• 関連の記事

「自動車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!車→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で車関連の質問をチェック
「自動車」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

日本自動車販売協会連合会調べ:
2022年上半期乗用車ブランド別ランキング 3位「ルーミー」、2位「カローラ」、1位は?
日本自動車販売協会連合会は、2022年上半期の乗用車ブランド通称名ランキングを発表した。1位は「ヤリス」(トヨタ)で台数は8万1580台だった。以下、2位「カローラ」(トヨタ)で7万988台、3位「ルーミー」(トヨタ)で6万5525台で続く。(2022/7/6)

16代目:
トヨタ、新型「クラウン」を世界初披露へ 「セダン? SUV?」と謎のメッセージ
トヨタ自動車は7月15日、新型「クラウン」を世界初披露し、そのイベントの模様を同日13時30分からオンライン配信する。6日に公開した特設サイトでは「セダン? SUV?」「終わりかはじまりか」などのメッセージも表示している。(2022/7/6)

岐阜で展示:
黒すぎるポルシェが誕生! 塗料のチカラで、“世界一”黒く
クルマの鈑金塗装や整備などを手掛けるピットワンが、 “世界一黒いポルシェ”を制作したと発表した。(2022/7/6)

電動化:
1年半の実証でバッテリー交換式バイクが好評、二輪車の電動化に手応え
日本自動車工業会 電動二輪車委員会 電動二輪車普及部会は2022年7月4日、2020年秋から1年半にわたって実証実験を実施してきたプロジェクト「eやんOSAKA(ええやんおおさか)」の成果を発表した。(2022/7/6)

約6年ぶり:
ダイハツ、「ムーヴ キャンバス」がフルモデルチェンジ 2つの個性
ダイハツは7月13日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」を約6年ぶりにフルモデルチェンジし、全国で発売する。(2022/7/5)

Amazon、ロンドンで電動カーゴバイク配送を開始
Amazonは、英ロンドンに電動カーゴバイクによる配送の拠点を設置。年間500万回以上の配達を電気自動車、電動カーゴバイク、徒歩で行う計画だ。(2022/7/5)

安全システム:
au携帯電話サービスで発生した障害、自動車の緊急通報も使用不可能に
KDDIのau携帯電話サービスで2022年7月2日に発生した障害が、自動車メーカー各社のコネクテッドサービスにも影響を与えた。トヨタ自動車、マツダ、スズキがWebサイト上で障害の発生を知らせた。緊急通報システムである「ヘルプネット」や、オペレーターとの通話を利用する機能が7月2日午前1時半ごろから利用できなくなった。(2022/7/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
すごいGRMNヤリス、素人同然な販売政策(前編)
GRMNヤリスに乗せていただいてきた。のっけから何だと思う読者諸氏も多いだろうが、思わずそう言いたいくらい良かったのだ。本当にこの試乗会くらい、呼ばれて良かったと思う試乗会もなかった。これに関してはもうホントにトヨタに感謝する。筆者の自動車人生の中で特筆に値する経験だった。(2022/7/4)

チョコプラ長田、“1000万円超の高級車”を購入 現ナマを積みパンサー向井を動揺させる
なお、もともと購入を考えていたもよう。(2022/7/2)

自動車業界の1週間を振り返る:
「ゼロエミッション車の販売を相当に増加させる」、G7の声明は抽象的な表現に決着
今週も自動車に関してさまざまなニュースがありました。特に印象的だったのは、ドイツで開かれている主要7カ国首脳会議(G7)の声明について、日本がゼロエミッション車の普及目標を削除するよう求めた、というロイターのスクープです。(2022/7/2)

す、すごすぎる! 70歳・岩城滉一、5時間耐久軽自動車レースにガチ参戦 「抜くときは優しく抜けよなオマエ!」往年の気合い変わらず見せつける
そして、本当に速ぇぇ!(2022/7/2)

事故ったらシャレにならない相手すぎる モンハンが大阪府とコラボ 「夏の交通事故防止運動」ポスター・チラシに登場
7月1日から大阪府下の市区町村庁舎や交番、自動車教習所に掲示。(2022/7/1)

電動化:
ダイナミックプライシングで充電行動はどう変わるか、3年目の実証事業がスタート
産自動車と三菱自動車、MCリテールエナジー、五島市民電力、SBエナジー、シェルジャパン、REXEV、三菱オートリースの8社は2022年6月30日、ダイナミックプライシングによる電動車の充電シフトの実証事業を実施すると発表した。対象となるエリアは、東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、四国電力、九州電力の管轄エリアだ。実施期間は2022年6月9日〜2023年2月17日。(2022/7/1)

