• 関連の記事

「南米」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「南米」に関する情報が集まったページです。

電動化:
中国自動車メーカーの成長続く、垂直統合や長時間残業が強みに
アリックスパートナーズは自動車業界の展望レポートの最新版を発表した。(2024/7/11)

焼肉店の倒産、過去最多ペース なぜ?
焼き肉店の倒産が急増している。帝国データバンクが発表した今年1〜6月の焼肉店の倒産件数(負債1000万円以上)は、前年同期比2.5倍の20件で、過去最多ペースとなった。(2024/7/10)

東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
衝撃すぎる……。(2024/7/8)

2024年第1四半期のインフラ支出動向:
クラウドインフラ支出が引き続き高成長、AI投資がけん引 IDC
IDCは、2024年第1四半期の専用、共有クラウドコンピュートおよびストレージインフラハードウェアと、それ以外の非クラウドインフラハードウェアの支出動向を発表した。(2024/7/8)

石野純也のMobile Eye:
モトローラが日本市場で急成長している理由 1年で出荷台数2倍以上、「edge」「razr」の販路拡大がカギに
モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月3日、「motorola edge 50 pro」とそのソフトバンク版にあたる「motorola edge 50s pro」を発表した。2023年からキャリアとの関係を強化しているモトローラだが、ソフトバンクとタッグを組んだことも功を奏し、出荷台数は急増している。そんなモトローラが成長している要因を分析した。(2024/7/6)

コスパ十分の「motorola edge 50 pro/50s pro」で重視した3つの“体験価値” 新たなユーザー獲得につながるか
モトローラ・モビリティ・ジャパンは7月3日にスマートフォンのミドルハイモデル「motorola edge 50 pro」「motorola edge 50s pro」を発表した。発表会には2023年12月12日に社長に就任した仲田正一氏が登壇。同社が注力していることや、新製品の開発に際してこだわったポイントを語った。(2024/7/3)

サポートや物流強化:
24年は日本に注力、DigiKey社長が事業戦略を語る
米大手ディストリビューターのDigiKeyは2024年6月20日、報道機関向けの事業説明会を実施した。同社社長のDave Doherty氏は、2024年の注力国として日本を挙げ、各種サポートや情報提供、物流を強化すると説明した。(2024/6/28)

Innovative Tech:
「家猫」は脅威の“侵略動物”か さまざまな生物を絶滅に追い込んだ? 「2000種以上を食べてきた」
米オーバーン大学などに所属する国際的な研究チームは、家猫(Felis catus)が生態系に及ぼす影響について大規模に調査した研究報告を発表した。(2024/6/26)

Xiaomiが最大成長、Huaweiの復活も カウンターポイントの世界スマホ市場調査
カウンターポイント社は、2024年第1四半期スマートフォングローバル市場は出荷量ベースで前年同期比6%成長したと発表。主に欧州、中東/アフリカ(MEA)、カリブ/中南米(CALA)での業績好調に起因するという。(2024/6/17)

Marketing Dive:
メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・ベッカムがナレーションを務める90秒のヒーロー動画には、リオネル・メッシをはじめサッカー界のアイコンが集結した。(2024/6/14)

「とんでもねぇの撮れた」 フランス旅行中にスナップを撮影したら…… まるで“ウユニ塩湖”のような絶景に「神秘的だ」
娘さんのコーデも絶妙にマッチ。(2024/6/13)

CEOらの7割が「2024年のビジネス成長機会」と認識 ガートナー調査で浮かび上がった“あの項目”
ガートナーのグローバル調査によると、世界のCEO、上級経営幹部層の69%が「ある項目」について、「2024年の主要なビジネス成長機会」と捉えていることが分かった。一体何か。(2024/6/11)

「マッドマックス」45年の歴史と早逝した“相棒”の存在 名監督の現パートナーが語るヒットの法則 「マッドマックス:フュリオサ」プロデューサーインタビュー
意外と知らない映画プロデューサーのお仕事。(2024/5/31)

