「アプリケーション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

オミクロン株の感染拡大で:
PayPayほけん、加入者急増 「コロナ見舞金」好評
「PayPay」のアプリ上で保険を販売する「PayPayほけん」が好調だ。サービス開始以降の最多記録を更新した。「オミクロン株」の感染が拡大する中、新型コロナの感染時に一時金を支払う「コロナ見舞金」が好評だという。(2022/1/17)

ワンセグ非搭載のスマホでテレビを見るには? 外付けチューナーと視聴アプリを紹介
かつて国内メーカーでは多くのスマホがワンセグを搭載していたが、2021年に発売されたスマートフォンではどの端末も搭載しなかった「ワンセグ」。では今、スマホでテレビを見たいときはどんな手段があるのか。「外付けテレビチューナー」「番組視聴アプリ」の2つを調べた。(2022/1/17)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【前編】
クラウドにアプリ8割移行の空港が明かす「オンプレミスに残すアプリ」とは
英ベルファスト・シティー空港は、アプリケーションの大半をクラウドサービスで稼働させる見通しだ。ただし一部はオンプレミスインフラに残すという。同空港のIT幹部にクラウド移行の道筋を聞く。(2022/1/17)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【後編】
脱炭素化だけじゃない Siemens Energyが「GCP」を選んだ“もう一つの理由”
エネルギー企業のSiemens Energyは脱炭素化のために、オンプレミスインフラで稼働するアプリケーションやデータの「GCP」への移行を進めている。同社がGCPを選んだ理由は脱炭素化だけではない。他の理由は何か。(2022/1/17)

東京ディズニーリゾートが園内でのお菓子・食品類販売を再開 1月17日から一部のパーク内店舗で
12月14日から公式アプリのみでの販売になっていました。(2022/1/14)

コンテナイメージも自動で作成:
コンテナ環境の管理を効率化 VMwareが「VMware Tanzu Application Platform 1.0」を提供開始
VMwareは、「VMware Tanzu Application Platform 1.0」の提供を開始した。Kubernetesを利用したコンテナ環境で、コンテナアプリケーションの開発や展開を効率化する。主要なKubernetesディストリビューションに対応する。(2022/1/14)

メインメモリとキャッシュメモリはどう違うのか【中編】
いまさら聞けない「キャッシュメモリ」の基礎知識 “脇役”でも重要な役割とは
「キャッシュメモリ」は「メインメモリ」に対して小規模ながら、快適なアプリケーションの利用に大きく貢献している。キャッシュメモリの仕組みや役割に光を当てよう。(2022/1/14)

ドコモ、個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」の提供開始 実績管理や振り返りに特化
 NTTドコモは1月12日、個人投資家向けの投資管理アプリ「マイトレード」を月額550円にて、1月18日より提供すると発表した。「マイトレード」は個人投資家の投資実績の管理や振り返りに特化したフィンテックサービスとなる。(2022/1/13)

2021年のアプリダウンロード、世界のトップはTikTok、日本はPayPay──App Annie調べ
App Annieは2021年のモバイル市場に関する包括的なレポート「モバイル市場年鑑 2022」を発表した。長引くコロナ禍で「モバイルの習慣が世界中に根付いた」。アプリダウンロード数やモバイル使用時間などを分析している。(2022/1/13)

ヤフーとLINEが“全国一斉防災訓練”実施 とるべき行動をアプリで通知 阪神・淡路大震災から27年で
ヤフーとLINEが、地震発生時に取るべき行動を確認する防災訓練「全国一斉シェイクアウト訓練」を、阪神・淡路大震災の発生から27年たつ17日に実施する。(2022/1/13)

「iOS」と「iPadOS」の「15.2.1」配信開始 悪用方法公表済みのHomeKit脆弱性対処など
Appleが「iOS 15.2.1」および「iPad OS 15.2.1」の配信を開始した。HomeKitアプリのサービス拒否(DoS)を発生させる恐れのある脆弱性に対処した。この脆弱性については発見した研究者が悪用方法を公開済みだ。(2022/1/13)

犯罪最前線 マッチングアプリで美人局 プチぼったくり暗躍
ぼったくりにマッチングアプリを悪用した新たな手口の被害が相次いでいる。ぼったくり店の女性従業員が無関係の一般女性を装いマッチングアプリで出会った男性を言葉巧みに店に誘導。請求額を10万円以下に抑えて通報されにくくするなど摘発逃れも巧妙化している。(2022/1/13)

お絵かきAIアプリ「Dream」がTwitterで流行 似てないようでどこか似てる“概念化された推し”が続々
単語を入力するだけで“それっぽい何か”が生成。(2022/1/12)

