iPhone 13シリーズも「緊急通報」できない恐れ、eSIMとの「デュアルSIM」で 4キャリアが注意喚起
「eSIM」対応のiPhoneを「デュアルSIM」で使用した場合、110や118、119などの「緊急通報」が利用できない恐れがある問題で、携帯キャリア4社が対象機種に「iPhone 13」シリーズを追加した。(2021/9/24)

KDDI、iPhone向け保証サービスの期限を撤廃 修理などサポート回数は毎年2回に
KDDIが、iPhoneとiPadの有料保証サービスで、加入後4年間としていた保証期限を撤廃すると発表した。合わせて「Apple Watch」の修理サービスも始めた。(2021/9/24)

au/UQ mobileがiPhone/iPad向け「故障紛失サポート」を拡充 Apple Watch向け修理サポートも提供開始
KDDIと沖縄セルラー電話が、iPhoneやiPad向けに提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」のサービスを改善した。9月24日以降の加入者(機種変更を含む)が適用対象となる。合わせて、両社はApple WatchにもApple Care+の内容を内包した修理サポートサービスの提供を開始した。(2021/9/24)

iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadがApple Storeで販売開始 Apple Store店舗内の様子
iPhone 13シリーズ、新iPad mini、新iPadの発売初日の様子をApple Storeで確認してきた。(2021/9/24)

コロナ禍でCGを勉強した人の成長度がエグい 15カ月前は「板」が精一杯→今やCMに使えそうなiPhoneを1日で作成
継続は力なり。(2021/9/24)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone 13シリーズ」見参!/「povo 2.0」は0円スタート(条件あり)
9月15日(米国太平洋夏時間)、iPhone 13シリーズが発表されました。そのこともあり、9月13日〜19日のアクセス数ランキングでは、トップ10のうち上位8記事がiPhone関連の記事となりました。(2021/9/24)

「iPhone 13」シリーズはahamo、povo、LINEMOで使える?
9月24日に「iPhone 13」シリーズが発売された。日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社が扱い、それぞれのネットワークで使用できる。では、オンライン専用プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」ではiPhone 13シリーズは利用できるのか。(2021/9/24)

ゲオ、格安SIMのセットで中古iPhone 8を1円で購入できる施策
ゲオストアは、9月24日に「UQ mobile」「OCNモバイルONE」「Y!mobile」のいずれかの音声SIMとの同時購入で、中古iPhone 8(64GB)が1円になるキャンペーンを開催。SIMロックフリーモデルも対象で、期間は9月30日まで。(2021/9/24)

Spigen、9月30日までiPhone 13シリーズ用ケース/ガラスフィルムを30%オフ
ファイブスターエレメンツ(旧シュピゲンジャパン)は、9月30日までiPhone 13シリーズ用ケース/ガラスフィルムの30%オフセールを開催する。対象は公式ストアとYahoo/PayPayモール。(2021/9/24)

ソフトバンクが「iPhone 12」シリーズを値下げ 9月24日から
ソフトバンクが、9月24日から「iPhone 12」シリーズを値下げする。iPhone 12は9万5040円から、iPhone 12 Proは11万8080円からになる。いずれも「トクするサポート+」の対象。(2021/9/24)

iPhoneとiPadでリラックスし、集中できるサウンドを選ぶ方法 iOS 15とiPad 15で波・雨・せせらぎ
iOS 15とiPad 15には、波音や雨音などの落ち着くサウンドを再生する「バックグラウンドサウンド」機能がある。(2021/9/24)

「iOS 12.5.5」セキュリティ更新 「積極的に悪用された可能性がある」脆弱性に対処
AppleがiPhoneの旧モデル対象のセキュリティ更新をリリースした。「iOS 12.5.5」は3つの脆弱性に対処する。いずれも“既に悪用された可能性のある”ものだ。(2021/9/24)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第6世代「iPad mini」実機レビュー Macを豊かにするプラスワン iPhoneの選び方を変える可能性も
iPhone 13と同時発表の第6世代「iPad mini」は、ついにiPad Pro系の新しいデザインを採用。(第4世代)iPad Airのプロセッサを強化し、サイズを小さくした高性能なミニタブレットに進化した。その実力をいち早く試してみた。(2021/9/24)

