• 関連の記事

「参入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「参入」に関する情報が集まったページです。

米超党派上院議員、Googleの広告事業分割を狙う新法案を提出
米国の超党派上院議員は新たな法案「Competition and Transparency in Digital Advertising Act」を提出した。企業によるオンライン広告事業参入を1つの領域に絞ることを義務付けるもの。法制化されればGoogleやMetaは広告事業をスピンオフしなければならなくなる可能性がある。(2022/5/20)

房野麻子の「モバイルチェック」:
通信減収の携帯3社、法人と金融で増益 どうなる楽天?
携帯電話各社は決算を発表した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、2022年3月期通期の決算だ。通信料金値下げの影響で減益も予想されたが、蓋を開けてみれば3社とも増益を達成した。そして新規参入の楽天は、モバイル事業の先行投資により大幅な赤字拡大となっている。携帯4社の状況を見ていこう。(2022/5/18)

物流のスマート化:
日本の倉庫事情に“ローカライズ”、中国新興企業のACRが国内展開加速
近年、国内メーカーだけでなく、中国など海外企業による日本国内市場への参入が活発化している。中国深センに拠点を置くスタートアップ、HAI ROBOTICSもその内の1社だ。同社製品のデモを見学できる「HRJテクニカルセンター」を取材した。(2022/5/18)

リユース品は定価の最大半額:
土屋鞄、リユース事業へ本格参入 フリマアプリやリサイクルショップに対抗
革製品を製造販売する土屋鞄製造所(東京都足立区)は5月12日、自社の革製バッグを無料で引き取り、職人が修理して再販売するリユース事業に本格参入すると発表した。(2022/5/12)

SaaS企業になったLayerXが経費精算サービスに参入 競合ひしめく市場に今から参入するワケ
LayerXが経費精算SaaS「バクラク経費精算」の提供を始めた。利用料は年額24万円(税別)から。すでに複数の競合が存在するにもかかわらず、同社が経費精算サービスに踏み込む理由とは。(2022/5/10)

chatwork、企業向けMVNO参入 「Chatwork Mobile」
 ビジネスチャット「chatwork」を提供するChatwork(大阪市)は、4月25日よりMVNO事業に新規参入し、企業(法人・個人事業主)を対象に「Chatwork Mobile」の提供を開始すると発表した。(2022/4/27)

3Dプリンタニュース:
2026年には1兆円規模に届く勢い、3Dプリンタ材料の世界市場予測
矢野経済研究所は「3Dプリンタ材料の世界市場に関する調査」の結果を発表し、方式別動向、参入企業動向、将来展望について明らかにした。2021年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、3111億5300万円(前年比19.3%増)を見込む。(2022/4/27)

知らないと損?業界最前線:
もはや1兆円規模のサブスク市場、パナ参入で家電も本格化
コロナ禍の巣ごもり需要でさまざまな家電が注目を集めたが、アフターコロナ、ウィズコロナの気運が高まる中、家電市場に訪れている大きな変化の1つがサブスクの広がりだ。22年度以降の市場規模は1兆円を超えるとされ、いろいろな家電製品がサブスクで利用できるようになっている。(2022/4/27)

東京・世田谷に施設オープン:
ブシロードがヘルスケア事業に本格参入 狙いは?
ブシロードのグループ会社であるブシロードウェルビー(東京都中野区)は、5月18日にスポーツクラブ「ブシロードウェルビー東松原」を世田谷区松原にオープンする。(2022/4/26)

Chatworkが企業向けMVNO事業に参入 端末代+10分かけ放題+3GB込みのワンプラン
ChatworkがMVNOに新規参入し、企業向け「Chatwork Mobile」を提供開始。10分かけ放題、データ通信容量3GB、端末リース代込みのワンプランで提供する。(2022/4/26)

ChatworkがMVNO参入 月3GBを3280円で提供、端末リース込み 法人向けに
Chatworkが法人向けMVNOサービス「Chatwork Mobile」を始めた。端末のリースと通信プランをセットにし、データ容量3GBと通話10分かけ放題を月額3280円(税別)で提供する。現場用スマホの調達が済んでいない中小企業の利用を見込むという。(2022/4/25)

「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」を発売:
「ファミマル」アルコール初参入の理由は? 背景にある「変化」
ファミリーマートは4月26日、プライベートブランド「ファミマル」として初のアルコール商品である「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」シリーズの販売を始める。アルコール初参入の理由とは?(2022/4/25)

