「スキル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

このAI絵画のタイトルは何だ? 「Midjourney」お題当てクイズ
ITmedia NEWS編集部で、画像生成AI「Midjourney」が出力したイラストの“お題”を当てるクイズをやってみた。AIの性格を理解する力、適切に指示する力は今後も重要なスキルになるかもしれない。(2022/8/11)

便利家電を使うと「家事のスキルが落ちるんじゃない?」と冗談を言われた妻→絶妙な返しにスッキリ! 夫婦のやりとりに4万5000いいね
笑顔が一番。(2022/8/11)

改正高齢法の実情:
「54歳から管理職」も──“働かない60代”を生ませない、4社の努力
人材不足が進む中、企業にとってベテラン社員の活用が重要となっている。しかし、ベテラン社員のモチベーション低下やスキルの陳腐化などに悩む企業が多い。“働かない60代”を生まないために、どのような取り組みをすべきか──。(2022/8/10)

ラミレス美保、夫・ラミちゃんの“育児スキル”を大絶賛 「我が家にはママが2人?」「本当になんでもやってくれます」
さすがラミちゃん。(2022/8/7)

AI人材不足の問題を考える【前編】
あの企業も「AI人材」獲得に動く スウェーデン流“AIスキルの見つけ方”
AI技術のスキルを持つ人材の需要は高まる一方、スキルを持った人材の供給が追い付いていない問題がある。スウェーデンのAI専門機関は、この課題にどう立ち向かうのか。(2022/8/5)

無償のデジタル人材育成支援プログラムが募集中 締め切りは8月8日
デジタルスキル向上を目指すに当たり、学習に掛かるコストは格段に低くなってきたようです。有償のものもありますが、デジタルスキル獲得支援の補助や助成が従来以上に厚くなっています。(2022/8/1)

「Web3」(Web 3.0)の一押し学習サイト8選【第2回】
Web3が無料で学べる「Web3 University」とは? 10週間集中の「ChainShot」とは?
「Web3」関連のスキルを習得するのに活用できる学習サイトにはさまざまな選択肢がある。そのうち「Web3 University」「ChainShot」で学習できる内容を解説する。(2022/7/29)

キャリアニュース:
ドローン業界でのスキル不足を解決する「ドローンキャリアマップ」を公開
パーソルプロセス&テクノロジーとパーソルテクノロジースタッフは、PwCコンサルティングと共同で、ドローン業界や企業の課題である「スキル不足」を解決するための「ドローンキャリアマップ」「職種要件定義表」「未来職種一覧」を公開した。(2022/7/28)

戸田建設が人事制度改革へ 入社後10年で作業所長に登用する人材育成の方法は
戸田建設が新人事制度を導入する。クラウド型人事ソリューション「SAP SuccessFactors」を導入して、従業員のスキルや評価を標準化、共通化して能力を生かす体制を目指す。(2022/7/27)

必要なスキルを4つの区分に分けて数値化:
デジタル人材のスキルレベルを数値化? アイデミーがテスト提供開始
アイデミーは個人のデジタルスキルを可視化するアセスメントテスト「DSAT」のβ版を提供開始した。デジタル人材に必要なスキルを4つの区分に分けて、それぞれのスキルレベルを数値化する。(2022/7/26)

学情調べ:
転職を迷う理由 3位「市場価値がわからない」、2位「早期離職はイメージが悪い」、1位は?
就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は、「転職の捉え方」に関する調査を実施した。転職活動をするにあたり、70.6%が転職すべきか迷うことが分かった。転職すべきか迷った理由は、「転職するにもアピールできるスキルや経験がないと思ったから」が52.5%で最多。(2022/7/22)

プログラミング言語、ミドルウェアスキル、インフラスキル別の平均時給を紹介:
「Objective-C」が最も時給が高い開発言語に選ばれる理由とは overflowがデジタル人材の時給調査
overflowは、デジタル人材の副業と複業の時給に関するレポートを発表した。プログラミング言語別では「Objective-C」、インフラ別では「Kubernetes」の平均時給が高かった。同社は「需要に対して供給が追い付いていないスキルを持っている人材は、金額が高い傾向にある」と分析している。(2022/7/22)

