「Windows」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

非クラウドの「Office 2021」、「Windows 11」と同じ10月5日発売
Microsoftは9月16日、企業向け非クラウド版オフィススイート「Office LTSC」を発売した。また、コンシューマー向けの「Office 2021」は10月5日に発売することも発表した。「Windows 11」のリリースと同じ日だ。(2021/9/17)

Microsoftアカウントにパスワードなしでログイン “数クリック”で済む新たな認証機能とは?
Microsoftは、Microsoftアカウントにパスワードレス機能を導入する。Microsoft AuthenticatorアプリやWindows Helloなどとアカウントをひも付けることでパスワードレスでのログインが可能になるという。(2021/9/17)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(157):
これで画面共有も安心、Windows 365 Cloud PCとAzure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が利用可能に
Azure Virtual Desktopで「画面キャプチャ保護」機能が正式にサポートされました。これにより、スクリーンショットや画面共有を使用してエンドポイントから機密情報が漏えいするリスクを軽減できます。この機能は、Azure Virtual DesktopをベースとするWindows 365 Cloud PCでも利用可能です。(2021/9/17)

「UNDERTALE」作者の新作「DELTARUNE」、チャプター2が9月18日に配信決定
WindowsとMac向けに9月18日9時に配信。(2021/9/16)

Microsoftが2021年9月の累積更新プログラムを公開 Windowsの37製品や機能に脆弱性
Microsoftは、2021年9月の累積更新プログラムを配信した。該当するプロダクトは37種にわたる。深刻度が重要(Important)に分類される脆弱性の修正も多数含まれるため、迅速なアップデートの適用が必要だ。(2021/9/16)

アイ・オー、Web会議システムなどに向くWindows 10 IoT Enterprise搭載ミニデスクトップPC
アイ・オー・データ機器は、Windows 10 IoT Enterpriseを標準搭載したミニデスクトップPC「MPC-LVZ3P」を発表した。(2021/9/15)

山市良のうぃんどうず日記(215):
どこが違う? Windows Updateが「今すぐインストール」で止まるPCの特徴は?
テスト用の複数台のWindows 10を毎月のWindows Updateで更新する際、同じバージョンで、何も設定を変更していないのにWindows Updateの挙動が異なるPCが存在することに、何となく気になっていました。更新を開始して放置し、気が付くと「今すぐインストール」ボタンを表示して指示待ち状態になっていることがあるのです。(2021/9/15)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(108):
すぐ分かる、よく分かる「Windowsの品質更新プログラム入門」〜2021年版〜
2021年後半にリリース予定のWindows 11を含めて、Windowsの毎月の品質更新プログラムについてまとめます。(2021/9/14)

Tech TIPS:
頻繁に開くフォルダをタスクバーにピン留めして素早く開く【Windows 10】
Windows 10の起動後に、よく利用するフォルダをエクスプローラーで「ローカルディスク」から順番にたどって開いていないだろうか。開くフォルダの数が多いと面倒だろう。そんなときは、クイックアクセスやタスクバーにフォルダをピン留めして、クリック1つで開けるようにしよう。(2021/9/13)

「Windows」と「Mac」、業務用にどちらを選ぶか【第1回】
絶対王者「Windows」に進撃の「Mac」 業務用デバイス“頂上決戦”の歴史
業務用クライアントデバイスなら、当然「Windows」搭載PCだ――。疑いようがないと考えられていた“常識”が崩れ始めている。「Mac」が存在感を高め始めているからだ。背景には何があるのか。(2021/9/12)

VAIOがWindows 11無料アップグレード対象PCを追加
VAIOは6月からWindows 11への無料アップグレード対応モデルを公開しているが、9月10日に法人向けモデルが追加された。(2021/9/10)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【中編】
Windowsを危険なOSにしない仕組み 面倒な“あの作業”こそ最大の武器?
広く使われるOSだからこそ、Microsoftは「Windows」を安全なOSにすべく努力し、工夫してきた。Windowsにはセキュリティを支えるさまざまな仕組みがある。それを有効なものにするには、ユーザーの協力も欠かせない。(2021/9/10)

