も行っている。(2021/3/9)

FCバスも:
横浜市の「EVバス」実証実験が、路線バスの将来像に大きな影響を与えそうな理由
横浜市がEVバスの実証実験を行っている。同プロジェクトは路線バスの将来像を築き上げる可能性を秘めていると筆者は考える。その理由とは?(2021/2/5)

高根英幸 「クルマのミライ」:
オール電化やタワマンを見れば分かる EV一辺倒に傾くことの愚かさとリスク
クルマの電動化に関する議論が過熱している。しかしリアルな現実、そして近い将来の実現性について情報をキチンと分析した上で議論をすべき時だ。ここで考えるのはモーターやインバーター、バッテリーの性能の話ではない。そんなことより根本的な問題が待ち構えているのである。(2021/2/1)

「折りたたみ式かと思った」 大雪でガソリンスタンドの屋根が真っ二つに折れる 富山で撮影された衝撃写真がTwitterで話題に
けが人は出ていないそうです。(2021/1/12)

コロナの影響を受けるも急回復:
AIと商用宇宙開発分野、2020年後半の投資額が急増
AI(人工知能)と商用宇宙開発のスタートアップは、積極的な技術投資家が2020年後半に最も投資した分野である。株式投資ウェブサイト「Buyshares.com」は2020年のクリスマス休暇の直前に、AIスタートアップが過去6カ月間に99億米ドルのベンチャー資金を集めたと報告した。(2021/1/7)

軽トラックでワーケーション ドコモやダイハツ工業が実証実験
NTTドコモやダイハツ工業が、軽トラックに搭載可能なワーケーション用オフィスの実証実験を開始。スキー・スノーボード愛好家をターゲットに、貸し出しサービスを行う。(2020/12/25)

約44時間ぶりに脱出 関越道、大雪で立ち往生していたクルマ1000台を自衛隊が救助に Twitter実況ドライバーも無事を報告
一連の投稿を元に振り返ります。(2020/12/18)

視点:
EV充電ステーション収益化に向けた2つの鍵〜価格弾力性の見極めと事業モデルの選択〜
活況を呈しているEV充電ステーション市場だが、収益化への道のりはまだ険しい。(2020/11/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東日本がトヨタと組む「燃料電池電車」 “水素で動く車両”を目指す歴史と戦略
JR東日本がトヨタ自動車などと燃料電池を活用した試験車両の開発で連携する。業種の垣根を越えた取り組みは各社にメリットがある。JR東にとっては、次世代車両として燃料電池電車を選択肢に加え、最終目標のゼロエミッションを目指す一歩となる。(2020/10/16)

非接触で給油や洗車が可能な「スマホで給油オーダー」に新機能が追加
スマホアプリで給油の予約と決済ができる「スマホで給油オーダー」にフルサービスステーション向けの新機能が追加。窓拭きやタイヤの空気圧チェックなどの付加サービスも要不要を事前注文できるようになり、車の窓を開けることなく、非接触で給油と各種サービスを受けられる。(2020/10/13)

車の窓を開けずにスマホを見せるだけで給油可能に 「スマホで給油オーダー」の新機能
NECプラットフォームズは、スマホアプリでサービスの注文・決済が可能な「スマホで給油オーダー」へ機能追加。窓ふきやタイヤ空気圧のチェックなど、接客サービスをアプリ上で選択して店舗に通知できるようになる。(2020/10/12)

FAニュース:
鉄鋼設備の環境改善に寄与する軸受のオイルエア潤滑システムを開発
ジェイテクトは、鉄鋼設備の環境改善に寄与する軸受のオイルエア潤滑システムを開発した。10分配レベルのオイルエア多岐分配システムの開発により、「Z-highミルサイドサポート軸受」への適用が可能になった。(2020/7/28)

産業動向:
戸田建設が旧本社ビル解体工事の建機にGTL燃料を採用
戸田建設は、軽油代替燃料「GTL燃料」を建機に使用することで、CO2排出量の削減を進めている。(2020/7/21)

なぜここに!? 深夜のガソリンスタンドに「電車」が停まってる 不思議な光景がTwitterで話題に
大阪の電車が静岡に向けて輸送中のところを、愛知で発見されました。(2020/7/18)

プロドライバーですら四苦八苦 谷口信輝、憧れのスーパーカー「ランボルギーニ・カウンタック」1日オーナー体験
憧れのカウンタックに乗るノブさん、かっけぇ。(2020/6/29)

