• 関連の記事

「ガラパゴスケータイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

何が起きているのか:
ASEANでモテモテだった日本の企業 その将来に漂う暗雲
ビジネスシーンで、ASEANの有力財閥にモテモテだった日本企業。誠実な姿勢が評価されていたが、安心していられない事態になっていると筆者は主張する(2021/10/25)

nanacoがApple Pay対応 セブンカード以外からのチャージにも対応
これまでプラスチックカードおよびフィーチャーフォンとAndroid端末だけに対応していた電子マネーnanacoが10月21日、Apple Payに対応した。iPhoneやApple Watchにnanacoのアプリを使い、残高確認や決済、チャージが可能になる。(2021/10/21)

ドコモ通信障害で金子総務大臣「大変遺憾」 原因究明と報告求める
金子総務大臣は10月15日午前の会見にて、NTTドコモの回線で発生した14日の通信障害について「大変遺憾」と発言。同社に原因の究明と速やかな報告を求めた。(2021/10/15)

ドコモの通信障害、4G/5Gは完全復旧 3Gは繋がりにくい状況続く
10月14日から続いていたNTTドコモの通信障害について、4G/5G回線について完全復旧したと発表した。3G回線についてはまだ繋がりにくい状態が続いており、全面復旧についてはもうしばらくかかる見込み。(2021/10/15)

結婚10周年の吉川ひなの、交際中の写真公開でレアな夫の姿も 「彼はシャイだから? 出るの嫌がるんだけど」
夫婦の歴史。(2021/10/13)

“低廉な料金と多様なニーズ”に対応 ドコモ「エコノミーMVNO」の狙い
NTTドコモが10月7日、dアカウントやdポイントを活用した「エコノミーMVNO」について発表した。エコノミーMVNOは、低容量かつ低廉な料金サービスを利用したいユーザーのニーズに応えたもの。ドコモから移行したとしても、dアカウントを軸とした非通信分野での収益向上を図るという狙いもある。(2021/10/8)

「らくらくスマートフォン」と「あんしんスマホ」 シニア向けスマホを2機種並べたドコモの狙いとは?
NTTドコモが2022年春商戦向けモデルとして、FCNT製の「らくらくスマートフォン」と京セラ製の「かんたんスマホ」の2機種を投入する。どちらもシニア向けスマートフォンで、ほぼ同時期に発売される予定となっている。なぜ、わざわざシニア向けスマホを2モデルも用意するのだろうか。狙いを考察してみよう。(2021/10/8)

ドコモの新機種は「コスパ」と「使いやすさ」重視 SIMフリーでも端末企画は継続
NTTドコモが10月6日、2021-2022冬春の新型スマートフォンを発表した。新モデルは全機種が5Gに対応し、ハイスペック、スタンダード、あんしんスマホとらくらくスマホ、そしてレノボのノートPCなど、バラエティー豊かなラインアップとなった。今回は、コストパフォーマンスと使いやすさを重視した。(2021/10/6)

ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

エントリー5Gスマホ「Galaxy A22」がドコモから登場 初心者向けの機能が充実
NTTドコモが10月6日、サムスン電子製のスマートフォン「Galaxy A22 5G SC-56B」を発表。Galaxy A22は、フィーチャーフォンからスマートフォンに乗り換えるユーザーに向けたエントリーモデル。文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」や、フィーチャーフォンのデータを移行できるアプリを用意している。(2021/10/6)

「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
スマートフォンの普及や5G通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。携帯電話大手は主に高齢者を対象にしたスマホ教室などで、4Gや5Gに対応した機種への乗り換えを支援しており、20年前に携帯電話に革新をもたらした3Gの終焉(しゅうえん)が近づいている。(2021/9/22)

HIS Mobileが「秋の新端末乗換フェア」開催 iPhone買取額最大1万円アップほか
HIS Mobileは、9月24日から「秋の新端末乗換フェア」を開催。iPhoneシリーズの買い取り金額を最大1万円アップし、SIMと同時契約で中古端末が月110円(税込み)から利用可能になる。(2021/9/22)

段階的に:
「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
スマートフォンの普及や第5世代(5G)移動通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。(2021/9/21)

3Gサービス終了を知らないフィーチャーフォン利用者は26.4% MMDのシニア実態調査から
MMD研究所は、9月15日に「シニアの3Gサービス終了に関する実態調査」の結果を発表。終了を知らないと回答したフィーチャーフォン利用者は26.4%で、3Gサービスが終了する時期を約3割が知らないと答えている。(2021/9/15)