“シャッター音が消せない”日本のiPhone、海外に持っていけば鳴らない設定可能に iOS 15で
iOS 15から、日本で販売されたiPhoneを海外に持っていくとシャッター音が鳴らない設定が可能になった。(2021/9/24)

石川温のスマホ業界新聞:
iPhone 13の価格を高いと感じる日本市場――新製品より型落ち、中古を選ばざるを得ない現実
iPhoneの価格がジワジワと上がっている。海外と比べると、日本は所得が伸び悩んでいるので、相対的に「高い買い物」になってしまっている。今後は、新モデルをトリガーとして型落ちモデルや中古品を販売するという海外と同じような売り方がメインになっていくのかもしれない。(2021/9/24)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
クックCEOがウェイボ投稿、iPhone 13が中国で大人気の理由
アップルが9月14日、iPhone 13シリーズを発表した。同社にとって中国の重要性はマーケット、生産拠点の両面で年々高まり、今年第3四半期の売上高に占める中国の割合は18%に達した。「新規性がない」との声も多かったiPhone 13だが、予約開始時にはオンラインストアが一時ダウンし、予想以上の好調を見せている。(2021/9/23)

全面刷新の「iPad mini」を試す iPhone 13並みの性能と5G対応がうれしい
フルモデルチェンジを果たしたiPad miniだが、サイズ感は従来モデルと同じでタブレットとしては非常にコンパクトだ。iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」を搭載しておりパフォーマンスも十分。5Gに対応したこともうれしい進化といえる。(2021/9/22)

最近のiPhoneは電源を切られても24時間以内なら探せる iOS 15で
UWBを搭載し、iOS 15にアップデートしている場合にはこの機能が使える。(2021/9/22)

iPhone 13シリーズの修理代、AppleCare+未加入だと最大5万円〜7万円台
9月24日に「iPhone 13」シリーズが発売される。新しいiPhoneを購入する際に検討しておきたいのが「AppleCare+ for iPhone」への加入だ。AppleCare+に加入していないと、ディスプレイの修理代金は3万円台〜4万円台、その他の修理代金は最大で7万円台かかる。(2021/9/22)

ProMotion可変リフレッシュでヌルヌル動くハイエンドiPhone 「iPhone 13 Pro」を細かくチェック
「iPhone 13 Pro Max」と並び、スペック的にはシリーズ最高峰の「iPhone 13 Pro」。前世代の同クラスモデルである「iPhone 12 Pro」と詳細な比較をしてみた。(2021/9/22)

新世代スタンダードモデル「iPhone 13」実機を細かくチェック
サイズ、カメラスペック、アプリの変更点など、お宝恒例の詳細チェック。(2021/9/22)

HIS Mobileが「秋の新端末乗換フェア」開催 iPhone買取額最大1万円アップほか
HIS Mobileは、9月24日から「秋の新端末乗換フェア」を開催。iPhoneシリーズの買い取り金額を最大1万円アップし、SIMと同時契約で中古端末が月110円(税込み)から利用可能になる。(2021/9/22)

iPhone 13 Pro、一部MagSafeアクセサリーと干渉する問題 背面カメラ大型化で
iPhone 13 Proは、MagSafeアタッチメント領域と背面カメラ枠との距離が近い。このため、一部アクセサリーと干渉する問題が起きている。(2021/9/21)

