• 関連の記事

「コンタクトレンズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

九州初の「キラキラドンキ」オープン 限定の韓国グッズや推し活アイテムを強化
ドン・キホーテは6月28日、「キラキラドンキ博多マルイ店」(福岡市)をオープンする。「キラキラドンキ」は主にZ世代向けの商品を扱う専門型の業態で、全国で6店舗目、九州では初出店となる。(2024/6/11)

母「娘よ やめろや」 家のあちこちにある“片付けろ”シリーズが1160万再生 「うちの娘がそちらにお邪魔してますか!?」と共感の嵐
わが家だけじゃなかったのか。(2024/6/10)

医療機器ニュース:
市販のコンタクトレンズに搭載できる、複合マイクロメッシュ電極を開発
早稲田大学は、市販のコンタクトレンズに搭載できる、透明で柔らかい複合マイクロメッシュ電極を開発した。80%以上の透過性を有するほか、網膜の局所的な応答を計測する複数点同時網膜電位計測が可能になった。(2024/5/23)

医療機器ニュース:
ホログラフィーを利用したコンタクトレンズディスプレイ技術開発が採択
東京農工大学らは、情報通信研究機構の公募事業に採択され、「ホログラフィックコンタクトレンズディスプレイを実現する革新的基盤技術の開発」をテーマとした研究開発に共同で取り組む。(2024/5/7)

製造マネジメントニュース:
日立がロボットSI事業強化に向けドイツ企業を買収、JRオートメーションと連携
日立製作所は、欧州を中心にロボットSI事業を展開するドイツのMA micro automationを買収すると発表した。買収金額は7150万ユーロ(約119億円)で、2024年後半の買収完了を予定している。(2024/5/1)

ゴージャスメイクな女性が化粧を落としてすっぴんになると…… 別人級の変貌に「私にもそのメイク技術があったら」【海外】
つい知りたくなるすっぴんを披露。(2024/4/16)

「有明ガーデン」4月にリニューアル、どう変わる?
住友不動産商業マネジメントは、運営する商業施設「住友不動産 ショッピングシティ 有明ガーデン」の新規店舗とリニューアル店舗を発表した。(2024/4/1)

研究開発の最前線:
次世代コンタクトレンズの基盤技術に関する共同研究を開始
東北大学は、東京大学、メニコンと共同で、2024年4月より「次世代コンタクトレンズ及びコンタクトレンズの流通・製造に関する基盤技術構築」に向けた研究を開始する。(2024/3/21)

中村雅俊と五十嵐淳子の三女、視力矯正手術から1年の実感 「自己投資はなるべく早くやった方がコスパ良い」
生活の質が向上した現在を伝えています。(2024/3/8)

2歳息子が“パパのだいじだいじ”を洗ってくれたけど…… 無常な結末に「かわいいけど悲しい」と切ない笑い
これは怒れない……。(2024/2/24)

今どき! 買いどき! デジモノ道案内!:
「ViXion01」の今までにない感覚が人生の選択肢を拡大 オートフォーカスアイウェアでライフスタイルが変わる
老眼鏡や拡大鏡の付け替えは非常に面倒だが、オートフォーカスアイウェアの「ViXion01」がそれらの悩みを解決してくれそうだ。実機を試して分かったことをまとめた。(2024/2/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
試して分かった「Apple Vision Pro」の体験価値、可能性、そして課題
予告通り、筆者は「Apple Vision Pro」を手に入れた。手に入れてすぐ試して思ったことを、つらつらとつづってみようと思う。(2024/2/7)

「Apple Vision Pro」レビュー 渡米してまで買う価値はあったのか
米Appleの製品には「魔法のような」という形容詞がつきやすい。技術に魔法も近道もないが、大量の予算とエンジニアを貼り付けて「時間を早送りする」ことは可能ではある。Vision Proなそんな製品だ。どういうことか、渡米して実機を購入したのでレビューしたい。(2024/2/5)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは日本でも買えた! そのプロセスで感じられた語り尽くせない驚きの理由
米国において「Apple Vision Pro」の受注が始まった。筆者も実際に注文してみたので、その時の体験談を交えつつ、このデバイスが持つ可能性をひもといていきたい。【更新】(2024/1/24)

「視力1.0」と「視力0.1」、見える世界を比べたら? メガネ店の“近視再現”に驚嘆「こんなに見えてないんだ」
眼鏡って偉大。(2023/12/24)

ちいかわが“描かれた”コラボカラコン爆誕 「目の中へ入れても痛くないってコト?」とファン騒然
「サスマタブラウン」のデザインとネーミングセンスもすごい……。(2023/12/19)

スシローがスタッフのヘアカラーやひげを解禁 「自分らしく、いきいきと働ける職場へ」
アルバイト、社員を含む全ての従業員が対象。(2023/10/31)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
「平成レトロ」「Y2K」が大ブーム、次に復活しそうなトレンドをChatGPTに予測してもらった
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「平成ブームとその次」です。(2023/10/21)

日本人妻が初めてカラコンをつけたら、イギリス人夫の反応は……? ストレートな褒め言葉と愛情表現がステキだと260万再生突破
仲良し国際カップル。(2023/9/27)

