• 関連の記事

「サッカー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!サッカー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でサッカー関連の質問をチェック

関連キーワード

「怖いか?私のリフティングの才能が」 ヤンマー建機が披露したショベルカーのボール遊びに「すごーーい!!!」「うまい!」「ショベルサッカーWCの日も近いな」
過去にはサッカー選手とのコラボも。(2024/7/8)

生成AI時代にリーダーは不要? 岡田武史さんが元・松尾研のAI研究者と考えた
都内で開かれた「Atlassian TEAM TOUR Tokyo」で、サッカー日本代表元監督の岡田武史さんと、東京大学松尾研究室出身のAI研究者・今井翔太さんが対談した。AI時代にこそ、リーダーの人間性や、チームメンバーの主体性が問われるという。その真意とは――。(2024/7/5)

「仕事中に見るんじゃなかったw」 サッカーゲームの“八百長どころじゃない謎挙動”に笑い 「これはぶっ飛ばしていいw」
八百長だとしたらヘタすぎる。(2024/6/25)

水原一平被告を取り上げた教科書、内容を差し替え サッカー日本代表のシェフに変更
(2024/6/20)

Marketing Dive:
メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・ベッカムがナレーションを務める90秒のヒーロー動画には、リオネル・メッシをはじめサッカー界のアイコンが集結した。(2024/6/14)

歴史あるスタジアムに進化版Wi-Fi
「Wi-Fi 6E」で何が変わった? ドイツのサッカー名門が使う“6GHz帯”無線LAN
ドイツのクラブチーム、ドルトムントがホームスタジアムに「Wi-Fi 6E」準拠の無線LANを導入し、顧客体験の向上と運営の効率化を図る。Wi-Fi 6Eにどのような効果を見込んでいるのか。(2024/6/14)

元日向坂46・影山優佳の実弟が“サッカー人生終了”告白…… 悔しさつづる“ハンサムボーイ”に姉からメッセージ「新しい未来も絶対に大丈夫」
いいお姉ちゃんだ。(2024/5/17)

Marketing Dive:
サッカー欧州CLを早朝に観戦するアジアのファンのためにハイネケンが仕掛けた意外過ぎるキャンペーンの中身
時差のためUEFAチャンピオンズリーグを早朝に視聴せざるを得ない韓国のサッカーファンのため、ビールブランドのHeineken(ハイネケン) がコインランドリーとコラボしたユニークなキャンペーンを実施している。(2024/5/6)

The FAのCIOに聞くデータ活用と意思決定【後編】
伝統のサッカー協会が実践、ファンを幸せにする「プロダクト志向」の開発とは?
イングランドサッカー協会(The FA)は、CIOクレイグ・ドナルド氏の指揮の下でアジャイル型のサービス開発を推進している。どのような取り組みが進んでいるのか。(2024/5/2)

The FAのCIOに聞くデータ活用と意思決定【前編】
イングランドサッカー協会が「GCP」の導入と「アジャイル」に積極的な理由
イングランドサッカー協会(The FA)のCIOは自身を「大のサッカーファンではない」と評する。そのような人物はどのようにリーダーシップを発揮し、各チームの監督やメンバーをITでけん引しているのか。(2024/4/17)

カレンダー共有アプリ「TimeTree」に企業のイベント情報を活用する新機能 Abemaサッカー、芸術新潮など
カレンダーシェアアプリ「TimeTree」に企業が発信するカレンダーと連携する「公開カレンダー」正式版が実装。ユーザーはイベントやセールの予定、スポーツチームの試合日程などを活用できる。(2024/4/9)

日本とも対戦した南アフリカ代表サッカー選手、銃撃され逝去 所属クラブが発表「早すぎる悲劇的な訃報」
謹んでお悔やみ申し上げます。(2024/4/5)

サッカー実況アナ、電車内で危機一髪の人助け 突然の出来事にパニックも「新宿中に響くような声で叫んだ」
安田アナ「まだ手が震えてる」(2024/3/18)

本田圭佑氏の目に、日本のAIスタートアップはどう映る? 「かなり不利だが、ギブアップしてはいけない」
サッカー元日本代表で、実業家としても知られる本田圭佑氏が、日本のAIスタートアップ動向について語った。(2024/3/18)

「キレイ過ぎるおばあちゃん」 MALIA.、サッカー選手長男と再会 孫抱いた姿に「大きくなりましたねー!」
2023年12月に初孫の誕生を報告していました。(2024/3/12)

