• 関連の記事

「自転車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!自転車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で自転車関連の質問をチェック

そんなタイヤで大丈夫か 海外の数学者が作り上げた魔改造自転車がさらに進化 「0.5+0.5=1」と「1/3×3=1」をタイヤで証明
これが天才というやつですか。(2022/8/15)

組み込み開発ニュース:
ジェイテクトが「鬼ベアリング」で自転車用軸受に参入、大幅な低トルク化を実現
ジェイテクトは、市販向け軸受の新商品となるロードバイク用高性能セラミックボール軸受を投入し、自転車用軸受市場に本格参入すると発表した。「鬼ベアリング(ONI BEARING)」のブランド名称で展開する方針で、2022年8月20日に販売を開始する。(2022/8/15)

吉木りさ、2歳娘に“初めての自転車”をプレゼント 「パパとよーいドン」と夫・和田正人との2ショットも
成長していく娘ちゃん。(2022/8/13)

Innovative Tech:
AI作成の画像を修正する技術 単語を変えて「自転車に乗る猫」を「車に乗る猫」に 米Googleらが開発
米Google ResearchとイスラエルのTel Aviv Universityの研究チームは、AIが文章から生成した画像に修正を加えられる技術を開発した。入力に使った文章の一部を修正することで画像全体を大幅に変えず、その部分だけをピンポイントで変えられる。(2022/8/9)

仕事猫が“ながら運転”してる!? 埼玉県警「自転車の交通ルール」注意喚起イラストが話題、話を聞いた
仕事猫の有効活用?(2022/8/8)

「江ノ電自転車ニキ」がネットで誕生してから1周年、本人が感謝のメッセージ 「クレイジーな年だった」
元気そうでなにより。(2022/8/7)

GoogleマップにAppleの「Flyover」のような「immersive view」他2つの新機能
Googleマップに東京やニューヨークの100以上のランドマークを上空から見た3Dのように表示できる「immersive view」が追加される。自転車ルートの改善や現在地共有通知機能も使えるようになる。(2022/7/28)

空中を自転車で飛んでるみたい! ジョージアに新設されたアトラクションが映画「E.T.」の気分になれそう
自然のパノラマビューがステキ。(2022/7/18)

価格.com保険調べ:
生命保険の人気ランキング 2位はオリックス生命「定期保険Bridge」、1位は?
カカクコム・インシュアランスは、保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険で人気だったのは?(2022/7/14)

サイクリング中に4歳の男の子が抱えてきたのは……大きな猫ちゃん! 「家族にしたい」とねだる姿がほほ笑ましい
意気投合したのかな?(2022/7/9)

【バイク駐車問題】自転車駐車場にもバイク受け入れを! 125cc超も利用可能にした江東区の場合
都市部の「バイク駐車場なくて困る問題」、じわじわといい動きがみられるようになってきました。(2022/7/9)

自転車で時速272キロ 世界最速の「バイクに引かれながら走る自転車」ギネス・ワールド・レコーズが認定
怖すぎる。(2022/7/7)

「それだけはやめて!」 幼児をおんぶしながら自転車に乗るパパさんの叫びに「ほんとにやめてあげて」「頭を守ろう(複数の意味)」
この世にカミはいないのか。(2022/7/7)

iPhone Tips:
iPhoneの「マップ」を使って楽に走れる自転車道を探す方法
iPhoneをカーナビ、自転車ナビにする人は多いだろう。今回はiPhoneで自転車用の道を探し、さらに坂道や交通量の多い道を避けるルートを探す方法を紹介する。(2022/7/2)

「憧れです」「じぞ恋、とても美しかった」 46歳になった井川遥、自転車にまたがる“脱力ショット”で癒やしを届ける
なお、本人は暑さで汗が止まらなかったもよう。(2022/6/30)

タイヤをホイールごと半分に 交互に接地する「半分の後輪」海外YouTuberが作り上げた自転車が個性的すぎる
ギリギリを攻めすぎている。(2022/6/30)

自転車のホイールが楽器に! 子ども向け科学キットを使った回転式ミュージック・シーケンサーがおもしろい
なぜかずっと見ていたくなる。(2022/6/27)

「サドル〜サドル〜オレ〜たち〜♪」って! サンプラザ中野くん、高級e-bikeを手に入れて思わずあの名曲歌い出す
50年ぶりのスポーツ自転車、山道サクサク走って「楽しい〜♪」(2022/6/24)

