• 関連の記事

「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

ローソンストア100でヒットした「ウインナー弁当」がローソンでも発売 担当者語るヒットの理由
ローソンは、1都6県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の約4000店舗で、「ウインナー弁当」(216円)を発売した。(2021/10/20)

九州初の「ららぽーと」が誕生:
「ららぽーと福岡」が2022年4月に開業、食体験エリアなど180以上の店舗が集結
三井不動産、九州電力、西日本鉄道は、福岡市青果市場跡地に「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」を2022年4月に開業すると発表した。(2021/10/19)

JR東と千趣会が協業:
東京駅にベルメゾンのディズニーグッズ専門店 専用アプリでECサイトと連動
千趣会(大阪市)が、JR東日本との協業サービスの一環として、ベルメゾンが展開するディズニーグッズ専門の常設店舗を10月29日にオープンする。(2021/10/19)

まいばすけっと、全店舗で紙のマニュアル廃止へ SaaS導入で電子化
イオングループのまいばすけっとが、スーパー「まいばすけっと」全978店舗で、2022年2月末までに紙のマニュアルを廃止する。電子マニュアルをスマホなどで作成・閲覧できるSaaSを導入。緊急時対応の手順を記したものを除く全マニュアルを段階的に電子化する。(2021/10/19)

銀行手続きがビデオチャットで 伊予銀行がアプリ開発
銀行のさまざまな手続きをビデオチャット越しにできるアプリケーションを全国で初めて伊予銀行が開発した。アプリを利用すると、客は店舗窓口を訪れているのと同じように、行員の説明を聞きながら選択肢を選んで手続きを進められる。(2021/10/19)

2022年末までに:
すかいらーく、料理運搬ロボを導入へ 「しゃぶ葉」や「ガスト」など約2000店舗 業務効率の向上を狙う
すかいらーくは従業員の業務効率を向上させようと「ガスト」や「しゃぶ葉」などの店舗を対象に、料理運搬用のロボットを導入すると発表した。2022年末までに計2000店舗への導入を目指す。(2021/10/18)

「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」の満足度調査 1位を獲得したのは?
「賃貸情報店舗」「賃貸情報サイト」それぞれについて、実際の利用者からの回答を聴取した。(2021/10/18)

最終黒字:
吉野家HD、3〜8月期の決算を発表 ドラッグストア50店舗で牛丼の販売を目指す
吉野家ホールディングスが第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。営業損益は7億2300万円の黒字を確保した。今後の戦略は?(2021/10/18)

“ネコミミ配膳ロボット”すかいらーくが導入 ガストやしゃぶ葉など約2000店に配備
すかいらーくホールディングスが、猫のような見た目が特徴の配膳ロボット「BellaBot」を導入し、2022年末までに「ガスト」「しゃぶ葉」など約2000店舗に配備する。感染症対策やスタッフの業務削減が目的という。(2021/10/18)

吉野家など“外食業界の雄”28社、全国9400店舗で一斉に特典 「#外食はチカラになる」始動
吉野家ホールディングスの河村泰貴社長を発起人とした、外食業界28社による業界横断プロジェクト「#外食はチカラになる」が始動。全国9400店舗で、割引などの特典を提供する。(2021/10/14)

お店のオリジナルPayが発行できる「アララ キャッシュレス」11月より提供開始 来春にはNTTドコモ「iD」対応店舗でも利用可能に
 キャッシュレスサービス事業などを行うアララは10月13日、キャッシュレス化をワンストップで実現するキャッシュレス総合支援サービス「アララ キャッシュレス」を2021年11月より順次提供を開始すると発表した。(2021/10/14)

背徳の1500kcal ほっともっとグリル、あまりに罪深い「〜ラザニア風パスタ〜ギルティ弁当」を一部店舗限定で販売
「ほっともっとグリル」史上最多の総カロリー。(2021/10/12)

ケンタッキー一部店舗での「ポテト販売休止」の可能性発表 「物資の輸入遅延」が原因
世界的な物流網の混乱から物資の輸入遅延が起きていることが原因。(2021/10/9)