速報ニュースアプリ「NewsDigest」、現在地周辺の新型コロナ感染事例を確認可能に
JX通信社は、速報ニュースアプリ「NewsDigest」上で現在地周辺の新型コロナ感染事例を確認できるアップデートを実施。感染事例の発生時期や消毒などの更新情報も分かりやすく表示し、プッシュ通知にも対応する。(2022/1/12)

モビリティサービス:
日立製作所が開発中のMaaSアプリは、「自発的な行動変容」を促す
日立製作所と西日本鉄道は2022年1月11日、福岡市とその近郊において、公共交通機関利用者の行動変容を促す実証実験を実施すると発表した。期間は同年2月1日〜3月7日。両社による同テーマの実証実験は2度目となる。(2022/1/12)

クラウドネイティブ時代のデータ保護のあるべき姿は:
PR:エンタープライズのコンテナ活用は、ステートフルなアプリケーションの管理が課題になる――その現実解とは
コンテナ技術が成熟する中、ステートフルなアプリケーションの管理が課題になっている。従来コンテナは、ステートフルなデータ管理が苦手とされてきたが、KubernetesがCSIに対応したことにより、エンタープライズ用途のストレージをコンテナにマウントして利用することが容易になり、状況が変わってきたのだ。コンテナに関して新たに表面化した課題やその解決策について、オープンソースソフトウェアのCSIドライバを提供するNetAppと、ユーザーの声を基に新しい解決策を提案し続けるSB C&Sに聞いた。(2022/1/12)

猫語翻訳アプリに夢中になっていたら…… 「私を見てよ!」猛抗議する愛猫の甘えっぷりににやけてしまう
まるで心の叫び!(2022/1/11)

デジタルファブリケーション:
「建築の民主化」を掲げるVUILDのデジタル家づくり1棟目が完成、施主向けアプリも提供開始
「建築の民主化」を標ぼうするスタートアップのVUILDは、新事業のデジタル家づくりプラットフォーム「Nesting」を用いた1棟目の新築住宅が完成したことを公表した。Nestingには、専用の家づくりアプリが用意され、これまで施主にとって不透明だった見積もりの確認が、自身が仕様を変更するたびにリアルタイムで分かるようになり、思い通りの家づくりが手軽に実現する。(2022/1/10)

製品動向:
図面閲覧の「CheX」と仕上げ検査用「LAXSY」がビジネスチャット「LINE WORKS」と連携
図面閲覧の「CheX」と仕上げ検査用「LAXSY」の両アプリが、ビジネスチャット「LINE WORKS」と連携を開始した。連携により、CheXまたはLAXSYの図面更新や指摘事項の記入が、即時にLINE WORKSを通じて関係者に通知することが可能になった。(2022/1/10)

Googleさん:
Googleのスマートスピーカーがアップデートで使いにくく 特許問題のとばっちりで
「Google Home」アプリを最新版にすると、グループ化したスマートスピーカーの音量調節機能が不便になります。この機能が特許侵害だというSonosの訴えが認められたため。このまま使えなくなるのでしょうか。(2022/1/10)

Spotify、Podcast広告をインタラクティブに 耳で聴いたスポンサーに画面からアクセス
Spotifyが新形態のPodcast広告「Call-to-Action(CTA) Card」を発表した。音声広告とリンクするカード状の広告がアプリに表示される。リスナーは音声広告で興味を持った広告について画面で確認できる。(2022/1/7)

ビシェイ IHSR-2525CZ-5A:
高温対応で低直流抵抗の車載向けインダクター
ビシェイ・インターテクノロジーは、車載グレードの高温インダクター「IHSR-2525CZ-5A」を発表した。直流抵抗を抑え、エンジン回りやADASアプリケーションのマルチフェーズ大電流電源やフィルターに適する。(2022/1/7)

ビールメーカーBrewDogは脆弱性にどう対処したのか【後編】
ビールメーカーBrewDogが「モバイルアプリ脆弱性」の公開に消極的だった理由
モバイルアプリケーションに脆弱性が見つかったBrewDog。情報公開に消極的だった同社の対応から、セキュリティの向上について学ぶべき教訓は何か。(2022/1/7)

CES 2022:
LGのスマートTV、シニア向け医療サービスプリインストールに(北米で)
LGは、2022年に北米で販売するスマートTVに医療サービスアプリをプリインストールすると発表した。「Independa Health Hub」では、歯科医師との動画チャットやシニア向けフィットネスプログラムを利用できる。(2022/1/5)

