• 関連の記事

「給料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

約2割が実施:
副業と兼業の年収、平均は「192.6万円」中央値は「100万円」 Job総研が調査結果を発表
ライボは、Job総研が実施した「2022年 副業・兼業に関する実態調査」の結果を発表した。現在副業か兼業をしている人は約2割で、副業や兼業の収入は平均192.6万円だった。(2022/8/16)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
“残業代切り捨て”が違法なら、未払い分を「さかのぼって支給」は義務なのか?
これまで毎月の給与処理で残業代の計算をする場合、残業時間を15分単位で集計しており、15分未満の時間は切り捨てて運用していたのですが、従業員からその集計方法は違法ではないかとの指摘がありました。法的に問題があるのでしょうか。(2022/8/16)

最高値は1655万円:
副業の収入は年「192万円」、本業と合算すると?
現在、副業・兼業している人は、どのくらい稼いでいるのだろうか。副業・兼業のみで得ている年収を聞いた。(2022/8/15)

東京商工リサーチ調べ:
上場企業の「平均年間給与」ランキング 2位は2182万7000円のキーエンス、1位は?
多くの企業で業績回復が進んでいること、賃上げ傾向があることがわかった。(2022/8/12)

”固定残業制”の表裏:
サイバーエージェント「初任給42万円」の衝撃とからくり
サイバーエージェントは7月末、2023年春の新卒入社初任給を42万円に引き上げると発表した。他社と比較し、高い給与水準であるのは間違いないが、同社が採用している固定残業制の「数字の見せ方」には気を付けるべきポイントがある。どういうことかというと……。(2022/8/11)

裁判に発展したケースも:
サイバー、初任給42万円 “残業80時間”は法的に問題ないのか?
サイバーエージェントが2023年春の新卒入社の初任給を42万円に引き上げると日本経済新聞が報じ、話題を集めた。そこには80時間分の固定残業代があらかじめ含まれているとのことだが、法的に問題はないのだろうか?(2022/8/8)

現役エンジニア100人に聞く:
平均年収が高いプログラミング言語 3位「Java」、2位「Python」、1位は?
プログラミングスクール「SAMURAI ENGINEER」を運営するSAMURAI(東京都千代田区)は、「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。現役エンジニアの平均年収は「400万円以上」(29%)が最多となった。プログラミング言語別でみると、1位は「Swift」(469万円)。以下、2位「Python」(438万円)、3位「Java」(430万円)と続く。(2022/8/4)

500人に聞いた:
出世したくない理由 3位は「仕事と給料が釣り合わない」、2位は「仕事量が増える」 1位は?
出世したくない理由に関する意識調査を実施した。出世したくない理由を男女別に紹介。(2022/8/4)

業界初:
昇給率は30%以上! メガネの「ジンズ」が全国の時給を東京水準に
メガネチェーン店を展開するジンズは9月より、全国で働いている準社員やパートの時給を改定し、東京水準に統一することを明らかにした。(2022/8/3)

Q&A 総務・人事の相談所:
「聞いていた給料より低い!」 手取りかと思ったら、総支給額だった──会社は補填すべき?
最近採用した社員から、「給料が入社前に聞いていた金額と違う」と抗議を受けました。面接の際に当該社員が言っていたのは税金や社会保険料を差し引いた「手取り」であり、人事担当が言ったのは税金や社会保険料を引かない総支払額でした。賃金を上げなければいけないでしょうか?(2022/8/3)

オープンワーク調べ:
上場企業の時給ランキング、TOP2は8000円超え 1位は?
オープンワークは「上場企業の時給ランキング 2022」を発表した。TOP2は時給8000円超えだった。(2022/8/1)

年収分布では400万円台が最も多い:
エンジニアの年収、言語別トップはSwiftの469万円、SAMURAIが調査
SAMURAIは「エンジニアの年収実態調査」の結果を発表した。年収の分布を見ると、最も多かったのは「400万円以上500万円未満」で、29%を占めた。プログラミング言語別に平均年収を見ると、最も高いのは「Swift」の469万円だった。(2022/8/1)

「値上げを実感」中高年〜シニアの6割、世帯年収は?
カラダノートは、46〜80歳の中高年層からシニア層の男女を対象に「家計に関する意識調査」を実施した。その結果、全体の約6割が“日々の買い物で値上げを実感している“ことが分かった。(2022/8/1)

