• 関連の記事

「東北地方」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東北地方」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

全国平均は10万3615円:
「ふるさと納税」の寄附金ランキング 2位「宮崎県」、1位は?
「ふるさと納税ガイド」を運営するカリーグズは、都道府県別の「ふるさと納税」利用状況を発表した。その結果、利用者数、利用率、平均寄附金額の各1位は?(2022/8/10)

「業界平均の6倍の長寿命」 EcoFlow、リン酸鉄リチウムイオンのポータブル電源「DELTA 2」発表
EcoFlow Technology Japanは10日、長寿命が特徴のポータブル電源「DELTA 2」を発表した。容量は1024Whで価格は14万3000円。(2022/8/10)

海老蔵長女・市川ぼたん、ネコ耳&しっぽ姿ではじめての始球式 なにこれかわいい
キツネではない。(2022/8/9)

東北・北陸の鉄道が被害 長期の運転見合わせが予想される区間&最新の運行状況まとめ
現場では懸命な復旧対応が行われています。(2022/8/8)

ローソンの100円「アールグレイ」に潜むダジャレにほっこり 犬がカップに入った絵→ワンコin→つまり……?
なぜワンコをデザイン? ローソンに聞きました。(2022/8/8)

自動車業界の1週間を振り返る:
日野の従業員アンケート、回答したのは「全社員の5人に1人」
さて、皆さんはアンケートに対してどのくらい丁寧に協力しますか。選択式の短いものなら、きちんとした企業が実施するものなら、回答者にプレゼントがあるなら……など、人によって基準はさまざまだと思います。(2022/8/6)

携帯3社で通信障害 北陸・東北豪雨で 支援措置も
北陸・東北地方で続く豪雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯3社で通信障害が発生した。山形県と福島県で通信サービスが使いづらい状態になり、5日正午の時点でも一部で障害が続いている。(2022/8/5)

デジタル防災を始めよう:
大雨、ゲリラ豪雨、線状降水帯……夏の水害対策に役立つこんなグッズ
このところの不安定な天気で、水害対策を検討されている人も多いだろう。そんなあなたにこんなお役立ち情報を。(2022/8/4)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害 大雨の影響
東北地方における大雨の影響で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの一部地域で携帯電話サービスが利用しにくい状況となっている。原因は大雨の影響による伝送路の故障や停電など。8月3日から4日にかけて発生している。(2022/8/4)

“3年ぶりの”夏:
バスでサウナ体験!? JR東海が打ち出す新しい「冷やし旅」
JR東海の「ずらし旅」の一環として、愛知県とJR東海が協働して夏に展開している「あいち冷やし旅」。(2022/8/4)

オリコン調べ:
満足度の高い「住宅ローン」ランキング、2位は「ソニー銀行」、1位は?
oricon MEは、満足度の高い「住宅ローン」ランキングを発表。昨年総合2位だった「auじぶん銀行」が、今回初の1位を獲得した。(2022/8/3)

大東建託が調査:
東北6県の「住みたい街」ランキング 5位は郡山市、3位は盛岡市、1位は?
大東建託は東北地方の6県に住んでいる人を対象に、居住自治体の満足度調査を実施し、「住みたい街ランキング」「住みここちランキング」として集計し発表した。「住みたい街」は仙台市が3年連続1位となった。(2022/8/2)

耳に残るCMメロディー:
「関西電気保安協会」とは志向が違う? 関東電気保安協会が7年ぶりテレビCM制作 内容は?
「♪かんさい〜でんき、ほ〜あんきょ〜かい」といえば、関西に在住経験のある人なら誰もが耳にしたことのある、関西電気保安協会の有名なテレビCMだ。実は、関東には「関東電気保安協会」が存在し、今回、7年ぶりに新たなテレビCMを作ったという。果たして、関西とはどんな違いがあるのか――。(2022/7/31)

食べる頻度は:
「好きなアイス」ランキング 2位「チョコモナカジャンボ」、1位は?
マイボイスコムは、アイスクリームに関する調査を実施した。市販のアイスクリームを食べる人が最も好きな銘柄の1位は?(2022/7/31)