古代サンプラーがアプリになるまで:
ノイズ、不安定さが美点のアナログサンプラー「メロトロン」を“モノマネ”アプリ開発者が手に入れた
アナログのサンプラー、古代のサンプラーなどと表現される「メロトロン」という不思議な魅力を放つ鍵盤楽器メロトロンがiPhoneアプリになるまでの過程をお届けします。(2022/1/5)

Mobile Weekly Top10:
iOS 15の「拡大鏡」、使ってますか?/「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」登場もiOS版でトラブル(解消済み)
(2021/12/31)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
当時は“世界最先端”だった――日本の「ケータイアプリ」の歴史を開発目線で振り返る
昔のケータイ(フィーチャーフォン)は、「Java」または「BREW」で構築したアプリを楽しむことができました。かつて「ケータイ向けWebブラウザ」に携わっていた筆者が、かつてのケータイ向けアプリを開発目線で振り返っていきます。(2021/12/28)

2021年BUILT年間記事ランキング:
【年間記事Top10】2022年1月フルハーネス政省令が完全施行、建設業の働き方改革など
前年から続く、新型コロナウイルス感染症のまん延防止措置に伴う、労働環境の変革を促す流れが継続し、現場でも遠隔での業務をはじめ、Web会議や現場管理アプリに代表される各種ITツールの導入、ワークプレースの多様化など、withコロナに即した働き方が業界内の裾野まで浸透し、日常に定着したともいえる1年でした。また、一時は開催も危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックも無事に開かれ、五輪特需に沸いた建設需要も一段落。大都市圏での新築マンションや大規模再開発はまだ残存するものの、今後は国が掲げる国土強靭化計画に基づく、“防災・減災”や“インフラ老朽化対策”が需給のメインとなっていくのではないでしょうか。2021年にBUILTで公開されたランキングTop10の記事を紹介しながら、関連する年間トレンドも振り返ります。(2021/12/28)

周囲で流れる楽曲の名前を認識する「Shazam」 iOS 15での変更点は?
2018年にApple傘下となったShazam Entertainment Limitedの音楽認識アプリ「Shazam」(シャザム)。iOS 15にアップデートされたことでコントロールセンター内での履歴表示が可能になったが、アプリとコントロールセンターでは別々の履歴が保存される仕様だ。(2021/12/28)

iPhone購入者にはAir Tagも先着プレゼント:
Appleが2022年の「初売り」を開催 「Apple Gift Card」をプレゼント
Apple Storeが2022年1月2日と3日に「初売り」を開催する。対象商品を購入すると、3000〜2万4000円分の「Apple Gift Card」がもらえる。実店舗、Web、アプリ、電話全ての窓口が対象となるが、アプリでの購入時、各種分割払いの利用時には注意が必要となる。(2021/12/27)

「これは強い」 DeepL公式Chrome拡張が登場 GmailでもTwitterでも外国語の読み書きを一発変換
AI翻訳ツール「DeepL」の公式Chrome拡張が話題になっている。一度導入すれば、ブラウザ版のGmail、Twitter、SlackなどさまざまなWebアプリで、英語や中国語などを読み書きできる。(2021/12/27)

関連求人数は3.3倍に:
採用担当者が「職務経歴書の検索で注目したワード」 2位は「Webアプリ」、1位は?
ビズリーチは、企業の採用担当者が職務経歴書を検索する際に使用したワードで、昨年と比較し検索数が上昇したものを「2021レジュメ検索トレンド」として発表した。(2021/12/27)

ユニ・チャーム、大人用紙おむつのデジタル採寸サービス 自宅で最適なサイズ選びをサポート
ユニ・チャームが、「大人用紙おむつ」に関して、AIを使ったデジタル採寸サービスを始めた。メッセージアプリ「LINE」のチャットトークと組み合わせ、自宅で要介護者に最適なサイズの紙おむつを選べるようサポートする。(2021/12/24)

PayPay、「ボーナス運用」ユーザー数500万人を突破
 PayPay証券(東京都港区)とPayPayは12月22日、「PayPay」のミニアプリで提供する疑似投資体験ができるサービス「ボーナス運用」が、500万運用者を突破したと発表した。2020年4月のサービス提供開始から、約1年7カ月での突破となる。(2021/12/24)

「国道40号ばばばばばえおうぃおい〜」 2021年の誤配信からみる教訓
2021年はニュースアプリや広報アカウントの“誤配信”が例年より目立った印象がある。これらの事故は「テストであると明記する」「重要度の低い内容にする」といった教訓を与えてくれる。(2021/12/24)

楽天モバイル、年末年始にキャリア決済で最大20%還元
楽天モバイルは、キャリア決済の利用で最大20%ポイント還元キャンペーンを開催。エントリーし、Google Play ストアやAndroidアプリ内での課金を初めて利用したユーザーが対象となる。期間は12月24日〜2022年1月31日9時59分。(2021/12/24)

