• 関連の記事

「米司法省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

United States Department of Justice

複雑化した工場リスクに対する課題と処方箋(9):
複雑化した工場リスク、有事を見据えた取り組みとは
これまで製造現場のコンプライアンス違反といえば、品質にかかわる不正や不祥事がメインでした。しかし近年、ESG経営やSDGsの広まりから、品質以外の分野でも高度なコンプライアンス要求が生じています。本連載ではコンプライアンスの高度化/複雑化を踏まえ、製造現場が順守すべき事柄を概観します。(2024/1/26)

Beeper、“Appleとのいたちごっこ”からの降板宣言 FTCは「精査する予定」
Androidから青いフキダシで「iMessage」に参加できるアプリ「Beeper Mini」の開発元が、“Appleとのいたちごっこ”から抜けると宣言した。米連邦取引委員会はこの発表直後、「プライバシーやセキュリティを反競争的行為の口実にすることは拒否する」と語った。(2023/12/24)

Google対米全州の独禁法訴訟、7億ドル支払いとストア改善で和解へ
米司法省とほぼすべての米州が2020年にGoogleを独禁法違反の疑いで提訴した訴訟で、両者の和解条件が公表された。Googleは7億ドルを支払い、Google Playストアに修正を加える。(2023/12/20)

スマホにはなぜ最初からグーグル検索アプリが……“寡占の実態”に斬り込む
米グーグルとスマートフォンメーカーの契約について、公正取引委員会が審査に乗り出したことが23日、明らかになった。背景に……。(2023/10/24)

Cybersecurity Dive:
マルウェア「Qakbot」がテイクダウン 米国主導の大規模国際作戦の詳細
米国はフランスやドイツなどの国と連携して全世界70万台以上のコンピュータに感染していたマルウェア「Qakbot」を破壊するための大規模な作戦を実行した。(2023/10/8)

海外医療技術トレンド(98):
米国でヘルスケアデータを扱う非医療機器の規制がさらに強化される理由
本連載第8回で取り上げた米国の「非医療機器(Non-SaMD)」を取り巻くプライバシーやサイバーセキュリティの規制が大きく変わりつつある。(2023/8/18)

GoogleをDoJや州判事らが2020年に提訴した独禁法訴訟、一部棄却
米司法省と複数の州政府が2020年にGoogleを提訴した独禁法裁判で、連邦地裁が7件の申し立て中4件を棄却した。残りの申し立てについては9月に審理が開始される。(2023/8/6)

ITmedia Security Week 2023 夏:
身代金交渉の知られざる内幕 ランサムウェアグループのビジネスに迫る
サイバー犯罪者は何を考えているのか。身代金交渉の実態、拡大する犯罪グループの現状を紹介する。(2023/6/20)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
2022年度の国内PC出荷台数は2年連続の減少/米連邦取引委員会と司法省がAmazonを提訴
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月28日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2023/6/4)

Amazon傘下のRing、プライバシー訴訟で580万ドルの和解金 「従業員がユーザーの動画を閲覧」
Amazon傘下のRingは、ホームカメラでの違法スパイ行為でFTCに提訴された。FTCはRingがユーザーの動画を無断で視聴したり、アルゴリズムのトレーニングに使ったと主張。Ringはこの主張に同意しないが、和解するために580万ドルの支払いに同意した。(2023/6/1)

Amazon、「Alexa」による児童オンラインプライバシー法違反で罰金2500万ドル
米FTCと米司法省がAmazonを提訴した訴訟で、Amazonは2500万ドルの罰金支払いに同意した。「Alexa」と会話した子供のデータの収集と利用がCOPPA違反とされた。AmazonはFTCの主張には同意しないが訴訟解決のために和解条件に同意したとしている。(2023/6/1)

Marketing Dive:
GoogleやMetaが減速する中、広告ビジネスの未来はどこへ向かう?
GoogleとMetaがともに広告収入の減少を報告し、この10年間で初めてデジタル市場の50%を割り込んでいる。この厳しい経済情勢にもかかわらず、決算が堅調に推移したのがDSP大手のThe Trade Deskだ。(2023/4/21)

Figma Japan責任者に聞く、これからのユーザーコミュニティー戦略 日本展開から1年、今後の戦い方は
日本展開のスタートから1年が経過したFigma。国内展開を加速する中、ユーザーコミュニティーも重要視していくという。今後の方針を日本法人の責任者に聞いた。(2023/3/27)

