• 関連の記事

「教育機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育機関」に関する情報が集まったページです。

英国で進む「教育・研究機関向けネットワーク刷新」の中身【前編】
100Gbps光ファイバー網を教育機関に 英国「教育ネットワーク刷新」の実態は?
英国の非営利組織Jiscが北アイルランドやイングラインド北西部で、教育・研究機関向けのネットワーク刷新を進めている。具体的に何をしているのか。(2022/7/4)

社会人向けの情報教育市場も活性化:
受験対策としてプログラミングを学ぶ生徒が増加か 2022年プログラミング教育市場規模を調査
GMOメディアは「2022年プログラミング教育市場規模調査」の結果を発表した。それによると2022年のプログラミング教育市場規模は302億円だった。(2022/6/22)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第4回】
なりすましメールにだまされないために学習者のセキュリティ意識を高める方法
教育機関がサイバー攻撃を受けたとき、最前線にいるのは学習者と教職員だ。彼らにセキュリティ意識と知識がないと、被害を防ぎにくくなる可能性がある。どのように対処すればよいのか。(2022/6/13)

「ルンバ」の動きをプログラミングで再現 教育用ロボット「Root」に新カリキュラム
ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」で知られるアイロボットが、6月8日の「ルンバの日」に合わせてプログラミングロボット「Root(ルート)」の新しい教育カリキュラムを発表した。合わせて、ルンバをベースに開発された新型ロボット「Create 3」を教育市場向けに販売することも明らかにした。(2022/6/9)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第2回】
「なりすましメール」の被害から学習者と教職員を守る方法
サイバー攻撃の成否を左右する「なりすましメール」。学習者や教職員をなりすましメールから保護するために、教育機関はどのような対策を取ればよいのか。(2022/6/1)

教育機関が「なりすましメール」から身を守る方法【第1回】
攻撃者が教育機関を狙いたくなる“なるほどの理由”
教育機関を狙ったサイバー攻撃が起きている。その背景を探ると、教育機関が攻撃者の標的になり得る理由が見えてくる。なぜ教育機関は狙われるのか。(2022/5/23)

企業でのAI活用のニーズが高い領域に注目:
経済産業省が“企業のAI実装を疑似的に体験できる教材”の提供を開始
経済産業省は、教育機関や企業などに向けてAI人材育成用「AI Questデータ付き教材」を提供する。プログラミングやAIモデルの構築に加え、実際の企業のAI実装を疑似的に体験できる教材になっている。(2022/5/10)

セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第4回】
セキュリティ重視へ 変化する「教育IT先進国オランダ」の意識
いち早くIT化を進めることで、パンデミックの難局を乗り越えたオランダの教育機関。IT活用をさらに進める一方で、セキュリティ意識にも変化の兆しがある。(2022/4/6)

セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第3回】
教育機関はどのようなサイバー攻撃を受けているのか?
攻撃者は企業だけでなく、教育機関も標的にする。オランダの教育機関が受けた被害を例に、実際に教育機関がどのようなサイバー攻撃を受けているのかを整理する。(2022/3/30)

クリエイターを包括的に支援:
インテルがオンラインイベントで明らかにした「Blue Carpet Project」への意気込みとこれから
インテルが、PCメーカー/パーツベンダーを始めとして、さまざまな教育機関やクリエイティブカンパニーと連動して、クリエイターを包括的に支援する「インテル Blue Carpet Project」を展開する。ここでは、第1回イベントの模様をお届けしよう。(2022/3/23)

セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第2回】
セキュリティの予算もなければ計画もないオランダ教育機関の“惨状”
オランダの教育機関と企業の間には、セキュリティへの投資に大きな差があることが調査で明らかになった。調査結果から見えた、教育機関の“惨状”とは。(2022/3/23)

セキュリティ軽視から重視へ オランダ教育機関の変化【第1回】
IT幹部の調査で判明 オランダの教育機関が抱える“セキュリティの闇”とは
オランダの教育機関は、セキュリティにどう向き合っているのか。課題とその解決策とは。IT幹部を対象にした調査結果や専門家の見解を基に、現状を探る。(2022/3/16)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【後編】
データセンター人材不足が「致命的」な水準に 解決策は?
英国のデータセンター業界は、必要なスキルを持つ人材が不足する「スキル危機」に直面している。対策はあるのか。データセンター業界に特化した学習プログラムを教育機関と共に設計した企業に聞いた。(2022/3/4)