大東建託調べ:
福島県の住みここちランキング 2位は「桑折町」、2年連続1位を獲得したのは?
福島県の街の住みここちランキングを発表した。2位は「桑折町」、2年連続1位を獲得したのは?大東建託の調査。(2022/7/31)

これが大人の本気! プラレールで東日本の新幹線ダイヤを極限まで再現 ガチ勢の運転会がすごい
安全を祈って“起工式”も……!(2022/7/30)

2022年上半期を振り返る:
深まる分断、国際情勢に振り回される半導体業界
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが発生して以降、半導体業界にはかつてないほど注目が集まり、政策や投資の中心となっている。一方で、いまだ収束しないパンデミックの他、ウクライナ侵攻やインフレなどの世界情勢が、半導体業界を大きく揺り動かしている。本稿では、2022年上半期の動向を振り返ってみたい。(2022/7/29)

大東建託が調査:
岩手県の「住みここち」ランキング 3位「紫波町」、2位「滝沢市」、1位は?
大東建託は、岩手県に住む人を対象に、自治体の居住満足度調査を実施し、「住みここち」の良さと「住みたい街」ごとにランキングとして集計した。その結果、住みここちが良い街1位は「盛岡市」、2位は「滝沢市」、3位は「紫波町」となった。(2022/7/29)

宮城県の「住みここち」ランキング 3位「長町」、2位「勾当台公園A」、1位は?
大東建託は、宮城県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を実施し、その結果を発表した。「住みここち(駅)ランキング」1位は、今回初めてランクインした「川内A」だった。(2022/7/29)

秋田県民が選ぶ住みやすい街は?:
秋田県の住みここちランキング 2位は「横手市」、3年連続の1位は?
大東建託は、「街の住みここち & 住みたい街ランキング2022<秋田県版>」の結果を発表した。「住みここちランキング」1位には「秋田市」が選ばれた。以下、2位「横手市」、3位「美郷町」と続く。(2022/7/28)

エネルギー管理:
揺らぐ電力の安定供給、6月の需給逼迫の検証で分かった今後の課題とは?
2022年3月と6月に発生した電力需給の逼迫。この出来事を踏まえ、今後の電力の安定供給に向けた課題は何が残されているのか。6月の需給逼迫の実態を検証するとともに、その中で分かった今後の課題を整理する。(2022/7/28)

スマートファクトリー:
PR:不具合調査の所要時間を10分の1に、現場発DXで改善広げるリコーインダストリー 東北事業所
製造業でスマート工場化が加速している。ただ、スマート工場化のさまざまなアイデアは現場で生まれる一方で、個別の取り組みが部門最適に陥り全体最適化が難しい課題がある。こうした中で、デジタル基盤やコラボレーションツールを活用し、“現場発のDX”によりさまざまな改善を工場全体の価値につなげているのがリコーの国内生産関連会社であるリコーインダストリーだ。東北事業所での取り組みを紹介する。(2022/7/29)

「思ってた以上に手作業」「すごい手間」 JR東日本が「200系カラーのE2系新幹線」塗装工程を公開
スケールでかい……!(2022/7/27)

里田まい、夫・田中将大のパスタを“お店レベル”と大絶賛 「料理にハマる傾向最高」「いーぞいーぞ、その調子!!」
釣り・ゲーム・アイドルなど多趣味な田中投手。(2022/7/26)

国内でも遠出したいニーズ:
この夏注目の旅行先 検索TOP3に「淡路島」「京都」 傾向は?
ヴァリューズは、全国の20歳以上の男女に、「今夏の旅行予定に関する消費者アンケート」を行った。この夏注目の観光地について検索ワードのランキング上位10位を見ると、淡路島・大阪・北海道・東京といったエリアの検索者数が増加していることが分かった。(2022/7/27)

地域活性化への貢献を目指す:
ローソン、人気店監修ご当地メニュー発売 北海道はとりめし、中部はとんてき丼
ローソンはエリア別に人気ラーメン店監修の冷やし麺、ご当地メニューを発売する。有名店や地域とのコラボレーションを強化することで、地域活性化への貢献を目指す。北海道はとりめし、中部はとんてき丼など。(2022/7/25)

知名度No.1の祭り:
青森ねぶた、3年ぶり復活 「今夏開催できないと……」事務局は危機感
8月2〜7日、青森ねぶた祭が3年ぶりに開催される。新型コロナウイルスが流行して以降、2年連続で中止をしていた。今夏、開催に踏み切った背景とは?(2022/8/1)

