• 関連の記事

「入力技術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入力技術」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
「データの入力規則」でどんと来い全角・半角【Excel】
Excelで表を作成する際、入力項目ごとに日本語入力システムをオン/オフしたり、入力モードを切り替えたりするのは意外と手間だ。セルに入力するデータが決まっているならば、「データの入力規則」で事前に入力モードなどを設定しておくとよい。その方法を紹介しよう。(2024/5/27)

建設業界の新3Kを支援するソリューション:
手書きの文字入力が建設現場を変えた MetaMoJi創業者が現場DXにかける思いとは
ジャストシステムの創業者で日本語ワープロソフト「一太郎」の開発者としても知られる浮川和宣氏と浮川初子氏は、2009年にMetaMoJiを設立して以降、現場業務のデジタル化を支援するアプリの開発に注力してきた。2015年にリリースした施工管理業務支援アプリ「eYACHO」は、その使いやすさが評価され、契約企業数550社、利用者は5万5000ユーザーまで拡大している。両氏に、現場DXにかける思いについて聞いた。(2024/5/20)

Yahoo! JAPANアプリ、画像から商品や人物を検索できる「カメラ検索機能」導入
「Yahoo! JAPAN」アプリは、画像から似ている商品や人物などを検索できる「カメラ検索機能」の提供を開始。文字入力は不要で、撮影した画像や端末に保存してある画像を使用して商品や有名人、類似画像を検索できる。(2024/1/18)

3つの生成AIを連携し、NPCを自動生成 「メタバースに賑わいを」 ドコモが新技術
テキスト入力だけで、メタバース空間内のノンプレイヤーキャラクターを自動生成する生成AIをドコモが開発。(2024/1/17)

Stability AI、テキスト→動画の「Stable Video Diffusion」をGitHubで公開
Stability AIは、テキストから動画を生成するAIモデル「Stable Video Diffusion」のリサーチプレビュー版をGitHubで公開した。テキスト入力のためのWebツールを入手するにはウェイティングリストに登録する必要がある。(2023/11/22)

スマホ「フリック入力」若年層女性の約半数が利用 学生は4割超
 NTTドコモのモバイル研究所は、スマホの文字入力方法である「フリック入力」の利用実態について調査を実施。若年層(15〜24歳)の女性の約半数がフリック入力を利用しており、特に「学生」の利用率が高いことが分かった。(2023/11/21)

スケスケの「ポメラ」限定販売 誕生15周年で
キングジムは27日、テキスト入力に特化したポータブルデバイス「ポメラ」のスケルトンモデル「DM250X Crystal」を発表した。(2023/10/27)

リモートデスクトップのキーボードトラブル解消術【第4回】
リモートデスクトップで文字が打てない場合の「デバイスマネージャー」の使い方
リモートデスクトップで、キーボードを使った文字入力ができないことがある。トラブルシューティングに役立つ「デバイスマネージャー」の使い方を簡単に解説しよう。(2023/9/21)

Tech TIPS:
PDFファイルにキーボードから直接文字入力する方法【本家Acrobat Reader編】
いまだにPDFファイルで配布されている申込書や申請書に、必要事項を記入して提出しなければならないこともある。このような場合、手書きで入力して、スキャナーで読み込み、PDF化してメールで送信、というのは面倒だ。Acrobat Readerを使うと、簡単な入力が行える。その方法を解説しよう。(2023/8/14)

テキスト入力で音声合成とフェイスモーション生成できるAIサービス「Koemotion」登場
(2023/6/16)

SaaS管理の「マネーフォワード Admina」、ChatGPT API活用の新機能 アカウント削除などがテキスト入力で完結
マネーフォワードiは5月26日、SaaS管理サービス「マネーフォワード Admina」に、ChatGPT APIを活用した新機能「Adomina AI」の提供を6月から開始すると発表した。テキストを入力することで、情報検索やアカウント削除などの操作が行えるようになる。(2023/5/26)

Innovative Tech:
スマホアプリの操作をChatGPTで自動化 文章入力でアプリ操作 中国チーム「DroidBot-GPT」開発
中国の清華大学と北京大学に所属する研究者らは、大規模言語モデル(LLM)を利用したAndroidアプリケーションの自動化に焦点を当て、自然言語の記述をスマートフォン上の一連のアクションに変換して実行するシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/4/25)

