「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

新たな買い物体験を提供:
イオンのセルフレジ「レジゴー」300店舗を突破 導入店の利用率は?
イオンリテールは、セルフレジ「レジゴー」の導入店舗が2024年6月に300店舗を突破したと発表した。イオン公式アプリ「iAEON」との連携も予定しているという。(2024/7/22)

不動産テック:
マンション入居者向けアプリで、ChatGPTを用いたFAQ機能が75カ国語対応
アンビションDXホールディングスが提供するマンション入居者DXアプリ「AMBITION Me」のChatGPTを用いたFAQ機能が、75カ国の言語に対応した。言語の壁を取り除き、ユーザーが自分の言語でFAQを閲覧できるようになる。(2024/7/22)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Windows 11のフォトアプリ、Microsoft Designer連携を強化/Geminiの「Google Workspace」拡張機能オープンβとして利用可能に
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、7月7日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/7/21)

石野純也のMobile Eye:
「iOS 18」のパブリックβを試す ホーム画面のカスタマイズ性が大幅に向上、RCSは現時点では非対応か
7月17日に配信が始まったiOS 18のパブリックβを試した。ホーム画面にカスタマイズ性が高まり、アプリやウィジェットの並び替えが自由になった。Apple Intelligenceへの対応は2025年だが、AIを使った一部の機能はきちんと実装されている。(2024/7/20)

Yahoo! JAPANアプリに「トレンド」機能、世の中の話題を即チェック 最大10万ポイントが当たるチャンスも
「Yahoo! JAPAN」アプリは、下部ナビゲーションへ「トレンド」を新設。検索急上昇ワードを表示し、盛り上がりを視覚的に把握できるグラフや関連ニュースをはじめ「なぜ、どのように話題になっているか」を知ることができる。(2024/7/19)

OpenAI、軽量で安価なマルチモーダルAI「GPT-4o mini」リリース
OpenAIは、軽量で安価なマルチモーダルAIR「GPT-4o mini」をリリースした。アプリ開発者向けのAPIは従来のハイエンドモデルより1桁安く、GPT-3.5 Turboよりも高性能としている。(2024/7/19)

安全衛生:
熱中症ゼロの継続を目指す大東建託のIT活用 ウェアラブル端末や独自アプリを導入
大東建託は、施工現場での熱中症対策に取り組んでおり、2020年以降の熱中症重症化件数はゼロとなっている。主な対策としては、ライブカメラの設置をはじめ、現場の情報共有が可能な「匠アプリ」導入、熱中症指数計の全施工現場への配備など。(2024/7/18)

「店舗アプリ」があると4割強が来店増 インストールのきっかけは?
店舗アプリによって「その企業の店舗に来店したり、商品を購入したりする頻度が増えた」とした人は40.4%に上ったことが、Reproによる調査で明らかとなった。ユーザーがアプリをインストールするきっかけとは。(2024/7/18)

AI搭載デザインツール「Microsoft Designer」のiOSとAndroidアプリが正式版に
MicrosoftはOpenAIの「DALL・E」ベースのAIデザインツール「Microsoft Designer」のiOSおよびAndroidアプリを正式版にしたと発表した。日本語もサポートする。写真の背景削除や写真からアバターを生成する機能などがある。(2024/7/18)

無料で利用できる「Free版」も用意:
GPT-4oなど生成AIをIoTアプリに組み込めるローコード開発サービス ソラコムが提供開始
ソラコムは、IoTアプリケーション向けローコード開発サービス「SORACOM Flux」の提供を開始した。同社は「機器から取得したデータや画像データと、生成AIによる分析、意思決定を組み合わせたアプリケーションを開発できる」としている。(2024/7/18)

Webアプリ実装で学ぶ、現場で役立つRust入門(10):
RustとDioxusで投稿アプリのSPAに新規投稿機能を実装しよう
第10回では、第9回に引き続き、投稿アプリSPAの機能を拡張していきます。第10回では、新規投稿のコードを通じて、Dioxusの状態管理やイベントハンドラの理解を進めます。(2024/7/18)

安全衛生:
清水建設の河川工事で気象予報アプリ「ウェザーニュース」導入 大雨の河川増水を事前に察知
清水建設の河川工事で、ウェザーニューズのお天気アプリをビジネス向けに拡張した「ウェザーニュース for business」が導入された。最新の気象情報をもとに河川に降り注ぐ雨量増加やゲリラ雷雨、線状降水帯などの危険性をアラート通知で知らせるため、退避などの安全措置の時間確保が可能にになる。(2024/7/17)