新幹線の回数券は高かった:
紙の回数券はネット予約でどう変わったのか 鉄道会社の狙い
回数券に代わるサービスとして、ネット予約やチケットレスサービスが普及している。さらにポイントサービスなどを組み合わせることで、コロナ禍での利用者減を克服するサービスを提供できるのではないだろうか。(2022/7/22)

フィギュア羽生人気に便乗 フリマアプリに地元紙の出品多数
7月19日にプロ転向を発表したフィギュアスケート男子、羽生結弦さんのニュースを一面トップで報じる20日付「河北新報」(仙台市)朝刊が、フリマアプリで多数、出品され高額で取引されている。同社では「ネットでの転売等は想定していませんでした」としており、同社窓口と販売店での定価購入を呼びかけている。(2022/7/21)

豪華すぎる! JR6社が協力、観光列車に乗りまくって日本を縦断する7泊8日ツアー登場 お値段1人110万円〜
三内丸山遺跡やグラバー園など、各地の世界遺産に訪問!(2022/7/20)

「じゃらん」が全国1000施設から選出:
満足度が高い「道の駅」 2位は宮城・上品の郷、1位は?
リクルートが発行する旅行情報誌「じゃらん」は「道の駅」に関するアンケート調査を実施し「全国道の駅グランプリ2022」を発表した。約1000の道の駅(北海道、沖縄を除く)の中から1位になったのは群馬県「道の駅 川場田園プラザ」だった。(2022/7/21)

電動化:
軽商用EVを2023年度に市場導入、スズキダイハツトヨタで共同開発
Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)は2022年7月19日、商用バンタイプの軽EV(電気自動車)と小型トラックタイプのFCV(燃料電池車)の開発を発表した。軽商用バンEVは2023年度に、小型トラックFCVは2023年1月以降に市場導入を目指す。(2022/7/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「無限列車は鬼滅だけど、霧幻鉄道は不滅です」 映画監督と主演に聞く(後編)
福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶJR東日本の只見線を、奥会津の風景とともに年間約300日、30年間以上も撮影し続けたのが星賢孝氏だ。氏の主演する映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』の全国展開が始まる。映画の魅力と只見線のこれからを、星氏、監督の安孫子亘氏に聞いた(後編)。(2022/7/17)

来年7月デビュー:
伝統の東武特急に待望の新型車両、その名は「スペーシアX」
東武鉄道は15日、東京都内で開いた記者会見で、新型の特急車両(N100系)の愛称が「スペーシアX(エックス)」に決まったと発表した。(2022/7/16)

侮辱賞状は「余興のつもり」:
ハシモトホーム自殺事件から考える、パワハラがなくならない4つの理由
青森の住宅会社ハシモトホームで起きたパワハラによる自殺事件が話題となっている。「あーあって感じ」などと書かれた被害男性を侮辱する賞状は、「余興のつもり」で渡されたという。こうした報道から見える、パワハラがなくならない4つの理由とは──?(2022/7/15)

プロジェクト:
五洋建設がシンガポールで延べ14.9万の医療施設を開発、受注金額は約806億円
五洋建設は、シンガポール保健省から、シンガポールアウトラム地区で医療施設を開発する「エレクティブケアセンター新築工事」を受注した。エレクティブケアセンター新築工事は、2018年8月開業のセンカン総合病院や2019年12月開業のアウトラム・コミュニティー・ホスピタル(に続く、シンガポール保健省発注の大型病院建築工事。これまでの実績が評価され、今回の受注につながった。受注金額は約806億円。(2022/7/14)

プロジェクト:
野村不動産が「福島駅東口地区第一種市街地再開発事業」に参画
野村不動産は、福島駅東口地区市街地再開発組合が進める「福島駅東口地区第一種市街地再開発事業」に正式に参加組合員として本再開発事業に参画することを発表した。(2022/7/12)

地方創生の夢乗せ:
豪雨で甚大被害の只見線、10月全線再開 11年ぶり
平成23年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受け、今も不通が続くJR只見線の会津川口駅―只見駅間(27.6キロ)が復旧し10月1日に運転を再開、11年ぶりに全線がつながる。(2022/7/11)