月面探査に「月保険」、民間参入受け提供 東京海上日動
東京海上日動火災保険が、月面探査機の故障や通信トラブルなどに対応する保険サービス「月保険」の提供を始めた。民間による月面調査の加速を見込んだ施策という。(2022/4/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
増え続ける「ギョーザ無人販売所」はどうなる? ブームの次を見据えた“新たな戦略”
コロナ禍で「ギョーザの無人販売所」が増えている。“ブーム”が巻き起こっているが、どんな事業者が参入しているのか。生き残るために打ち出した、新しい戦略とは。(2022/4/22)

電動キックボード、最高速度20km以下なら免許不要に Luupはサービスエリア拡大や販売事業参入へ
衆議院本会議で、電動キックボードの車両区分について定める道路交通法改正案が賛成多数により可決された。これにより、最高速度が時速20km以下の電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」と区分される。(2022/4/19)

高機能&低価格:
ワークマンの靴が人気を集める理由
職人向け作業服の専門店から一般向けカジュアル専門店へと業態転換し、快進撃を続けるワークマンが、今度は靴の小売業に本格参入した。その1号店が、大阪・難波のファッションモール「なんばシティ南館」に4月1日開業した。(2022/4/15)

LINEのNFT取引所オープン 参入相次ぐも価値は未知数
LINEがNFT取引所を開設した。NFTはデジタルデータの唯一性を証明する技術で、オリジナルのデータは高値で取引されることもあり、企業の参入が相次いでいる。コピーが簡単なデジタルデータに新しい価値を生み出す取り組みとして注目される。(2022/4/14)

東京商工リサーチ調べ:
2021年度の焼肉店の倒産数 過去最少だった前年の1.5倍に
焼肉店の倒産件数は昨年比1.5倍、大手の参入や生活様式の変化で業界の先行きは不透明に。(2022/4/12)

カーボンニュートラル:
會澤高圧、2035年までに温室効果ガスのSC排出量を実質ゼロに
會澤高圧コンクリートは、温室効果ガスのサプライチェーン排出量を2035年までに実質ゼロにする目標を発表した。保有する脱炭素化技術の活用や大型風力発電事業への参入などを組み合わせた「NET ZERO 2035 ロードマップ」を策定している。(2022/4/11)

石野純也のMobile Eye:
「プラチナバンド」を求める楽天モバイル 3キャリアの反発は必至も、23年の導入を目指す
新規参入時の開設計画を大きく前倒しにする形で人口カバー率96%を達成した楽天モバイル。新体制となった楽天モバイルが主張するのが、「プラチナバンドの割り当て」だ。プラチナバンドは大手3キャリアが既に使用しており、現時点では楽天モバイルに割り当てる“空き枠”はない。(2022/4/9)

房野麻子の「モバイルチェック」:
ドコモも参入の中古スマホ販売、各社あの手この手の保証やサポート
MM総研の調査によると、中古スマホ市場は右肩上がり。2020年度の中古スマホ販売台数は185万台、前年度比13.5%増で過去最高を記録したが、25年には販売台数が268万台に上る見込みだという。そんな中、NTTドコモは3月23日から、同社認定リユース品「docomo Certified」の取り扱いを開始した。(2022/4/8)

Anker、3Dプリンタに参入 競合の5倍速で印刷、AIカメラで監視・タイムラプス撮影も
Kickstarterによるクラウドファンディングを開始した。既に目標金額は達成している。(2022/4/7)

オープンは4月9日:
ぐるなびが店舗開発事業に参入 鹿児島に「ぐるなびDining Park」がオープン
鹿児島に「ぐるなびDining Park」がオープンする。同社の店舗開発事業における1店舗の開業。鹿児島にゆかりのあるカフェなど、商業施設初出店の飲食店を誘致した。(2022/4/6)

セキュリティ分野へ本格参入:
「責任共有モデルでなく運命共有モデル」 Google CloudのMandiant買収につながる戦略
Google Cloudは2022年3月、セキュリティベンダーのMandiantを買収すると発表した。実現すれば、Google Cloudによるセキュリティビジネスへの本格参入を象徴する出来事になる。同社は、クラウドセキュリティは運命共有モデルに基づくべきだという考え方を強調している。(2022/4/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)

「瞑想ルーム」ホテルで相次ぐ パナソニック参入も
新型コロナウイルス禍でストレスや悩みを抱える人が増え、瞑想することで不安を軽減したり集中力を高めたりすることへの関心が高まっている。(2022/3/31)

「瞑想ルーム」ホテルで相次ぐ パナソニック参入も
新型コロナウイルス禍でストレスや悩みを抱える人が増え、瞑想することで不安を軽減したり集中力を高めたりすることへの関心が高まっている。ホテルやオフィスビルで「瞑想ルーム」の設置が相次ぎ、瞑想システム開発では大手企業の参入も目立ち始めた。(2022/3/31)