富士通の「デジタルセールス」:
インサイドセールスに適性のある人材とは? 富士通の考え方
スター営業の属人的なスキルに依存するのではなく、チームとして再現性のあるやり方で勝ち続ける――。インサイドセールスで活躍できる人材像について考えます。(2022/7/21)

リトルソフト調べ:
使ったことがあるExcel関数 3位「COUNT関数」、2位「AVERAGE関数」、1位は?
リトルソフト(東京都豊島区)は、「社会人のITスキル・利用ツール」に関する調査を実施した。Excelの関数で実際に使用したことがあるものを尋ねたところ、「SUM関数」(71.5%)が最多となった。以下、「AVERAGE関数」(52.2%)、「COUNT関数」(50.9%)と続く。(2022/7/12)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第2回】
「統計学のプロ」でも「データ分析のプロ」になれない“なるほどの理由”
数学スキルがあればデータ分析は可能だ――。その考えには一理あるが、それでもスムーズなデータ活用には他の専門知識が不可欠だ。その理由と必要な知識を説明する。(2022/7/12)

スクラムマスターの5大認定資格【第5回】
“頼れるスクラムマスター”が取得する「コーチング」認定資格とは? 合格するには
スクラムにおいて多岐にわたる役割を担うスクラムマスター。各役割について自身が持つ知識やスキルを示すのに役立つ認定資格には何があるのか。(2022/7/12)

先駆者たちの「セールスイネーブルメント」:
Sansanの営業はなぜ「専門スキルより、汎用的なセールススキルの習得」を重視するのか
Sansanは2018年に「営業1人当たりの受注金額向上」を目標に営業組織の教育に力を入れ始めた。現在、営業メンバーが増える中でオンボーディングにかかる期間を半減させることに成功したという。どのような取り組みをしているかというと……(2022/7/8)

新入社員意識調査2022:
新入社員が上司に期待すること 2位「一人一人に対して丁寧に指導する」、1位は?
リクルートマネジメントソリューションズは、「新入社員意識調査2022」を実施した。2022年入社の新入社員が社会人として働くうえで大切にしたいこと1位は、「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」(49.0%)だった。「周囲(職場・顧客)との良好な関係を築くこと」(45.0%)、「元気でいきいきと働き続けられること」(33.9%)が10年からの調査開始以来、過去最高となった。(2022/7/1)

「データドリブン経営」の時代にIT部門が担う役割【第1回】
「データドリブン時代の勝ち組IT担当者」が外さない“あのスキル”とは?
データ主導のビジネスを実現するためにIT部門の力は不可欠だが、ITインフラの運用管理スキルだけでは太刀打ちできない可能性がある。IT部門が「データドリブン経営」に貢献するのに必要なスキルとは。(2022/6/28)

励ましてくれるのはうれしいけど、その原因はキミだからね……小さな子どもの「煽りスキル」に感心の声
どうして落ち込んでいるのか、まだ紐付けられないので……。(2022/6/24)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【中編】
ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃
ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。(2022/6/23)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(11):
不確実な時代にエンジニアとして誇りを持って生きていくために
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。最終回となる第11回は、あらためてエンジニアがコンサルティングスキルを身に付けることの意味を説明し、筆者の今後の目標を紹介する。(2022/6/22)

「内製化の道」も一歩から(3):
共創型SIerが解説 実例で学ぶ「ユーザー企業主体の内製化」の勘所
ユーザー企業とともに内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第3回はBeeXの事例を基に「具体的な内製化の進め方」について解説する。(2022/6/22)

overflowが副業採用決定者数に関する調査結果を発表:
企業の「こんなスキルを持った副業人材が欲しい」 トップは「TypeScript」「React」「AWS」
overflowは、デジタル人材の副業採用決定者数に関する調査結果を発表した。2021年度の年間採用決定者数は2020年度の3倍。プログラミング言語別に見ると、上位から「TypeScript」「Python」「Go」「Ruby」の順だった。(2022/6/17)

人材データの可視化が重要:
自分の適性を、会社は分かっていない──スキルを業務の割り当てに「活用されていない」と感じる人は約5割
ビジネスパーソンの約5割が、勤務先の業務アサインに「自身の人材データが十分に活用されていない」と感じている──こうした結果が、ビズリーチ(渋谷区)が運営するHRMOS WorkTech研究所の調査で判明した。(2022/6/15)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

