「サーバ仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Microsoft、開発環境をまるごとクラウドPCとして用意できる「Dev Box」発表
米Microsoftが、アプリケーションの開発環境をまるごと、クラウドPCのようなデスクトップ仮想化の仮想マシンとして用意できる「Microsoft Dev Box」を発表した。5月25日からプライベートプレビューの申し込みを受け付けている。(2022/5/25)

「EC2 Instance Connect」エラー対処法【前編】
AWSの「EC2 Instance Connect」がエラーを起こす“あの原因”とは?
「EC2 Instance Connect」はAWSの仮想マシンサービス「Amazon EC2」に安全に接続するための便利なサービスだが、エラーが発生する場合がある。エラーの原因と対処法を紹介する。(2022/5/12)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

サーバ仮想化は死なず
コンテナ時代でも進化を続けるサーバ仮想化、7つのトレンド
すっかり影が薄くなったサーバ仮想化だが、進化や改善が終わったわけではない。クラウドやコンテナといったイノベーションの中で生まれたサーバ仮想化のトレンドを紹介する。(2022/4/27)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「サーバ仮想化基盤の導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/4/28)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(166):
「SQL Best Practice Assessment」でAzure仮想マシン上のSQL Serverを評価する
Microsoftは2022年3月17日(米国時間)、2021年11月からプレビュー機能として提供していたAzure仮想マシン上のSQL Server用「SQL Best Practice Assessment」の一般提供を発表しました。この機能を利用すると、Azure仮想マシンで稼働するSQL Serverの構成がMicrosoftのベストプラクティスに準拠しているかどうかを自動または手動で評価できます。(2022/3/25)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(165):
Azureの無駄な課金を防ぐ! OSディスク、データディスク、NIC、パブリックIPの「VMと共に削除」オプション
2022年2月、Microsoftは仮想マシンとその関連リソースを同時に自動削除するオプションが正式に利用可能になったことを発表しました。このオプションを構成していない既存の仮想マシンについても、Azure仮想マシンの削除時にオプトインすることができます。(2022/3/18)

テレワーク時代に適したVM管理の実践術【前編】
「ROBO」で動く仮想マシン(VM)をリモートで管理する方法
テレワークを推進する企業のIT管理者が、「ROBO」で動くVMをリモートで管理できるようにするには、どうすればよいのか。役立つ製品分野を紹介する。(2022/3/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(164):
再起動なしで長期運用を実現、Windows Server仮想マシンの「ホットパッチ」機能が正式版に
Microsoftは2022年2月16日(米国時間)、これまでプレビュー機能として提供されていたAzure仮想マシンの「ホットパッチ」機能を正式にリリースしました。運用環境において、長期間運用のためにこのパッチ管理機能を利用できるようになりました。(2022/2/25)

Windows 11時代に突入するIoT機器向けWindows(2):
仮想マシンなしでLinuxのGUIアプリも動作、IoT機器向けWindows10/11の最新機能
2021年10月に正式リリースされたWindows 11。組み込み機器向けあらためIoT機器向けのWindowsは、このWindows 11の登場によってどうなるのだろうか。本連載では、何が変わるのか、そして何が変わらないのかを中心に最新情報を紹介する。第2回は、Windows 10 IoT Enterprise 2021 LTSCを中心に最新機能を紹介する。(2022/2/24)

AWS、コンテナ特化で瞬時に起動するオープンソースの軽量VM「Firecracker」がバージョン1.0に到達
米AWSがオープンソースとして開発した、コンテナの実行に特化した軽量な仮想マシン「Firecracker」がバージョン1.0に到達。「AWS Lambda」や「AWS Fargate」でも使われているという。(2022/2/2)

山市良のうぃんどうず日記(224):
ある日突然「Microsoft Edge」が開かなくなった、さあどうしましょう
2021年末のある日のこと、1台のWindows 10コンピュータでMicrosoft Edgeを起動しても、一瞬、「応答なし」の真っ白なウィンドウが表示された後、消えてしまうという状態になってしまいました。さて、どうしましょう(実は、テスト/評価用の仮想マシンで作り直せばいいんですけど)。(2022/2/2)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【後編】
仮想マシン(VM)用セキュリティソフト「AppDefense」「Sophos for Virtual Environments」「McAfee MOVE AntiVirus」の違い
仮想マシン(VM)やVMが稼働する物理インフラを保護するために、ベンダー各社はVM用セキュリティソフトウェアを提供している。こうした製品の中から、VMware、Sophos、McAfeeの製品の機能や特徴を説明する。(2022/1/11)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【中編】
「仮想マシン(VM)用セキュリティソフト」選びに失敗しない4つの検討項目
仮想マシン(VM)用セキュリティ対策ソフトウェアを選択するときは、考慮すべき要素が幾つかある。自社にとって適切な製品を選定するために、検討すべき項目を説明する。(2022/1/5)

