• 関連の記事

「目標」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「目標」に関する情報が集まったページです。

建築物エネルギー消費性能基準等小委員会:
住宅トップランナー基準を強化、太陽光発電の設置目標を設定へ
国は住宅分野の省エネ性能向上に向けて、大手住宅事業者などを対象にした「住宅トップランナー制度」の基準を強化する方針だ。その具体策として建売戸建及び注文戸建に係る住宅トップランナー基準として、太陽光発電の設置目標を設定する。(2024/6/14)

なぜ? 「残業が半減」したのに「年収27%アップ」──元ブラック企業が取った、思い切った施策
あるIT企業が掲げた「残業時間を50%減らしつつ、年収は20%アップ」という目標は、3年間でいずれも目標を上回る形で達成した。また、多くの上場企業が今なお実現できていない「女性管理職比率30%」を早々に成し遂げている。掲げた目標を次々に達成できた訳とは?(2024/6/13)

DX運用のためのITIL 4(6):
ITIL 4を実践しサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第6回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を実践するための「カルチャ」と「技法」を解説する。(2024/6/12)

木造化/木質化:
「木」でつくる住友林業の事業用建築ブランド「The Forest Barque」 目標は年間30億円
住友林業は、木造の事業用建築ブランド「The Forest Barque」を展開する。木質梁勝ちラーメン構法を用いた独自の「ビッグフレーム構法」を使用し、年間30億円の売上を目標に事務所や店舗、診療所へ提案していく。(2024/6/10)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
ちぐはぐでも「目標はメンバーが立てる」 全国制覇多数、女子バスケ名門校を率いる敏腕コーチのマネジメント術
女子バスケットの名門・東京成徳中学校・高等学校で長年指導者を勤めてきた遠香(おか)周平氏。何度もチームを表彰台に送り出し、日本代表チームなどで活躍するプロ選手を育成してきた。メンタル面でもスキル面でも発展途中の選手たちを、どのようにチームとしてまとめ、鼓舞してきたのだろうか? そのマネジメントの極意に迫る。(2024/6/7)

GX建機:
排出ガス規制に適合したエンジン搭載の60t吊り自走式クレーン、加藤製作所
加藤製作所は、最新の欧州排出ガス規制(EU Stage V)に適合した環境配慮の新エンジンを搭載した60トン吊りの自走式クレーンを発売した。価格は8600万円で、年間100台の販売目標を掲げる。(2024/6/6)

Z世代が考える自分らしい働き方 将来の目標年収はどのくらい?
教育事業などを展開するヒューマンホールディングスは、企業や団体に勤める20〜28歳の男女を対象に「仕事観と自分らしさに関する調査」を実施。自分らしい働き方で多かったのは「ワークライフバランスを保つ」「仕事とプライベートをきっちり分ける」、将来の目標年収で多かったのは「400万〜500万円」という回答だった。(2024/6/5)

日産、販売100万台増へ「新車攻勢」 “台数重視”の思わぬ落とし穴とは?
100年に一度の変革期を迎える自動車業界で、日産自動車はどのようにして乗り切っていこうとしているのか。その販売戦略と目標について解説します。(2024/6/3)

経営に求められる新たな視点とは
「BCP」「サステナビリティー」「ESG」は“別物”ではない?
BCP、サステナビリティー、ESGは異なる概念だが、3者の目標には共通点がある。それぞれどのような関わりがあり、その考え方を経営戦略にどう取り入れればいいのか。(2024/5/31)

押井守「紅い眼鏡」4Kリマスター化クラファン、目標金額の3倍に到達 押井監督が技術的側面からリマスターの意義明かす
「ケルベロス・サーガ」の原点にして「犬の呪い」の始まりとなった「紅い眼鏡」。(2024/5/30)

製造マネジメントニュース:
パナソニックがスタートアップとの新規事業創出を推進、事業目標に合わせて共創
パナソニックは、イノベーションの加速が期待できるスタートアップとの共創で新規事業創出に取り組む活動「Panasonic Kurashi Visionary Colab」を2025年3月期から開始する。(2024/5/30)

製造マネジメントニュース:
三菱重工はガスタービンと原子力と防衛で1兆円伸ばす、2026年度に売上高5.7兆円へ
三菱重工業は、2024〜2026年度の中期経営計画「2024事業計画(24事計)」について説明。24中計の最終年度となる2026年度の業績目標は、2023年度業績と比べて、売上高は20%増の5.7兆円、事業利益額は60%増の4500億円、ROEは1ポイント増の12%を掲げた。(2024/5/29)