「iPhone 13」シリーズを試す 動画撮影が驚くほど楽しく、Proならではの新機能も魅力
「iPhone 13」シリーズの発売に先立ち、4モデルの実機を試すことができた。デザインは先代のiPhone 12シリーズを継承しており、ノッチはやや小さくなった。カメラは新機能の「フォトグラフスタイル」と「シネマティックモード」が利用可能になり、Proは3倍の望遠カメラとマクロ撮影を使えるのが特徴だ。(2021/9/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」「13 Pro」を試して分かったこだわりの違い コンピュテーショナルフォトグラフィーはここまで進化した
これまでiPhoneのファーストインプレッションでは、SoCとその使い方といった視点でコラムを書くことも多かったが、今回の「iPhone 13」世代ばかりはカメラにかなりフォーカスした記事にせざるを得ない。評価用端末を使い始めてすぐにそう感じた。(2021/9/22)

iPhone 13と13 Proのカメラはどう違う? 撮影機能を作例と動画でチェック
ニューヨーク在住のYouTuber、大石結花さんが、iPhone 13と13 Proのカメラ機能をチェックした。(2021/9/21)

iPhone機種変時のiCloudバックアップ、容量無制限で無料に iOS 15の新機能、その手順を解説
iOS 15/iPadOS 15で、新しいデバイスへの移行時に容量に関係なく、一時的なiCloudバックアップ作成が可能になった。(2021/9/21)

iOS 15で新たに足切りされるiPhoneはないが…… 新機能に対応するiPhoneモデルまとめ
iPhone 6s以降が対象機種となっているiOS 15だが、機能によっては対象機種がさらに限定されている。(2021/9/21)

iPhone 13/13 Proのカメラは何が変わった? 「ハード」と「ソフト」の進化まとめ
iPhone 13シリーズで進化を遂げたカメラについて、ハードウェアとソフトウェアの視点からまとめてみる。iPhone 13 Proは超広角カメラにAFが付いて、マクロ撮影が可能になった。コンピュテーショナルフォトグラフィーで注目したいのが、撮影後にボケ具合やフォーカスを選べる「シネマティックモード」だ。(2021/9/21)

iPhone、iPadのカメラや写真でテキスト認識表示、日本語ではデフォルトオフ それでも使う方法
iOS 15およびiPadOS 15で、写真やカメラを使ってテキスト認識表示する方法。ただし、日本語ではオフになっている。(2021/9/21)

Apple、「iOS 15」を配布開始 iPhoneで集中モード、Safariの機能拡張が利用可能に
iPhoneのOSガメジャーアップデート。(2021/9/21)

怪獣「ゼットン」を電車の窓から目撃!? 臨場感のあるオモ写が合成とは思えない迫力
iPhoneの画面で画像を見るともっと楽しい。(2021/9/20)

「iPhone 13シリーズ」は販路で値段が違う? Apple直販+4キャリアの販売価格を比べてみよう
9月24日に発売する「iPhone 13シリーズ」の販売価格が一通り出そろいました。販路によって選べる買い方をチェックしつつ、その値段について比較してみましょう。(2021/9/19)

iPhone 13 mini、iPhone 13のGPU性能はRadeon Pro 555Xに匹敵 ベンチマーク結果で明らかに
iPhone 13 miniとiPhone 13の公開されたベンチマーク結果をiPhone 12などと比較した。(2021/9/18)

石野純也のMobile Eye:
リセールバリューの高いiPhoneがお得に “残価設定プログラム”で変わるスマホの買い方
9月24日に販売が始まるiPhone 13シリーズの予約開始に先立ち、大手キャリア各社が新たな販売方法を導入している。ドコモは約2年半前に導入した「スマホおかえしプログラム」を刷新して「いつでもカエドキプログラム」を導入。今まで以上に端末の“リセールバリュー”を意識した買い方が求められるようになってくる。(2021/9/18)

Apple、iPhone 13ファミリーの予約受付を開始 8万6800円から19万4800円まで 
iPhone 13、13 Proの予約受付が始まった。(2021/9/17)

楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」の販売価格を発表 キャリアとしては最安値
楽天モバイルが、iPhone 13シリーズの販売価格を公表した。Apple Store価格と同額かわずかに安価な設定となっており、大手キャリアとしては最安値だ。(2021/9/17)

UNiCASE、ZERO HALLIBURTONのiPhone 13シリーズ向け手帳型ケースを発売
CCCフロンティアは、iPhone 13シリーズに対応した手帳型ケース「ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof Flip Case」の予約販売を開始。スーツケースなどを思わせるデザインを取り入れ、ダブルリブで強度を高めている。(2021/9/17)

ドコモが「iPhone 13」シリーズの価格を発表 「いつでもカエドキプログラム」適用で実質2万円台の場合も
NTTドコモが、ドコモオンラインショップでの「iPhone 13」シリーズの価格を発表した。iPhone 13シリーズは、ドコモが9月24日から提供する「いつでもカエドキプログラム」の対象。12カ月目に端末を返却する方が、23カ月目に返却するよりも1万円〜1万5000円ほどお得になる。(2021/9/17)

auとUQ mobileがオンラインショップでの「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格を一部値下げ auなら「スマホトクするプログラム」も適用可
au Online ShopとUQ mobileオンラインショップにおける「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格が一部値下げされた。au Online Shopであれば、残価設定型の分割払いにも対応する。(2021/9/17)

IIJmioの「みおふぉんダイアル」アプリ、iPhone 13で不具合の可能性
IIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」をiPhone 13シリーズで利用した際、不具合が発生する可能性がある。IIJではバージョンアップを予定している。(2021/9/17)

iPhoneのカメラは何を目指す プロと一般人の差を埋める「シネマティックモード」の真実
iPhone 13で大きく進化したカメラ機能について、西田宗千佳さんが分析する。(2021/9/17)

iPhone13、熱気欠く消費者 旧機種に買い得感
カメラ機能の強化などを打ち出した米Appleのスマートフォン「iPhone」の新機種「13」シリーズに対する日本の消費者の反応は熱気に欠けている。他社が折り畳みスマホなどの新機軸を打ち出す中、iPhoneの相対的な魅力が衰えれば、スマホ利用者の過半数がiPhoneを所有するとされる日本でもAppleの神通力が陰りかねない。(2021/9/17)

市場は成長も長期的には鈍化の懸念
「5G」スマホ新興市場で「Android」が「iPhone」に“圧勝”の理由
高速で遅延の少ない「5G」による通信が可能なスマートフォンは、2025年にかけて大きく売上高を伸ばす見込みだ。特に「Android」スマートフォンが成長のけん引役になるとの見方がある。その理由は。(2021/9/17)

「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし”
9月24日に発売を控えている「iPhone 13」シリーズは、Appleに加え、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4キャリアが取り扱う。ここで気になるのが「SIMロック」の有無。結論から言うと、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルいずれも、iPhone 13シリーズにSIMロックをかけていない。(2021/9/16)

au Online Shopにおける「iPhone 13シリーズ」の価格が判明 スマホトクするプログラムも利用可能
KDDIが、直営のオンラインショップにおけるiPhone 13シリーズの販売価格を公表した。最も手頃な「iPhone 13 mini」の128GBモデルは税込み10万1070円で、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」の1TBモデルは20万円を超える価格設定となっている。(2021/9/16)

GAURUN、iPhone 13向けガラスフィルムなど発売 最大40%オフも
フィルム専門ブランド「GAURUN」は、iPhone 13シリーズ用アクセサリーをAmazonストアで発売。クリアケースやガイドツール付きガラスフィルムなどをそろえ、9月23日まで最大40%オフとする。(2021/9/16)

楽天モバイル、iPhone 12シリーズやiPhone SEを値下げ
楽天モバイル公式サイトと楽天モバイルショップが「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone SE」の販売価格を改定した。(2021/9/16)

