サーバ統合を進める2つの方法【後編】
「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?
サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。(2024/7/10)

サーバ統合を進める2つの方法【前編】
いまさら聞けない「物理サーバ集約」と「サーバ仮想化」の違いとは?
物理サーバの利用効率を高めて運用負荷軽減やコスト削減をするための方法に、サーバ統合がある。サーバ統合のための主な2つの方法と、それぞれのメリット、デメリットを説明する。(2024/7/3)

柔軟なモダナイゼーションという選択肢:
PR:将来を見据えた現行環境からのポジティブな移行のすすめ
長く利用してきたITインフラの継続利用が危ぶまれる場合、どのような選択をすべきか。仮想環境からの単なる住み替えではなく、将来を見据えたモダナイゼーションのための「価値ある投資」にする選択肢とは。(2024/6/18)

AWSで学ぶクラウド時代のサーバ&ストレージ基礎知識(1):
サーバなんて触ったことないから分からない――クラウド世代のための「サーバ」超入門
これまであまり物理的なサーバとストレージに触れてこなかった方を対象に、AWSを用いてサーバとストレージの基礎知識を解説する連載。初回は、サーバと仮想化について基本から解説し、Amazon EC2の操作手順を示す。(2024/6/18)

Nutanix、VMwareの2大ハイパーバイザーを比較【前編】
AHV、ESXiのどちらを選ぶ? 「VMware買収」で変わった比較ポイント
「Nutanix AHV」と「VMware ESXi」は、どちらも企業に必要な機能を十分に備えた仮想化製品だ。両者を比較検討するIT管理者のために、両者のメリットとデメリットを説明する。(2024/6/12)

Google、“ChromebookでWindowsアプリ”を可能にするCameyoを買収
Googleは、ChromeOSデバイス上でWindowsアプリを実行するための仮想化ツールを手掛けるCameyoを買収すると発表した。CameyoのVADにより、Chromebook導入企業は、従来のVDIなどより簡単にWindowsアプリをWeb経由で配信できるようになるとしている。(2024/6/6)

「Windows Server」次期バージョンの違い【後編】
Hyper-Vはどう進化する? 新サーバOS「Windows Server 2025」の主な変更点
サーバOS「Windows Server」の次期バージョン「Windows Server 2025」には、幾つかの重要な変更が加えられる。ハードウェア仮想化ソフトウェア「Hyper-V」に関しては、少なくとも3つの変更点がある。何が変わるのか。(2024/5/28)

抽選でQUOカードPayが当たる
「デスクトップ仮想化基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/5/23)

“やりたいこと”とコストのバランスは釣り合っているのか:
PR:業務も“ブラウザで事足りる”時代、クライアント仮想化の新たな選択肢を考える
セキュアにテレワークをするために、VDIなどのクライアント仮想化が普及してきた。しかし、業務の在り方が変わる中、クライアント仮想化の仕組みそのものを見直す時期が来ている。(2024/5/21)

3人の業界エキスパートに聞く:
PR:サーバ仮想化基盤を今後どうする? Nutanixは移行先として頼れる存在か
仮想化基盤の新たな選択肢が求められている。次のインフラ更改までに最適なものを見つけるため、あれこれ調査している企業もある。選択肢として名前が挙がるNutanixの仮想化基盤は移行先として安心できる存在なのか。関係者3人に聞いた。(2024/5/29)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化基盤の見直し・リフレッシュの検討状況」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/5/20)

仮想化ソフト「VMware Workstation Pro」個人利用が無料に Mac用「Fusion Pro」も
米VMwareが、Windows用仮想化ソフト「VMware Workstation Pro」について、個人利用を無償化すると発表した。macOS用の「VMware Fusion Pro」も同様。商用の場合は引き続き有償のサブスクリプションが必要になる。(2024/5/15)

一番重要なのは「自社のインフラ要件」にマッチするかどうか:
選ぶなら「Xen」か「KVM」か 仮想化方式の違いから選定基準までを解説
TechTargetは「XenとKVMの違い」に関する記事を公開した。オープンソースのハイパーバイザーとして著名な「Xen」と「KVM」はどういった違いがあるのか。判断で重要になるのは「自社のインフラ要件」と「クラウド導入への関心度」だ。(2024/5/9)

ChromeOSでWindowsアプリ継続【後編】
「ChromebookでWindowsアプリを使いたい」が本当にかなう方法はこれだ
Microsoft OfficeといったWindows向けのアプリケーションをChromebookでも利用する方法がある。Cameyoのアプリケーション仮想化ツールの機能や利用方法、安全面の対策などを紹介する。(2024/5/5)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化インフラやハイブリッドクラウドの導入」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/5/1)

「仮想化は完璧ではない」:
どの企業でも起こり得る「仮想化」を巡る5つの課題 対処方法は?
仮想化には共通して発生する一般的な5つの問題がある。その効果的な対処方法を解説する。(2024/4/11)