最適な「VM用セキュリティソフトウェア」を選ぶには【前編】
仮想マシン(VM)のセキュリティ対策で見落としがちな5つの落とし穴
安全に仮想マシン(VM)を運用するためには、適切なセキュリティ対策が不可欠だ。VMのセキュリティ対策で見落としがちなポイントを説明する。(2021/12/21)

「Hyper-V」と「VMware Workstation Pro」を比較【前編】
手元のPCでVM(仮想マシン)が動く 「Hyper-V」のいまさら聞けない長所と短所
MicrosoftとVMwareはそれぞれ、個人利用や小規模な利用に適したハイパーバイザーを提供している。まずはMicrosoftの「Hyper-V」のメリットとデメリット、適した用途を説明する。(2021/12/13)

コンテナネットワークの基礎知識【第11回】
コンテナと仮想マシン間の通信はなぜ必要? 「OpenShift」「ACI」「NSX」のCNIとは
Kubernetesクラスタ内ではCNIプラグインを使ってコンテナ間の通信が実現します。「Cisco ACI」「NSX-T」「OpenShift」といったSDN製品による、オンプレミスインフラ向けのCNIプラグインを紹介します。(2021/12/22)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【後編】
VMware仮想マシン(VM)を「AWS」に移す簡単な方法
オンプレミスのVMware製品で構築したVMのAWSへの移行は、適切なツールを使えば可能に実行できる。移行に使えるツールと移行手順を説明する。(2021/11/22)

「VM」のコストを算出する方法【第4回】
仮想マシン(VM)のコストが「1回見積もれば終わり」ではない理由
VMの稼働に必要なコストを算出する方法を理解したら、実際のコストを見積もってみるとよい。ただし見積もりをする場合には注意すべき点がある。それは何なのか。(2021/11/19)

オンプレミスのVMをAWSにスムーズに移行する方法【前編】
企業がVMware仮想マシン(VM)を「AWS」へ移す理由と、移して後悔する理由
オンプレミスのVMware製品からAWSへのVMの移行は、複雑な作業を必要とせずに実施できる場合がある。VMのAWS移行にはどのようなメリットがあるのか。考慮すべきデメリットとは。(2021/11/15)

「VM」のコストを算出する方法【第3回】
仮想マシン(VM)を1時間動かすために必要なメモリ、プロセッサのコストは?
IT部門がVMの稼働に必要なコストを見積もる場合、どのような計算をすればよいのか。VMを動かす物理サーバのリソースに注目し、適切な計算方法を説明する。(2021/11/12)

「VM」のコストを算出する方法【第2回】
仮想マシン(VM)コストを左右する「メモリ」「プロセッサ」使用量の計算方法
VMの稼働にかかるコストを見積もるには、適切な方法で計算する必要がある。コストに大きく影響する要素が、VMの稼働に利用する物理サーバのリソース量だ。その計算方法を説明する。(2021/11/5)

「VM」のコストを算出する方法【第1回】
仮想マシン(VM)の「固定費」「変動費」とは? 総コスト見積もりの第一歩
VMを稼働させる際には、そのために生じるコストの見積もりが必要だ。VMのコストを適切に評価するための計算方法を説明する。(2021/10/29)

山市良のうぃんどうず日記(217):
人知れず消えた古い「仮想マシン構成バージョン」のサポート
最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースに続いて、最新デスクトップOS「Windows 11」の一般提供が始まりました。これらのOSをプレビュー段階から評価している中、1年以上気が付かなかった、「Hyper-V」の重要な仕様変更を見つけました。筆者が気が付かなかっただけのことですが、そもそも公式ドキュメントが追い付いていないんです。(2021/10/20)

「さくらのクラウド」に「NVIDIA V100」搭載サーバを使える新プラン 1時間481円から
さくらインターネットが、IaaS「さくらのクラウド」の新プランとして、GPU「NVIDIA V100」を搭載した仮想サーバを1時間単位で利用できる「さくらのクラウド 高火力プラン」の提供を始めた。短期間に高いパフォーマンスの計算資源が必要な機械学習などで利用を見込む。(2021/10/8)

2021年第4四半期に提供開始:
メモリエラーは最も厄介なハード障害、Googleが対抗策を展開へ
クラウドを利用している場合であっても、メモリエラーから逃れることは難しい。自社の仮想マシンとは無関係な領域で発生したメモリエラーの巻き添えを食らってしまい、仮想マシンの再起動が必要な場合もある。Googleはこのような問題を解決する対抗策を2021年第4四半期から、Google CloudのIaaS「Google Compute Engine」で展開する。(2021/10/1)

