「Gartner」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

RPAからハイパーオートメーションへ 業務の自動化を目指すには「10年後に現在のRPAを全てなくす」意識が重要――ガートナー阿部氏
普及期に入ったRPAについて、今こそ「再評価する時期に来ている」というのが、ガートナーのアナリストである阿部氏だ。より高度な業務のデジタル化や自動化「ハイパーオートメーション」を目指すには、今何に着手すべきだろうか。(2021/7/26)

"IT部門は御用聞き"なんて言わせない 旧態依然の組織文化を変革する3つのポイント
旧態依然の組織文化から脱却するためにIT部門ができることは何だろうか。ガートナーのアナリストが組織文化の変革を実現する3つのポイントを語った。(2021/7/13)

設定ミス→漏えいの影に潜む“クラウドへの誤解” いま理解したい「責任共有モデル」
クラウドサービスの活用が広がるのに比例して発生する、設定ミスに起因するセキュリティ事故。数々のインシデントが報じられる中、なぜこういった事故はなくならないのか。ガートナー ジャパンの亦賀忠明さんによれば、背景には日本企業特有の「クラウドへの理解不足」があるという。(2021/7/5)

DX推進に不可欠なデータ/アナリティクス、日本では専任組織不在で活用されず――ガートナー調査
世界ではデータ/アナリティクス(D&A)のリーダーがDXに大きく関与し、D&AはDX推進に不可欠とされているが、日本企業ではD&Aの専任リーダーや組織がほとんど存在せず、D&AとDXが混同されがちであることが分かった。日本企業が成功を収めるために必要なことは?(2021/6/29)

「責任者の明確化と組織的な関与」が異なる:
日本は「DX」と「データ活用」を混同している ガートナーが調査結果を発表
ガートナーは、DXとデータ分析の取り組みに関する調査結果を発表した。世界ではDX推進にはデータ分析リーダーが深く関与しているが、日本ではDXとデータ分析が混同されている傾向にあり、データ活用に関する責任の所在も不明確だった。(2021/6/29)

失敗しないアジャイル開発を実現するには Sansanらの企業事例から学ぶ人材育成のコツ
ビジネスの急速な変化に対応するため、柔軟性を持ってスピーディーにサービスをデリバリーすることが求められる今、IT施策においてウオーターフォール型に代わりアジャイル開発を導入することは企業における喫緊の課題だ。本稿では、ガートナーのセッションからアジャイル人材の育成に取り組む企業事例を紹介する。(2021/6/25)

特集:ゼロトラスト/SASEが問うIT部門の役割(1):
「内から外へ」を背景に広がるSASE、次の一手とは?
企業システムを守る境界防御には限界がある。拠点オフィスやリモートユーザー、パートナーがさまざまな場所からクラウドにアクセスする使い方が一般化したからだ。そこで脚光を浴びているのがSASEやゼロトラストセキュリティだ。自社の従業員、さらには顧客がセキュアにアクセスできる仕組みを実現できるという。IT部門が現在のセキュリティを改善する際、まずはどこから着手して、何を目指せばよいのだろうか。ガートナーのアナリストに聞いた。(2021/6/25)

「SASE」の3大実装パターン【後編】
SASEの本命は「ネイティブSASE」か? “SD-WANだけ”の製品にはない魅力
GartnerによるSASEの提唱を受けてベンダー各社が生み出したのが「ネイティブSASE」だ。既存製品の寄せ集めとは何が違うのか。(2021/6/16)

日本企業のクラウド利用は普及、拡大フェーズへ 一方で課題も――ガートナー調べ
ガートナーの調査によると、日本企業のクラウド利用率はクラウド種別で前年比4ポイント増の平均22%となった。(2021/6/15)

クラウド利用、管理層の理解度が課題に:
「管理職は『時代は変わった』と認識し、クラウドのスキルを身に付けるべきだ」 ガートナー
ガートナーが日本企業を対象に実施したクラウドコンピューティングに関する調査によると、日本企業のクラウドコンピューティング利用率が増加していることが分かった。ガートナー ジャパンは、クラウド戦略の策定と推進を加速させる必要があるとしている。(2021/6/15)

日本企業の約4割がSaaS利用 ガートナー「クラウドは普及・拡大フェーズ」
日本企業のクラウド利用はコロナ禍前に比べて拡大している――こんな傾向が、IT調査会社ガートナー ジャパン(東京都港区)の調査で分かった。同社は背景としてAmazonなど米大手企業がクラウド導入を宣伝したことなどを挙げた。(2021/6/14)

