• 関連の記事

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

CEATEC 2021 ONLINE:
島村楽器が需要予測にAI活用、非エンジニアが制作 成功のカギを本人が解説
これまでは商品の発注数を、経験者の勘に頼っていた島村楽器。需要予測システムを内製し、4月に運用を始めたところ、工数が半分になったという。導入の担当者は非エンジニアの社員。AI活用の経験が少ないにもかかわらず、なぜ業務効率化を実現できたのか。(2021/10/21)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第2回】
「大規模クラウド」のストレージ設計も夢ではない IT担当者が盗むべき運用術
ITインフラをソフトウェアで制御する流れはストレージにも広がっている。一般企業はハイパースケールクラウドに倣い、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)を活用することでさまざまなメリットを得ることができる。(2021/10/21)

ソフトバンクがスタンドアロン構成の5Gサービスを開始 第1弾端末は「Airターミナル5」
ソフトバンクが、スタンドアロン(SA)構成の5Gサービスの運用を開始した。第1弾の対応端末は、ワイヤレスブロードバンドサービス「SoftBank Air」用のホームルーター「Airターミナル5」だ。(2021/10/19)

製造ITニュース:
自動車業界向けクラウドERP、AWS 東京リージョンでの運用を開始
インフォアジャパンは、AWS アジアパシフィック(東京)リージョンで、自動車業界向けマルチテナント型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」のアプリケーション運用を開始した。(2021/10/19)

問題解決もお任せの「自己修復システム」【前編】
人の介入を不要にする「自己修復システム」とは? 何がすごいのか
企業は自動的に問題を検出して解決するシステムを構築すれば、運用の効率化を図れる。こうした「自己修復システム」は具体的にどのようなものなのか。(2021/10/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(53):
PolyBaseデータ移動サービスの状態を確認する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseデータ移動サービスの状態の確認について解説します。(2021/10/19)

自然エネルギー:
脱炭素技術を顧客と「協創」、日立がエネマネ実証環境を構築
日立製作所(日立)が脱炭素関連技術を駆使したエネルギーマネジメントシステムの実証環境を構築し、運用を開始した。顧客とのオープンな協創を通して、社会課題を解決する環境イノベーションの創出を目指す。(2021/10/18)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第2回:
PR:進化を続けるエッジコンピューティング、製造業の要求を満たす条件とは
AIや画像処理による解析などの用途で、製造業でもエッジコンピューティングのニーズが高まってきた。従来はクラウドやデータセンターなどで担っていたこれらの処理も、今や現場である“エッジ”での対応が求められるようになっている。そのためには、工場内でも運用できる堅牢性を備え、高性能GPUも搭載できるようなシステムが求められている。(2021/10/18)

機器の一元管理で人材、予算不足を解決
「UTM」の“もったいない”をなくす 機能性とパフォーマンスを両立させるには
企業のセキュリティ対策の基盤となるUTMはさまざまな機能を備える半面、全てを生かそうとすると処理に支障が出る恐れもある。UTMを使って最新のセキュリティ対策を実施しつつ、管理性も高めたセキュリティ運用はどうすれば実現できるのか。(2021/10/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(52):
PolyBase計算ノードに配布されたクエリ要求の実行情報を取得する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBase計算ノードに配布されたクエリ要求の実行情報の取得について解説します。(2021/10/18)

スマートファクトリー:
PR:「生産技術のインテリジェント化」を目指しIoTネットワークを構築した日産自動車
最先端の技術で「クルマの未来」を提案し続ける日産自動車。同社は、新型クロスオーバーEV「日産アリア」の新開発パワートレイン生産ラインにおいて、IoTを活用した生産技術の革新に取り組んでいる。このIoTを制御するネットワークに採用されているのがシスコシステムズの製品だ。IT(情報技術)とOT(運用技術)を融合させた新たなネットワークは、次世代のクルマづくりのコンセプト「ニッサン インテリジェント ファクトリー」を実現する上で欠かせないインフラとなっている。(2021/10/11)

Microsoft、中国版LinkedInを年内に廃止へ 「コンプライアンス要件の高まりに直面」
Microsoftが中国版LinkedInを年内に廃止すると発表。2014年から7年間提供してきたが、「非常に困難な運用環境」のため。中国では新たにSNS要素のないジョブアプリ「InJobs」を提供する。(2021/10/15)