1店舗で複数の集客導線を確保:
フードデリバリー戦国時代の今、ローソンが「ゴーストレストラン」に参入するワケ
ローソンは「ゴーストレストラン」の実証実験を強化する方針を発表。店内の調理スペースでさまざまなブランドを展開する。コロナ禍で落ち込んだ売り上げのカバーにつながるか。(2022/3/30)

後発サブスク企業の生き残り方:
無印良品も参入、テレワークで伸びる「家具のサブスク」市場 頭角を現すプレイヤーは?
コロナ禍で定着した働き方の一つに「在宅勤務」があるだろう。働く環境が整った快適なオフィスから一転、家の「その場しのぎのデスク」で仕事をすることになった人も多いのではないだろうか。在宅勤務の質向上を目的に家具のサブスクリプションサービスを利用する人も増えたと聞く。市場が盛り上がりを見せたのは2018年ころだったが、はじまりは03年にさかのぼる。「家具メーカーから仕入れた商品を定額で貸し出す」という、差別化が難しいビジネスモデルだが、後発企業はどのように戦っていくのか? 各社の生き残り戦略を聞いた。(2022/3/25)

魚の食欲を解析:
くら寿司の「AI桜鯛」が好調 なぜ「スマート養殖」にチカラを入れるのか
くら寿司は3月11日に、AIやIoTを活用したスマート給餌機を使って成育した「AI桜鯛」を発売。3月15日までの期間限定販売だったが、一部の店舗では予定より早く完売した。同社では、この実証実験の結果を踏まえ、6月からスマート養殖に本格参入するという。その狙いとは……。(2022/3/25)

さくら、IoT基盤事業に参入 クラウド事業者ならではのノウハウで「市場の期待に応える」
さくらインターネットは、IoT基盤「さくらのモノプラットフォーム」の提供を始めた。IoT基盤に取り組む理由には「クラウド事業者だからこそ、IoTサービスに必要な基盤を提供し、市場が求める期待にも応えられる」と話す。(2022/3/24)

不動産市況:
2021年の中古住宅買い取り再販市場は前年比8.3%増の3万9000戸、矢野経済研究所
矢野経済研究所は、国内の中古住宅買い取り再販会社を対象に行った調査の結果を基に、国内の中古住宅買い取り再販市場の現況、参入企業の動向、将来展望をレポートにまとめた。レポートによれば、2021年の中古住宅買い取り再販市場は前年比8.3%増の3万9000戸になると予測している。(2022/3/22)

“シャープの化粧品”、どう製造? 参入の狙いは?? 2つの謎を広報に聞いた
化粧品事業への参入を発表したシャープの広報に、製造方法と参入の狙いを聞いた。(2022/3/19)

コロナの中なぜホテル事業に進出? タカラレーベンの狙い
大手不動産デベロッパーのタカラレーベンが、コロナ禍の中、ホテル事業に新規参入する。第1号店となる「HOTEL THE LEBEN OSAKA」を、大阪・長堀橋に3月24日にオープン。「コロナ収束が予想される2025年には、事業を加速させたい」と、秋澤昭一常務執行役員は意気込む。狙いはどこにあるのか。(2022/3/18)

ソニーEV参入、狙いは車載OS 進化のカギ押さえプラットフォーマーへ
ソニーグループの電気自動車戦略がみえてきた。1月以降、矢継ぎ早にEV戦略を発表しているが、そこからうかがえるのは車載向けの基本ソフトを核にしたEVビジネスだ。(2022/3/17)

ソニーEV参入、狙いは車載OS 進化のカギ押さえプラットフォーマーへ
ソニーグループのEV戦略がみえてきた。1月以降、矢継ぎ早にEV戦略を発表しているが、そこからうかがえるのは車載向けOSを核にしたEVビジネスだ。EVの進化を支える“頭脳”をいかにして押さえるかがカギを握る。(2022/3/17)

シャープ、化粧品事業に参入 “シャープの化粧水”など3商品、マスク生活でのスキンケア需要に対応
シャープ傘下で、IoTサービスなどを手掛けるSHARP COCORO LIFEは薬用保湿クリームなど3商品を製品化したと発表した。コロナ禍でマスクを着用する機会が増える中、ニキビなど肌荒れに悩むユーザー向けにスキンケア商品を提供する。(2022/3/15)

シャープがスキンケア市場参入 マスクに続いて「シャープの化粧水」など発売へ
確か家電メーカーでしたよね……?(2022/3/15)