製造ITニュース:
リコーが製造工程にローカル5Gを活用したデジタル技術を実装、検証開始
リコーは、5Gの高速大容量、多数同時接続、低遅延を活用し、製造工程を効率化する技術を開発した。同技術をデジタルカラー複合機の量産組み立て工程に実装し、検証を開始した。(2022/7/11)

リテール&ロジスティクス:
茨城県結城市で延べ1.3万m2の物流施設が着工、大和ハウス工業
大和ハウス工業は、2023年1月の竣工に向け、茨城県結城市の結城第一工業団地内で、マルチテナント型物流施設「DPL茨城結城」の開発を進めている。(2022/7/11)

鬼龍院翔、“大リーグボール養成ギプス”装着の始球式にツッコミ殺到 「電気流されてんのか」「めっちゃツボる」
令和だぞ!(2022/7/9)

エネルギー管理:
電力供給の信頼度評価は基準を見直しへ、太陽光の導入拡大や需給実態を考慮
電力需給の安定供給に対する懸念が高まっている昨今。政府では電力の安定供給に関する信頼度評価の算定方法を見直す方針だ。本稿では現状の評価手法の概要と、今後の見直しの方向性を整理する。(2022/7/8)

西日本で意識高く:
フードロス削減の優等生、1位は山口県 東北・北海道がランクインしない理由は?
凸版印刷などが「フードロスに関する意識調査」を実施し、全国の2万人以上から回答を得た。フードロスの削減に対する意識が最も高かったのは山口県(80.6%)だった。(2022/7/7)

エネルギー管理:
電力需給の状況は冬により一層厳しく、足下の状況と対策の見通しは
2022年6月に関東を中心に発生した電力需給の逼迫。今夏のみならず、冬もより一層厳しい状況になる見通しだ。この夏と冬の電力需給の見通し、そして対策の状況などをまとめた。(2022/7/6)

知らないと損?業界最前線:
「家電量販市場」、猛暑のエアコン商戦でも回復が厳しいワケ
家電量販各社の2022年3月期決算が、軒並み前年比でマイナスだ。さらに今年は、上海のロックダウンや半導体不足などの影響が国内家電市場にも及び、夏商戦には不安がつきまとう。一方、ほぼ全国が例年よりも早く梅雨明けしており、早々にエアコン商戦がスタート。巻き返しを図ることはできるのか。(2022/7/6)

じゃらん調べ:
東北版「人気観光地 満足度ランキング2022」 3位「松島」、2位「鶴岡・湯野浜・あつみ」、1位は?
リクルート(東京都千代田区)が発行する旅行情報誌「じゃらん」は、東北エリアの観光地に関するアンケートを実施した。2021年に宿泊旅行で訪れたことがある「もう一度行きたい観光地」の1位は、秋保(仙台市太白区)だった。(2022/6/30)

新幹線「グランクラス」夏メニューをお持ち帰りで 軽食・茶菓子セットを駅ナカで期間限定販売
春メニューに続き、夏も販売決定!(2022/6/30)

「テレビ」の電力使用量は全体の8.2%:
テレビ朝日、家庭の電力使用量グラフから「テレビ」削除で物議 「丁寧さに欠けていた」
テレビ朝日が家庭の電力使用量に関するグラフを加工して番組で紹介したとして物議を呼んでいる。Twitterで拡散されている画像によると、番組ではグラフから「テレビ・DVD」の使用分(8.2%)をカットして放送していた。Twitterでは「捏造だ」「悪質すぎる」などの声が挙がっている。(2022/6/30)

押切もえ、夫・涌井秀章投手と生後11カ月娘との“ほっこり2ショット” 「もうすぐ一歳になる娘と、大好きなパパ」
和やかな2ショット。(2022/6/29)

共通点は「止まらない進化」:
「もう一度行きたい」関東・甲信越の観光地 3位「草津」、2位「箱根」、1位は?
リクルートは、関東・甲信越・静岡在住の1000人に「在住エリア内の観光地に関するアンケート」を実施した。過去1年間に宿泊したことがある観光地で「もう一度行きたい」と思う場所1位は「舞浜・浦安」だった。(2022/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.