• 関連の記事

「無線LANアクセスポイント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ワイヤレス・無線LAN→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でワイヤレス・無線LAN関連の質問をチェック

Computer Weekly日本語版+セレクション
もう「Wi-Fi 7」時代? 無線LANの気になる進化
Wi-Fi 6の次世代となる無線LAN規格「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)。Wi-Fi 6までの無線LAN規格と比べてどのような進化が見込めるのか。新たに登場する無線LANアクセスポイントと併せて紹介する。(2023/12/27)

iPhoneのテザリングが使えないときの対処法【前編】
いまさら聞けない「iPhoneのテザリング」を使う“お得な方法”とは?
モバイル回線を契約しているiPhoneがあれば、自宅や会社のネットワークが使えない時にテザリング機能で業務を継続できる。テザリング機能はどういうものなのか。操作方法も解説する。(2023/12/9)

日本企業のニーズにきめ細かく対応:
PR:中堅中小企業で深刻化するネットワーク管理やセキュリティ対応の課題、解決策とは?
中堅中小企業におけるネットワーク管理の悩みがますます深まっている。この状況の打開に貢献する、WAN、LAN、Wirelessを統合管理可能なネットワークソリューションが登場した。これは、特に日本の中堅中小企業におけるニーズに応えるべく開発された、クラウド管理サービスだ。(2023/12/18)

NokiaがWi-Fi 7製品を投入【後編】
Wi-Fi 7製品がやってくる 時代は「マルチギガビット」に突入?
「Wi-Fi 6」の後継である「Wi-Fi 7」の製品群をNokiaが発表した。2024年の前半に、実際に利用できる可能性がある。Nokiaの幹部や調査会社は、Nokiaの新製品発表をどのように見ているのか。(2023/12/7)

企業向けWi-Fiのヒント【第4回】
企業向けの「信頼できる無線LAN」を作るベストプラクティスはこれだ
無線LAN構築には幾つものポイントがある。まずは専門家に設計を依頼するといった基本的な内容を押さえよう。その後は、少しの手間で理想に近い無線LANを目指すことができる。(2023/11/3)

企業向けWi-Fiのヒント【第3回】
無線LANの「遅い」「つながらない」を生まないための“5つの鉄則”とは
企業向け無線LANの構築には幾つもの注意点がある。ユーザー企業の目線でどのような点に注意すればいいのか、基本的な内容を紹介する。(2023/10/27)

企業向けWi-Fiのヒント【第2回】
Wi-Fiユーザーが密集しても「無線LANの速度」が“激落ち”しないのはなぜ?
企業向け無線LANの構築には幾つもの注意点がある。まず重要なのは、Wi-Fiのネットワークとしての特徴を理解しておくことだ。Wi-Fiは混雑に弱いという特徴がある。それを克服する技術や工夫を紹介する。(2023/10/20)

企業向けWi-Fiのヒント【第1回】
同じWi-Fiでも「企業向けの無線LAN」が家庭用と同じではない理由
企業向け無線LANを適切に構築するには、幾つかの注意点がある。無線LANアクセスポイントを約7000台見てきたコンサルタントが、企業向け無線LANを適切に構築するためのヒントを紹介する。(2023/10/12)

無線LANと有線LANの消費電力【前編】
「無線LAN」と「有線LAN」はどちらが電力を食うのか? シナリオに分けて比較
ネットワークの分野では消費電力量削減への関心が強くなっている。一般的に無線LANは有線LANよりも消費電力量を抑制しやすいが、実際に削減できるかどうかは状況によって変わる。(2023/10/3)

ネットワークニュースフラッシュ
ポケモンカード制作会社が無線LAN管理に「Cisco Meraki」を選んだのはなぜ?
ポケモンカードゲームの制作を手掛けるクリーチャーズや、出版社のプレジデントの無線LAN導入事例、国内法人向けWANサービス市場の動向など、ネットワークに関する主要なニュースを紹介する。(2023/9/30)

TP-Link、コンセント埋込み型のWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント
ティーピーリンクジャパンは、壁面埋め込み型のWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント「EAP615-WE」を発表した。(2023/9/29)

オペレーターマネージドWi-Fiの未来【中編】
WBAが「マネージドWi-Fi」の推奨事項を公開した“真の狙い”とは
WBAは通信事業者向けに「オペレーターマネージドWi-Fi」(OMWi)のレファレンスアーキテクチャを作成した。このレファレンスアーキテクチャの制作には単なる知識やノウハウの共有以上の狙いがある。(2023/9/29)