巣ごもり需要に対応:
セブン&アイ、上半期の連結決算を発表 ネットコンビニ取り扱い店舗を今年度中に約1200店へ
セブン&アイ・ホールディングスは、2022年2月期第2四半期(21年3〜8月)の連結決算を発表した。国内のコンビニ事業ではどういった戦略を打ち出していくのか。(2021/10/9)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

ユニクロ、アプリ注文→店頭受け取り「ORDER & PICK」 最短2時間、レジ並ばずOK
ユニクロは、アプリで商品を注文後、指定した店舗の店頭で商品を受取れる新サービス「ORDER & PICK」を、全国の約750店舗本格的に始めた。(2021/10/8)

伊勢エビの脱皮をAIで検知、おいしい時期逃さず 夜間の「水槽見張り」から解放
飲食店向けの店舗管理サービスを手掛けるEBILABが、カメラの映像を基にAIで伊勢エビの脱皮を検知する技術を開発した。周期が不規則で予測困難な一方、脱皮直後が最もおいしいとされる伊勢エビの監視にAIを活用し、職人の負担を減らすという。(2021/10/7)

メルカリ初のファッション実店舗、表参道に ユーザー出品物を販売 期間限定
メルカリが古着を扱う初のファッション実店舗。一般ユーザーから販売商品を募り、タレントら「アンバサダー」が買い取った上で、実店舗で売る。(2021/10/7)

好きな役の牌を集めたくなる? エモくてかわいいと話題の「麻雀アイシャドウ」が実店舗で販売開始
本物の麻雀牌と同じ42色+日本限定の1色。(2021/10/9)

待てば待つほどポイント増える サッカー試合後の混雑緩和実験、楽天モバイルなど
サッカーの試合終了直後の混雑を緩和するための実験がスタート。待ち時間に応じて、周辺店舗のクーポンと引き換えられるポイントを付与する。(2021/10/6)

初の取り組み:
メルカリ、東京・表参道にファッション特化の実店舗を期間限定オープン 11月25日から3日間
メルカリが、東京・表参道にファッションに特化した実店舗「サステなストア」を11月25日から27日の期間限定でオープンする。10月5日からフリマサイト「メルカリ」(PC、iOS/Android、無料)で出品アイテムの受け付けを始めた。(2021/10/5)

ドコモ、認識精度99.87%の顔認証サービスを提供
NTTドコモは認識精度99.87%、認識スピード177msの顔認証サービスを提供開始。映像から個人を特定せずに性別、年齢、表情を推定でき、店舗の来店者分析や属性に応じたコンテンツの出し分けなどなどが可能となる。(2021/10/5)

伊フィレンツェ、米ロサンゼルスに続き世界3店舗目:
グッチ、東京・銀座にイタリアンレストランをオープン 日本オリジナルメニューも
グッチが東京・銀座にイタリアンレストラン「グッチ オステリア ダ マッシモ ボットゥーラ」をオープンすると発表した。レストラン開設は同社発祥の地である伊フィレンツェ、米ロサンゼルスの高級住宅地ビバリーヒルズに続き3店舗目。(2021/10/5)

沖縄進出2年:
セブン、沖縄で100店舗達成 ファミマとローソンの「牙城」にどう切り込む? 現地法人社長に聞く
コンビニ最大手の「セブン-イレブン」が“最後の空白地”だった沖縄県に初出店した2019年7月11日からおよそ2年がたった8月19日、県内100店舗目の出店を達成した。(2021/10/5)

吉野家の牛丼、ドラッグストアへ進出 ウエルシア薬局で“作りたて牛丼”の販売を開始
近隣店舗からの直送販売です。(2021/10/1)

10月1日から:
吉野家、ウエルシア薬局で牛丼を販売 販路拡大が狙い
吉野家は、10月1日からウエルシア薬局で牛丼を販売する。中食需要の高まりに伴う販路開拓が狙い。対象店舗は?(2021/10/1)