Windows 10 The Latest:
【10/5 提供開始】Windows 11の登場で、どうなるどうするWindows 10
Windows 11の正式提供が2021年10月5日に始まることが発表された。当日から、Windows 10からWindows 11への無償アップグレードも段階的に開始されるという。すぐにWindows 11へ移行した方がいいのか、Windows 11のメリット/デメリットをWindows 10ユーザーの視点でまとめてみた。(2021/9/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(155):
Windows Server 2022の新機能「SMB over QUIC(プレビュー)」のカンタン評価ガイド
Windows Server 2022の新機能の一つに、インターネットフレンドリーなUDPポート443でセキュアなSMB接続を実現する「SMB over QUIC」があります。この機能はプレビュー機能であり、ファイルサーバ側はAzure仮想マシン上にある必要があります。この評価環境をできるだけ簡単に準備する方法を紹介します。(2021/9/9)

PR:17.3型大画面で見やすい! 疲れにくい! 税込み10万円ちょいPC「mouse F7-i5」はテレワークにピッタリな1台だ
新型コロナウイルスの影響が長期化するにつれて、在宅ワークやおうち時間が伸びる傾向が続いている。長い時間PCを使うならば、少しでも大画面の方がいいし、今買うならWindows 11でも快適に使えるPCにしたい。しかも値段はなるべく抑えたい……そんな欲張りな人にピッタリの1台が「mouse F7-i5」だ。(2021/9/10)

Windowsにリモートコード実行の脆弱性、既に標的型攻撃への利用が観測される
Microsoft Windowsにリモートコード実行の脆弱性が存在することが明らかになった。深刻度は「重要」と評価されているが、執筆時点では修正プログラムが提供されていないが、この脆弱性を突くOfficeドキュメントが出回り、標的型攻撃に使われているため、警戒が必要だ。(2021/9/8)

デタッチャブルChromebookも:
LenovoがWindows 11搭載の「Yoga Slim 7シリーズ」を発表 米国で10月から順次発売
Lenovoが、Windows 11をプリインストールする「Yoga Slim 7シリーズ」と、キーボード着脱式のChromebookの新モデルを10月に発売する。現時点では日本での展開は未定だ。(2021/9/8)

「Microsoft Start」提供開始 Windows 10/11、Web、モバイルアプリでパーソナライズできるニュースフィード
Microsoftがパーソナライズできるニュースフィードサービス「Microsoft Start」の提供を開始した。Windows 10、Windows 11、EdgeとChrome、モバイルアプリ(iOSおよびAndroid)で横断してパーソナライズできる。モバイルアプリは「Microsoftニュース」の代わりになるようだ。(2021/9/8)

エッジコンピューティング:
Dynabookの身に着けるWindows10デバイスが第2世代に、独自開発AIエンジンも搭載
Dynabookが現場におけるDXを推進するモバイルエッジコンピューティングデバイス「dynaEdge DE200」の受注を開始。インテルの最新CPUである第11世代Coreプロセッサを搭載するとともに、独自ソフトウェアの「dynabook Edge AIエンジン」などと組み合わせた“現場DXプラットフォーム”としての展開を進める。(2021/9/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(193):
Windows 365 Cloud PCはお財布には優しくても、地球には優しくない?
「Windows 365 Cloud PC」は、2021年8月初めに正式にサービスをスタートした、Microsoftの新しい「サービスとしてのデスクトップ(Desktop as a Service、DaaS)です。運よく「Windows 365 Business」の無料試用版をゲットできた筆者が、その試用についてレポートします。(2021/9/8)

Dynabook、現場利用に向くWindows搭載の超小型PC「dynaEdge DE200」
Dynabookは、各種現場作業員の携帯利用に適した小型軽量設計のモバイルエッジコンピューティングデバイス「dynaEdge DE200」を発表した。(2021/9/7)

PR:未来を先取り! 意外と簡単! より便利に進化した「Windows 11」を一足先に試す方法
Windows 10の後継となる新OS「Windows 11」が話題を集めている。製品版の登場は2021年後半を予定しているが、実は意外と簡単な方法で、すぐに体験できるのを知っているだろうか? その方法を紹介する。(2021/9/6)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【後編】
「Windows」PCが「Mac」並みの“高級品”ばかりになり得る切実な事情
部品価格の高騰を完成品価格に反映させない――。製造業のこうした企業努力には限界がある。PCベンダーも同様だ。半導体品薄に直面するPCベンダーが、製品価格の値上げという苦渋の選択をせざるを得ない理由とは。(2021/9/5)

