• 関連の記事

「スキャナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID
質問!プリンター&スキャナー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプリンター&スキャナー関連の質問をチェック

21年度税制改正:
スキャナ保存・電子取引の要件が緩和 「電子帳簿保存制度」の見直しポイント
2021年度の税制改正で、電子帳簿保存法の要件が緩和され、事前承認制度や適正事務処理要件の廃止などが行われました。そこで、この改正について解説します。(2021/9/15)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
レーザーで計測から3Dモデル化までを効率化する、ライカジオシステムズの多彩な測量製品群
ライカジオシステムズは、「第3回 建設・測量生産性向上展」で最先端のレーザー測量に関する製品展示を行った。なかでも、不動産の内見などで活用が広がるVRコンテンツの制作に用いるハンディタイプのレーザースキャナー、GNSSを手軽に活用するための受信アンテナは、来場者の関心を集めた。(2021/9/13)

キヤノン、小型軽量設計のモバイルドキュメントスキャナー
キヤノンマーケティングジャパンは、小型筐体を採用したUSB接続型モバイルドキュメントスキャナー「imageFORMULA R10」を発表した。(2021/9/10)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<電子取引編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。ここからは、基本編、スキャナ保存編に続き、持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)協力のもと「電子取引編」と題して、国税庁の公式サイト「一問一答」をかみ砕いて解説する。(2021/9/7)

3Dスキャナーニュース:
重量570gで片手操作も容易な工業測定用3Dスキャナー
APPLE TREEは、同社が日本総代理店を務めるSCANTECHの工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」の取り扱い開始を発表した。同製品はハンディタイプの非接触式3Dスキャナーで、本体サイズが203×80×44mm、重量が570gと、工業測定用でありながら小型・軽量化を実現し、優れた携帯性を備える。(2021/8/25)

お堅い「国税庁一問一答」を超解読!:
<スキャナ保存編>知識ゼロから読める改正電帳法「一問一答」
2022年1月1日施行が予定されている「改正電子帳簿保存法」(以下、改正電帳法)。ここからは、基本編に続き、持木健太氏(TOMAコンサルタンツグループ 取締役)協力のもと「スキャナ保存編」と題して、国税庁の公式サイト「一問一答」をかみ砕いて解説する。(2021/8/26)

3Dスキャナーニュース:
3Dスキャナー市場の新レポート発刊、市場価値は2030年までに85.9億ドルに
SDKIは3Dスキャナーに関する新レポートを発刊した。品質管理と検査での活用が拡大し、市場価値は2022年に50.8億ドル、2030年までに85.9億ドルに達すると推定する。(2021/8/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2021:
移動しつつ対象物をスキャン可能なスキャナー、点群データとカラー画像を同時取得
ライカジオシステムズは、手に持って移動しつつ、対象物の点群データとカラー画像をスキャニングするハンディ型イメージングレーザースキャナー「LEICA BLK2GO」を2021年中に発売する。(2021/8/5)

300年前の折り手紙をバーチャル展開 破壊せず解読可能に
書いた内容を秘匿するため、折り紙のように複雑にたたんだ「レターロッキング」と呼ばれる約300年前の手紙について、仮想現実技術とエックス線スキャナーを組み合わせて「仮想展開」することに、英ロンドン大や米マサチューセッツ工科大などの研究チームが成功した。(2021/7/7)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(13):
【総まとめ】設計業務のデジタル変革を助ける3Dプリンタ&3Dスキャナー活用術
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。最終回となる第13回は、これまで解説してきたデジファブ技術活用の内容から特に重要なポイントをピックアップし、“総まとめ”としてお届けする。(2021/6/10)

デジタルツイン:
鹿島がBIMとリンクするデジタルツイン基盤を構築、部材ごとの施工進捗率も把握可能
鹿島建設は、ピクシーダストテクノロジーズと共同で、着工前に作成するBIMと施工中の建設現場に設置したセンサー及びデバイスから取得する空間データを一元管理するクラウド上のデータベース「鹿島ミラードコンストラクション」を開発した。既に、鹿島ミラードコンストラクションを都内の現場に導入し、レーザースキャナーやToFセンサー、Webカメラによる空間データの継続取得を行っている。得られた空間データは、日々変化する建設現場を映し出すデジタルツインとして、施工管理、遠隔管理、自動搬送ロボットに活用していく。(2021/6/7)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(12):
設計力を高める! 3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリングによるDX
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第12回は、3Dスキャナーの代表的な活用方法の1つである「リバースエンジニアリング」について解説する。(2021/5/24)