MicrosoftとQuantinuum、エラーの少ない論理量子ビットを実証 Azure顧客にプレビューへ
Microsoftは、支援するQuantinuumの量子ビットプロセッサ「H2」と自社の仮想化システムを使うことで、1万4000件以上のインスタンスをノーエラーで実行できたと発表した。数カ月中にAzure Quantum顧客にプレビュー提供する計画。(2024/4/4)

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供Webキャスト
デモ動画で解説、仮想環境やアプリの“クラウドマイグレーション”の最適解
リソース不足などによって「既存インフラのクラウド移行」「レガシーアプリケーションのクラウドネイティブ化」に踏み出せていない組織は多い。そこで“クラウドマイグレーション”を実現する、今注目の手法をデモ動画で紹介する。(2024/3/19)

オンプレミス脱却を図る企業に見てほしい
オンプレミスを撤廃したい企業に立ちはだかる「移行の壁」、その越え方とは
クラウド移行を考える企業にとって気になるのは「移行作業」と「それに伴うシステム改修」だ。サービスを停止させずに、フォルダからフォルダにファイルを移動させるような気軽さで仮想化環境をクラウド移行できないだろうか。(2024/3/15)

VMware買収がIT戦略に与える影響【前編】
「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない
VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。(2024/3/12)

リアルタイムな仮想化の簡素化に貢献:
x86ベースのCOMにハイパーバイザーを標準搭載、コンガテック
コンガテックは、x86ベースのCOMに、ハイパーバイザーを標準搭載する。システム統合のためのリアルタイムな仮想化を大幅に簡素化できる。(2024/2/27)

抽選でQUOカードPayが当たる
「デスクトップ仮想化基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

特選プレミアムコンテンツガイド
「GPU仮想化」は何の役に立つ? 使うべき用途と避けるべき用途
GPUのリソースを論理的に分割して効率的に使えるようにする「GPU仮想化」は、用途によって向き不向きがある。使うべき用途と避けるべき用途を解説する。(2024/1/31)

ProxmoxはVMware製品の代替になるか? 複数製品の販売終了を受けてVeeamが検討を進める
VeeamはVMware製品の販売終了を受け、代替製品としてProxmoxに注目しているという。ProxmoxはOSSの仮想化コンテナプラットフォームで幅広いユーザーに支持されている。(2024/1/24)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「仮想化インフラ(サーバ/デスクトップ)の見直し」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/1/26)

プレミアムコンテンツ:
「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由
GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。(2024/1/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ベアメタルクラウド」は「普通のクラウド」と何が違う?
クラウドサービスの一種として提供されている「ベアメタルクラウド」には、仮想化技術をベースにする通常のクラウドサービスにはない幾つかのメリットがある。改めてそのメリットを探る。(2024/1/17)

新時代のネットワーク像【前編】
クラウドでもSDNでもなく「新時代のネットワーク」に不可欠なのは“あの要素”
ネットワークの主要テーマと言えば、以前は仮想化やSDNが主流だった。しかしユーザーは新たなテーマへの関心を強めつつある。ユーザーコミュニティーであるONUGが指摘する新たなテーマとは。(2023/12/21)

サーバのセキュリティはなぜ「後回し」に?
面倒事がありがちな「サーバのセキュリティ対策」 どうすればいい?
激化するサイバー攻撃に対して、データセンターのサーバはセキュリティ対策が後回しになりがちだ。サーバのセキュリティ対策に及び腰になるサーバ管理者の本音は。仮想化インフラを効率的に保護する方法を探る。(2023/12/27)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由
GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。(2023/12/13)

石野純也のMobile Eye:
楽天の完全仮想化ネットワークを活用した「第4のキャリア」がドイツで誕生 そのインパクトを解説
楽天シンフォニーがネットワーク構築を支援するドイツの「1&1」が、12月8日(現地時間)に携帯キャリアサービスを開始した。同日開催されたイベントには、楽天グループの会長兼社長で、楽天シンフォニーのCEOを務める三木谷浩史氏が登壇。Open RANの意義や、この分野における楽天シンフォニーの強みを語った。(2023/12/11)

AWS、SPARCサーバを仮想化してAWSに載せる「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」発表
米AWSが、SPARCプロセッサを搭載したサーバ環境を仮想マシンとしてAWS上で提供する新サービス「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」を発表した。(2023/11/29)

Edge Tech+ 2023:
工場にも広がるコンテナ活用、オムロンの「仮想化制御プラットフォーム」が進化
オムロンは、「EdgeTech+ 2023」において、コンテナ技術を活用した「仮想化制御プラットフォーム」によるリアルタイムモニタリングのデモンストレーションを披露した。(2023/11/29)

いつもコンテナが最適とは限らない【後編】
「仮想マシン」と「コンテナ」の強みが分かる“根本的な違い”
仮想化技術として、企業におけるシステムの構築や運用に使われている「仮想マシン」と「コンテナ」には、どのような違いがあるのか。それぞれの仕組みの違いを踏まえて、得意なことと不得意なことを明らかにする。(2023/11/21)

「アプリケーション仮想化」はどう役立つのか【後編】
“Windowsをやめた”ホテルチェーンが「Chromebook」を使い始めた理由
アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みを導入したホテルチェーンの狙いとは。(2023/11/10)

