• 関連の記事

「倒壊」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「倒壊」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

調査レポート:
空き家数が30年で倍増、2023年は900万戸に 総務省統計調査
総務省の住宅/土地統計調査の速報集計によると、2023年10月1日時点の国内の空き家数は900万戸で、調査開始以来最多となった。1993年時点の448万戸から、30年間で倍増した。空き家率も過去最高の13.8%に達した。(2024/5/8)

現在の建築基準を満たしていない「ブロック塀」→チョンと押してみると…… “古い塀の恐ろしさ”と“安全対策の大切さ”を実感させる工事に注目
地震などでもし倒れたらと思うと恐ろしい。(2024/5/5)

日本赤十字社が「2024年台湾東部沖地震救援金」の受付をスタート
4月5日〜6月28日まで寄付を受け付けます。(2024/4/5)

Yahoo!ネット募金で台湾の地震被害への「緊急支援募金」開始
(2024/4/4)

猫飼いさんに聞いた「最もヒヤッとしたこと」がガチすぎた…… 寄せられた多数の経験談に「とてもためになるスレありがとう」
笑えない“あるある”。(2024/4/3)

台湾で大きな地震 便乗してXに“インプレゾンビ”わく デマにも注意
4月3日午前8時58分ごろ、台湾近海を震源とする大きな地震が発生した。台湾気象台によると、震源のマグニチュードは7.2で、台湾中部の花蓮で最大震度6強を観測したという。(2024/4/3)

築50年超えの実家に愛犬と帰省中、能登半島地震が発生し…… 克明な恐怖の記憶とペット同伴被災の実態に「防災の意識が根本から変わりました」
いつ来るか分からない“いつか”のために備えを。(2024/3/29)

災害対応:
災害発生時にAIで被災状況を自動検知 日立が東京都に提供し、災害対応を高度化
日立製作所は、災害状況の把握に特化した独自AIで、東京都の災害対応を高度化する「高所カメラ被害情報収集システム」を開発した。(2024/3/15)

企業が備えるBCP:
安否確認ルールの「あいまいさ」、能登地震で浮き彫りに――被災地域の企業のリアル
元日に発生した能登半島地震。被災した企業はその時どう判断し、日ごろの備えはどう役に立ったのか。リスク対策.comが調査結果を実施した。(2024/2/29)

企業が備えるBCP:
SNSが捉えた能登半島地震 進化する「企業防災」の形とは
災害時、自社の被害を最小限に抑えて初動対応を取るには、正確な情報収集が欠かせない。多発する自然災害に、今後、企業はどう備えるべきなのか――。報道テックベンチャーのJX通信社代表取締役、米重克洋氏に寄稿してもらった。(2024/2/28)

制震:
アエラホーム、注文住宅の制震性能を強化 地震でも気密性/断熱性を維持
アエラホームは、注文住宅の制震性能強化に乗り出す。建物に伝わる地震の衝撃を吸収し、耐震性を維持できる制震装置の導入などにより、地震が起きても住宅の気密性や断熱性を損なわず、長く住み続けられる家づくりを進める。(2024/2/21)

「さっぽろ雪まつり」の展示はどう片付ける? 悲鳴飛び交う“衝撃の解体方法”に「知らなかった」
ド迫力。(2024/2/15)

ドローン:
「能登半島地震」の倒壊家屋を狭小空間用ドローンで現況調査、Liberaware
Liberawareは、自社開発した狭小空間の調査に対応するドローン「IBIS」で、能登半島地震の被災地となった輪島市内で倒壊家屋や倒壊リスクのある商業施設の現況調査を行った。(2024/1/31)

4キャリアが能登半島地震のエリア復旧状況を説明 “本格復旧“を困難にしている要因とは
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が合同で、能登半島地震のエリア復旧状況について説明した。道路が寸断して通れない、基地局へ向かえないことで復旧が難航している。船上基地局や衛星通信なども活用しているが、本格復旧のめどは立っていない。(2024/1/19)

小寺信良のIT大作戦:
震災で意識高まる「家庭内蓄電」 太陽光の“卒FIT”にポータブルバッテリーメーカーが注目する理由
ソーラーパネルを屋根に設置した家庭が増えてきた。太陽光発電の設置を義務付ける自治体も出てきているが、固定買い取り制度(FIT)により優遇されてきた売電価格は年々減少傾向にある。そこで各バッテリーメーカーが注目しているのが、売電システムを自家消費システムへ転換する「卒FIT」である。(2024/1/18)

NEWS Weekly Top10:
消えた地震の爪痕……“元被災地”の今 神戸新聞の特集に思う
1月17日で、阪神・淡路大震災から29年になる。筆者は当時、大きな被害が出た西宮市内に住み、兵庫県神戸市の学校に通っていた。自宅やその周辺はほぼ無事だったが、学校は半壊した。(2024/1/15)

7日夜〜8日朝にかけて寒気ピーク 北海道や北陸で警報級の大雪 日中も真冬の寒さ
日本海側は広く雪が降り、北海道や北陸では警報級の大雪に。(2024/1/7)

