• 関連の記事

「コンバージョン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MVNOに聞く:
「最初は半信半疑だった」 フリービット石田社長に聞く「トーンモバイル for docomo」の狙い
NTTドコモのエコノミーMVNOに、2社目となる「トーンモバイル for docomo」が加わった。「TONE for iPhone」と呼ばれる料金プランを用意し、スマートフォンを初めて持つ子どもをターゲットに設定。当のトーンモバイル自身も、ドコモから声がかかった当初は半信半疑になるほどの意外性があったという。(2022/1/14)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年12月)
2021年最後のランキングは、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/28)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年12月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/21)

コネクテッドTV(CTV)、ポッドキャスト、スーパーアプリ他:
マーケターなら知っておきたい2022年モバイル市場における5つの予測
2022年のモバイルアプリ市場はどうなるのか。Adjust日本法人のゼネラルマネージャーとAdjust本社の各リーダーが解説する。(2021/12/17)

オフィスの教科書(2):
総務が見直すべき「設備と制度」 コロナ禍でもコミュニケーションを生み出すオフィスはこう作る!
ウィズコロナ時代のオフィスには、ソーシャル・ディスタンスを保ち、個人の作業に集中する空間としての機能と、チームや部署を越えたダイナミックなコミュニケーションを生む空間としての機能の双方が求められています。そうした未来志向のオフィスに必要な設備・スペースや、制度・文化づくりについて紹介します。(2021/12/7)

実証ではなく「ビジネス」として社会実装!:
太陽光で発電する移設可能なガレージを新開発、岐阜県で新たなEVシェアサービスが始動
2022年1月11日、岐阜県多治見市において電気自動車(EV)のシェアリングサービスがスタートする。配備される車両は、トヨタの超小型EV「C+pod」(シーポッド)。この車両が15分あたり220円(税抜)の低価格で利用できるようになる。数社の連携によって実現したこのEVシェアリング事業の詳細をレポートする。(2021/12/6)

オフィスの教科書(1):
出社再開、執務室のレイアウトはどう変える? フリーアドレスはやめるべき?
現在、新型コロナウイルスの感染状況が改善し、少しずつ日常が戻ってきています。しかし、今後も感染拡大防止対策を講じながら業務を行うことが重要です。そんな中、オフィスの在り方はどのように変わるべきでしょうか? 執務室のレイアウトの変更例や、フリーアドレスについてなど、すぐに使えるオフィスデザインの知識を解説します。(2021/12/3)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」に絞って、振り返っていきたいと思います。(2021/12/1)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年11月)
「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。今週は「Optimizely」が顧客ドメイン数を大きく伸ばしました。(2021/11/30)

Retail Dive:
出品者の販売促進へ Amazonが無料のデータ分析サービス発表 戦略に物議も
Amazonに商品を出品する企業が消費者の検索データを分析することで販売を強化できる――。Amazonがそんな無料ツールをリリースする。一部で物議を呼びつつ、豊富なデータを武器に事業者とのつながりを深める戦略とは。(2021/11/26)

企業のマーケティング高度化と持続的な事業成長を実現:
電通と電通デジタル、複数メディアを統合的にモニタリングするマーケティングダッシュボード「MIERO」を提供
企業の持続的な事業成長に貢献する統合マーケティングダッシュボード。第一弾としてテレビ・デジタル動画統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV」をローンチ。(2021/11/18)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年11月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。(2021/11/16)

大切なのは“サステナブルな野生” 日本EVクラブ代表・舘内端さんが語る「EVラリー」の魅力
EVユーザーが全国から長野県白馬村を目指して走る「ジャパンEVラリー白馬」。その創設者で日本EVクラブの代表、舘内端さんはEVの魅力について「サステナブルな“野生”なんだよ、大切なのは」と語る。(2021/11/8)

複数ブランドを横断した施策に強み:
LINEのデータとファーストパーティーデータを統合管理 「ビジネスマネージャー」でできること
現時点では「Talk Head View」「LINE公式アカウント」「LINE広告」「LINE NEWS TOP AD」間のデータが連携可能。(2021/11/5)

勘違いだらけのWebマーケティング【第3回】:
離脱につながるUI/UX そのカート追加導線が残念な理由
Webマーケティングでよくある勘違いを紹介し、理想と現実のギャップを埋めるための本連載。第3回は「カート追加導線」について。(2021/11/8)