「腹を割って話す」ことが大切:
通称「魔境」の更改を巡り開発部門と運用部門が対立――NTT Comの仮想サーバ基盤Kubernetes移行の裏側
NTTコミュニケーションズはオンプレミスの仮想サーバ基盤をマネージドKubernetes環境に移行したという。プロジェクト半ばで課題となった部門間のすれ違い、体制面をどう解決に導いたのか、NTTコミュニケーションズでSREを務める船柳孝明氏が語った。(2021/9/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(155):
Windows Server 2022の新機能「SMB over QUIC(プレビュー)」のカンタン評価ガイド
Windows Server 2022の新機能の一つに、インターネットフレンドリーなUDPポート443でセキュアなSMB接続を実現する「SMB over QUIC」があります。この機能はプレビュー機能であり、ファイルサーバ側はAzure仮想マシン上にある必要があります。この評価環境をできるだけ簡単に準備する方法を紹介します。(2021/9/9)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)

Tech TIPS:
待望のWindows 11プレビュー版 ISOイメージファイルをダウンロードする
MicrosoftのWindows Insider Programで、Windows 11プレビュー版のISOイメージファイルの提供が始まった。ISOイメージファイルを使えば、Windows 11プレビュー版を、直接PCや仮想マシンにインストールできる。Windows 10をインストールしてから、Windows Insider Programに参加して、Windows UpdateでWindows 11のプレビュー版にする必要がないので、手軽にWindows 11プレビュー版を試すことが可能だ。(2021/8/25)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【後編】
仮想マシン(VM)を自宅で動かす場合の「ハイパーバイザー」「ネットワーク」の条件とは? 「VM管理ソフトウェア」は必要か?
企業がデータセンターでVMを稼働させる場合は、ハイパーバイザーとネットワーク、VM管理ソフトウェアを用意することが一般的だ。自宅でVMを動かすときはどうなのか。それぞれの必要性と選び方を説明する。(2021/8/13)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【中編】
仮想マシン(VM)が自宅で快適に動く「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方
自宅でVMを構築するには、条件に合ったハードウェアが必要だ。自宅でVMを快適に動かすための、適切な「CPU」「メモリ」「ストレージ」の選び方を説明する。(2021/8/6)

「Windows 365」サービス開始 月額2992円から
Windows 10/11をインストールした仮想マシン(VM)をクラウド経由で利用できる「Windows 365」が、予定通り始まった。日本でのライセンス体系が明らかとなったので、簡単にまとめる。(2021/8/3)

「仮想マシン」を自宅で動かすための製品選定ガイド【前編】
仮想マシン(VM)を自宅で動かすには「物理サーバ」は必要? それとも不要?
自宅にVMを構築することで、テレワーク中でも新しいアプリケーションを試したり、サーバ仮想化技術の勉強をしたりできる。自宅でVMを構築するときの注意点と、サーバの選び方を説明する。(2021/7/30)

Windows 10 Hyper-V入門:
Hyper-Vとサードパーティー製仮想マシン環境を共存させる
Hyper-Vだけでなく、場合によってはサードパーティー製の仮想マシン環境ソフトウェアを使わなければならないこともある。そのような場合、Hyper-Vを無効化せずに、サードパーティー製の仮想マシン環境ソフトウェアを使う方法について解説する。(2021/7/29)

ハード&ソフトによるセキュリティ機能
「マイクロ仮想マシン」でマルウェアを防ぐ「HP Wolf Security」
HP Wolf SecurityはPCに実装されたセキュリティ機能とソフトウェアによってBIOSレベルからPCを保護する。OSにソフトウェアをインストールするだけでは不十分という時代が来るかもしれない。(2021/7/12)

VMのスナップショットとバックアップの違い【後編】
仮想マシンを守る「バックアップ」の基礎 スナップショットとの違いは?
VMの停止時に復元できるようにする仕組みがバックアップだ。バックアップが適した用途と注意点、スナップショットとの違いを説明する。(2021/7/8)

VMのスナップショットとバックアップの違い【前編】
仮想マシンを守る「スナップショット」の基礎 その仕組みと用途とは?
VMの貴重なデータを失わないためには、管理者はスナップショットとバックアップの違いを理解する必要がある。両者は何が違うのか。まずはスナップショットを理解しよう。(2021/6/25)

