「Gartner」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

押さえておくべき3つのポイント:
AIプロジェクトの半分以上は本稼働前に頓挫 ガートナーが人とAIの関係性について提言を発表
ガートナージャパンは、アプリケーション開発とAIの関係についての提言を発表した。同社は「AIは製品やサービスを買って終わりではなく、何年にもわたって取り組みを続けることが求められる」としている。(2024/6/24)

約7割が「5年前に比べて競争が厳しくなっている」と回答:
日本は世界に比べて「顧客向けデジタルビジネスの取り組み」が4年遅れている ガートナー
ガートナージャパンは、ビジネスの成長に関する提言を発表した。ビジネス成長のためには、顧客への価値提供につながる業務改善を推進する必要があり、「デジタル技術を活用して経営的、戦略的な観点から抜本的改革に取り組まなければならない」としている。(2024/6/13)

CEOらの7割が「2024年のビジネス成長機会」と認識 ガートナー調査で浮かび上がった“あの項目”
ガートナーのグローバル調査によると、世界のCEO、上級経営幹部層の69%が「ある項目」について、「2024年の主要なビジネス成長機会」と捉えていることが分かった。一体何か。(2024/6/11)

クラウドのエンドユーザー支出が今世紀末までに1兆ドルを超える可能性も:
生成AI対応アプリの大規模展開で、世界のクラウドサービス支出が20%以上成長 Gartner予測
Gartnerはパブリッククラウドサービスにおける世界のエンドユーザー支出予測を発表した。生成AIとアプリケーションのモダナイゼーションが支出を後押ししているという。(2024/6/6)

開発者体験や生産性を向上させるテクノロジーとは:
Gartner、ソフトウェアエンジニアリングのテクノロジートレンドトップ5を発表
Gartnerは2024年以降のソフトウェアエンジニアリングにおける戦略的テクノロジートレンドのトップ5を発表した。(2024/6/5)

セキュリティニュースアラート:
“ゼロ・トレランス”から対応・復旧へ Gartnerがセキュリティ対策の転換を迫る
Gartnerは、CISOがゼロ・トレランスといった予防的な対策から、対応と復旧を重視する考え方に転換する必要性を指摘した。これを実践するための3つの要素について解説されている。(2024/6/5)

Gartnerが予測:
2024年のAI半導体市場、33%成長で710億ドルへ
米国の市場調査会社Gartnerが公開したAI(人工知能)半導体の市場についてのレポートによると、2024年のAI半導体の売上高は前年比33%成長し、710億米ドルに達する見込みだという。同売上高は2028年まで2桁成長を続けると予測され、中でも2024年に期間中最大の成長率を記録するとみられる。(2024/5/31)

Weekly Memo:
AIを活用したDX推進で企業は全てを作り変えよ――ガートナーの講演から考察
AI活用の推進は企業にとってどのような意味があるのか。単なる「業務改善」から「企業価値の向上」を図るためにAIをどう利用すべきか。ガートナーの亦賀忠明氏の講演から考察した。(2024/5/27)

D&Aリーダーの役割を再定義:
データは「唯一の真実の源泉」ではなくなっている ガートナーがデータ/アナリティクスに関するトレンドを発表
ガートナージャパンは、2024年のデータ/アナリティクス(D&A)のトップトレンドを発表した。同社は企業のITリーダーに対して「このトレンドを自社のD&A戦略に反映させるように取り組むべきだ」と提言している。(2024/5/24)

今日のリサーチ:
GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。(2024/5/21)

AIへの移行と効果的な活用が課題:
「AI活用に失敗した組織に将来はない」Gartner 、2024年のデータ&アナリティクスのトップトレンドを発表
Gartnerは、企業のデータ&アナリティクス戦略に取り入れるべきトップトレンド4つを発表した。(2024/5/15)

Cybersecurity Dive:
ゼロトラストはいいことばかりではない? Gartnerが指摘するデメリット
Gartnerの調査によると、全世界の組織のほぼ3分の2がゼロトラストセキュリティを構築しているが、構築後、5社に3社はコストが増加すると予測している。調査から、いいことばかりではないゼロトラストセキュリティの実態が明らかになった。(2024/5/15)

「日本と海外で興味関心の高さは変わらないが企業としての姿勢が異なる」:
AIを進める役割、海外企業は「CIO」だが日本企業は「IT部門リーダー」 ガートナーが調査結果を発表
ガートナージャパンは、AIに対する組織的な取り組み状況に関する調査の結果を発表した。日本の大企業でAI専門組織を設置する割合は海外企業の半分にとどまっており、AI開発に必要な人材の枯渇感が強いことが分かった。(2024/5/15)