「駅すぱあと」アプリ、バスのリアルタイム遅延情報を表示
ヴァル研究所のアプリ「駅すぱあと」にて、バス事業者12社局のリアルタイム運行情報の提供を提供開始。経路検索結果と時刻表機能で確認でき、バスの運行に遅れている場合は「遅延時分」と「発車/到着見込み時刻」が表示される。(2024/7/17)

チャットAI「Claude」にAndroid版
米Anthropicが、生成AIチャット「Claude」のAndroidアプリ版を公開した。(2024/7/17)

製造業IoT:
生成AIでIoTアプリをローコード開発、ソラコムが無償提供
ソラコムは、生成AIを用いてIoTアプリケーションをローコードで開発できるツール「SORACOM Flux」の提供を始めると発表した。同社サービスのアカウントを持つユーザーが全て利用可能な無償のFreeプランから提供を開始する。(2024/7/17)

セキュリティニュースアラート:
ゼロデイ攻撃のPoCコード公開からわずか22分で悪用も Cloudflare調査レポート
Cloudflareはアプリケーションセキュリティレポート「State of Application Security in 2024」を公開した。同レポートでは、ゼロデイ攻撃のPoCコード公開からわずか22分で悪用されたケースが取り上げられている。(2024/7/17)

技術者向け、生成AIベースのサービス:
AWS、自然言語を使ってエンタープライズアプリを作成できる「AWS App Studio」を発表
Amazon Web Services(AWS)は、自然言語を使ってエンタープライズグレードのアプリケーションを作成できる生成AIベースのサービス「AWS App Studio」(プレビュー版)を発表した。(2024/7/17)

Xの動画「勝手に次も再生される」を防ぐ裏ワザ
iOS版Xアプリで、動画コンテンツをタップしてから見ると、YouTubeやTikTokのように“次の動画も勝手に再生”されるようになった。回避する方法は。(2024/7/16)

「パズル&ドラゴンズ」Amazonアプリストア版がサービス終了へ
ガンホー・オンライン・エンターテイメントは16日、パズルゲーム「パズル&ドラゴンズ」のAmazonアプリストア版を10月にサービス終了すると発表した。(2024/7/16)

スタバ、iPhoneなら会員登録・アプリなしでモバイルオーダー可能に 全国に拡大
Phoneユーザーであれば、スターバックスのモバイルオーダーが会員登録や専用アプリのインストールなしに利用可能になる。スターバックス コーヒー ジャパンが、5月から導入していた米Appleの「App Clip」によるサービスを拡大する。(2024/7/16)

日本コカ・コーラやサントリー、「ファミペイ」に専用ページ開設へ ファミマ幹部が語った狙いは?
ファミリーマートは7月16日、自社アプリ「ファミペイ」において「Digital Partnership Program」を開始すると発表した。どういった内容なのか。(2024/7/16)

AWS、生成AIへのプロンプトで業務アプリが作れる「AWS App Studio」プレビュー公開 開発スキルがなくてもOK
米Amazon Web Services(AWS)は、生成AIに自然言語で作りたい業務アプリを説明すると、自動的に業務アプリの開発が行われる新サービス「AWS App Studio」をプレビュー公開しました。(2024/7/16)

混入した異物をAIで分析 アプリを群馬県職員が開発 食品工場のコスト削減に貢献
従来は混入を確認しても、その特定に多大な時間や労力がかかっており、アプリはそうしたコストを大幅に低減できるという。(2024/7/16)

人工知能ニュース:
エッジAIアプリケーション開発に寄与するソフト&ツール統合セットを提供開始
STマイクロエレクトロニクスは、エッジAIアプリケーション開発に寄与する包括的なソフトウェア&ツール統合セット「ST Edge AI Suite」の提供を開始した。ユーザーのワークフローを最適化する。(2024/7/16)

世界の電子決済アプリが1つにつながるか 電子マネー・プラットフォームの覇権を狙う
米TBCASoftは通貨が異なっても世界中でQRコード決済ができるプラットフォーム「HIVEX」を開発した。Ling Wu創業者兼CEOに開発の意図と、事業展開について聞いた。(2024/7/16)

