• 関連の記事

「環境負荷」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境負荷」に関する情報が集まったページです。

環境負荷低減:
「パンダ」が食べずに捨てていた竹を活用 アサヒビールとパナソニック、「パンダバンブータンブラー」開発
アサヒビールは、パンダが食べずに廃棄していた竹を活用した「パンダバンブータンブラー」を開発した。環境負荷低減施策の一環。(2021/11/26)

イケア、プラ包装を段階的に廃止へ 2028年までに
イケアは、環境負荷の低減を目的に、商品のプラスチック包装を段階的に廃止する方針を明らかにした。2025年までに新商品、28年までに既存商品の包装を、それぞれプラスチックから、紙などの再生可能素材に切り替える。(2021/11/24)

首都圏の倉庫機能を集約:
サントリー、さいたま市に新物流拠点 自動運転のフォークリフト導入、工数3割削減
サントリーが、新物流拠点「浦和美園配送センター」の稼働を始めたと発表した。首都圏に分散していた倉庫機能を集約し、物流の効率化を図る。同施設には、自動運転のフォークリフト(AGF)なども導入しているという。(2021/11/24)

運任せ 空の「旅ガチャ」人気  9千個超販売
新型コロナウイルス禍に伴う移動の減少で航空業界が苦境にあえぐ中、格安航空会社のピーチ・アビエーションの企画した「旅くじ」が、若者らの人気を集めている。(2021/11/23)

電動システム:
鉄とニッケルでレアアースフリーのモーター用磁石、デンソーが開発中
デンソーは2021年11月18日、メディア向けに説明会を開き、先端技術研究所の取り組みを紹介した。(2021/11/22)

製品動向:
集成材とPC梁を一体化させた複合梁を開発、梁全体の曲げ耐力が50%程度アップ
大成建設は、集成材とプレストレストコンクリート梁を組み合わせた複合梁「T-WOOD PC-BEAM」を開発した。T-WOOD PC-BEAMは、集成材が型枠と化粧仕上げ材の各機能を兼ね備えており、梁の工場製作時に型枠材などの廃棄物発生を抑制できることから、環境負荷低減にも役立つ。(2021/11/18)

自然エネルギー:
国内初、電気・ガスともにCO2排出ゼロの分譲マンション 野村不動産が建設へ
野村不動産が、使用する電気・ガスのCO2排出量を実質ゼロにする国内初の新築分譲マンションを建設すると発表。東京ガスの協力を得て実現するもので、「カーボンニュートラル都市ガス」や再エネ由来電力を活用する。(2021/11/15)

2022年3月発売予定:
オカムラ、体格に合わせて変形するイス「Spher(スフィア)」発表
オカムラが体格に合わせて変形するイス「Spher(スフィア)」を発表した。長時間座っても疲れにくい商品として訴求する。(2021/11/11)

中国EC恒例の「独身の日」大規模セール、習政権のIT統制で変化
中国では「独身の日」と呼ばれる11月11日に、EC各社による毎年恒例の値引きセールが行われる。最大手Alibaba Groupの取引額は2020年8兆円規模だったが、習近平政権が同社への圧力を強めているため21年は最も低調になるとの見方もある。(2021/11/11)

FAニュース:
工作機械のテスト加工をデジタル化する技術にスーパーコンピュータを利用
DMG森精機は、工作機械のテスト加工をデジタル化する「デジタルツインテストカット」技術にスーパーコンピュータ「富岳」を利用した。その結果、複雑な曲面で構成されるブレードや金型などの解析時間を実機テスト比で98%削減できた。(2021/11/11)

住友商事の挑戦【前編】:
住友商事・南部智一副社長に聞く「DXによる再生の道筋」 社内の構造改革を強力に推進
大手商社の中で事業分野の見直しを含む構造改革を迫られていた住友商事。同社が、DXを活用してターンアラウンド(再生)を図ろうとしている。経営戦略においてDXを中心に位置付け、成功と失敗事例を示すことによって社員に共感を持たせるなど、多様な施策を実行してDXを先導してきたメディア・デジタル事業部門長(CDO)の南部智一副社長にインタビューした。(2021/11/11)

大切なのは“サステナブルな野生” 日本EVクラブ代表・舘内端さんが語る「EVラリー」の魅力
EVユーザーが全国から長野県白馬村を目指して走る「ジャパンEVラリー白馬」。その創設者で日本EVクラブの代表、舘内端さんはEVの魅力について「サステナブルな“野生”なんだよ、大切なのは」と語る。(2021/11/8)

