• 関連の記事

「自社開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自社開発」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
自社開発のRISC-V CPUコアを搭載した32ビット汎用マイコン
ルネサス エレクトロニクスは、自社開発のRISC-V CPUコアを搭載した、32ビット汎用マイクロコントローラー「R9A02G021」を発売、量産を開始した。(2024/4/12)

Meta、自社開発AIチップ「MTIA」の第2世代を発表 先代の3倍性能
Metaは自社開発のAIチップ「MTIA」の第2世代を発表した。4つの主要モデルで先代と比較して性能が3倍向上したとしている。Facebookなどでの広告レコメンデーション機能の強化などに活用する計画。(2024/4/11)

今日のリサーチ:
企業の顧客データ活用 内製化意向は約8割でも実態は?
「データ活用の内製化/自走化」はどこまで進んでいるのでしょうか。インキュデータが調査しました。(2024/4/2)

伊藤忠丸紅鉄鋼が進める「泥臭い業務改革」 200個のアプリを内製で開発
デジタル化が遅れる鉄鋼業界で、伊藤忠丸紅鉄鋼がITを利用した業務改革を進めている。草の根的な活動から始め、現在では約200個のアプリを開発した同社の取り組みとは。(2024/3/30)

地場ゼネコンのDX:
「建設業のICT投資は今が好機」と語る、インフラDX大賞を受賞した地場ゼネコン「金杉建設」が抱く危機感とは
埼玉県に本社を置く地場ゼネコンの金杉建設は、ドローンや3Dスキャナー、ICT建機などのデジタル技術に早期に着目し、2015年から施工現場への積極的な導入と内製化を進めてきた。2023年2月には、その取り組みが評価され、「インフラDX大賞」の国土交通大臣省を受賞。これまでの挑戦とデジタル技術活用にかける思いについて、金杉建設 代表取締役社長 吉川祐介氏に聞いた。(2024/3/28)

自動運転技術:
VWグループのプレミアムなADASはモービルアイと協力、将来的には内製
フォルクスワーゲングループはモービルアイとの協業を強化する。モービルアイが提供するプラットフォーム「Mobileye SuperVision」「Mobileye Chauffeur」をフォルクスワーゲングループの上級ブランドで採用する。(2024/3/27)

「内製化」に取り組む大企業の割合は? 調査から浮上したDX推進企業の“ある考え”
IDCが実施した調査によって、DXを推進する大企業の中で内製化に取り組む企業の割合と、内製化の対象としている業務内容が明らかになった。IDCはここから大企業の「ある考え」が浮かび上がったとしている。(2024/3/27)

PR:内製化時代のSIer生存戦略 NECが目指すSIerの次のステップ
(2024/3/26)

生成AI 動き始めた企業たち:
ライオン、生成AIで社内データを継承 開発の狙いは?
連載「生成AI 動き始めた企業たち」第17回は、ライオンを紹介する。同社は現在、生成AIと検索サービスを組み合わせた「知識伝承のAI化」ツールの自社開発に取り組んでいる。どのような生成AIの活用戦略を描いているのか。(2024/3/25)

高根英幸 「クルマのミライ」:
アップルはなぜ「自動運転EV」の開発を終了したのか 考えられる理由は3つある
アップルが自動運転EVの開発を終了したという。かつてダイソンやグーグルもEVの自社開発を断念している。高い商品性を備えたEVの開発が難しいことに加え、自動運転は求められる技術力もリスクも非常に高い。また今後は、安全性だけでなく新たな価値提供も必要だ。(2024/3/22)

「円安だから値上げは仕方ないですね」だと認められない:
喜多羅氏が明かす、ユーザー企業とSIerが真の意味で「伴走するパートナー」となるために必要な意識と態度
元日清食品CIOの喜多羅滋夫氏が@IT主催のオンラインセミナーに登壇。『DX推進/内製化における「伴走者」の理想と現実』と題して、ユーザー企業と「伴走者」双方の観点から、未来志向での両者の「関係づくり」における課題や勘所について講演した。(2024/3/19)

今日のリサーチ:
データ活用内製化、約6割の企業が進行中だが課題は?
メンバーズデータアドベンチャーカンパニーが実施した調査によると、約6割の企業がデータ活用を内製化し、約3割が内製化を増やす意向であることが分かりました。(2024/3/17)