山市良のうぃんどうず日記(209):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシン環境に再現してみた
前回は、「Windows Server 2019 IoT for Storage」搭載NASを試用するに当たって、実機ではリスクのある操作を行う代わりに、安全にいろいろと試せるようにHyper-V仮想マシン環境にWindows Server 2019をインストールし、ソフトウェアRAIDでOSとデータボリュームをミラーリングしました。今回は、この仮想マシン環境を使っていろいろと試してみます。その結果を踏まえた上で、実機でもディスクの抜き差しをテストしてみます。(2021/6/23)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【後編】
「コンテナ」は「サーバ仮想化」と何が違うのか? どちらを選べばよいのか
ワークロード実行環境として「コンテナ」の採用が広がりつつある。コンテナとサーバ仮想化の違いは何か。どちらの技術を採用すべきかを考えるときのポイントとは。(2021/6/18)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(187):
ラボ環境のメモリが足りない! あるサーバアプリのハードウェア要件が右肩上がりな件について
1年以上前に筆者のラボ環境の仮想マシンにインストールした「Microsoft Endpoint Configuration Manager」を、最近リリースされた最新バージョンにアップデートしようと思ったら、あれやこれやで丸一週間かかりました。(2021/6/16)

「サーバ仮想化」「コンテナ」の基礎知識【前編】
タイプ1とタイプ2のハイパーバイザーとは? 完全仮想化と準仮想化の違いは?
「サーバ仮想化」と一口に言っても、それを実現する技術はさまざまだ。「タイプ1ハイパーバイザー」「タイプ2ハイパーバイザー」の違いと、「完全仮想化」「準仮想化」の違いを整理しよう。(2021/6/11)

山市良のうぃんどうず日記(208):
Windows NASの可用性をいろいろと試したくて――仮想マシンにNAS環境を再現する方法
最近、「Windows Server IoT 2019 for Storage」搭載NASを試用する機会がありました。ディスク障害からの回復性をいろいろと試してみたいのですが、実機で試すにはリスクがありますし、時間もかかります。そこで、仮想マシンに同様の環境を再現して、そちらで試してみることにしました。その詳細を、今回と次回の2回にわたってお伝えします。(2021/6/9)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
サーバ仮想化で性能向上&管理を簡素化、事例で学ぶストレージ刷新の新機軸とは
仮想化されていないサーバ環境の諸課題を解消すべく、ストレージ刷新に取り組んだABC Photosigns。高解像度画像で構成されるデータセットの保護/活用と、プライマリー/セカンダリー両方での利用を見込み、選ばれた製品の実力とは?(2021/8/2)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【後編】
サーバ仮想化の導入を阻む「リソース競合」「アプリパフォーマンス低下」問題
サーバ仮想化製品を導入することでアプリケーションの処理速度が低下したり、予想よりも多額の管理コストがかかったり可能性がある。こうした問題を防ぐための方法とは。(2021/6/4)

日立とVeeamが協業し、基幹システムのクラウド移行支援ソリューションを提供
日立はVeeamと協業して「仮想マシン移行ソリューション」の提供を開始した。クラウドと互換性がない仮想化ソフトウェアを利用する基幹システムをクラウドに移行する際の、移行方法の検討と移行作業を支援する。(2021/6/1)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【中編】
「仮想マシンの構築が簡単過ぎる」ことがもたらす深刻な問題とは?
サーバ仮想化製品のデメリットには、どのようなものがあるのか。導入後に起こり得るトラブルを予防するために、主なデメリットと、その解決策を理解しよう。(2021/5/28)

山市良のうぃんどうず日記(207):
2021年初夏、懐かしの「Windows 8」を新規インストール&更新してみたら……
Windows 8は2016年1月にサポートが終了し、既に5年以上たちます。しかし、少し確認したいことがあって仮想マシン環境に新規インストールする機会がありました。ついでにWindows 8としての最新状態まで更新して仮想ハードディスクをアーカイブとして保管しておきたいと思います。(2021/5/26)

TechTarget発 世界のITニュース
NVIDIAがVMware「vSphere」向けのAIソフトウェア群を発表 何ができるのか?
NVIDIAはAI技術を使ったアプリケーションをVMwareのサーバ仮想化ソフトウェアで動かすための新製品を発表した。ユーザー企業は何ができるようになるのか。(2021/5/25)

サーバ仮想化の10個のデメリットとその解決方法【前編】
「サーバ仮想化」のデメリットとは? コスト増大、仮想マシン増殖のリスク
効率的なリソース使用や容易な実装を実現するサーバ仮想化製品。さまざまなメリットをもたらすサーバ仮想化製品だが、デメリットもある。主要なデメリットとその解決方法を説明する。(2021/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.