人工知能ニュース:
ROSの機能強化やシミュレーションの相互運用で業務提携
NVIDIAは、Open Roboticsとの業務提携を発表した。NVIDIAのJetsonエッジAIプラットフォームやGPUベースシステム上におけるROSの機能強化、両社のシミュレーターのシームレスな相互運用を図る。(2021/10/15)

製品動向:
三菱地所らが駐車場管理クラウドシステムを構築、清算の電子化と非接触化を実現
三菱地所パークスは、三菱地所や三菱地所リアルエステートサービスと共同で開発した駐車場管理クラウドシステム「CREPE」のモニタリング調査を神奈川県横須賀市で管理・運営する駐車場「サイカヤパーキング」で2021年8月18日にスタートした。今後は、システムやユーザビリティにおける課題などを検証し、2022年4月にCREPEの本格運用を目指す。(2021/10/14)

VMworld 2021で米国での提供開始を発表:
「AWS Outposts」のVMware版「VMware Cloud on AWS Outposts」はどう使える?
VMwareが発表した「VMware Cloud on AWS Outposts」は、企業拠点にAWSを持ち込む「AWS Outposts」に、VMware環境を乗せたものだ。このサービスは、以前からオンプレミスで VMware環境を運用している企業にとって、どんな意味があるのだろうか。(2021/10/14)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第1回】
一般企業もまねしたい「大規模クラウド」の設計・運用ノウハウとは?
企業は「ハイパースケールクラウド」の知識を取り入れれば、ストレージの設計や運用を最適化できる。何を学べばいいのか。(2021/10/14)

将来を見据え、今選ぶべきITインフラの形
DXへの最短距離を見定める、HCIを活用したITインフラ運用の整理術
DXに向けた「あるべき姿」を組み込んでシステムを再構築するならば、HCIは有効な選択となる。将来的なクラウド環境の構成を見据えて、まず目の前のレガシーインフラをモダナイゼーションする際に、どのような観点で選ぶべきか。(2021/10/19)

クラウド利用で高まる情報セキュリティリスク、その原因は? IT担当者が身に付けるべき運用の心構え
クラウドサービスの業務利用が当たり前になった今、情報セキュリティに関するネガティブなニュースが目に付くことも非常に増えた。自身が被害者にならないために、そして二次的な被害の加害者にならないために何ができるのか。(2021/10/13)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(51):
PolyBaseを使用したクエリに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseを使用したクエリに関する情報の出力について解説します。(2021/10/12)

日本ユニシス、仮想デスクトップ環境「楽DaaS」販売開始 テレワーク導入や閉域網などでの利用に
日本ユニシスは、仮想デスクトップ環境の構築と運用サービス「マネージド仮想デスクトップサービス『楽 DaaS』」の販売を始めた。テレワークの本格導入や短期間でユーザー増減が想定できる開発環境、閉域網などの利用を想定する。(2021/10/11)

キリン、ビールの製造計画をAIで立案 年3000時間以上を削減 まずは「ろ過計画」から
キリンビールが、AIを活用してビール類の製造を効率化するシステムを開発し、仙台工場など全9工場で運用している。タンクに貯蔵した麦汁をいつろ過し、どのタンクに移し替えるかという計画を自動立案するもので、年3000時間以上の業務削減が見込めるという。(2021/10/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(92):
仕様は確認しないし、運用テストもしません 全部出来上がってから確認します
説明拒否、確認拒否、追加開発強要、契約なし――協力義務違反の展覧会のようなユーザー企業に対して、ベンダーの専門家責任はどこまで求められるのか。(2021/10/11)

無線LANの速度維持と運用最適化を実現
オフィス移転で見直すネットワーク設計、日本工営の新しい働き方を支えたもの
オフィスのリニューアルは、ネットワークの安定性と運用効率を見直す良いきっかけになる。本社オフィス移転を機に無線LANの構築と運用を見直した日本工営が、ネットワーク機器選定で重視したポイントは。(2021/10/11)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(50):
PolyBaseの分割されたステップ情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseの分割されたステップ情報の出力について解説します。(2021/10/11)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第5回】
「Windows」PCにがっかりする6つの理由
「Windows」搭載PCは紛れもなく業務用クライアントデバイスの代表格だ。ただしそのことは、Windows搭載PCが完全無欠であることの証明にはならない。企業がWindows搭載PCを導入、運用する上での課題を整理する。(2021/10/10)