石川県珠洲市の同人誌印刷会社が被災、直近のイベントに向け同業他社が支援に名乗り
(2024/1/3)

働き方の見取り図:
なぜ休日に業務連絡? 「つながらない権利」法制化の前に考えるべきこと
「つながらない権利」が近年、関心を集めている。業務時間外の連絡対応の拒否を求める声が高まっている。法制化して職場とのつながりを一切遮断すれば解決するかというと、問題はそう一筋縄では行かない。「つながらない権利」問題の本質とは――。(2024/1/4)

能登半島地震でX(Twitter)の“インプレゾンビ”あらためて話題に SOS情報をコピペ、公共情報のリプライ欄を埋め尽くすなど救助を妨害
「海外企業の無料SNSをインフラにしてしまったことが問題」との意見も。(2024/1/2)

見様見真似でDIYでやってみた!→あああああ! 手作りの収納ラックが倒壊してしまった人に「片付け大変そう」「昨日の今日で!?」
やっちまったな……!(2024/1/5)

今年も放送、NHK「ゆく年くる年」 中継内で「2024年問題」に触れる
テーマは「希望を紡ぐ 明日への歩み」(2023/12/20)

プロジェクト:
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」 清水建設の施工で7年8カ月ぶりに蘇る
熊本地震で全倒壊した「阿蘇神社楼門」が清水建設の施工で、7年8カ月ぶりに往時の姿を完全に取り戻した。修復工事では、震度7に耐える耐震鉄骨を組み込む際、部材加工を最小限に留め、再利用することで、文化財としての価値を損なわずに修復を果たした。(2023/12/18)

3Dプリンティング:
3DプリンタでPCa構造物を大林組が製作 全長42m潜水突堤の先端に適用
大林組は、3Dプリンタで製作したプレキャスト部材を、砂浜の侵食を守る岩盤型潜水突堤の一部に適用した。同社によれば、全長50メートル規模の大型構造物への3Dプリンタ製作部材の適用は国内初だという。(2023/12/4)

大丈夫!いける!信じて! フタが閉まらないほどの具材山盛り鍋の写真に7万いいね 多種多様な山盛り鍋も集まる
山盛り鍋三段活用。(2023/12/3)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(21):
AIと車両搭載IoTセンサーで、交通インフラの問題を解消する最新研究【土木×AI第21回】
連載第21回は、交通インフラの事故防止や維持管理の諸問題を解決する目的で、車両搭載のIoTセンサーで取得したデータをAI解析する最新研究を紹介します。(2023/11/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラが直面する「分岐点」 自動車ビジネスの普遍的構造から読み解く
米テスラは今、大きな分岐点に差し掛かっている。すでにメディアにもさまざまな悲観論があがり始めているが、それらはテスラの現状の表層をなぞっただけで、全く本質に届いていない。(2023/11/13)

ドローン:
ドローンで風力発電設備のタワー点検を自動化、点検時間は10分の1に
日立パワーソリューションズは、センシンロボティクスと共同開発した風力発電設備のタワーをドローンの自動飛行によって点検するシステムついて説明。地上から人手で行う従来の手法と比べて、点検時間を最短で10分の1に短縮できるという。(2023/10/19)

調査レポート:
「関東大震災から100年、防災で家の対策が重視されていない」パナソニック ホームズが調査
パナソニック ホームズは、「住まいの防災」について考える取り組みとして、街頭インタビューやWebによる生活者意識調査を2023年7月に実施し、住まいの防災の重要性について広く理解を得る活動を展開している。(2023/10/3)

庭に掘りまくった穴を埋められたワンコ 吠えて走って最大限の怒りアピールに「めっちゃ荒ぶっとるw」「怒ってもかわいい」
怒りエンジンで駆け回れ!(2023/9/14)

第5回 建設・測量生産性向上展:
仮設無しの革新的な“杭打ち”工事を実現する技研製作所の「インプラント工法」
技研製作所のインプラント工法は、先に圧入した杭を利用して新しい杭を圧入する工法。堤防、護岸壁などの工事に用い、建機の稼働用に仮設スペースを用意する必要もない利点があり、オランダをはじめ、海外の公共事業でも採用されている。(2023/9/19)

施工:
積水ハウス ノイエ、基礎ダイレクトジョイント構法導入で耐震性向上
積水ハウス ノイエは、より地震に強い家を実現するために積水ハウスの木造住宅「シャーウッド」で標準採用の技術「基礎ダイレクトジョイント構法」と「高強度耐力壁」を2023年8月1日から導入した。(2023/9/15)

ロボットイベントレポート:
災害支援ロボットは“ダミヤン”を救えるのか!?――レスコン2023レポート
2023年8月11〜12日に神戸サンボーホールで開催された「レスキューロボットコンテスト2023」の概要と結果をお届けする。コンテスト参加チームの災害支援ロボットは要救助者ロボット“ダミヤン”を救えるのか!?(2023/9/11)

秋は台風シーズン 過去に大きな被害をもたらした台風も
秋は台風シーズンです。この時期は日本付近を通る台風が増え、過去に大きな被害をもたらした台風は、9月や10月に多くなっています。(2023/9/5)