プログラミングスクールの卒業生 「年収上がった」は47%
SAMURAIは、プログラミングスクールを卒業した10〜50代の男女に調査を行った。プログラミングスクール卒業後の年収について聞いたところ、47%が「上がった」と回答した。(2022/7/29)

有価証券報告書から読み解く:
日本の7大車メーカー、それぞれの平均給与はいくら?
いま話題の企業の好調な事業は何なのか? 平均給与はどれくらいなのか? 有価証券報告書から企業の姿、業界の状況を探ります。今回は車メーカーです。(2022/7/28)

改正高齢法の実情:
年収が半減!? “働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみ
70歳までの就業機会の確保を努力義務とする改正高齢法への企業の対応を見ると、「60歳定年を維持したい」という企業の本音が透けて見える。そんな対応が生んだ、“働かない60代社員”を増やす、再雇用制度のひずみとは? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/7/28)

どういう制度なのか:
日立の「週休3日」は誤解? 給与据え置きで“0時間勤務デー”もアリにした訳
2022年4月、「週休3日」に関する報道がにわかに盛り上がったのを覚えているだろうか。多くのメディアが、日立製作所やパナソニックホールディングスが週休3日を選べる制度を導入すると伝えていた。しかし、日立で勤務制度や休暇制度の設計を担当する赤井孝充氏は、同制度は「週休3日を目的にしたものではない」と話す。(2022/7/27)

ノジマが毎月1万円を社員に支給 物価上昇応援手当、7月から
ノジマは、物価上昇に伴う生活費支援として、6月度給与(7月支給分)から毎月1万円を支給する。(2022/7/26)

判例に学ぶ「シフト制」:
問題行動の多い社員のシフトを無断でカット 賃金補償の義務は生じる?
シフト制の揉め事の一つであるシフトカット、労働契約書に「出勤日は会社が作成するシフトによる」と定めていれば、理屈上シフトカットは可能。しかし、状況によっては会社に賃金補償の義務が生じるケースもあるという。社会保険労務士が判例を基に解説する。(2022/7/25)

有価証券報告書から読み解く:
日本の2大おもちゃメーカー、バンダイとタカラトミー それぞれの平均給与はいくら?
日本玩具協会の調査によると、2021年度の日本国内における玩具市場規模は、上代価格(希望小売価格)ベースで8946億円、前年度比108.5%となった。従前からの少子化トレンドに加えてコロナ禍でありながら、調査を開始した01年以来過去最高を記録するなど好調だ。この好調を牽引したのが、カードゲーム・トレーディングカード分野と、プラモデルやフィギュアといったホビー分野だ。(2022/7/24)

プログラミング言語、ミドルウェアスキル、インフラスキル別の平均時給を紹介:
「Objective-C」が最も時給が高い開発言語に選ばれる理由とは overflowがデジタル人材の時給調査
overflowは、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。プログラミング言語別では「Objective-C」、インフラ別では「Kubernetes」の平均時給が高かった。同社は「需要に対して供給が追い付いていないスキルを持っている人材は、金額が高い傾向にある」と分析している。(2022/7/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
50年以上「女性は都合のいい労働力」とされている、本当のワケ
正社員の平均賃金が男女で約200万円も異なるなど、賃金格差が縮まらない。女性の就業率は上がっているものの、非正規雇用者ばかりが増えている。こうした事象の背景には、「都合のいい労働力」を求める日本の構造がある。どういうことかというと……。(2022/7/22)

スマホで個人間送金、31.6%が「経験あり」、利用サービスはPayPayが最多 MMDの調査より
MMD研究所が「給与デジタル払いと個人間送金に関する調査」の結果を発表。個人間送金の利用経験は31.6%で、メインで利用するサービス上位は「PayPay」「楽天ペイ」「d払い」となった。(2022/7/21)

コンビニ店員が「客はみんな大嫌い」と語る理由とは? 経営者と労働者の視点の違いを明確に表すお話
やることは多いのに時給が低い……。(2022/7/21)

O'Reillyが調査:
クラウド技術者の平均給与は2457万円(米国)、転職で高年収実現は本当?
O'Reilly Mediaは、企業や組織に所属する米国のクラウド担当者を対象に給与調査を実施、結果を発表した。予想よりも高年齢層が多く、転職した人の割合が高かった。(2022/7/8)

男女別でみると:
正社員と非正社員、“賃金格差”はどのくらいあるのか
正社員と非正社員で、収入面でどのようくらいの差があるのだろうか。15歳以上の男女に聞いた。(2022/7/6)