世田谷区がAI botを内製 非エンジニア職員がローコードで開発 ChatGPT活用「ヒデキ」
世田谷区が、職員用のチャットツールを使ってChatGPTと対話できるbot「HIDEKI」(ヒデキ)を内製で開発し、1月から全職員に提供している。(2024/3/13)

野望は、他社の目標となる一流システムの実現:
PR:小さな一流企業が目指す小さな一流システムの内製開発
これまで人手も時間もかかっていた見積もりや生産計画作成の自動化に始まり、ERPのサブシステムも、受注予測も――ローコード開発ツールFileMakerで実現してゆくITによる社内改革。(2024/3/7)

AWSの多様な機能群を活用:
AWSを使ったローコード開発の支援サービス サーバーワークスが提供開始
サーバーワークスは、ローコード開発の導入、運用支援サービスを提供すると発表した。ローコードアプリ構築プラットフォームのRetoolを用いて、AWSの機能群を活用した独自アプリの開発や、その内製化を支援する。(2024/3/7)

ITmedia Security Week 2023冬 イベントレポート:
上野 宣氏が力説する“ペネトレーションテストの意義” 内製する際の注意事項
上野 宣氏が、エンドポイントセキュリティ対策の勘所やペネトレーションテストの意義、ペネトレーションテストを内製するかどうかを考える際に重要なポイントを語った。(2024/3/1)

「1食360円」「映画をイメージした内装」 USJが従業員食堂を「内製化」したワケ
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)が、パーク内やオフィスで働く約1万人のクルー(従業員)向けの“もてなし”を強化している。従業員食堂の運営を内製化した狙いや、メニュー構成の狙いについて取材した。(2024/2/28)

ネプコンジャパン2024:
パワー半導体デバイスのOSATが「量産対応」をアピール、大分デバイステクノロジー
大分デバイステクノロジーは、「第1回 パワーデバイス&モジュールEXPO」(2024年1月24〜26日/東京ビッグサイト)に出展し、自社開発の次世代パワーモジュール汎用パッケージや、6in1パワーモジュールなどを展示した。(2024/2/27)

アルペン、データ経営シフトの内製化 「Excel熟練者が頑張る」レガシーなデータ分析と決別
(2024/2/20)

以前はシステムをシステムとしてだけ見ていたが、今は違う:
PR:マイナビ初の内製プロジェクトを進める、2人の若きエンジニア
明確な正解があるわけではない。誰かの指示に従うのではなく、試行錯誤しながら課題に取り組む。だから、大変なときもあるが、すごく楽しい。(2024/2/9)

パーソルクロステクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:Webページ運用は内製・外注どちらが有利? 自社に向いた解決策を見極めるには
今や大企業から中小企業まで、さまざまな組織がWebページを保有している。ブランディングや販売促進など用途別に複数を作成することも珍しくないが、その運用には高度なスキルも求められる。内製・外注のどちらが良いのだろうか。(2024/2/2)

ドローン:
「能登半島地震」の倒壊家屋を狭小空間用ドローンで現況調査、Liberaware
Liberawareは、自社開発した狭小空間の調査に対応するドローン「IBIS」で、能登半島地震の被災地となった輪島市内で倒壊家屋や倒壊リスクのある商業施設の現況調査を行った。(2024/1/31)

オイシックスが「需要予測システム」を自社開発 AIを利用して予測誤差率を約20%改善
従業員の経験や熟練度に依存するところの大きい需要予測。AIを利用したシステムを自社開発したことで、オイシックスは需要予測の“幅”を広げ、予測誤差率を改善したばかりか、「売るための仕掛けを考える時間」も確保できたという。(2024/1/26)

セールスフォース・ジャパン幹部に聞く:
買収に頼らず自社開発したCDP「Salesforce Data Cloud」の特徴とは?
社内に分散するあらゆる顧客データを集約し、顧客をより深く理解した上で施策を展開したい――。そんなマーケターのニーズに応えるテクノロジーがCDPである。すでに強力な競合が先行する市場で、Salesforceはどのように独自性を発揮しようとしているのか。(2024/1/15)

LenovoのゲーミングPC「Legion」「LOQ」に新モデル ノートモデルは自社開発の「AIチップ」でより快適なプレイを実現
Lenovoが、Windows PCやAndroidタブレットの新モデルを発表した。この記事では「Legion」「LOQ」ブランドのゲーミングPCの主な新製品を紹介する。(2024/1/9)