人とくるまのテクノロジー展2024:
デンソーがeVTOL向けモーターを披露、出力100kWで従来比6割減の軽量化を実現
デンソーは、「人とくるまのテクノロジー展 2024 YOKOHAMA」において、ドイツのリリウム(Lilium)が2026年を目標に開発を進めているeVTOL(電動垂直離着陸機)「Lilium Jet」に採用されたモーターを披露した。(2024/5/27)

製造マネジメント インタビュー:
パナソニックHDはなぜ“危機的状況”なのか、楠見氏が語るその理由
パナソニック ホールディングス グループCEOの楠見雄規氏は報道陣の合同インタビューに応じ、中期経営目標の最終年度となる2024年度の取り組みや、現在のそれぞれの事業の状況について説明した。本稿ではその中で「危機的状況の解釈」についての質疑応答の内容を紹介する。(2024/5/23)

製造マネジメントニュース:
経営目標未達でパナソニックHDは課題事業整理に本腰、主力の車載電池は国内強化
パナソニックホールディングスは、2025年3月期が最終年度となる中期戦略の目標で3項目中2項目が未達濃厚となったことから、重点領域のさらなる強化を進める一方で、事業売却や閉鎖などを含む事業ポートフォリオ管理を強める方針を示した。(2024/5/21)

ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル(10):
目標の部品コストを目指して設計していますか?
連載「ベンチャーが越えられない製品化の5つのハードル」では、「オリジナルの製品を作りたい」「斬新なアイデアを形にしたい」と考え、製品化を目指す際に、絶対に押さえておかなければならないポイントを解説する。連載第10回は、目標となる合計の部品コストを上回らないように設計を進める方法を伝授する。(2024/5/21)

製造マネジメントニュース:
パナソニックHDは過去最高益更新も、車載電池など重点領域苦戦で中期目標未達に
パナソニック ホールディングスは、2023年度の連結業績を発表。米国IRA法による好影響やパナソニック液晶ディスプレイ解散に伴う一時益などもあり、純利益は過去最高を更新した。ただ、重点成長領域などで苦戦が目立ち、中期経営目標は未達が濃厚となった。(2024/5/10)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

グリコ「プッチンプリン」など出荷再開の目途立たず 目標としていた5月中旬をさらに延期
キリンビバレッジから販売を受託しているチルド商品も同様。(2024/5/1)

今日のリサーチ:
Z世代が考える「日本が最も力を入れて取り組むべき課題」1位は「ジェンダー平等」――SHIBUYA109 lab.調査
SDGsで挙げられている17の目標のうち、Z世代が考える「日本が最も力を入れて取り組むべき課題1位は「ジェンダー平等を実現しよう」でした。(2024/4/28)

スマートコンストラクション:
「i-Construction2.0」を国交省が発表、2040年に建設現場の生産性1.5倍へ
国土交通省は、建設現場での施工の自動化や省人化技術の導入に向けた対策をまとめた「i-Construction2.0」を公表した。オートメーション化の推進により、2040年度までに建設現場で3割の省人化を実現し、生産性を1.5倍に引き上げることを目標に掲げた。(2024/4/22)

材料技術:
核融合炉発電の研究を加速、ヘリカル型核融合炉初号機の完成は2034年を目標に
ヘリカル型核融合炉の開発を進める国内ベンチャー企業のHelical Fusionは、オンラインで記者会見を開き、核融合エネルギーの社会実装に向け核融合科学研究所(NIFS)内に「HF共同研究グループ」を同月に設置することでNIFSと合意したと発表した【訂正あり】。(2024/4/19)

松屋で世界の味シリーズ、新商品は「ミエロニィハンバーグ」 きっかけはポーランド大使館からの逆オファー
松屋は4月23日から、「ポーランド風ミエロニィハンバーグ」を発売する。2月20日から約1週間テスト販売したところ、目標の1.5倍を売り上げたという。(2024/4/18)

「ナイスネイチャ メモリアルドネーション」初日だけで2500万円の目標を達成 寄付金は引退馬支援活動に
すでに寄付総額は3500万円以上に。(2024/4/17)