EVをもっと快適に……出力は2倍 ENECHANGEが新たな充電器を開発、全国3万カ所に
電気料金比較サイトのENECHANGEは29日、電気自動車用充電器を令和9年までに全国で3万か所に設置すると発表した。(2022/6/30)

山岳トンネル工事:
遠隔施工システムで山岳トンネル工事のロックボルト打設を完全機械化、清水建設
清水建設は、古河ロックドリルとともに、ロックボルトの遠隔打設装置(ボルティングユニット)を2基装備した「2ブームロックボルト打設専用機」による遠隔施工システムを構築し、富山県の「東海北陸自動車道真木トンネル工事」に実証導入した。今回の現場での実証施工では、穿孔やモルタル充填、ロックボルト挿入に至る一連の打設作業を完全機械化することに成功し、災害リスクの高い切羽直下での人力作業を不要にするとともに、サイクルタイムの短縮や施工の省人化にも効果があることを確かめた。(2022/6/30)

グリーンモビリティの本質(4):
多様なCO2排出削減のアプローチ、パワートレイン戦略を見極めるには
現在から将来に向けた自動車の先進技術戦略を考察する上で、まずはパワートレインに言及したい。その前提として、今や自動車産業を越えた社会アジェンダでもある、CO2削減の方向性の確認から始める。(2022/7/5)

EE Exclusive:
きらめくパワー半導体
パワー半導体市場がかつてないほど活気づいている。もともと需要が強く、安定した市場であるパワー半導体だが、電気自動車や再生可能エネルギーの導入、普及拡大を含め、カーボンニュートラル/脱炭素という一大トレンドに大きく貢献するコンポーネントであることから、強い追い風が吹いている状態だ。(2022/6/30)

そういうクルマじゃねぇ! 6輪仕様に魔改造された「ロールスロイス・ファントム」が海外で話題に
オフロードもガンガン走れそうだ……!(2022/6/29)

とろサーモン村田の愛車・26年前の「78プラド」がかっこいい 「カクカクのクルマ最高〜」
ハンバーグ師匠もうらやましがるかっこよさです。(2022/6/29)

自動車メーカー生産動向:
ホンダやマツダの生産が前年同月比で半減、2022年度の厳しいスタート
半導体不足や中国のロックダウンなどサプライチェーンの混乱が深刻化しており、日系乗用車メーカー8社が発表した2022年4月の生産台数では、ダイハツ工業とSUBARU(スバル)を除く6社が前年割れとなった。(2022/6/29)

500万円以上は1.4%:
クルマのカスタマイズ費用は平均53万円、目的は?
ホンダアクセスが実施した「クルマのカスタマイズに関する調査2022」によると、カスタマイズ費用の総額平均は53万円だった。カスタマイズした目的で最も多かったのは?(2022/6/29)

シリコンバレーから見た風景:
シリコンバレーは今や自動車開発の街 どんなクルマでどんな会社なのか、まとめてみた
シリコンバレーはIT企業だけのものではない。最近では次世代の自動車産業が勃興している。(2022/6/28)

「空飛ぶクルマ」のテトラ・アビエーション、米で販売体制増強 整備拠点を新設、要員倍増へ
1人乗りの電動航空機を開発するテトラ・アビエーションの中井佑社長は27日、都内で記者会見し、来年春の機体の初納品に合わせて、販売市場と想定する米国に整備拠点を来年3月までに新設すると明らかにした。(2022/6/28)

駆け込み:
スポーツカーが売れている、背景に何が?
エンジンで動くスポーツカーの販売が伸びている。国内自動車各社は、脱炭素に向け電動化を推進中で、お目当てのスポーツカーがエンジン車タイプとして最後のモデルになる可能性があり、駆け込み購入が多いためだ。(2022/6/28)

ボディー系や情報系の電源回路向け:
自動車向け巻線メタル系パワーインダクターを量産
太陽誘電は、自動車向け巻線メタル系パワーインダクター「MCOIL LCEN」シリーズを商品化、「LCENA2016MKTR24M0NK」など2サイズ13アイテムの量産を始めた。自動車のボディー系や情報系の電源回路向けチョークコイルの用途に向ける。(2022/6/28)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが「ジャパンドローン 2022」出展 大手3キャリアが注目する理由とは
6月22日から23日まで幕張メッセにて、国内最大級の民間ドローン展示会「ジャパンドローン2022」が開催された。ドローン関連や将来の空飛ぶクルマを目指す多くの企業が出展するなか、ドコモとKDDI、ソフトバンクの大手携帯電話事業者3社も出展。その模様について紹介していこう。(2022/6/28)