Innovative Tech:
「AI多すぎ、何使えばいいか分からない……」を解決するAI「HuggingGPT」 文章入力だけで、適切な機械学習モデルを自動選択
中国の浙江大学とMicrosoft Research Asiaに所属する研究者らは、大規模言語モデルと多数の機械学習モデルを連携し、ユーザーがテキストを入力するだけで、その内容を解決するための適切な機械学習を選んでくれるシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/4/7)

Innovative Tech:
「宇宙船や洞窟を永遠に高速移動するシーン」を生成するAI テキスト指示で映像作成
イスラエルのWeizmann Institute of ScienceとNVIDIA Researchに所属する研究者らは、テキスト入力だけから高速に移動する永久シーンを生成する学習ベースのモデルを提案した研究報告を発表した。(2023/3/7)

Innovative Tech:
「見えないキーボードで文字入力」 腕にスプレーを吹きかけ、皮膚センサーで認識
米スタンフォード大学、韓国のKAIST、ソウル大学校、建国大学校に所属する研究者らは、手の甲や腕に直接吹きかけたスプレーで皮膚の伸縮を電気的に検知し、手の動きを機械学習モデルで認識する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/1/16)

オプション製品と組み合わせて文章作成マシンに:
E Inkタブレットとは思えない快適さ! 「BOOX Tab Ultra」+専用キーボードでテキスト入力専用機として使って分かったこと
ONYX Internatinalから発売されたE Ink搭載のAndroidタブレット「BOOX Tab Ultra」には、オプションで専用キーボード付きケース「BOOX Tab Ultra キーボード付ケース」が用意されている。これを使って、テキスト入力に特化した形で試してみた。(2023/1/12)

マスク氏のNeuralink、脳埋め込みデバイス披露イベントでテキスト入力するサルを紹介
イーロン・マスク氏率いるNeuralinkが脳埋め込みデバイスの進捗披露イベントを開催。デバイスを埋め込んだサルがMacBookにテキストを入力する動画を公開した。マスク氏は半年以内に人間の臨床試験が可能になると語った。(2022/12/1)

Innovative Tech:
画像生成AIが“ロボットの動き”を生成 英ICL「DALL-E-Bot」開発
英Imperial College London(ICL)の研究チームは、テキスト入力に応じて自動生成した画像を目標に、ロボットが動いて物体を再配置するシステムを提案した研究報告を発表した。(2022/10/17)

オンライン授業を経験した子ども、PC入力スキルアップ ドコモ調査
オンライン授業を経験した小中学生は、PC文字入力スキルが高い――NTTドコモの調査で、こんな傾向が分かった。(2022/10/6)

キーを“横一列”に並べて分かりやすく――GoogleのGboardチームが「棒キーボード」を開発 自作可能
Googleの文字入力アプリ「Gboard」の開発チームといえば、意欲的かつ面白いキーボード作りで知られている。そんな同チームの2022年の“新作”が披露された。キーワードは「横一列」だ。(2022/10/1)

Innovative Tech:
愛犬の合成画像を生成できるAI 文章で指示するだけでコスプレ 米Googleが開発
米Google Researchと米ボストン大学の研究チームは、数枚の被写体画像とテキスト入力を使って、与えられた被写体が溶け込んだ新たな合成画像を作成する被写体駆動型Text-to-Imageモデルを開発した。(2022/9/1)

元Googleエンジニア「TikTokはパスワードなど全文字入力を取得できる」 → 公式が反論 → ニューヨーク・タイムズがさらに反論の論争に
他のアプリでも同様のものはあるようです。(2022/8/21)

Innovative Tech:
文章から「3Dアバター」と「動き」を自動作成するAI シンガポールと中国のチームが開発
シンガポールのNanyang Technological University、中国のSenseTime Research、中国のShanghai AI Laboratoryは、テキスト入力から3Dアバターとその動きをゼロショットで生成する機械学習を用いたシステムを開発した。(2022/7/4)

iPhone Tips:
iPhoneで「ながら文字入力」を可能にする方法
近年のiPhoneはサイズが大きく、片手では扱いにくい。ただ、どうしても片手で使いたいタイミングは出てくる。今回は文字入力で、iPhoneを片手で扱いやすくする方法を紹介しよう。(2022/6/15)

iOS 16では音声入力、Safari、マップもアップデート 次世代のCarPlayも
Appleが2022年秋にリリース予定の「iOS 16」では、ロック画面やメッセージ、写真共有だけでなく、文字入力、Safari、マップなどでもアップデートが行われる。文字入力では、音声入力を止めることなくタッチ入力ができる。パスワードに代わる新たに固有のデジタルキー「パスキー」をSafariに導入する。(2022/6/7)