SBG孫社長「人間を単純作業から解放する」 AI×ロボット「スマボ」に意欲 「うなだれているPepperも応援する」
「単純作業を自動化して人間を解放すれば、より付加価値の高いクリエイティブな仕事に専念できる」――SBGの孫社長はこう話し、ロボットとAIをかけ合わせて10億人分の労働人口を獲得する構想を打ち出した。(2021/9/15)

2020年度の中古スマホ販売台数は185万台に増加、SIMロック禁止も追い風に
MM総研が9月14日に、中古スマートフォンの国内市場についての調査結果を発表した。「2025年に中古スマホの取引市場は268万台に拡大する」と予測している一方で、アンケートでは約40%が直前に利用した端末を家に保管すると答え、下取りサービスの利用が約80%、中古ショップへの売却も7%程度にとどまった。(2021/9/14)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
総務省とキャリアの“いたちごっこ”に終止符は打たれるのか? 20年間の競争と規制を振り返る
モバイル市場のこの20年間を、競争と規制という視点から振り返ってみたい。2000年代前半には、“日本型販売奨励金モデル”により、半年〜1年程度型落ちのハイエンド端末が、ほぼゼロ円で手に入った。総務省は「分離プラン」の導入を要請したが、キャリアとのいたちごっこが続いている。(2021/9/13)

石野純也のMobile Eye:
歴代で最も買いやすい折りたたみスマホに 「Galaxy Z Fold3 5G/Z Flip3 5G」の狙い
新たに発表した「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」は、2020年のモデルから価格を引き下げ、利用シーンを広げる防水に対応。日本ではフォルダブルスマートフォンとして初めておサイフケータイに対応する。日本での戦略もグローバルと同じで、フォルダブルのメインストリーム化を狙う。(2021/9/11)

「+メッセージ」が格安ブランドやMVNOでも利用可能に 9月2日から順次
NTTドコモ、KDDIとソフトバンクが共同で運営するメッセージサービス「+メッセージ」が、格安ブランドやMVNOでも利用できるようになる。KDDIと沖縄セルラー電話は9月2日から対応し、ドコモも9月下旬に対応する予定だ。ソフトバンクは、2022年春の対応となる。(2021/9/2)

「ドラゴン桜」ヤンキー役で注目 西山潤「辞めたいと思うこと、何回もありました」 同期の活躍、悔やむ日々語る
「ドラゴン桜」で演じた小橋役が注目を集めました。(2021/9/2)

Google日本法人が20周年 Googleサービスのこれまでを振り返る記念動画を公開
米Googleの日本法人がオフィス開設から丸20年が経過したことを記念した動画をYouTubeに公開した。Google マップやGmailのβ版を使う様子やGoogle 検索を“ガラケー”で利用する様子などをまとめて紹介し、日本での事業展開の変遷が分かるようになっている。(2021/9/1)

「ドコモ口座」終了へ 機能は「d払い」アプリに統合、名前も「d払い残高」に
NTTドコモが「ドコモ口座」について、サービス単体としての提供を10月25日に終了すると発表した。名前も「d払い残高」に変更。以降は「d払い」のスマホアプリでのみ、入出金や送金機能を利用可能にする。(2021/8/30)

スマホの利用料金は平均4845円、データ通信量は平均8.72GB MM総研の調査
MM総研は、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルおよびサブブランドとMVNO各社それぞれの音声通話サービス利用者に対するアンケート調査を実施した結果を発表した。(2021/8/26)

4〜6月の国内携帯出荷数、17.9%増の906.4万台に iPhoneが堅調
IDC Japanは、8月25日に国内の従来型携帯電話/スマートフォンの2021年第2四半期(4〜6月)出荷台数を発表。合計出荷台数は前年同期比17.9%増の906.4万台となり、要因として5G端末の出荷増加が挙げられる。(2021/8/25)

「メタバース×ブロックチェーン」の未来(前編) Thirdverseの國光CEOと話す、VRのその先
西田宗千佳さんによる、Thirdverseの代表取締役CEOへのインタビュー前編。VRの世界の重要な概念であるメタバースの未来を議論する。(2021/8/24)

