• 関連の記事

「給料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

楽だけど給料は上がらない「ゆるブラック企業」、女性の半数が勤務経験あり 一方で希望する人も1割いる理由
キャリアデザインセンターが調査結果を発表した。(2024/5/16)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(22):
1990年代から給与総額はどう変化した? 一般労働者とパートタイマーで比べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「現金給与総額」に注目します。(2024/5/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
求人票より低い給与提示はNG? 「やる気はあるがスキルが足りない人」を中途採用したいが……
「求人票に記載した給与よりも低い金額を提示するのは違法ですか?」──採用の過程で、やる気はあるがスキルがないという人からエントリーを受けることもある。給与を調整するのは問題なのか? 社労士が解説。(2024/5/13)

今日のリサーチ:
広告業界の平均年収上昇率ランキングトップ10
国内540万社の企業情報を網羅した日本最大級のデータベース「SalesNow DB」が、上場企業における広告業界の平均年収上昇率ランキングトップ10を発表しました。(2024/5/11)

新卒の初任給バブル、割を食うのはどの世代か?
2024年の春闘で「満額回答」が続いている。新入社員には喜ばしいニュースだが、その裏で割を食うことになる世代もいる。しわ寄せがどこに向かうのか、解説する。(2024/5/10)

東証プライム上場企業、初任給はどうなった? 152社に聞いた
民間調査機関の労務行政研究所(東京都品川区)は、2024年4月の新卒入社の初任給について調査を実施した。その結果、東証プライム上場企業の全産業(152社)のうち、初任給を「全学歴引き上げた」企業は86.8%だった。(2024/5/9)

建設業の人材動向レポート(54):
「2023年に建設業の平均年収は567万円、大手と中小の格差が拡大」建設業の給与動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省の「賃金構造基本調査」をもとに、2023年の建設業での給与動向を探った。(2024/5/9)

CIOの採用市場【後編】
IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ
CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/5/8)

20代の昇給分の使い道 3位「趣味」、2位「生活費」、1位は?
 就職情報サイトを運営する学情は、20代社会人を対象に「給与・初任給」に関する調査を実施した。その結果、「昇給した給与」「初任給」の使い道について、どちらも「預貯金」と考えている人が最多であることが分かった。(2024/5/3)

IT企業デスクツアー:
クラウドサービス「ジンジャー」を支えるみんなのデスク環境 机に遊び心ちらり
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は「ジンジャー人事労務」「ジンジャー給与」などのクラウドサービスを手掛けるjinjerで働く人のデスク環境を探る。(2024/5/2)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

CIOの採用市場【前編】
CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ
厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。(2024/5/1)

Cybersecurity Dive:
管理職なら年収2000万円超え サイバーセキュリティという困難だが“もうかる仕事”
サイバーセキュリティの仕事は難しく、常に感謝されるわけでもなく、燃え尽き症候群の報告も多いが、給与は悪くないようだ。ISC2の調査からセキュリティ業務に携わる人たちの平均年収が明らかになった。(2024/4/28)

新入社員が入社後感じるギャップ 「給与や待遇」「福利厚生」を抑えた1位は?
売り手市場が続く昨今の新卒採用において、企業は新入社員に自社のことを深く理解してもらえるようさまざまな工夫を凝らしている。それでもなお、多くの新入社員は入社後のギャップにショックを受けているようだ。新卒が感じる入社後ギャップにはどんなものがあるのか。(2024/4/25)

Z世代の4割「社会人以前から資産形成」 貯蓄意識の高い新卒は「初任給」何に使う?
新社会人の4割以上が、社会人になる前から資産形成を開始していることがGA technologies(東京都港区)が運営するネット不動産投資サービスブランド「RENOSY(リノシー)」による調査で明らかとなった。新社会人は1年間でどれくらい貯金したいと考えているのか。(2024/4/24)

生成AIで変化する開発【第4回】
生成AIが「開発者のキャリアと給与」にもたらす希望と“残酷な結末”
組織の規模にかかわらず、開発業務に欠かせない存在となりつつある「生成AI」。一方で開発者には、このような状況を歓迎できない理由がある。生成AIが開発にもたらす変化と併せて解説する。(2024/4/24)

