• 関連の記事

タイムズのカーシェア、アプリでドアを解施錠できる機能をAndroid版にも追加
iOS版で先行提供していた機能です。(2022/6/30)

iPhone⇔Androidで「LINE」のトーク履歴引き継ぎが可能に でもどうして“直近14日間”限定?
LINEアプリの最新バージョンによって、LINEアプリがプラットフォームをまたがるトーク履歴の引き継ぎに対応した。しかし「直近14日間」という制限があり、完全なトーク履歴を引き継ぐにはプラットフォームを同じにせざるを得ない状況に変わりはない。なぜ、こうなってしまったのだろうか?【追記】(2022/6/29)

「iPhone⇔Android」でも引き継ぎOK! LINEアプリに直近14日以内のトークを自動で継承する機能
iPhoneとAndroidスマホ――LINEアプリでは異なるプラットフォーム間の機種変更でトーク履歴を一切引き継げないという大きな問題があった。しかし、最新版であれば、直近14日以内であれば異なるプラットフォーム間での機種変更でもトーク履歴を引き継げるようになる。【追記/修正】(2022/6/28)

LINEのトーク履歴、iPhoneとAndroidスマホ間で引き継ぎ可能に ただし直近14日間限定
LINEの新アップデートをとして、QRコードを使ってアカウントを移行できる「かんたん引き継ぎQRコード」が実装された。併せて、直近14日間に限り、iOSとAndroidをまたいだトーク移行が可能になった。(2022/6/28)

最新アプリが必要:
Y!mobileとLINEMOで「+メッセージ」が利用可能に ソフトバンク回線のMVNOサービスも対応
ソフトバンクにおける「+メッセージ」が、Y!mobile/LINEMOブランドと同社回線を利用するMVNOサービスでも利用できるようになった。新たに対応するブランドにおいて+メッセージを利用したい場合は、スマートフォンに最新版のアプリをインストール(更新)する必要がある。(2022/6/28)

Google、一般向け「ハングアウト」も11月に完全終了へ
Googleが2013年に提供を開始したチャットサービス「Hangout(ハングアウト)」を11月に完全に終了すると発表した。段階的にハングアウトユーザーに「Google Chat」への移行を告知する。11月には自動的に移行される見込み。(2022/6/28)

子どもとスマホの付き合い方:
子どものAndroidスマホを見守る方法 「ファミリーリンク」を使いこなそう
お子さんのスマホがAndroidの場合、Googleが提供する「ファミリーリンク」アプリで保護できます。ファミリーリンクは親と子どものアカウントを結び付け、親のスマホから子どものスマホを見守ることができます。(2022/6/27)

詳しい人でもだまされる? スマホを狙った「フィッシング詐欺」の手口と対策
スマホには毎日大量のメールが届く。その中にはフィッシングメールも含まれていて、実害が出かねない。これらの実例を踏まえた対策を紹介する。(2022/6/26)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第11回):
“視線で話す”アプリ「Look to Speak」 発話が不自由な人のコミュニケーションを支援 使い勝手は?
発話が不自由な人のコミュニケーションを支援するGoogleのアプリが「Look to Speak」だ。スマホで発音したいフレーズを視線で選ぶため、身体が不自由な人でも使える。使い勝手を試してみた。(2022/6/25)

Twitter、字幕のオン/オフ切り替えボタンの一般提供開始
Twitterは動画投稿の字幕の表示/非表示を切り替えるボタンの提供をロールアウトした。4月からテストしてきたものだ。iOSおよびAndroidアプリで利用できる。(2022/6/24)

ビジネス向け「Windows 11」の“いろは”【第2回】
「Windows 11」は優秀なOSなのか? セキュリティと業務効率で問う
PCのOSは、エンドユーザーの業務に大きな影響を与える要素だ。IT管理者は、「Windows 11」が業務効率にどう影響するのかだけではなく、セキュリティにどう影響するのかも含めて検討する必要がある。(2022/6/24)

漫画『宝石の国』が“10000分限定”で全話無料公開 6月24日0時から30日20時40分まで
連載再開は『月刊アフタヌーン』8月号から。(2022/6/23)

