• 関連の記事

「警告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「警告」に関する情報が集まったページです。

最も多く公開されていたプロトコルはSSH:
「まだTelnetを使い、インターネットに公開している企業がある」 ExtraHopが警告
ExtraHopは、サイバーセキュリティ体制に関するレポート「ExtraHop Benchmarking Cyber Risk and Readiness」で、多くの企業がSMBやSSH、Telnetといったプロトコルをインターネットに公開している状態だということを明らかにした。(2022/8/15)

GoogleドキュメントなどにMicrosoft Officeファイルの互換性警告を追加
Googleが、Googleドキュメントやスプレッドシート、スライドでMicrosoft Officeファイルを編集するときに、表示される通知の改善を発表した。順次適用される。(2022/8/15)

国土強靭化:
激甚化する“土砂災害”から住民を守る、葉山町と応用地質が防災システム構築で実証
神奈川県葉山町は、豪雨による土砂災害が発生した際に、早期に住民に警告して確実な避難行動につなげるため、応用地質のIoTセンサーをベースにした新たな防災システムを構築して有効性を検証する。(2022/8/12)

ゲーミフィケーションをビジネスに組み込むこつ【第2回】
「ゲーミフィケーション=楽しい」は幻想? アプリ開発の“泥臭い現実”とは
「ゲーミフィケーションアプリは楽しいもの」というきらびやかなイメージが先行しがちだ。だが専門家は「開発の裏側には“ありふれた苦労”が存在する」と警告する。(2022/8/1)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaからの警告 ルールと実態の乖離問題をどう解決するのか
Teslaが発する警告や制限、ルール通りに走っていると流れに乗れないなどの現実的問題など。(2022/7/31)

サービス内容と制限の把握が大前提:
無料クラウドサービスは「無料」ではない、落とし穴はどこにあるのか
一部の大手クラウドサービスプロバイダーの無料サービスでは、「ほとんど警告なしに、恐ろしい額の請求が来る場合がある」。そうした事態を避けるための注意点を、Backblazeが解説した。(2022/7/21)

その働き方、大丈夫?:
産業医が警告! 「フルリモート」や「1日4件のWeb会議」が危険なワケ
新型コロナウイルスをきっかけに浸透したリモートワークは、効率的な働き方だが、一歩間違えると大きな“副作用”を生む可能性があるという。「やりすぎ注意」なポイントとは? 産業医の志村哲祥氏が解説する。(2022/7/21)

山市良のうぃんどうず日記(236):
Windows Update後の「電源を入れたままにしてください」は“お願い”というよりも“警告”である
今回はWindows Updateがエラー「0x80070057」で失敗するときの可能性のある原因と、可能性のある既知の回復方法の実際についてレポートします。(2022/7/20)

「子供たちを狙った盗撮、許せない」 榮倉奈々が憤り、過去には夫・賀来賢人も「本当に怒ります」と警告
夫・賀来賢人さんは過去に2度、SNSを通して強く警告。(2022/7/13)

Social Media Today:
“クソリプ”警告でTwitterが平和に――データサイエンティストがレポートを発表
Twitterが、攻撃的な返信警告の有効性に関する新しい調査結果を発表した。(2022/7/8)

車載ソフトウェア:
GitHubが車載ソフトのISO26262準拠を支援、ウーブン・プラネットと連携
GitHubは、トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスとの連携により、コーディング規約であるCERT C++とAUTOSAR C++に準拠した「CodeQL」クエリをリリースしたと発表した。これによって「GitHub Code Scanning」に、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠しない記述を警告表示する機能が加わる。(2022/6/24)

Twitter、イーロン・マスク氏に“firehose”(全公開ツイートデータ)提供か──Washington Post報道
Twitterはイーロン・マスク氏にfirehoseへのアクセスを提供すると報じられた。マスク氏は「botの正確な割合を調べるデータを提供しなければ買収を中止するかもしれない」とTwitterに警告した。firehoseは膨大なツイートのデータだ。(2022/6/9)

イーロン・マスク氏、「Twitterがbot情報を提供しないなら買収しない」とCLOに書簡
Twitterの買収で合意したイーロン・マスク氏が、Twitterが契約に違反するなら買収をとりやめる可能性があると公式書簡で警告した。botアカウントの割合を示すデータの要求をTwitterが拒否しているとマスク氏は主張する。(2022/6/7)

