• 関連の記事

「Wi-Fi Alliance」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Wi-Fi Alliance」に関する情報が集まったページです。

OpenRoamingとPasspoint比較【前編】
奥が深い「Wi-Fiローミング」の仕組み OpenRoamingの特徴を徹底解説
Wi-Fiのローミングには「OpenRoaming」と「Passpoint」という2大規格がある。それぞれにメリットがあり、特徴や仕組みを理解する必要がある。OpenRoamingについて解説する。(2024/3/1)

メディアテック Filogicシリーズ:
「Wi-Fi CERTIFIED 7」対応チップセット、4品種を発売
メディアテックは、Wi-Fi Allianceと協業し、「Wi-Fi CERTIFIED 7」製品の第1弾を発表した。Wi-Fi 7対応チップセット「Filogic 880」「Filogic 860」「Filogic 380」「Filogic 360」を提供する。(2024/2/8)

Wi-Fi品質改善に役立つレポート【後編】
Wi-Fiの「遅い」「つながらない」をなくす“無線LANの技術革新”とは?
無線LANのQoS(サービス品質)要件は、アプリケーションやネットワークを提供する場所によって異なる。無線LANのQoS確保方法を解説する技術レポートを公開した業界団体WBAは、何を推し進めているのか。(2024/2/8)

Wi-Fi Allianceが「Wi-Fi 7」の認証プログラムを開始
Wi-Fi Allianceが、IEEE 802.11be規格の無線LAN機器に関する認証プログラムを開始した。認証を得た機器には「Wi-Fi CERTIFIED 7」のロゴの付与が認められる。(2024/1/9)

バッファロー、Wi-Fi 7認証を取得したハイエンド無線LANルーター「WXR18000BE10P」を予告
バッファローは、国内メーカーでは初となる「Wi-Fi CERTIFIED 7」取得モデルとなる無線LANルーター「WXR18000BE10P」の告知を行った。(2024/1/9)

プレミアムコンテンツ:
Wi-Fi 7がすぐそこ Wi-Fi 6Eは無意味だった?
「Wi-Fi 6E」が登場して間もない中で、「Wi-Fi 7」の仕様策定が進んでいる。Wi-Fi 7は今までの無線LAN規格と何が違うのか。Wi-Fi 6Eは存在そのものが無意味だったのか。(2023/12/26)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【前編】
次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?
次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。(2023/11/30)

企業向けWi-Fiのヒント【第4回】
企業向けの「信頼できる無線LAN」を作るベストプラクティスはこれだ
無線LAN構築には幾つものポイントがある。まずは専門家に設計を依頼するといった基本的な内容を押さえよう。その後は、少しの手間で理想に近い無線LANを目指すことができる。(2023/11/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
Wi-Fi 7がすぐそこ Wi-Fi 6Eは無意味だった?
「Wi-Fi 6E」が登場して間もない中で、「Wi-Fi 7」の仕様策定が進んでいる。Wi-Fi 7は今までの無線LAN規格と何が違うのか。Wi-Fi 6Eは存在そのものが無意味だったのか。(2023/10/19)

マーケティング責任者が語る:
誕生25周年の「Bluetooth」はどう進化していく? 距離計測やスピードアップ、5GHz/6GHz帯活用も
1998年にBluetoothが生まれてから、今年(2023年)で25年となる。CEATEC 2023への出展に合わせて、Bluetooth SIGのケン・コルドラップCMOが来日し、Bluetoothの“これまで”と“これから”を語った。(2023/10/16)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【前編】
マネージドWi-Fi「OMWi」はなぜ“使えない無線LAN”なのか?
企業やエンドユーザーにとって欠かせない存在となっているWi-Fi。通信事業者がマネージドサービスとしてWi-Fiを提供する場合には課題がある。業界団体が改善に乗り出した。(2023/9/22)

改めておさらい:
iPhone 15 Proでようやく対応の「Wi-Fi 6E」って何? 「Wi-Fi 6」と何が違う?
ハイエンドのAndroidスマートフォンから遅れること約2〜3年、iPhoneにもようやく「Wi-Fi 6E」の波が来た。「Wi-Fi 6」と何が違うのか、改めておさらいしつつ、その長短を確かめていこう。【訂正】(2023/9/13)

無線LANの未来を形作るもの【中編】
無線LAN「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)より面白い“次に来る無線通信”は何?
無線LANは利用可能な周波数帯が加わることでより利用しやすくなる。ただし企業にとって今後必要なネットワーク技術は、無線LANばかりではない。(2023/8/21)

