• 関連の記事

「がん」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「がん」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

漫画家の佐伯かよのさん、肺がんのため69歳で死去 夫で漫画家の新谷かおる「良く頑張ったと褒めてやりたい」
3年前にがんが判明。すでにステージ4だったとのこと。(2021/9/20)

DAIGOと姉の影木栄貴、大おじ・竹下亘衆院議員の死を悼む 「たくさん遊んでくれる大好きなおじちゃんでした」
「優しい親戚のおじさん」と親しみの言葉とともに逝去を報告しました。(2021/9/19)

SpaceX、初の民間人宇宙旅行Inspiration4 無事地球に帰還
民間人だけでは初の宇宙旅行「Inpiration4」の4人が無事に地球に帰還した。9月15日に打ち上げられた宇宙船「Crew Dragon」は3日間の軌道周回後、18日午後7時6分にケネディスペースセンター沖に着水した。(2021/9/19)

SpaceX、初の「民間人だけの宇宙旅行」打ち上げ成功 地球を3日間周回予定
SpaceXが、民間人4人を乗せた宇宙船「Crew Dragon」の打ち上げに成功した。世界初の民間人だけの宇宙旅行ミッションで、3日間地球を周回する予定。(2021/9/16)

広田レオナ、結婚3周年で“22歳下”夫と2ショット 「もう加工アプリないと並んで写真なんか撮れませんよ」
2人で思い出の場所へ行ったもよう。(2021/9/14)

「この半分だけで、人生で一番緊張した」だいたひかる、妊娠6カ月目に突入 約2年半の不妊治療を再開
あと半分!(2021/9/11)

導入事例:
慶応大「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンの半開放型気流制御クリーンブースを導入
慶應義塾大学病院のヒト体細胞加工製品「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンが開発した半開放型気流制御クリーンブース「エアバリアブース」が採用された。(2021/9/8)

ピコテスラ級の検出感度:
高感度磁気センサーで新たな画像診断技術を確立
横浜国立大学とTDKは2021年9月6日、高感度磁気センサーを活用した画像診断技術を開発したと発表した。腫瘍や組織をより高感度で検出できる可能性がある。(2021/9/8)

BoA、亡き兄の最期の言葉を明かす がんのため39歳で死去、生前最後の投稿では「希望を信じてみよう」
BoAさん「私の兄として生まれてくれてありがとう」(2021/9/7)

アイドルプロデューサーの「敗北、信念、復活、成功」【中編】:
500人の組織から数人の部署へ突然の異動 「@JAM」仕掛け人は、いかにして日本有数のアイドルフェスを作ったのか
ポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーの橋元恵一さんは、絢香、ケツメイシ、山崎まさよし国内を代表するアーティストに関わり、波に乗っていた。しかし42歳の時に異動を命じられ、門外漢のアイドル業界に飛び込むことになる。そこからいかにして、有数のアイドルフェスを作り上げてきたかを聞いた。(2021/9/7)

研究活動にAWSを活用する医療機関【前編】
小児科病院が「AWSでシステム構築」を決断 そのときCIOはこう動いた
医療機関のシステム構築は、法規制や従業員同士の関係構築が課題となることがある。プレシジョンメディシンの研究システムを「AWS」で構築した小児科病院の事例を基に、システム構築を円滑に進める方法を考える。(2021/9/6)

医療機器ニュース:
胃がんを対象としたAI病理診断支援ソフトウェアの汎用性を実証
オリンパスは、AI病理診断支援ソフトウェアの実用化に向けた共同研究を呉医療センター・中国がんセンターなど6施設と実施した。病理標本に対して感度100%、特異度50%以上の精度を達成し、胃がんを対象とした汎用性を実証した。(2021/9/2)

広田レオナ、“新型コロナ”ワクチン打てず家族に罪悪感 行動制限している娘は「ママの命にはかえられないから」
肺がんのため手術し、療養している広田さん。(2021/9/1)

社員の病と人事:
いかに病のある人をインクルージョンする組織にするのか カルビーの組織開発
いかに病をインクルージョンする組織をつくっていくのか、病のある社員を支援できる組織をいかにつくるかというテーマに取り組みたい。(2021/9/1)

ステージ4の西郷輝彦、最先端治療で“前立腺がん消滅”を確認 「やったなぁ!」と喜ぶもPSA数値は謎の上昇
PSA下がらないのなんで……。(2021/8/30)