米司法省、Googleのネット広告技術独占は違法だと提訴
米司法省(DoJ)は8州の司法長官とともにGoogleを独禁法違反で提訴した。「Google Ads」などのネット広告ツールを独占することで、健全な競争を妨害したと主張。裁判所にこれらのツールの売却と反競争的慣行への関与停止命令を求めた。(2023/1/25)

マスク氏Twitter買収の影響は【第4回】
マスク氏は“欠陥だらけ”の「Twitter」セキュリティポリシーを改善できるのか
イーロン・マスク氏がTwitter社を買収したことで、Twitterのセキュリティポリシーが強化されるのではないかとの期待が集まっている。本当にそうなのか。専門家が予測する変化とは。(2022/12/14)

「Twitterの最近の動きに強い懸念」と米連邦取引委員会(FTC)
Twitter内部の混乱が広がっている。プライバシー関連幹部3人が新たに退社した。FTCへの報告期限の前日だった。(2022/11/11)

Uber、9月15日の攻撃者はLapsus$と説明 FBIの捜査に協力中
Uberは、9月15日に受けたサイバー攻撃についての報告を更新した。攻撃者はサイバー犯罪グループLapsus$に所属していると考えているという。Lapsus$はMicrosoftやOktaを侵害したことでも知られる。(2022/9/20)

医療機関を狙うサイバー攻撃の実態【第2回】
「医療機関で200万人超の個人情報漏えい」の衝撃
米国では医療機関を狙うサイバー攻撃が相次いで発生している。どれくらいの規模の被害が、どの程度起きたのか。米保健社会福祉省のデータを基に紹介する。(2022/9/1)

Twitterの元セキュリティ責任者が内部告発──botとセキュリティについて「重大な欠陥」を隠していた
Twitterを1月に退社した元セキュリティ責任者で伝説的ハッカーのピーター・“マッジ”・ザトコ氏が、同社のセキュリティやbotの問題について当局に告発。訴状を入手したメディアが報じた。(2022/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本の会社も“他人事”ではない トランプ前大統領のスパイ容疑
自宅に家宅捜索が入った米国のトランプ前大統領だが、公文書の持ち出しや文章改ざんの恐れという法律違反に加えて、スパイ防止法違反の容疑も含まれている。ここ数年の同氏の怪しい動きとは……。(2022/8/18)

Twitterがユーザーの個人情報を不正利用【後編】
多要素認証(MFA)に不信感 Twitter“認証データを広告転用”問題のインパクト
多要素認証(MFA)のために集めたユーザーの個人情報を広告に利用したTwitter。専門家はこうした行為がMFAへの信頼を損なう可能性があると指摘する。(2022/6/29)

Twitterがユーザーの個人情報を不正利用【前編】
Twitterのずさんな個人情報管理 「認証用の電話番号」を広告にうっかり利用
多要素認証(MFA)のためにユーザーから受け取った電話番号やメールアドレスを、なぜか広告に利用――。Twitterは、なぜこうした事態を招いたのか。ユーザーへの影響は。(2022/6/22)

ロシアの大規模ボットネット「RSocks」、米英独蘭が解体
米司法省はロシアの大規模ボットネット「RSocks」のインフラを解体したと発表した。世界中の何百万ものPC、Android端末、IoT端末が組み込まれていた。FBIが2017年から覆面捜査していた。(2022/6/18)

スタンドアロン5Gを展開:
Dish Networkが5Gを開始、全米カバー率20%を目指す
Dish Networkが2022年5月、米国ネバダ州ラスベガスにおいて、ようやく国内5G(第5世代移動通信)市場への参入を実現した。しかし、これはやっと最初のハードルを越えたにすぎない。発展途上の5G事業者である同社が、米国全土で5Gネットワークの実現を目指していくためには、まだクリアしなければならない障壁が数多く残っているためだ。(2022/6/14)

Twitter、FTCおよびDoJによるプライバシー関連申し立てで和解 1.5億ドル支払い
Twitterは2019年にプライバシー慣行で米連邦取引委員会と米司法省に提訴されていた件で和解した。和解条件として罰金1億5000万ドルの支払いと、新たなコンプライアンスの導入を命じられた。(2022/5/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
世界最大級の闇取引市場、国際捜査で摘発 創設者とされる男は21歳 その正体は
世界中から流出した個人情報などのデータが大量に売買されていた大手闇取引市場「RaidForums」が、米欧の連携捜査で摘発され、創設者とされる21歳の男が逮捕された。その正体とは。(2022/4/21)