工作機械:
マザックが高機能複合素材を内製、工作機械の構造体への採用拡大へ
ヤマザキマザックは高機能複合素材であるミネラルキャストを内製し、自社製工作機械への採用を拡大していく。(2023/12/27)

クラウドで加速する生成AI活用【中編】
「Amazon Bedrock」だけじゃない AWSで「生成AI」を使いこなす方法を深掘り
AWSは生成AIの基盤モデルを提供しているが、オープンソースや自社開発の基盤モデルは使えるのか。他システムで使っているデータを学習させることは可能なのか。(2023/12/22)

データ連携の内製化まで支援、ハイブリッド環境のデータ連携を迅速化――IIJ
データ連携を進める組織や人材がない企業を支援するソリューションが増えてきた。IIJは、専任エンジニアが付いてデータ連携プログラム開発の内製化を支援するメニューを自社のデータ連携サービスに追加する。サイロ化した企業データの活用は進むか。(2023/12/20)

スマートホーム:
三菱地所がスマートホームサービスの常設型体験施設をオープン
三菱地所は都内に、自社開発スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」の常設型体験施設「playground(プレイグラウンド)大手町」をオープンした。(2023/12/11)

住宅情報サイトの「おとり物件」9割検知 ライフルが自社開発AIで
住宅情報サイトを運営するLIFULLは4日、自社開発AIによる募集終了物件(通称:おとり物件)の検知精度を月あたり87%まで向上させたと発表した。(2023/12/4)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
データ分析系ニュースまとめ(2023年12月第1週)
今週は、SEO対策の内製化を支援するアシストの新サービスなど3つのニュースを取り上げる。(2023/12/1)

AWSがワッパを改善した次世代プロセッサを披露 幅広い処理に対応する「Graviton4」と機械学習特化の「Trainium2」
Amazon Web Servicesが、自社データセンターで利用する自社開発プロセッサの新モデルを披露した。同社の「Amazon EC2」で順次利用可能になる見通しだ。(2023/11/30)

ロボット開発ニュース:
アイリスオーヤマが自社製造の清掃ロボットを発売へ
アイリスオーヤマは、同社初となる自社製造のDX清掃ロボット「BROIT」を発売する。製造場所は中国の大連工場で、2024年半ばの発売を予定。清掃業務における作業者の負担軽減や人手不足に対応する。(2023/11/27)

オンプレミスのままでは無駄なリソースでコストが増えるだけ:
PR:脆弱性になってしまう、あまり使わないシステムを“内製”でクラウド移行するための現実解
基幹システムと比べて、使用頻度や利用度が低いシステムのクラウド移行には予算が付きにくい。それでも、できる限り“内製”で対処することによって低予算での移行は可能だ。ただし、自社だけのクラウド移行で心配になるのが、実装作業だろう。外注せずにクラウドに移行したいシステムについては、どうすればよいのだろうか。(2023/11/24)

技術選定の判断軸を持つために重要な視点:
旭化成の事例から学ぶ「クラウドネイティブ」の実践法 「アジャイル内製チーム」がカギとなる理由
旭化成の西野大介氏は、@ITが開催した「Cloud Native Week 2023秋」で、同社での取り組みや事例を通じて「クラウドネイティブ」の理解をどう促進し、実践しているのか解説した。(2023/11/20)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
生成AIの「内製」へのインパクトは大きい 「個性を殺すビジネスモデル」の終わりが始まる
生成AIを実際の業務に生かす企業が増えている今、筆者は「内製」へのインパクトの大きさを指摘します。生成AIを生かして内製を進めることで国内のIT業界に起こる変化とは。(2023/11/10)

ジャパンモビリティショー2023:
「EV参入への門戸を自ら閉ざすつもりはない」THKが自社開発EVプロトタイプを出展
THKは、「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」に初出展し、EV時代に向けて、独自の直動部品などを活用したステルスシートスライドシステムなどの新技術群を紹介した他、これらの技術を詰め込んだ独自開発のEVプロトタイプを世界で初めて披露した。(2023/10/30)

PR:ライブ配信で起きている「革命」 映像関連機材の輸入企業がコンテンツの内製化に挑む! AV over IPの革新的な活用とは?
(2023/10/18)

人材不足でも内製化を実現:
PR:上場IT企業が実践するオフショアによる開発体制強化、そのポイントと効果とは
内製化のニーズに対し、必要なIT人材を確保する手段としてオフショア開発が再注目されている。失敗例も多い中、成功している企業はどのようにパートナーを選定し、活用しているのか。(2023/10/24)