Wi-Fi 6E対応のメリットはある? バッファローの新型フラグシップルーター「WXR-11000XE12」を試して分かったこと
バッファローのフラグシップWi-Fiルーターが約3年半ぶりにモデルチェンジを果たした。パッと見は先代と変わりないのだが、6GHz帯の通信に対応するなど“中身”は大きく進化している。その実態に迫っていこう。(2023/8/16)

「Wi-Fi 7」が話題を集める中、なぜバッファローは「Wi-Fi 6E」フラグシップルーターを発売するのか? 開発陣に聞く
バッファローがWi-Fi 6ルーターのフラグシップをモデルチェンジし、「Wi-Fi 6E」に対応した。次世代規格である「Wi-Fi 7」の足音が聞こえる中、あえてWi-Fi 6E対応としてリリースしたのはなぜなのだろうか。開発担当者に狙いを聞いた。(2023/6/16)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第5回】
「Wi-Fi 6」が“当然の選択肢”になったこれだけの理由
企業のネットワークにおいては有線LANが主流だった時期がある。だが「Wi-Fi 6」が普及しつつあるのと同時に、無線LANに対する企業の見方は変わった。目覚ましい進化を継続してきた無線LANは、以前と何が違うのか。(2023/5/5)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第4回】
「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)に至るまでの無線LAN“大進化”の系譜
「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」の名称で広く知られる無線LANは、1990年代後半から2000年代前半にかけての初期から2020年代に至るまで、多彩な進化を遂げてきた。その系譜とは。(2023/5/4)

“大成功した無線通信”の歴史と今後【第3回】
無線LAN「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」が人気を呼んだ理由
「IEEE 802.11」や「Wi-Fi」として広く知られる無線LAN。その黎明(れいめい)期、ベンダーは無線LANを広く普及させるために“ある決断”をした。それは何だったのか。(2023/5/3)

国内最速の見込み:
TP-Linkが「Wi-Fi 7(IEEE 802.11be)」ルーターを国内投入決定 2023年夏に発売予定
ティーピーリンクジャパンが、Wi-Fi 7ルーターを日本市場で2023年夏から発売することを明らかにした。現時点では日本最速投入となる見通しだ。(2023/3/9)

無線通信の周波数問題【後編】
「5G」も「Wi-Fi 6E」もなぜ周波数“6GHz”を使いたいのか?
無線LAN規格「Wi-Fi 6E」や「5G」(第5世代移動通信システム)の利用に関して、6GHzの周波数帯に関する問題が議論を呼んでいる。無線通信は今後どうなるのか。(2023/1/31)

無線通信の周波数問題【前編】
無線LAN「Wi-Fi 6E」の6GHz帯は“無意味”なのか“使える”のか?
無線LAN規格「Wi-Fi 6E」への関心が徐々に集まりつつある中、無線LAN利用の今後を左右するある議論が浮上した。6GHz帯の利用に影響する問題だ。(2023/1/23)

「OpenWiFi」とは何か【後編】
オープンソース無線LAN計画「OpenWiFi」から生まれた“すごい製品”とは?
無線LANの“オープンソース”化を目指すプロジェクト「OpenWiFi」に参画している企業の一社が、ネットワークベンダーのBoingo Wirelessだ。同社がプロジェクトの一環として開発した製品の“すごさ”とは。(2022/12/19)

無線LANの将来を占う「5大要素」【第3回】
無線LANの謎「“爆速”のはずなのに速くない」問題は解消されるのか?
無線LANの性能を引き出すには、最新の規格に準拠したクライアントデバイスが不可欠だ。その動向はどうなっているのか。そして無線LANユーザーへの朗報とは。(2022/12/2)

組み込み開発ニュース:
6GHz帯を免許不要で使うためのBluetoothの新仕様開発プロジェクトを発表
Bluetooth Special Interest Groupは、6GHz帯を免許不要で使用するため、新仕様の「ミッドバンドスペクトル拡張プロジェクト」を発表した。ミッドバンドスペクトルにおけるBluetooth Low Energyの動作定義を主目的とする。(2022/11/29)

Bluetoothを6GHz帯へ BLE拡張仕様の開発プロジェクトが始まる
Bluetooth SIGは16日(米国時間)、6GHz帯を使用するBluetooth Low Energy(BLE)仕様を開発すると発表した。将来にわたりBlueoothが進化するために必要としている。(2022/11/17)