居酒屋復活を推進:
ワタミ、約150店舗で営業再開 接客する従業員には抗原検査を実施
緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された。ワタミは10月1日、休業していた450店舗のうち約350店舗で営業を再開する。再開にあたって、店舗で接客を担当する従業員を対象に抗原検査を実施する。(2021/10/1)

PayPayの店舗手数料有料化で“加盟店の離脱”は起きない モバイル決済ジャーナリストが予想する理由
PayPayが10月に加盟店のシステム利用手数料を有料化する。先行事例も踏まえると、有料化による加盟店の離脱はそれほど起きないと考えられる。一方、PayPayが手数料を2%弱に設定したことで、競合他社は決済手数料でもうける戦略をとりにくくなるだろう。(2021/10/1)

4ブランドが集積:
店舗で試着して自宅に届く ザ・スーツカンパニーが新OMO型店舗で目指す姿とは
青山商事が「THE SUIT COMPANY新宿本店」をオープンする。4つのブランドを集結したOMO型店舗の位置付けで「TSC SQUARE」として展開する。(2021/10/1)

海外と日本の事例:
パンデミックでも店舗を“休眠させない” ユニファイドコマースは、小売りの救世主になるか
オンラインとオフラインの垣根を取り払い、全てのチャネルを「統合」する「ユニファイドコマース」は今後、どのような展開を見せるのだろうか。海外と日本の事例を取り上げ、将来を占ってみたい。(2021/10/1)

磯部孝のアパレル最前線:
小売り覇権に陰り? 丸井の衣料PB撤退が意味するもの
店舗ブランド「OIOI(マルイ)」としておなじみで首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する丸井。その丸井がプライベートブランド(PB)事業からの撤退を決めた。(2021/10/1)

複数店舗同時スマートストア化のオペレーション支援サービスが登場 導入スピードの30%短縮も
セルフレジやキャッシュレス決裁、ECサイトとの連携など、小売業界では店舗のスマートストア化を進める動きが盛んだ。ここで課題になるのは複数の店舗でいかに短期間でサービスを開始するかだ。ソリューション提供ベンダーだけでは対応しきれないこの課題を解決するサービスが登場した。(2021/9/30)

セール対象外商品の売り上げは200%アップ!:
PR:店舗セールのオンライン化で「アンダーアーマー」ドーム社が実現したデジタルシフト、その秘訣とは?
コロナ禍でリアル店舗の売り上げが減る中、シークレットセールをオンライン化して成功を収めた「アンダーアーマー」で知られるドーム社。「やりたいと思ったことが全て実現できた」と担当者はうれしそうに振り返る。同社のデジタルシフトを成功に導いたのは「Adobe Experience Cloud」だ。(2021/10/4)

カフェアプリ利用率ランキング 3位ドトール、2位コメダ、1位は?
カフェアプリについての調査。カフェチェーン6ブランドの中で、1年以内の店舗利用率と公式アプリの利用率1位は「スターバックスコーヒー」だった。(2021/9/29)

メルペイ、デニーズほか5ブランドで利用可能に 10月14日まで20%還元クーポンを配信
スマホ決済サービス「メルペイ」が、セブン&アイ・フードシステムズの運営する「デニーズ」ほか5ブランド353店舗で利用可能に。これを記念し、10月1日〜10月14日に20%還元クーポンを配信する。(2021/9/28)

ファミリーマート「おうちでファミチキセット」を数量限定で販売開始 冷凍ファミチキとこだわりの揚げ油がセット
ファミチキのために開発され、店舗でも使用している油が初めて販売されます。(2021/9/28)

西日本の旗艦店:
イオンモール岡山が第2期リニューアル、無印良品の移転など約10店舗を刷新
イオンモールは10月8日〜12月20日、西日本の旗艦店「イオンモール岡山」の第2期リニューアルを実施する。ペットショップなど約10店舗を刷新するほか、無印良品を5階から1階に移転、1階北東側エントランスの改装を予定している。(2021/9/27)

ゲート式、ノマドワーカー向け時間課金型セルフカフェがオープン 遊休店舗の活性化
 TOUCH TO GO(東京都港区)は9月27日、「ベックスステーションラウンジ東中野店」に、ゲート連動式次世代無人オーダー決済端末「TTGーGATEWAY」を提供すると発表した。(2021/9/27)