Cybersecurity Dive:
脅威モデリングの極意 知っておくべき3つのフレームワークとその使いどころ
Gartnerのリスク管理戦略の専門家が、サイバー脅威から組織を保護するのに役立つ3つの脅威モデリング手法とその使いどころ、使う際の心構えを解説した。(2024/5/12)

価値を「分かりやすい形で示すこと」が重要:
D&AやAIなどに取り組むリーダーには「経営層との密接なコミュニケーション」が不可欠 ガートナージャパン
ガートナージャパンは、年次調査「最高データ/アナリティクス責任者(CDAO)サーベイ」の結果を発表した。それによると、61%の組織が「破壊的なAI(人工知能)技術の影響を受けて、データ/アナリティクスのオペレーティングモデルの進化や再考を余儀なくされている」という。(2024/5/9)

「ゼロトラスト戦略は通常、組織の環境の半分以下にしか対応していない」:
ゼロトラスト戦略導入に必要な3つのトッププラクティスとは Gartnerが概説
Gartnerが実施した調査によると、ゼロトラスト戦略を導入する組織は63%に上るが、実装のためのトッププラクティスについて組織はよく理解できていないという。ゼロトラスト戦略を導入するセキュリティリーダーに対して、推奨される3つの主要なトッププラクティスをGartnerが概説した。(2024/5/7)

道を外せば法律の有無にかかわらず炎上:
日本企業は「責任あるAI」の使用に向けて今すぐAIガバナンスの準備を――ガートナー提言
ガートナージャパンは、AIガバナンスに関する日本企業への提言を発表した。同社は、日本にAI関連の法規制がないことは取り組みを進めない理由にならず、企業は「責任あるAI」の使用に向けて今すぐ準備を開始すべきだとしている。(2024/5/1)

「日本のAI法規制が進んでいない」は言い訳? ガートナーが「責任あるAI」実現への準備を提言
ガートナーは、世界で進むAI法規制を踏まえ、日本企業が「責任あるAI」の実現に向けて今すぐ準備を開始すべきだと提言した。即時対応を進めるための現実解とは。(2024/4/30)

AIの価値を最大化するためにROIの捉え方を変える必要がある、と提言:
2028年までに企業の75%がAIコードアシスタントを利用 ガートナー
Gartnerは「ソフトウェアエンジニアのAIコードアシスタント使用率」に関する予測を発表した。それによると「2028年までには、企業の75%がAIコードアシスタントを利用するようになる」という。(2024/4/30)

セキュリティニュースアラート:
ゼロトラストの最新トレンド5つをガートナーが発表
ガートナーはゼロトラストの最新トレンドを発表した。ゼロトラストを狭い視野のまま進めようとすると、個別視点に偏り、合理性に欠く取り組みにつながるため、セキュリティリーダーは常に視野を広げて最新トレンドを押さえる必要があるという。(2024/4/23)

セキュリティリーダーが押さえておくべきゼロトラストの最新トレンドを発表:
デバイスに頼りすぎない「統合的なゼロトラスト環境」を目指す企業が増えている ガートナー
ガートナージャパンは「セキュリティリーダーが押さえておくべきゼロトラストの最新トレンド」を発表した。これは国内企業を対象に実施したセキュリティ調査の結果を基にしており、トレンドとして「IAM」「CTEM」などが紹介されている。(2024/4/23)

DXの成功に必要な取り組みについて提言:
日本企業のDXは「顧客への価値提供」ではなく「目前の課題解決」が目的になっている ガートナー
ガートナージャパンは、DXにおける業務改革の重要性についての提言を発表した。同社の川辺氏は「業務改革によって顧客にどのような価値がもたらされるかについて再確認することが重要だ」としている。(2024/4/15)

市場競争力が“失われる”IT投資の特徴は? ガートナーが「2027年までに見直すべきこと」を提言
ガートナーによると、日本企業が進めるDXの多くは、ビジネス価値を高めるものではない。また、「ある特徴」のあるIT投資は死に金になるだけでなく、企業の競争力を失わせるという。「生きた投資」にするために何を見直すべきか。(2024/4/12)

人間と機械の相互作用が複数のトレンドをけん引:
2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドトップ8 Gartnerが予測
Gartnerは、2024年のサプライチェーンテクノロジートレンドのトップ8を発表した。2024年のトレンドの大きなテーマは、新興テクノロジーを活用したビジネスコントロールの必要性と、人間と機械の相互作用を通じた競争力の向上だ。(2024/4/11)