抽選でQUOカードPayが当たる
「デスクトップ仮想化基盤」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2023/11/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook:
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/11/9)

「アプリケーション仮想化」はどう役立つのか【前編】
「Chromebook」で“Windowsアプリ”が使えると何がうれしいのか?
アプリケーション仮想化ツールの「Cameyo」とGoogleのクライアントOS「ChromeOS」を利用することで、端末に依存せずにさまざまなアプリケーションを実行可能になる。その具体的なメリットとは。(2023/11/2)

Canon EXPO 2023:
試作仮想化を進めるキヤノン、事業部をまたいでシミュレーションモデルを活用
キヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンはプライベートイベント「Canon EXPO 2023」を開催し、同社のモノづくり力の強みについて紹介。さまざまな事業部門をまたいで開発/設計プラットフォームを構築し、その中で試作仮想化技術のライブラリーの蓄積などを進めていることを紹介した。(2023/10/25)

VPN機器だけが問題ではない
自社のデータセンターを狙う「ランサムウェア」の被害を最小限に抑えるには
ランサムウェアをはじめとしたマルウェアの被害を防ぐには、エンドポイントだけでなくデータセンターも守る必要がある。自社サーバのセキュリティを強化し、仮想化インフラを保護するためのヒントを探る。(2023/10/24)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
仮想化データストレージの営業を難なくこなす、新人営業マン向けの基礎知識
ユーザーのアプリケーションサーバは、仮想化サーバ上で動くことが一般的となっている。その仮想化環境の中で使われるのが、「仮想化データストレージ」だ。この分野において、新人営業マンが身に付けるべき基礎知識を紹介する。(2023/10/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
サーバ仮想化の意外なデメリット10選 「VM構築が簡単過ぎる」はなぜ駄目か?
サーバ仮想化は、ハードウェアの運用管理に掛かるコストや手間を削減するといった幾つものメリットがある一方、実はデメリットもある。それは何なのか。解決方法とは。(2023/9/28)

Robloxの生成AIチャットbot「Roblox Assistant」で仮想世界構築
ゲーム作成・共有プラットフォーム「Roblox」は、プロンプト入力で仮想環境を生成できるAIチャットbot「Roblox Assistant」を発表した。また、アバターを写真とプロンプトで生成するAIツールも発表した。(2023/9/10)

VMware Explore 2023:
VMwareがネットワーク仮想化NSXをマルチクラウド化、複数クラウドのネットワーク/セキュリティを統合する「VMware NSX+」を発表
VMwareはネットワーク仮想化のVMware NSXをSaaS化し、マルチクラウドに対応した「VMware NSX+」を発表した。ユーザー側が自由に、セルフサービスでネットワーク/セキュリティを構成・運用できる新機能も実装した。(2023/8/28)

楽天モバイル退任のタレック・アミン氏がコメント「簡単な決断ではなかったが、正しいと信じている」
タレック・アミン(Tareq Amin)氏が8月7日、楽天モバイルの共同CEO(最高経営責任者)、Rakuten Sympony(楽天シンフォニー)のCEO、楽天グループの副社長を退任した。アミン氏は楽天モバイルの仮想化技術をけん引してきた人物だ。アミン氏はビジネス向けのSNS「LinkedIn(リンクトイン)」で在籍時に成し遂げたことなどをつづった。(2023/8/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
仮想デスクトップ導入時に解決したい4つの疑問とVDIセキュリティの“落とし穴”
デスクトップ仮想化はテレワーク環境の実現などさまざまなメリットをもたらす。その手法の代表例がVDI(仮想デスクトップインフラ)だ。企業が仮想デスクトップ導入に当たって解決しておきたい疑問と、VDIに潜む意外なリスクを紹介する。(2023/8/7)

“シン”を超えて進化する「シンクライアント」【第3回】
Windows機もMacも全て“シン”になって用語「シンクライアント」の定義が崩れる
限定的な機能や部品を搭載したクライアントデバイスが、シンクライアントデバイスだ――この定義が揺らぎつつある。背景にあるのは、仮想化技術やクラウドサービスの普及に合わせたクライアントOSの変化だ。(2023/7/29)

Microsoftの「Dev Box」正式リリース 開発環境を丸ごとクラウドPC化して提供
米Microsoftが、開発環境をクラウドPCとして丸ごと仮想環境で用意し、デスクトップ仮想化経由で利用できる「Dev Box」の正式リリースを発表した。(2023/7/12)

DaaS市場はプラス成長:
NTTデータ、富士通、日鉄ソリューションズなど上位に IDCが国内DaaS市場シェアを発表
IDC Japanは、国内クライアント仮想化関連市場のシェアを発表した。DaaS市場の2022年の売上額は1090億円で、シェア1位はNTTデータだった。(2023/7/3)

KDDIが5G基地局のエッジサーバにデルのIAサーバを採用
通信キャリアにおいてエッジ装置のオープン化が進んでいる。KDDIは大阪市で商用展開を開始したO-RAN標準の5G仮想化基地局向け特定設備に「Dell PowerEdge」サーバを導入した。効率化と低消費電力化を目指す。(2023/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.