PR:石油小売販売会社が“未知の領域”EC事業を開拓 成功の裏にあった新時代のビジネスマッチングサービスとは?
(2020/7/1)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RAV4 PHV 現時点の最適解なれど
トヨタはRAV4 PHVを次世代システムとして市場投入した。世間のうわさは知らないが、これは早目対応の部類だと思う。理由は簡単。500万円のクルマはそうたくさん売れないからだ。売れ行きの主流がHVからPHVへ移行するには、PHVが250万円程度で売れるようにならなくては無理だ。たった18.1kWhのリチウムイオンバッテリーでも、こんな価格になってしまうのだ。まあそこにはトヨタ一流の見切りもあってのことだが。(2020/6/15)

自然エネルギー:
「小型EV×ソーラーシェアリング」を実証、農村部の再エネ活用とBCP対策に
千葉エコ・エネルギーがソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)と小型のEVモビリティを組み合わせて活用する実証実験を開始。都市近郊農村の低炭素化と農村BCP構築を目的としたプロジェクトだ。(2020/6/9)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
北海道の冬を支える灯油配送、ベテラン配送員のノウハウ共有にAIが活躍した理由
AIのビジネス活用が進む一方で、自社の課題・目的に対してAIをどう活用すればよいか分からないという企業も少なくない。その参考となる事例が、北海道のエネルギー供給を担う、いちたかガスワンの取り組みだ。(2020/5/27)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントの試乗レポート:
「どの軽がオススメ?」と聞かれたら、迷わずホンダを薦めたい
今回取り上げるのは軽自動車の販売トップ3に比べると車高が100mmほど低いホンダ「N-WGN」だ。スーパーハイトワゴンに対してトールワゴンとかハイトワゴンと言われる。筆者はスーパーハイトワゴンほどの車高が必要な場面がそれほどあるとは思えず、ハイトワゴンくらいの車高が妥当かなと感じていた。先代モデルとの比較も含めてレポートしていこう。(2020/5/22)

ビデオゲームで24時間耐久 「ル・マン24h」バーチャルレース開催、天候変化や給油、タイヤ交換の要素も
開催日は6月13日・14日です。(2020/5/21)

給油をスマホアプリで事前予約 SSでは給油機コードの読み取りで給油開始――NECプラットフォームズが提供開始
NECプラットフォームズは、利用客がスマホアプリで給油をオーダーできるサービスステーション(SS)向け注文管理サービス「スマホで給油オーダー」を開始した。SS店舗の検索から、給油オーダー、決済までスマホアプリで完了し、SSでは給油機のQRコードを読み取るだけで給油できる。(2020/4/17)

セルフ式ガソリンスタンドの裏には「給油開始を許可する人」がいる
深夜、給油が始まらないな〜ってことが時々ありますが、そのワケは……。(2020/4/16)

お金がないならダンボールで作ればいい BMWのスーパーバイク「S1000RR」を再現した自作レプリカが予想以上にすごい
これがダンボール……!?(2020/4/13)

澄み渡る空に…… 米海軍の戦闘攻撃機「スーパーホーネット」が富士山上空を飛ぶ姿が撮影される
日本晴れの空を飛ぶ米軍機。(2020/3/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
水素に未来はあるのか?
「内燃機関が完全に滅んで、100%全てのクルマがEVになる」という世界は、未来永劫来ないだろう。そのエネルギーミックスの中にまさに水素もあるわけだが、FCVにはいろいろと欠点がある。しかし脱化石燃料を目標として、ポスト内燃機関を考え、その候補のひとつがFCVであるとするならば、化石燃料の使用を減らすために「化石燃料由来の水素」に代替することには意味がない。だから水素の製造方法は変わらなくてはならない。また、700気圧という取り扱いが危険な貯蔵方法も変化が必要だ。(2020/2/3)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Z-WaveのOpen化/CobhamのRISC-V参入/FPGAが続々RISC-Vに対応
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年12月の業界動向の振り返りとして、Z-WavenのOpen化とRISC-V Summit絡みの小ネタをお届けする。(2020/1/22)

FAニュース:
耐環境性を高めた新型空気圧縮機、クラウドで監視し工場稼働に合わせ柔軟に稼働
日立産機システムは、吐き出し空気量と耐環境性を向上した新型空気圧縮機「G」シリーズを発表した。空気量を自動で低減し、高温下でも連続運転できるほか、24時間監視サービスの機能が拡張されており、工場の安定稼働に貢献する。(2019/12/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.