• 関連の記事

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

木村文乃、潜水姿で「レスキュー・ダイバー」合格を発表 ダイビング回数200回目前での達成に「ホント尊敬する」
目標を達成していく人ってカッコいい。(2022/5/20)

KADOKAWA、過去最高の業績 23年3月期の営業利益目標を前倒しで達成
KADOKAWAが、2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期の連結業績を発表した。売上高、営業利益、営業利益率で過去最高を達成した。(2022/5/18)

政府が電池生産後押し 電動車促進策を先に
政府は国内企業の蓄電池生産を後押しするため補助金などを拡充するという。日本にはCO2規制やEV販売目標がなく、自動車メーカーから電池メーカーへの要請は少ない。電池メーカーの自主性に任せているため投資が進まない。やはり規制が先ではないだろうか。(2022/5/12)

男女1100人にアンケート:
SDGsを「意識して買い物する」3割にとどまる 男女差も明らかに
SDGs(持続可能な開発目標)を意識して買い物をしたことがある人は3割――。そんな結果がNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション(東京都品川区)の調査で分かった。SDGsを意識した消費経験は男性より女性のほうが10ポイント以上高く、男女で意識の差が顕著であることも明らかになった。(2022/5/12)

プラマイデジタル:
レベル4の自動運転を実装するのに必要なものとは何か?
自動運転の運用を検証する実証実験が大阪で行われた。自動運転の1つの到達目標であるレベル4を見据えたものだ。(2022/5/6)

製造マネジメントニュース:
日立の2024中計は成長モードへシフト、Lumada事業で利益の3分の1を稼ぐ
日立製作所が2021年度決算と2022〜2024年度の中期経営計画「2024中期経営計画(2024中計)」を発表。2024中計の財務目標は、売上高が10兆円にとどまるものの、新たな利益指標として取り入れるAdjusted EBITA率で2021年度の8.3%から12%に伸ばすなど利益率を大幅に伸ばしていく計画である。(2022/5/2)

BIM:
建築確認で用いたBIMデータなどを生かしたリモート中間検査システムを開発、清水建設
清水建設は、建築確認で利用したBIMデータやAR技術、リアルタイム映像伝送技術を生かしたリモート中間検査システムを、積木製作の協力を得て開発した。システム開発では、日本建築センターと推進している、BIMデータを活用した建築確認申請業務の効率化を目指すとともに、建築基準法で定められている現場での目視検査や工事監理状況といった書類検査の効率化と確実化を目標に掲げた。(2022/4/26)

KATE、累計出荷数270万本突破の「リップモンスター」に新色 「目標を上回る売れ行き」
カネボウ化粧品は、「KATE」(ケイト)の落ちにくい口紅「ケイト リップモンスター」から新色3色を発売。担当者によれば「目標を上回る売れ行き」だという。(2022/4/27)

貯蓄4万円増:
社会人2年目の貯蓄は「62万円」、30歳での目標年収は?
2021年の春に就職した社会人2年生は、お金をどのくらい貯めているのだろうか。社会人1年目の生活で貯蓄した金額を聞いた。(2022/4/23)

品質不正問題:
三菱電機の「骨太の方針」に暗雲、変圧器でも品質不正が判明し全社調査も延長
三菱電機は、系統変電システム製作所の赤穂工場が製造する特別高圧以上の一部の変圧器において、顧客から求められた規格に準拠しない受入試験の実施や試験成績書へ不適切な記載、一部製品での社内基準などと異なる設計を行っていたことが判明したと発表。22製作所などにおける品質不正の全社調査も、当初目標としていた2022年4月からさらに時間を要することも明らかになった。(2022/4/22)

国立天文台が初のクラファン実施 ブラックホール研究に向け目標1000万円
国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県奥州市)は、ブラックホール研究の支援金を募るクラウドファンディングを始めた。クラウドファンディングサイト「READYFOR」で6月17日まで募集し、目標支援額は1000万円。目的は、国の予算以外の研究費の確保としている。(2022/4/20)

研究開発の最前線:
三菱ガス化学がマテリアルズインフォマティクスに本腰、日立との協創で
2030年度を目標に「カーボンネガティブ技術」の開発を進めている三菱ガス化学が、新素材開発を高度化、加速する「マテリアルズインフォマティクス(MI)」の導入に向けて日立製作所との協創を推進している。既に、新素材探索の精度の約50%向上や、新素材探索に必要な実験時間の30〜50%短縮などの成果を確認している。(2022/4/18)

今年は「引退馬の再就職」がテーマ 34歳になった「ナイスネイチャ」バースデードネーション実施 目標の850万円は5時間ほどで達成
ネイちゃん長生きしてね。(2022/4/16)