無線LAN「8つの改善点」【第4回】
「無線LANアクセスポイント」をとことん安全にするセキュリティ改善方法
企業において利用が広がってきた無線LANは、便利だからこそ不正にも使われがちだ。無線LANの安全な利用を継続するためには、管理やAPの運用において何を変えればいいのか。(2023/9/19)

Android「テザリング」基礎ガイド【第2回】
実は複雑? Androidスマホ「テザリング」の厄介な注意点
モバイルデバイスの便利な機能「テザリング」には、使用時に注意が必要な点が幾つかある。具体的には何に注意すればよいのか。Android搭載のモバイルデバイスを例に、主な注意点を確認する。(2023/9/17)

無線LAN「8つの改善点」【第3回】
無線LANの「SSID」はなぜ複数ある? APのセキュリティ問題
無線LANの使い勝手やセキュリティは、利用する目的や場所によっても左右される。どうすれば無線LANの利用を少しでも改善できるのか。そのポイントを紹介する。(2023/9/12)

ネットギア、アウトドア施設などへの設置にも向くWi-Fi 6対応の無線LANアクセスポイント
ネットギアジャパンは、屋外設置に対応した法人向けのWi-Fi 6対応無線LANアクセスポイント「WAX610Y」を発表した。(2023/9/6)

無線LAN「8つの改善点」【第2回】
「無線LANアクセスポイント」の場所は“どこでもOK”じゃない 理想の方法は?
無線LANの使い勝手やセキュリティは、利用する目的や場所によっても左右される。どうすれば無線LANの利用を少しでも改善できるのか。そのポイントを紹介する。(2023/9/5)

Android「テザリング」基礎ガイド【第1回】
スマホで使える「テザリング」は何が便利で、何が危険なのか?
固定回線のトラブル時に役立つのが、モバイルデバイスで利用できる「テザリング」だ。テザリングは便利な一方で、利用の際に注意すべきこともある。テザリングの基本的な知識をおさらいしよう。(2023/9/3)

コロナ禍でも過去最高の売上を記録! 全米50州を1年掛けて行脚したアイコム 中岡社長が大切にするもの
新型コロナウイルスの5類感染症変更など、世の中の環境、経済状況や社会情勢が激変する昨今。続く円安や物価上昇の中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第7回はアイコムだ。(2023/8/29)

テザリングの基礎とトラブルシューティング【第3回】
スマホの「テザリング」が使えないときにまず確認すべきことは“これ”だ
外出先でもさまざまなデバイスでインターネットを使う手段として、スマートフォンのテザリングが役立つ。テザリングが何らかの原因で使えない場合、まず何をすればよいのか。(2023/8/29)

無線LAN「8つの改善点」【第1回】
「無線LANアクセスポイント」の“いいかげん”な設置はNGなのはなぜ?
無線LANはアクセスポイントの設置の仕方や、ネットワーク設計によってパフォーマンスやセキュリティに違いが生じる。より良い無線LANの利用体験を生み出すには、何を変えればいいのか。(2023/8/28)

無線LANの未来を形作るもの【後編】
「ネットワークスイッチ」はもう要らない? その理由とは
企業はネットワークスイッチを業務に不可欠のインフラとみなし、ネットワークスイッチへの投資を重視してきた。ただしその状況は変わりつつある。企業の考え方は、どのような影響を受けているのか。(2023/8/28)

テザリングの基礎とトラブルシューティング【第1回】
スマホを無線LANのAPにする「テザリング」とは? いまさら聞けないその仕組み
オフィス外など固定回線を利用できない場合に、PCでインターネットを使えるようにする手段として有効なのが、スマートフォンの「テザリング」だ。テザリングの仕組みや、役立つ用途をあらためて整理しよう。(2023/8/16)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第6回】
無線LANだらけの「オール無線化」を阻む“4つの課題”と解決策はこれだ
オフィスにおけるネットワークの主流が、有線LANから無線LANやモバイルネットワークに移りつつある。そうした無線ネットワークを企業が導入する上で障壁になり得る、4つの課題とは。(2023/8/15)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第3回】
無線LANを「W-Fi 6」(IEEE 802.11ax)にするのが“意外と難しい”のはなぜ?
無線LANを「Wi-Fi 5」準拠から「Wi-Fi 6」準拠に変更するのは、決して簡単ではない。Wi-Fi 6への切り替えを検討する際には、何に注意すべきなのか。(2023/8/5)

