「OS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOS関連の質問をチェック

ロボット:
四足歩行ロボット「Spot」の自動巡回と遠隔操作で現場実証、10%の負担削減で“残業規制”の有効策に
竹中工務店と竹中土木は、建築と土木の実現場で、四足歩行ロボット「Spot」を用いた自動巡回の有効性を確認した。両社では、Spotの自動巡回と遠隔操作を、2024年に建設業にも適用される時間外労働の上限規制への対応策として期待を寄せ、搭載機器のユニット化やOS開発などを進める。(2021/9/17)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【後編】
macOSを“安全なOS”にする仕組み “安全神話”こそが最大の脅威?
“安全神話”もあった「macOS」は、どのような仕組みでセキュリティを確保しているのか。セキュリティのネックとは何か。3層で構成されるmacOSセキュリティの仕組みと、その弱点を考える。(2021/9/17)

ドコモ、「Galaxy A20 SC-02M」をAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが「Galaxy A20 SC-02M」の2度目のOSバージョンアップを開始した。Android 11になると、チャットやSNSアプリの通知やプライバシーの強化を行い、ロックスクリーン画面でのウィジェットにも対応する。(2021/9/14)

組み込み開発ニュース:
「Armadillo-IoT」がエッジAIに対応、専用Linux「Armadillo Base OS」も開発
アットマークテクノがエッジAI処理に対応したIoTゲートウェイの新製品「Armadillo-IoTゲートウェイ G4」とIoT機器向けに新たに開発したOS「Armadillo Base OS」を発表。Armadillo-IoTゲートウェイ G4の開発セットの価格(税込み)は4万9500円で、2021年11月末に発売する予定だ。(2021/9/10)

「Windows」「macOS」セキュリティ比較【中編】
Windowsを危険なOSにしない仕組み 面倒な“あの作業”こそ最大の武器?
広く使われるOSだからこそ、Microsoftは「Windows」を安全なOSにすべく努力し、工夫してきた。Windowsにはセキュリティを支えるさまざまな仕組みがある。それを有効なものにするには、ユーザーの協力も欠かせない。(2021/9/10)

体組成測定機能を搭載したスマートウォッチ「Galaxy Watch4」が9月22日に発売 10月下旬にはauからLTEモデルも登場
サムスン電子が、新型スマートウォッチ「Galaxy Watch4」「Galaxy Watch4 Classic」を発売する。Googleと共同開発した「Wear OS Powered by Samsung」を搭載し、15秒で計測可能な体組成測定機能や睡眠計測機能を備えている。au(KDDIと沖縄セルラー電話)からは、10月下旬にLTEモデルも登場する。(2021/9/8)

ドコモの「LG VELVET L-52A」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモが、「LG VELVET L-52A」のOSバージョンアップサービスを開始した。Android 11にすると、チャットやSNSアプリなどの通知やプライバシー設定が強化される。その他、独自の改善点としてカメラでクイックビュー/クイックビデオを利用できるようになる。(2021/9/6)

PR:未来を先取り! 意外と簡単! より便利に進化した「Windows 11」を一足先に試す方法
Windows 10の後継となる新OS「Windows 11」が話題を集めている。製品版の登場は2021年後半を予定しているが、実は意外と簡単な方法で、すぐに体験できるのを知っているだろうか? その方法を紹介する。(2021/9/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(153):
Windows Server 2022が正式リリース 企業のクラウド/サーバ利用環境はどう変わる?
Microsoftは2021年後半にリリース予定としていた次期LTSC版Windows Serverの「Windows Server 2022」の正式リリースを2021年9月1日(米国時間)に発表しました。製品の完成であるGA(Generally Available)リリースは8月18日(米国時間)であり、製品版のISOイメージや評価版、コンテナイメージもこの日から利用可能になっています。Microsoftは2021年6月からPreview評価版を提供を開始し、現在は完成版の評価版に差し替えられましたが、OSビルドはPreview評価版の「20234」から変更はないため、8月までの品質更新プログラムをインストールすることでGA環境になります(新しい評価版のISOイメージのOSビルドは20234.169)。(2021/9/2)

「ウィンドウズ11」10月5日提供 MSが無料更新 搭載機器も販売へ
米マイクロソフト(MS)は31日、新しい基本ソフト(OS)の「ウィンドウズ11」の提供を10月5日に開始すると発表した。ウィンドウズの抜本的な刷新は約6年ぶり。現行の「10」の利用者は無料で更新できる。(2021/9/1)