電気自動車:
スバル「ソルテラ」の販売目標は月販150台、最上級モデルは682万円
SUBARU(スバル)は2022年4月14日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」の価格を発表した。(2022/4/15)

“無敗の女王”ぱんちゃん璃奈、前十字靭帯断裂の大手術が無事終了 車いす姿見せる「復帰を目標に頑張りたい」
早く良くなりますように。(2022/4/14)

Q&A 総務・人事の相談所:
“納得感のない人事評価”の原因に 「目標設定のNGワード」とは?
新年度の目標設定をどうすべきか、頭を抱えている上司も多いのではないか。「そもそも組織目標が不明瞭」「組織目標と個人目標の連鎖が弱い」など中長期的に解決すべき問題も……。新年度が始まるにあたり、社員に納得してもらえる目標設定をするために使うべきではない「NGワード」を人事コンサルタントが解説する。(2022/4/18)

カーボンニュートラル:
會澤高圧、2035年までに温室効果ガスのSC排出量を実質ゼロに
會澤高圧コンクリートは、温室効果ガスのサプライチェーン排出量を2035年までに実質ゼロにする目標を発表した。保有する脱炭素化技術の活用や大型風力発電事業への参入などを組み合わせた「NET ZERO 2035 ロードマップ」を策定している。(2022/4/11)

ニューノーマルを勝ち抜く事業戦略:
パナソニック ハウジングシステム事業部が株式会社に、CO2排出量実質ゼロが目標
パナソニック ハウジングシステム事業部は2022年4月1日に、パナソニック ハウジングソリューションズ株式会社となった。今後は、さまざまな住まいの問題を解消する住宅設備や環境に優しい取り組みを展開し、事業の裾野を広げる。(2022/4/11)

「ZIP!」お天気キャスター卒業の貴島明日香、4月25日写真集発売決定 朝以外の表情満載な1冊に
写真集発売は夢であり目標だったと語る貴島さん。(2022/4/8)

米当局、ロシアによるbotネットを撲滅する作戦を決行 該当ルーター保持者は要注意
米司法省が2022年3月に実施された裁判所公認のサイバーセキュリティオペレーションを発表した。同オペレーションはロシア連邦軍参謀本部情報総局が関与して構築したとされるbotネットの破壊を目標とした作戦で、一定の成果を挙げたという。(2022/4/8)

電動化:
大排気量の新開発ディーゼルエンジンで、マツダは「電動化の移行期」に打って出る
マツダは2022年4月7日、新世代ラージ商品群の第1弾となるクロスオーバーSUV「CX-60」の日本仕様を公開した。日本では2022年秋に発売予定だ。価格や販売目標について現時点では公開しなかったが、パワートレインは4種類設定し、既存モデルの「CX-5」の乗り換えから上質さを志向する新規ユーザーまで幅広くカバーする。(2022/4/8)

IoT&5Gソリューション展:
カシオがエンドポイントAIカメラの事業化へ、リョーサンとエコシステムを構築
カシオ計算機は、「第11回 IoT&5Gソリューション展 春」のリョーサンブースにおいて、開発中のエンドポイントAIカメラモジュールの試作機を披露した。今回の参考出展を契機に、入退室管理や工場内の作業分析、店舗における顧客分析などの用途に向けて2022年度内を目標に事業化を目指す。(2022/4/8)

Anker、3Dプリンタに参入 競合の5倍速で印刷、AIカメラで監視・タイムラプス撮影も
Kickstarterによるクラウドファンディングを開始した。既に目標金額は達成している。(2022/4/7)

「目標は死なないです」 だいたひかる、不妊治療→出産で中断していた乳がん治療に「そろそろ向き合わなければ」
乳がん治療を中断してから約1年半。(2022/4/6)

製造マネジメントニュース:
“ともにつながる”パナソニック コネクトが発足、樋口社長「ピカピカの会社に」
パナソニック コネクトが新会社としての発足会見を開催。パナソニック コネクテッィドソリューションズ社傘下の表面実装機、アビオニクス機器、放送機器、モバイル機器や、ブルーヨンダーなどの事業を引き継いでおり、2024年度の事業目標として、売上高1兆1700億円、企業の稼ぐ力を示すEBITDA1500億円の達成を目指す。(2022/4/5)

製造マネジメントニュース:
車載電池とサプライチェーン、水素技術などに6000億円投資、パナソニック新体制
パナソニック ホールディングスは2022年4月1日、事業会社制(持ち株会社制)へと移行した新体制でのグループ戦略説明会を開催。中期経営計画として「地球環境問題への対応」と「暮らしと仕事におけるウェルビーイング」実現に向けた取り組み強化を掲げ、2024年度までの目標値として、累積営業キャッシュフローで2兆円、ROE(自己資本利益率)10%以上、累積営業利益1兆5000億円を示した。(2022/4/4)