人間の奥歯そっくりの歯が並ぶ“怪魚”に、クルミを与えると…… 予想外の結果に「吹いたw」「コロソマかわいいと思ったの初めて」
木の実をかみ砕くといわれている魚です。(2024/5/27)

「消せるボールペン」は全世界44億本販売 海外で爆発的な人気を誇る日本製文具の品質
日本製文具の人気が海外で高まっている。ペーパーレス化や少子高齢化で長期的な国内市場は縮小が避けられない見通しだが、海外ではボールペンなどの筆記具を中心に、上質な日本製文具の支持が高く、アート制作用やギフト向けも強い。(2024/5/26)

「すごいの出来た」 松屋が“新メニュー作り”をAIに任せたら……? 衝撃のビジュアルに仰天「誇張しすぎ」
松屋が何にでもみそ汁付けるのは、AIも分かってるっぽい(?)。(2024/5/22)

材料技術:
日本発の冷感技術で酷暑対策、住友化学の樹脂蓄熱材がクーリングウェアに採用
リベルタは、住友化学の世界初の固体ポリマー型温度調節材料「コンフォーマ」を用いた繊維と、ユタックスによる世界トップレベルの冷感プリントを組み合わせ、3社による協力で開発したクーリングウェア「氷撃α」を2024年6月下旬に発売する。(2024/5/22)

コーヒー、カカオ、バナナの実態:
バナナが食べられなくなる未来も? 気候変動が生産地に与える被害のリアル
2023年、国内フェアトレード市場は初めて200億円を突破した。喜ばしいニュースだが、現在も生産者は気候変動による被害を受けている。コーヒー、カカオ、バナナの被害の実態を見てみよう。(2024/5/20)

松屋にアルゼンチンの味登場! “魔法のソース”使った「チミチュリソースハンバーグ定食」
外交官からのお墨付き。(2024/5/16)

2023年第4四半期のインフラ支出動向を発表:
AI投資の爆発的増加がクラウドインフラ支出に影響 IDC
IDCは、2023年第4四半期のクラウドコンピュートおよびストレージインフラハードウェア支出を購入用途別、購入者別、地域別に分類した結果を発表した。AI投資の爆発的増加がクラウドインフラ支出を後押ししていると分析している。(2024/4/17)

約半数の企業は“初期段階” アイデンティティーセキュリティに関する調査が公開
SailPointテクノロジーズジャパンは企業のアイデンティティーセキュリティの成熟度に関する調査結果をまとめた「アイデンティティー セキュリティ調査レポート 2023」を発表した。調査から約半数は成熟度の初期段階にいることが分かった。(2024/4/17)

エンタメ×ビジネスを科学する:
鳥山明はその生涯で何を成し遂げたのか ドラゴンボールが果たしたある「機能」
日本の漫画・アニメ文化、そして日本の歴史にもたらした功績はあまりにも大きい。(2024/3/29)

電動化:
日産が新たな中計を発表、2026年度までに新型車30車種
日産自動車は販売台数の増加と収益性の向上に向けた2030年までの中長期的な取り組みをまとめた経営計画「The Arc」を発表した。2026年度までに足元から100万台の販売増と、営業利益率6%以上の達成を目指す。(2024/3/26)

トレンドは「世界同時消費」:
海外で売れる日本のアニメグッズ 「鬼滅の刃」「呪術廻戦」おさえた1位は?
海外のアニメ人気は止まらない。何のアニメグッズに人気が集まっているのだろうか。(2024/3/25)

エンタメ×ビジネスを科学する:
日本のアニメ、「配信バブル」は崩壊するか? かつてのブームとの決定的な違い
日本のアニメが大胆な投資に出られるようになった背景には「配信バブル」がある。これはいつまで続くだろうか?(2024/3/22)

セキュリティソリューション:
Copilot for Securityの一般提供が4月1日から開始 従量課金制でより利用しやすく
Microsoftは2024年4月1日から生成AIソリューション「Microsoft Copilot for Security」を一般提供すると発表した。従量課金制でセキュリティアナリストを支援する複数の機能を提供する。(2024/3/15)

