• 関連の記事

「ディストリビューション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ディストリビューション」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

RHELとSLESの違い【後編】
Linux初心者がまず知っておくべき「RHEL」「SLES」の違いとは?
Red Hatの「RHEL」とSUSEの「SLES」は、どちらも代表的なLinux向けディストリビューションだ。これからLinuxを学ぶ人は、両者の違いを幾つか押さえておく必要がある。まず学ぶべき点とは。(2024/6/18)

RHELとSLESの違い【中編】
「RHEL」対「SLES」 Linuxディストロの学びやすさや認定資格の違いとは?
「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)には、Linuxディストリビューションそのものだけではなく、周辺ツールやサービスにも違いがある。学習や認定資格から見た違いは。(2024/6/11)

RHELとSLESの違い【前編】
企業向けLinuxディストリビューション「RHEL」「SUSE」は何が違う?
主要な「Linux」ディストリビューションとして、Red Hatの「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と、SUSEの「SUSE Linux Enterprise Server」(SLES)がある。稼働するアーキテクチャや関連サービスの違いとは。(2024/6/4)

パフォーマンスエンジニアリング、セキュリティ、開発支援などの機能が強化:
Linux 6.8カーネル採用の「Ubuntu 24.04 LTS」リリース
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版「Ubuntu 24.04 LTS」(開発コードネーム「Noble Numbat」)が公開された。10番目のLTSリリースで、Linux 6.8カーネルを採用している。(2024/5/2)

「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づく:
Canonical、CNCF準拠の新たなk8sディストリビューション「Canonical Kubernetes」のβ版を公開
Canonicalは新たなKubernetesディストリビューションである「Canonical Kubernetes」のβ版を公開した。「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づき、開発者が求める迅速な環境構築とエンタープライズ向けの自動化機能やセキュリティ機能の両方を提供するものだという。(2024/4/9)

OSSコミュニティーに衝撃:
「XZ Utils」にバックドア(CVE-2024-3094)の問題 Fedora、Debian、Alpine、Kali、OpenSUSE、Arch Linuxの開発版、実験版に影響
主要なLinuxディストリビューションなどで広く使用されている「XZ Utils」に、悪意あるコードが挿入された問題(CVE-2024-3094)が確認された。(2024/4/4)

Java SEと互換性があるオープンソースのJava開発実行環境:
AWS、OpenJDKディストリビューション最新版「Amazon Corretto 22」をリリース
Amazon Web Services(AWS)は、OpenJDKの最新の機能リリースに対応した「Amazon Corretto 22」の一般提供を開始した。(2024/3/28)

Linuxディストリビューションの選択肢【後編】
CentOS後継争い「Rocky Linux」対「AlmaLinux」の勝負は“あれ”で決まる
Red Hatが「CentOS Linux」を廃止したことで、企業は「RHEL」の代わりとして利用できる安定したディストリビューションを探すことになった。「Rocky Linux」「AlmaLinux」のどちらが選ばれるのか。(2024/3/19)

Linuxディストリビューションの選択肢【前編】
CentOS後継として「Rocky Linux」と「AlmaLinux」が人気な訳
「Rocky Linux」と「AlmaLinux」は、Red Hatが「CentOS Linux」の廃止を発表した後に誕生したディストリビューションだ。CentOS Linuxの後継として選ばれるRocky LinuxとAlmaLinuxにはどのような特徴があるのか。(2024/3/12)

法人化の下、技術委員会も発足:
OpenELA、RHEL互換ディストリビューション「Enterprise Linux」のソースコードを一般公開
OpenELAはEnterprise Linux OS構築に必要な全てのパッケージのソースコードを利用可能にすることを発表した。(2023/11/21)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第1回】
OSSらしくない「Linuxディストリビューションの矛盾」とは
LinuxベンダーSUSEはアジアで攻勢を掛ける。同社が事業拡大のチャンスとして見るのは競合Red Hatが打ち出した“ある動き”だ。SUSEの新CEOは何を考えているのか。(2023/9/20)

RHEL互換ディストリビューションの開発を促進:
RHEL互換ディストリビューションの開発促進団体「OpenELA」設立 CIQ、Oracle、SUSEの3社
CIQ、Oracle、SUSEの3社は、「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)互換ディストリビューションの開発を促進する業界団体「Open Enterprise Linux Association」(OpenELA)を設立する。(2023/8/16)