「データスキル」を巡り、経営者と従業員の認識に隔たり Tableauの調査で判明
Tableauは、事業成果を引き出すデータスキルの役割についての調査結果を発表した。日本では他国に比べてデータスキルに対する需要が高まる一方でトレーニングの遅れが目立つ。Tableauは「トレーニングの遅れは業績全体をリスクにさらす」と警告する。(2022/6/3)

Chromebook、低機能なUSBケーブルをつなぐと警告する新機能 「手書きメモ」アプリも追加
Googleは「Chrome OS」のバージョン102へのアップデートを公開した。Chromebookに低機能なUSBケーブルをつなぐと警告する機能が追加された。「手書きメモ」アプリがほとんどのスタイラス対応端末にプリインストールされる。(2022/5/30)

Microsoft、ロシアによるウクライナ侵攻に伴うサイバー攻撃について詳解 支援国にも警告
Microsoftは、ロシアとウクライナの「ハイブリッド戦争」におけるロシアのサイバー攻撃についてのレポートを公開した。ウクライナ侵攻直前から数百回の作戦が実行されているとしている。ウクライナ支援国への攻撃の可能性もあると警告している。(2022/4/28)

米政府は必要性を強調:
CHIPS法成立に向け米政府とチップメーカーが取り組み強化
米国政府と同国のチップメーカーは2022年4月4日(米国時間)の週、520億米ドル規模の刺激策から成る「CHIPS Act」を通過させるための取り組みをそれぞれ強化した。CHIPS Actは、現在そして将来の戦略的脆弱性を警告するものであり、現在、議会の承認を待っている状況にある。(2022/4/18)

Innovative Tech:
お菓子を食べ始めると「そしゃく音」と「ゲップ音」を流す、袋止めクリップ 「間食をやめろ」と暗に警告
中国の北京理工大学の研究チームは、スナック菓子の過剰摂取を軽減を支援する袋止めクリップスタンドを開発した。クリップを外すと、そしゃく音を再生し、50秒後にゲップ音を流して間食をやめるように暗黙のうちに促す。(2022/4/12)

要件未達のWindows 11 PCにおける「透かし(ウォーターマーク)」が消えた件
MicrosoftがWindows 11のInsider Previewにおける累積更新プログラムで試行していた要件を満たさないデバイスに対する警告。正式リリース版の累積更新プログラムでは警告の実装が見送られるようだ。そもそも、なぜこのような警告を試行しようとしているのだろうか。(2022/4/4)

なぜLinuxが狙われるのか
「Linuxベースのクラウドは危険」 VMwareが警告する納得の理由
VMwareが、Linuxが危険にさらされていると警鐘を鳴らす。なぜLinuxが狙われるのか。攻撃者にとってLinuxが魅力的なターゲットになってしまった理由を明らかにする。(2022/4/4)

電力ひっ迫、停電前に「緊急速報メール」配信の可能性──経済産業省
経済産業省は停電の可能性が高まった時にスマートフォンの「緊急速報メール」を使って警告する考えを明らかにした。(2022/3/22)

大規模停電リスク:
首都圏“ブラックアウト危機”いつまで? 初の電力需給逼迫警報
福島県沖で発生した地震による一部の火力発電所停止や関東地方の気温低下で、東京電力管内の電力需給が危機的状況だ。経済産業省と東京電力ホールディングスは22日、節電を呼び掛けたが、電力供給は綱渡りが続く。専門家は「政治決断がなければ今後数年間は大規模停電のリスクは続く」と警告する。(2022/3/22)

バイデン大統領、「ロシアのさらなるサイバー攻撃に備えよ」と企業に呼び掛け
バイデン大統領は、米国に対するロシアのサイバー攻撃が増大する可能性があると再警告した。重要なインフラを運営する企業に対し、改めてセキュリティを強化するよう呼び掛けた。(2022/3/22)