電子ブックレット(オートモーティブ):
ダイハツの認証不正の経緯まとめ読み
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ダイハツ工業の型式指定申請の不正行為の経緯をまとめた「ダイハツの認証不正の経緯まとめ読み」をお送りします。(2024/3/14)

「ジャンボタニシ推奨の事実ない」JA福岡市 「除草目的でも放飼やめて」農水省が注意喚起 SNSで“ジャンボタニシ農法”が物議かもす
農水省は「一度侵入・まん延すると根絶は困難」として地域全体でのまん延防止を促しています。(2024/3/7)

日本列島BIM改革論〜建設業界の「危機構造」脱却へのシナリオ〜(9):
世界の建設業界を変えてゆく、BIM国際規格「ISO 19650」【日本列島BIM改革論:第9回】
2018年に国際規格「ISO 19650-1,-2」が発行されてから、徐々に各国にも取得の動きが広まってきている。世界の建設業が同じ標準のもとで、つながろうとしていることの表れではないだろうか。今回は、国際規格としてのISO 19650の意義や取り入れることのメリットから、世界各国のBIMガイドラインにどのように影響を与えているかを解説する。(2024/3/7)

分かると納得!? 空欄に入る言葉を当てる「辞書のスキマ」クイズに挑戦!
『三省堂国語辞典 第八版』を参照。(2024/2/27)

Marketing Dive:
アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュしたグローバルキャンペーンを展開する。(2024/2/26)

2024年の「生成AI」市場動向【前編】
「生成AIのこれから」を予測 幻滅期がないなら“次の進化”はこれだ
2024年以降、生成AIはどのような変化を見せるのか。1つ言えるのは、生成AIを他の技術と同様には見れないということだ。これからやってくる動向を予測する。(2024/2/16)

製造マネジメントニュース:
ダイハツが新体制に、次期社長はトヨタ中南米本部長の井上氏
ダイハツ工業とトヨタ自動車はダイハツの新たな役員体制を発表した。(2024/2/14)

カエルマニアがついに発見した超巨大個体 店員も思わず笑ったサイズと全貌に「どら焼きみたい」「めちゃめちゃ動く笑」
でっかくてもっちもち。(2024/2/14)

ダイハツ、経営陣刷新を発表 新社長はトヨタの井上氏、「三つの誓い」実行へ
ダイハツ工業(以下、ダイハツ)とトヨタ自動車は2月13日、共同会見を開催し、ダイハツの経営陣を刷新すると発表した。ダイハツの奥平総一郎社長は退任し、トヨタ自動車中南米本部本部長の井上雅宏氏が新社長に就任する。(2024/2/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
米国のEVシフト減速に対するスバル日産ホンダの声
1月下旬から先週にかけて、2024年3月期第3四半期の決算発表ラッシュでした。自動車メーカーやサプライヤーの中には過去最高の業績を達成した会社が多く、好調さが伺えます。(2024/2/12)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度の業績予想を上方修正、ダイハツなどの不正も織り込み済み
トヨタ自動車は2024年3月期第3四半期の決算を発表した。営業収益は前年同期比23.9%増の34兆227億円、営業利益は同102.1%増の4兆2402億円、親会社の所有者に帰属する四半期利益が同107.9%増の3兆9472億円だった。(2024/2/7)

IT技術者の給与が最も高い国はスイス 日本の順位は?
ヒューマンリソシアは、世界のIT技術者の給与動向を調査し、「データで見る世界のITエンジニアレポートvol.10」として発表した。IT技術者の給与が世界で最も高いのは「スイス」(10万2839ドル)だった。(2024/1/31)

世界的に長期化する採用活動
だから良い人材を雇えない――採用活動が終わらない企業の特徴は?
企業が求人募集を開始してから候補者が入職するまでの期間が、世界的に長期化の傾向を示している。その原因は何か。採用プロセスにおいて改善すべき点はあるのか。(2024/1/26)