「忍者戦隊カクレンジャー」から30年、出演キャストの現在 30年越し新作で懐かしの面々が再集結
30年ぶりの新作「第三部・中年奮闘編」がアプリで配信されます。(2024/7/14)

Android Studio内のデザインをAIでコード変換、修正:
Google AI StudioとGeminiを使ってデザインをコード化 Googleが紹介した3つの活用法
GoogleはGoogle AI StudioとGeminiを使い、Android Studio内でアプリのデザインをコードに変換する方法を公式ブログで紹介した。本記事ではそこで紹介されたGoogle AI StudioとGeminiを活用する3つの方法を紹介する。(2024/7/13)

Apple PayではEUの罰金回避 欧州でのNFCアクセス開放で
欧州委員会は、Apple Payに関するAppleからの提案を受け入れ、4年間の捜査を終了したと発表した。Appleは欧州圏でNFC技術をサードパーティに開放すると約束した。欧州のユーザーはAppe Pay以外のアプリをウォレットに設定できるようになる。(2024/7/12)

マイクロサービスか、モノリスか? 選ぶ際のポイント:
マイクロサービスアーキテクチャを検討する際に考慮すべき4つの課題
アプリケーションの設計者や開発者は、マイクロサービスが常に優れた選択肢だと仮定するのではなく、マイクロサービスとモノリスを慎重に選ぶ必要がある。アプリケーションのアーキテクチャを決める際に考慮すべきポイントを整理する。(2024/7/12)

悪質マルチ「プレジデント」 マッチングアプリ通じ若者から大金吸い上げ
悪質な勧誘を行うマルチ商法として業務禁止命令を受けたにもかかわらず、同様の勧誘行為を行ったなどとして、警視庁生活経済課が、特定商取引法違反(業務禁止命令違反)の疑いで逮捕した「President」元社長の坂本新容疑者(30)らは、ビジネススクールに若者らを引き込んでいた。(2024/7/11)

Galaxy、iOSからLINEの全トーク履歴が移行可能に 「Smart Switch」アップデートで
サムスン電子は、Galaxyデータ移行アプリ「Smart Switch」をアップデート。これまでLINEのトーク履歴は直近14日間のデータしか転送できなかったが、15日以上前の全トーク履歴が移行可能になる。(2024/7/11)

アーキテクチャの概要、ユースケースとは?:
Microsoft、ブラウザでAI推論が可能になる「WebNN」を解説 「次世代のWeb開発において重要な役割を果たす」
Microsoftは公式ブログで、Webアプリケーションでニューラルネットワーク推論タスクを効率的に実行できるJavaScript APIである「WebNN」の概要やアーキテクチャ、メリットなどを解説した。(2024/7/11)

製造IT導入事例:
日立建機、大規模基幹業務システム基盤を「Oracle Cloud」に移行
日本オラクルの「Oracle Cloud Infrastructure」が、日立建機の基幹業務システム基盤に採用された。オンプレミスのアプリケーションサーバ、データベースをクラウドに移行する。(2024/7/11)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
TypeScriptとJavaScriptの違いとは? いまさら聞けない両者の“深い関係”
「JavaScript」と「TypeScript」は、Webアプリケーション開発に欠かせないコンピュータ言語だ。それぞれの特徴をあらためて整理し、両者の関係や違いを明らかにする。(2024/7/11)

「あまりに面白すぎる」 集めた牌で“あるもの”を作る変則麻雀が理外の発想……! 「やりたい」「アプリで欲しい」
麻雀の腕前以前に地理の知識が問われる……!(2024/7/13)

「HUE」がMicrosoft Copilotと連携 “現場の負荷を軽減する”新機能の全貌を聞いた
ワークスアプリケーションズは2024年7月8日、同社が提供しているERP「HUE」とMicrosoftが提供しているAIアシスタント「Microsoft Copilot」の連携による新機能を、同年7月に開始したと発表した。(2024/7/10)

複合的な質問に回答できない、などの課題に対応:
RAG実装時に「あったらいいな」をそろえた多機能アプリ デロイト トーマツ コンサルティングが開発
デロイト トーマツ コンサルティングは、RAGの利便性や精度を高める複数技術を実装したアプリケーションを開発した。検索精度向上のための機能や、大規模言語モデル(LLM)の回答分野拡張のための機能、回答精度向上のための機能を備える。(2024/7/10)