がんを経験した女性でも入れるがん保険登場 オンライン診療ベンチャーが開発した理由
オンライン診療サービスなどを手掛けるMICIN(マイシン)は8月25日、女性特有がん専用の「乳がん・子宮頸がん、子宮体がん再発保障保険」の販売を開始した。(2021/8/25)

がん患者1万人のデータを分析、「低栄養」の予測AI構築へ 富士通や大塚製薬が共同研究
大塚製薬工場は国立がん研究センターなど3組織と共同で、栄養素の摂取量が必要量よりも少ない「低栄養」(栄養不足)のリスクをAIで予測するサービスの共同研究を始めると発表した。(2021/8/24)

日本産科婦人科学会のWeb冊子が無料とは思えない役立ち度 年代別の健康情報を網羅し「これはすごい」「男女問わず読んで」と話題
無料で読めるのありがたい……!(2021/8/24)

辻萬長さん、腎盂がんのため77歳で逝去 「鎌倉殿の13人」降板から間もない訃報に「大先輩の遺された功績に心より敬意」
ご冥福をお祈りします。(2021/8/23)

広田レオナ、“新型コロナ”ワクチンが打てず田舎で湯治 医師は「重大な副反応を起こす可能性が極めて高い体質」と判断
6月に肺がんの手術を受けていた広田さん。(2021/8/23)

アイドルプロデューサーの「敗北、信念、復活、成功」【前編】:
アイドルフェス「@JAM」仕掛け人に聞く「思い切って捨てる」覚悟
コロナで禍で奮闘しているのがポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーの橋元恵一さんだ。橋元さんはソニーミュージックグループに在籍し、絢香さん、ケツメイシ、山崎まさよしさんなどのビジュアルプロデュースを務めた。橋元さんが42歳まで取り組んできたビジュアルプロデュースの舞台裏を聞いた。(2021/8/21)

「パパ、もうしばらくここにいて」 大島康徳さんの妻、四十九日での納骨を延期 「気持ちの整理がついていない」
“私の気持ちが落ち着いたその時に”行うとのことです。(2021/8/19)

「開催されることの不安はありました」 池江璃花子、闘病乗り越え臨んだ東京オリンピック閉幕で思いつづる
池江選手「全てが特別であった試合でした」(2021/8/10)

「リンパ節にしこりができ、色々調べてみたら…」 「激走戦隊カーレンジャー」本橋由香、原発不明癌を公表 現在は化学療法を受ける
5月に診断されたとのことです。(2021/8/7)

元「Raphael」のyuki、ステージ1の喉頭がんを発症 毎週5日間続く放射線治療の開始に「意地でも克復します」
10月には結果が見えてくる、とも。(2021/8/6)

お詫びしたい:
河村市長がやらかしました 謝罪で使ってはいけない仮定法過去完了
河村市長がやらかしました。政治家のやらかしは後を絶たず、謝罪会見が開かれるたびにでるのが「(迷惑かけた/傷付けたとすれば)お詫びしたい」という言葉。せっかくの謝罪を台無しにする、使ってはいけない言葉なのに……。(2021/8/6)

第1子妊娠のだいたひかる、大きくなったおなかに驚き 「ウエストが行方不明に…」「どれぐらいワイドになっていくの!?」
まだまだ大きくなりそう。(2021/8/5)

広田レオナ、2カ月苦悩した胸痛の原因判明し安堵 「そりゃ息も苦しいさ」
医師の診断前には「普通に呼吸出来る日はいつになるのだろう」。(2021/8/5)

医療技術ニュース:
光電効果を用いて、効率よくがん細胞死を誘導する放射線治療法を開発
京都大学アイセムスは、がん細胞内に電子を発生させてDNAを効率よく切断し、細胞死を誘導する方法を開発した。アインシュタインが提唱した「光電効果」を利用するこの方法は、DNAに直接的に作用するため、放射線治療の効率向上が期待できる。(2021/8/4)

堀ちえみ、右手首の「イボのような出来物」を即除去 生検の結果にも警戒 「チェックしておかないと怖いもの」
1年のうちに2度のがん手術を経験した堀さん。(2021/8/3)

武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
何事もなくてよかった。(2021/8/1)

大島康徳さんの妻、初めての月命日に思いつづる 最愛の夫を亡くして1カ月「もうすぐ主人が帰ってくるような…」
6月30日に70歳で亡くなった大島さん。(2021/7/31)

前立腺がんの西郷輝彦、最先端治療の結果に激しく落胆 渡豪前よりPSA数値が200上昇し「動揺しています」
325から510へと推移。(2021/7/30)