「化石燃料の段階的廃止」の行方は:
COP28で産油国が議長に 「化石燃料との決別」が宣言された交渉の舞台裏
昨年開催されたCOP28の議長国は、産油国のアラブ首長国連邦(UAE)だった。加えて、議長は国営石油会社のCEOでもあった。「気候変動会議の議長を化石燃料会社のCEOがリードできるのか?」と大きな話題を呼んだCOP28、どのような結末を迎えたのか。(2024/1/22)

「2024年のクラウドインフラ支出見通しは非常に明るい」:
非クラウドインフラ市場に逆風、クラウドインフラ支出は増加も需要は減少
IDCは、2023年第3四半期における世界の企業インフラ支出動向を発表した。クラウドインフラ支出は前年同期比2.9%増、非クラウドインフラ支出は8.2%減となった。(2024/1/19)

モトローラ日本法人新社長の仲田正一氏を直撃 “ドコモ時代の知見”を生かし、キャリアビジネス拡大を狙う
ドコモ出身の仲田正一氏がモトローラ・モビリティ・ジャパンの社長に就任。同氏はドコモのプロダクト部で海外メーカーなどの端末を日本に多数導入してきた実績がある。そんな仲田氏を新社長に迎えたモトローラは、日本市場にどうコミットしていくのか。(2024/1/16)

アクセンチュア、実証を重視する「生成AIスタジオ」を世界で拡大
生成AIの活用が本格化すると見られる2024年、アクセンチュアは、生成AIへの世界的なニーズの高まりに対応するため、日本を含むアジア太平洋・中南米地域の9カ国に生成AIスタジオを設立し、生成AIスタジオのネットワークの拡充を図る。(2024/1/12)

ホンダ、新型EV「0シリーズ」発表 2026年からグローバル展開、「Hマーク」も新デザインに
本田技研工業は1月10日、米国ラスベガスで開催中の「CES 2024」で、新グローバルEV「Honda 0シリーズ」を発表した。あわせて2つのコンセプトモデル「SALOON」「SPACE-HUB」を同時に発表。新しい「Hマーク」エンブレムも導入された。(2024/1/11)

ホンダ、新EVのコンセプトモデル「SALOON」と「SPACE-HUB」を発表
本田技研工業は、ラスベガスで開催されている「CES 2024」で、新たなEV「Honda 0(ゼロ)シリーズ」とそのコンセプトモデル2種を発表した。(2024/1/11)

電動化:
ホンダがEVをゼロベースで作る、「既存のスペック競争には参加せず」
ホンダはEVのグローバルモデル「0シリーズ」を発表した。(2024/1/10)

世界109カ国のITエンジニア数は2680.5万人 増加数2位は「米国」、1位は?
総合人材サービス会社のヒューマンリソシアは、2023年版の「データで見る世界のITエンジニアレポート」を発表した。(2023/12/31)

初来日したコロンビア人の父 「正直美味しすぎる」と感動が止まらなかった食べ物は…… 「こちらまで嬉しくなる」と100万再生
見ているだけで幸せのおすそ分けをもらえます。(2024/1/3)

日本の若手も参加した「Team Asia」に聞く:
「セキュリティにおける国際協調」を言葉だけでなく実践――地域対抗形式のCTF「ICC」とは
国際的なCTF(Capture The Flag)大会、「International Cybersecurity Challenge」(ICC)が米国サンディエゴで開催された。米国、カナダ、欧州、アフリカ、南米、オセアニアなど各地域の代表チームが参加し、日本の若手セキュリティエンジニアも「Team Asia」の一員として活躍。そのTeam Asiaのメンバーとオーガナイザー、コーチ陣に話を伺った。(2023/12/21)

真夜中ドラマ「地球の歩き方」、三吉彩花&森山未來&松本まりか&森山直太朗が出演決定
2024年1月13日スタートです。(2023/12/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.