集英社のマンガで英語を学べるアプリ登場 「鬼滅の刃」「SPY×FAMILY」「ONE PIECE」など30作品以上
マンガ特化のAI翻訳技術を手掛けるMantraは、マンガ作品で英語の多読学習ができるアプリ「Langaku」を公開した。漫画作品には集英社が協力しており、30作品をラインアップする。(2022/6/22)

Microsoft、iPhone/iPad用セキュリティアプリに進出 「Microsoft Defender for iOS」リリース macOS、Android向けも
Microsoftが個人向けMicrosoft Defenderで、iOS、macOS、Android向けアプリ提供を始めた。(2022/6/17)

本が買えなくなったAndroid版「Kindle」アプリでこれまで通りに本を買う方法
Androidの「Kindle」アプリで、本が購入できなくなったことが、先日大きな話題になった。もっとも現時点ではこれには抜け道がある。それはGoogle Playストア版ではなく、Amazonアプリストア版の「Kindle」アプリを利用するというものだ。(2022/6/15)

写真の顔を自動検出して隠してくれるアプリ「顔隠し」
KICONIA WORKは、iOS/Androidアプリ「顔隠しアプリ」をリリース。AIが画像の顔を自動検出し、直感的な操作でプライバシーを保護できる。(2022/6/15)

Twitterアプリ、「ブックマーク」と「リンクをコピー」の位置が逆に 意図せぬブックマークを削除するには
Twitterのモバイルアプリの「ブックマーク」と「リンクをコピー」のボタン位置が逆になった。使い慣れていたユーザーから「なぜ?」の声が。(2022/6/15)

VR:
ショベルカー操作シミュレーションアプリが10万ダウンロード
トライアローのショベルカー操作シミュレーションアプリ「重機でGo」が、10万ダウンロードに到達した。操作訓練や安全教育に加えて、一般向けの建設現場での見学会やイベントに活用されている。(2022/6/14)

スマホ決済Tips:
PayPayの決済音「ペイペイ!」がうるさい 消すことはできる?
「PayPayの決済音がうるさい」――。そう感じたことはないだろうか。コード決済サービスPayPayで買い物をすると、決済時に「ペイペイ!」と音がなり、決済完了を知らせてくれる。この音を消せるのか、調べてみた。(2022/6/14)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 6s」「iPhone 7」「iPhone SE(第1世代)」にお疲れ様を
(2022/6/11)

クロスプラットフォーム開発の動向を解説:
FlutterとReact Native、どちらに勢いがあるのか そしてDartは
調査会社のRedMonkはオープンソースフレームワーク「Flutter」の動向を分析、解説した。Googleが後押しするFlutterが、Metaが率いる「React Native」よりもクロスプラットフォーム開発で好まれているという。これがFlutterのベースとなっている「Dart」言語の伸びにもつながっていると分析した。(2022/6/10)

Google、Chromeブラウザの機械学習採用機能を紹介 うるさい通知のブロックなど
GoogleがChromeブラウザの機械学習採用の新機能を紹介。通知許可プロンプトをユーザーの履歴からブロックするかどうか判断する機能や、Android版で適切なツールアイコンを表示する機能などだ。(2022/6/10)

Android版「Amazon」「Kindle」アプリで電子書籍の購入が不可に Googleのポリシー変更は受け入れられる?
Android版の「Amazon」アプリや「Kindle」アプリから電子書籍の購入ができなくなりました。Googleが、Google Playで配布する全てのアプリは、Google Playの課金システムを利用しなければならないとGoogle Playのポリシー改定したため。一方で、サードパーティーの課金システムを利用するテストも行っています。(2022/6/5)

iOS版「Google Play ムービー& TV」アプリも「Google TV」アプリに改称 スマホのリモコン化も可能に
GoogleはiOSアプリ「Google Play ムービー& TV」を「Google TV」に改称し、新機能を追加した。Androidアプリも更新し、スマートフォンをスマートテレビやChromecast接続テレビのリモコンとして使えるようになった。(2022/6/2)