日本企業はなぜ、データ活用でビジネス成果を出せないのか?――ガートナー調査
日本企業はデータ活用に対する意識や関心は高いものの、データ活用から十分なビジネス成果を得られていない現状が、ガートナーの調査で明らかになった。分析スキルやデータリテラシーの不足などが阻害要因になっているという。(2021/6/11)

データ活用への関心は高いものの成果は増えていない:
データ活用で成果が出ないのは組織全体の問題? ガートナーがデータ活用に関する調査結果を発表
ガートナー ジャパンは、日本企業を対象としたデータ活用の現状に関する調査結果を発表した。データ活用に課題意識を持っている割合は60%を超えていたが、データ活用によるビジネス成果は増えていなかった。(2021/6/11)

日本企業の約8割がCXに消極的 「顧客に選ばれる企業」で格差拡大の懸念――ガートナーが警鐘
カスタマーエクスペリエンス(CX)に取り組んでいる日本企業は、過去3年間、増加傾向にあるものの、依然として2割強に満たないことが判明した。ビジネス上の差別化要素となるCXを積極的に進めている企業と、そうでない企業との間には大きな差が広がっていくことが懸念されるという。(2021/6/8)

今日のリサーチ:
日本企業の約8割がCXの取り組みに遅れ――ガートナー ジャパン調査
ビジネス上の差別化要素として注目されるCX(カスタマーエクスペリエンス:顧客体験)ですが、日本では残念ながらCXプロジェクトの進捗(ちょく)は遅れ気味のようです。(2021/6/7)

ITコスト最適化の7大ポイント【第4回】
ITコスト削減に「ベンダーとのリスク共有」が果たす役割とは?
ITコスト最適化を進める際、ベンダーとのリスク共有が重要なポイントになる。Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際に重要なポイントを2つ紹介する。(2021/5/27)

2021年の国内IT支出は2.6%増、ただし「格差」の兆しも――ガートナー予測
ガートナーによると、2021年の日本のIT支出成長率は前年比2.6%となる予測で、業種別では教育、政府官公庁/地方自治体で高い成長が見込まれる。ただし、IT投資の「格差」が広がる見通しも出てきた。(2021/5/25)

深刻なのは200mmウエハーライン:
半導体不足は2022年Q2に解消か、Gartnerが予測
ガートナー ジャパンは2021年5月11日、記者説明会を開催し、2021年の半導体市場の予測や、半導体不足解消の見通しについて語った。Gartnerのリサーチ&アドバイザリ部門で半導体/エレクトロニクス・グループのディレクターアナリストを務める山地正恒氏によると、Gartnerは、半導体の供給難は2022年第2四半期に解消するとみている。(2021/5/19)

データドリブンな組織への変革を推進する3つのアクション――ガートナーが提言
ガートナーによると、変化する世界でビジネスの成功を収めるには、データアナリティクスの活用が重要だという。データ&アナリティクスのリーダーが推進するべき3つの取り組みとは?(2021/5/18)

今日のリサーチ:
CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。(2021/5/13)

ITコスト最適化の7大ポイント【第2回】
ITコスト最適化に「DevOps」「BPR」が効く理由と、効果を引き出す取り組み方
Gartnerのフレームワークに沿って企業がITコスト最適化を進める際、積極的に取り入れたいのが「DevOps」と「BPR」だ。その理由と取り組み方を紹介する。(2021/5/13)

組み込み開発ニュース:
半導体不足は2022年以降に状況改善か、車載や無線用途が拡大する見通し
ガートナー ジャパンは2021年5月11日、2020年の半導体市場の動向と2021年以降の市場見通しに関する説明会を開催した。現在、各業界で深刻化する半導体不足の状況は2022年以降に改善に向かうと予想する。(2021/5/12)

日本の従業員、デジタルツール使用にまさかの”弱腰” ガートナーの世界調査で課題が明らかに
日本企業は世界の主要8カ国と比べて、従業員のデジタルスキルの自己評価以外でも最下位だった。浮かび上がった課題とは。(2021/5/11)

ITコスト最適化の7大ポイント【第1回】
Gartnerお墨付き ITコスト最適化に役立つ「4層フレームワーク」とは?
企業がコストを抑えながらビジネスを継続させる上で重要なのが、ITコストの最適化だ。Gartnerが示すフレームワークを参考に、ITコスト最適化の具体策を検討する。(2021/5/7)

製造マネジメントニュース:
企業の30%が2025年までに「リモート・ファースト企業」へ転換
ガートナー ジャパンは、日本のテレワークに関する2021年の展望を発表した。テレワークは今後も推進され、2025年までに企業の30%がテレワークを当たり前のものとする「リモート・ファースト企業」へ転換するとしている。(2021/4/26)