ウクライナ侵攻巡るフェイク情報、国が分析強化 国家関与なら警告表示
ウクライナ侵攻で偽情報の拡散が相次いでいることを受け、日本国内において今後推進すべき政策課題をデジタル政策の専門家がまとめた。安全保障の観点から、国として偽情報を分析する仕組みの導入や偽情報をチェックする民間組織への寄付税制の拡充などを盛り込んだ。(2022/3/16)

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情
2月初旬、文春オンラインにカンボジアでデジタル通貨「Bakong」を立ち上げた宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載された。決済サービスが乱立する日本が海外の決済システムに乗っ取られる危険性を警告していたが、実際に起きうるのか。決済ジャーナリストの鈴木淳也氏が考察する。(2022/2/28)

被害額は平均14万円 「ウイルスに感染している」ウソの警告で金銭をだまし取る「サポート詐欺」に注意
動画のやりとりが生々しい……。(2022/2/26)

「その警告画面は偽物です」 国民生活センターが「サポート詐欺」に注意喚起
国民生活センターは24日、PCの画面に偽のセキュリティ警告を表示し、サポート窓口をうたう番号に電話をかけさせる「サポート詐欺」について注意喚起を行った。(2022/2/24)

2000年問題再来? 間もなくバージョン“100”になるChromeとFirefoxに「リスクあり」とMozillaが警告
Webブラウザ「Google Chrome」と「Firefox」が、間もなくバージョン100にアップデートされる。バージョンの桁数が2桁から3桁に変わるため、かつての「2000年問題」と同じく、システムに不具合が発生する可能性があるとして、米Mozillaは注意喚起している。(2022/2/22)

CMS「Drupal」にデータ改ざんの脆弱性 迅速にアップデートを
CMS「Drupal」に2つの脆弱性が見つかった。深刻度は「警告」(Moderately critital)に分類されており、情報窃取やデータ改ざんの危険性がある。Drupalセキュリティチームのセキュリティアドバイザリを確認してほしい。(2022/2/18)

Twitch、ポリシー強化でセックスやドラッグ関連のユーザー名は3月1日までに改名するよう警告
Twitchがユーザー名ポリシーを強化し、セックスやドラッグに関連するユーザー名を禁止する。既存の該当名にはフラグが付き、変更するまでロックされる。専用の変更ツールを使えば履歴やフォロワーを維持できる。(2022/2/14)

Microsoft、OfficeのVBAマクロをデフォルトブロックへ 悪用対策で
Microsoftはネット上のOffice文書のVBAマクロをデフォルトでブロックする計画を発表した。マルウェア攻撃対策だ。これまでも警告バーを表示しているが、1クリックでマクロを実行できてしまう。(2022/2/8)

日本企業への攻撃が活発に:
前回よりも巧妙になったEmotetの手口とは デジタルアーツが流行再発を警告
活動を終了したと見られたEmotetだが、活動再開の報告が複数ある。デジタルアーツは「前回に引けを取らない規模だ」と警鐘を鳴らす。(2022/2/3)

Twitter新機能、ツイート時に「センシティブな内容を含む」警告ラベルを設定可能に
Web、Android、一部iOSで利用可能です。(2022/1/27)

PR:イマドキの“監視システム”を知っているか? AIで自動化、音声で警告――「撮って見返す」を拡張し、業務を省人化
(2021/12/28)

「JO1」「INI」事務所が一部ファンの迷惑行為に警告 「公になっていない稼働現場での待ち伏せ」「アーティストと同じ公共交通機関に飛び乗る」
数々の迷惑行為について明かしています。(2021/12/22)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第4回】
iPhone「児童ポルノスキャン」計画の実現は「難しい」と専門家が断言する理由
Appleが設計した画像スキャン技術は、本来の児童ポルノを検出する目的ではない悪質な行為に悪用される可能性があると専門家が警告する。技術のどこに“欠陥”があるのか。専門家の指摘に沿って解説する。(2021/12/20)

Meta(旧Facebook)、5万人のユーザーに「悪質な監視ツールの標的になっている」と警告
Metaは、FacebookやInstagramなどのプラットフォームから、7社のユーザー監視サービス企業を排除したと発表した。スパイウェアを使って約5万人のユーザーを標的にしていたとしている。標的となったユーザーには警告を送った。(2021/12/17)