街で見掛けたら二度見しそう 梨花、49歳の“自転車ショット”がスタイル良すぎて異彩を放つ
脚なっがい。(2022/6/21)

屋内でも不要な場合も:
屋外でのマスク着用は「不要」 厚労省、熱中症リスクで注意喚起
厚生労働省は熱中症のリスクが高まるとして、近距離での会話時を除き、屋外でのマスク着用を控えるよう注意喚起を出した。コロナ禍以降、新型コロナの感染防止策として政府はマスク着用を推奨していたものの、今回の方針でビジネスパーソンは徒歩や自転車での通勤時や、営業先への移動中などでマスクの着用が不要となる。(2022/6/21)

「Uber Eats公式ヘルメット」発売 配達員向け 3850円
Uber Japanが「Uber Eats」の配達員向けに、ヘルメットの販売を始めた。価格は税込3850円。「1人でも多くの配達パートナーにヘルメットを着用してもらい、安全な自転車移動を行ってほしい」(Uber Japan)という。(2022/6/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
運動音痴でも安心して乗りこなせる、電動キックボード的立ち乗りモビリティ
余談ですが、自転車に苦戦するほどの運動音痴に、思い通りに動く楽しさを教えてくれた愛車は偉大だと思いました。思い通りに安心して動かせることのありがたみを感じます。(2022/6/16)

3分インタビュー:
斬新! 「カゴがなくても荷物を運べる自転車」はなぜ生まれたのか
自転車に荷物を載せるには前カゴを使うのが当たり前――そんな常識を変える商品が発売された。自転車専門店DAIWA CYCLEが発売した“カゴがなくても荷物を運べる”自転車「トートバイク」だ。その開発背景を聞いた。(2022/6/14)

ハノーバーメッセ2022:
100%再生プラスチック製の自転車を開発、igus
モーションプラスチック製品や可動ケーブルなどを展開するドイツのigusは世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30日〜6月2日)において、開発を進める100%プラスチック製自転車「igus:bike」のコンセプトを公開した。(2022/6/15)

フレームの中央に荷物カゴを配置した自転車「TOTE-BIKE(トートバイク)」発売
A4ノートサイズのPCが入るビジネスバッグなど、大きめの荷物も余裕!(2022/6/7)

TOTE-BIKE(トートバイク):
「カゴがなくても荷物が運べる自転車」 DAIWA CYCLEが発売
DAIWA CYCLEが、前かごをなくし、フレーム自体に荷物を載せられるトートフレーム構造を採用した新たな小径自転車「TOTE-BIKE(トートバイク)」を開発したと発表した。(2022/6/7)

ドゥカティ初となる折り畳み式の電動自転車「MG-20」発表 最大航続距離50キロ
都市走行をメインに考えられています。(2022/6/5)

火災、ペット保険なども紹介:
生命保険人気ランキング 3位はアクサダイレクト生命、2位はオリックス生命 1位は?
各種保険の人気ランキングを発表した。生命保険、医療保険、がん保険、火災保険、ペット保険、バイク保険、自転車保険の5種類。TOP3をそれぞれ紹介する。(2022/6/4)

「Yahoo! MAP」、自転車のルート検索に対応 雨雲レーダー連動でルート上の降雨予測も
ヤフーは、地図アプリ「Yahoo! MAP」において「自転車のルート検索」に対応したと発表した。交差点などで進行方向を音声やパネルで案内する「自転車 ターバイターン方式」のナビゲーションを提供する。(2022/6/2)

Yahoo! MAP、自転車のルート検索を追加 雨雲レーダーとも連動
Yahoo! MAPはルート検索に自転車を追加し、交差点などで進行方向を音声や案内パネルで案内する「自転車 ターンバイターン方式のナビ」を提供開始。雨雲レーダーと連動し、最大6時間先の雨雲の動きと降水量も確認できる。(2022/6/2)

いざというときにも使える? モバイルバッテリーとしても使用できる自転車用LEDライト、エレコムから発売
点灯しながら充電もOK。(2022/5/31)

「耳をすませば」雫と聖司が自転車で街を走り抜ける CGアートで描くオルゴールがステキ
おだやかでやさしげな雰囲気。(2022/6/1)

日本でも「Appleマップ」で“ARナビ”が利用可能に 自転車ルートにも対応
米Appleの地図アプリ「Appleマップ」において、ARを使ったナビゲーション機能「拡張現実による徒歩経路」が日本でも公開されている。(2022/5/27)