2021年は、凶悪化するランサムウェアや国家レベルのサイバー攻撃との攻防が激化 サイバー警察局などで捜査体制強化へ
警察庁がまとめた「令和3年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢等について」によると、2021年は企業や病院などを狙うランサムウェアの被害が拡大し、国家が関与するサイバー攻撃も露見するなど、サイバー脅威が深刻化しているという。(2022/4/15)

米当局、ロシアによるbotネットを撲滅する作戦を決行 該当ルーター保持者は要注意
米司法省が2022年3月に実施された裁判所公認のサイバーセキュリティオペレーションを発表した。同オペレーションはロシア連邦軍参謀本部情報総局が関与して構築したとされるbotネットの破壊を目標とした作戦で、一定の成果を挙げたという。(2022/4/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
AppleもMetaもだまされた? 警察から届く偽の「緊急要請」、悪用する手口が横行
何者かが警察や捜査機関の電子メールアカウントを乗っ取って「緊急データリクエスト」と呼ばれる情報開示請求を送り付け、携帯電話会社やSNS運営会社をだまし、顧客やユーザーの情報を開示させる事件が米国などで相次いでいるという。(2022/4/6)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
3割減収でも最高益のファーウェイ、切り札は300人の「天才少年」と3兆円の研究開発投資
2019年に米国に輸出規制を発動され、「生存」が最重要ミッションとなったファーウェイが21年決算を発表した。売上高は前年比28.6%減だが、純利益は同75.9%増で過去最高。カナダで3年近く軟禁生活を経た孟晩舟副会長が、4年ぶりに決算会見に出席し、最悪期を脱したことを示唆した。(2022/3/31)

「ランサムウェアの侵入防止は不可能」とセキュリティ企業が指摘 “検出”と“耐性”に焦点を
セキュリティ企業のExtraHop Networksがランサムウェア攻撃に関する調査レポートを公開した。同社は調査結果を踏まえて「ランサムウェア攻撃を仕掛けるためのネットワークへの侵入を完全に防止するのは不可能だ」と指摘する。(2022/3/3)

Netflix、ビットコインロンダリングで逮捕された夫婦のドキュメンタリー制作を発表
Netflixは2月11日、8日にビットコインロンダリングの疑いで逮捕された夫婦のドキュメンタリーを制作すると発表した。妻のヘザー・モーガンは起業家、ライター、ラッパーとして多様なSNSで多くの投稿をしていた。ドキュメンタリーの監督は「タイガーキング」のクリス・スミス。(2022/2/13)

米司法省、2018年にBitfinexから盗まれたビットコイン4160億円相当を押収、2人を逮捕
米司法省は2016年にBitfinexから盗まれたビットコイン、36億ドル(約4160億円)相当を押収し、ビットコインをロンダリングしようとした夫婦を逮捕したと発表した。(2022/2/9)

ウクライナ政府に破壊的なサイバー攻撃 Microsoftが報告
Microsoftは、ウクライナ政府に対する破壊的なマルウェア攻撃を確認したと発表した。犯行グループは特定できていないとしているが、ウクライナ保安庁は「ロシア政府に関連するグループが関与している調合がある」としている。(2022/1/17)

UMCとMicron Technology、長年の特許係争で和解
台湾の半導体ファウンダリUMCと米半導体大手Micron Technologyは特許侵害などで互いを提訴していたが、和解した。和解内容は公表していない。UMCがMicronに金額非公開の和解金を1度支払う。(2021/11/28)

TechTarget発 世界のITニュース
ベゾス氏やオバマ氏のTwitterアカウントを悪用 英国人男性が逮捕
Twitterを攻撃し、著名人のアカウントを乗っ取った英国国籍の男性をスペインの警察が逮捕した。どのような手口でTwitterのアカウントを盗んだのか。(2021/9/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
ランサムウェアも生存戦略 「DarkSide」は「BlackMatter」に? 現れては消えるサバイバル術
Ransomeware as a Service(サービスとしてのランサムウェア)ビジネス集団は幾つもあるが、元をたどるとそう多くはない。(2021/8/16)

TechTarget発 世界のITニュース
セキュリティ企業幹部が病院へのサイバー攻撃で起訴 何のために攻撃したのか?
セキュリティ企業のCOOが病院へのセキュリティ攻撃を実行した嫌疑で起訴された。電話システムを制御するコンピュータを侵害した疑いだ。(2021/7/30)