スクラムマスターの5大認定資格【第3回】
履歴書に書きたい「AWS Certified Cloud Practitioner」とは? 合格するには
スクラムを通じたクラウドネイティブアプリケーション開発において、スクラムマスターが備えるべき知識やスキルとは何か。実力の証明となる資格「AWS Certified Cloud Practitioner」を解説する。(2022/6/14)

チャンネル登録数は:
「仕事のスキルアップを目的に、YouTubeを見る」6割、結果は?
仕事のスキルアップなどを目的に、YouTubeを見ている人はどのくらいいるのだろうか。YouTubeを視聴しているビジネスパーソンに聞いた。(2022/6/13)

パーソルキャリアが分析:
エンジニアの開発言語別の平均年収 3位「Perl」、2位「R」、1位は?
パーソルキャリアが運営するHR forecasterは、ITエンジニアの職種やスキルに応じた平均年収に関するデータを発表した。開発言語別の平均年収を見ると、1位はSAP製品の開発言語である「ABAP」で、661万円となった。2位はデータアナリスティクスや統計解析で活用されている「R」(656万円)、3位は大規模配信システムなどで活用されている(630万円)だった。(2022/6/9)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【前編】
“コーディングができるだけのソフトウェア開発者”はもう要らない
企業がソフトウェア開発者の採用を推し進める中、ソフトウェア開発者が採用を勝ち取るには、ただ「コーディングができる」だけでは足りないと考える向きがある。ソフトウェア開発者が身に付けるべきスキルとは。(2022/6/9)

ビズリーチ調べ:
転職を考える理由 2位は「経験・スキルが生かせていない」、1位は?
会員制転職サイトを運営するビズリーチは、キャリア観や転職に対する意識についてのアンケートを実施した。直近1年間で、85.1%が転職への意欲が高まったと答えた。(2022/6/7)

「学びたい言語」と「平均年収が高い言語」は異なる:
年収が最も高い組み合わせは「コンサルとグリッドコンピューティング」 パーソルキャリアがITエンジニアの年収マップを公開
パーソルキャリアは、職種とスキルの組み合わせごとに平均年収をまとめた「保存版ハンドブック スキル年収マップ」の「ITエンジニア編」を公開した。(2022/6/7)

SDGsは単なる「きれいごと」ではない:
SDGsとDXの関係は? 企業が取り組む知られざるメリットと実現のために求められる意外なスキル【前編】
ある種のバズワードのようになっているSDGsやDX。これらは無関係のように見えるが、実は両者が目指しているものは同じだという。パーソルイノベーションの柿内秀賢氏に、なぜSDGsやDXが必要なのか、そして企業が取り組むメリットを聞いた。(2022/6/6)

「データスキル」を巡り、経営者と従業員の認識に隔たり Tableauの調査で判明
Tableauは、事業成果を引き出すデータスキルの役割についての調査結果を発表した。日本では他国に比べてデータスキルに対する需要が高まる一方でトレーニングの遅れが目立つ。Tableauは「トレーニングの遅れは業績全体をリスクにさらす」と警告する。(2022/6/3)

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第3回】
「あるとよい」要件ばかりの“てんこ盛り求人票”はなぜ駄目か
多様な求職者に応募してもらうために企業がやりがちな悪手は、必須ではないスキルを“念のため”求人票に書いてしまうことだ。求人票に記載する職務要件を最小限に絞り込むことは、なぜ重要なのか。(2022/6/2)

スクラムマスターの5大認定資格【第2回】
“優秀なスクラムマスター”が外さないAtlassian「Jira」認定資格とは? 合格するには
スクラムを監督するスクラムマスターが、自身の知識やスキルを証明するのに役立つのが認定資格だ。本稿は「Jira Software」に関する認定資格が問う知識や有用な場面を解説する。(2022/5/31)

東京都、中小企業向けのDX人材育成プログラムを無償提供 受講者を募集 企業課題に直結したスキル取得を支援
東京都は、中小企業のDX人材育成支援に向け、DXスキルの学習プログラムを無償提供する「DX人材リスキリング支援事業」を開始した。DXコンサルタントによる企業の課題把握を踏まえた学習計画の策定から、個別最適化したDX講座までを一体的に支援する。(2022/5/19)