材料技術:
「大気の窓」で冷える放射冷却メタマテリアル技術、日産が純正アクセサリーに採用
日産自動車が放射冷却素材の「Radi-Cool(ラディクール)」を、自動車メーカーとして初めて純正アクセサリーに採用した。全国の日産自動車の販売店において、ラディクールを使用した「サンシェード」「カーサイドタープ」「ハーフボディカバー」を「キックス」向けに発売。今後対象車種を拡大していく予定だ。(2021/11/4)

自治体初:
「自動運転バス」実用化から約1年、茨城県境町の変化は?
2020年11月、自治体初の事例として自動運転バスを3台導入し、定時・定路線での運行を始めた茨城県境町。21年8月より停留所の数を16カ所に増やして、土日の運行も開始した。約1年間の実用化によって、町にどんな変化があったのか。(2021/11/3)

工場ニュース:
電動アシスト自転車の生産能力を3割増強、パナソニック サイクルテックが柏原で
パナソニック サイクルテックは、大阪府柏原市にある柏原工場の生産体制強化に伴う設備投資を実施し、併せて環境負荷低減型設備の稼働を開始した。国内市場での電動アシスト自転車の需要増に対応する。(2021/11/2)

導入事例:
東急建設がCO2排出量の削減率が従来比で70%以上の先送り材を「CURA GINZA」に適用
東急建設は「先送りモルタル」に替わる環境負荷低減型先送り材「サスタル」を開発した。同社では、サスタルの外販も予定しており、多くの建設現場にサスタルを普及させることで、環境負荷低減に貢献していく。(2021/11/2)

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

PS5は初期型PS4より省エネ、ソニー推定
SIEは28日、PlayStation 5は「2013年の発売当初のPS4と比べて消費電力が約11〜17%減少したと推定している」と発表した。(2021/10/29)

メルカリ、自社物流網を構築する新会社「メルロジ」設立 メルカリポストなど起点に
メルカリが、物流サービスの企画開発、運営を手掛ける完全子会社「メルロジ」を設立した。効率的な物流網を自社独自に構築し、これまで配送業者に頼っていた作業をメルロジ側で負担。新サービスのリリースなど顧客体験の向上を目指す。(2021/10/28)

東京・港区の交通課題解消に「4人乗りカート」 JR東やKDDIなどが実証実験
東京都港区は、東急不動産、JR東日本、KDDIなどと連携し「都心区における旅行者・居住者向けマイクロツーリズムの実証実験」を実施する。(2021/10/28)

電動化:
新たに発足したパナソニックのエナジー社、テスラ向け新型電池「4680」を披露
2021年10月1日付で新たに発足したパナソニックの電池事業を統括するエナジー社 社長 CEOの只信一生氏が報道陣の合同取材に応じた。只信氏は、テスラ向けに開発している新型電池セル「4680」を披露するとともに、2021年度内に量産化に向けた試作設備を国内拠点に導入し、早期に北米工場での量産につなげていきたい考えを示した。(2021/10/26)

プロジェクト:
総延べ床面積55万m2の再開発プロジェクトが芝浦で始動、野村不動産ら
野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東京都港区で、再開発計画「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を2021年9月28日に行い、総延べ床面積が約55万平方メートルの施設開発に着手した。(2021/10/26)

量子アニーリングで最適な配送ルートを高速算出、凸版印刷が実証実験
凸版印刷がシグマアイと共同で、量子コンピューティング技術を活用して物流業務の効率化を目指す実証実験を始めた。効率的な配送ルートを計算し、算出にかかる時間や精度などを検証する。(2021/10/25)

導入事例:
全国の現場に主燃料として「GTL燃料」を導入、東急建設
東急建設は、同社の直接事業活動を対象に、国際的イニシアチブSBT(Science Based Target)に認定されている温室効果ガスの排出量を、2018年度と比較して、2030年に30%削減し、2050年に100%カットを目標に掲げている。この目標を達成するために、全国の現場で、「GTL(Gas to Liquids)燃料」の導入に踏み切った。(2021/10/25)

新工法:
清水建設が振動を感じさせない基礎躯体解体工法を開発、騒音は交通騒音と同等に抑制
清水建設は、押し切り・引き切りの双方に応じられるワイヤソー切断装置「基礎躯体クールカット」を用いて解体部材をブロック状に切り出し、クレーンで揚重・搬出するブロック切断解体工法「シミズ・基礎躯体クールカット工法」を開発した。新工法では部材を破砕しないため、粉じん、騒音、振動の発生を最小限に抑制する。また、清水建設は、アタッチメント式のワイヤソー切断装置「クールカット」を用いて、地上躯体向けのブロック切断解体工法「シミズ・クールカット工法」も開発・実用化しており、今後は、基礎躯体・地上躯体の解体工事に環境負荷の少ないクールカット工法を適用し、周辺環境に与える影響を抑えた解体施工を進めていく。(2021/10/26)