「Windows 11」でのAndroidアプリ利用、10月5日には含まれず
Microsoftは次期OS「Windows 11」を10月5日に提供開始するが、Androidアプリの利用が可能になるのは数カ月先になる。「今後数カ月のWindows Insiderプレビューから始まる」としている。(2021/9/1)

「Windows 11」は10月5日提供開始 無償アップグレードも同日から
Microsoftは次期OS「Windows 11」を10月5日に提供開始すると発表した。対応PCへの無償アップグレードも同日から2022年半ばまでかけてロールアウトする。Androidアプリサポートは10月5日の段階ではまだしない。(2021/9/1)

Windowsフロントライン:
Windows 11のリリースは10月5日! プリインストールPCは? Windows Updateでの提供は?
Microsoftの次期OS「Windows 11」の一般提供開始が10月5日から行われる。Windows Updateでの提供はいつなのか、Windows 11搭載PCはいつ頃登場するのか、関連情報を整理した。(2021/9/1)

Fossil、「Snapdragon Wear 4100+」搭載のスマートウォッチ「Gen 6」予約開始 「Wear OS 3」更新は来年
FossilはSnapdragon Wear 4100+搭載のスマートウォッチ「Gen 6」の予約を米国で開始した。価格は299ドルからで発売は9月。OSは「Wear OS by Google」だが来年には「Wear OS 3」にアップデートできる見込み。(2021/8/31)

サイバーセキュリティ2029:
OS標準で十分になったマルウェア対策 それでも注意すべき「セキュリティ対策」は何か
Microsoft Defenderで十分、という声を聞きますが、実際のところ、どうなのでしょうか。(2021/8/31)

リアルタイムOS列伝(14):
Android対抗の「Tizen」から派生した「TizenRT」はRTOSらしくないRTOS
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第14回は、Android対抗モバイルOSとして開発された「Tizen」から派生した「TizenRT」を紹介する。(2021/8/31)

Windowsフロントライン:
最小要件を満たさない旧型PCでもWindows 11が利用可能な意味
米Microsoftが次期OS「Windows 11」について要件緩和を発表し、話題を集めている。その背景を考えてみた。(2021/8/30)

第7世代Coreの一部も対応に:
「Windows 11」の動作要件がアップデート 「PC 正常性チェック」も再登場
米Microsoftは8月27日(現地時間)、この秋にリリース予定の新OS「Windows 11」について要件を見直し、公開を停止していた「PC 正常性チェック」アプリの再公開を開始した。(2021/8/28)

アプリ通話無料の楽天モバイル、標準通話でもかけ放題サービス 月額1100円で1回10分以内
楽天モバイルが、携帯料金プランのオプションとして、10分以内の通話がかけ放題になる「10分(標準)通話かけ放題」の提供を始めた。「仕事などにはOS標準の電話アプリを使いたい人」向けに提供するという。(2021/8/27)

楽天モバイル、月額1100円の10分通話かけ放題サービスを提供
楽天モバイルは、OS標準アプリを使った1回10分以内の国内通話とSMS送信が使い放題になるオプションサービス「10分(標準)通話かけ放題」を提供開始。利用料金は月額1100円(税込み)。(2021/8/27)

「Windows 11とは何か」を深掘りする【後編】
「Windows 11」が「Windows Vista」とも「M1搭載Mac」とも“全然違う”理由
過去の「Windows」と「Windows 11」には大きな違いがあると専門家はみる。機能だけではなくアップグレードの難易度にも、OSから見えるMicrosoftの“思想”にも明確な変化があるという。どういうことなのか。(2021/8/27)

Google Playストアの評価とレビューの表示が国別、デバイス別に
Googleの公式Androidアプリストアで、11月から評価がユーザーが登録した国のもののみ反映されるようになる。また、来年初頭には、評価がデバイス別(スマートフォン、タブレット、折りたたみ端末、Chrome OS端末、Wear OS端末、Android Auto)になる。(2021/8/24)

PCメーカー各社のWindows 11対応状況をチェック! アップグレード情報まとめ
Microsoftの新OS「Windows 11」が発表され、各PCメーカーからは対応状況などが公開されつつある。その現状をまとめた。(2021/8/20)

Googleの“第三のOS”「Fuchsia」、初代「Nest Hub」にいつの間にか降臨
Googleが2015年に立ち上げた非Linuxの新OS「Fuchsia」が第1世代のスマートディスプレイ「Nest Hub」にOTAでひっそりインストールされていた。ファームウェアバージョンで確認できる。(2021/8/19)