「Kindle」Androidアプリ、電子書籍の購入が不可に Google Playのポリシー変更で
アマゾンジャパンが、同社の電子書籍サービス「Kindle」で、Androidアプリ内での電子書籍の購入が6月1日からできなくなったとアナウンスしている。理由は「Google Play Storeのポリシーのアップデートに準拠するため」と説明している。(2022/6/1)

Android版でもKindle書籍購入が不可能に Googleのポリシー変更で
AmazonのAndroid版「Kindle」アプリはバージョン8.58からアプリ内での電子書籍購入ができなくなった。「Google Playストアのポリシーに準拠するためのものです」という告知が表示される。iPhoneでは2011年から購入できていない。(2022/6/1)

Chromebook、低機能なUSBケーブルをつなぐと警告する新機能 「手書きメモ」アプリも追加
Googleは「Chrome OS」のバージョン102へのアップデートを公開した。Chromebookに低機能なUSBケーブルをつなぐと警告する機能が追加された。「手書きメモ」アプリがほとんどのスタイラス対応端末にプリインストールされる。(2022/5/30)

Windows 11向け「Amazonアプリストア」のプレビュー版が2022年内に日本上陸 Androidアプリが使えるように
Windows 11向け「Amazonアプリストア」が、2022年内に日本でもプレビュー提供されることになった。これにより、同ストアに公開されたAndroidアプリをWindows 11上で実行できるようになる。(2022/5/25)

「Windows 11でAndroidアプリ」が年内に日本へ ただしGoogle Playには非対応
Microsoftは25日、Windows 11上でAndroidアプリを動作させる機能「Windows Subsystem for Android(WSA)」のプレビュー版の提供国を、年内に日本を含む6か国に拡大する。(2022/5/25)

「Windows 11でAndroidアプリ」日本でも可能に
Microsoftは「Windows 11」でAndroidアプリを使えるようにする機能を日本を含む5カ国で年内に提供する。現在は米国でのみプレビュー中だ。Microsoft Store内のAmazonアプリストア経由で数千のアプリやゲームをダウンロードできるようになる。(2022/5/25)

パパやママそっくりの音声で読み聞かせできるスピーカー タカラトミーから「coemo(コエモ)」が9月下旬発売
「タカラトミーモール」で6月14日から予約受付スタート。(2022/5/24)

小寺信良のIT大作戦:
「iPhoneにサイドローディングさせろ」を国が言うのは妥当か
「モバイル・エコシステムに関する競争評価 中間報告」で、サイドローディングを許容する義務を法によって課すことが検討課題されている。この問題を小寺信良さんが解説。(2022/5/24)

Innovative Tech:
近くの“悪用AirTag”を自動で発見するAndroidアプリ バックグラウンドでも検知可能
ドイツのTU Darmstadtの研究チームは、Apple以外のスマートフォン向けに、自分のもの以外のAirTagやFind My対応トラッカーが近くにあった場合に自動で検出してくれるAndroidアプリを開発した。(2022/5/24)

.NET 6移行入門(4):
Windowsフォーム、ASP.NET、iOS、Android、Azure Functions――.NET 6で新規開発、移行できるアプリの技術まとめ
.NET 6の現状を把握し、具体的な移行方法を学ぶ連載。今回は、.NET 6で新規開発、移行できるアプリの技術についてまとめる。(2022/5/26)

親の声で「読み聞かせ」するAI音声合成スピーカー、タカラトミーが発売 複数の声で配役も
タカラトミーは親の声を合成音声にして子どもに童話などを読み聞かせるAIスピーカー「coemo(コエモ)」を発表した。(2022/5/23)

Wear OS版YouTube Musicアプリ、モバイル接続対応で単体ストリーミングが可能に
GoogleのスマートウォッチOS「Wear OS」版の「YouTube Music」アプリがモバイル接続あるいはWi-Fi経由の音楽ストリーミングに対応した。スマートフォンなしでスマートウォッチ単体でストリーミングできる。ただしサブスク加入が必要だ。(2022/5/18)

組み込み開発ニュース:
準天頂衛星の補正情報を用いたAndroid向け衛星測位ソフトウェアを販売開始
NECソリューションイノベータは、MADOCAによる補正情報を用いる「NEC高精度衛星測位ソフトウェア」を開発した。第1弾として、Androidアプリケーション向けのアプリケーションライブラリ版の販売を開始する。(2022/5/18)

