• 関連の記事

「試験サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験サービス」に関する情報が集まったページです。

WELL認証:
WELL認証の基礎と最新動向、施設のコロナ対策も評価可能に
パナソニック ライフソリューションズ社は、WELL Health Safety Rating認証取得サポートサービスの試験的な提供を2021年7月に開始し、WELL v2認証取得支援サービスの展開を2022年度にスタートする。(2021/8/30)

「ここはビルの何階?」が分かるスマホアプリ 気圧と位置情報で高さ推定 広告・警備に活用
位置情報サービスを手掛けるMetComが、建物内で今いる階を確認できるスマホアプリを試験提供する。スマホの気圧計のデータを基に高度を測る。ビルの警備や広告配信といった分野での利用も見込む。(2021/8/25)

ガンプラの聖地、オンラインにも バンダイ「ガンダムベース バーチャルワールド」試験公開 限定モデルの販売も
BANDAI SPIRITSは19日、オンライン上に“ガンプラの聖地”を作るプロジェクト「THE GUNDAM BASE VIRTUAL WORLD」のトライアルを始めた。約280種類のガンプラを展示販売する。(2021/8/19)

FAニュース:
シーメンス、自動車試験機向け制御盤製作で業務委託契約を締結
シーメンスは、自動車試験機向けの制御盤製作に関して、三明電子産業と業務委託契約を締結した。三明電子産業は今後、シーメンスの製品を活用し、制御盤の設計から品質保証までを一貫して担っていく。(2021/7/28)

電動化:
正確な劣化・寿命を個体別に検出できるEV用パワー半導体向け試験サービス
OKIエンジニアリングは、電気自動車(EV)用パワー半導体向け「劣化・寿命連続モニタリング試験サービス」の提供を開始した。高温逆バイアス試験と同社独自開発の全自動ログシステムを組み合わせることで、高精度な寿命予測とワイドギャップパワー半導体への対応も可能とした。(2021/7/28)

3Dプリンターの家は300万円24時間で建つ
自在に造形物をつくれる3Dプリンターを使って、建設費300万円の次世代住宅の実現を目指すベンチャー企業がある。セレンディクスパートナーズは、床や外壁、天井を3Dプリンターでつくることで、人の手が必要な内装を含め、300万円の低価格で住宅建設が可能としている。2022年には別荘用の小型家屋の試験販売を開始する計画で、市場の反応が注目される。(2021/7/26)

タクシー運転手へのチップをキャッシュレス化 三和交通、東京都府中市で試験導入
タクシー運転手へのチップの支払いをキャッシュレス化する取り組みを三和交通が東京都府中市内で試験的に実施している。車内に設置したQRコードを読み込み、300円から800円のチップを支払える。(2021/7/20)

分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス
ANAグループのロボットベンチャー、アバターインは15日、分身ロボ「newme(ニューミー)」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる世界初の「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。(2021/7/16)

分身ロボで「瞬間移動」 ANA系企業が夏休みに新サービス
ANAグループのロボットベンチャー、アバターイン(東京都中央区)が、分身ロボ「newme」を遠隔操作することで離れた場所の観光施設に実際にいるかのような体験ができる「瞬間移動サービス」を夏休みの期間限定で試験的に実施すると発表した。(2021/7/16)

検査:
埋立粘性土地盤での「ACCESS法」の活用に向け原位置地盤試験機を開発、東亜建設工業
東亜建設工業は機動性や操作性に優れた原位置地盤試験機「TOA-SID-MarkII」を開発した。今後、同社では、TOA-SID-MarkIIを地盤試験専用プラットフォームとして活用し、大規模な埋立や盛土工事を対象に適用していた軟弱地盤の調査・設計・施工管理技術「ACCESS法」をさまざまな工事に展開する。(2021/7/12)

コロナ対策:
画面にタッチしない券売機、新大阪駅に導入 JR西が実験
JR西日本は新大阪駅東口に、画面に直接触れずに切符を買える「みどりの券売機」を試験的に導入した。(2021/7/3)

モバイルバッテリーが月額1100円で借り放題 シェアリングサービスのChargeSPOTが実験
INFORICHが、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」で、場所や時間の制限なく何度でもバッテリーを借りられる、月額制プランの試験提供を福岡県で始めた。(2021/7/2)