ソフトバンク、「iPhone 13」シリーズや「iPad」「iPad mini」の価格を発表
ソフトバンクが、「iPhone 13」シリーズと「iPad(第9世代)」「iPad mini(第6世代)」の価格を発表した。iPhone 13は11万5920円から、iPhone 13 Proは14万4000円から。iPadは6万3360円から、iPad miniは8万8560円から。(2021/9/16)

iPhone 13 Pro/13 Pro Maxの128GBモデルに機能制限あり ProResビデオで4K撮影できず
「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の128GBモデルには、ProResビデオでの撮影解像度に制限がある。(2021/9/16)

iPadにApple WatchからiPhone 13まで:
Apple秋の新製品に共通する“掘り下げると深い”魅力
Appleから、iPhone 13シリーズを筆頭に新型iPadとiPad mini、さらにApple Watch Series 7と秋の新製品が相次いで発表された。それらに隠された真の魅力を、林信行氏がウオッチした。(2021/9/16)

「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」の大きな違いは? 4機種のスペックを比較する
「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」の4機種は何が違うのか。13と13 Proはディスプレイやカメラに差がある。iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxは、サイズ以外の違いがほぼなくなった。(2021/9/16)

User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【後編】
私物iPhone管理に「User Enrollment」を活用するには? 「Intune」を例に確認
MDMツールで「iPhone」「iPad」を管理する際、Appleのデバイス管理機能「User Enrollment」を利用するには、どうすればよいのか。「Microsoft Intune」を例に、User Enrollmentの活用方法を簡単に紹介する。(2021/9/16)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルが「iPhone 13シリーズ」を取り扱い 予約開始日と発売日はいつ?
大手4キャリアが、iPhone 13の取り扱いを表明した。この記事では予約情報を簡単にまとめる。(2021/9/15)

iPhone 13シリーズは「デュアルeSIM」対応(中国向けモデルを除く)
日本時間の9月24日に発売されるiPhone 13シリーズは、中国向けモデルを除き「デュアルeSIM」に対応する。2枚(2回線分)のeSIMでデュアルSIM運用ができるようになる。(2021/9/15)

Apple、iPhone 11を再び値下げ、256GBモデルの販売を終了 iPhone 13発表で価格改定
iPhone 12発売時に値下げしたiPhone 11。iPhone 13発売の今回も値下げされた。(2021/9/15)

iPhone 13シリーズ4機種、「デュアルeSIM」に初対応
米AppleのiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 13」シリーズ4機種が、2つのeSIMを使用できる「デュアルeSIM」にiPhoneシリーズとして初めて対応した。(2021/9/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone 13」はまたもカメラが劇的進化 大型のプロ用カメラをスマホでどこまで再現できるのか
Appleが「iPhone 13」シリーズを発表。販売台数でいえば、メインはProではない無印の「iPhone 13」だが、注目はやはり「iPhone 13 Pro」におけるカメラ機能の大幅進化だ。今回のモデルチェンジで大型のプロ用カメラにどこまで近づけたのだろうか。(2021/9/15)

「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? iPhone 12シリーズとの比較まとめ
米Appleが9月14日(米国時間)に開催したスペシャルイベントで発表された、「iPhone 13」シリーズ。今回は先代のiPhone 12シリーズを踏襲し「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」の4機種が登場した。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。(2021/9/15)

「iOS 15」「iPadOS 15」「watchOS 8」が9月21日に配信開始
Appleが、iPhone向け「iOS 15」、iPad向け「iPadOS 15」、Apple Watch向け「watchOS 8」を9月21日に配信開始する。iOS 15ではビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能を拡張し、Apple製以外の端末でも利用可能になる。iPadOS 15ではマルチタスク機能がより直感的になり、一度のタップでSplit ViewやSlide Overが使える。(2021/9/15)

Spigen、iPhone 13シリーズ用ケース/ガラスフィルム発売 30%オフクーポンも
ファイブスターエレメンツ(旧シュピゲンジャパン)は、iPhone 13シリーズ用ケース/ガラスフィルムを発売。これを記念し、対象製品が30%オフになるクーポンを配布する。(2021/9/15)