Innovative Tech:
音声入力時の感情に合わせて吹き出しを自動作成 興奮時なら“爆発型”など、東大が開発
東京大学の研究チームは、吹き出しを用いたテキストチャットにおける感情コミュニケーションを支援するシステムを開発した。音声でテキスト入力する際の感情を読み取り自動で吹き出しを生成する。(2022/5/24)

Innovative Tech:
1文字ずつ口パクでスペル入力できるシステム、東大などが技術開発 タイピング速度はスマホに匹敵
東京大学、米ジョージア工科大学などによる研究チームは、口パク(無声発話)で1文字ずつタイピングするハンズフリーの入力システムを開発した。(2022/5/19)

タップやフリックなどのシステム操作音のフリー素材、電通が公開 商用利用も可能
電通は、タップやフリック、文字入力などの操作を想定したオリジナルのシステム操作音をフリー素材として公開した。「SND」と名付けられたこの音声は、ソフトウェアのUX開発者向けに開発したもので、商用利用も可能としている。(2022/3/1)

Tech TIPS:
ご存じでしたか? Microsoft IMEの設定方法が変わりました【Windows 10 バージョン2004以降/11】
Windows 10/11に標準搭載されている日本語入力システム「Microsoft IME」では、デフォルトで[半角/全角]キーがIMEのオン/オフの切り替えキーとなっている。このキーはホームポジションから遠いため、頻繁に切り替えるには不便だ。そこで、IMEのオン/オフの切り替えキーを[変換]キーなどに変更する方法を解説しよう。(2022/2/17)

iPhone Tips:
iPhoneの文字入力中に好きな場所へカーソル移動する方法
iPhoneの「メモ」などで長いテキストを入力していると、ふと間違いに気付くことがある。ミスにすぐ気付いたならいいが、いま入力している場所から遠いと書き直すのが面倒だ。そんなときには「空白」を長押しするといい。(2022/2/11)

iPhone Tips:
iPhone「計算機」の便利ワザ 1文字だけ消す方法や関数電卓の使い方
iPhoneの標準アプリ「計算機」の使い方をおさらいする。ちょっとしたミスを直す方法から、使う頻度が人によって異なる関数電卓の使い方など。テキスト入力などと併用しやすいコピーの手段も2通り紹介する。(2022/1/27)

Tech TIPS:
Windows 11のMicrosoft IMEで、いつものキーカスタマイズができないときの対処法
Windows 11標準の日本語入力システム(Microsoft IME)では、自由にキー設定が行えないため、困っている人も多いのではないだろうか。そこで、Microsoft IMEを古いバージョンに戻すことで、キー設定を自由にできるようにする方法を紹介しよう。(2021/11/29)

アドビのオリジナルフォント「ヒグミン」誕生秘話 画家ヒグチユウコ氏ならではの「つながる絵文字」とは
アドビが草むらや花畑を文字入力だけで表現できるフォントをリリースした。このちょっと変わったフォントが生まれた経緯を関係者に取材した。(2021/10/27)

FeliCa対応の超小型スマホ「Jelly 2」を試す 文字入力やバッテリーの持ちはどう?
中国Unihertzの小型スマートフォン「Jelly 2」は、手にすっぽりと収まるサイズでFeliCaにも対応している。その小ささゆえに使いづらい場面もあるが、決済用端末として割り切るとかなり魅力的だ。(2021/8/23)

「ATOK for Mac」がM1 Macに正式対応
ジャストシステムは、Mac用日本語入力システム「ATOK for Mac」がM1チップ搭載Macに正式対応したと発表した。(2021/6/1)

Innovative Tech:
机や太ももの上でキーボードなしタイピング 指輪型「TelemetRing」、東大とMicrosoftが開発
指輪を指にはめてタイピング動作をすると文字入力ができる。(2021/4/9)