100年前のフィルムが「8K+AI」で生々しく 関東大震災に迫る「NHKスペシャル」制作の裏側
9月2日午後10時から2夜連続で「NHKスペシャル 映像記録 関東大震災 帝都壊滅の三日間」が前後編で放送される。当時の記録映像を8Kスキャン+AI技術でカラー化したことで判明した、撮影場所/時刻などをもとに、巨大災害を追体験する内容となっている。今回、同局のチーフプロデューサーにテクノロジー面から番組制作の狙いを聞いた。(2023/9/2)

コストとリスク、なぜ人間は悪い方を選択してしまうのか
なぜ従業員はセキュリティリスクを「自分ごと」として考えられないのだろうか。それには人間の心理的な本能が大きく関わっている。情報セキュリティの専門家である稲葉 緑氏がその構造を解き明かし、リスクを「自分ごと」と考えてもらうためにできることを語った。(2023/8/30)

住民の安否情報から特定も可能:
「大規模言語モデル」と「画像の類似性判定」を使った場所特定技術をNECが開発
NECは、大規模言語モデルと画像分析によって被災状況を把握する技術を開発した。被災現場の膨大な画像から被災状況の把握に必要な画像を絞り込み、被災場所を番地レベルの正確さで素早く把握できる。(2023/8/28)

台風7号 Uターンラッシュに影響 道路など交通機関への影響が長引く恐れ
台風の動きが遅いため、交通機関への影響が長引く恐れも。(2023/8/15)

なんで……? 民家の屋根にトヨタ・カローラがぶっ刺さる 衝突事故のはずみと見られるも故意の可能性【米】
わけがわからないよ。(2023/8/15)

非常に強い台風7号 15〜16日東・西日本に強い勢力で接近・上陸か 警報級暴風も
非常に強い台風7号は、11日夕方にかけて小笠原諸島に接近したあとも北上を続け、15日〜16日頃に強い勢力を維持して、東・西日本に接近し上陸の恐れ。台風の直撃で関東や東海など広い範囲で大荒れの天気となるでしょう。警報級の暴風や大雨となる可能性があります。(2023/8/11)

【動画あり】大雨災害が発生したらどう行動する? 平成29年7月九州北部豪雨を振り返って
(2023/7/9)

【漫画】猫の殺処分を減らすために、飼い猫にこそ避妊去勢手術を 一体なぜ? 獣医師に話を聞いた
たとえ1匹の完全室内飼いの猫にも、避妊去勢手術を。(2023/7/9)

施工:
稼働中の冷蔵倉庫でも施工可能な「THJ耐震補強工法」が建築技術性能証明を取得、東亜建設工業
東亜建設工業が開発した「THJ耐震補強工法」が建築技術性能証明を取得した。THJ耐震補強工法は、稼働中の冷蔵倉庫内でも常温環境下と同等の耐震性能を確保できる耐震補強工法。(2023/5/17)

スマートハウス:
地震による建て替えを保証するパナソニック ホームズの「地震あんしん保証」を10年から35年に延長
パナソニック ホームズは、地震の揺れで万が一建物が全壊や半壊した場合、パナソニックホームズが責任を持って建て替えや補修を保証する「地震あんしん保証」の期間を10年間から最長35年間に拡充する。(2023/5/8)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(18):
人工衛星×AIを防災/インフラに活用した最新研究 地盤沈下検出や長期モニタリング【土木×AI第18回】
連載第18回は、合成開口レーダ(SAR)やRTK-GNSSなどの技術を用いて人工衛星で取得したデータとAIのインフラ分野を対象にした最新研究を紹介します。(2023/3/31)

デジタル防災を始めよう:
何かと話題になるタワマン、防災は今どうなっているのか?
現在マンションデベロッパーはタワーマンションの防災についてどう考え、行動しているのだろうか。避難訓練に密着し、被災時の食事、水道、エレベーター、トイレなど防災の実際をリポート。(2023/3/4)

駐日トルコ大使館が直接義援金を送れる口座を公開 駐日ジョージア大使などから義援金が続々集まる
支援したい人はぜひ。(2023/2/8)

無策の象徴:
空き家問題、放置してはいけない
国の無策の象徴である「空き家問題」。ここまで深刻化するまで国は何をしていたのか、そして今何をしようとしているのか、さらに「何をしようとしていない」のか。もう一度よく考えてみたい。(2023/2/3)

Social Media Today:
NikeやDisneyのようなブランドパーパスを設定するために有効な5つの「なぜ?」
重要なのはあなたのブランドが「何を売っているのか」ではなく「なぜ存在しているのか」だ。NikeやDisneyのような「唯一無二のパーパス」を設定するための方法とは?(2023/1/26)

NEWS Weekly Top10:
もし、阪神大震災の時に、Twitterがあったら
明日1月17日で、阪神・淡路大震災からまる28年経つ。1995年当時はインターネットは黎明期だったが、もしあの時にTwitterがあったらどうだっただろう……考えてみたい。(2023/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.