ドコモの「arrows Be3」「arrows Be4」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモは8月19日、「arrows Be3 F-02L」「arrows Be4 F-41A」に対するOSバージョンアップサービスを開始した。通知やプライバシーの強化、スクリーンレコード機能の追加などが行われる。(2021/8/19)

Android 12 Betaに「表情で操作」機能 目線や口の動きがスクロールや選択に
米Googleが、開発者向けに配信している次期モバイルOS「Android 12 Beta」のバージョン4に、「口を開く」といった顔の動きでスマホを操作できる機能を追加した。8月11日のアップデートで、ユーザー補助機能の一つとして追加した。(2021/8/17)

Android 12 beta 4、顔で操作する新機能追加(ユーザー補助として)
Googleの次期モバイルOS「Android 12」のbeta 4がリリースされた。「ユーザー補助」に「カメラスイッチ」機能が追加され、登録した顔の表情で基本操作ができる。例えば口を開くとホーム画面に戻る、などが可能だ。(2021/8/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(106):
Windows 10クライアントのエディションやバージョン情報を収集する便利な方法
膨大な数のWindowsクライアントPCやWindows Serverを管理している企業や組織にとって、どのバージョンのOSが稼働しているのかを把握することは重要です。半期に一度、新しいバージョンが登場するWindows 10を導入した場合はなおさらです。(2021/8/17)

車載ソフトウェア:
車載システム向け、データストレージ技術とリアルタイムOSの統合で業務提携
イーソルは、車載システム分野においてフィンランドのTuxeraと業務提携した。Tuxeraのデータストレージ技術「Reliance ファイルシステムテクノロジー」と、イーソルのリアルタイムOS「eMCOS」を統合する。(2021/8/16)

Spotify、GoogleのスマートウォッチOS「Wear OS」でもオフライン再生を可能に
SpotifyはGoogleのスマートウォッチOS「Wear OS」版アプリをアップデートし、コンテンツのオフライン再生を可能にする。最新の「Wear OS 3」だけでなく先代でも可能だ。同じ機能はApple Watchには5月からある。(2021/8/13)

ハードウェアとOSを一新した「Galaxy Watch4」が登場 249.99ドル(約2万7700円)から
Samsung Electronicsが、新しい「Galaxy Watch」を発売する。自社開発の新プロセッサと、Googleとの統一した新ウェアラブルOSを搭載し、利便性がより高まっている。(2021/8/11)

HP、Chrome OS搭載デスクトップ「Chromebase All-in-One」発売 650ドルから
HPがChrome OS搭載のオールイン型デスクトップ「Chromebase All-in-One」を発表。21.5インチディスプレイは回転してポートレートモードにもなる。価格は650ドル(約7万2000円)から。(2021/8/11)

「Windows 11」がAmazon Appstoreサポートへ Androidアプリ開発者にメリット
Amazonによると、Microsoftの次期OS「Windows 11」が「Amazon Appstore」をサポートすることで、アプリ開発者は新たなメリットを得られるようになるという。(2021/8/5)

「シン・テレワークシステム」にWebブラウザ版登場 MacやChromebookでも利用可能に
NTT東日本と情報処理推進機構(IPA)が、シンクライアント型VPN「シン・テレワークシステム」のHTML5版を開発した。今後はMac OSやChromebookなどOSを問わずに、ブラウザ上で同システムを利用できるようになる。(2021/8/5)

Windowsフロントライン:
Windows 11がバージョン別シェアの集計にデビュー
AdDuplexのWindows 10バージョン別シェアが久々に更新された。そこには、あのOSが早くも登場していた。新OS登場以降の「Windows as a Service」のコンセプトの行方を含めて考察した。(2021/8/2)

富士ソフト、PC本体のレンタルから運用保守まで一括対応する「デスクトップフルサービス」
富士ソフトは、PCのレンタルに加えOS更新やセキュリティ対策/運用保守などをワンストップで対応する「デスクトップフルサービス」を発表した。(2021/7/26)

Windows 11プレビュー版を装ったマルウェア多数 「Microsoft公式からの入手を」 Kasperskyが注意喚起
KasperskyはWindowsの新OS「Windows 11」マルウェアがインターネット上に多数登場していると指摘。Microsoftから公式な方法で入手するよう呼びかけた。(2021/7/26)

「Green Project」から始まった歴史を振り返る
「Java」が「Windows」でも「macOS」でも動く“歴史的理由”と“技術的理由”
「Java」プログラムはOSに関係なく動作する。開発元のSun Microsystemsは何を意図して、Javaをこうした設計のプログラミング言語にしたのか。その理由と仕組みを解説する。(2021/7/24)