ベンキュー、抗菌ガラス+抗菌ペンを採用した4K対応の電子黒板
ベンキュージャパンは、教育機関およびビジネス向けとなる4K表示対応の電子黒板計3製品を発表した。(2022/3/1)

ASUS、法人/教育機関向けの21.5型/23.8型フルHD液晶ディスプレイ 5年間保証付き
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けとなるフルHD対応の21.5型/23.8型液晶ディスプレイ計3製品を発表した。(2022/2/25)

教育で解決目指す、英国データセンター「スキル危機」【前編】
10代向けのデータセンター人材“英才教育”に教育機関が本腰 その内容は
データセンター業界に特化した学習プログラムを英国の教育機関UTC Heathrowが提供する。データセンター業界の複数企業が協力して作成した、そのプログラムの中身とは。(2022/2/25)

アドビ、PhotoshopとIllustrator教材を無償配布 角川ドワンゴ学園と共同開発
アドビが、角川ドワンゴ学園と共同でPhotoshop・Illustratorなどの操作を教える教材を開発した。教育機関などに向けて無償で一般公開する。(2022/2/21)

Googleが学生の手で学校用Chromebookを修理するプログラムを開始
米Googleは2月3日(現地時間)、教育機関で使用されているChromebookを学生自身の手で修理できるように支援する「Chromebook repair program」を米国で開始した。(2022/2/7)

NEC、教育向けノートPCに“ネジ混入”で自主点検 衝撃を与えると発煙の恐れ 対象は124万台
NECパーソナルコンピュータの教育機関向けPC・Chromebookなどの端末内に余分なネジが混入した。端末を落下させるなど強い衝撃を与えるとバッテリーが破損し、発煙・熱損したケースもあるため、自主点検する。(2022/2/4)

英国が取り組む教育機関のブロードバンド戦略【後編】
学校回線ギガビット化だけじゃない、英国「ネットワーク投資300億円超」の中身
英国政府は教育機関などの公共施設を対象に、高速回線を英国全土に拡大させるインフラ戦略を推進している。政府が2億ポンド以上を費やして進める取り組みの内容とは。(2022/2/4)

Docker Desktop、無料で使える猶予期間が終了 従業員数250人以上、年間売り上げ1000万ドル以上の組織は有料に
Docker Desktopの料金が変わり、従業員数250人以上かつ年間売上高1000万ドル以上の組織など向けのプランが有料になった。個人利用もしくはスモールビジネス、教育機関、非商用のオープンソースプロジェクトでは引き続き無料で利用できる。(2022/1/31)

英国が取り組む教育機関のブロードバンド戦略【前編】
「ギガビット回線」は学校をどう変えたのか? 英国が1000校以上に回線整備
1000校以上の教育機関を対象に、1Gbps以上の高速回線を整備する英国政府。高速データ通信の手段を手にした教育機関では、どのような変化が起きているのか。(2022/1/28)

MAXHUBがWeb会議用デバイスのラインアップを強化 狙いは?
従来は企業や教育機関向けの大型ディスプレイを中心に販売してきたが、中国CTVEの「MAXHUB(マックスハブ)」ブランドが、Web会議用のスピーカーやカメラのラインアップを強化する。その狙いはどこにあるのだろうか?(2022/1/26)

教育機関におけるネットワークの運用管理【後編】
IT熟度が違う2500校以上のネットワーク整備 ニュージーランドはどう進めたのか
ニュージーランドはマネージドネットワークサービスを教育機関に導入している。規模も、IT活用の程度も異なる複数の教育機関に、マネージドネットワークサービスの恩恵を満遍なくもたらすには何が必要なのか。(2022/1/26)

Intelがオハイオ州に最先端の大規模半導体工場を建設へ 200億ドル超を投資
米Intelは1月21日(米国東部時間)、オハイオ州に最先端の大規模半導体工場を2棟建設する計画を発表した。合わせて、建設のために200億ドル(約2兆2800億円)、地域人材育成のために地元の教育機関に1億ドル(約114億円)を投資することも明らかにした。(2022/1/24)