キヤノンMJ、無線LAN対応のビジネス向けスタンダードA4ドキュメントスキャナー
キヤノンマーケティングジャパンは、無線LAN接続対応のA4ドキュメントスキャナー「DR-S130」を発売する。(2021/4/27)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(11):
3Dスキャナーと3D設計による効果的な検査アプローチ、そして製造業DXの実現へ
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第11回は、3D CADで設計した3Dデータと現物の3Dスキャンデータを基に“形状比較”を行う「検査」について取り上げ、その重要性とアプローチ、検査ソフトウェアの選定基準などを解説する。(2021/4/12)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(10):
そのままでは使えない!? 3Dスキャン後に必要となるデータ処理
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第10回は、3Dスキャン後に必要となる基本的なデータ処理作業について詳しく解説する。(2021/3/16)

PFUが学校向けドキュメントスキャナー無償導入プロジェクトのアンケート結果を公開
PFUは、2020年11月から実施していた「ドキュメントスキャナー ICT教育支援プロジェクト」参加校へのアンケート結果を発表した。(2021/3/9)

NetApp INSIGHT Japan:
3Dスキャナーで実現する3つの「デジタル○○」と効率的なデータ活用
ネットアップ主催のオンラインイベント「NetApp INSIGHT Japan」において、丸紅情報システムズ(MSYS)が登壇し、「製造業必見! 3D測定によるデジタルツイン×NetAppで効率データ活用!」をテーマに、3Dスキャナーを活用したデジタルツインの取り組みとその活用例などを紹介した。(2021/3/2)

ロボット×DXの最前線(2):
ロボットに3Dの“目”を持たせて品質検査を自動化、リンクウィズの挑戦と課題
「ロボット×DX×工場」をテーマに、さまざまな領域でのロボットを活用したDXの取り組みを紹介する本連載。第2回は、3Dスキャナーを産業用ロボットの“目”として活用するためのソフトウェアを開発するリンクウィズを取り上げる。品質検査の省人化に貢献するソリューションだが、本格的な導入を進める上ではいくらか課題も残されているようだ。(2021/3/2)

CAD・GIS:
エプソンのCAD向け“プリンタ・スキャナー一体型”A0プラス機、0.88m2の省スペース設計
エプソンは、CAD・GIS向けにプリンタ・スキャナー一体型A0プラス対応の複合機と、ポスター印刷用途で国内初を謳うインクボトル方式のA1プラス対応機の2機種をリリースした。(2021/2/24)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(9):
いまさら聞けない 3Dスキャナーの選定基準
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第9回は、その特徴や方式の違いなどに触れながら、3Dスキャナーの選定基準について詳しく解説する。(2021/2/16)

Autodesk University 2020:
プラント設計を効率化する点群と3DCADの融合、VR機能で合意形成やプレゼンも
高精度の3Dレーザースキャナーが建築の現場を大きく変えつつある。レーザースキャンによって得られる点群データは、現場の状況を忠実に表す。点群データがあれば、現場全体を3Dモデル化することもでき、仕様や設計の変更などに際してもスピーディな対応が可能となる。しかし、そのためには少なからぬコストと労力が必要になる。ジェイコフでは、現場でスキャンした点群データと3DCADによる3Dモデルを融合させ、事前の打ち合わせやプレゼンテーションなどの効率化を実現している。(2021/2/10)

3Dスキャナーニュース:
幅広い用途で使用可能なハンディー型3Dスキャナー2機種を同時リリース
APPLE TREEは、SCANTECHが開発するハンディー型3Dスキャナー「IREAL 2E」と「IREAL 2S」の取り扱いを開始した。両製品ともに毎秒150万点のスキャンデータを取得でき、高精度でスピーディーな3Dスキャンを実現する。また、標準で24ビットカラーカメラを搭載しており、高解像度のカラーデータを取得できる。(2021/2/3)

Autodesk University 2020:
歴史的建造物の調査を高精度に行う“クイックスキャン”、Revit連携でVR展開も
文化財保護法が一部改正され、以前は政府が行っていた歴史的建造物の管理が都道府県や市町村に委ねられることになった。実現には、歴史的建造物に関する管理や活用を市民参加型にする必要がある。レーザースキャナーや写真データを活用した歴史的建造物のデータ化は、将来的な建造物の修繕やバリアフリー化などの情報を共有化するのに有効だ。また、BIMとの連携で、調査や修繕の管理・立案などにも役立つ。(2021/2/1)