アウトドアブーム、異業種も本格参入 ゲオグループ、アルペン…続々新規出店
新型コロナウイルス禍で人気の高まったアウトドアレジャーが定着の兆しをみせている。今年も新たに始める人が増えるとみられ、テントや調理器具、寝袋をはじめ、必要となる道具類を扱う小売り分野では、異業種の中古品販売店やスポーツ用品店などが専門店の出店、品ぞろえの拡充を本格化させている。(2022/3/15)

シャープ、スキンケア商品に参入 「マスク生活を応援」 EC限定で
シャープは15日、スキンケア商品「薬用Crystaliq」(クリスタリーク)シリーズをECサイト「COCORO STORE」で販売すると発表した。(2022/3/15)

スマートファクトリー:
産業用スマートグラスはIT/OTの「結節点」になれるか、米国発新興企業の展望
現在、産業用スマートグラスは国内外の多くのメーカーが展開している。その中で着実に国内販売実績を積み上げている企業がRealWearだ。2015年に米国で創業したスタートアップで、同社のスマートグラスは全世界で約5万台を超える販売実績を持っている。ただ、国内市場参入当初は顧客に導入を渋られていた時期もあったという。そこから販売台数を伸ばした要因と、産業用スマートグラス市場の今後の展望などを聞いた。(2022/3/17)

ワークマンのキャンプ用品、「WEB限定」なのに店舗でも売っている理由
低価格を武器にキャンプ用品に参入したワークマン。発売日には公式ショッピングサイトが一時つながりにくくなる人気ぶりだった。しかし「WEB限定」のはずの商品は店頭にも並んでいた。(2022/3/4)

凸版印刷 部活動からeスポーツ参入 社会人対象のeスポーツリーグを2020年に開始
長引くコロナ禍で「eスポーツ」が注目されている。遠隔で対戦もでき、社内外のコミュニケーション強化の一環として導入する企業が急増。凸版印刷でも2020年に社会人のeスポーツプレイヤーを対象としたeスポーツリーグが立ち上がった。(2022/3/4)

auカブコム、クレカ積み立て参入 au回線保有者には最大5%還元
auカブコム証券は3月2日、クレジットカードを使った投資信託の積立サービスを3月28日に開始すると発表した。利用できるクレジットカードは、au PAYカード。積立額の1%をPontaポイントで還元する。(2022/3/2)

楽天、カーシェア事業に参入 まずはオリックス自動車と提携 楽天ポイントたまる
楽天グループは、カーシェア予約サービス「楽天カーシェア」の提供を始める。まずはオリックス自動車と提携、同社が持つ全国1700カ所のカーステーションの予約や決済に、楽天IDが使えるようになったという。(2022/3/1)

スピン経済の歩き方:
「ローソンがキャンプ市場に参入」の噂が、飛び交い続けるワケ
今、空前の「キャンプブーム」が訪れているが、愛好家の間でまことしやかなうわさが飛び交っている。「ローソンがキャンプ市場に参入」だ。もちろん、同社はそのようなことを発表していないが、「ひょっとしたら実現するかも」と感じさせられる動きがある。どういうことかというと……。(2022/3/1)

大阪ガス、家庭用ネット事業に参入 顧客囲い込み狙う
大阪ガスが、家庭用インターネット通信事業に参入する。大手ガス会社の固定通信事業参入は初めて。3月1日からサービスの受け付けを始める。家庭用のガスや電力契約とセットにすると割引があるプランがあり、激化する顧客獲得競争を優位に進めたい考え。(2022/3/1)

結婚後の施設利用を促進:
ホテルニューオータニが“婚活事業”に参入 「マリッジ コンシェルジュ」開設
ホテルニューオータニが、婚活業界最大手のIBJが運営する「日本結婚相談所連盟」と共働し、結婚相談所を3月から開始すると発表した。(2022/2/24)

SupplyChain Dive:
食料配送ロボのスタートアップが頼る「セグウェイ」の技術とは 人手不足の救世主となるか?
配送ロボットのスタートアップ企業が食料品業界に参入した。パワーアップした配送ロボットは人手不足を受けて業務効率化が進む食料品業界の救世主となるか。(2022/2/24)

約130アイテムを展開:
ワークマン、大量のアウトドア商品を投入 「自然の中では、みんな職人。」で勝利を確信
ワークマンがキャンプギアを本格展開する。2月22日よりWeb注文限定で商品を展開を開始した。なぜ今アウトドアギアに本格参入し、Web注文限定で展開するのだろうか。(2022/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.