関連サービスを通じて企業の健康増進にも貢献 住友生命保険・高田幸徳社長
住友生命保険の高田幸徳社長は15日までに産経新聞のインタビューに応じ、令和6年度中に企業向けに健康関連サービス「バイタリティ」を福利厚生プランとして1500団体に販売する目標を示した。(2024/4/16)

情報の一元管理が役立つ:
手帳の基本的な機能は3つ、目標達成に重要なのは?
タイム・マネジメントの目的とは、効率よく時間を使うことですが、本質的には、目標を達成することにほかなりません。 手帳の役割で言えば、その目標を達成するために、道筋を考え、タスクを計画していくわけです。 そのときに忘れてはならないのが、「手帳への記録」です。(2024/4/14)

営業コミュニケーション大解剖:
なぜ営業スタイルの「型化」に失敗するのか 押さえたい2つのポイント
営業マネジャーやメンバーが目標達成に向けて業務に取り掛かるにあたって押さえたい、チームの成果を最大化する2つのポイントを紹介する。(2024/4/11)

リサイクルニュース:
サカタインクスがサーキュラーエコノミー実現に向け印刷関連業界で実証実験を開始
サカタインクスは、印刷関連業界における廃棄物の回収から処理、資源の再生までの循環システムを構築し、サーキュラーエコノミーの実現を目標とする実証実験を開始すると発表した。(2024/4/9)

CFO Dive:
AI時代、コスト削減したい でも8割は目標達成ならず 足を引っ張るのは何か
デロイトの調査(2023年)によると、「過去1年間にコスト削減目標を達成できなかった」とする企業が82%に上った。これは同社が調査を始めて以来最高値だ。足を引っ張っているのは何か。(2024/4/10)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO2023:
ドローン第一人者の野波健蔵氏が創業した「Autonomy」の国産機体はどこが違う?ワイヤレス給電で24時間の現場監視
Autonomyは、日本でのドローン開発の第一人者として知られる千葉大学 名誉教授 野波健蔵氏が2022年1月に創業した会社。日本のドローンに関する研究開発と社会実装で世界の優位に立つことを目標に定め、オープンソースを使わない完全オリジナルのスタンスで優れた機体とソリューションを生み出している。(2024/4/3)

材料技術:
東邦チタニウムが成長戦略を発表、2030年度に2022年度比で売上高と利益を倍増へ
東邦チタニウムが2024年度以降の成長戦略や今後の展望などについて説明。足元で需要旺盛な航空機向けの高純度のスポンジチタンを軸に事業拡大を進め、2030年度の業績として2022年度実績の倍増以上となる売上高1700億円、経常利益250億円という目標を掲げた。(2024/4/2)

メカ設計ニュース:
卓上型空圧式射出成形機の海外向けクラファン開始、国内販売は4月末予定
オリジナルマインドは、エアシリンダーを駆動源とする空圧式射出成形機「INARI P35」の海外向けクラウドファンディングを開始した。実施期間は2024年4月18日までで、目標金額は100万円。国内での販売開始は2024年4月末で、価格(税込み)は98万8000円を予定する。(2024/4/2)

「静岡」着工見通せず:
リニアの令和9年開業「困難→断念」 経済効果の影響は?
JR東海がリニア中央新幹線の品川−名古屋間について、令和9年の開業目標を断念した。(2024/3/30)

【前編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠が「人事改革の失敗」から得た教訓 “働きやすい会社”を目指すのはやめて、どうしたのか
労働生産性を着実に向上させてきた伊藤忠商事。「働きやすい会社」を目指した人事制度改革の“失敗”を経て、現在はどのような戦略目標を掲げているのか。変革の裏側と、人的資本経営の真髄に迫る。(2024/3/25)

ロックフェラー家当主も推進するブルーシーフードが救う 海洋大国ニッポンの課題
ロックフェラー家の当主でロックフェラー・キャピタルマネジメント取締役のディビッド・ロックフェラー・ジュニア氏などが推進しているのが「ブルーシーフード」だ。SDGsの目標「海の豊かさを守ろう」のために、日本企業が取り組むべきことは?(2024/3/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
それでも円安は続くのか 日銀「17年ぶり利上げ」の影響は
2024年3月19日、日本銀行は長期にわたる異例の金融緩和策に大幅な修正を加える“利上げ”に踏み切った。日銀の植田総裁は、2%の物価安定目標が持続的かつ安定的に実現していく見通しや、着実な賃上げ基調を材料に黒田前日銀総裁の導入したマイナス金利政策から脱却したのである。(2024/3/22)