次の仕事用マシンはWindowsか、Macか、Chromebookか、エンジニア3万人の声と経営者の見解
従業員の仕事用マシンに何を支給するのが最適だろうか。初期費用や管理費などの所有コストは判断の大きな指針となるが、それが全てではない。初期投資コストだけでなく生産性や運用のコストパフォーマンスに関する情報も精査して考える必要がある。(2021/10/11)

船も「CASE」:
自律運航船の遠隔監視・操船を担う「フリートオペレーションセンター」に潜入!
海事企業など国内30社が参画する「Designing the Future of Full Autonomous Ship プロジェクト」の「フリートオペレーションセンター」が、2021年9月2日に竣工した。自律運航船の航行を主に遠隔監視と遠隔操船で支援する陸上拠点で、複数の自律運航船を遠隔監視できる「統合表示ブロック」と個別に遠隔操船できる「非常対応ブロック」で構成される。また、自律運航船に搭載する舶用機器とシステムの運用試験を陸上で実施できる想環境も用意した。(2021/10/8)

制振:
重りを用いた工事振動の低減技術「GMD工法」をNETISに登録、戸田建設
戸田建設は現在、工事振動・交通振動の低減技術「GMD(Ground Mass Damper)工法」を国土交通省が運用する「新技術情報提供システム(NETIS)」に登録したことを機に、積極的な技術情報の公開や国土交通省発注工事への技術提案と適用を行い、GMD工法の利用拡大を推進している。(2021/10/8)

「セキュリティ対策と運用体制」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/10/8)

「Microsoft Power Apps」を使いこなす6つのヒント【後編】
「Power Apps」でのローコード開発でつまずかないために確認すべき「SLDC」とは
「Microsoft Power Apps」でアプリケーションを開発する際は、設計から運用までのベストプラクティスに従うことが重要だ。3つのベストプラクティスを取り上げる。(2021/10/7)

新連載:
9割の会社が人事評価制度で失敗する「5つの理由」
テレワーク全盛の昨今、人事評価制度の運用はさらに難しくなっています。人事評価制度で失敗する企業には共通する特徴がある、というのが筆者の見解です。本連載では、失敗理由を大きく5つに分けて各回で紹介します。(2021/10/7)

追加料金は不要:
JR東、新幹線オフィス車両を本格展開 東北・北陸・上越新幹線の全方面で実施
JR東日本は11月22日から、Web会議や通話が可能な「新幹線オフィス車両」を、東北・北陸・上越新幹線の全方面の8号車にて運用すると発表した。(2021/10/6)

マネックス証券、スマホ証券「ferci」利用拡大 単元未満株取引手数料無料化も追い風
 マネックス証券は10月5日、2019年6月にサービス提供を開始した、かんたんスマホ投資「ferci」の利用状況や、資産運用初心者層の利用動向や利用意向についてのレポートを発表した。(2021/10/6)

月額1万円から:
プレイド、“カゴ落ち”対策などECサイトの課題を解決する「KARTE Entry Series for EC」を提供
ECサイトの課題を解決する“鉄板”のシナリオと必要な機能を、運用とセットで提供。(2021/10/6)

Web会議できる“新幹線オフィス車両”本格化 JR東、全線の8号車に導入
JR東が「新幹線オフィス車両」を本格化。東北・北陸・上越新幹線の8号車で運用する。通勤やリモートワーク、ワーケーションなど向け。(2021/10/6)

大規模なクラウド移行の成功談【前編】
「AWS」「Azure」移行で大手エネルギー企業が感じた“手作業の限界”とは?
米エネルギー企業のWorld Fuel Servicesは、自社データセンターで運用していたITインフラをクラウドサービスに移行した。複数のクラウドリソースを管理することになった同社は、どのような問題に直面したのか。(2021/10/6)

3D CADとJIS製図(5):
2D図面の“一義性”を考える【その3】補助投影図を使用した図形の表し方
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第5回は、補助投影図や部分投影図、局部投影図などを使用した図形の表し方を詳しく取り上げる。(2021/10/6)