新型コロナウイルス拡大でシニアのスマホ乗り換え意向は? MMD研究所が調査
MMD研究所が「2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の第2弾を実施し、結果を発表した。スマホの契約を検討しているシニアの35.2%が、新型コロナウイルス拡大を受けて利用してみたいと思うと回答したという。(2021/8/24)

石野純也のMobile Eye:
“キャリア端末”のセット販売を仕掛けるイオンモバイル SIMロック禁止で変わる端末販売の在り方
イオンモバイルが10月から料金プランの値下げをするが、それ以上に衝撃的だったのが、端末販売の新戦術だ。イオンリテールは、大手キャリア3社の販売するスマートフォンと、イオンモバイルのSIMカードをセットで販売していく方針。同様の方法で販売を行うMVNOが増えてくると、キャリアとメーカーの在り方に与えるインパクトも大きくなる。(2021/8/14)

総務省が「SIMロック原則禁止」のガイドライン改訂を確定 10月1日から順次適用 「eSIMガイドライン」も新設
総務省が「スイッチング円滑化タスクフォース」を通して議論を進めてきた「SIMロックの原則禁止」。パブリックコメントの募集手続きを経て、その方針が正式にガイドラインに盛り込まれることになった。同時に、同タスクフォースで議論を進めてきた「eSIMの普及」に関するガイドラインも新設される。(2021/8/12)

防水&ペン対応の「Galaxy Z Fold3 5G」発表 3代目になる“フォルダブル”はモバイルの未来か
韓国Samsung Electronicsが、フォルダブルスマホの新モデル「Galaxy Z Fold3 5G」と「Galaxy Z Flip3 5G」を発表。同社のモバイル事業トップは「フォルダブルはスマホの新しいスタンダード」と胸を張る。3代目になるフォルダブルスマホの進化点を見ていく。(2021/8/12)

シニアの半数がスマホへ乗り換え意向あり きっかけ上位は「3G回線の終了」――MMD研究所調べ
MMD研究所が、シニア(60〜79歳)を対象に行った「シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の結果を公表した。調査当時にフィーチャーフォン(ケータイ)を利用していた人のうち、48.2%がスマートフォンへと乗り換える意向があると答えたという。(2021/8/10)

小寺信良のIT大作戦:
故郷が「帰ってくるな」という夏休み、「バーチャル帰省」はアリ?
「帰ってこいよ」ではなく「帰ってくるな」と故郷は言う。ではどうすればよいか。(2021/8/10)

中国系スマホが日本市場に攻勢 Xiaomiが3万円端末 一方で政治リスクも
中国スマートフォン大手のXiaomiとKDDIは2日、5G通信に対応した端末価格約3万円の新端末「Redmi Note 10 JE」を3日に発売すると発表した。XiaomiやOPPOといった中国系スマホメーカーは携帯電話大手と共同で新端末を次々に投入しており、米制裁の影響で端末販売が伸び悩んだ中国Huaweiのシェアを奪い取る狙いだ。(2021/8/4)

菅政権肝いりの「キャリアメール持ち運び」、どこまでニーズがあるのか?
キャリアメールはスマートフォンとSNSなどの普及で利用は大幅に減少している。にもかかわらず、総務省は現在のタイミングでキャリアメールの持ち運びができるよう各キャリアに求めている。一体なぜなのか。また、どのようにキャリアメールを他社でも引き継げるようにするのか。(2021/7/26)

半径300メートルのIT:
「2段階認証」スマホなくしても突破可能? “カオス”を体験しその時に備える
企業において、稼働中のサービスに意図的に障害を起こし、復旧の訓練をする「カオスエンジニアリング」という手法の採用が進んでいます。ただいきなりこの手法を実践するのも難しいと思うので、まずは個人から始めてみましょう。(2021/7/13)

AI時代を支えるNVIDIA【中編】
NVIDIAがHPC市場に投入するDPU「BlueField」の役割 SmartNICとは違うのか?
GPUベンダーとしての確固たる地位を築いてきたNVIDIAが、AI技術分野での存在感を高めている。同社がAI処理などを担うサーバ向けの新たなアクセラレータとして提供するのが「DPU」だ。(2021/7/29)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモケータイを振り返る 50xシリーズで高機能化が進み、FOMAが3Gの普及を後押し
ITmedia Mobileの20年を振り返る企画として、国内キャリアが2001年から2020年に発売した主要な「ケータイ」「スマートフォン」をピックアップしてまとめた。第1回はNTTドコモのケータイだ。iモードの対応機種「50xシリーズ」や、3Gサービス「FOMA」の普及に貢献した「90xシリーズ」を中心に紹介する。(2021/7/9)