「上司が何も勉強せず、成果ばかりを求める例が散見される」:
2027年までに「PoC」という言葉は使われなくなる ガートナーが提言
ガートナージャパンは、新しいテクノロジーの採用方法やエンジニアの役割変化などについての展望を発表した。エンジニアに求められるスキルや役割が歴史的な転換の時を迎えており、今後は「企画の手配師的な人ではなく、好奇心指数が高く、テクノロジーを自ら経験したり、テクノロジーの勘所を押さえられたりする人が求められる」としている。(2024/4/5)

カスタマイズ「マシマシ」になってない? 日本企業の“丸投げ体質”にガートナーが警告
「SIerなどに要望を伝えるだけのユーザー企業」「ユーザー企業の要望に従うだけのSIer」は多い。こうした丸投げ体質の企業に積み上がる負債とは。(2024/4/4)

生成AIが鍵:
Gartner、2024年のサイバーセキュリティ予測トップ8を発表 ヒューマンエラーを減らすための取り組みが重要に
Gartnerは、2024年以降のサイバーセキュリティ予測トップ8を発表した。生成AIの導入によりサイバーセキュリティのスキル格差が解消され、従業員が原因のサイバーセキュリティインシデントが減少することなどを挙げた。(2024/4/1)

「従業員のデジタルリテラシーを向上させることが喫緊の課題」:
「変革を阻害するマインドセット」とは何か ガートナーが開発を変革させるための提言を発表
ガートナージャパンは、アプリケーション変革を進めるには、丸投げ体質からの脱却が必要だとの提言を発表した。丸投げ体質を転換し、自らのマインドセットを見直しつつ、ビジネス部門と価値を共創するための体制を構築する必要があるとしている。(2024/4/1)

「考慮すべきリスク」の明確化も重要:
BCP対策、「システムやサービスを導入する」以外に進められることは? ガートナーが提言
ガートナージャパンは、企業が事業継続計画の策定や見直しのために押さえておくべき3つのポイントを発表した。同社は「本番サイトから離れた別サイトでの災害復旧策やその必要性の確認を忘れないようにすることがポイントだ」と述べている。(2024/3/27)

セキュリティニュースアラート:
ガートナー、BCP策定や見直しにおいて3つのキーポイントを指摘
ガートナージャパンは事業継続計画(BCP)策定や見直しにおいて押さえるべき3つのポイントを発表した。日本企業の約半数は適切なディザスタリカバリー対策を講じられていないという。(2024/3/26)

テクノロジープロバイダーに求められる4つの取り組みとは:
LLM、AIツールの活用がAPIの需要増加要因に Gartner予測
Gartnerによると、2026年までにAPIの需要増加の30%以上は、大規模言語モデル(LLM)を使用するAIやツールからの需要が寄与するようになる見通しだ。(2024/3/25)

「6つ以外に優先させるべき取り組みも存在する」:
2024年のサイバーセキュリティトレンド予測、ここでも生成AIがキーワードに Gartner
Gartnerは2024年のサイバーセキュリティのトップトレンド予測を発表した。トップトレンドの推進要因として、「生成AI」「セキュリティ意識の低い従業員の行動」「サードパーティーのリスク」など6点を挙げた。(2024/3/16)

2027年までに対策しないと「生成AI導入の乱立と混乱」を招く?:
適切な準備なしで生成AIを展開する企業が増えている ガートナーが「日常型AI時代」に向けて提言
ガートナージャパンは「デジタルワークプレースと働き方の未来に関する展望」を発表した。同社によると「2027年までに日常型AIを主導する組織を設けない企業の8割は、生成AI導入の乱立と混乱で成果を生み出せなくなる」という。(2024/3/15)

Gartner Insights Pickup(342):
サイバーセキュリティリーダーが燃え尽きてしまう理由
サイバーセキュリティリーダーが抱える特有のストレス要因は、燃え尽き症候群のリスクを高めるものだ。Gartner Peer Communityはサイバーセキュリティリーダー178人を対象に、燃え尽き症候群の最も一般的な原因に関する調査を行った。(2024/3/15)

ストレージとITサービスの相場【後編】
IT価格は「また値上げ」なのか「下がる」のか 結局何が決め手?
IT製品・サービスの価格は上昇傾向にあったが、今後はどう推移するのか。調査会社Gartnerの見解を踏まえて、IT製品・サービスの価格の動向と、その背景を探る。(2024/3/15)