クラウド関連ソフトウェアエンジニアの平均年収は約2370万円、6割以上がフルリモートワーク 米国でO'Reillyが調査
米国でクラウドを活用したソフトウェアデベロッパーやアプリケーション開発者などの平均年収を米O'Reillyが調査。リモートワークの割合や、資格と給与の関係についても調査結果を出した。(2022/7/6)

スタグフレーションの時代【前編】:
森永康平に聞く「賃金が上がらない国・日本」の深層
経済アナリストで金融教育ベンチャーのマネネCEOを務める森永康平氏は、物価だけが上昇して賃金は増えていないことに強く警戒感を示している。このまま購買力が上がらないまま、物価だけが上昇していくとどうなるのか――。森永氏に「賃金が上がらない国・日本」の深層を聞いた。(2022/7/6)

岸田政権「1000円以上を目指す」:
最低賃金930円、引き上げはあるのか? 「貧しい日本」を脱する最後の砦
現在の日本の地域別最低賃金は、全国平均930円だ。米国の半分以下、欧州の約6割という数字だ。岸田政権は「1000円以上を目指す」と声明を出しているものの、実際にいくらに引き上げられるのだろうか?(2022/7/5)

PayPay証券調べ:
副収入が必要な理由 3位「本業の給料が低い」、2位「物価上昇」、1位は?
PayPay証券は、「物価上昇と資産形成に関する調査」を実施した。物価上昇など予測のできない事態のための備えとして、49.2%が資産形成を行っていることが分かった。(2022/7/4)

「建設サイト・シリーズ」ユーザーミーティング2022(1):
【建設サイトReport】大和ハウスの「新・担い手3法」への対応策 “現場管理を無人化”するデジコンPJ
大和ハウス工業では、「新・担い手3法」に対応すべく、その第一歩として、建設キャリアアップシステムを導入し、顔認証システムをベースにしたグリーンサイトによる入退場管理の積極的な導入を進めている。将来は、現場作業者の管理を無人化することで、管理コストを減らし、その余剰をデジタル技術に分配し、建設業の処遇改善や給与アップにまでつなげることを目指す。(2022/7/4)

転職するごとに:
転職で重視することランキング 3位「給与水準」、2位と1位は?
ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、「コロナ禍の転職と副業に関する調査」を実施。転職時の重視項目を尋ねたところ、1位は……。(2022/7/1)

Rustの人気やDockerの普及が鮮明に:
最も愛される言語、最も報酬の高い技術が示す開発トレンドの不変と激変、Stack Overflow年次調査
Stack Overflowは2022年の年次ソフトウェア開発者調査の結果を発表した。よく使われている技術や愛されている技術、年収の高い技術、雇用や勤務形態などの最新動向が明らかになった。(2022/6/30)

バンダイ、夏のボーナス平均59万円増額 新報酬制度と好業績で 年収は平均110%に
バンダイは28日、全社員に支給した夏期賞与が昨年の支給額より平均で約59万円上がったと発表した。(2022/6/28)

Webデザイナーら400人に聞いた平均年収 「満足している」は約4割 クリエイター専門人材紹介会社が調査
Web/グラフィック系クリエイターの平均年収はどれくらいか。クリエイター専門の人材紹介会社のユウクリはそのような調査結果を発表した。「正社員、契約社員」では「300〜400万円未満」と「400〜500万円未満」で、同率25.3%を占めた。(2022/6/27)

エン・ジャパンが調査:
30〜40代での転職は収入にどう影響する? コンサルタントに聞いた「転職後の年収」調査
転職サイトを運営するエン・ジャパンが、「転職後の年収」に関する調査を実施した。(2022/6/24)

転職市場で平均年収が高いIT職種 2位は「セキュリティエンジニア」 1位は?
平均年収が最も高いIT職種は?──パーソルキャリアが転職支援サービス「doda」の情報を基に実施した調査によれば、2位は「セキュリティエンジニア」、3位は「プリセールス」だった。1位の職種は。(2022/6/23)

独身女性200人に聞く:
結婚相手に求める年収、1位は? 「安定性の方を重視したい」の声も
恋活・婚活の総合メディア「M2W」を運営するWoo(東京都新宿区)は、独身女性200人を対象に「結婚相手に求める年収」についての調査を実施した。(2022/6/23)