「中小ベンダーが大手の市場シェアを奪う絶好の機会」:
企業向け無線LAN市場は拡大傾向 カギは「Wi-Fi 7」「HaaS」
ABI Researchは、エンタープライズ無線LANインフラストラクチャの売り上げが2022年から2028年の間に年平均成長率9.7%を達成すると予測した。無線LANの市場規模は新技術の導入とともに拡大している。(2023/8/4)

「無線ネットワーク」を生かし切る【第2回】
無線LANなら「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)を使うべき“これだけの根拠”
有線LANから無線LANへの置き換えを進める際に、検討対象になり得るのが「Wi-Fi 6」準拠のネットワーク製品だ。Wi-Fi 6にこだわるべき理由は幾つかある。Wi-Fi 6の主な利点と懸念を整理しよう。(2023/8/2)

バッファロー、Wi-Fi 6に対応したエントリークラスの法人向け無線LANアクセスポイント
バッファローは、エントリークラスモデルとなる法人向け無線LANアクセスポイント「WAPS-AX4」を発表した。(2023/7/27)

Wi-Fi 6時代のモータースポーツ観戦【前編】
レース場に「Wi-Fi 6」が必須だったのはなぜ? ファン12万人向けの無線LAN
モータースポーツ統括団体NASCARは、観客のために5カ所のカーレース場に無線LAN規格「Wi-Fi 6」のネットワークを導入した。観客が帯域幅の広いネットワークを欲する理由とは。(2023/7/18)

「Wi-Fi 7」が話題を集める中、なぜバッファローは「Wi-Fi 6E」フラグシップルーターを発売するのか? 開発陣に聞く
バッファローがWi-Fi 6ルーターのフラグシップをモデルチェンジし、「Wi-Fi 6E」に対応した。次世代規格である「Wi-Fi 7」の足音が聞こえる中、あえてWi-Fi 6E対応としてリリースしたのはなぜなのだろうか。開発担当者に狙いを聞いた。(2023/6/16)

Dynabookが個人向け15.6型ノートPCの新モデルを発表 第13世代Coreプロセッサ搭載
Dynabookは、個人向けノートPCの新製品を発表した。計7機種の第13世代Coreプロセッサ採用15.6型ノートPCを、6月16日から順次発売する。【訂正】(2023/6/14)

9月から受注開始予定:
NECが「Wi-Fi 7」対応の法人向け無線LANアクセスポイントを発表 混雑の少ない6GHz帯で通信可能
NECは、最新規格の「Wi-Fi 7(IEEE 802.11be)」接続をサポートする法人向け無線LANアクセスポイント「UNIVERGE QX-W1240」を9月に発表した。(2023/6/12)

Wi-Fi 6とOpenRoamingで変わるイベント【前編】
OpenRoamingとは? オランダの国際展示場が採用した「公衆Wi-Fi」のメリット
オランダの国際展示場RAIコンベンションセンターは「Wi-Fi 6」と「OpenRoaming」を利用して、堅牢(けんろう)で快適なネットワーク環境を構築している。OpenRoamingとは何か。(2023/6/7)

メジャーリーグの名門がWi-Fi 6Eを導入【後編】
無線LAN「Wi-Fi 6E」が名門のメジャーリーグ球場にもたらした変化とは
高速性や大容量などの特性を持つ「Wi-Fi 6E」の無線LANと、拡張性のあるバックボーンを整備したオラクルパーク。スタジアムの観客やスタッフにもたらした変化とは。(2023/6/14)

ネットギア、Wi-Fi 6Eに対応した法人向けアクセスポイント
ネットギアジャパンは、Wi-Fi 6E接続をサポートした法人向けアクセスポイント「WAX630E」を発売した。(2023/5/31)

メジャーリーグの名門がWi-Fi 6Eを導入【前編】
メジャーリーグ球場が「Wi-Fi 6E」の無線LANを導入した理由
サンフランシスコジャイアンツは本拠地のスタジアムにさまざまな技術を導入している。それらを支えるネットワークには高速、大容量、信頼性、拡張性といった特性が求められる。そこで導入したのがWi-Fi 6Eだ。(2023/5/30)

ITワード365:
【クイズ】「スマートフォンなどを無線LANアクセスポイントにして、出先でゲーム機やパソコンなどをインターネットに接続可能にすること」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/11)