古田雄介の週末アキバ速報:
「やはり人の流れが変わりました」――東映ランドが10月末に閉店
東映無線系のPCパーツショップ「東映ランド」がリアル店舗を10月31日に閉じ、以降はWeb通販に専念するという。背景にはコロナ禍があるようだ。(2021/9/25)

「全店固くお断り致します」元AKBのラーメン店主、“評論家”の入店禁止を表明 複数人からセクハラ・マウンティング受け
禁止の対象となるのは、自身や店舗に悪意を持つ人物とのこと。(2021/9/24)

iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadがApple Storeで販売開始 Apple Store店舗内の様子
iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadの発売初日の様子をApple Storeで確認してきた。(2021/9/24)

札幌のネット米穀店がリアル店舗の青果業に進出 衝撃的な価格の安さの秘密
札幌市で6月に創業した青果店「ヤオハチ」が地元住民から人気だ。わずか4カ月でフランチャイズを含め8店舗を開店。「安くて安心」と話題を集めている。安さの秘訣(ひけつ)はインターネット米穀店の経験を踏まえた物流ノウハウと、全国に広がる農家ネットワーク。同店を運営する青果店ベンチャー「やお八」(本社・札幌市)の藤川欽三社長(41)はリアル店舗での全国展開を狙う。(2021/9/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大量出店の「やっぱりステーキ」が、今後も“独走”を続けられそうな理由
低価格ステーキチェーンの「やっぱりステーキ」が順調に店舗数を伸ばしている。他の低価格ステーキチェーンが伸びているわけではないのに、なぜ「やっぱり」は好調なのか?(2021/9/22)

「欲しい商品」を手に入れるため、何店舗探してみる? 「4〜5店舗」は12.4%
生活者がテレビやインターネットなどで知った商品をどのように探すのか、意識調査を実施した。情報接触をきっかけに欲しいと思った商品について、売っている店舗を探した人、購入してみたいと思う人はどちらも6割程度いることが分かった。(2021/9/21)

台風をものともせずにドスパラ堺七道店がオープン!
9月18日、サードウェーブの新店舗「ドスパラ堺七道店」(大阪府堺市)がオープンした。既存の「大阪・なんば店」とともに大阪府では2店舗目となる店舗に足を運んだ。(2021/9/19)

「実証実験」の結果:
「おもしろい!」が95% コクヨの“実験店舗”はどんなところなのか
アナログとデジタルを融合させた実証実験の店が登場したことをご存じだろうか。場所は品川駅港南口から徒歩3分ほどのところにある、コクヨの「THE CAMPUS SHOP」だ。筆者が取材したところ……。(2021/9/19)

全国1位の景品は?:
ファミマ、「ファミチキ王決定戦」を開催 来店を促進する狙い
ファミリーマ―トは「ファミチキ王決定戦」を開催すると発表した。期間は9月21日〜10月18日に。イベントを通じて店舗への来店を促進する狙いだ。全国1位の景品は何かというと…(2021/9/16)

トヨタ販売店27社、個人情報5797件の無断登録が新たに判明 同意なしに共通ID発行
トヨタ自動車の販売店9社が、顧客の個人情報を、本人同意を得ないままシステムに登録していた件について、トヨタは新たに27社が5797人分の情報を無断で登録していたことが分かったと発表した。8月の発表時点では3318人分と報告していた。(2021/9/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
無人決済は「未来の買い物」を実現するだけじゃない
ファミリーマートだけでなくローソンも無人店舗の取り組みを進めています。(2021/9/16)

スマートリテール:
リテールテック導入で経営者と従業員に温度差、小売業界のグローバル調査で判明
小売業界や流通業界を中心にデバイスやソリューションを展開するゼブラ・テクノロジーズは2021年9月7日、顧客の購買行動に影響を与え得る店舗やテクノロジーの動向に関するグローバル調査結果を発表した。Eコマースと実店舗の融合が進む中での新たな課題や、テクノロジーによる解決への可能性などが示されている。(2021/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.