「Zoom IQ」の存在意義【前編】
「Zoom IQ」とは? 嫌われる営業トークの“あの癖”をAIが指摘
営業チーム向けツールの「Zoom IQ」は、Web会議の会話から商談内容と見込み客の反応を分析し、成約締結とプレゼンテーションスキルの向上を支援するツールだ。具体的な機能は。(2022/5/18)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第2回】
「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を採用面接で問われたら何と答えるか
ネットワーク管理者の採用面接で「有能なネットワーク管理者に最も重要なスキル」を聞かれたら何と答えればよいのか。答えるためにできる準備の方法と共に紹介する。(2022/5/17)

ツイン“逆噴射”ファン搭載! ウマ娘×BOSSコラボ「ボスジャン」登場、トレセン学園ジャージ風デザインで「加速スキル付き」
ツインファン師匠……!(2022/5/16)

今日のリサーチ:
「統計学」「マーケティング」が人気――エン・ジャパン「身につけたいITスキルや知識」に関する調査
これから学びを実践予定の社会人549人に聞いた注目のITスキルは?(2022/5/11)

「内製化の道」も一歩から(2):
共創型SIerが解説 「技術以外のスキル」が内製化実現に欠かせない理由
ユーザー企業と共に内製化を実現する「共創型SIer」であるBeeXの知見を基に、システム開発の内製化に必要なステップやエンジニアのスキルについて解説する本連載。第2回は「内製化実現に欠かせないエンジニアスキル」について解説する。(2022/5/11)

エン・ジャパン調べ:
今後学びたいITスキル・知識 若手は「マーケティング」「プログラミング」が人気
企業がDXを推進するのに伴い、IT関連スキルが注目されている。今後身につけたいITスキルは「統計学的知識」が最も多く42%だった。年収1000万以上では「AIなど先端技術の知識」の回答が多かった。(2022/5/11)

オランダのカリキュラム改革で判明
IT企業が求めていた「Linux/Windowsではない」意外なITスキルとは?
オランダの中等教育プロバイダーが、新カリキュラム開発の一環としてITスキルの需要を調査した。するとIT企業が求めているのはLinuxやWindowsのスキルではなかった。生徒に何を教えるべきなのか?(2022/5/10)

「前世般若なん?」「想像軽く超えてきた」 ママの変顔スキルを受け継いだ3歳娘、渾身の変顔のレベルが高すぎる
ママの変顔も気になってしまう。(2022/4/23)

Innovative Tech:
卓球の正しいスイングを教えてくれるロボットアーム VR環境下でマンツーマン指導
早稲田大学中島研究室とQatar Universityの研究チームは、VRシステムとロボットアームを連動させた卓球トレーニングシステムを開発した。VR環境下でユーザーの手の動きを誘導することで、卓球の打ち方の練習を効率的に行い、スキルアップをサポートする。(2022/4/22)

「内製化の道」も一歩から(1):
共創型SIerが解説 「内製化を実現する7つのステップ」とは
企業の競争力を上げるため、内製化が注目されている。しかし、これまで開発に注力していなかった企業にとって内製化を実現する難易度は高い。本連載はさまざまな企業の内製化を支援しているBeeXの知見を基に内製化の手順や必要となるスキルについて解説する。第1回はBeeXが提案する「内製化を実現する7つのステップ」について。(2022/4/20)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト:
スキル不要で誰でも使える、クラウドベースのWebアプリケーション脆弱性診断
Webアプリケーションの脆弱性を狙うサイバー攻撃が増加しており、システム開発者にとって脆弱性診断は喫緊の課題となっている。そんな中、従来製品とは違い、スキル不要で誰でも使用できるツールが登場し、注目されているという。(2022/4/13)

「SRE」と「クラウドエンジニア」の違い【後編】
「SRE」がクラウドエンジニアの“真の相棒”になるために必要なスキルとは?
「サイト信頼性エンジニア」はクラウドエンジニアをサポートする役割として期待されている。両者が力を合わせて信頼性の高いクラウドサービス利用を実現するためのノウハウを紹介する。(2022/4/12)

製造マネジメントニュース:
IBM日本法人が自動車メーカーのシステム構築などの子会社3社を合併
日本アイ・ビー・エムは、地域や業界特化でITサービスなどを提供している同社子会社3社を2022年7月1日に合併する。地域拠点の拡大および、社員のスキルの選択肢やキャリアパスの幅が広げられるようになる。(2022/4/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.