本業インスタグラマーの平均年収は412万円 Instagramが仕事になるまでにかかった時間は?
ソーシャルワイヤーが388人のインスタグラマーを対象に調査を実施した。本業インスタグラマーの平均年収は411.9万円で、アカウント開設からPR案件受注までは平均2年かかっていることなどが分かった。(2022/6/22)

業界別Webエンジニア平均年収ランキング 2位は「メーカー」、1位は? パーソル調査
Webエンジニアの平均年収が高い業界はどこか。パーソルキャリアがWebエンジニアの平均年収を、業務経験のある業界別で調査したところ、2位は「メーカー」(539万円)、3位は「通信業界」(527万円)だった。1位の業界は。(2022/6/22)

SNSで賛否両論:
時給123円の労働力 配膳ロボットは、人から仕事を奪ってしまうのか? USENに聞いた
USEN-NEXT GROUPのUSENが展開する配膳ロボットが「時給は約123円」と紹介され話題になっている。同社のWebサイトによると、ホールスタッフ1人の人件費と比べると「単純計算で毎月29万500円お得」という。SNSでは「ロボットにできることは任せればいい」という意見がある一方、「人の仕事を奪うのでは」という声もあり、賛否両論が巻き起こった。近い将来、ロボットが人の仕事を奪うのだろうか? USENの成伯真紀子さん(ビジネスインテグレーション推進部部長)に見解を聞いた。(2022/6/22)

半数以上が「今の年収は、自己評価より低い!」 どのくらい違うのか?
ライボは「転職と年収に関する実態調査」を実施した。転職経験者に現在の年収と自身が評価する額のギャップについて聞いたところ、「現在の年収は自己評価より低い」と答えた割合は51.7%だった。(2022/6/22)

「信頼せよ、されど確かめよ」の理念に基づく生産性モニタリング【第4回】
週4日勤務に踏み切ったソフト開発会社が「会議」を減らした“納得の理由”
ソフトウェア開発会社Blackthorn.ioは新たな勤務形態として、給与は変えずに1日9時間、月曜から木曜の週4日勤務制に移行した。この変化に伴い、同社の従業員はどのように働き方を変えたのか。(2022/6/22)

家庭の節電にポイント付与、政府方針
政府は21日、官邸で行った「物価・賃金・生活総合対策本部」の初会合で一般家庭の節電に応じてポイントを付与する制度を作る方針を明らかにした。(2022/6/21)

優秀な人材を確保:
東武鉄道、初任給を引き上げ 高卒初任給を20万円台に
東武鉄道と子会社は、2023年春までに段階的に新卒社員の初任給を引き上げると発表した。(2022/6/20)

国税庁調査を紐解く:
宝島社の書籍『年収200万円で豊かに暮らす』が物議 Twitterで「暮らせるわけない」などの声 「年収200万円」の国民構成比は?
宝島社が出版した『年収200万円で豊かに暮らす』(759円)という書籍がTwitter上で物議を呼んでいる。6月20日ごろから書籍名の一部を引用した「年収200万」がTwitterのトレンド入りを果たし「色々と地獄を感じた、これを見た時」などの意見が挙がっている。(2022/6/20)

2つの理由を考える:
毎年「賃上げ」なのにいつまでたっても日本企業が低賃金なワケ
毎年賃上げがなされているにも関わらず、日本の賃金指数は横ばいです。なぜなのでしょうか?(2022/6/16)

「もっと給料相応に手を抜かなきゃ」と両頬をパンッ! “分相応の働き方”に賛同の声多数
毎日の頑張りに正当な評価があるならまだしもね……。(2022/6/15)

外資または日系グローバル企業で働く人:
転職を考える理由ランキング、2位は「給与を上げたい」、1位は?
人材紹介会社エンワールド・ジャパンは、外資系企業または日系グローバル企業で働く人を対象に、「転職理由調査」を実施。その結果……。(2022/6/10)

パーソルキャリアが分析:
エンジニアの開発言語別の平均年収 3位「Perl」、2位「R」、1位は?
パーソルキャリアが運営するHR forecasterは、ITエンジニアの職種やスキルに応じた平均年収に関するデータを発表した。開発言語別の平均年収を見ると、1位はSAP製品の開発言語である「ABAP」で、661万円となった。2位はデータアナリスティクスや統計解析で活用されている「R」(656万円)、3位は大規模配信システムなどで活用されている(630万円)だった。(2022/6/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.