「iPhone 13」シリーズは何が進化した? iPhone 12シリーズとスペックを比較する
発表されたばかりの「iPhone 13」シリーズと、先代の「iPhone 12」シリーズを比較。デザインや形状は変わっていないが、ノッチが小さくなった。プロセッサがA15 Bionicに進化し、カメラはProではマクロ撮影が可能になった。(2021/9/15)

Apple、iPhone 12 miniとiPhone 12を値下げ iPhone 13発表で
iPhone 13発表に合わせ、旧モデルのiPhone 12と12 miniが値下げされた。(2021/9/15)

マスク着用時の不便は継続:
iPhone 13シリーズの生体認証は「Face ID」 指紋認証「Touch ID」は搭載ならず
新型コロナウイルスの感染拡大もあり、世界的にマスクを着用する人が増えた。それを受けて、iPhone 13シリーズが採用する生体認証技術に注目が集まったが結局、マスクとの相性の良くないFace IDを継続採用することになったようだ。(2021/9/15)

「iPhone 13シリーズ」はいくら? Apple Storeの価格まとめ
ついに登場したiPhone 13シリーズ。AppleがWebや店頭で販売する価格が早速公開されているので、先代モデルの価格を交えつつ確認していこう。(2021/9/15)

映像制作ニーズに応えた「iPhone 13 Pro/Pro Max」 最大容量1TB、後からピント変更やボケ味追加も
米Appleが「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」を発表した。カメラ性能を強化し、映像のピントやボケ具合を撮影後に変更できる機能「シネマティックモード」に対応する。価格は順に12万2800円、13万4800円から。(2021/9/15)

新iPhone登場で残ったモデルの容量構成と新価格は?
Appleは製品発表イベントで「iPhone 13」シリーズを発表した。同時にWebサイトのiPhoneラインアップが変わり、3モデルが販売終了。残ったモデルはすべて値下げされた。(2021/9/15)

「iPhone 13 Pro/13 Pro Max」登場 120Hz駆動のディスプレイ搭載、1TBモデルも
Appleが「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」を発表した。パフォーマンスやカメラ性能、バッテリー駆動時間を向上させたフラグシップモデル。ディスプレイがProMotionに対応し、コンテンツに応じてディスプレイの駆動速度を10Hzから120Hzまで自動で調整する。(2021/9/15)

「iPhone 13」「iPhone 13 mini」登場 5色展開で8万6800円から 9月24日発売
AppleのiPhoneに2021年モデルが登場。スタンダードを担う「iPhone 13」と、そのコンパクトモデル「iPhone 13 mini」は、従来のボディーデザインを踏襲しつつ新たなカラーを採用し、スペックの底上げを図っている。(2021/9/15)

Appleが「iPhone 13」シリーズを発表 価格は8万6800円から、「mini」「Pro」「Pro Max」も同時発売
シネマティックモードかっこいい。(2021/9/15)

「iPhone 13」でも「mini」サイズ継続 カメラ強化 8万6800円から
Appleは9月14日(米国時間)、5G対応の新型スマートフォン「iPhone 13」シリーズの最小モデル「iPhone 13 mini」を発表した。miniモデルは前作の「iPhone 12」シリーズで登場したが13でも継続した。価格は8万6800円から。(2021/9/15)

9万8800円から:
アップル、「iPhone 13」を発表 デザインは大きく変更せず
アップルがiPhoneの新モデル「iPhone 13」4機種を発表した。価格は9万8800円から:(2021/9/15)

Appleが「iPhone 13シリーズ」を発表 9月24日発売
Appleが新しいiPhoneを発表した。よりパワフルなA15 Bionicプロセッサを搭載し、より高速な処理を期待できる。【更新】(2021/9/15)