QlikとUiPathがパートナーシップ締結 2社が支援する「アクティブインテリジェンス」とは?
QlikとUiPathは、「Qlik Cloudアナリティクス」と「エンタープライズ自動化ソフトウェアプラットフォーム」をうたうUiPathを統合する。UiPathの機能を活用して、Qlik内でダウンストリームアプリケーションのタスクの優先順位付けができるようになる。(2021/12/24)

ビールメーカーBrewDogは脆弱性にどう対処したのか【前編】
ビール愛好家が攻撃の的に 「BrewDogモバイルアプリ」脆弱性とは何だったのか
英国ビールメーカーBrewDogのモバイルアプリケーションに脆弱性が見つかった。個人情報の流出の恐れがあったこの脆弱性はどのようなものだったのか。発見の経緯とともに説明する。(2021/12/24)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
コンテナ環境に適したセキュリティとは? レイヤーごとの課題と解決策を考える
コンテナ技術を採用したクラウドネイティブアプリケーションも、これまでの新テクノロジーと同様に保護は必要だ。コンテナ環境で相互作用するレイヤーを把握し、各レイヤーを保護するためのポイントを把握しておこう。(2021/12/24)

Rubyを知る【後編】
「Ruby」が“大人気言語”になり切れない原因は?
Webアプリケーション開発用のプログラミング言語として人気を博してきた「Ruby」には幾つかの短所がある。開発者にとってどのような点が問題なのか。(2021/12/24)

Switch向け「ABEMA」アプリ、配信開始 ゲーム機対応は初
AbemaTVは、サイバーエージェントのインターネットテレビ局「ABEMA」のNintendo Switch向けアプリの無料配信を始めた。オンラインストア「ニンテンドーeショップ」から、ABEMAアプリをダウンロードすることで利用できる。(2021/12/23)

ピカチュウをAIアプリに描かせたら地獄絵図 色味だけ合ってるドロドロの“何か”に悲鳴「実験失敗」「夢に出そう」
それでも言われればピカチュウと分かるのはすごいかもしれない。(2021/12/23)

電話番号だけで企業が報酬を即日払える「Kyash法人送金サービス」スタート
Kyashが、法人からフリーランスなどに報酬や売上金の支払いができる「Kyash法人送金サービス」の提供を始めた。Kyashアプリを通じて電話番号を共有するだけで即日送金できる。(2021/12/23)

アプリで混雑情報提供 西武鉄道、11路線カバー
西武鉄道が多摩川線を除く全ての定期列車の混雑情報をアプリで提供するサービスを始める。現在は一部区間に限り、朝のラッシュ時の混雑状況をWebサイトなどで公開しているが、対象を大幅に拡大する。(2021/12/23)

今日のリサーチ:
インフルエンサーが2021年にハマったアプリは「TikTok」「Pinterest」「FacePlay」「Qoo10」
サイバー・バズがインフルエンサーを対象に「2021年トレンド振り返り」と「2022年トレンド予測」に関する調査を実施。(2021/12/23)

iPhoneをルーペ代わりに iOS 15で標準アプリになった「拡大鏡」の使い方
これまで「設定」の「アクセシビリティ」に格納されていたが、iOS 15で標準アプリとなった「拡大鏡」を使ってみる。カメラと似た使用感だが、見たいものを即座に確認したり、色調を補正できたりする点で便利なアプリだ。(2021/12/23)

ハイブリッドクラウドに移行するときの5つのポイント【後編】
ハイブリッドクラウドへの移行で「予想外にアプリが遅くなった」を避けるには
適切な移行計画を立てずにアプリケーションをハイブリッドクラウドに移行させると、コストの増大など想定外の事態を招くリスクがある。ハイブリッドクラウドの移行計画を成功させるためのポイントを説明する。(2021/12/23)

コミケ準備会、政府のワクチン接種確認アプリ使用は「どうしても必要な方のみ」
コミックマーケット準備会は23日、政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も「コミックマーケット99」入場時の確認に使用できると発表した。ただし「どうしても必要な方のみ」に限定する。(2021/12/22)

Android版ユーザーも知るべき情報あり:
iOS版「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に更新 海外用証明書の“氏名”にまつわる問題を解消
デジタル庁と厚生労働省が12月20日から運用を開始した「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を巡って、iOS版アプリの生成する海外用接種証明書に問題があることが判明した。12月22日に公開された新バージョンのアプリで問題は解消するが、更新前のアプリで取得した海外用証明書を削除した後、再度証明書を取得することが強く推奨される。(2021/12/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.