三井住友銀行、インターネットバンキングの申し込みに「SMBCクラウドサイン」導入
 SMBCクラウドサインは10月18日より、三井住友銀行の法人インターネットバンキングの申し込みにおいて、クラウド型電子契約サービス「SMBCクラウドサイン」の利用を開始した。(2021/10/19)

非住宅 木造建築フェア:
1200m3の木材を活用したホテルが札幌市で開業、全体の約80%に北海道産材を利用
三菱地所は、ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツとともに、北海道札幌市中央区で開発を進めていたホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園」が2021年8月に竣工したことを発表した。(2021/10/19)

日立がグループ全体でハンコ撤廃へ 電子署名の導入効果は
日立製作所と国内グループ会社は、営業部門や調達部門に「DocuSign eSignature」を導入し、契約書や注文請書、納品書などをハンコレス化、ペーパーレス化する取り組みを進めている。(2021/10/15)

代替燃料調達へ企業と費用分担 全日空が新プログラム
希少なSAFの安定調達につなげるとともに、参加企業にも取り組みをアピールできる材料を提供し、双方にメリットがある仕組みを提示することでSAFの国内利用を加速したい考えだ。(2021/10/15)

プロジェクト:
感染症対策を施した延べ2.1万m2の賃貸オフィスビルが博多で竣工、鹿島建設
鹿島建設は、福岡県福岡市博多区で、同社が設計・施工を手掛けた賃貸オフィスビル「博多コネクタ」が竣工したことを公表した。(2021/10/14)

脱炭素:
既存システムともAPI連携可能、全事業所の電力消費量を可視化するデータ基盤
マクニカは「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋」において、工場やビルなどを対象としたクラウド型のエネルギー管理プラットフォーム「Kisense」を展示した。(2021/10/8)

メルカリ初のファッション実店舗、表参道に ユーザー出品物を販売 期間限定
メルカリが古着を扱う初のファッション実店舗。一般ユーザーから販売商品を募り、タレントら「アンバサダー」が買い取った上で、実店舗で売る。(2021/10/7)

AI:
建設現場で生じるCO2排出量の計測・集計をAIで行うシステム、大成建設
大成建設は、AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を効率的に計測・集計するシステムの開発をスタートした。今後は、新システムの建設現場への適用拡大を図るとともに、全社員が参画する環境負荷低減活動に利用し、カーボンニュートラルに向けた取り組みを加速する。将来的には新システムを建設業界全体に展開することも視野に入れている。(2021/10/7)

斉藤国交相「GoToは不可欠」 再開時期や内容を検討へ
斉藤鉄夫国土交通相は5日の就任記者会見で、政府の観光支援策「Go To トラベル」について「観光地や地域経済維持のために、大変重要で大変不可欠な事業」と指摘し、新型コロナウイルスの感染状況を見つつ、再開の時期やその際の制度内容などを検討する考えを示した。(2021/10/5)

初の取り組み:
メルカリ、東京・表参道にファッション特化の実店舗を期間限定オープン 11月25日から3日間
メルカリが、東京・表参道にファッションに特化した実店舗「サステなストア」を11月25日から27日の期間限定でオープンする。10月5日からフリマサイト「メルカリ」(PC、iOS/Android、無料)で出品アイテムの受け付けを始めた。(2021/10/5)

脱炭素:
脱炭素推進とセットで考えたい、低環境負荷の太陽光パネルリサイクル技術開発
出光興産は「第1回 脱炭素経営 EXPO 秋」において、同社子会社のソーラーフロンティアが新エネルギー・産業技術総合開発機構と共同で進める、太陽光パネルのリサイクル技術開発に関する展示を行った。(2021/10/5)

CYBERNET Solution Live 2021:
ブラザー工業が実践するボトムアップ型CAEによる経営貢献に向けた取り組み
サイバネットシステム主催「CYBERNET Solution Live 2021」の基調講演にブラザー工業 開発センター 技術革新部 岩田尚之氏が登壇し、「ブラザー工業のCAE これまでとこれから 〜経営に貢献する基盤技術を目指して〜」をテーマに、ボトムアップ型CAEによる経営貢献に向けた取り組みについて紹介した。(2021/10/5)

電子ブックレット(FA):
茨城県に半導体製造装置新工場建設/任天堂が宇治小倉工場を転用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2021年4〜6月に公開した工場関係のニュース(17本)をぎゅっとまとめた「工場ニュースまとめ――2021年4〜6月」をお送りします。(2021/9/22)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 第1回:
PR:重要性が増すCAE解析業務を効率化するには? HPCを活用するという選択肢
複雑化が進む製品開発において、CAEを活用した解析業務の果たす役割はますます大きくなっている。CAEの利用頻度が上がるだけでなく、解析処理のさらなる高速化や大規模モデルへの対応、よりメッシュ数の多い高精細な解析など、その要求も高まっていくことが予想される。また、ニューノーマル時代に向けてリモートワークに対応した環境整備も求められる。果たして、現在の解析環境のままで業務のさらなる効率化・高度化を実現できるだろうか。あらためて、HPCという選択肢について考えたい。(2021/10/5)