「iPhone 13」発表 顔認証「Face ID」続投 9万8800円から
米AppleがiOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 13」を発表した。生体認証は従来モデルから引き続き、顔認証の「Face ID」を搭載。価格は9万8800円から。17日から予約を受け付け、24日に発売する。(2021/9/15)

「iPhone」「iPad」「Mac」に複数の脆弱性 すでにサイバー攻撃を確認済み
「iPhone」「iPad」「Mac」「Apple Watch」など複数のApple製品に脆弱性が発見された。すでにこれらの脆弱性を利用したサイバー攻撃が確認されているため、迅速にアップデートをしてほしい。(2021/9/15)

ゲオの中古スマホ8月ランキング SIMフリーは「iPhone SE(第2世代)」が好調
ゲオは、9月14日に「ゲオ中古スマートフォン8月月間ランキング」を発表。SIMロックフリー端末では販売/買い取りともに「iPhone SE(第2世代)」が1位を獲得している。(2021/9/14)

15日午前2時から Appleの発表会をリアルタイムでチェックする方法
Appleが9月15日午前2時(日本時間)から、スペシャルイベントを開催する。iPhone、Apple Watch、iPadの新機種が発表される可能性が高い。スペシャルイベントはWebサイトやYouTubeで視聴できる。(2021/9/14)

iOS、iPadOS、watchOS、macOSの緊急更新 “既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正
Appleは“既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正するアップデートをiPhone、iPad、Apple Watch、Mac向けにリリースした。これらの脆弱性をAppleに報告したCitizen Labは、至急更新することを強く勧めている。(2021/9/14)

バイクへのiPhone車載「お勧めしません」 アップルが注意喚起、振動でカメラが壊れる可能性
事象は知られていましたが……アップルがあらためて告知しました。(2021/9/13)

終了したTwitter「フリート」で新作作り続ける職人が話題に 古いiPhoneを編集画面のまま機内モードで作成
圧倒的情熱。(2021/9/13)

eSIM対応のiPhone、SIMカードとの併用で「緊急通報」が正常に動作しない恐れ 4キャリアとIIJが注意喚起
「eSIM」に対応したiPhoneを、通常のSIMカードと併用する「デュアルSIM」の状態で使用すると、110や119などの「緊急通報」が利用できない恐れがあるとして、NTTドコモなど携帯キャリア4社とIIJが注意喚起した。(2021/9/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
初代「iPhone」から「iPhone 12」まで歴代iPhoneを撮り比べ 14年間でどれだけ進化した?
2007年に海外で初代「iPhone」が発売されて、2021年9月15日にはついに新型iPhoneがお披露目されるかもしれない。というところで、初代から購入を続けてきたiPhoneシリーズのカメラ性能を一挙におさらいする。(2021/9/13)

「セキュリティ対策と運用体制」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/9/13)

「サイバー攻撃対策とエンドポイントセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/9/13)

「ランサムウェア対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で1名様にiPhone SE(第2世代/64GB)をプレゼント。(2021/9/13)

オートバイの高出力エンジン振動でiPhoneの画質低下
Appleは、オートバイの高出力エンジンなどの振動により、iPhoneのカメラに影響が出る可能性があると説明している。(2021/9/12)

回避策あり:
eSIM対応のiPhoneで「緊急通報」できない事象が確認される モバイルデータ通信を「データ通信専用SIM」で行うと発生する可能性
大手キャリアなどが、eSIM対応のiPhoneにおいて緊急通報ができないことがある旨を注意喚起している。この事象が発生する条件は限定的であるため、多くのユーザーは気にしなくて良いが、当てはまる場合は回避策をチェックしておこう。(2021/9/10)

携帯市場、9月初週の中古iPhoneの売り上げが前年比2.7倍と発表 「SE 2」「XR」が上位に浮上
スマートフォンの中古販売を手掛ける携帯市場は、2021年9月1日から7日までの中古スマホの売り上げが前年同期比の約2.7倍、販売台数は約1.6倍になったと発表。(2021/9/10)