CDNもOracleが自前で提供 OCIの大幅アップデートの詳細は
OracleがOCIのラインアップを刷新。「最大のフレキシビリティを持ちながらシンプルなサービスを提供する」ことを目標に複数の新機能を発表した。今まで提供してこなかった領域のサービスを含め、攻めたラインアップだ。(2022/3/31)

総務省、5G整備目標引き上げ デジタル田園都市国家目指し、計画前倒し
総務省は29日、第5世代(5G)移動通信システムや光ファイバー回線といったデジタルインフラの整備計画を発表した。(2022/3/30)

組み込み開発ニュース:
エリーパワーの“燃えない電池”がさらなる進化、不燃新型電池を2025年に量産へ
エリーパワーが、2018年11月に発表した不燃性イオン液体を用いた新型リチウムイオン電池の開発状況について説明。この「不燃新型電池」は、消防法の規制対象外となるため適用範囲は広がる他、エネルギー密度の向上も可能で、2025年の量産を目標としている。(2022/3/30)

目標の10倍以上に:
フルートの部品製造技術を応用 3900円の高級耳かき
フルートの部品を製造している埼玉県狭山市の金属加工会社が、持ち味の技術を生かしたジュラルミン製の耳かきを開発した。1点3900円という高めの価格設定にもかかわらず、売上額は当初目標の10倍以上に達している。(2022/3/25)

ピーク時は8カ月待ち:
百貨店が始めた「高級アパレルサブスク」 1万円超えなのに、申し込みが想定の7倍も殺到したワケ
大丸松坂屋百貨店は2021年3月、高級ブランド服のサブスクサービス「AnotherADdress」を発表した。初年度の目標を700%達成したが、実は一度「却下された」ビジネスだった。その理由は? また、なぜ7倍という驚異的な数字を達成できたのだろうか?(2022/3/25)

人とデータ、どちらも重んじた先に:
「獺祭」の旭酒造はなぜ、新卒給与を21万→30万円に引き上げたのか 社長が語る“異種格闘技戦への覚悟”
「獺祭」の旭酒造が、製造部の新卒の基本給を「業界では破格」の月額30万円に引き上げる。さらに今後5年で「平均基本給倍増」の目標を掲げているというが、本当に成り立つのか? 社長へのインタビューでは、「異種格闘技戦への覚悟」という言葉が飛び出した──。(2022/3/24)

管理職など1000人に調査:
1on1、パフォーマンスが高い職場ほど実施多く パーソル調査で判明
仕事の目標達成度が高い組織ほど1on1の実施頻度が高く、低い組織ほど実施していない率が高い――。そんな実態が、総合人材サービスのパーソルホールディングスの調査で分かった。(2022/3/23)

脱炭素:
2030年までに2兆円投資、三菱重工がカーボンニュートラル技術の開発加速
三菱重工業は2022年3月18日、同社のカーボンニュートラル実現に向けた目標設定や取り組みの現状についての説明会を開催した。同社の総投資額に占めるカーボンニュートラル関連の投資比率を高め、2030年までに約2兆円を投じるとしている。(2022/3/23)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
なぜ? MBOと連動した人事評価が「イマイチ」になる理由
多くの企業が目標管理制度(MBO)に基づく人事評価を取り入れていますが、実際には満足のいく運用ができているという声を聞くことはあまりありません。なぜ、そのような状態に陥るのでしょうか。(2022/3/17)

セールスフォース、温室効果ガス排出量を分析するカーボンフットプリント管理を提供 サステナビリティ経営を支援
セールスフォース・ジャパンは、企業の環境データを分析し、温室効果ガス削減を支援する「Net Zero Cloud 2.0」の提供を開始した。スコープ1〜3の排出量を高精度に算定し、ネットゼロに向けた目標設定と進捗管理などを最適化する。(2022/3/10)

CAEニュース:
豊富な解析機能や最適化機能を備えた光学設計ソフトウェアを発売
サイバネットシステムは、Zemaxが開発する光学設計ソフトウェア「OpticStudio」の取り扱いを開始した。多様な光学系の性能評価に対応し、ユーザーが設定した条件や性能の目標を満たすため、形状と材質を最適化できる。(2022/3/4)

Airbnb、ウクライナ難民10万人に無料短期宿を提供する計画
Airbnbは、ロシアの侵攻からのウクライナの難民に無料で宿を提供すると発表した。目標は10万人。近隣諸国のホストに協力を呼び掛けた。(2022/3/1)