「塩漬け」では立ち行かない基幹システム問題:
PR:安定稼働とデータ活用を見据えたSAPモダナイズはどうあるべきか
キンドリルがSAPシステムのモダナイズや運用支援を本格化させている。自らが約2年でモダナイズを成功させた経験を基に、日本企業固有の問題を含む移行の障壁の解消とモダンなアプリケーション運用を提案している。(2024/7/4)

サーバ統合を進める2つの方法【後編】
「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?
サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。(2024/7/10)

Apple DockKit対応のポケットサイズジンバル「Insta360 Flow Pro」登場 純正カメラアプリでも高機能
Apple DockKitに対応した「Insta360 Flow Pro」が登場した。Apple DockKitに対応しており、iPhone純正カメラアプリやサードパーティー製アプリと連携できる。(2024/7/9)

詐欺によく使われる決済方法 米FTCが調査 結果は……?
米連邦取引委員会(FTC)は5月、消費者が詐欺師に対して支払いを行う際に使用された決済アプリやサービスに関する統計を始めて公開し、その使用頻度を明らかにした。この統計は消費者からの詐欺報告に基づいており、FTCのWebサイトで発表された。(2024/7/9)

Fitbit、Web版ダッシュボード提供終了へ 今後はアプリで確認を
Google傘下のFitbitは、Fitbit端末と同期して歩数や睡眠時間などをPCで確認できるWeb版ダッシュボードの提供を7月に終了する。各種データはモバイルアプリで確認できるとしている。(2024/7/9)

AI:
ザクティの遠隔支援ソリューションにAIモザイク機能を追加
ザクティは、遠隔支援ソリューション内のアプリケーションサービス「Xacti Booster Package」に「AIモザイク機能」を追加した「顔モザイク」や「背景ぼかし」を備えている。(2024/7/9)

楽天モバイルが「迷惑電話・SMS対策 by Whoscall」提供 月額330円
詐欺対策アプリ「Whoscall」を提供するWhoscallは、楽天モバイルと提携。詐欺などの迷惑電話やSMS対策強化のため、楽天モバイルユーザーへ「迷惑電話・SMS対策 by Whoscall」を提供開始した。(2024/7/9)

Apple、LINE公式アカウントを開設 製品情報やサポートの入り口に オリジナル壁紙も配布
Apple JapanはLINE公式アカウントを開設した。国内で約9500万人以上が利用するLINEアプリからAppleの情報を確認できる。同アカウントでは製品に関する情報を発信する他、注文商品の確認や購入相談などを行える。(2024/7/9)

ライドシェア 配車アプリの陣営図が明確に ニューモはタクシー会社買収し今月サービスへ
4月に日本で始まった、一般ドライバーが有償で乗客を送迎するライドシェア事業で、サービスを提供する配車アプリの陣営図が明確になってきた。(2024/7/9)

ワークプレース:
オフィス家具をIoT化、イトーキのオフィス運用コンサルを高度化へ RFルーカスに出資
イトーキは、RFIDのロケーションテック企業RFルーカスに出資した。RFルーカスが提供するRFID位置特定技術を活用してオフィス家具をIoT化するとともに、家具の所在を迅速に把握できるアプリケーション「Office Asset Finder(仮称)」を共同開発し、高度なアセットマネジメントを支援する新サービスの実現を目指す。(2024/7/9)

健康管理アプリ「あすけん」、小中学生に無料アカウント発行へ 夏休み期間限定で
健康管理アプリ「あすけん」を手掛けるaskenが、小中学生向けにあすけんの無料アカウントを発行すると発表した。(2024/7/8)

「ゲオ スマホ査定アプリ」提供 中古スマホの買い取り価格が分かる
ゲオは、中古スマホ買取サービスの一環として「ゲオ スマホ査定アプリ」をリリース。自身で機種名や型番を調べるなどの手間をかけず、参考価格ではなくゲオ店舗での買い取り価格が分かる。(2024/7/8)

楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適
楽天グループは第27期株主優待として、楽天モバイルの「音声+データ30GB/月」プランを1年間無料で利用可能な回線を配布しました。届いた日からおよそ1年間の間、毎月30GBのデータ通信とRakuten Link Officeアプリ経由での無料電話が可能な楽天モバイルの回線となっています。この株主優待専用回線を使う機会があったので、実際の使用感をレポートしていきます。(2024/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.