「Flutter 3」発表 macOS・Linux向け開発に対応 ゲーム開発用のツールキットも公開
米Googleがオープンソースのアプリ開発SDK「Flutter」の最新バージョン「Flutter 3」を発表した。新たにmacOSとLinuxアプリの開発を安定版としてサポートする。(2022/5/12)

Synology、Wi-Fi 6対応の多機能無線LANルーター「RT6600ax」
アスクは、Synology製となるWi-Fi 6対応無線LANルーター「RT6600ax」の取り扱いを開始する。(2022/5/12)

Androidで「電子書籍アプリから電子書籍が買えなくなる動き」が広がる Google Playのレギュレーション変更で
Google Playのレギュレーション変更が理由とのこと。(2022/5/10)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【5月8日最新版】 最大100%還元でお得に
2022年5月8日〜16日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは最大全額還元の「ペイペイジャンボ」を実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイとUber Eatsの連携に伴うキャンペーンでは、注文金額の最大20%が付与される。(2022/5/8)

「Sonos Beam(Gen2)」で自宅のサウンド環境を手軽にグレードアップ! ビデオ会議にも使える?
各社からサウンドバーが相次いで登場している。Sonosの「Sonos Beam(Gen2)」は、TVのサウンドを迫力ある物にするだけでなく、Dolby Atmos対応コンテンツで立体サウンドを満喫することも可能だ。(2022/5/6)

「救急外来に行くべき?」と迷ったときに 消防庁の診断アプリ「Q助」が役立ちそう
判断に迷ったときの参考に。(2022/5/3)

PR:Wi-Fi 6対応で簡単に無線エリアを拡大! TP-Linkの高速メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」をおススメする理由
TP-Linkの最新メッシュWi-Fiルーター「Deco X50」は、高速無線LANのWi-Fi 6への対応はもちろん、難しい知識なしで簡単にWi-Fiのエリアを広げることができる優れものだ。通信テストを交えつつ、その実力をチェックしていこう。(2022/5/2)

スマホ決済4月のキャンペーンまとめ【5月1日最新版】 最大30%や全額還元を見逃すな!
2022年5月1日〜9日のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2000円(税込み、以下同)以上の買物で最大半額が当たるキャンペーンを実施。タクシーアプリ「GO」でのd払い決済で20%還元も続く。楽天ペイとUber Eatsの連携に伴うキャンペーンでは、注文金額の最大20%が付与される。(2022/5/1)

月額600円/年額5400円で対象Androidアプリが使い放題に 「Google Play Pass」提供開始
Googleは、数百のゲーム/アプリが使い放題になる「Google Play Pass」を提供開始。1カ月の無料トライアル後に月額600円/年額5400円(税込み)で利用でき、最大5人のファミリーメンバーと共有できる。(2022/4/28)

「スマホOSの寡占」問題 政府の思惑は「日本独自OS」を作ることではない
日本政府が、スマートフォン用OSの寡占状態を懸念している。そこから、「日本政府が独自OSを欲している」との解釈も広がっている。結論からいうとその解釈は正しくない。(2022/4/28)

PR:世界中で急速に普及中の「Chromebook」 ソフトバンク×レノボでおトクにデビューしよう!
ソフトバンクがレノボ・ジャパンとタッグを組んで「Lenovo 300e Chromebook Gen 3(Cellularモデル)」の販売を開始した。そもそも、Chromebookとはどのようなものなのか。そして、このモデルのメリットはどこにあるのか、徹底的にチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2022/4/28)

PS4とスマホでも「nasne」のニコニコ実況連携機能が復活
バッファローは25日、ネットワークレコーダー「nasne」の「ニコニコ実況連携機能」がPS4とスマートフォン/タブレット(iOS、Android)に対応したと発表した。3月のPS5版に続いてアプリをアップデート。(2022/4/25)

長期休館中の江戸東京博物館がスマホアプリ「ハイパー江戸博」をリリース 江戸の庶民の暮らしをゲームで追体験しよう
博物館とゲーム制作会社が共同開発するのは国内初。(2022/4/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.