53の郵便局で:
郵便局、試験的に窓口の営業時間を短縮 ネットワーク維持につなげる
日本郵便が7月から一部の郵便局を対象に、窓口の営業時間を試験的に短縮すると発表した。(2021/6/22)

半導体や電子部品の流通在庫品向け:
OEG、真贋判定・信頼性試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は2021年6月、半導体や電子部品の流通在庫品について信頼性評価を行う「真贋判定・信頼性試験サービス」を始めた。(2021/6/14)

無人搬送車:
ASPINAが自律走行搬送ロボットに参入、小回りの利く100kg可搬モデルを試験販売
ASPINA(シナノケンシ)は2021年6月2日、製造現場向けに搬送省人化をサポートする自律走行搬送ロボット(AMR)に参入することを発表した。(2021/6/3)

AIで漫画のキャラを自動着色、作業時間を半分以下に ピクシブとPFNが法人向けに試験提供
ピクシブとPreferred Networksは5月28日、AIで漫画のキャラクターを自動着色するサービス「Petalica Paint for Manga」の試験提供を法人向けに始めた。着色にかかる作業時間を手作業の半分以下に減らせるという。すでにDNPなど3社が利用を始めている。(2021/5/28)

AIで声質を“美少女”化 音声変換サービス「七声ニーナ」、DeNAが試験提供
ディー・エヌ・エーが、AIを活用したボイスチェンジャー「七声ニーナ」の試験提供を始めた。ユーザーは専用サイトで自分の声を録音するだけで、音声を女性の声質に変換できる。(2021/5/12)

ソフトバンク、プロ野球の動画配信に“バーチャル広告”表示 DAZNなどで開始
ソフトバンクがDAZNなどで配信される福岡ソフトバンクホークスの試合に「バーチャル広告サービス」を提供すると発表した。日本のプロ野球中継に導入されるのは初めて。3月26日の開幕戦から試験的に導入しており、本格導入となる。(2021/5/7)

推しをかざして電子マネー決済できる“推し払い”アクキー登場 試験販売として「魔法少女まどか☆マギカ」から2種類
「支払いは推しで」(2021/5/1)

“推しのアクキー”で電子決済 FeliCa内蔵キーホルダー、ソニーが販売 第1弾は「まどマギ」
ソニーが、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種を販売する。(2021/4/30)

3Dアバターがカラオケでお悩み相談する「アバティータイム」、JOYSOUNDで試験提供
「JOYSOUND」を展開するエクシングが、3Dアバターがカラオケで悩みを聞くサービス「アバティータイム」の試験提供を開始。コロナ禍で外出しづらい状況が続く中、孤独感を解消する機会を提供する。(2021/3/8)

総務省、「スマホ乗り換え相談所」を設置へ 専門相談員がプランの提案や移行手続きをサポート
総務省が各社の料金プランを比較し、乗り換え手続きをサポートする「スマホ乗り換え相談所」(仮称)を試験的に設置する方針を明らかにした。2021年度いっぱい、相談所の効果を検証し、22年度以降の事業化を目指す。(2021/1/5)

LINE、恋愛マッチングアプリ「HOP」全国展開 「友達の友達」とつながる
LINEと婚活サービスを手掛けるDiverseの合弁会社HOPが、恋愛マッチングアプリ「HOP」の提供を全国で始めた。これまでは東京都などで試験的に提供していたが、エリアを拡大した。(2020/12/24)

自動走行ロボ使用、住宅街で荷物を配送 パナソニックが藤沢市で実証実験
パナソニックが、自動走行ロボットを使った住宅街向け配送サービスの実証実験を実施中。11月末から公道での技術検証を進めており、2021年2月から試験的にサービスを始める予定。実施場所は「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」。(2020/12/7)

タッチパネルでほしい商品を検索すると……:
“ロボット案内人”登場 目的の売り場まで誘導、カインズの新店舗
ホームセンターのカインズが、買い物客を案内するロボットを試験的に導入する。11月3日にオープンする「カインズ朝霞店」に設置。買い物客がタッチパネルで商品を検索して選ぶと、ロボットがその商品の並ぶ棚や通路の前まで動いて案内する。(2020/10/29)

量子コンピュータ上で動く量子化学計算クラウドサービス QunaSysが試験提供
QunaSysが量子コンピュータ上で量子化学計算を行うクラウドサービス「QunaSys Qamuy」の試験提供を始めた。(2020/10/21)