バッファロー、Wi-Fi 6に対応した据え置き型無線LAN中継器
バッファローは、Wi-Fi 6接続をサポートした無線LAN中継器「WEX-5400AX6」を発表した。(2022/10/31)

間もなくWi-Fi 7の時代【後編】
「Wi-Fi 7」「Wi-Fi 6」「Wi-Fi 6E」を機能比較するとWi-Fi 7が圧倒?
普及が進んでいる「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の全貌が見えてきた。無線LANの利用をこれから検討する際の対象になる、Wi-Fi 6とWi-Fi 6E、Wi-Fi 7の3規格を機能別に比較する。(2022/10/24)

認証プログラムも開始:
スマートホーム規格「Matter」が始動、バージョン1.0が登場
標準化団体「CSA(Connectivity Standards Alliance、旧ZigBee Alliance)」が2022年10月4日(米国時間)、「Matter 1.0」規格をリリースし、Matter認証プログラムが始動した。CSAはこれにより、主にスマートホームにおけるIoT(モノのインターネット)コネクテッドデバイス間の相互運用性向上を目指していく。(2022/10/19)

間もなくWi-Fi 7の時代【前編】
無線LANは次世代規格「Wi-Fi 7」でこう変わる 「Wi-Fi 6E」は無意味だった?
遅延やデータ伝送速度などの性能を踏まえると、Wi-Fi 7には次世代無線LAN規格としての将来性がある。とはいえ理論と実測は異なるので、その点を含めてWi-Fi 7への期待を探る。(2022/10/10)

実効速度「5Gbps超」を確認 IntelとBroadcomが「Wi-Fi 7」の相互接続テストを実施
IntelとBroadcomが共同で「Wi-Fi 7(IEEE 802.11be)」の相互接続テストを実施し、その結果を発表した。異なるベンダー間の相互接続性の向上を目指したテストで、5Gbpsを超える実効通信速度を実現できることを確認できたという。(2022/9/12)

いよいよ解禁!「Wi-Fi 6E」は何がすごい? 「Wi-Fi 6」との違いは? どんなモデルがある?
9月2日、6GHz帯の電波を利用した無線LANが“解禁”された。いわゆる「Wi-Fi 6E」というものだが、これは従来の「Wi-Fi 6」と何が違うのだろうか。簡単かつ詳しく解説する。(2022/9/6)

6GHz帯対応の「Wi-Fi 6E」解禁 NECとバッファローが対応ルータ発売
総務省が2日に施行した電波法施行規則などの改正省令を受け、5日にはバッファロー、NECプラットフォームズが相次いで「Wi-Fi 6E」準拠の無線ルータを発表した。(2022/9/5)

Wi-Fi 6E対応無線LANルーター製品が解禁 バッファロー/NECから発表
9月2日の電波法省令改正により家庭用として利用可能となったWi-Fi 6E規格に対応した無線LANルーター製品バッファローとNECから発表された。(2022/9/5)

組み込み開発ニュース:
インテルのWi-Fi 7開発は順調、2030年に全ての無線通信がシームレスにつながる?
インテルが、Wi-Fiや5Gを中心とした同社の無線通信技術の開発状況について説明。Wi-Fiについては、6GHzの周波数帯を用いるWi-Fi 6Eの需要が2022年後半に向けて急激に拡大するとともに、同じく6GHz帯を用いてより高速かつ安定な通信が可能なWi-Fi 7の登場により、さらに需要が拡大すると見ている。(2022/7/28)

バッファロー、”Wi-Fi 6E”対応無線LANルーターを予告 ティーザーサイトをオープン
バッファローが、6GHzでの通信に対応する最新規格「Wi-Fi 6E」に対応する無線LANルーターを発売する旨を予告している。詳細は不明だが、コンシューマー向けにも新製品を導入するようだ。(2022/7/20)

モバイルIT用語辞典:
毎日接続する「Wi-Fi」、どんな意味?
家や駅、勤務先などで接続することが多い「Wi-Fi」。よく口にする言葉でもあるが、何の略語か、どんな意味なのかを考えることは少ない。そもそも本当に略語なのだろうか。(2022/7/17)

ITワード365:
【ITワード365】Wi-Fi 6E/PPAP/ノーコード/MaaS/Cookie/TSMC/量子インターネット
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/12)