Asahi LinuxプロジェクトをFedoraが統合:
Appleシリコン搭載Mac向けLinux「Fedora Asahi Remix」、2023年8月末に正式リリース
Appleシリコン搭載Mac向けLinuxの開発に取り組む「Asahi Linux」プロジェクトは、Asahi Linuxの新たなフラグシップディストリビューションが「Fedora Asahi Remix」になると発表した。2023年8月末までの正式リリースを目指し、パッケージの統合や機能追加を進めている。(2023/8/7)

全ての機能を開発、本番環境利用できる:
Oracleの高性能JDKディストリビューション、「Oracle GraalVM」が無料で利用可能に
Oracleは、新しい「Oracle GraalVM」ディストリビューションを新しい「GraalVM Free Terms and Conditions」(GFTC)ライセンスで公開した。(2023/6/20)

AWSに最適化された「Amazon Linux 2023」正式リリース 今後は5年間無償サポート 2年ごとにバージョンアップ
AWSが、同社の各種サービスや開発ツールに最適化されたLinuxディストリビューション「Amazon Linux 2023」を正式リリース。今後5年間無料サポートを提供し、2年ごとにバージョンアップする。(2023/3/17)

WSL(Windows Subsystem for Linux)が1.0に Microsoft Storeから提供へ
MicrosoftはWSL(Windows Subsystem for Linux)のアプリ版を正式リリースすると発表した。12月半ばにMicrosoft Storeで公開する。混在するディストリビューションをこのアプリ版に一本化する。(2022/11/24)

サポートは2032年までの10年間:
「RHEL 9」互換、無償の「MIRACLE LINUX 9」提供開始 CentOS移行支援も提供
サイバートラストは、「MIRACLE LINUX 9」の提供を開始した。「Red Hat Enterprise Linux 9」との互換性を備えたLinuxディストリビューションで、2032年11月までパッケージアップデートやセキュリティパッチを提供する。(2022/11/2)

エッジコンピューティング:
レッドハットがエッジ市場に本格参入、「Red Hat Device Edge」を展開
エンタープライズ向けLinuxディストリビューション大手のレッドハット(Red Hat)が、エッジコンピューティング市場に本格参入する。「KubeCon+CloudNativeCon North America 2022」において、産業機器向けにコンテナアプリケーションを柔軟にデプロイするソリューション「Red Hat Device Edge」を発表したのだ。(2022/10/28)

CentOSからどこに移る?:
CentOS終了後、利用したいLinuxディストリビューションは?
デージーネットは「今後利用したいLinuxOSについてアンケート調査」の結果を発表した。調査によれば、現在利用しているLinuxディストリビューションのトップは「CentOS」だが、CentOSは既に先が見えているため、終了後に備えなければならない。(2022/8/26)

Windows Server 2022で「WSL2」が利用可能に 最新アップデートで正式対応
Microsoftは6月21日(現地時間)、Windows Server 2022で「Windows Subsystem for Linux 2」(WSL2)タイプのディストリビューションが利用可能になったと発表した(2022/6/22)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(macOS編)
macOSにPythonをインストールする方法は幾つかある。代表的なインストール方法を紹介し、選択のポイントについて考えてみる。(2022/4/1)

Python環境構築入門:
Pythonディストリビューション使い分けのポイントを考えてみよう(Windows編)
python.orgで配布されているインストーラー、Anacondaなど、Windows向けに配布されているPython処理系はたくさんある。それらのインストールの仕方や仮想環境の作り方、選択のポイントを紹介する。(2022/3/23)

コンテナイメージも自動で作成:
コンテナ環境の管理を効率化 VMwareが「VMware Tanzu Application Platform 1.0」を提供開始
VMwareは、「VMware Tanzu Application Platform 1.0」の提供を開始した。Kubernetesを利用したコンテナ環境で、コンテナアプリケーションの開発や展開を効率化する。主要なKubernetesディストリビューションに対応する。(2022/1/14)

CentOS 8のサポート期限は2021年12月31日:
サイバートラストが「RHEL 9」を基にした「MIRACLE LINUX 9」を無償で提供
サイバートラストはLinuxディストリビューション「MIRACLE LINUX 9」のライセンス費用を無償にすると発表した。Red Hat Enterprise Linux 9で動作するソフトウェアなら、そのままMIRACLE LINUX 9でも利用できるという。(2021/12/17)

Flatcar Container Linuxはどうなる?
MicrosoftがLinuxディストリビューターKinvolkを買収した真の狙い
Container Linuxの後継ディストリビューション「Flatcar Container Linux」を開発しているKinvolkをMicrosoftが買収した。同社は何をやろうとしているのか。(2021/11/8)