“サッカー界の世界的スター”SNSにF1角田裕毅が登場 「すごい」「もっと話題になって良い一枚だろ」
いい写真だ。(2024/3/5)

小栗旬、サッカー元日本代表の“弟分”と親密ショット 2人そろって“ムキムキ上腕”披露し「筋肉やばすぎ」「腕ふとっ」
長く親交のある2人。(2024/2/19)

元サッカー日本代表・久保竜彦、47歳で初孫誕生 “若じいじ姿”を初公開で「カッコいい」「ドラゴンまだ40代」
おめでとうございます!(2024/2/17)

ABEMAでDAZN視聴できるプラン登場 Jリーグや欧州サッカーなど月額4200円で プロ野球はなし
2月23日から提供。(2024/2/16)

サッカーの試合に迷い込んでしまったワンコ イエローカードをもらうも自由奔放に駆け回る姿にスタジアムが大盛り上がり【チリ】
今試合、唯一のイエローカードです!(2024/2/8)

ROLAND、来日した“神”サッカー選手との2ショットに大反響「凄すぎ!」「ガチか」 “偏見ナシ”の態度に感謝「フレンドリーに接してくれて」
ROLANDさん「俺か、レオか、それ以外か」(2024/2/7)

木下優樹菜、3年間同居のJリーガーが韓国移籍で「寂しい〜!」 食事管理に意気込み「パートナーとして支えたい」
木下優樹菜さん「まずはケガなくサッカーをがんばってほしい」(2024/1/20)

8カ月で娘を亡くした元サッカー選手、第2子誕生を公表も命名に“違和感”訴えられ反論 亡き娘と同じミドルネームになった理由明かす
現在は娘の名前を冠した団体で病児を支援しています。(2024/1/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
サッカー、ゴルフ、F1…… 「アラブの盟主」サウジが進める巨額投資の狙いとは
(2023/12/29)

元サッカー日本代表が3人も! 本並健治夫妻、香川真司と遭遇し興奮 25歳差の現役後輩に「年齢的にも面白くなってくる」
現役の香川選手へのエールも。(2023/12/19)

松嶋尚美、長男が12歳バースデー 最新ショットに「オシャレ」「2世タレントになりそう」 夏にはサッカー海外遠征も話題に
「また1年仲良く楽しく過ごしてね!」「Love you」(2023/12/15)

丸山桂里奈、0歳娘がサッカーに興味津々「やばすぎるよ」 テレビにかぶりつきも「家にボールはありません」
なお、丸山さんは現役時代にあまりテレビでサッカーを見ていなかったもよう。(2023/12/3)

元サッカー日本代表選手、新幹線で“神”と遭遇 「ありえないでしょ!」「元気そう!」と驚きの声あがる
そんなことある?(2023/11/29)

「嬉しい偶然じゃ」木村和司、移動中の列車でラモス瑠偉にばったり 元サッカー日本代表の再会に「レジェンド」「まさに運命」の声
黎明期のJリーグを支えた2人でもある。(2023/11/11)

リバプールFCのデジタル活用
サッカー日本代表MFの“電撃移籍”でもリバプールFCのクラウドが余裕だった訳
日本代表のミッドフィルダー(MF)である遠藤 航氏の電撃移籍により、リバプールFCの各種配信サイトへのアクセスが殺到した。しかし同クラブは、ITシステムを刷新していたことから余裕を持って対処できた。(2023/10/23)

元日向坂46・影山優佳、大手芸能プロ移籍で“憧れの世界”に挑戦「新たなスタートを切る」 サッカー知識&MENSA会員で注目
おめでとうございます!(2023/10/13)

小野伸二、44歳で現役引退 25年のプロサッカー人生幕切れへ「僕の相棒として戦ってくれた“足”が休ませてくれと」
今季をもって退く、とのことです。(2023/9/27)

サッカーU-21日本代表飛び級選出の松木玖生、結婚発表 「ファン・サポーター、そして妻のためにプレーします」
おめでとうございます!(2023/9/22)

1994年から協賛:
ハイネケン、欧州CLのスポンサー契約更新 2027年までの3年契約
UEFA(欧州サッカー連盟)は主催する「チャンピオンズリーグ」のスポンサーシップ契約について、ハイネケンとの契約を更新すると発表した。新契約の期間は2024年から27年までの3年間。金額は明らかにしていない。(2023/9/21)

サッカーでイエローカードを出される→UNOのリバースカードで対抗 YouTuberのチャリティー試合で珍プレー
イエローカードを逆転?(2023/9/20)