CIOに聞く「成長に向けたIT戦略」【第5回】
F1チームCIOが「AI技術を使って良かった」と満足する訳
F1出場チームのAston Martin F1は、ITを駆使する方針の一環で、ネットワーク運用におけるAI技術の活用を始めた。AI技術の活用によってどのような変化があったのか。CIOに聞いた。(2023/5/8)

バッファロー、Wi-Fi 6E対応の法人向け無線LANアクセスポイント
バッファローは、Wi-Fi 6E接続に対応した法人向け無線LANアクセスポイント「WAPM-AXETR」を発表した。(2023/4/5)

ネットギア、Wi-Fi 6に対応したビジネス向け無線LANアクセスポイント
ネットギアジャパンは、Wi-Fi 6接続をサポートしたビジネス向け無線LANアクセスポイント「WAX214」「WAX220」を発表した。(2023/3/10)

ネットギア、法人向けのWi-Fi 6対応アクセスポイント
ネットギアは、Wi-Fi 6接続に対応した法人向けアクセスポイント「WAX625」を発売する。(2023/1/31)

富士通株式会社提供Webキャスト:
高速な無線LAN環境を実現、セキュリティの不安を一掃するアクセスポイントとは
オフィスのフリーアドレス化など、無線LANを活用したビジネススタイルが増えている。しかし接続の問題やセキュリティの不安も多い。そこで、最新規格に対応したある無線LANアクセスポイントを紹介する。快適な通信環境構築のヒントとは?(2023/1/12)

富士通株式会社提供Webキャスト:
さまざまなインテリアに自然に調和、「形」と「光」に配慮した無線LAN機器
無線LANはこれからのビジネスに不可欠な存在だが、設置する機器のデザインによっては、インテリアの雰囲気を壊してしまいかねない。そこで登場したのが、さまざまなインテリアに自然に調和する、シンプルな無線LANアクセスポイントだ。(2022/12/22)

「OpenWiFi」とは何か【後編】
オープンソース無線LAN計画「OpenWiFi」から生まれた“すごい製品”とは?
無線LANの“オープンソース”化を目指すプロジェクト「OpenWiFi」に参画している企業の一社が、ネットワークベンダーのBoingo Wirelessだ。同社がプロジェクトの一環として開発した製品の“すごさ”とは。(2022/12/19)

「OpenWiFi」とは何か【前編】
無線LANを“オープンソース”化する「OpenWiFi」の正体とは?
特定のベンダーに依存せずに、無線ネットワークを構築できるようにする――。その理想を具現化するためのプロジェクトが「OpenWiFi」だ。その具体的な中身とは。(2022/12/9)

「Wi-Fiセンシング」とは【後編】
無線LANの革命的技術「Wi-Fiセンシング」が普及するための条件とは?
「Wi-Fiセンシング」はさまざまな組織に変革を起こす可能性を秘めている。ただしいくらすごい技術であっても、広く使われるようになるとは限らない。普及のためには何が必要なのか。(2022/12/6)

「VAIO SX12/SX14」「VAIO S15」の2022年モデルが「Wi-Fi 6E」に対応 ソフトウェア更新が必要
VAIOが発売した「VAIO SX12/SX14」「VAIO S15」の2022年モデルが、ソフトウェア更新によって「Wi-Fi 6E」に対応する。更新プログラムには無線LANドライバーの最新版の他、認証データを書き換えるためのUEFIアップデートも含まれている。(2022/11/29)

無線LANの将来を占う「5大要素」【第2回】
無線LANの宣伝文句を“信じてはいけない”のか?
無線LANは確実に性能が高まってきているが、ベンダー各社が強調するほど“素晴らしい技術”でもない可能性がある。無線LANの真実とは。(2022/11/25)

NEWS
パナソニック コネクト、「Wi-Fi 6」の業務用無線LANアクセスポイントを提供
パナソニック コネクトが、オフィスや店舗、工場などにおいて業務用として利用できる無線LANアクセスポイントの「Wi-Fi 6」準拠品を提供開始する。(2022/11/21)

無線LANの将来を占う「5大要素」【第1回】
無線LANのコストはなぜ上がり続けるのか
企業の業務に欠かせない無線LANは大きく進化してきたが、さまざまな課題も残っている。無線LANは今後、どうなるのか。その将来を占う。(2022/11/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.