医療機器ニュース:
体内深部への薬剤送達への応用へ、電気刺激のない柔軟なピペットを開発
東北大学は、電気刺激がなく、制御性、柔軟性、安全性を併せ持つ細径チューブ型のハイドロゲル製ピペットを開発した。体内深部への薬剤送達やハイドロゲル電極デバイスへの搭載が可能だ。(2023/9/26)

SFプロトタイピングに取り組む方法:
“究極の服”は「ボディースーツ+拡張現実」? 生地素材スタートアップ がSF的に描く未来
未来のファッションは、ボディースーツに「理想の姿」を仮想的に投影するかもしれない――こんな将来像を語るスタートアップがあります。どんな姿を描いているのでしょうか。(2023/9/1)

梅宮アンナの娘「目が痛くて開かない」→病院へ コンタクトレンズで眼球にキズ「二度とつけたままで寝ない!!」
これは注意したい。(2023/6/2)

Innovative Tech:
レーザーポインター内蔵コンタクトレンズ、フランスチームが開発 見ているモノに画像投影
フランスのIMT Atlantiqueに所属する研究者らは、装着者が見ているものに赤外線レーザーポインターを照射して画像を投影できるコンタクトレンズを提案した研究報告を発表した。(2023/5/11)

医療技術ニュース:
スマートコンタクトレンズに搭載可能な新しい無線回路を開発
早稲田大学は、スマートコンタクトレンズなどにも搭載できる、新しい原理の無線回路「パリティ時間対称性共振結合回路(並列接続)」を開発した。センサー感度が2000倍に改善し、涙中糖度や皮膚を介した血中乳酸を無線計測できる。(2023/5/8)

カラコンの利用者:
視力が低下したときの解決法 メガネかコンタクトか
ポイ活アプリを運営するBHIは、「目の困りごとやコンタクトレンズに関するアンケート調査」を実施した。結果を見ると……。(2023/4/24)

センサー感度を2000倍に:
糖尿病網膜症を計測できる無線回路を開発、早大
早稲田大学は2023年4月10日、センサー感度を2000倍にできる新原理の無線回路を開発したと発表した。スマートコンタクトレンズに搭載し、涙中糖度を計測することで、糖尿病網膜症の早期発見/治療への活用が期待できる。(2023/4/20)

福田昭のデバイス通信(392) 2022年度版実装技術ロードマップ(16):
人間の能力を拡張する実装技術
JEITAの「2022年度版 実装ロードマップ」を紹介するシリーズ。今回から、第3項(2.3.3)「人間拡張」の概要を説明する。(2023/3/15)

医療機器ニュース:
網膜投影技術を応用したカメラキットを発売
ソニーは、ロービジョン者に向けて網膜投影カメラキット「DSC-HX99 RNV kit」を発売する。同社のサイバーショット「DSC-HX99」と、QDレーザのレーザー網膜投影技術を応用したビューファインダー「RETISSA NEOVIEWER」を組み合わせた。(2023/3/9)

Innovative Tech:
ARコンタクトレンズを3Dプリンタで作成 運転中の道案内で性能実証 韓国の研究者らが開発
韓国電気研究院(KERI)と蔚山科学技術大学校(UNIST)に所属する研究者らは、3Dプリンタを用いてスマートコンタクトレンズが作成できる技術を提案した研究報告を発表した。(2023/3/8)

自社ならではの手当も:
「賃金、上がる予定なし」48.7% ビジネスパーソンに聞いた
旅行事業を手掛けるエアトリは、20代以上を対象に「働き方」についてアンケートを実施。コロナ禍を経ての賃金について尋ねたところ……。(2023/2/21)

ソニー、網膜投影カメラキットを発売 ロービジョンの人でも撮影しやすく
ソニーは目のピント調節能力の影響を受けにくいレーザー網膜投影式のビューファインダーを組み合わせたデジカメのセットを販売する。一部費用をソニーが負担することで価格を10万9800円に抑えた。(2023/2/21)

iPhoneの文字が小さくて見づらい……「文字サイズ」「アイコン」を拡大する5つの方法
年々サイズが大きくなるiPhone。だが表示できる情報量が多くなっただけで、文字サイズが大きくなっているわけではない。今回はそんなiPhoneの文字サイズを見やすく拡大する方法を紹介する。(2023/2/17)

サブスク契約者向け:
電話は300件以上あったのに、LINEでコンタクトレンズ注文の利点
メガネ一番はこのほど、コンタクトレンズをLINE経由で注文できるサービス「イチバン楽ダ」を開発した。(2023/2/3)

NTTエレが展示:
近視/遠視でも鮮明な映像を、網膜直接投影型ARグラス
NTTエレクトロニクスは、「第9回 ウェアラブル EXPO」(2023年1月25〜27日、東京ビッグサイト)に出展し、視力矯正なしで鮮明な映像を見ることができる網膜直接投影型スマートグラスを展示した。(2023/2/3)