ノブコブ吉村、4300万円の超高級スポーツカー「マクラーレン」マジで買っちゃった 「これで俺も大スター!」
これが破天荒大スターのクルマの買い方だー!(2022/6/27)

高根英幸 「クルマのミライ」:
リアの羽からディフューザー、ストレーキ……クルマのエアロパーツは本当に効果があるのか?
エアロパーツと聞くと、自動車メーカーが販売しているオリジナルのボディに追加するアフターマーケットのドレスアップパーツをイメージする人も多いのではないだろうか。見た目のスピード感やスポーティさ、豪華さを演出するという意味では、クルマ業界のビジネスとしてなかなかのウエイトを占めているようにも見受けられる。果たしてエアロパーツとは、クルマにとってどんな意味を持つものなのか、考えてみたい。(2022/6/27)

電動化:
スズキとトヨタがインドでの協業拡大、トヨタが生産する新型SUVはHEVとMHEV
トヨタ自動車とスズキは2022年6月24日、スズキが開発した新型SUVをトヨタ自動車のインドの生産拠点で製造すると発表した。8月からトヨタ・キルロスカ・モーターで生産を開始し、両社の販売店で取り扱う。アフリカなどへの輸出も計画している。(2022/6/27)

天井がぐしゃぐしゃ ぶっこわれたクルマが路上にポツン 輸送トレーラーに積まれた状態で高架橋に接触か
トレーラー自体の高さは足りていたようですが……。(2022/6/26)

(DIY)助けて! プラスネジがナメそう!! 「0円お助けアイテム」でピンチを切り抜けるテクニック
休日はゆっくり自宅でクルマ・バイクいじり! なぜそこがナめやすいプラスネジなのよ、しかもこんなやつに限ってめっちゃ固ぇ…。今回はナめちゃいそうで怖い「ガンコなプラスネジ」0円解決テクを紹介します!(2022/6/25)

公表値より:
ホンダeの充電効率を検証 カタログスペックと比べて……?
電気自動車(EV)にとって大切な評価基準なのに、盲点のようになっているのが充電効率。パワーやハンドリング、あるいは燃費にあたる電費は、内燃車と共通だから理解しやすい。だけど燃料をどれだけ効率的に入れられるか、なんてあまり考えたことがないだろう。(2022/6/24)

車載ソフトウェア:
GitHubが車載ソフトのISO26262準拠を支援、ウーブン・プラネットと連携
GitHubは、トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスとの連携により、コーディング規約であるCERT C++とAUTOSAR C++に準拠した「CodeQL」クエリをリリースしたと発表した。これによって「GitHub Code Scanning」に、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠しない記述を警告表示する機能が加わる。(2022/6/24)

終末世界のような景色 仏、放置された納屋から大量のクラシックカーが発見される 半世紀以上前のクルマも
ボロボロのクラシックカーが並んでいるの、なんか良いね……!(2022/6/23)

EV化 動く関西企業 チャンス到来 培った技術、得意分野で広がる商機も
EV化で見込まれる自動車部品の減少で部品メーカーが生き残りを模索する一方、商機を見いだそうという企業もある。培ってきたモノづくりの力をEVにどう生かすか。自動車産業以外の産業も巻き込み、ビジネスチャンスをうかがう動きが活発化している。(2022/6/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国格安EV「宏光MINI」は自動車業界のiPhone? 100万円以下のソックリEV続々登場
日本では日産自動車が軽電気自動車『SAKURA』を発売し、格安EVに期待が高まっている。本連載で1年前に紹介した世界で一番売れているEV「宏光MINI」は、累計販売台数73万台を達成。中国では二匹目のドジョウを狙い、100万円以下のEVが次々登場し、早くも明暗が分かれつつある。(2022/6/23)

MS&AD、サイバー保険など強化 原社長「利益の5割を自動車保険以外で」
令和7年度までに、国内損保事業で稼ぐ利益の5割を自動車保険以外の事業で上げる目標を掲げたことを明らかにした。(2022/6/22)