Instagram、“投げ銭”機能を日本でも開始
「Instagram」のライブ配信者が、視聴者から収益を得られる仕組みが日本でも試験的に始まった。(2020/10/21)

燃料電池車:
大型トラックだけでなく鉄道にも燃料電池、トヨタが共同開発を加速
トヨタ自動車は2020年10月6日、燃料電池(FC)を使った大型トラックや鉄道車両を開発すると発表した。FC大型トラックは北米で日野自動車と開発し、2021年前半に試験車両を完成させる。2022年にユーザーとの実証、2024年までに量産を予定している。鉄道では東日本旅客鉄道(JR東日本)や日立製作所とともに試験車両を製造し、2022年3月ごろから鶴見線、南武線尻手支線、南武線で試験走行を行う。(2020/10/7)

愛称は「HYBARI(ひばり)」:
「水素で走る鉄道車両」 JR東、日立、トヨタが共同で試験開発
JR東日本と日立、トヨタは、水素を燃料とする燃料電池と、蓄電池を組み合わせた試験車両を共同で開発すると発表した。2022年3月頃から、鶴見線、南武線尻手支線、南武線(尻手〜武蔵中原)で試験走行を予定している。(2020/10/6)

設計環境レビュー:
RTXサーバの高い処理能力を汎用PCで体感! 事前検証プログラムを活用してみた
「NVIDIA RTXサーバ」の高い処理能力を試験的に評価してみたいが、コスト的に困難……という問題を解決するため、エルザ ジャパンは法人ユーザー向けに事前検証プログラム「RTX Server Test Drive」を提供している。今回、特別にこの事前検証環境を評価する機会を得たので、RTXサーバの実力をベンチマークしてみた。(2020/10/1)

オンライン商談:
来店しなくても、ポルシェ展示車を確認 店員が“客の目”の代わりに 販売店が試験導入
ポルシェジャパンは、ビデオ通話で商談・展示車の確認を行えるサービスを試験的に始めた。メガネ型デバイスを装着した店員が、クルマの映像をリアルタイムで撮影し、顧客に共有しながら説明する。(2020/9/23)

1枚のSIMで複数キャリアの回線を利用 NTTPCが「マルチキャリアSIM」の試験サービス開始
NTTPCコミュニケーションズは、9月16日に1枚で複数キャリアを利用できる「マルチキャリアSIM」のトライアルサービスを開始。端末検証やサービス検証を行うトライアルパートナーを募集している。(2020/9/18)

H3ロケット打ち上げ、来年に延期 エンジンに技術的課題
JAXAは「H3ロケット」について、開発中のエンジンに技術的課題が見つかったため、試験機初号機の打ち上げを、2020年度から21年度に延期すると発表した。(2020/9/14)

松屋、「ステーキ屋松」のステーキ丼を一部店舗で試験販売 エビチリの全国販売も決定
グループ店「ステーキ屋松」の商品が松屋に。(2020/9/2)

自然エネルギー:
未利用の温泉排熱で発電を可能に、ヤンマーが長野県で実証試験
ヤンマーホールディングスのグループ会社であるヤンマーエネルギーシステムは、温泉廃熱を利用した小型のオーガニックランキンサイクル式発電機(ORC発電機)を開発し、試験機を長野県諏訪市のあやめ源湯へ設置した。(2020/8/28)

22年までに最大20店舗で:
ファミマ、ロボット店員を試験導入 VRでペットボトルを遠隔陳列
ファミリーマートが、遠隔操作で店舗の商品を陳列できるロボットを試験的に導入した。店舗のバックヤードで、ペットボトルの陳列を行う。(2020/8/26)

EVやHV搭載の車載機器を対象に:
高電圧遮へい電源システムによる試験サービス開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、EV(電気自動車)やHV(ハイブリッド車)に搭載される車載機器を対象に、高電圧遮へい電源システムによるEMC試験サービスを始めた。(2020/8/17)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
販売員はモニターの中 ビックカメラが“遠隔接客”に手応えを感じている理由
ビックカメラが7月から一部店舗で“遠隔接客”を試験的に実施している。コロナ禍で非対面・非接触での説明を受けたいというニーズがあると考えた。一定の成果が出たことから今後も継続・拡大していく。(2020/8/13)

