• 関連の記事

「ARアプリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ARアプリ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

xR:
建設業向けARアプリ「快測AR」をKENTEMが開発
KENTEMは、建設業向けARアプリ「快測AR」を開発した。タブレット端末内で現実世界と施工物のCIMモデルを融合することで、工事関係者が完成形を容易にイメージできる。(2024/6/5)

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

実践事例に学ぶDXの知恵【第4回】
なぜあの会社はうまくいったのか? DX実践企業3社が捨てた“業界の常識”
DXとデジタル化は根本的に違うものだ。利益をもたらすDXにはどのような特徴があるのか。3つの事例から、ポイントを考察する。(2024/2/23)

xR:
都市計画がxRで実現!PLATEAU互換のWebデジタルツイン基盤「torinome」とは?
3D都市モデルのPLATEAU普及とともに、都市計画や建築計画の現場で3Dモデル活用が広がりつつある。ホロラボが開発したWebアプリケーション「torinome(トライノーム)」は、PLATEAUのオープンデータをベースに、GISや画像、動画、3Dモデルを重畳して、住民を含む関係者間で計画や業務内容を視覚的に共有して、スムーズな合意形成が図れる点が街づくりに関わるステークホルダーから注目を集めている。(2024/1/19)

『学研の科学』から「ときめく実験鉱物と岩石標本」登場! 実験できる鉱物やきれいな宝石が付属した標本キット
蛍石、方解石、コランダムなど、美しい鉱物と岩石が12個付いてきます。(2023/9/17)

スマートグラス「XREAL Light」発売 公式ECサイトで数量限定、7万9980円
スマートグラス「XREAL Light(旧製品名は Nreal Light)」が公式ECサイトで販売される。日本Xrealは9月5日、発表した。価格は7万9980円(税込み)で、在庫がなくなり次第、終売となる。(2023/9/5)

注目デバイス解説:
「Apple Vision Pro」で何ができる? 製造業での活用の可能性を探る
Appleが「WWDC23」で発表した空間コンピューティングデバイス「Apple Vision Pro」。既に製造業でもVR/AR/MRを活用したソリューションが登場し、現場に浸透しつつある中、Vision Proは製造業にどのようなインパクトをもたらすのだろうか。(2023/7/11)

「千本桜」にのせて初音ミクが夜空を舞う“AR音楽花火” 新潟まつりで
人気ボカロ曲「千本桜」にのせて初音ミクが花火と共演する。Gugenkaは「新潟まつり花火大会」でARアプリを活用する特別演出を行うと発表した。(2023/6/16)

VR/AR/MRニュース:
検査情報を現物にAR表示できる新機能を追加、工場のDX化で生産性を向上
ラティス・テクノロジーは、検査に必要な情報を現物にデジタル表示できる「XVL Web3D Manager AR オプション」を発売した。直感的な情報伝達で作業の効率化や見落としの防止、DX化による生産性の向上が期待できる。(2023/6/13)

“PV詐欺”じゃない、本当にすごい 「Vision Pro」を試してわかった、Appleが作りたい未来
Appleが発表した「Apple Vision Pro」を短時間だが体験することができた。正直な感想として「これはすごい」。公開されたビデオは、決して「PV詐欺」ではない。(2023/6/7)

VRニュース:
模型を動かしながらデジタルツインやVRで都市計画を検討できる市民参加型ツール
インフォ・ラウンジ、サイバネットシステム、山手総合計画研究所は、3社で共同開発したXR技術を用いた体感型アーバンプランニング(都市設計)ツール「Tangible Interface XR」の報道陣向け体験会を開催した。(2023/4/27)

【特集】物流Techのいま:
「空気でなくモノを運ぶ」ためにITは何ができる? 業界・業種を超えた物流データ基盤構築への道
荷物の数が増加する一方で、ドライバー不足が深刻化している物流業界。トラックの積載率が低く、「空気」を運んでいる状態を改善するためにITは何ができるのか。(2023/3/31)

Googleで「マンダロリアン」を検索すると……
Google検索で「マンダロリアン」や「グローグー」を検索すると、画面右下にグローグーが登場する。クリックするとフォースを使いだす。Disney+でのシーズン3配信開始に合わせたイースターエッグのようだ。(2023/3/3)

組み込み開発ニュース:
Digi-Keyが最新版基板ガイド向けにコンパニオンARアプリを開発
Digi-Key ElectronicsとMake:は、基板ガイドの最新版とコンパニオンARアプリケーションを発表した。50を超える基板にARを利用でき、AR内で基板を回転、拡大し、あらゆる角度から見ることができる可視化ツールとなる。(2023/2/16)

「Adobe Experience Makers Live 2022」レポート:
メタバースが変える「顧客体験」 これから日本が取り組むべきこととは?
「Adobe Experience Makers Live 2022」で語られた、近未来の顧客体験技術としてのメタバースについてレポートする。(2022/10/7)