Innovative Tech:
手軽にリアルな絵を生成 粗いマスク指定とテキスト入力で
雑にマスクを切ってテキストで指定するだけで高度な合成が可能に。(2021/3/24)

サンワ、タッチパッド付きのiPad/iPhone向けBluetoothキーボードを発売
サンワサプライは、タッチパッド付きでマウスのようなカーソル操作ができるiPad/iPhone向けBluetoothキーボードを発売。端末を立てかけられるスタンド付きで、快適な文字入力が行えるアイソレーション形式となっている。(2021/3/3)

Apple、AR/VRヘッドセットを2022年に発売する計画? M1を上回るチップ、ハンドトラッキング、空中文字入力も
再びAppleのヘッドセット情報。だが、今回は内容が具体的だ。(2021/1/22)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】Windowsを更新したら、IMEでいつものキー設定ができなくなった
Windows 10 May 2020 Update以降で日本語入力システム(Microsoft IME)が大きく変更になり、キー設定に大きく制限が加わった。これまでと同じキー設定が行えなくなってしまい困っている人も多いのではないだろうか。そこで、これまでのMicrosoft IMEと同じようにキー設定を可能にする方法を紹介しよう。(2020/11/13)

超小型PCの道:
実は一番日本語入力をしやすい? ゲーミング超小型PC「OneGx1」で文字入力をしてみよう
ゲーミングに焦点を当てた超小型PC「OneGx1」だが、特徴的なゲームコントローラーを取り外すと、よりコンパクトな超小型PCとしても使えなくもない。キーボードでの文字入力がどんなものか、試してみようと思う。(2020/11/10)

1枚から注文OK! ラクスルがオリジナルデザインの抗菌仕様マスクを取扱開始
文字入力だけで簡単に制作できます。(2020/10/3)

Tech TIPS:
「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。(2020/9/30)

ドコモ、「らくらくスマートフォン F-42A」を9月23日発売 税込み約4万円
NTTドコモは、9月23日に「らくらくスマートフォン F-42A」を発売。4.7型の有機ELディスプレイや、よく利用するアプリを配置できる「スマホかんたんホーム」を備え、フリック入力での文字入力をサポートする「らくらくタッチ」などの機能を搭載する。(2020/9/15)

製造IT導入事例:
音声による自動車点検結果入力システムの運用範囲を法定12カ月点検に拡大
ダイハツ工業は「音声による点検結果入力システム」を法定12カ月点検で運用開始した。タイヤローテーション後の測定値の自動反映、点検結果シートのワンタッチ作成、印刷機能なども備えた。(2020/1/7)

Innovative Tech:
人差し指にQWERTYキーボードをかぶせ、片手で文字入力 米ダートマス大学など「TipText」開発
指サックのようなQWERTYキーボードを人差し指にかぶせ、親指でタッチして文字入力する。(2019/12/27)

新型2in1モデルをチェック:
生まれ変わった「Surface Pro 7」、テキスト入力ツールとしての実力は?
2in1 PCの顔となる新型の「Surface Pro 7」が発売された。生まれ変わった新モデルの使い勝手を確かめてみた。(2019/11/12)

キーボードもマウスも使える:
新型iPadとiPadOSがあればテキスト入力環境はこんなに進化する!
AppleがリリースしたiOSの新たな派生版である「iPadOS」。新しいOSになることで、同社のタブレット「iPad」シリーズにどのような変化があったのだろうか。テキスト入力面での違いをチェックした。(2019/10/23)

オートコレクトが有効:
スマホでの入力速度が物理キーボードに迫る、複数の大学による調査
アールト大学など複数の大学が協力してモバイルデバイスでのテキスト入力の速度に関する過去最大規模の調査を行った。スマートフォンでの入力速度は物理キーボードでのタイピング速度に迫っていることが分かり、入力速度を高める方法も明らかになった。(2019/10/8)

テキスト入力一本勝負:
12.9型iPad ProとSurface Pro 6、「キーボードも使えるタブレット」としてはどちらが優秀?
前回は、専用キーボードと組み合わせてテキスト入力が行えるタブレットとして、11型iPad ProとSurface Goを比較した。今回はその両製品の兄弟モデルといえる画面サイズ違いの2製品、12.9型iPad ProとSurface Pro 6について、テキスト入力での使い勝手を検証する。(2019/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.