Apple、Androidアプリ「Tracker Detect」公開 知らないAirTagがそばにあると警告
Appleは、6月に予告してたAndroidアプリ「Tracker Detect」を公開した。「AirTag」が所有者から離れた状態でそばにあるとアラートを表示する。日本ではまだインストールできない。(2021/12/14)

CIO DIVE:
SaaS支出「約3分の1は無駄」 それでもやみくもな予算削減はやめるべき2つの理由
「企業におけるSaaSへの支出のうち約3分の1が無駄」と明らかになったにもかかわらず、同調査を実施したFlexeraが「ソフトウェア支出の過剰な修正は有害だ」と警告する理由とは。(2021/12/10)

Twitter、投稿する画像や動画に「センシティブ」など警告をつけられる機能をテスト
画像や動画を表示する前にワンクッション挟むことができます。(2021/12/9)

Appleの児童ポルノ対策が抱える問題【第1回】
iPhoneの「児童ポルノスキャン」計画を専門家が痛烈批判 何が駄目なのか?
「iPhone」内の画像をスキャンして児童ポルノを検出する機能を、Appleが実装計画中だと発表した。この計画は、人々のプライバシーと安全を危険にさらし、監視への悪用を招く可能性があると専門家は警告する。(2021/11/30)

FBIのメールアカウントが乗っ取られ、フェイクメールを大量配信(原因発表)
米連邦捜査局(FBI)の公式アカウントから11月12日午後から不審なメールが10万人以上に届き、セキュリティ組織がそれはフェイクだと警告した。FBIもこの問題を認識している。攻撃したと名乗るPompompurinは「脆弱性を指摘するのが目的」と語った。(2021/11/14)

山市良のうぃんどうず日記(218):
Windowsでダウンロードしたアプリがブロックされずに実行できるのはなぜ?
Windowsには古くから、インターネットからダウンロードした実行可能ファイルを不用意に実行しないように警告する機能が備わっています。でも、その機能、最近目にしなくなったと思いませんか?(2021/11/4)

「楽しみにプレイするユーザーの体験損なう」――「FGO」が解析情報ベースのリークに警告 法的措置も検討
ディライトワークスは、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」の解析情報の掲載についての声明を発表した。同ゲームでは、ゲームデータの解析を禁止しており、今後掲載される解析情報には法的措置も検討するという。(2021/11/1)

トランプ前大統領の新SNS、「マストドン」コード無断利用で開始前から存続の危機
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNSが「Mastodon」のソースコードを無断で利用しているとしてSoftware Freedom Conservancy(SFC)がライセンスを守るよう警告した。30日以内に従わない場合は「ソフトウェアの権利と許可は自動的かつ永続的に終了する」。(2021/10/23)

YouTubeチャンネルを乗っ取るフィッシング攻撃についてGoogleが警告
Googleは傘下のYouTubeで後をたたない金銭目的のフィッシング攻撃について説明し、YouTuberに対策を勧めた。11月1日からYouTube Studioにアクセスするには2段階認証が必要になる。(2021/10/21)

藤森慎吾、“同性同士でいかがわしい”と判断されたYouTube動画が一部規制 警告に納得いかずも「弁解の余地ない」
こんなことってあるんだ……。(2021/10/16)

Instagram、問題発生をプッシュ通知する新機能をまずは米国でテスト開始
Instagramは、サービスがダウンすると直接ユーザーに通知する機能のテストを開始した。また、アカウントが無効になりそうなユーザーに警告する機能「Account Status」も追加する計画だ。(2021/10/12)

Tech TIPS:
【Excel】「外部ソースへのリンク」エラーの対処方法と発生させないための対策
取引先企業から送られてきたExcelのブックファイルを開いたら、「『安全ではない可能性のある外部ソースへのリンク』が含まれている」というダイアログが表示された、という経験はないだろうか。このような場合、どうすればいいのだろうか。その対処方法と、送付する際に相手側で「外部ソースへのリンク」の警告ダイアログが表示されないようにする方法を解説する。(2021/10/8)

Twitter、ヒートアップしそうな会話に警告を表示するテスト
Twitterはヒートアップしそうな会話に参加しようとすると警告するテストを開始した。「警告:このような会話は激しくなる可能性があります」というカードをタップすると、参加心得が表示される。(2021/10/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.