企業の約7割が「賃上げ」を実施 24卒の初任給に影響は? 帝国データバンクが調査
企業規模別の結果も明らかになった。(2024/4/22)

CIO Dive:
生成AIスキルの有無で稼ぎにどのくらい差が出る? AI時代の求人事情
2023年1月以降、生成AI関連のキーワードを含む求人が急増している。生成AIに対する企業の投資が増加する中、求職者は求める給与に応じたスキルセットを習得する必要がある。(2024/4/18)

初任給いくらもらった? 約1000人に調査:
初任給の使い道 「親・家族へのプレゼント」「趣味」を抑えた1位は?
家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(東京都中央区)が「オカネコ 初任給と給料に関する調査」を実施した。初任給の使い方1位とは。(2024/4/17)

就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念 企業選びで重視することは?
就職活動に対してZ世代の学生はどんなことを意識しているのか。電通が実施した調査によると、就活生の8割が入社後の「配属ガチャ」を懸念していることが分かった。また、企業を選ぶ際にポイントとなるのは「給料がいい」(46.7%)だった。(2024/4/17)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

散々渋ってきたのに……日本企業が「いまさら」賃上げに踏み切ったワケ
賃上げ競争とも言うべき状況が続いています。以前は賃金を「上げようと思えば上げられる」状態で、足踏みをしていたと考えられます。なぜ、企業は急に賃金を上げるようになったのでしょうか。(2024/4/16)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】
“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ
サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。(2024/4/15)

フリーエンジニアの6割超が「フリーになって年収アップ」 現在の年収のボリュームゾーンは?
ランサーズが調査結果を発表した。(2024/4/13)

株価上昇も4割が「給料上がらず」 代わりに「どんな投資」をしている?
物価高騰による生活への影響も見られている中、今回の株価の上昇は給与にどれくらいの影響を及ぼしたのか。また、人々は投資についてどのように考えているのか。WeCapital(東京都港区)が調査を実施した。(2024/4/8)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(21):
日本の時間当たりの賃金は高いのか? 平均時給を国際比較してみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「平均給与」に注目します。(2024/4/8)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第3回】
年収1500万円も夢じゃない 有能エンジニアが持っている“クラウドの必須知識”
サーバエンジニアが活躍するにはクラウドサービスの知識が求められるようになった。具体的にはどのような知識やスキルを持っていることが望ましいのか。要点をまとめた。(2024/4/8)

管理部門・士業の年収中央値 3位「経営・戦略コンサル」、2位「弁護士」、1位は?
MS-Japanは、「管理部門・士業の年収中央値ランキング2024」を発表した。職種・資格別の年収中央値の1位は「公認会計士」(950万円)、2位は「弁護士」(800万円)、3位は「経営・戦略コンサルタント」(720万円)だった。(2024/4/4)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第2回】
“年収1500万円エンジニア”が備える資格並みに大事な「スキル」はこれだ
サーバエンジニアの需要は引き続き旺盛なため、頑張り次第では年収を上げていくことも可能だ。そのために必要なのは認定資格だけではない。必要なスキルをまとめた。(2024/4/1)

佐川急便は積み降ろしで革新的車両 物流業界「2024年問題」を変革の好機にできるか
4月からの時間外労働の上限規制導入によってトラック運転手不足が深刻化する「2024年問題」。法施行から5年の猶予期間があったが、問題の根底にある「長時間の荷待ちや荷役作業」や「低賃金」などの改善に向けた取り組みは道半ばだ。(2024/3/30)

ミドル世代の転職、年収が上がりやすい職種は? 転職コンサルタントに聞いた
エン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に実施した「ミドル世代の転職」に関する調査結果を発表した。(2024/3/30)

使用者の年収が高いエンジニア言語 3位「Python」、2位「Kotlin」、1位は?
CAMELORSが調査結果を発表し、フリーランス・副業におけるエンジニア言語使用者の「平均年収」が明らかになった。(2024/3/29)

キャリアニュース:
仕事、私生活の意識調査、共働き世帯の46%が「家計が苦しい」と回答
マイナビが「共働き世帯の正社員に聞いた 仕事、私生活の意識調査」の結果を発表した。共働き正社員の46.1%が「家計が苦しい」と感じていた。また、年収の高さは私生活と仕事の満足度に関係ないことが分かった。(2024/3/29)