ICT:
建物のライフサイクルを管理するサブスクサービスの提供開始、大成建設
大成建設は、クラウドを利用し建物のライフサイクルを管理するサービス「LCMC(LifeCycle Management Console)」の販売形式に、業界初となるサブスクリプション方式を導入し提供を開始した。なお、今回のサービスは、2021年12月にβ版の先行提供を行い、実証データを基に機能改善を進め、2022年夏中に正式版を提供する見通しだ。(2022/8/25)

指の動きまでアバターに反映 AR用SDK「ToF AR」ソニーセミコンダクタが一般公開
手や指の動きまでスムーズに描写できるAR用SDK「ToF AR」をソニーセミコンダクタソリューションズが一般公開した。(2022/6/16)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第10回):
「ガァッ」と鳴く“ARアヒル”が床を跳ね回る!? 不思議なWeb版ARアプリ 遊んで仕組みを考えた
画面上にアヒルやホットドッグを表示するAR機能があるWebアプリ「Bouncing Band」で遊んだ。ARの表現に疑問を抱き、その仕組みと技術を考えてみた。(2022/6/11)

GLAY・TERUの「SMALL WORLDS移住記念ウィーク」を開催 ファンを呼び込む狙い
ミニチュアの世界を楽しめるテーマパーク「スモールワールズ TOKYO」を運営するSMALL WORLDS(東京都江東区)は、人気ロックバンドGLAYのボーカルTERUによる「SMALL WORLDS移住記念ウィーク」を開催する。(2022/6/8)

スマートグラス「Nreal Air」、実はこう使うと面白い 意外な最適解は?
Androidだけでなくさまざまな機器を接続できるスマートグラス。では何が一番良かったのか、西田宗千佳さんがレポート。(2022/4/27)

ウェアラブルニュース:
レノボ、6DoF対応で軽量な産業用スマートグラス「ThinkReality A3」発売
レノボ・ジャパンは2022年4月13日、ARスマートグラス「ThinkReality A3」に、製造業などの現場業務に対応するハードウェアやソフトウェアを加えてパッケージ化した「ThinkReality A3 Industorial Edition」を発売する。(2022/4/15)

ソニーのワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を試す 穴あき構造は“ながら聴き”に向くのか
ソニーが2月25日に発売した「LinkBuds」を入手した。振動板の中心部がくりぬかれたドライバーユニットと「ソニー史上最小、最軽量」をうたうボディーが特徴だ。さまざまなシーンや音で聞き比べてみた。(2022/4/5)

製造マネジメントニュース:
ソニーとNianticが“音声AR”で協業、ヘッドフォン向けゲーム提供目指す
ソニーは、ARモバイルゲームを開発するNianticと、ヘッドフォン向け音声AR領域で協業する。両社の技術を掛け合わせることで、視覚だけでなく聴覚でもAR感を楽しめる、より没入感の高いゲーム体験の実現を目指す。(2022/2/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
4万円切って、堂々と人前に出られるスマートグラス「Nreal Air」がほしい!
ドコモとKDDIが3月4日に発売する「Nreal Air」が、お手頃なスマートグラスとして魅力的に思えた2人の記者が語り合います。(2022/2/15)

森永ビスケットの「リラックマ」コラボパッケージが楽しそう! 空箱で立体工作が作れちゃう
空箱3つで「飛行船」も作れちゃいます。(2022/1/29)

アニメじゃないの!? どう見てもイラストなガンプラ もう自分の目が信じられない
ペイントの妙。(2022/1/13)

AR活用最前線:
工場やオフィスなど現実空間を対象にARコンテンツをレイアウトできる技術
PTCジャパンはメディア向けラウンドテーブルを開催し、同社の産業向けAR(拡張現実)ソリューション「Vuforia Studio」が提供する空間コンピューティング「Area Targets(エリアターゲット)」の特長やその可能性について説明した。(2021/12/17)

Niantic、「現実世界のメタバース」構築に向けて3億ドル調達
「現実世界のメタバース」構築を目指すNianticが3億ドル調達した。AR開発者向けプラットフォーム「Lightship」の拡張に投入する。(2021/11/23)

集英社がXR領域に本腰、「集英社XR」を立ち上げ 米NianticとAR分野で提携
集英社はXR事業開発課を新設し、XR事業「集英社XR」を始めたと発表。ARやVRに限らず、5Gやそれ以降の未来のインターネット技術を使い、XR(超越現実)体験の提供を目指す。(2021/11/9)

Niantic、“現実世界のメタバース”「Lightship」のAR開発者キットを公開
「Pokemon GO」のNianticが“現実世界のメタバース”構築のためのプラットフォーム「Lightship」を発表。Unityベースの開発キット「ARDK」を公開した。集英社やソフトバンクがパートナー企業に名を連ねる。(2021/11/9)

Innovative Tech:
誰でも空間に光の絵を描ける AR技術で空間に下絵をするアプリ
HoloLens 2を使ってARによる下絵をライトでなぞっていく。(2021/9/8)

統計から見る「テレビのオリンピック需要」幻想と「日本のテレビの20年」
西田宗千佳さんが、テレビとオリンピックの関係を数字から検証した。(2021/7/29)