Microsoft Ignite:
「Microsoft Edge for Linux」の安定版リリース Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEをサポート
MicrosoftはWebブラウザ「Microsoft Edge」のLinux対応版の安定版をリリースした。プレビュー公開から約1年後だ。対応するLinuxディストリビューションは、Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEの4種類。(2021/11/3)

日本語サポートも提供へ:
PR:「これからUbuntuの利用が日本企業で加速する」と言えるこれだけの理由
CentOS 8のサポート終了が迫る中、利用していた企業は移行先のOSを検討し実行に移すべき段階だが、まだ検討中の企業が多いのも事実だ。そうした中で注目されているLinuxディストリビューションの一つが「Ubuntu」だ。Ubuntuの優位性、利用のメリットはどこにあるのか。(2021/10/22)

インストール手順を紹介:
CentOS終了へ――移行先として注目の「Alma Linux」「Rocky Linux」を試してみよう
RHELのダウンストリームとして位置付けられていたCentOSは、2021年12月31日をもってCentOS 8のサポートが終了し、その役目を終えます。CentOSの動向を整理しつつ、移行先として注目される2つのディストリビューションを紹介します。(2021/10/7)

Oracle、「Oracle JDK」を再び無料提供へ 本番環境でも利用可
米Oracleは、同社が提供している企業向けのJavaディストリビューションであるOracle JDKのライセンスを変更し、無料で本番環境などでの利用を可能にした。(2021/9/15)

ディスクとメモリの消費が少ない:
Microsoft、社内向けLinux「CBL-Mariner 1.0」の「June 2021 Update」を公開
Microsoftは、社内向けLinuxディストリビューション「CBL-Mariner 1.0」の「June 2021 Update」を公開した。軽量であるため起動が速く、サイバー攻撃の対象となり得る領域が小さいという。(2021/7/26)

「シェル芸」を駆使? Bashで開発されたランサムウェア「DarkRadiation」、RHELとDebianが標的
Bashで開発されたランサムウェアが発見された。Red HatやDebianをベースとしたLinuxディストリビューションが標的だ。攻撃に必要なツールがなければ自分でインストールし、自身を隠蔽し、Telegram API経由でサイバー攻撃者と通信をして、OpenSSLでファイルを暗号化する。(2021/6/23)

一部のLinuxディストリビューションに特権昇格の脆弱性、RHEL 8などに影響
Linuxに特権昇格の脆弱性が発見された。この脆弱性自体は7年前から存在していたが、該当する脆弱性があるpolkitを含むディストリビューションがなかったため最近ようやく発見されたようだ。(2021/6/14)

「Vine Linux」リリース終了 1998年誕生、国産Linuxディストリビューションの先駆け
「Vine Linux」のリリースが終了。国産Linuxディストリビューションの先駆けだった。(2021/5/7)

CanonicalとMicrosoftが協力:
「Ubuntu 21.04」が公開、Active Directoryとネイティブ統合、SQL Serverのサポートも
Linuxディストリビューションの最新版「Ubuntu 21.04」をCanonicalが公開した。Microsoftの「Active Directory」とネイティブ統合した他、CanonicalとMicrosoftは、Ubuntuで動作する「SQL Server」のパフォーマンス最適化と共同サポートも発表した。(2021/4/27)

無料の長期サポート版Javaディストリビューション:
Microsoft、Java 11ベースの「Microsoft Build of OpenJDK」プレビュー版を公開
MicrosoftはOpenJDKの長期サポート(LTS)ディストリビューション「Microsoft Build of OpenJDK」のプレビュー版を公開した。併せて今後のOpenJDKのロードマップも示した。(2021/4/8)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】次期Windows 10ではコマンドラインで「WSL 2」のインストールが可能に
Windows Insider ProgramのDevチャネルで公開されているWindows 10の開発バージョンからWSL 2の新機能を見ていこう。wsl.exeがWindows 10の標準コマンドになり、Linuxディストリビューションのインストールが簡単になるなど、大きな変化がある。(2021/2/3)

AWS、商用サービス化を制限するライセンス変更に対抗し「Elasticsearch」をフォーク 独自のオープンソース版へ
AWSが、オープンソースで開発されている検索エンジン「Elaticsearch」とデータの可視化ツール「Kibana」をフォークし、独自ディストリビューションを作成すると発表した。その背景に何があったのか。(2021/1/26)

組み込みLinuxディストリビューションの管理アカウントが攻撃を受ける、経路は不明
OSS開発プロジェクトのサイト管理者アカウントが何者かに侵害された。侵害の方法や経路は不明。同サイトは利用サービスがサイバーインシデント被害に遭った際に最低限、実施しておくべき対策が示されている。(2021/1/19)