「気球で宇宙遊覧」に道筋 宇宙ベンチャー、有人飛行試験で高度1万メートルの成層圏に到達
気球による宇宙遊覧を目指す岩谷技研は18日、自社開発のガス気球で有人飛行試験を行い、高度1万mの成層圏に到達したと発表した。(2023/10/18)

施工:
三井住友建設、ゼロセメントタイプの環境配慮型コンクリが建築構造部材で適用可能に
三井住友建設は、自社開発の環境配慮型コンクリート「サスティンクリート」で、ゼロセメントタイプを用いた計画中の建物を対象に、日本建築センターの特別工法評定(評定期間9カ月)を取得した。(2023/10/5)

金属3Dプリンタ:
工作機械の部品を金属3Dプリンタで内製、リードタイム減と工程集約が可能に
DMG森精機はAMに関する展示会「フォームネクストフォーラム 東京」において、金属3Dプリンタを活用して製作したドローバーなど実製品を展示した。(2023/10/2)

開発生産性向上、それぞれの取り組み(2):
既存企業における内製開発の実情 東急とトヨタのKINTOテクノロジーズが語った手探りの軌跡
既存の大手企業が内製開発を進めるケースが増えている。東急、トヨタグループの消費者向けデジタルサービス開発を担うKINTOテクノロジーズもこれに該当する。だが、内製化の取り組みは容易ではない。両社の責任者が、実情を率直に語った。(2023/9/27)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムがiPhone向けモデムの供給を3年間延長――中国メーカー向けが厳しくなる中、アップルと仲直り?
「iPhone 15」「iPhone 15 Pro」がリリースされる直前、QualcommがAppleとモデムの供給契約を3年間延長することを発表した。中国メーカーと取引が今後減ることを見越して収益源を確保したいQualcommと、自社開発を進めていたとされるモデムの計画が頓挫したAppleの思惑が一致した結果だと思われる。(2023/9/24)

太陽光:
自社開発の非FIT太陽光のみでRE100を達成、ヒューリックが国内初の成果
ヒューリックがRE100達成に必要な容量の非FIT太陽光発電設備の開発を完了し、事業において利用する電力の100%再生可能エネルギー化を達成。自社で新規に開発した非FIT電源によるRE100の達成は国内初になるとしている。(2023/9/15)

CIO Dive:
米国大手不動産会社JLLが生成AIを自社開発 導入後48時間で1万1000人以上が利用
商業用不動産を取り扱う投資管理会社であるJLLが独自の大規模言語モデル「JLL GPT」を開発した。導入後48時間で、1万1000人以上の従業員がこれを利用したという。(2023/9/13)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「社内システムのクラウド化と内製化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(5000円分)をプレゼント。(2023/9/20)

デジタルファブリケーション:
PR:大成建設の建設3Dプリンティングへの挑戦を支える構造解析ソフトウェアの真価
大成建設は3Dプリンタを自社開発し、独自のセメント系材料をマテリアルに橋を試作するなど、建設分野でのデジタルファブリケーションの可能性を模索している。だが、3Dプリンタを用いた構造物の実現には、高度な構造解析と意匠性の両立がハードルとなっている。(2023/8/30)

リスキリングも、ある意味で“開発”:
クラウドやIaCは「エンジニアのたしなみ」 デンソーがデジタル人材育成を内製化する理由
業界、業態を問わず、さまざまな企業が人材不足という課題に頭を悩ませている。再教育(リスキリング)で社内の人材をデジタル人材にする取り組みが注目されているが、具体的にどのように進めればいいか分からない企業も多いだろう。本稿は、「Cloud Operator Days Tokyo 2023」のプレイベントで発表されたデンソーの事例から、その方法を探る。(2023/8/23)

Japan Drone 2023:
RCの鉄筋とコンクリートのように“樹脂に繊維を流し込む”3Dプリンタ アルミに匹敵する強度でUAVパーツ製作
日本3Dプリンターは、航空宇宙エンジニアのグレッグ・マーク氏が設立したMarkforgedの3Dプリンタ「Mark Two」で、ドローンのパーツ製作を内製化することを提案している。Mark Twoは、樹脂材料の中にカーボンファイバーをはじめとする繊維材料を、長繊維状態で流し込めるのが特徴だ。(2023/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.