携帯市場の中古iPhone、販売台数が前年から約1.6倍に 新旧iPhone SEが人気
携帯市場は、2021年9月1日〜7日の中古iPhone販売数ランキングを発表した。1位は「iPhone 8(64GB)」で、発売から1年半ほどのため状態のいい端末が多い「iPhone SE(第2世代)」も人気を集めている。(2021/9/10)

次期iPhoneはどうなる?:
iPhone 13(仮)はノッチが小さくなり、Lightningは継続? 機能面のウワサまとめ
今秋に発売が見込まれるiPhone 13(仮称)シリーズでは、どんなアップデートが考えられるのか。ノッチが小さくなってディスプレイが120Hz駆動になるという観測も。外部接続端子はLightningが継続されそうだ。(2021/9/10)

User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【前編】
私物iPhone/iPad管理を楽にする「User Enrollment」とは?
Appleの「User Enrollment」(ユーザー登録)は、「iOS」「iPadOS」端末のBYODに役立つ可能性がある。企業データと個人データの明確な分離を実現するUser Enrollmentの主要機能は。(2021/9/9)

「にこスマ」の中古iPhone販売ランキング 8月はiPhone SE(第1世代)が急上昇
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年8月の中古iPhone/機種別販売数ランキングを発表。iPhone SE(第1世代)がランクアップし、1万円代の端末が人気を集めている。(2021/9/8)

オンラインで実施:
新型iPhone披露か 米アップル、14日に発表会
米アップルは7日、新製品発表会を米西部時間14日午前10時(日本時間15日午前2時)から開くと発表した。主力のスマートフォン「iPhone」の新型機を公開すると見込まれている。(2021/9/8)

Appleの製品発表イベント「California streaming.」は日本時間9月15日 「iPhone 13」発表か
iPhone 13の登場が期待されるイベントの開催日時が発表された。(2021/9/8)

Appleが9月15日午前2時にスペシャルイベント開催 新iPhone登場か
Appleが、日本時間の2021年9月15日午前2時に、スペシャルイベントをオンラインで開催する。AppleのWebサイトやApple TVでイベントを視聴できる。iPhoneやApple Watchなどの新製品登場が期待される。(2021/9/8)

【新連載】走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
iPhoneにタイヤをつけたような「Tesla Model 3」を買ってしまった “人生最後のクルマ”になぜ選んだか
クルマでありながらデジタルガジェットとしての評価も高い、Tesla車を手に入れた山崎潤一郎さんによる新連載です。(2021/9/8)

iPhone 12と12 Proの修理が大幅に遅延 「音の問題修理サービス」の影響で
Appleが8月30日に開始した「iPhone 12やiPhone 12 Proの音の問題に対する修理サービスプログラム」の影響で、本体交換修理が大幅遅延している。(2021/9/7)

中古スマホでいまだ「iPhone 8」「iPhone 7」が売れている理由
中古業界では、いまだに「iPhone 8」や「iPhone 7」が売れ筋となっている。売れている要因は「コストパフォーマンスの高さ」と「Touch IDの存在」だ。1万〜2万円台ながら必要十分な機能を備えており、Touch IDの搭載により、マスクを着けたままでもロックを解除できる。(2021/9/7)

次期iPhoneはどうなる?:
「iPhone 13(仮)」でTouch IDは復活するのか?
2021年秋に発表が見込まれるiPhone 13(仮称)には、Touch IDが搭載される可能性はあるのだろうか。Touch IDとは、iPhoneやiPadなどのホームボタンに備わった指紋センサーのこと。新iPhoneにTouch IDの再搭載を期待する声はより多く聞かれるようになっている。(2021/9/6)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
ちょっと期待薄? まもなく発表の新型iPhone
間もなく、新型iPhoneの発表/発売ですが、イマイチ盛り上がりに欠けますね。(2021/9/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSフィード

公式SNS

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.