Appleシリコン搭載Mac用のJavaをAzulが公開 Microsoftと協力して開発
米Azul Systemsが、Appleシリコンを搭載したMac対応のOpenJDKディストリビューション「Zulu Builds of OpenJDK」を公開。Java 8(LTS)、Java 11(LTS)、Java 13(MTS:Medium Term Support)などに対応する。米Microsoftと共同で開発したという。(2020/11/30)

米Microsoft、「Microsoft Edge for Linux」プレビュー版をついにリリース Linux版を開発する理由とは?
米Microsoftが、Webブラウザ「Microsoft Edge」のLinux対応版をプレビューとして公開。現時点で対応するLinuxディストリビューションは、Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEの4種類。同社はなぜEdgeのLinux版を開発するのか。(2020/10/27)

初心者のための「Linux」基礎用語解説【後編】
いまさら聞けないLinuxの「ディストリビューション」「ブートローダー」とは?
「Linux」を理解するために最低限知っておくべき基本的な用語は幾つかある。「OS」「カーネル」「GPL」を解説した前編に引き続き、後編は「ディストリビューション」「ブートローダー」の2つの用語を紹介する。(2020/4/5)

複数クラウドをどう統合するか:
KubernetesベンダーとしてのVMwareは、少なくとも2つの顔を持っている
VMwareはKubernetes関連市場で、少なくとも「Kubernetesディストリビューションベンダー」「Kubernetesの統合運用管理サービスベンダー」の2つの顔を持つベンダーとしての活動を本格的に開始した。VMwareのサーバ仮想化基盤を使わないユーザー組織にとっての、KubernetesベンダーとしてのVMwareを探る。(2020/3/26)

「RHEL」「Ubuntu」を比較【後編】
「RHEL」と「Ubuntu」をユーザビリティ、ライセンス、ドキュメントで比較する
代表的なLinuxディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」。両者を比較する上で重要な4つのポイントのうち、残る3つのポイントを紹介しよう。(2020/1/30)

「RHEL」「Ubuntu」を比較【前編】
Linuxディストリビューションの二大巨頭「RHEL」「Ubuntu」の違いは?
Linuxディストリビューションを選ぶ前には、幾つか把握しておかなければならないポイントがある。代表的な「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」の違いを整理する。(2020/1/24)

全てオープンソースで提供
「TensorFlow Enterprise」の実力とは? Googleが企業のAI活用を支援
Googleの新しい「TensorFlow Enterprise」(β版)は、「Google Cloud Platform」に最適化された「TensorFlow」ディストリビューションを長期サポートと共に企業に提供する。(2019/11/28)

コンテナ環境の立ち上げを迅速化するには
レガシーシステムのコンテナ移行、経験者が語る「成否を分けた要素」
オープンソースのKubernetesでクラウドネイティブなITインフラを構築・運用するのは、思うほど容易ではない。Kubernetes環境を構築して簡便に運用したいなら、商用ディストリビューションという選択肢もある。(2019/12/24)

組み込み開発ニュース:
Ubuntu 19.10がリリース、ラズパイ4やMicroK8sサポートでエッジ領域を強化
Linuxディストリビューション「Ubuntu」の開発を支援するCanonicalは2019年10月18日、Ubuntu 19.10(コードネーム:Eoan Ermine)の正式リリースを発表した。(2019/10/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(86):
「Docker Enterprise 3.0」リリース、WindowsベースならWindows Server 2019がお勧め
2019年7月22日(米国時間)、企業向けDockerエンジンの最新バージョン「Docker Enterprise 3.0」がリリースされました。Docker Enterpriseは主要なLinuxディストリビューションおよび「Windows Server 2016」以降でサポートされるコンテナホストの最新のエンジン(サービスおよびAPI)です。(2019/7/30)

5年間のサポートを保証:
「Debian 10(buster)」が公開、Linuxディストリビューションの最新安定版
Linuxディストリビューション「Debian」の最新安定版「Debian 10」(コードネーム「buster」)が公開された。ビルド再現性やネットワークフィルタリングに特徴がある。(2019/7/9)

AWS、OSSだけで構成される「Open Distro for Elasticsearch」公開 「Elasticsearchのコードにはプロプライエタリが混在している」
AWSが、オープンソースの高速な検索エンジンとして活用されている「Elasticsearch」の独自ディストリビューション「Open Distro for Elasticsearch」を公開。(2019/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.