スピード破局話題の遠野なぎこ、直近の交際相手は「結婚が目標ではない」断言 ネット上の“臆測”にピシャリ
「恋愛ってそういうものですよ」というネット上の声も。(2024/3/20)

カイロスロケット爆発 痛手を負っても「失敗」といわず、目標も変えないスペースワンの事情
「打ち上げミッション4のステップ1まで到達した。ステップ2の段階で飛行中断処置を行った」。記者会見で豊田正和社長が話した通り、スペースワンは“失敗”という言葉は使わなかった。(2024/3/13)

AIの軍事活用プロジェクト「TITAN」でPalantirが米陸軍から1億8000万ドルの契約獲得
Palantir Technologiesは、AI活用の攻撃目標ターゲティングシステム「TITAN」の契約を米陸軍から獲得したと発表した。長距離精密射撃までの時間を大幅に短縮できるシステム搭載の軍事車両の開発を進める。(2024/3/11)

プロジェクト:
コーエテクモの光優が運営する「ゲームミュージアム」や29階建てオフィスを含む、MM21街づくりに大和ハウスが着工
大和ハウス工業と光優は、神奈川県横浜市西区のみなとみらい21中央地区で、世界初を謳うゲームアートミュージアムや地域熱供給プラント、29階建てオフィスから成る街づくりに、2027年7月の開業を目標に着工した。(2024/3/11)

パナソニックHD 2027年にアジア・オセアニア地域の水事業売上高235億円へ 製品・サービス強化
パナソニックホールディングス(HD)は6日、ポンプや浄水器などを展開する水事業について、アジア・オセアニア地域の売上高を2027年に22年比で約1.9倍の235億円に拡大するとの目標を発表した。(2024/3/7)

西川、人気の「お尻のまくら」で子ども用を発売 保護者の悩みに着目
正式発売前に行った先行予約販売では、目標金額の約9倍を達成していた。(2024/2/29)

美容系YouTuber「コスメヲタちゃんねるサラ」が登録者数100万人突破! 解説動画やユニークな動画で人気
「目標にしていた登録数なので達成できて凄く嬉しいです!」とコメント。(2024/2/28)

脱炭素:
アサヒグループ、バリューチェーン全体の脱炭素目標を10年前倒し
アサヒグループホールディングスは、バリューチェーン全体の脱炭素目標を10年前倒し、2040年までにCO2排出量ネットゼロを目指す。(2024/2/28)

老舗自動車メーカーのデータ活用術【後編】
クラウドDWHは「目標達成に不可欠」 老舗自動車メーカーがデータ品質にこだわる理由
Bentley Motorsの最高データ責任者は、データ戦略の一環としてオンプレミスDWHからクラウドDWHに移行した。製品選定の際に同社がこだわったポイントは何だったのか。(2024/2/23)

エンジニアに聞く、3年以内に達成したい目標 3位「新たな技術を学ぶ」、2位「リーダーシップやマネジメントスキルの習得」、1位は?
エンジニアは、自身のキャリア展望についてどう考えているのか。キャリアデザインセンターが調査結果を発表した。(2024/2/22)

ドライクリスタルは3.5%:
低アルコールの「スーパードライ」が好調 3カ月で年間目標をほぼ達成した背景は?
「飲む人」も「飲まない人」も互いが尊重し合える「スマートドリンキング(飲み方の多様性)」を提唱するアサヒビール。その取り組みの一貫として販売されたアルコール度数3.5%の「アサヒスーパードライ ドライクリスタル」について担当者に話を聞いた。(2024/2/22)

「自分で決めたルールを自分で変更することもできる」 立てた目標を「一旦忘れる」姿勢に「あるある」と共感の声
柔軟にやっていきたい。(2024/2/15)

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

関西電力株式会社提供Webキャスト:
PR:脱炭素セミナーで学ぶ、気候変動対応を取り巻く世界情勢と日本企業の取り組み
温室効果ガス削減への取り組みが活発化する中、国内でも、国際的な基準であるGHGプロトコルによる温室効果ガス排出量の算定が進んでいる。関西電力のセミナーより、気候変動対応を取り巻く情勢や日本企業における環境目標などを紹介する。(2024/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.