デル、教育機関向けのCeleron搭載11.6型Chromebook新モデルを発売
デル・テクノロジーズは、教育機関向けとなる11.6型Chromebook「Dell Chromebook 3110」「Dell Chromebook 3110 2-in-1」の発表を行った。(2022/1/24)

教育機関におけるネットワークの運用管理【前編】
ニュージーランドは「学校向けマネージドネットワーク」で多忙な教員を救う
ニュージーランドの教育機関は、ITインフラを運用管理するマネージドネットワークサービスを活用している。マネージドネットワークサービスは教育現場でどう機能し、どのような効果をもたらしたのか。(2022/1/19)

狙われる教育機関 その理由と対策【後編】
教育機関がサイバー攻撃を受けやすい納得の理由と、データを守り切る方法
攻撃者が教育機関を狙うのはなぜなのか。教育機関がサイバー攻撃からデータを守るためにすべきことは何か。それぞれの答えを探る。(2021/12/22)

英国高等教育機関と学生への調査結果を読み解く
学生の8割が懸念する「オンライン教育」が大学にとって“大チャンス”の理由
Citrixが実施した調査からは、英国の8割近くの学生が長期化するオンライン教育に懸念を抱いていることが分かった。それでも現在の状況は、高等教育機関にチャンスをもたらすとの声もある。どういうことなのか。(2021/11/26)

学校向けノートPC「Surface Laptop SE」は11月30日から出荷 価格は3万580円から
Microsoftが教育機関(学校)向けに投入する「Surface Laptop SE」の出荷が11月30日から始まる。CPUとその他スペックの異なる2モデルが教育機関限定で販売されるという。(2021/11/25)

Microsoftが学校向けノートPC「Surface Laptop SE」を発表 日本では2022年前半に発売 直販価格は3万580円から
Microsoftが、教育機関(学校)での利用に特化した廉価なノートPCを投入する。日本では2022年前半に発売予定で、ビジネス向け直販では3万580円から購入できる見通しだ。(2021/11/10)

Microsoft、教育機関向け「Windows 11 SE」リリース 「Chrome OS」対抗で
Microsoftは「Chrome OS」対抗の教育向けOS「Windows 11 SE」を発表した。同時発表の「Surface Laptop SE」を含む教育向けノートPCにのみ搭載する。かつての「Windows 10S」よりも管理しやすくなっている。(2021/11/10)

Microsoft、3万580円からの教育機関向けPC「Surface Laptop SE」でChromebookに対抗
Microsoftは「中学校向け」の新ノートPC「Surface Laptop SE」を発表した。日本での販売価格は3万580円から。搭載するOSは「Windows 11 SE」だ。(2021/11/10)

Windowsフロントライン:
2度あることは3度ある 低価格PCで教育市場奪還を目指すMicrosoftの挑戦
Microsoftが力を入れている教育市場だが、苦戦が続いている。これを覆すべく取り組まれている動きを見ていこう。(2021/11/2)

狙われる教育機関、サイバー攻撃を防ぐためには【後編】
ランサムウェア攻撃者が「学校は身代金を払う」と考える“おぞましい根拠”
攻撃者が教育機関を標的にすることが目立ってきた。その背景には何があるのか。実害を招かないために、教育機関はどのように対処すればよいのか。セキュリティの専門家の話から、その答えを探る。(2021/10/27)

事件は新学期直前に
「学校」がサイバー犯罪者に狙われる“納得の理由”
教育機関を狙うサイバー攻撃が活発化している。オーストラリアのニューサウスウェールズの教育省も攻撃を受け、新学期の開始が危ぶまれた。教育機関が狙われる理由とは。(2021/10/22)

狙われる教育機関、サイバー攻撃を防ぐためには【前編】
被害校が明かす、「ランサムウェア」攻撃で学校が受ける実際の被害とは?
ランサムウェア被害により、英国ワイト島にある複数の教育機関のデータがアクセス不能になった。教育機関は攻撃によってどのような被害を受け、どう対処したのか。(2021/10/20)

大学にも大きな被害が出る可能性
「楽なバイト」――実は不正資金の運び屋 学生を犯罪者にするメール攻撃の手口
高等教育機関の学生を、知らないうちに資金洗浄に加担させる――。こうしたメール攻撃の実態が明らかになった。その具体的な手口とは。なぜ学生が狙われるのか。(2021/10/4)