Windows 11 Insider Previewのアップデートで一部に不具合 タスクバーが「無応答」に(解決策あり)
Windows Insider Previewの最新ビルドにおいて、一部環境でタスクバーやエクスプローラーが応答しなくなる不具合が発生している。不具合が発生した場合は、特定のレジストリフォルダを削除して再起動することで解消可能だ。(2021/9/3)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【前編】
「『Mac』は『Windows』より安全」説はこうして生まれた
「Windows」搭載PCよりも「Mac」の方が安全だという“Mac安全神話”は、なぜ生まれたのか。両者の歴史を振り返りながら、その誕生の背景を探る。(2021/9/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 11」が「Vista」とは“全然違う”理由
「Windows 11」はこれまでの「Windows」と何が違うのか。MicrosoftはWindows 11で何を実現しようとしているのか。「Android」アプリケーションが動く意味とは――。Windows 11に関するこれらの疑問の答えを探る。(2021/9/3)

Windows 11は10月5日に提供開始、無償アップグレード対象PCの診断サービスも拡大へ
Microsoftは、「Windows 11」の提供を2021年10月5日に開始する。対象となるWindows 10が稼働するPCに対して、無償アップグレードを段階的に提供する。(2021/9/2)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

「Windows 11」でのAndroidアプリ利用、10月5日には含まれず
Microsoftは次期OS「Windows 11」を10月5日に提供開始するが、Androidアプリの利用が可能になるのは数カ月先になる。「今後数カ月のWindows Insiderプレビューから始まる」としている。(2021/9/1)

「Windows 11」は10月5日提供開始 無償アップグレードも同日から
Microsoftは次期OS「Windows 11」を10月5日に提供開始すると発表した。対応PCへの無償アップグレードも同日から2022年半ばまでかけてロールアウトする。Androidアプリサポートは10月5日の段階ではまだしない。(2021/9/1)

Windowsフロントライン:
Windows 11のリリースは10月5日! プリインストールPCは? Windows Updateでの提供は?
Microsoftの次期OS「Windows 11」の一般提供開始が10月5日から行われる。Windows Updateでの提供はいつなのか、Windows 11搭載PCはいつ頃登場するのか、関連情報を整理した。(2021/9/1)

山市良のうぃんどうず日記(214):
Windows Admin Centerから拝借する「再起動スケジューリング」のマル秘テク
少し前に別の連載記事で、Windows Admin Centerのバグを指摘しつつ、そのバグのある機能を期待通りに動くようにした、再利用可能なPowerShellスクリプトを提案しました。今回はバグではありませんが、Windows Admin Centerの「更新プログラム」ツールにある再起動のスケジューリング機能を拝借します。(2021/9/1)

小寺信良のIT大作戦:
M1 Macに対応した「DaVinci Resolve 17.3」、3倍速いは本当か
MacとWindowsに対応したビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve」。その最新版であるバージョン17.3は、M1 Macへの最適化が大きく進んだという。その実力を検証してみた。(2021/8/31)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(107):
VPN、Windows 365、Azure Virtual Desktop……リモートアクセス環境はどれを選べばよい?――Microsoftのリモートアクセステクノロジーまとめ
コロナ禍の中、企業はテレワーク(リモートワーク)の導入と継続を求められ、それが長期化しています。既にテレワーク環境を整備した企業でも、セキュリティの強化や運用コストの面から定期的に見直すべきです。今回は、Windows/Windows Serverの標準機能、Microsoft Azureのサービスとして利用可能なリモートアクセス環境を簡単にまとめました。(2021/8/31)

Windowsフロントライン:
最小要件を満たさない旧型PCでもWindows 11が利用可能な意味
米Microsoftが次期OS「Windows 11」について要件緩和を発表し、話題を集めている。その背景を考えてみた。(2021/8/30)

Gartner、IDCに聞く「半導体不足がPC市場に与える影響」【前編】
「PC」が半導体不足で値上がりか 「ただし『Mac』は別」と専門家が語る理由
世界的な半導体の品薄で、PCの価格は間もなく上昇するとGartnerやIDCは予想する。ただしWindows搭載PCベンダーと比べて、Appleは値上げの時期を遅らせるのではないかとの見方がある。どういうことなのか。(2021/8/29)

第7世代Coreの一部も対応に:
「Windows 11」の動作要件がアップデート 「PC 正常性チェック」も再登場
米Microsoftは8月27日(現地時間)、この秋にリリース予定の新OS「Windows 11」について要件を見直し、公開を停止していた「PC 正常性チェック」アプリの再公開を開始した。(2021/8/28)

Microsoft、「Windows 11」にアップデートできるプロセッサを少し追加 チェックプログラムも再公開へ
Microsoftは6月に発表した「Windows 11」にアップデートするための最低要件を見直し、サポートするプロセッサを少し増やした。また、一時的に削除した「PC 正常性チェックアプリ」の改善版を数週間中に再公開する。(2021/8/28)