2040年までに再エネ新規500万キロワット 洋上風力が軸 関電社長
関西電力の森本孝社長が、再生可能エネルギー分野で大規模洋上風力発電を中心に、2040年までに新たに国内で500万kwの電源開発を進める考えを明らかにした。原発およそ5基分に相当する発電量で、これまでの開発目標を大幅に引き上げる。(2022/2/28)

キズナアイ、無期限活動休止へ 本日ラストライブ 「成長に向けアップデート」
VTuber「キズナアイ」が2月27日から無期限の活動休止期間に入る。「キズナアイがより成長していくことを目標としたアップデートをする」としている。26日午後6時からは休止前最後の音楽ライブを配信する。(2022/2/26)

「個人に数値目標を定めない」がSaaS解約率を抑えるカギに 継続率99%以上のSmartHRに聞くカスタマーサクセス戦略
月3%未満を維持すべきといわれるSaaSビジネスの指標「解約率」を1%以下に維持するSmartHR。組織が急拡大し、試行錯誤が続いているにもかかわらず解約率を抑えられる背景には「個人に数値目標を定めない」などの工夫が隠れていた。(2022/2/25)

新卒採用の現在:
「なんとなく内定辞退」をどう防ぐ? 面接官に求められる“もう1つの役割”とは
「ウチは選考・内定辞退が多く、求める人材を、目標人数通りに採用できていない」──とある中小企業では、実は面接官が「人材の見極め」のみに注力。果たすべき“もう1つの役割”に気づけていなかった。(2022/2/22)

西川史子、脳卒中発症から半年で新たな目標 「迷宮にいるような」不安乗り越え集中的なリハビリに手応え
身体機能を回復させるためリハビリに取り組んでいる西川さん。(2022/2/21)

CIO Dive:
SaaS予算の30%がムダ遣い? コスト最適化のための4つのポイント
SaaS支出の最適化はIT資産管理戦略の小さいが確実な一歩となる。「30%は無駄遣い」と指摘されるSaaS支出を最適化するために重要なのは、容易に達成できる改善目標を特定することだ。(2022/2/21)

2月25日発売:
シャープ、Amazon Alexa対応のウェアラブルAIスピーカー「AN-SC1」を発売
シャープは、クラウドファンディングで目標金額800%を超えた音声アシスタント機能搭載のAIスピーカー「AQUOS サウンドパートナー AN-SC1」を2月25日に一般発売する。(2022/2/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ミーティングの相手が孫さんや柳井さんだと思えばより真剣に計画を具体化できる
計画を立てるのは誰でもできるが、重要なのは目的である。目的は何か、ゴールは何かを常に考え、具体的な目標を立てて、スプレッドシートなどにスケジュールとともに目的を細かく書いておくことが有効になる。(2022/2/14)

週末に「へえ」な話:
「魔法の虫めがね」で何が見えてきたのか “ヒヨコ”が出てきて消えた理由
大日本印刷が「魔法の虫めがね」なるモノを開発した。クラウドファンディングで販売したところ、目標金額を大幅に上回ることに。それにしても、このデバイスはどのような特徴があるのだろうか。(2022/2/12)

メールは暗号化、VPNは非推奨:
米国政府がゼロトラスト採用へ
米国行政管理予算局(OMB)は、「米国政府のゼロトラストサイバーセキュリティ原則への移行」と題する覚書を発表した。米国政府のゼロトラストアーキテクチャ(ZTA)戦略を説明したもので、各省庁に2024年度末までに、特定のサイバーセキュリティ基準と目標の達成を求めている。(2022/2/9)

製造マネジメントニュース:
NVIDIAが買収断念したArm、新CEOの下で「半導体業界史上最大の上場」へ
NVIDIAとソフトバンクグループ(SBG)は、NVIDIAがSBGからArmの株式を取得する契約を解消したと発表。両社は取引完了に向けて取り組みを進めてきたが「これを阻む規制上の大きな課題があった」ため契約の解消に至ったという。併せてSBGは、2022年度中を目標とするArmの株式上場の準備に入ることを明らかにした。(2022/2/9)

産業動向:
三菱電機がDXとスマートシティーをテーマとした展示場を開設、AI配筋検査も展示
三菱電機は、東京都千代田区のオフィスビル「東京ビルディング」内で、DXとスマートシティーをテーマとした展示場「XCenter」をオープンした。2022年におけるXCenterの目標来場者数は3000人で、100〜200社の社員が来場することを想定している。なお、当面は、三菱電機に所属する社員からの紹介のみで来場予約が可能だが、Webサイトから予約し一般消費者が来場できる仕組みの構築も検討中だ。(2022/2/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.