「なぜスマホのバッテリーは交換できないの?」 その理由と問題の本質を考える
しばしば聴かれる質問。だが、この問題については誰もちゃんと答えていないようなので、西田宗千佳さんが乗り出した。(2021/7/8)

3GBで月額1078円から ドコモが「U15はじめてスマホプラン」提供
NTTドコモは、15歳以下が対象の料金プラン「U15はじめてスマホプラン」を提供する。5分間までの国内通話が無料で、16歳の誕生月まで月間3GBのデータ通信を月額1078円(税込み)から利用できる。(2021/7/5)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
「真のマルチタスク」を実現した「2画面スマートフォン」のこれから
失敗した、撤退したなどとネガティブな記憶だけが残るテクノロジーを取り上げ、その意義と現代における居場所を解説する連載。今回は筆者が激推ししている「2画面スマートフォン」である。(2021/6/30)

エハラマサヒロ、そっくりな元俳優・遠藤要容疑者の逮捕で風評被害 「俺を面白がって悪者にしたい奴が世の中に一定数おるぞ!」
以前から顔がそっくりで知られていた2人。(2021/6/16)

ソフトバンクの「スマホデビュープラン」、データ容量を3GBに増量 16〜22歳も対象に
ソフトバンクは、6月16日申し込み分から「スマホデビュープラン」を料金そのままにデータ容量を3GBへ増量。併せて、16〜22歳もスマホデビュープランへ加入できる「U22おトクキャンペーン」も実施する。(2021/6/10)

小寺信良のIT大作戦:
マンガは“無限”の時代へ プラットフォーム最適化の向こう側にたどり着いた“タテ読み”という新標準
最近急増している、マンガの縦読み。その背景を小寺信良さんが分析する。(2021/6/7)

時代変わっちまったな! ナイツ塙、サンド伊達の“スマホ”乗り換えに「伊達、オワタ」
スマホデビュー。(2021/6/4)

高度化する金融犯罪に対抗 ラックが金融機関向けに「金融犯罪対策センター」を設立
ラックは、高度化する金融犯罪に対抗するため、同社の知見を金融機関に提供する「金融犯罪対策センター」を設立した。金融犯罪に関する相談や対策支援だけでなく、日本サイバー犯罪対策センターと連携し、金融機関を通じて一般利用者に安全な金融サービスの提供を予定する。(2021/6/3)

友達の家でちょっと大人な『少コミ』をこっそり読んだあの日 思春期の“さみしさ”を知ったエピソードに胸がぎゅっとなる
子どもと大人の間でゆれ動く気持ち……。(2021/6/2)

KDDI、呼び出し音の設定サービス「待ちうた」終了へ 利用者が減少
KDDIが、携帯の呼び出し音を設定できるサービス「待ちうた」を12月31日に終了すると発表。利用者が減少したためという。(2021/6/1)

半径300メートルのIT:
ワクチン接種を装った偽のSMSが流行中 “あえてガラケーがいい”という人たちに情報を伝えるには
COVID-19のワクチン接種を装った偽のSMSが出回っています。最新のトレンドをテーマとしたフィッシング詐欺への対策としては、情報共有が非常に重要になってきますが、中高年世代の中には“ガラケー”一筋の方もいます。情報格差を是正するために私たちはどうすればいいのでしょうか。(2021/6/1)

2000年代女児が留守番中に楽しんだ“秘密の遊び”って? あの頃のおもちゃや雑誌を描いた漫画が懐かしい
ドキドキしながら読んだ少コミ……!(2021/5/26)

「090」はオヤジの番号 スマホ普及で「写メ」「バリ3」「メアド」も死語か
 「090」で始まる携帯電話番号を使っているのは「おじさんの証」かと、SNS上などでちょっとした話題になっている。20年以上同じ番号を使い続けているような人にはショックかもしれないが、「写メ」「バリ3」「メアド」といったケータイ用語を使いがちな人も要注意だという。(2021/5/26)

「090」は“おじさんの証”? SNSで話題に 携帯番号割り当てのいま
「090」で始まる携帯電話番号を使っているのは「おじさんの証」だと、SNS上などで話題になっている。なぜ090がおじさんの番号になるのか、その背景は携帯番号の割り当てにある。(2021/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.