作業案内の方法で効率が全く異なる:
ARによる高齢者支援ではUIが課題、研究チームが明らかに
英バース大学の研究チームはARのユーザーインタフェースを変えると、作業の効率や進めやすさがどの程度変わるのかを調査した。一般的なUIは、50歳以上のユーザーにとって分かりにくい場合があるという。(2021/7/19)

“新宿を更地にする”ARアプリが楽しそう 「タップした建物を削除」「駅前に東京タワー降臨」
新宿を自在にカスタマイズ。(2021/5/28)

コトブキヤ、VRChatで“デジタルフィギュア”販売に進出 バーチャル展示にプラモのCADデータも活用
コトブキヤがソーシャルVRサービス「VRChat」に公式ショップをオープン。3Dアバターの販売や展示を行う。「実物のプラモデルだけでなく、デジタルのモデルやフィギュア販売にも進出する」という。(2021/5/25)

「電気消したら、なんかいる」 暗くなると“何か”が現れるARアプリが怖すぎる
映画「ライト/オフ」の感覚を体験。(2021/5/13)

ドミノが“直径46センチ”の超巨大ピザ発売 デカ過ぎてデリバリーバイクに乗らないので持ち帰り限定
テーブルに乗せるだけで大変。(2021/4/19)

Google、地球の裏側まで穴を掘って反対側に行けるARアプリ「Floom」をリリース
Googleが、足元に穴を掘ると地球の反対側に行けるARアプリ「Floom」をリリースした。自社のAPI「WebXR」を採用。Android端末のChromeブラウザでのみ利用可能だ。(2021/4/8)

VRニュース:
神経信号で動きを検知するARグラス向けリストバンド、Facebookが構想
Facebookは2021年3月17日(日本時間)、AR技術を搭載したスマートグラス向けの入力インタフェースとして、運動神経の電気信号を読み取るリストバンドの構想を発表した。装着者の指や手などの動きを検知し、AR空間内でのクリック操作などをより直感的にする。(2021/3/24)

ピクミンと“歩く”新作アプリ年内配信へ 任天堂とNianticが共同開発 「ピクミンGOではないです」
任天堂と米Nianticは3月23日、人気ゲームキャラクター「ピクミン」を使った新作モバイルアプリの共同開発を発表した。2021年後半に全世界に向けて配信する。(2021/3/23)

ピクミンGO!? 任天堂とNianticが新作アプリを発表 2021年後半にリリース
NianticのAR技術と任天堂のキャラクターを組み合わせたアプリを共同開発するパートナーシップ契約を締結。(2021/3/23)

「ARピクミン」2021年後半リリースへ 任天堂がNianticと共同開発、テーマは「歩くことを楽しくする」
「ピクミンGO」じゃん!!!(2021/3/23)

買い替えは「iPhone 12」がベスト! 12 Proを買った筆者が後悔した理由
iPhone 12シリーズでの買い替えで、多くの人が悩むのは「iPhone 12とiPhone 12 Proのどちらを買うべきか」だろう。コンパクトなら12 mini、カメラ重視なら12 Pro Maxと悩まずに済むのだが、12と12 Proではどこにポイントを置くべきか解説しよう。(2020/12/14)

Innovative Tech:
動画から手の動きを3Dデータ化、ハンドジェスチャーも認識 英ICLなどが開発
手の指の動きも忠実に読み取る技術。(2020/11/26)

5G対応Android端末で遊べる「マンダロリアン」のARアプリ GoogleとLucasfilmが共同開発
Googleが、シーズン2が始まったディズニーの「マンダロリアン」の世界をARで楽しめるAndroidアプリをLucasfilmと共同で公開した。5GとARCoreに対応する一部のAndroid端末で利用できる。(2020/11/24)

“価格ほぼ据え置き”が物語ること
「iPhone 12」購入の決定的理由は「5Gが使える」ではない?
Appleの「iPhone 12」は「5G」を使った通信が可能になったことが特徴だ。スマートフォンの買い手にとって、5Gが使えることはiPhone 12購入の原動力になるのか。(2020/11/22)

惑星の大きさと距離を“歩いて”実感できるARアプリ開発中 「面白い」「やってみたい」と注目集まる
実際に歩くことで距離が実感できます。(2020/10/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 12」「12 Pro」を試して分かった実際の違い 11 Proから写真は大進化
10月23日の販売開始に先駆けて「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」を数日間試用した。iPhone 11からさらに進化したカメラの性能を中心に、実機を使い比べたインプレッションをお届けする。(2020/10/20)

PTC Virtual DX Forum Japan 2020:
激動のモビリティ業界が今取り組むべき働き方/業務プロセス変革の方向性
PTCジャパン主催のオンラインイベント「PTC Virtual DX Forum Japan 2020」のキーノートに、同社 インダストリー第2事業部 執行役員 専務の小笠原誠氏が登壇し、「激動のモビリティ業界『CASE』そしてアフターコロナで求められるデジタル変革とは」をテーマに講演を行った。(2020/9/24)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhone、指紋センサー復活はある? カメラはどうなる?
iPhone 12(仮)シリーズのウワサ検証。今回はカメラと生体認証に焦点を当てる。新型iPhoneはLiDARスキャナーを備え、指紋センサーが復活する?(2020/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.