何のためにシステムを守るのか:
PR:CISOがせめぎ合いを乗り越え“セキュリティ運用のサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントとは
「セキュリティ対策は日々複雑化し、新たなキーワードが頻出しているので、今やるべきことが見えない」と嘆いている管理者には、目先の対策をパッチワーク的に行って投資が無駄になる未来しかないのだろうか。「ITmedia Security Week 2021秋」の「脱サイロ化、セキュリティ運用」ゾーンでは、“セキュリティのサイロ化”を防ぐ全体最適のヒントが明かされた。(2021/10/6)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(49):
オブジェクトの最初の結果セットに関するメタデータを出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、オブジェクトの最初の結果セットに関するメタデータの出力について解説します。(2021/10/5)

データ分析に基づくクリエイティブと安定した運用を実現:
電通グループ3社、企業のYouTubeチャンネルの人気アップを支援する「Tube Riding」を開始
企業が運用するYouTubeチャンネルを活性化させ、顧客のエンゲージメントを高める。(2021/10/4)

事前エントリー5万人超 冒険しながら学べるポイント運用「STOCKPOINT for MUFG」提供開始
 株価などの金融商品連動型ポイント運用サービスを提供するSTOCK POINT(東京都港区)は、10月1日より、三菱UFJ銀行をスポンサーとした新たなポイント運用サービス「STOCKPOINT for MUFG」の提供を開始したと発表した。(2021/10/4)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(48):
ステートメントの最初の結果セットに関するメタデータを出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、ステートメントの最初の結果セットに関するメタデータの出力について解説します。(2021/10/4)

“事業危機”からの組織改革:
360度評価は「真剣勝負」 導入11年のGMO人事に聞く、“透明性が高い人事評価”の秘訣
「人間関係で評価が変わってしまうのではないか」「評価者が多いと、あやふやになってしまうのでは」などの疑念を持たれがちな360度評価だが、長く運用しているGMOインターネットではどのように設計しているのか。(2021/10/1)

「PCの管理と運用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にLenovo ThinkPad X1 Carbon(ノートPC)、10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/10/1)

せりふの“あのキャラ度”をAI診断、ゲームシナリオ作りに活用 「ライター多数の現場も楽に」
AIでキャラのせりふを分析し、言動をぶれを抑えるツールをバンダイナムコエンターテインメントの研究機関が開発。すでにライターが複数いるスマホゲームなどで試験運用が始まっているという。開発のキーパーソンに仕組みを聞く。(2021/9/30)

ポイントはツールの連携とクラウド移行
Teamsと使いやすいグループウェアで、現場も運用も楽なテレワーク環境をつくる
テレワークを本格化させようとシステムを見直す企業が増えている。そこで課題になるのが、Web会議などの必須ツールを現場がスムーズに使え、運用やコスト負担も少ない環境をどうつくるかだ。テレワークを賢くアップデートするポイントは。(2021/9/30)

働き方の多様化で浮上するリスク
テレワークとクラウドで生まれたビジネス変革を支えるゼロトラストセキュリティ
セキュリティやネットワークにまつわるさまざまな問題が、安全かつ快適なテレワークの実現を阻んでいる。「ニューノーマル」時代に応じたシステムの運用構築を支える「ゼロトラストセキュリティ」の仕組みと実現方法を解説する。(2021/9/30)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(7):
クラウドは便利、でもエンジニアの学ぶ機会が減ってしまった――クラウド技術が運用者にもたらした功罪とは
運用者目線で見たクラウド技術のメリット、デメリット、今後求められる運用者像とは何か。オンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」で行われたパネルディスカッション「クラウド技術、自動化技術が基盤“運用者”にもたらした効果と功罪」、その内容の一部を紹介する。(2021/9/29)

仮想環境を使ったクラウド時代の組み込み開発のススメ(5):
誰もが手軽にROSロボット/IoTシステムの開発に取り組める「RDBOX」とは
IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第5回は、“現実のインフラレイヤー”の構築と運用を含めて、自動化する「ツラさ」を乗り越えるための策として、筆者らが研究開発に取り組んでいるOSS「RDBOX」について紹介する。(2021/9/29)

中小企業が採用すべき「現実的な対策」とは
事業拡大にも対応する「シンプルで効果的」なモバイルセキュリティのあり方
これからの働き方として定着しつつあるテレワークにはモバイルデバイスの活用が欠かせない。中小企業の課題「コストや運用リソース不足」を解消する効率的なモバイルセキュリティ対策はあるのだろうか。(2021/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.