Tizen統合のGoogle次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」
Google I/Oで発表されたTizen統合の次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」になった。一部の現行端末からもアップデート可能だが、配信は来年半ばから後半になる見込み。(2021/7/23)

「Google Play ストア」での「Wear OS」アプリ操作が改善
「Google Playストア」での「Wear OS」アプリ操作が改善する。スマートフォンでの検索がしやすくなり、デザインが「Material You」ベースになる。向こう数週間でロールアウトする見込みだ。(2021/7/20)

コンピュテーショナルストレージ製品ガイド【前編】
「UbuntuやAzure IoT Edgeが動く」コンピュテーショナルストレージ
CPUを搭載し、ある程度の処理を自身で完結させる「コンピュテーショナルストレージ」。ついにOSが起動する製品が登場した。どのようなユースケースがあるのか。(2021/7/20)

ドコモの「Galaxy A21」がOSバージョンアップ Android 11に
NTTドコモが、「Galaxy A21 SC-42A」に対するOSバージョンアップの配信を開始した。チャット/SNSアプリなどにおける通知が強化される他、プライバシーに関する機能改善も行われる。合わせて、端末固有の不具合修正なども実施される。(2021/7/19)

ユーザーに通知:
Yahoo!ブラウザー、「スマホを冷やす」新機能 バッテリー過熱を検知し冷却
ヤフーは自社が提供するAndroid OSアプリ「Yahoo!ブラウザー」に、スマホの負荷を低減することでバッテリー温度を下げる新機能「スマホクーラー」を搭載したと発表した。(2021/7/19)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HarmonyOSで独自エコシステム構築を図るHuawei 協業が大きなカギに
Huaweiが発表した「HarmonyOS 2」は、スマートフォンを中心にタブレットやスマートウォッチ、家電やIoT機器に搭載することで、エコシステムの強化を目指す。HarmonyOS 2は発表直後の1週間で1000万ダウンロードを記録したという。一方、スマートフォンの展開には他社に後れを取っており、「P50」シリーズだけで関心を集めるのは厳しそうだ。(2021/7/14)

タグ・ホイヤー×スーパーマリオのコラボ時計は「Wear OS」搭載で25万8000円
TAG Heuerによる「スーパーマリオブラザーズ」コラボ腕時計が限定2000本で発売される。日本での価格は税込み25万8000円。プロセッサはQualcommの「Snapdragon Wear 3100」で「Wear OS」搭載のスマートウォッチだ。(2021/7/14)

Japan Drone2021:
球体ドローン「ELIOS 2」のデモと、独自プラットフォームで運用する“送電線点検”など4用途のドローンシステムを訴求
「Japan Drone2021」でブルーイノベーションは、「ELIOS 2」の機体の展示と合わせて、プラントをイメージした模型内部でのデモ飛行を行った。他にも、独自開発したプラットフォームBEP(Blue Earth Platform)をベースに、「送電線点検」「工場内自動点検」「倉庫内在庫管理」「災害用物流」の4用途に応じるドローンサービスについて、パネル解説とそれぞれに使用する機体を紹介した。(2021/7/12)

「OPPO Find X3 Pro」をじっくりと試す パフォーマンスに死角なし、カメラも先代から進化
「OPPO Find X3 Pro」が6月30日に発売された。SIMフリー版も7月16日に発売予定だ。有機ELディスプレイに約5000万画素の「デュアルフラッグシップカメラ」、遊び心のある「顕微鏡カメラ」や拡張性の高い独自OS「ColorOS」を搭載。実際の使い心地をチェックした。(2021/7/12)

「誰でも使える優しいOS」の実力とは:
PR:専門家に聞く、サーバOSの新たな選択肢として浮上してきたUbuntuとは
Linuxの選択肢として名前が挙がるOSの一つがUbuntuだ。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuの歴史や特徴、コミュニティーの運用体制などを聞いた。(2021/7/6)

導入前に確認したいポイントを専門家が解説:
PR:DXに向けて情シス大注目のUbuntu、企業利用で気になる点を聞いた
人気のOS「Ubuntu」は企業での利用に堪え得るのか。業務でUbuntuを活用している日本仮想化技術の2人に、Ubuntuのサポート体制や企業の導入事例、セキュリティへの考え方などを聞いた。(2021/7/6)

エレコムの一部ルーターに脆弱性 サポート終了のため使用中止・現行製品への切り替えを推奨
「任意のOSコマンドを実行される」などのリスクがあるとのこと。(2021/7/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.