あみん・岡村孝子、急性白血病の臍帯血移植から2年“セカンドバースデー”を報告 9月には復帰コンサート控える
多くの人にお祝いされた岡村さん。(2021/7/30)

保険会社ならではの制度も:
がん罹患社員に、健康な社員が積み立てた休暇を“プレゼント” ライフネット生命が「一風変わった休暇制度」を作る訳
がんなど重い病気に罹患した社員に、健康な社員たちが積み立てた休暇を“プレゼント”できる独自の社内制度を持つライフネット生命(東京都千代田区)。このほか、一風変わった休暇のメニューとは?(2021/7/29)

コロナ禍をデジタル活用で乗り切るNHS
英国が「iPad」3万台を救急隊員に支給する理由 タブレット片手に患者の命救う
英国NHSはAppleのタブレット「iPad」3万台を救急隊員に支給する。COVID-19パンデミックの最前線で奮闘する英国の救急隊員は、iPadをどのように活用するのか。(2021/7/29)

「正解率は94%」AIで膵臓がんの画像診断 久留米大など
(2021/7/28)

コロナワクチン接種、自治体の8割が11月までに完了か JX通信社調べ
報道ベンチャーのJX通信社が新型コロナワクチンの接種を希望する住民への接種について、11月までに完了すると回答した自治体が約8割に上ったとする調査結果を発表した。(2021/7/27)

「正解率は94%」AIで膵臓がんの画像診断 久留米大など
久留米大学(福岡県久留米市)医学部を中心にした研究グループが、全国の医療機関の病理医やベンチャー企業「メドメイン」(福岡市)と共同で、診断が難しいとされる膵(すい)臓がんを判定する人工知能(AI)の開発に成功したと発表した。AIによる画像診断は胃がんや大腸がんで開発が進められているが、膵臓がんでは珍しいという。(2021/7/26)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第3回】
「電子カルテ」導入で病院とITベンダーが分かり合えない“残念な理由”
医療機関とITベンダーが協力して電子カルテ導入に取り組む際、しばしば両者の認識のギャップが生じます。その原因は何なのでしょうか。ギャップを埋める手段となり得る「通訳者」の必要性とともに解説します。(2021/7/27)

市川海老蔵、長女・麗禾ちゃんの顔出し希望に「うーん、、」 “顔出しNG”は妻・小林麻央さんとの約束事
難しい問題。(2021/7/16)

「目ですよ鼻ですよと言われても」 だいたひかる、第1子のエコー写真に不安膨らむ 医師の説明にも「えっ!? どこ!?」
だいたさん「顔平ら疑惑が出てきました」(2021/7/15)

漫画家・かやはるかさん死去 『魔王学院の不適合者』コミカライズを担当
先日、治療専念のため連載を中断すると発表していました。(2021/7/13)

「恐れていた事が起きてしまいました」 岸本加世子、がん闘病中の愛犬が余命1カ月で号泣 「姫子を奪わないで」
2018年以降、摘出手術と抗がん治療を4回ずつ実施。(2021/7/13)

吉井怜、“セカンドバースデー”に白血病の定期検診卒業 2000年に急性骨髄性白血病を発症してから21年
骨髄移植してから20年の節目とのこと。(2021/7/12)

無観客、パブリックビューイング中止もオンラインで応援 各地で企画
首都圏1都3県の会場が無観客となることが決まった東京五輪で、競技の生中継を大勢で観戦しながら盛り上がる「パブリックビューイング」(PV)を中止する自治体が相次いでいる。一方で、PVとは違った形のオンラインイベントで選手を応援しようとする自治体や団体でも出てきている。(2021/7/12)

肺がん手術の広田レオナ、新型コロナのワクチン接種に悩み 「私は打ちたいんですけど…」家族は大反対
家族の気持ちも分かる。(2021/7/10)

がん闘病の桑野信義、盟友・鈴木雅之のコンサートでステージ復帰 「天国の気分を味合わせてもらえました」と感無量
桑野さん「正直もうステージに立てないと思っていた」(2021/7/9)

医療機器ニュース:
1つの組織サンプルから病理検査と遺伝子検査を可能にするデバイスを開発
ウミヒラと京都府立大学は、針生検で採取した組織を縦に二分割できる「組織二分割デバイス」を共同開発した。同一サンプルから、病理組織検査と遺伝子検査が同時に実施できるようになる。(2021/7/9)

大島康徳さん、笑顔あふれる遺影を妻が公開 「選手一人一人を輝かせ……」と法名には“照”の一文字を入れる
妻「主人の笑顔に救われています」(2021/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.