サッカー日本代表がドイツに快勝、W杯に続く2連勝を各国メディアはどう報じた?
ドイツ国内では、同国のハンジ・フリック監督に厳しい声が。(2023/9/10)

エンタメ×ビジネスを科学する:
W杯の快挙で注目急上昇 バスケは「国民的スポーツ興行」になるか?
FIBAバスケットボールワールドカップ2023の日本代表の快挙が話題だ。48年ぶりの自力出場となる、パリ五輪への出場権を獲得した。国内ではBリーグも盛り上がりつつあるなか、バスケは野球やサッカーと並ぶ「国民的スポーツ興行」になるか。(2023/9/8)

人的資本経営とCHROの役割(2):
マネジャーが育たない! 「プロ野球型」日本企業の根深い問題
なぜ日本でマネジメント人材が育たないのか。マネジャー登用システムの「プロ野球型」「プロサッカー型」とは? 日本のマネジメント育成に関する問題点と解決策について解説する。(2023/9/6)

元サッカー日本代表・高原直泰、今季限りで現役引退 「多くの方々に支えられて選手としてここまでやってこれました」
柏木陽介選手、稲本潤一選手らがコメント。(2023/8/31)

デジタル変革の旗手たち:
できることからDXにむかって――JFA 鈴木隆喜氏
「サムライ・ブルー」の愛称で親しまれているサッカー日本代表のイメージが強い日本サッカー協会(JFA)だが、実は代表チーム強化はその取り組みの1つにすぎない。サッカー競技の普及と振興を図り、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的として設立された公益財団法人であり、その活動の幅は広い。現在の目標は、2050年にサッカーを愛する仲間であるサッカーファミリーを1000万人にすること、FIFAワールドカップを再び日本で開催し優勝することの2つである。取り組みの一環として、ITを活用したDXにも取り組んでいる。JFAのDX推進について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/8/29)

平愛梨、10年来の“天野会メンバー”とサッカー生観戦ショット 夫・長友佑都を「大好きな人たちと一緒に応援!」
ずっと仲良しな天野会。(2023/8/28)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
海外サッカーってどうやって見りゃいいんだ! サブスク&放送の状況をまとめたら複雑すぎた
今年もヨーロッパのサッカーシーズンが到来しました! ただ、その熱い試合を視聴する方法が、実は結構分かりにくいんです。(2023/8/26)

今日のリサーチ:
スポーツ中継の視聴目的で動画サービスに新規加入・利用「経験あり」が56.7%――Appliv調べ
野球やサッカー、ボクシングなど注目度の高いスポーツコンテンツが動画配信サービスに新規加入者や利用者を増やす大きな原動力となっているようです。(2023/8/24)

サッカーW杯優勝ゴールを決めたスペイン代表、決勝直前に父親が亡くなっていた あとから知らされ「パパが力を与えてくれた」
優勝後に知らされたそうです。(2023/8/21)

すごっ! 松嶋尚美、11歳息子がサッカー東京選抜で海外遠征へ ユニフォーム忘れるうっかりに「遠征で少しでもしっかり者に」
将来はプロサッカー選手かな?(2023/8/17)

元サッカー日本代表YouTuberの那須大亮、41歳で現役復帰の一報にネット湧く 「スゴいな、この人も。決断したクラブも」
異例の復帰。(2023/8/15)

サッカー日本代表が移籍→「スーツ女性」との2ショット拡散も…… まさかの戦慄展開にファン「背筋凍った」
こんなことがあるのか……。(2023/8/15)

スピン経済の歩き方:
大正製薬がサントリーを痛烈批判! 「業界の慣習を守れ」リリースは、なぜ世間に響かないのか
大正製薬のリリースが物議を醸している。サッカーの三浦知良のCM起用をめぐって、サントリーウエルネスを批判しているわけだが、いまひとつ共感を得られていない。その理由は……。(2023/8/8)

Marketing Dive:
サッカー女子W杯動画をTikTokで流すのは、なぁぜなぁぜ? FIFAが提携した納得の理由
TikTokとFIFAが提携し、女子サッカーワールドカップ関連コンテンツをTikTokで配信している。FIFAがプロモーション先としてTikTokを選んだ理由は?(2023/8/7)

「急に寂しさが押し寄せて」 原田龍二、サッカー留学で再渡米の息子を初見送り 妻へ「完全におかしな一日だった」
原田さん「いつでも愛を持って見守り続けます」(2023/8/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.