PR:変わるワークスタイル 増えるオフィスの困りごと――エプソンのプリンターやスキャナーで解決しよう!
働き方改革に加え、新型コロナウイルスの影響で、ビジネスにおける「ニュー・ノーマル」が急速に浸透してきた。それに伴い、オフィスでも新たな課題が見えてきた。新しい時代の働き方を支援するエプソンのプリンター、複合機やスキャナーをチェックしてみよう。(提供:エプソン販売株式会社)(2021/1/22)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(8):
3Dスキャナー活用で設計力の向上、設計者の“働き方改革”を実現する
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第8回は、設計力/現場力の向上や設計者の働き方改革の実現に向けた“3Dスキャナー活用”について詳しく解説する。(2021/1/13)

TCT Japan 2021:
レーザーとLED、2つの光源を備えた最新3Dスキャナー「EinScan HX」
日本3Dプリンターは3Dプリンティング&AM技術の総合展示会「TCT Japan 2021」に出展し、2021年発売予定のShining 3D製最新3Dスキャナー「EinScan HX」による高精度3Dスキャンのデモンストレーションを披露した。(2020/12/21)

脆弱性管理の実践ポイント(終):
日々増える「脆弱性」を何とかしたい企業に贈る、脆弱性管理を導入する前に検討すべき5ステップ
自社で脆弱性管理を実践しようと考えている企業のために、脆弱性スキャナーの種類や脆弱性管理のステップなどを解説する連載。最終回となる今回は、脆弱性管理を導入するための具体的なステップについて。(2020/12/17)

お値段220万円! ブラザーからプロジェクターとスキャナー機能がついた高機能ミシンが登場
ミシンがすごいことになってる。(2020/12/9)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(7):
いまさら聞けない 3Dプリンタの後処理
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第7回は、造形終了後の“後処理”にフォーカスし、その手順について詳しく解説する。(2020/12/7)

目の前の人やものを“彫刻化”するスマホアプリ KDDIが開発
KDDIが、目の前の人やものを彫刻のように表示するスマホアプリの提供を始めた。「LiDARスキャナ」を搭載したiPhoneでアプリを稼働すると、いくつもの小さな球体のガラスが人や物体の表面を覆い尽くすように表示される。(2020/11/24)

脆弱性管理の実践ポイント(2):
脆弱性管理をどのように成熟させていくべきか――成熟度向上における6つのポイント
自社で脆弱性管理を実践しようと考えている企業のために、脆弱性スキャナーの種類や脆弱性管理のステップなどを解説する連載。今回は、いかにして脆弱性管理の成熟度を向上させるかについて。(2020/11/16)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(6):
造形品質を大きく左右する3Dプリンタのキャリブレーションの重要性
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第6回は、3Dプリンタを実際に動かす前に必要な“セッティング(段取り)”について詳しく解説する。(2020/11/4)

IT用語解説系マンガ:食べ超(197):
脆弱性スキャナーが隠れた仏像を発見
念仏を唱えるとログインできるのは脆弱(ぜいじゃく)性ではなく仕様とのことでした。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/10/28)

明日から使えるITトリビア:
iPhone 12 Proシリーズに搭載の「LiDARスキャナ」って何だ? カメラとの連動で暗所撮影に力を発揮
米Appleが発売する「iPhone 12 Pro」シリーズに搭載される「LiDARスキャナ」。暗所でのカメラのAF性能が最大で6倍向上するというが、そもそもLiDARとは何か、解説する。(2020/10/21)

「iPhone 12 Pro/Pro Max」発表 3眼カメラ+LiDARスキャナー搭載 10万6800円から
米Appleが10月13日(現地時間)、「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」を発表した。iPhone 12 Proが6.1型、iPhone 12 Pro Maxが6.7型のSuper Retina XDRディスプレイを搭載。アウトカメラは広角、超広角、望遠のレンズに加え、距離を測定できる「LiDARスキャナー」を新たに搭載した。(2020/10/14)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(5):
3Dプリンタの設定を追い込む!! スライサーの役割と基本項目を学ぶ
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第5回は、3Dプリンタによる造形を制御するソフトウェア「スライサー」の一般的な設定項目について詳しく解説する。(2020/10/14)