蔵出しブックレット
「年収1000万円」の高収入エンジニアになれる、お薦めのクラウド資格とは
就職や転職の成否を左右する可能性があるのが、資格の有無です。本ブックレットはクラウドエンジニアとして成功したい人にお薦めの、高収入を狙える資格を紹介します。(2024/3/29)

新社会人が感じるギャップ 3位「仕事量」、2位「上司とのコミュニケーション」、1位は?
新社会人が入社前後で感じるギャップは何か。auじぶん銀行(東京都中央区)が実施した調査によると、1位は「給与が低い」(34.0%)で、2位は「上司とのコミュニケーションが難しい」(20.4%)、3位は「仕事量が多い」(19.0%)だった。(2024/3/27)

マイナビ調べ:
「家計が苦しい」と感じる平均世帯年収は「711.9万円」 理想は?
マイナビは共働き世帯の正社員を対象に「仕事・私生活の意識調査2024年(2023年実績)」を実施した。(2024/3/27)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

老後の不安:
あなたは何歳まで働く? 世帯年収別にみた実態
20〜50代の働き世代は、将来いつまで働こうと考えているのだろうか。(2024/3/27)

「エンゲル係数」40年ぶり高水準 国民生活は厳しくなっている?
国民生活が厳しさを増している。日本銀行は今週、賃金と物価がそろって上がる好循環の実現が見込めるとして「マイナス金利政策解除」に踏み切ったが、家計の消費支出に占める食品の割合を示す「エンゲル係数」は2023年、40年ぶりの高水準に達した。世論調査でも物価高での苦境を示す数字が出ている。(2024/3/25)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】
エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ
サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。(2024/3/25)

実態は:
普段よく見るSNS、「年収別」の傾向明らかに
各世代において、世帯年収別に最も利用されているSNSは何か?(2024/3/22)

時代の変化:
5社に1社、Z世代の受け入れ方法見直し 「給与」「配属」抑えた最多の対応は?
Z世代の採用にあたって、企業側が見直したこととは何か?(2024/3/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「高賃金化」会社の収益を最大化し、社員の給与をどう上げるか?
「高収益化」と「高賃金化」は、本来相反するものだが、解決する方法はある。(2024/3/21)

年収の賃上げ率、+4.8%を下回ると「給与に不満を感じる」
年収の賃上げ率が平均「+4.8%」を下回ると給与に不満を感じ始める──こんな調査結果をIndeed Japanは発表した。(2024/3/19)

CIO Dive:
最高年収2500万円超も夢じゃない 生成AIに並ぶ“稼げる”AIスキルとは?
2024年に入りAIの導入に注力する企業が増えていくにつれて、AIを使いこなせる人材の需要も高まりを見せている。生成AIのスキルを持つ技術者は最高で17万4727ドル(日本円で約2500万円)の平均給与が期待できるという。(2024/3/18)

「高卒の初任給アップ」予定の企業、24卒は42.7% 25卒は?
合わせて初任給賃上げの理由、初任給賃上げの継続年数についても調査を行った。(2024/3/15)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
裏ワザ的「初任給40万円」が、会社を弱体化させかねないワケ
アパレルブランドを運営するTOKYO BASEは、3月12日に初任給を一律で40万円に引き上げることを発表した。しかし、80時間文の固定残業だが含まれる額だという。就労条件に対するリテラシーが乏しい新卒者に向けて額面のみを強調する同社の姿勢には、危うさを覚えざるを得ない。(2024/3/15)

隣県の最低賃金が高い場合、仕事探しに影響する? 主婦・主夫に聞いた
ビースタイル ホールディングスが調査結果を発表した。隣県の時給は仕事探しにどう影響するのか。(2024/3/14)

東京23区の新築マンション、価格上昇いつまで? 平均価格は初の1億円超
東京23区の新築マンションの平均価格が昨年、初めて1億円の大台を超えた。高嶺の花と言われた「億ション」だが、低金利が続く中、夫婦共働きで世帯年収が高い「パワーカップル」や富裕層を中心に需要は強く、資材や人件費の高騰を価格に反映しやすい状況だ。(2024/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.