Tech TIPS:
マウスポインターを見失って焦ったことがある人のためのプランABC【Windows 10】
高解像度のディスプレイを使っていると、Windows 10の標準設定ではマウスポインター(マウスカーソル)が小さくて、見失いがちになる。このような場合、マウスポインターの大きさや色などを変更すればよい。マウスポインターのデザインを変更する方法は、3種類ある。(2021/8/27)

「Windows 11とは何か」を深掘りする【後編】
「Windows 11」が「Windows Vista」とも「M1搭載Mac」とも“全然違う”理由
過去の「Windows」と「Windows 11」には大きな違いがあると専門家はみる。機能だけではなくアップグレードの難易度にも、OSから見えるMicrosoftの“思想”にも明確な変化があるという。どういうことなのか。(2021/8/27)

ちっちゃい物好きの夢が続く?:
Windows搭載ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER」を試す
8.4型で2560×1600ピクセルという高精細な画面を搭載したONE-NETBOOKの超小型PC「ONEXPLAYER」。ゲーミングPCをうたう本製品の実力はいかほどのものか、実機を使って試してみた。(2021/8/26)

Tech TIPS:
ややこしいWindowsのVPN接続をコピペで超簡単に作成する【テレワーク自由自在】
リモートワークに必須のVPN接続。だがWindows 10のGUIでVPN接続をセットアップするのは手順が多くて非常に面倒だ。そこで「PowerShell」を使ってVPN接続の作成をプログラム化すれば、手順数も減らせて手順書も単純化できる。(2021/8/26)

高性能のVDIでWindows 11に対応
Windows 10/11向けVDI見直しの最適解を探る コスパ最大化の秘訣
「CPU負荷を理由にWeb会議中のVDIユーザーがビデオをオフにする」といった問題が頻繁に起きている。今後の「Windows 11」導入や利用者の拡大を想定しつつ、この問題を解消するVDIの最適解を考える。(2021/8/30)

Windows Server 2022正式版のリリース、事実上開始 セキュアコアサーバ搭載、VPN不要のファイルアクセスなど
米Microsoftからの発表はまだないものの、Windows Server 2022正式版のリリースが事実上開始された。ライフサイクルのページに製品が登録され、2021年8月18日がサポート開始日となっているため、すでにサポートがスタートしている。(2021/8/25)

Tech TIPS:
待望のWindows 11プレビュー版 ISOイメージファイルをダウンロードする
MicrosoftのWindows Insider Programで、Windows 11プレビュー版のISOイメージファイルの提供が始まった。ISOイメージファイルを使えば、Windows 11プレビュー版を、直接PCや仮想マシンにインストールできる。Windows 10をインストールしてから、Windows Insider Programに参加して、Windows UpdateでWindows 11のプレビュー版にする必要がないので、手軽にWindows 11プレビュー版を試すことが可能だ。(2021/8/25)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(192):
Windows 10の「機能更新プログラム(有効化パッケージ)」の秘密を暴く
2021年後半、Windows 11と同時期に、Windows 10の機能更新プログラム「バージョン21H2」のリリースが予定されています。大規模なアップグレードだったWindows 10 バージョン2004に対し、Windows 10 バージョン20H2、バージョン21H1と小規模なアップデートが続きましたが、次のバージョン21H2も小規模なアップデートになるようです。(2021/8/25)

Windows 365はAzure Virtual Desktopの簡略版?
「Windows 365」に困惑の声 「『Azure Virtual Desktop』と何が違うのか」
企業の間では、どのような場合に「Azure Virtual Desktop」ではなく「Windows 365」を選ぶべきなのかが分かりにくいとの声がある。両者の違いはそれほど大きくないように見えるが、本当にそうなのか。(2021/8/22)

PCメーカー各社のWindows 11対応状況をチェック! アップグレード情報まとめ
Microsoftの新OS「Windows 11」が発表され、各PCメーカーからは対応状況などが公開されつつある。その現状をまとめた。(2021/8/20)

Windows 365入門:
クラウドPC「Windows 365」で仕事環境を構築してみた
Microsoftがクラウド上でWindows 10が動く「クラウドPC」の利用可能なサブスクリプションサービス「Windows 365」の提供を開始した。実際にWindows 365を契約して、クラウドPC上に仕事環境を構築してみた。その過程で分かったことについてまとめた。(2021/8/20)

Apple、iCloud for Windowsに「iCloudパスワード」アプリを追加
iCloudを使ったパスワード管理システムは便利だが、Windowsでは使いづらい。それを解消するアプリ提供が始まった。(2021/8/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.