勘違いだらけのWebマーケティング【第2回】:
成果の出ないディスプレイ広告によくある3つの勘違い
Webマーケティングでよくある勘違いを紹介し、理想と現実のギャップを埋めるための本連載。第2回は、代表的な集客施策である「ディスプレイ広告」について。(2021/11/1)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/10/26)

勘違いだらけのWebマーケティング【第1回】:
コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC参入」。好評に応え、今回は裾野を広げて「Webマーケティング施策」におけるありがちな勘違いを紹介する。第1回は、コンテンツSEO編。(2021/10/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。(2021/10/19)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/10/5)

興隆するHRテック市場で、採用テックがなぜ今注目なのか?(前編)
市場が急成長している採用テック。テクノロジーをてこに、採用の世界が効率化・高度化が進む「採用テック」が、今求められる理由は主に2つあるという。(2021/10/1)

海外と日本の事例:
パンデミックでも店舗を“休眠させない” ユニファイドコマースは、小売りの救世主になるか
オンラインとオフラインの垣根を取り払い、全てのチャネルを「統合」する「ユニファイドコマース」は今後、どのような展開を見せるのだろうか。海外と日本の事例を取り上げ、将来を占ってみたい。(2021/10/1)

AIを活用:
Oracle、リードの生成と選別を“完全”自動化する「Oracle Fusion Marketing」を発表
リードジェネレーションとリードクオリフィケーションを完全に自動化するという。(2021/9/30)

セール対象外商品の売り上げは200%アップ!:
PR:店舗セールのオンライン化で「アンダーアーマー」ドーム社が実現したデジタルシフト、その秘訣とは?
コロナ禍でリアル店舗の売り上げが減る中、シークレットセールをオンライン化して成功を収めた「アンダーアーマー」で知られるドーム社。「やりたいと思ったことが全て実現できた」と担当者はうれしそうに振り返る。同社のデジタルシフトを成功に導いたのは「Adobe Experience Cloud」だ。(2021/10/4)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年9月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。“より売れる”サイトページや“再訪したい”ユーザーエクスペリエンスを実現するクリエイティブを実現します。(2021/9/28)

今日のリサーチ:
テレビCMの本当の広告効果とは? フジテレビジョンとサイカが共同研究
サイカが保有する75社109ブランド249事例を統計処理した分析データを解析することで、これまで不明瞭だったテレビCMの広告効果に影響を及ぼす要素を可視化しました。(2021/9/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。(2021/9/21)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年9月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの国内顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/9/7)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
Google アナリティクス最新バージョン「GA4」はWeb解析業務をどう変えるのか
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。初回は「GA4」をテーマにお届けします。(2021/9/1)

広告主が今すぐ対応すべきこと:
ポストIDFA時代のモバイルプログラマティック戦略
2021年4月に始まったAppleのIDFA利用制限はモバイル広告にどのような変化をもたらすのか。InMobiで日本事業の責任者を務める井料武志氏が解説する。(2021/8/30)

MVNOに聞く:
「どうしても最安値を取りに行きたかった」 HISモバイル「格安ステップ」の狙いを聞く
HISモバイルの新料金プラン「格安ステップ」では、1GBと3GBが特に安価に設定されている。卸価格が値下げされたことで、通話料金も30秒あたり11円に抑えた。「ステップ」と言いながらも、実は段階制プランではない。同プランの狙いを猪腰英知社長に聞いた。(2021/8/27)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
カプセルを大胆リノベーション! カプセルホテルの“安心お宿”がコロナ禍で打ち出す“秘策”
筆者が取材を続けてきた“カプセルホテルのトップランナー”といわれる事業者にフォーカス。アフターコロナに向けても新たな境地を切り開きつつあるリアルな現場について、これまでの取材の総括も含めレポートしたい。(2021/8/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。データ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、今月の顧客ドメイン数のみをランキング化しました。(2021/8/17)