女性×ITを英国GCSE受験者動向で考える【後編】
学校でITを学べなかった女性が、大人になってからITを真剣に学びたくなったら
さまざまな理由から教育機関でコンピュータサイエンスを学べなかったが、社会人になってから学びたくなった――。こう考える女性にも、コンピュータサイエンスの教育を受ける機会はある。(2021/9/29)

教育コンソーシアムLondon Grid for Learningに聞く
学校ITの生命線「ネットワーク」が配電網爆発の巻き添えで停止 何が起きたのか
地下配電網での爆発が原因で、ロンドン南東部の教育機関がネットワーク停止に見舞われた。現地の教育機関を束ねる教育コンソーシアムLondon Grid for Learningは、この事態にどう対処したのか。(2021/9/24)

Docker Desktopが有料化へ 従業員数250人未満・年間売り上げ1000万ドル未満の組織などは引き続き無料
Docker社がこれまで無料で提供してきたDocker Desktopの有料化を発表した。従業員数250人未満かつ年間売上高1000万ドル未満、個人利用、教育機関、非商用のオープンソースプロジェクトであれば、引き続き無料で利用できる。(2021/9/2)

パンデミックで加速したブラッドフォード大学のテレワーク導入【前編】
学生1万人の大学がテレワーク用システムを10日で構築、IT幹部に聞くその舞台裏
教育機関も新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた。英国のブラッドフォード大学はロックダウンの兆候を察知し、テレワーク用システムの整備を加速させた。同校のIT部門幹部に、そのいきさつを聞いた。(2021/9/2)

レノボがカシオ計算機と協業しクラウド型学習サービス「ClassPad.net for Lenovo」を発表
レノボ・ジャパンは、カシオ計算機と教育機関向けコンテンツの提供で協業を開始すると発表した。(2021/7/29)

最長2年、勉学のために休職できる 社員の学び直しを支援する、ヤフーの人事制度
社会人が高等教育機関で学ぶ1つの足かせになっているのは、学びというものに対する会社、特に現場の上司らの無理解である。会社として全面的に社員の学びを支援しているのが、ヤフーだ。(2021/7/15)

「アクションゲームツクールMV」を教育機関向けに無償提供 クラブ活動などでの活用を期待
KADOKAWA子会社が、プログラミングなしでアクションゲームを制作できるPC向けソフト「アクションゲームツクールMV」を、教育機関向けに無償提供すると発表した。2023年3月31日までの期間限定で提供する。(2021/7/12)

感染予防を分かりやすく解説した「はたらく細胞」、学校や病院に無償で 英語版とヒンディー語版も配信
講談社は18日、新型コロナウイルス感染症の注意喚起として漫画「はたらく細胞」のムービングコミックを教育機関や医療施設に無償提供すると発表した。(2021/6/18)

「Reading Progress」の特徴を紹介
Teams教育版に追加へ 「同級生の前で音読」の恥ずかしさを解消する機能とは?
Microsoftが教育機関向けの「Teams」に、学習者の音読スキル向上を支援する機能「Reading Progress」を追加する。その詳細は。(2021/6/17)

BIM:
コンストテック、教育機関向けにBIM/CIMツール「Revizto」の無償提供開始
コンストテックは建設業界の設計・施工管理に最適なBIM/CIMコミュニケーション一元化ツール「Revizto」の無償提供を開始。将来の建設実務者である学生の支援を目的とする。建築・土木関連の教育機関の在宅授業や課題のやりとりに活用できる。(2021/5/12)

オンライン教育を脅かす攻撃【後編】
学校がサイバー攻撃の標的になりやすい“深刻な理由”
「教育機関は攻撃者に狙われやすい」とセキュリティの専門家は指摘する。それはなぜなのか。オンライン教育の導入で新たなセキュリティ問題に直面する教育機関が、今知っておくべき現実を整理する。(2021/5/6)

オンライン教育を脅かす攻撃【中編】
「オンライン教育」と「セキュリティ対策」の2重苦に悩むコロナ禍の教員
教育機関にとって、新型コロナウイルス感染症対策としてのオンライン教育の導入は喫緊の課題だ。一方で新たなシステムの導入に伴うセキュリティ問題への対処もおろそかにはできない。教員の置かれた状況は。(2021/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.