省エネ機器:
建設現場のCO2排出量を高精度に把握、大成建設がAIを活用した新システム
大成建設は、AIを活用して建設現場で発生するCO2排出量を効率的に計測・集計するシステムの開発に着手。より実態に即したCO2排出量の把握を目指すという。(2021/9/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
化石燃料から作る水素は意外にバカにできない
新エネルギーに求められるのは、やはり環境負荷だ。しかし、そうやって理想の形を求めていくと、それ以外のアプローチが存在し得る話が徐々に見えてきた。それが意外や意外、褐炭ベースの水素というソリューションだったのである。(2021/9/20)

戦略とデザインで実現するサステナビリティ
ビジネスにおけるサステナビリティを実現するためには、社会課題やサプライチェーン全体を考慮した経営戦略と、エンドユーザーへの理解やお客さま目線でのコミュニケーションデザインの両軸をしっかりと考える必要がある。(2021/9/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
EVだけではカーボンニュートラルではない、BMWが訴える「循環型経済」の意義
1週間おつかれさまでした。土曜日ですね。今週はドイツ・ミュンヘンで国際モーターショー「IAA MOBILITY 2021」が開幕しました。ドイツの乗用車のモーターショーといえばフランクフルトが開催地でしたが、ミュンヘンに場所を移して開催となりました。残念ながら現地には行けませんでしたが、電動化が展示の一大トレンドだったようです。(2021/9/11)

服飾デザインに“バーチャルヒューマン”活用 KDDIがアパレル業界のDX支援 スマートグラスでファッションショーも
KDDIとKDDI総合研究所がアパレル業界のDX支援を始める。バーチャルヒューマンやスマートグラスを使い、商品企画やデザイン時のサンプル制作を効率化。資源を最小に抑えたモノづくりに貢献するという。(2021/9/10)

3Dプリンタニュース:
バイオマス素材と3Dプリンタで循環型都市を目指すプロジェクト開始
NODとネクアスは、バイオマス素材と3Dプリンタで循環型の都市づくりを目指すプロジェクト「Recapture」を開始した。第1弾として、生分解性酢酸セルロース素材を使用した大型3Dプリント家具を発表した。(2021/9/10)

サプライチェーン改革:
ブロックチェーンによる物流のトレーサビリティー向上に向けた実証実験開始
大日本印刷は2021年8月25日、三菱ケミカル、リファインバースグループと共同で、バイオマスやリサイクル原料の管理、追跡などを可能にする、透明性と信頼性の高いサプライチェーン構築に向けた実証実験を開始すると発表した。(2021/9/8)

製品動向:
冷媒の漏えい検知・フレア加工不要・消費電力7%削減の新型エアコン、ダイキン工業
ダイキン工業は、ビル用マルチエアコン「VRV」や店舗・オフィス用エアコン「スカイエア」、店舗・オフィス用マルチエアコン「machi マルチ」シリーズの新型を開発した。新型は「冷媒漏えい検知機能」「システムでの省CO2化」「フレアレスジョイント」といった新機能を備えている。今後は、こういった機能を同社のエアコンに搭載するために、1100機種以上のモデルチェンジを行う予定だ。(2021/9/8)

電気自動車:
使用済みモーターからのレアアース回収時間を半減、日産と早稲田大学
日産自動車と早稲田大学は2021年9月3日、電動車のモーター用磁石からレアアース化合物を効率的に回収するリサイクル技術を開発したと発表した。従来は手作業でモーターを分解して磁石を取り出すため、まとまった個数の処理には時間がかかっていた。開発技術では、作業時間を50%削減できる。(2021/9/6)

プロジェクト:
神戸市で延べ4.5万m2の物流施設が竣工、賃貸契約率100%で稼働
プロロジスは、兵庫県神戸市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク神戸5」が竣工したことを公表した。プロロジスパーク神戸5は現在、賃貸契約率100%で、入居企業には、三菱食品やコープこうべ、三井物産グローバルロジスティクスが名を連ねている。(2021/9/3)

鏡面研磨の速度を従来の12倍に:
産総研ら、SiCウエハーの高速研磨技術を開発
産業技術総合研究所(産総研)は、パワー半導体用大口径SiC(炭化ケイ素)ウエハーの高速研磨技術を、ミズホや不二越機械工業と共同開発した。従来に比べ鏡面研磨を12倍の速度で行えるため、加工時間を大幅に短縮することが可能となる。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.