Japan Drone 2022:
トヨタ自動車がドローンポートを開発、ラストワンマイル物流の情報管理を視野に
トヨタ自動車は、「Japan Drone 2022」のブルーイノベーションの展示ブースにおいて、開発中のドローンポートを披露した。国内でのドローンの目視外飛行に関する法整備が完了する2023年以降をめどに、物流関連の実証実験などで運用を開始したい考えだ。(2022/6/22)

金属加工技術:
ダイヘンが樹脂と金属の異材接合技術開発、EV車体の軽量化に対応
ダイヘンは、電気自動車の車体軽量化ニーズに対応する、樹脂と金属の異材接合技術を開発した。レーザーを用いる同技術は高強度の接合が可能で、従来の接合法で必要な乾燥工程や専用の部材が不要なため、コストや工程時間を削減できる。(2022/6/22)

「はい、今ひよこが死んだよッ! ひよこかわいそうだねェッ!!」自動車学校の教官から受けた注意が謎のハイテンション
何かを運転するハンドルを握る際には、だいたい同じような指導がされるそうです。(2022/6/22)

「ヤクルト1000」欲しさに「ヤクルトレディ」への迷惑行為が発生? 「クルマで後ろから……」「マンション入り口で待ち伏せ」 Twitterで情報が拡散
ヤクルト本社に話を聞きました。(2022/6/21)

自動車業界向けAI活用入門(前編):
AI活用が進む自動車業界、その継続的な運用に必要な「MLOps」とは
AIの活用が進む自動車業界だが、その使いこなしという意味では課題も多い。本稿は前後編に分けて、自動車業界が抱えるAI活用の課題を取り上げるとともに、その解決策として「機械学習モデル管理の重要性」(前編)と「コネクテッドデータの活用」(後編)という2つの観点で解説する。(2022/6/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産SAKURAに補助金100万円? 期待の軽BEVを潰す、無策な補助金行政
日産「SAKURA」と三菱自動車の「eKクロスEV」は、両社の合弁で設立された「NMKV」で設計された双子のクルマだ。今もっとも期待される軽BEV(バッテリー電気自動車)であり、すでに予約注文が殺到している。(2022/6/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
欧州自工会から脱退して独自にフォーラムを開催、分からないステランティスの狙い
さて、今週はステランティスから驚きの発表がありました。2022年末で欧州自動車工業会(ACEA)を脱退するというのです。(2022/6/19)

山本昌、「519馬力の国産チューニングカー」ドカンとお買い上げ? 「519馬力って燃えるなあ」と恍惚の表情
クルマ大好きが止まらない!(2022/6/18)

FAニュース:
最短約3秒で測定可能、スポット溶接自動検査システムを導入
東芝インフラシステムズは、同社のスポット溶接自動検査システムが、進和の構築する検査設備に組み込まれる予定であることを発表した。自動車の車体や、その部品接合に用いるスポット溶接を自動で検査可能なシステムとなる。(2022/6/17)

モビリティサービス:
ソニーとホンダの新会社は「ソニー・ホンダモビリティ」、CEOはホンダ水野氏
ソニーグループとホンダは2022年6月16日、高付加価値のEV(電気自動車)の販売とモビリティサービスを提供する新会社の設立に関する合弁契約書を締結したと発表した。(2022/6/17)

DX時代のPLM/BOM導入(7):
PLMでコンプライアンス対応(3):VDAのプロジェクト変更管理をPLMで行う
本連載では製造業DXの成否において重要な鍵を握るPLM/BOMを中心に、DXと従来型IT導入における違いや、DX時代のPLM/BOM導入はいかにあるべきかを考察していく。第7回は自動車の品質マネジメント規格であるVDA6.3のプロセス監査におけるプロジェクトの変更管理の要求事項と、PLMによる対応のポイントを紹介します。(2022/6/17)

クルマやバイクの整備道具を再現 キヤノン、工具ペーパークラフトの新作ミニチュアセットを無料公開
小さくても本格的なペーパークラフト。(2022/6/16)

これが次世代チョロQ:
チョロQ、ゼンマイからモーターへ 進化のきっかけは自動車EV化
タカラトミーは、ゼンマイを搭載せず、モーター駆動で走る「チョロQ」を今夏発売する。“チョロチョロ走るキュートなクルマ”をキャッチコピーに、1979年に誕生、80年に発売を開始した看板商品は、実際の車さながらの劇的な進化を遂げていた。6月16日に開幕した玩具の展示会「東京おもちゃショー2022」(東京ビッグサイト)で、実演担当者に話を聞いた。(2022/6/16)

PR:車査定アップル オリコン顧客満足度1位の中古車買取サービス


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.