キオクシアが10位に:
2020年の半導体売上高ランキング、Intelが首位
Gartnerが2021年4月に発表した調査によると、2020年の世界半導体売上高は4662億米ドルで、2019年に比べて10.4%増となった。(2021/4/20)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

従業員監視システムの使用は妥当なのか?
テレワーカーを監視したい企業と、監視を出し抜くテレワーカー
コロナ禍に伴うテレワーク下、AIを応用したシステムで従業員を監視する企業があるという。Gartnerによるとそうした従業員の1割以上が監視システムを欺くという。(2021/4/12)

ガートナー、2021年以降のテレワーク戦略を提言 リモートファーストの実現に向け
ガートナーによると、日本企業の30%が2025年までにテレワークを当たり前とする「リモートファースト」に移行するものの、推進企業の65%は2024年まではツールの導入やインフラ整備にとどまり、従業員エンゲージメントを強化できないという。日本企業は、テレワークを戦略的に見直すべき局面に来ているという。(2021/4/7)

「リモートファースト」の企業への転換:
ツールの導入やインフラ整備だけにとどまらない変革が必要 ガートナーが「日本のテレワークに関する展望」を発表
ガートナー ジャパンは、「日本のテレワークに関する2021年の展望」を発表した。2025年までに企業の30%がテレワークを当たり前のものにすると予測している。(2021/4/7)

「アダプティブセキュリティ」「CMaaS」とは? 政府関連テクノロジーのトップ10を発表――ガートナー
ガートナーによれば、世界の政府機関ではレガシーシステムの近代化が加速するとともに、アジリティやレジリエンスを高める取り組みが進められているという。(2021/4/5)

GartnerとIDCの調査では買い替え需要が高まる兆し
「iPhone 12」が「5Gスマホは買わずに待つべし」という“常識”を変えた
低迷していたスマートフォン市場が回復し始めた。アナリストはその要因として、Appleの「iPhone 12」シリーズによる「5G」スマートフォン市場の活性化があるとみる。GartnerやIDCの調査結果から市場の動きを探る。(2021/4/3)

Gartner Insights Pickup(200):
インパクト大の4つの先進技術:Gartnerの最新レーダーレポートから
ITリーダーが押さえておくべき注目の技術とは? Gartnerの最新レポートから、4つの先進技術について紹介する。(2021/3/26)

セキュリティ人材の不足が潜在要因:
Gartner、2021年のセキュリティとリスク管理における「8つのトレンド」を発表
Gartnerは2021年3月23日、セキュリティやリスク管理のリーダーが対応する必要のある8つの主要なトレンドを発表した。セキュリティスキルを持った人材の不足やエンドポイントの爆発的な多様化といった課題に沿ったトレンドだ。(2021/3/24)

DX人材が欲しければ従業員エンゲージメントを高めよ 向上を図る3つの要素は
ガートナーは、新時代のITやデジタル人材戦略に関する展望を発表した。人材市場の逼迫(ひっぱく)が叫ばれる中、DXを推進する人材を確保するためには従業員エンゲージメントを重視したIT人材戦略が必要になると同社は予測する。(2021/3/23)

TechTarget発 世界のITニュース
コロナ禍でも根強く売れるIT製品は? Gartnerが予測
2021年に企業のIT支出は回復し、4兆ドル近くに達するとGartnerは予測する。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにおいてテレワークが広がる中、特に支出が増える分野とは。(2021/3/23)

コロナ後の競争力に影響する主要動向:
2021年のデータ/アナリティクス技術の10大トレンドを発表――Gartner
Gartnerは企業向けのデータ/アナリティクス技術について、2021年版の10大トレンドを発表した。このトレンドを把握することで、企業が変化や不確実性、機会に対応しやすくなるという。(2021/3/19)

スマートフォンの値下げ競争再びか
「低価格5Gスマホ」はなぜ売れるのか? Gartnerに聞く
2020年には下落傾向だった世界のスマートフォン販売台数は、2021年に回復する見込みだ。低価格の5Gスマートフォンが市場回復の原動力になるとGartnerは予測する。その根拠とは。(2021/3/19)

電子化に終始するDXは大きなリスク:
ペーパーレスの展開に1年以上かける企業は時代遅れ、ガートナーが日本のデジタルイノベーションに関する展望を発表
ガートナー ジャパンは、日本のデジタルイノベーションに関する展望を発表した。デジタルトランスフォーメーションが本来のデジタルイノベーションではなく、単に電子化やクラウド活用に終始するようでは大きなビジネスリスクを生み出すとしている。(2021/3/12)