国内での「Wi-Fi 6E」実現に向けて大きな前進 総務省の審議会が「6GHz帯無線LANの導入のための技術的条件」を答申
スマートフォン、タブレットやスマートフォンで対応機種が増えている「Wi-Fi 6E」だが、日本では法制度が整備されていない影響で利用できない。そんな中、総務省の情報通信審議会がWi-Fi 6Eに関する技術的要件を総務大臣に答申した。今後、国内でのWi-Fi 6E利用を“合法”とするための手続きが進むことになる。【更新】(2022/4/21)

“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る:
「PCはネットワーク接続できて当然」になったのはいつから?
PCをネットにつなげる試みは意外と早くスタートしていたが、日本ではほとんど知られていない。その理由は……。(2022/4/20)

見えてきたアップグレードパス
Wi-Fi 6EをスキップしてWi-Fi 7を待つべき明らかな理由
結論として、Wi-Fi 7を待つべきだ。Wi-Fi 6Eはスキップすべきだ。このシンプルな結論は、Wi-Fi 6Eを取り巻くガッカリな状況から導き出されたものだ。(2022/4/8)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【前編】
「Wi-Fi 6E」なんていらない――「Wi-Fi 7」の前に薄れる存在感
「Wi-Fi 6E」の企業導入が進まない。専門家の間には、企業がWi-Fi 6Eをスキップして「Wi-Fi 7」を待つ可能性が高いとの声がある。何が普及を妨げているのか。(2022/3/21)

自宅でも「企業ネットワーク」【後編】
「Wi-Fi 6」を自宅に入れたくなる“あの技術” 家の中の“通信格差”をなくす
業界団体Wi-Fi Allianceは「Wi-Fi 6」の改善に取り組んでいる。他にも関連技術が登場し、無線LANが快適なテレワークを実現しやすくなりつつある。重要な技術を整理しよう。(2022/3/16)

自宅でも「企業ネットワーク」【中編】
テレワークを続けたくなる「無線LAN」の条件 「Wi-Fi 6」は必需品か
テレワーク中の従業員が抱く不満を解消するには、従業員の自宅にどのような無線LANを配備する必要があるのか。専門家の話を基に要件を探る。(2022/3/9)

自宅でも「企業ネットワーク」【前編】
「無線LAN」がコロナ禍で求められ、そして嫌われる理由
パンデミックの影響でテレワークが続く中、従業員が自宅に導入する無線LANはテレワークの必需品となった。一方で無線LANが、テレワークの「イライラ」の原因になっているという。それはなぜなのか。(2022/3/3)

無線LANの電波拡大による影響【前編】
「Wi-Fi 6E」に生じる重大な懸念とは? 「Wi-Fi 6」にはない問題
無線LANをはじめ、さまざまな電波が私用の用途や公共サービスに使われている。「Wi-Fi 6」の拡張版である「Wi-Fi 6E」を使用する際は、従来の無線LANよりも特にその点に注意を払わなければならない。(2022/2/22)

ややこしくなってきたWi-Fi規格
Wi-Fi 6/6E/7……そして新たに「Wi-Fi 6 Release 2」登場
Wi-Fi 6EやWi-Fi 7の話題も出る中、新たな規格が発表された。Wi-Fi 6の強化版であるWi-Fi 6 Release 2だ。一体何がどう変わったのか。(2022/2/17)

レーシングカーもネットワークもスピード発揮
自動車レースNASCARが「Wi-Fi 6」をサーキットに導入した“あの狙い”とは?
NASCARは12カ所のサーキットに「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN製品を導入し、高速通信を可能にする。ファンがスマートフォン片手に、レースをより楽しめるようにするためだという。どういうことなのか。(2022/1/12)

2022年には対応機器が2000万台に:
「Wi-Fi HaLow」の本格普及に向け認証プログラムが開始
Wi-Fi Allianceは2021年11月、「Wi-Fi HaLow」(IEEE 802.11ah)の認証プログラムである「Wi-Fi CERTIFIED HaLow」を開始した。(2021/12/9)

IEEE 802.11ahに準拠した「Wi-Fi HaLow」:
次のWi-Fiはどうなる? IoTでの利用拡大を狙う
Wi-Fi Allianceは、IoTにおけるWi-Fiの利用拡大を目指し、「IEEE 802.11ah」標準(Wi-Fi HaLow)に準拠した製品の認証プログラム「Wi-Fi CERTIFIED HaLow」を開始した。IoTや産業用IoT環境などに向く技術だ。(2021/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.