ルグラン泉浩人氏に聞く:
天気に合わせた広告配信 「weathermarketing.net」が目指す広告体験向上のためのデータ活用
脱サードパーティーCookieの流れが進む中、広告の「出し分け」があらためて課題になっている。そうした中、気象データの活用というアプローチを取るサービスが登場した。(2021/8/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/8/3)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効果的に表示して訪問者の離脱を防ぎ、CVRアップを実現します。今月はデータをフィルタリングし、有償版のサイト内検索ツールをランキング化しました。(2021/7/27)

コミュニティー形成が鍵:
ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として注目されるのが、ライブ配信経由でダイレクトに購入を促す「ライブコマース」だ。(2021/7/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年7月)
自社サイトのクリック率やコンバージョン率の向上に欠かせないツールが「A/Bテスト」製品です。今月は「アドエビスLPO」や「Zoho PageSense」「ジャイロンA/Bテスト」がTOP10にランクインしました。(2021/7/20)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年7月)
前月と比較すると、「KARTE」や「iGoDigital」のドメイン数が大きく増加しました。(2021/7/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年7月)
デジタル上で新規見込み客を獲得し、コンバージョン率、営業効率を最大化するために不可欠なのがマーケティングオートメーション(MA)ツール。前月度と比較し、「BowNow」や「Salesforce Pardot」「Adobe Marketo Engage」などが顧客ドメイン数を伸ばしました。(2021/7/6)

国内における事業戦略を発表:
アドビ新社長の神谷知信氏が掲げるビジョンは「心、おどる、デジタル」
新ビジョンに基づき今後、企業のデジタルトランスフォーメーションをどう支援していくのか。(2021/6/30)

オンライン専業生保の販売力強化策:
ライフネット生命が手掛ける「ホワイトレーベル」「オンライン保険代理店」 他社との協業に行き着いた理由とは
ライフネット生命が経営方針の重点領域として掲げるのが「顧客体験の革新」と「販売力の強化」だ。オンラインに軸足を置きつつさらなる成長機会拡大に向け先駆者の取り組みから成功のヒントを探る。(2021/6/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「サイト内検索」ツール 国内売れ筋TOP10(2021年6月)
検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効果的に表示させるサイト内検索ツール。圧倒的な顧客数の「Googleカスタム検索」をはじめ、「SearchSpring」や「Yext」などが人気です。(2021/6/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠かせない「A/Bテスト」ツール。「Google オプティマイズ」と「Optimizely」を筆頭に、「VWO」や「Adobe Target」などが人気です。(2021/6/15)

ログイン離脱解消で増収達成:
PR:一般的な「ログイン」がサイトの売り上げに限界をもたらしているワケ
オンライン会員サイトでアクティブユーザーを増やす近道は何なのか? 実は、UIや購入フローを見直す前に、真っ先に目を向けたいことがある。それが、ログイン失敗からの離脱ユーザーをすくいあげ、カスタマーエクスペリエンスを向上させることだ。(2021/6/14)

新しい体験を創造せよ:
コネクテッドTVでパフォーマンスを向上させたいモバイルマーケターが知っておくべき3つのユーザー行動
OTTストリーミングの消費パターンが激変している。とりわけ注目すべきはコネクテッドTV(CTV)の台頭だ。テレビ視聴習慣の変化はマーケターにとって新たなエクスペリエンスを提供するチャンスだ。(2021/6/8)

リノベ:
三菱地所レジデンスの「Re ビル事業」初、オフィスビル改修のホステルが開業
ハンカチーフなど繊維製品の販売で知られるブルーミング中西が福岡・中央区大手門で所有していたオフィスビルは、三菱地所レジデンスの「Re ビル事業」による改修でホステルに生まれ変わった。オフィスビルの宿泊施設へのコンバージョンはRe ビル事業で初となる。(2021/6/8)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年6月)
ECサイトから顧客のニーズや嗜好に適した顧客体験を提供するための「パーソナライゼーションエンジン」が人気です。今月の国内顧客ドメイン数TOP10を前月と比較すると、「AiDeal」は横ばい、他のツールは微減しました。(2021/6/8)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
ウォルマート、ECが大躍進──“日常”が戻っても、伸びそうなのはなぜ?
ウォルマートの業績が好調だ。米国では人々がノーマルな生活に戻りつつあるにもかかわらず、ECの売り上げは37%も増加している。その背景にある、データとAIに関する戦略について解説する。(2021/6/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.