明確なDX戦略がない企業にガートナーが警鐘 「80%以上がシェアを奪われる」
ガートナーによると、日本企業のDXに対する機運は高まっているものの、ペーパーレスやハンコレスといった喫緊のニーズを満たす電子化の取り組みに偏るケースが増えているという。自社のDX戦略を明確化し、その推進を妨げる旧態依然の組織体制を見直すためのポイントとは?(2021/3/11)

2024年までに企業セキュリティはクラウド中心に? 移行を支える5つのポイントは――ガートナー提言
企業ネットワークのクラウド化は今後も加速し、2024年までに「新たなネットワーキング」への移行が進み、それを支える「クラウド型セキュリティゲートウェイ」を採用する企業が60%を超えるとガートナーは予測。自社のネットワークを見直し、移行を進めるポイントとは?(2021/3/2)

移行を進める前に知っておくべき「5つのポイント」:
「クラウド型セキュリティゲートウェイの採用が加速」 ガートナーがネットワーク移行に関する2021年の展望を発表
ガートナー ジャパンは、新たなネットワークへの移行に関する2021年の展望を発表した。2024年までに新たなネットワークへの移行が進み、クラウド型セキュリティゲートウェイを採用する企業が60%を超えるという。(2021/3/2)

調査レポート:
Apple、世界スマートフォン市場で数年ぶりの首位に──Gartner調べ
Gartnerが2020年第4四半期の世界スマートフォン市場調査結果を発表した。同四半期にiPhone 12シリーズを発売したAppleが久しぶりに首位に立った。Appleが首位に立つのは2016年第4四半期以来だ。(2021/2/23)

「2025年の崖」を前に、アプリ変革に成功する大企業は3割弱――ガートナー予測
ガートナーによると、大企業の8割が現状のアプリケーションではビジネス変化に対応できないと認識しているものの、2024年までに変革に成功する企業は3割に満たず、過半数は2025年になっても既存アプリケーションを刷新できないという。企業の継続成長を支えるアプリケーション戦略とは。(2021/2/19)

意思決定を早くするには:
Gartnerが勧める「9つのハック」、デジタルビジネスを加速させるには
Gartnerはデジタルビジネスの加速を目指す企業のリーダーの指針となる「9つのハック」を紹介した。組織のアジリティ向上のために取るべき3つの行動に役立つハックだ。(2021/2/18)

人材に関する4つの誤解とは:
「若者は業務よりプライベートを重視する」は間違い? ガートナーが人材の新常識を発表
ガートナー ジャパンは、日本のCIOが押さえておくべき人材の新常識を発表した。日本のCIOに対して、「日本企業の従業員は1社で長く働くことを好む」など人材に関する認識が誤解だと指摘し、新たな常識を基に時流に即した人材戦略を推進すべきと主張している。(2021/2/16)

「脱クラウド」検討のポイント【前編】
企業はなぜ「脱クラウド」したくなるのか Gartnerに聞く
クラウドサービスで稼働させているワークロードをオンプレミスのインフラに移行させる「脱クラウド」を検討する企業がある。こうした動きはなぜ起こっているのか。脱クラウドの現状を説明する。(2021/2/8)

特集:クラウドを用いて「SASE」で統合 セキュリティとネットワーク(1):
「SASE」(サッシー)の効果はテレワークのトラフィック改善だけではない――DX実践にも欠かせない
ガートナーが2019年に提唱したセキュリティフレームワーク「SASE」(サッシー)では、ネットワークとセキュリティを包括的に扱うことを目指している。クラウドを利用してネットワークトラフィックの負荷分散ができることはもちろん、「従業員が快適に仕事をする環境を整える」という情報システム部門本来のミッションを果たしやすくするものだという。ユーザー企業が自社のネットワークをSASE対応にするメリットは何か、どうすればSASE対応にできるのか、SASEサービスを選択する際に注目すべきポイントは何だろうか。(2021/2/5)

日本企業のデジタル化は世界から約2年の後れ CIOが即実行すべきこととは――ガートナー提言
世界74カ国のCIOを対象にしたガートナーの調査によると、日本企業のデジタル化は加速してはいるものの、世界のトレンドラインから約2年の後れを取っていることが判明。デジタルビジネスをより速く進展させ、グローバルにおける自社の競争力を高めるために、日本企業のCIOが実行すべき3つのアクションとは何か。(2021/2/2)

ガートナー、2021年の世界IT支出総額予測を発表 テレワーク関連は増加継続か
ガートナーは、2021年の世界IT支出総額の見通しを発表した。2021年のIT支出総額は、対前年比6.2%増の3.9兆ドルになる見込みだ。2021年は、DXが進んだことで、COVID-19の影響によるIT支出の減少が緩和される。(2021/1/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.