水上アクティビティーなのにぬれない!? 琵琶湖で「水上サイクリング」6月1日から開始
なんだか楽しそうなのキタ!(2022/5/24)

「あれから40年!」 綾小路きみまろ、70歳でも絶“口”調「河口湖お散歩サイクリング」がのんびり楽しそう
いい景色だな〜。(2022/5/22)

サンワサプライ、自転車・ミニバイクのDIYに最適なデジタルトルクレンチを発売
けっこう便利そうな感じ。(2022/5/21)

ノーヘルだったら大惨事だったかも 小5男子が運転する自転車とクルマが接触 凹んだヘルメット、衝撃でハンドルも折れ曲がる
ヘルメットを装着せず事故に遭った人からは、「脳内出血で手術した」というコメントも。(2022/5/7)

自転車保険に加入している人はどれくらい? 入らない理由は「どれに加入していいか分からない」
保険相談サービスを提供する、保険マンモスが「自転車損害保険等に関するアンケート調査」を実施した。(2022/5/4)

空に浮かぶ月を指し示すような道路標識 偶然いい感じに並んだ写真が「月に行けそう」と話題に ただし自転車を除く
「自転車を除く」という文言に悔しがる自転車好きの人もいました。(2022/4/30)

観光地を中心にサービス展開 自転車向け駐輪ロッカー「ビーコクーン」実証実験がスタート
2重ロックの安心仕様。(2022/4/28)

「人参農家10年やってるけど、こんなにすごいの初めて」 三角形に育った激レアニンジンが「どう見ても自転車のサドル」「Mr.ポテトヘッドの鼻」
7本のニンジンが合わさったキングニンジン?(2022/4/28)

メカ設計メルマガ 編集後記:
電動キックボードに速さって必要? ※あくまでも個人的な考え
個人的には「電動アシスト自転車」よりも手軽で、もっと緩い感じの存在かなと。(2022/4/26)

3分インタビュー:
「カゴの大きさは盲点だった」 ドンキの電動自転車を変えた、お客の意外すぎる「ダメ出し」
ドン・キホーテが"カゴの大きい"電動アシスト自転車「EVA PLUS2」を発売した。なぜ「カゴの大きさ」にフォーカスしたのだろう。担当者に開発秘話を聞いた。(2022/4/29)

子どもを自転車のチャイルドシートに乗せたまま離れないで! ちょっとの油断が大けがにつながる可能性が
そのひと手間で助けられる命がある。(2022/4/21)

電動キックボード、最高速度20km以下なら免許不要に Luupはサービスエリア拡大や販売事業参入へ
衆議院本会議で、電動キックボードの車両区分について定める道路交通法改正案が賛成多数により可決された。これにより、最高速度が時速20km以下の電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」と区分される。(2022/4/19)

熱いぜ! あの「マツダスピード」再来か 「スピードを楽しむ」新ブランド、マツダが開始
また、マツダスピードアクセラみたいなクルマ出してほしいなー♪ 謎の「マツダ製スポーツ自転車」も爆誕、な、何これー!(2022/4/15)

シェアサイクリング・ブギ:
どっちがお得? 早く会社に行けるのはどっち? シェアサイクルを乗り比べてみた
前回のドコモ・バイクシェアに加え、HELLO CYCLINGを使って17km弱の自転車通勤をしてみた。(2022/4/15)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
小さな子どもと交通安全と超小型EV
自転車以上クルマ未満のモビリティで安全な移動を。(2022/4/13)

電動アシスト自転車のバッテリーに発火のおそれ ヤマハ発動機とブリヂストン、無償交換へ
ヤマハ発動機は5日、電動アシスト自転車に採用していたリチウムイオンバッテリーの一部で内部から発火する可能性があり、無償交換を実施すると発表した。ブリヂストンサイクルの製品でも採用していた。(2022/4/6)

自転車ながらスマホを防ぐオンライン授業キット KDDIが学校に無償提供
KDDIは4月6日、「自転車ながらスマホ」の危険性をオンラインで体験できる「自転車ながらスマホを防ぐオンライン授業キット」の無償提供を始めた。自転車乗車中の交通事故が多い高校生を中心に、全国の学校の授業で利用できるよう無償提供するとしている。3月14日には、東京都の北豊島高等学校で授業キットを活用したトライアル授業を実施。(2022/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.