脆弱性管理の実践ポイント(1):
脆弱性管理を始める前に知っておきたい、脆弱性スキャナーの種類とその役割
自社で脆弱性管理を実践しようと考えている企業のために、脆弱性スキャナーの種類や脆弱性管理のステップなどを解説する連載。初回は、脆弱性スキャナーの種類とその役割について。(2020/10/13)

スマートコンストラクション:
トプコン、3Dレーザースキャナー新製品「GLS-2200シリーズ」
トプコンは高精度な3D点群データ計測が可能な3Dレーザースキャナー「GLS-2200シリーズ」を発売した。建設工事における生産性のさらなる向上と、i-Constructionの普及・促進に貢献していく。(2020/10/12)

エプソン、業務での大量スキャンにも向くA3対応ドキュメントスキャナー「DS-32000」など3製品
エプソンは、A3判対応ドキュメントスキャナー「DS-32000」など計3製品の発表を行った。(2020/9/17)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhone、指紋センサー復活はある? カメラはどうなる?
iPhone 12(仮)シリーズのウワサ検証。今回はカメラと生体認証に焦点を当てる。新型iPhoneはLiDARスキャナーを備え、指紋センサーが復活する?(2020/9/14)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(4):
絶対に押さえておきたい、3Dプリンタ活用に欠かせない3Dデータ作成のポイント
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第4回は、3Dプリンタを活用する上で欠かせない「3Dデータ」に着目し、3Dデータ作成の注意点や知っておきたい基礎知識について解説する。(2020/9/3)

第6回 SEMI Japan ウェビナー:
EUVスキャナー、出荷は堅調だが稼働率の課題も
SEMI Japanは2020年8月25日、「第6回 SEMI Japanウェビナー」を開催した。今回のウェビナーにはASMLジャパンが登壇し、EUV(極端紫外線)リソグラフィ装置の最新状況を含めた同社の近況を報告した。(2020/8/28)

3Dスキャナーニュース:
黒色塗装面や光沢面を高精度に、3Dスキャナーの弱点を克服した「MetraSCAN 3D」
アメテック クレアフォーム事業部(Creaform)は2020年8月4日、都内で新製品3Dスキャナー「MetraSCAN BLACK」に関する記者発表会を開催し、製品概要の説明と併せて、実機によるデモンストレーションを披露した。(2020/8/19)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(3):
いまさら聞けない 3Dプリンタの選定基準
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第3回は、3Dプリンタの特長や造形方式による違いなどに触れつつ、導入時に検討すべき「3Dプリンタの選定基準」について解説する。(2020/7/28)

脆弱性対策・管理入門(終):
脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来とは
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。最終回は、脆弱性管理とセキュリティ診断サービスの未来について。(2020/7/21)

3Dスキャナーニュース:
ポータブル光学式CMMスキャナーの最新バージョンを発売
Creaformは、ポータブル光学式CMMスキャナー「MetraSCAN 3D」の最新バージョンを発売する。従来比4倍の解像度とスキャン速度を備え、製造現場ですぐにメトロロジーグレードの3D測定と検査を実施できる。(2020/7/10)

脆弱性対策・管理入門(5):
脆弱性はアンチウイルスソフトやファイアウォールで守れるか
脆弱性対策の重要性を基本から説明し、脆弱性スキャナー/管理システムの有効性を説く連載。今回は、脆弱性対策におけるアンチウイルスソフトやファイアウォールの有効性について。(2020/7/8)

Googleのセキュリティスキャナー「Tsunami」、名称がGitHubで議論呼ぶ 関係者が参加し釈明
米Googleが発表したセキュリティスキャナー「Tsunami」を巡り、GitHubで議論が巻き起こった。その名称が、東日本大震災を思い起こさせる言葉だったからだ。プロジェクトメンバーの「magl0」氏が事情を説明し、事態は落ち着いたが、今後もこうした議論を完全になくすことは難しそうだ。(2020/7/1)

3Dスキャナーニュース:
新型iPad ProのLiDARを活用した3Dスキャンアプリ、課金なしでもフル機能
プロノハーツは、Appleが2020年3月に発売した新型「iPad Pro」のLiDARスキャナを活用し、対象物のメッシュ情報を取得してファイル出力できる3Dスキャンアプリ「pronoMeshScan」を、App Storeにて提供開始した。(2020/6/29)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(2):
3Dプリンタを活用した設計者の“働き方改革”
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第2回は、設計者の「働き方改革」の視点を交えながら、設計業務における3Dプリンタ活用の在り方について解説する。(2020/6/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.