新たなシンボルが誕生:
「津田沼パルコ」B館が「Viit」に 約30の新店舗がオープン
津田沼七番館は、2月28日に営業を終了をする「津田沼パルコ」B館を商業施設「Viit(ビート)」としてリニューアルオープンする。3月16日にオープンし、9月までに約30の新店舗が順次オープン予定。(2023/2/2)

誤解はなぜ生まれた?:
「地球にやさしい」では買わない? Z世代の環境意識と消費行動にギャップ
Z世代と聞くと「環境意識が高い」というイメージがあるが、実際のところ環境に対する興味・関心は年齢が上がるほど高くなる。なぜ、そのような誤解が生まれたのか。ニッセイ基礎研究所 生活研究部 上席研究員の久我尚子氏に分析してもらった。(2023/1/19)

福田昭のデバイス通信(381) 2022年度版実装技術ロードマップ(5):
スマートウォッチが備えるヘルスケア機能
今回は第2章第3節第1項(2.3.1)「ヘルスケアデバイス」の概要をご報告する。(2023/1/11)

ARコンタクトレンズのMojo Vision、資金不足で開発停止 マイクロLEDにピボット
ARで視界に情報を表示するスマートコンタクトレンズを開発中のMojo Visionが開発を保留すると発表した。資金調達が困難になったため。従業員の75%を削減し、マイクロLEDディスプレイにピボットする。(2023/1/8)

爪に貼って連絡先をスマホに送信できる“スマートネイル”「Insta Nail」発売
Glotureは、スマートネイル「Insta Nail」販売開始。爪に貼り付けたNFCマイクロチップへ電話番号やメールアドレス、SNSのアカウント情報などを保存し、スマートフォンで読み取ることができる。(2022/12/28)

AWS re:Invent 2022:
AWSのCEOが発表した13の新たなサービス これさえ読めば全て分かる
AWS re:Inventの2日目には同社のCEO(最高経営責任者)であるアダム・セリプスキー氏が登場し、13の新たなサービスを発表した。本稿は全てを解説する。(2022/11/30)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
MicrosoftがWindows 11/10向け11月の更新プログラムを提供開始 LG Displayが伸縮する高解像度ディスプレイを発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。まとめてチェックしましょう!(2022/11/13)

エースの調査:
カラコン購入者の5割が「イメージモデルで決める」 3位「佐々木希」、2位「益若つばさ」、1位は?
エースは、これまでに一度でもカラコンを購入したことがある人に、「カラコンのイメージモデル」に関するアンケート調査を実施した。購入するカラコンをイメージモデルで決めたことはある人は52%とほぼ半数であることが分かった。(2022/11/3)

Innovative Tech:
視線や瞬きを検出できるコンタクトレンズ 電池不要で眼球運動を追跡
中国の研究チームは、視線や瞬きを検出できる電池不要のコンタクトレンズを提案した研究報告を発表した。RF信号を用いて電力供給を行い、眼球運動の追跡を行う。(2022/10/31)

令和版「スターと握手した手を一生洗わない」? “推し”からファンサービスを見た日のカラコンを取っておくファンに「わかる」「わたしも」と共感の声
意外にもあるあるなの?(2022/10/26)

桐谷美玲、“ICL手術”で視力0.06から1.5に大幅回復 術後の経過も順調で「快適な裸眼生活を送っています」
眼鏡やコンタクト生活から解放された桐谷さん。(2022/10/25)

ドコモの「smartあんしん補償」、従来の「ケータイ補償」と何が違う?
9月15日、NTTドコモ(以下、ドコモ)が補償サービス「smartあんしん補償」を始めた。これまでの「ケータイ補償」とは何が違うのか。どんなユーザーに向くのかを整理してみた。(2022/10/24)

桐谷美玲、ICL手術を終えて感激「人生変わった」 寝起きからバッチリ見える“2歳息子”に「最高の目覚め!」
幸せを感じるポイントにほっこり。(2022/10/16)

コロナ禍ならでは? Zoffの「薄色レンズ」サングラス、販売好調の理由
メガネブランド「Zoff」(ゾフ)で、レンズの色が薄い「ライトカラー」のサングラス販売が好調だ。理由などを運営元のインターメスティックに聞いた。(2022/8/11)

製造業×脱炭素 インタビュー:
1DAYコンタクトの高効率な廃プラリサイクルを実現した「米の選別機」
便利な一方で廃プラスチックの問題が懸念される使い捨てコンタクトレンズ。現在、多くのコンタクトレンズメーカーが環境負荷低減に向けて取り組みを進めている。本記事では廃プラスチックの高効率な再資源化のシステムを構築した、シードの取り組みを紹介したい。(2022/8/9)

特殊な光を当て矯正:
近視矯正メガネ「クボタグラス」、日本で販売開始 価格は77万円、全額返金保証も
窪田製薬ホールディングスが特殊な光を網膜に当てて近視を矯正する「Kubota Glass」(クボタグラス)を日本国内で販売すると発表。価格は77万円で、眼科や眼鏡店4施設で販売する。日本では近視が低年齢化が進んでおり、同社は6歳以上の小学生から、PCでのデスクワークが多いビジネスパーソンなどの利用を想定している。(2022/8/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.