製造ITニュース:
2024年、サイバーセキュリティの6つのトレンドを発表 ガートナー
ガートナージャパンは、2024年のサイバーセキュリティのトップトレンドを発表した。生成AIやセキュリティ意識の低い従業員の行動、サードパーティーリスクなど6つを挙げた。(2024/3/13)

従来型のオンプレミスのみをサポートするベンダーは市場から消滅しつつある──ガートナーが指摘 「日本企業にとって事態は相当に深刻」
ガートナージャパンが、「オンプレミスの将来に関する最新の展望」を発表。従来型のオンプレミスのみをサポートするベンダーは市場から消滅しつつあり、ほとんどの日本企業にとって事態は相当に深刻だと指摘する。(2024/3/11)

2027年までに従来型オンプレは消滅? 「老朽化インフラの終活」をガートナーが提言
ガートナーの予測によると、2027年までに従来型オンプレミスのITベンダーは市場から消えるという。従来型のオンプレミスインフラが廃止される近い未来に向けて、大企業は何をすべきか。ガートナーが提言する。(2024/3/7)

40%の企業が旧来オンプレミスへの投資を縮小:
老朽化したインフラの「終活」、そろそろ始めませんか ガートナーがオンプレミスについて展望を発表
ガートナージャパンは、オンプレミスの将来に関する最新の展望を発表した。同社は「従来型インフラについてゼロベースで考え、どのような価値を提供すべきかを明確にする必要がある」としている。(2024/3/5)

壊滅のPC業界に救い主?【後編】
PC市場は“どん底”を抜けて「AI PC」が爆売れする?
Gartnerによれば、2023年のPC市場は大幅な減少になった。一方で、2024年1月のCESでPCベンダー各社が「AI PC」を披露した。どのようなPCなのか。(2024/3/4)

今日のリサーチ:
マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、CMOがいかにして自社の機能の将来への即応性を確保できるかを探りました。(2024/3/3)

Gartner Insights Pickup(340):
激変する世界でのI&Oリーダーシップとは
Gartnerのエキスパートが、インフラとオペレーション(I&O)のリーダーシップ戦略と、ビジネスの成功に向けて人材を成長させ、プロセスを変革する方法を論じた。(2024/3/1)

セキュリティニュースアラート:
Gartner、2024年サイバーセキュリティにおける6つのトップトレンドを発表
Gartnerは、2024年におけるサイバーセキュリティのトップトレンドを発表した。生成AIをはじめとした6つのトレンドが挙がっている。(2024/2/27)

生成AIをローカル実行できるデバイスは増えるが、売上は限定的:
2024年「AI PC」と生成AIスマートフォンの世界出荷台数は計2億9500万台になると予測 Gartner
Gartnerはデバイス上でAIタスクを実行できる「AI PC」と生成AIスマートフォンの世界出荷台数の予測を発表した。2023年の2900万台から2024年末までに合計2億9500万台に達するという。(2024/2/27)

ガートナーがコンサルティングサービスに関する見解を発表:
コンサルティング業務、AIが代替できる部分とできない部分は何?
ガートナージャパンは、コンサルティングサービスに関する見解を発表した。新たなアイデアやビジネスに関する支援を除き、コンサルティングベンダーに委託している業務をAIが担うようになっていくという。(2024/2/27)

製造ITニュース:
2029年、ITコンサル委託業務の3割がAIで代替可能に ガートナーが予測
ガートナージャパンは、企業がITコンサルティングやベンダーへ委託している業務の30%が、2029年までにAIで代替可能になるとの見解を発表した。(2024/2/26)

AIがITコンサルの仕事を「3割」奪う? ガートナーが予測
AIによって人の仕事が奪われるという議論が続いているが、ITを専門領域とするコンサル業も例外ではないようだ。(2024/2/21)

壊滅のPC業界に救い主?【前編】
絶不調の「PC」市場で本当に“売れない”のはあのPCベンダーだった
PCベンダー各社が「AI PC」を披露するなどPC市場は盛り上がりつつあるが、Gartnerによれば2023年のPC市場は不調が続いた。その中でも、どのベンダーのPCが売れなかったのか。(2024/2/20)

ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:
生成AI以外も注目のIT業界に与える10のトップトレンド Gartnerが発表
Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。(2024/2/19)

Retail Dive:
SNSは2025年までにオワコンになる? 「インプレゾンビ大発生」の影響が調査で判明
適当な発言を繰り返すbotやインプレゾンビをSNSで見ない日はない。ガートナーの調査によると、一般ユーザーのSNSへの信頼度は低下している。宣伝やマーケティングにSNSを利用している企業は、「ユーザーの信頼を失ったSNS」にどう対応すべきだろうか。(2024/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.