「法は守っている」だけでは不十分:
不正や人権問題を防ぐため、これからの企業に求められるコンプライアンス対応とは?
企業が直面する環境変化を象徴するコロナ禍、ESG/SDGsは、企業に求められるコンプライアンス対応にも大きな影響を与えています。環境変化により発生するリスクに適応するためのコンプライアンスのポイントを解説します。(2021/7/27)

米、英、EU、NATO、日本など、サイバー攻撃で中国を非難
米、英、EU、NATO、日本などが7月19日、3月に発生したMicrosoft Exchange Serverの脆弱性を悪用したサイバー攻撃について、中国を非難した。米司法省は同日、中国政府とつながりがあると見られるハッカー4人を指名手配したと発表した。(2021/7/20)

TechTarget発 世界のITニュース
FBI、暗号化チャットの“わな”で国際犯罪を一斉摘発 数年にわたって傍受
FBIは、「安全に情報のやりとりができる」と見せかけた暗号化チャットサービスを運営し、世界中の犯罪者を呼び寄せた。欧州やオーストラリアの警察と手を組んだ“異例の作戦”はどのようなものだったのか。(2021/7/19)

Amazonと反トラスト法【前編】
「GAFA」はなぜ訴えられているのか? 「反トラスト法」違反訴訟が活発化
Amazon.comが反トラスト法違反で提訴された。最近になって、同社を含む「GAFA」と呼ばれる大手IT企業4社が相次いで訴訟に直面している。何が起きているのか。(2021/7/14)

バイデン大統領、米経済の競争促進に関する大統領令 IT大手規制も
ジョー・バイデン米大統領は、米経済の経済促進に関する大統領令に署名した。IT大手の競合買収や個人データ収集、プラットフォームとしての有利な立場悪用などを規制する命令を含む。トランプ政権下で撤廃のネット中立性規則の復元も命じる。(2021/7/12)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」のまさかの被害者 バックアップ企業が負った痛手とは?
システムを保護することを専門とするベンダーも、サイバー攻撃の被害に遭うことがある。バックアップ用ストレージベンダーのExaGridがランサムウェアに感染し、260万ドルの身代金を支払った。(2021/7/8)

Kaseya攻撃のREvil、Moneroとは別にビットコインでも78億円請求か
Kaseyaにランサムウェア攻撃を仕掛けたとみられるREvilがダークウェブブログで、影響を受けたシステムは100万以上あると宣言。ビットコインで7000万ドル(約78億円)支払えばすべてを復号するマスターキーを提供すると告知した。(2021/7/6)

TechTarget発 世界のITニュース
マルウェア「TrickBot」関連でラトビア国籍の女性が逮捕 プログラミングを担当
ランサムウェア攻撃にも使われるマルウェア「TrickBot」の攻撃に関わったとして、ラトビア国籍の女性が起訴された。どのような攻撃活動に関わっていたのか。(2021/7/5)

クライアント管理サービスのKaseyaに大規模ランサムウェア攻撃 またREvilの可能性
クライアント管理サービスを手掛けるKaseyaは米独立記念日前の金曜午後、大規模なランサムウェア攻撃を受けたと発表した。オンプレミス版で約40の顧客が犠牲になり、全顧客にサービスの停止を呼び掛けている。セキュリティ企業はロシアのハッカー集団REvilが関わっている可能性を指摘した。(2021/7/4)

フェイスブックの時価総額1兆ドル突破 米独禁法勝訴で
米フェイスブックの株価は6月28日に急伸し、時価総額は1兆ドル(約110兆円)を突破した。米連邦取引委員会(FTC)と複数の州が起こしていた反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁判事が立証不十分として訴えを退けたことが要因。(2021/6/29)

TechTarget発 世界のITニュース
ランサムウェア「Conti」の攻撃が欧米で多発 FBIがセキュリティ警告
ランサムウェア「Conti」の攻撃が相次ぎ、米国や欧州の医療機関を中心に被害が広がっている。FBIも目を光らせるこれらの攻撃はどのような手口を使っているのか。(2021/6/26)

ランサムウェア攻撃を受けたJBS、約12億円の身代金をビットコインで支払い
食肉加工メーカーJBS USAは、ランサムウェア攻撃の身代金1100万ドル相当を支払ったと発表した。支払いはビットコインで行われたと報じられている。調査は続いているが、情報流出はなかったとしている。(2021/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.