車載電子部品:
海外自動車メーカーの試験規格に準拠、OKIエンジが低温塩水サイクル試験開始
OKIエンジニアリングは2020年8月20日から、低温環境の中で塩水シャワーを用いてECUやPCUなど車載部品向けの低温塩水サイクル試験サービスを開始する。主に欧州、北米など海外自動車メーカーで求められる試験規格に対応することで、部品納入を行う国内サプライヤーなどからの需要を見込む。同年8月からは、高電圧用遮蔽電源システムを用いたEV/HV自動車部品の試験サービスも開始する。(2020/8/4)

ソフトバンクG、唾液PCR検査で新会社 社員や自治体、法人に「低価格・高頻度で提供」
ソフトバンクグループが、唾液PCR検査を行う新会社を設立。社員やソフトバンクホークスの選手に試験的な検査を実施し、将来は自治体や法人などに対象を拡大する。「低価格・高頻度での提供を目指す」という。(2020/7/30)

産業動向:
非対面試験サービスの申込数が2月比170%、オンライン商談も可能に
現場と試験室をオンラインでつなぐ「Web立会いサービス“ラボコネ”」の2020年4月の申込数が同年2月比170%になったと土木管理総合試験所が発表。(2020/7/20)

汁物とメインのセット:
かっぱ寿司が朝食メニューの提供店舗を拡大 「愛知のモーニング文化に挑戦」
かっぱ寿司が朝食メニュー提供店舗を拡大する。福島県・静岡県の一部店舗で試験的に提供していた。(2020/7/13)

経産省がSansanの名刺管理サービスを導入 職員4000人のDXへ
経済産業省は、Sansanの法人向け名刺管理サービス「Sansan」を正式に導入した。経産省は2019年から、同サービスを試験的に導入していたが、業務生産性の向上が実証できたため今回正式の導入に至った。同サービスの「オンライン名刺」機能の利用も積極的に開始するという。(2020/7/8)

試験時間を従来の3分の2に短縮:
OEG、先端FPGAのバーンイン試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、先端FPGAのバーンイン試験サービスを始めた。信号発生システムを新たに開発したことで、バーンイン試験の時間を従来の3分の2に短縮できるという。(2020/6/26)

2020年のアナリティクス技術のトレンド、トップ3は「よりスマートなAI」「データストーリー」「意思決定インテリジェンス」――ガートナー発表
ガートナーは、データ/アナリティクス技術のトレンドのトップ10を発表。NLP(自然言語処理)や適応学習などを活用したAI分析の需要が高まり、2024年末までに、75%の組織がAIを“試験的な導入”から“実運用”に移行させるという。(2020/6/25)

AIが配達ルートを計算するツール、日本郵政が試験導入 新人でもベテラン同様の業務効率に
日本郵政は、AIが荷物の配達ルートを自動生成する配達業務支援システムを郵便局に試験的に導入すると発表した。人手不足解消のため、従業員の負担軽減や経験の浅い配達員の支援を行う。(2020/6/16)

AI:
AI画像認識で操船者の負担軽減、東亜建設工業が船舶監視システム
東亜建設工業は、AIにより他船舶を自動識別する監視システムを港湾工事へ試験的に導入し、実用性の検証を行った。同システム活用により、港湾を行き交う他船舶の船種を高い確率で検知でき、港湾工事における航行監視の効率化・負担軽減が可能となる。(2020/5/20)

外出自粛で聴取者は増えた? 「ラジスマ」の手応えはどう? radiko青木社長に聞く
試験サービスの開始から10年経過したIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」。災害時はもちろん、最近の「外出自粛」の際によく使われているという。サービスの近況を、運営会社であるradikoの青木貴博社長に聞いた。(2020/5/19)

Windows 10の「DNS over HTTPS」機能がWindows Insiderで利用可能に
正式リリース前の機能を試験的に利用してもらう制度向けに実装。Microsoftは「よりプライベートなインターネットエクスペリエンスを創出する一助」と述べている(2020/5/15)

LINE、トークの分類機能を試験提供 個人・企業からの連絡をフォルダに仕分け OpenChatにも対応
LINEが、トークルームの分類機能を試験提供。カテゴリーは個人(1対1)、個人(グループ)、企業、OpenChatの4種類。設定を適用すると「トーク」タブの上部にフォルダが表示され、該当する連絡を自動で振り分ける。(2020/5/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.